Samurai Goal

再延期


スポンサード リンク





再延期Jリーグが要請へ 2カ月間アウェー観戦自粛 

20200325-23250788-nksports-000-5-view




1: 2020/03/25(水) 19:33:26.32
Jリーグ村井満チェアマン(20年3月撮影)

新型コロナウイルスの感染拡大防止へ、Jリーグから異例の“お願い”だ。臨時の実行委員会を25日に実施し、4月3日のリーグ戦再開を見送り、
J1は5月9日、J2は5月2日、J3は4月25日の再開を目指すことで合意した。
ウェブ上で会見した村井満チェアマン(60)は5つの合意事項を表明。
その中には、感染拡大のリスク削減を図り「約2カ月間のアウェー観戦の自粛」を盛り込んだ。

     ◇   ◇   ◇

「再開」と「安全」を両立させるには、再延期はやむを得なかった。
村井チェアマンは4月3日の再開断念の理由に「お客様を守るための装備の準備」を挙げた。
マスク7万枚と消毒液300リットルは確保できたが、体温を測るサーモメーターは必要数の約450個そろうのが同18日。
J3、J2、ゴールデンウイーク後にJ1と日程に余裕を持たせながら3段階で再開し、感染防止策の成熟度を深めていく方針をとる。

合意事項には苦渋の思いで“お願い”も盛り込んだ。リーグ戦はホームアンドアウェー方式。
全国にクラブがちらばり、試合のために長距離移動をするのは選手だけではない。
敵地での声援は、選手の背中を力強く押す。そんなサポーターの力を十分承知した上で、村井チェアマンは政府が全国的な大規模イベント開催への慎重な対応を求めていることも踏まえ
「(人が)全国各地から集まることが懸念されている。全国に(ウイルスを)持ち帰ることも想定される。
再開後2カ月をめどに遠距離で観戦に来るアウェーのお客様に自粛をお願いすることを想定している」と長距離移動を伴うアウェー観戦の自粛を求める意向を示した。
「長距離」の定義や近距離クラブ同士の対戦など、詳細は協議を重ねる。

スタジアム内でも密集状態をつくらないよう、指定席では前後左右を空けるなどして収容率50%以下を目指すことに。
NPBとの「新型コロナウイルス対策連絡会議」で提言された、感染症のリスクを減らすために肩組みや大声での声援などの応援スタイルの変更も引き続き議論していく。

2月下旬からの中断で延期となったのは、合計314試合。延期となった五輪期間を含め、平日と週末に試合をどう組み込んでいくかの検討を進める。
「相当、難易度が高い意思決定だったと思う。個々の利害を超えて判断いただいたクラブの皆さまに感謝申し上げます」。サッカーのない日常に、ようやく光が差し込んできた。【浜本卓也】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-23250788-nksports-socc
3/25(水) 19:21配信

Jリーグ 村井チェアマン「非常に重い」決断…3月いっぱいまで再延期 今後の開催基準は“6段階”を想定 

20200309-43478873-gekisaka-000-2-view




1: 2020/03/09(月) 20:52:12.70
日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は9日、新型コロナウイルスの流行により、当初18日に再開する予定だった公式戦の開催を3月いっぱいまで再延期することを決めた。
村井満チェアマンが9日夕、実行委員とビデオ会議で口頭合意。12日の実行委員会で正式決定する。

9日夕、取材に応じた村井チェアマンは「今回、本当に大きな意思決定になるが、波及範囲は広範囲にわたる。楽しみにしているファン・サポーターは数多くおり、プロスポーツは非常に興行、ビジネスとして裾野が広い。
飲食関係、公共交通、宿泊関係、警備関係、さまざまな方々に支えられている中、延長の意味合いは非常に重い」と苦渋の決断だったことを明かした。

一方、Jリーグとクラブは4月3日からの公式戦開催を目指すべく、6つのレイヤーで対応策を取り決めたという。
まずは①国民の健康が第一だということを前提に、②スポーツが継続していくということ。「最大限の範囲で全ての試合ができることを努力していこう」という意識を共有した。

その上で「ギリギリで戦う選手たちを後押しするのはファン・サポーターの声である」ことを踏まえ、
「①と②のレイヤーをお客様と一緒に乗り越える」という③のレイヤーを設定。
体温管理や飛沫防止などサポーターに協力を要請する一方で、無観客試合は原則的に行わない方針を示した。

それでも④のレイヤーとして、政府による特措法に盛り込まれるとみられる「緊急事態宣言」の発令次第では「その場合は無観客試合を想定しなければならない」とした。
また⑤のレイヤーでは選手に感染者が広がった場合、「隔離してベンチ入り18人が構成できない場合、試合を抜本的に日程調整しなければならなくなる」という展望も示した。

現状の4月3日開催案では、リーグ戦やカップ戦を現行フォーマットのまま行う予定となっており、ミッドウィークに試合を詰め込むことで延期分を消化する見込みだ。
しかし、それ以降に延期が行われることになった場合は東京オリンピック期間中、国際Aマッチデーに試合が行われる可能性もあるという。

加えて日本全体にウイルスが蔓延し、全国に緊急事態宣言が発令されると、試合開催ができずにリーグ戦やカップ戦の全日程を終了できないケースもあり得る。
その場合は⑥のレイヤーとして、今後発足する日程調整の委員会で「その時点での試合で判定するのか、昇降格はどのような扱いにするのか等々を抜本的に考える」とした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200309-43478873-gekisaka-socc
3/9(月) 20:50配信

Jリーグ 【新型コロナ】で“パンク危機” 再延期浮上・・・特にJ2は日程が“破綻”する可能性も浮上 

20200301-00000006-sasahi-000-3-view




1: 2020/03/04(水) 19:35:01.08
Jリーグに“パンク危機”が迫る。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、15日までの公式戦94試合を延期したJリーグは18日からの再開を目指しているが、
終息のメドは立っておらず村井満チェアマン(60)は再延期の可能性を示唆した。試合再開が延びればリーグ運営に大打撃を与えかねないが、特にJ2は日程が“破綻”する可能性も浮上。
最悪の場合、J1昇格チームの決定が年越しするケースもありそうだ。

日本野球機構(NPB)とJリーグが共同で設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第1回会議(3日)が実施された。NPBの斉藤惇コミッショナー(80)や村井チェアマンらと3人の感染症専門家チームが出席。
予防策をはじめ選手やチーム関係者に感染者が出た場合の対応策などが議論された。今後は9日に第2回会議が行われ、Jリーグとしては18日の試合開催が可能かを話し合う。

村井チェアマンは「次はどうすればファン、サポーターの皆様をコロナウイルスから守って試合を開催できるのかなどの意見交換をする。
12日の実行委員会をメドに(専門家チームの)提言をいただけるとありがたいと申し上げた」と語った。

ただ村井チェアマンは早期再開に慎重だ。「18日の再開が決まっているわけではない。それ以降の延期もあり得る。入場料収入はクラブにとって大きく経営面のケアもしないといけないが、
財務的な問題を優先して再開に踏み切るのは無責任。一番重要なのは国民の皆様の安心な生活を取り戻すこと。そこを優先して多角的に判断したい」

この日の会議では専門家チームから、スタジアムは危険性の高い閉鎖空間に当たらないが、観客同士が肩を組んだり、2メートル以内で大声を出しての応援は感染リスクが高いと指摘された。
依然、感染拡大が終息する見通しは立っていない状況で、現時点では無観客開催を選択肢に入れていないだけに、最短での試合開催は困難というわけだ。

再延期となればスケジュールのひずみが大きくなるのは明らか。J1~J3全カテゴリーが過密日程となるが、中でもJ2への影響は計り知れない。
J2クラブ幹部は「現状を見れば15日までの延期が、さらに長引くのは間違いないだろう。それに延期期間が延びると、今度はJ2の日程が完了しないかもしれない」と危惧する。

J2戦は第42節までの長期戦な上、3位から6位チームはJ1参入プレーオフ(PO)を戦うハードスケジュール。さらに夏場以降は天皇杯の試合も加わるため、日程は超タイトになる。
特にJ2勢が問題としたのは今季からJ2を戦う松本がルヴァンカップに参戦していることだ。

本来、J1勢で争うルヴァン杯も、FC東京がアジアチャンピオンズリーグ本戦出場を決めた“穴埋め”でJ2の松本が参戦する。そのルヴァン杯も延期となっており、日程面でJ2との同日開催は困難。
仮に松本が決勝トーナメント進出を果たせば、さらに日程は過密となり、J2は“パンク”しかねないのだ。

Jリーグ側は日程について「調整中」としているが“越年決着”の可能性もささやかれる。J1・16位とPOを勝ち上がってきたJ2クラブとの最終決戦が、
天皇杯決勝(2021年元日)後になるという“最悪のシナリオ”は現実のものとなってしまうのか。

3/4(水) 16:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200304-00000036-tospoweb-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索