Samurai Goal

具聖潤


スポンサード リンク





【札幌】韓国人GK具聖潤、母国の大邱FCへ完全移籍 

20200529-05290066-sph-000-3-view

札幌・GK具聖潤が退団 兵役のためKリーグへ 具「兵役後も札幌で」 

20200528-05270258-sph-000-1-view




1: 2020/05/28(木) 09:49:24.99
 J1札幌GK具聖潤(25)が退団することが27日、分かった。
今月上旬に母国の韓国に帰国しており、Kリーグクラブとの移籍交渉を進めている。

 当初の予定で具は、兵役のため今季限りで札幌との契約を終えることになっていたが、3月にバセドウ病の発症を公表。
復帰を目指すも、新型コロナの感染拡大の影響でJリーグは中断。
再開時期が未定な状況に加え、兵役前には母国のチームに所属することが義務付けられていることから、予定を早め帰国を決めた。

 具は常々、「兵役後も札幌で」と話しており、将来的な復帰を希望している。
札幌もその意志は理解しており、将来的な再来日の可能性は高い。
https://news.yahoo.co.jp/articles/61ef8920e1d23390651532ead792dcbe48a9a940

J1コンサドーレ札幌GK具聖潤(ク・ソンユン)バセドー病判明 1月から「疲れがとれない」と不調を訴える 

1: 2020/03/07(土) 19:38:47.35
コンサドーレ札幌GK具聖潤 バセドー病判明
3/7(土) 18:46配信
道新スポーツ

熊本合宿で体調不良を訴えたGK具
no title


北海道コンサドーレ札幌のGK具聖潤(25)が、バセドー病を患っていることが7日、明らかになった。
三上大勝GM(48)が公表した。具は4日のキャンプ再開からチームに帯同していなかった。
絶対的守護神は前向きに治療と向き合い、復帰を目指している。

 すでに投薬治療中 復帰は未定

具が病と闘っていることが明らかになった。7日、本人の意思で三上GMが公表した。
「検査をしてみたらバセドー病だということがはっきりした。現状2週間の投薬治療を受けて、その数値を見て復帰時期が決まるだろうという状況」と説明した。

1月のタイキャンプから「疲れがとれない」と不調を訴えていたという。
2月16日のルヴァン杯・鳥栖戦、同22日のリーグ柏戦にフル出場したが、状態は上がらず、熊本滞在中に血液検査を受けた。
28日、甲状腺の数値に異常があることが判明。29日に札幌市内の病院で再検査し、バセドー病と診断された。

バセドー病は甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、動悸(どうき)や息切れ、頻脈、倦怠(けんたい)感などさまざまな全身症状が起こる病気。
三上GMによると「幸い今のレベルは数値上、まだ軽い段階」で、入院はしておらず、通常の生活を送っている。

「彼はポジティブに考えている。なぜか分からないけど息が上がる、疲れがとれない状況だったが、原因が分かった。
完治させればまたやれると前向き。彼自身も明るい状態」と、具はすでに前を向いて治療に専念している。

1日から投薬治療を開始しており、2週間は完全休養で経過観察する。復帰時期は未定。
2015年から正守護神として君臨する具が長期離脱となれば、札幌にとって想定外の痛手だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00010001-dospo-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索