Samurai Goal

内紛


スポンサード リンク





バルセロナ首脳陣が内紛…クラブ幹部6人が辞任 

20200410-00000100-dal-000-2-view




1: 2020/04/10(金) 21:30:45.88
 サッカースペイン1部リーグ・バルセロナのエミリ・ルソー副会長らクラブ幹部6人が9日、ジョセップ・マリア・バルトメウ会長の方針に反発し連名で辞表を提出した。カタルーニャの地元一般紙、ラ・バングアルディアなど複数メディアが10日までに伝えた。


 同紙などによると、幹部ら6人はバルトメウ会長のクラブ運営に不当な面があるとした。同会長のイメージを良くするため、外部の企業を雇って所属のアルゼンチン代表、FWリオネル・メッシほかシャビ、グアルディオラらクラブを代表する元所属選手たちを中傷するキャンペーンをインターネット上で展開。また、外部の企業への支払いを、クラブ複数の部門で分散するなど手続きにも不可解な点があると主張している。

 新型コロナウイルスの影響によるトップチームの給与カットの交渉でも、クラブ幹部間で意見の相違が表面化。少なからず溝が深まっていた。会長を含め、19人で構成されていた幹部会は現在13人に。空席を埋めるために人材登用が行われそうだが、今後も新たな辞任劇が起こるとの見方もある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200410-00000100-dal-socc

<メッシ>バルサで内紛勃発?前監督の解任巡り、フロントに反論「選手のことを話すなら名前を挙げるべき」 

1: Egg ★ 2020/02/05(水) 20:56:48.42 ID:Dnebn0WM9
サッカースペイン1部リーグ、バルセロナで現場とフロントが衝突-。クラブ強化担当のアビダル氏が説明した前監督バルベルデ氏解任の理由にキャプテンのメッシが反論、今後の展開次第では空中分解も考えられる、きな臭い展開になっている。バルセロナを拠点にするスポーツ紙、スポルトなど複数紙が伝えている。

 報道によると、事の発端は事実上のチーム強化責任者、エリック・アビダル氏のコメント。バルベルデ前監督の解任について「たくさんの選手たちが満足しておらず、しっかり練習できていなかった。それに内部での連絡での問題もあった。監督と選手との関係は常に良いものだったが、元選手の私には感じられる匂いがある。そのことをクラブに伝え、決断しなければならなかった」とした。

 これに異論を唱えたのがメッシ。選手の責任を追及するかのような発言を不愉快に思ったのか、「選手のことを話すなら名前を挙げるべき。そうでなければ全員のことを汚すことになり、言ったことが一人歩きして事実ではないことが広まる」と自身のソーシャルサイトにつづった。

 冒頭では「正直なところこういったことをするのは好きではないが、それぞれが自分の仕事をすべき。自分たちの調子が良くない時、僕らは最初にそれを自覚する。スポーツ部門の人たちもその責務、何より下した決定に責任を持つべき」と、選手たちがフロント陣と必ずしも同意見ではないとの姿勢を示している。

2/5(水) 18:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200205-00000131-dal-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索