Samurai Goal

先発


スポンサード リンク





本田圭佑、4試合ぶりの先発で先制点の起点に!現地紙が高評価「クォリティを与えた」 

スクリーンショット 2020-10-09 5.35.12

森保ジャパンで先発11人を選ぶなら、外せないのは久保建英を含めて4人! 前線の構成は… 

1: 2020/09/13(日) 18:59:36.81 _USER9
南野と久保のポジションが最初の考えどころになる

10月にオランダで国際親善試合を行なうことが発表された日本代表だが、いまやそのメンバーを語るうえで外せない存在となっているのが久保建英だろう。欧州各国のビッグクラブが熱視線を送る19歳を、日本代表ではいかに活用すべきなのか――。現時点のベストメンバーの中で久保が担うべき役割について、識者に見解を伺った。

――◆――◆――

西部謙司氏(スポーツライター)

 現時点で先発11人を選ぶなら、外せないのは冨安健洋、酒井宏樹、南野拓実、久保建英の4人だ。南野と久保はポジションが重なるので、ここが最初の考えどころになる。

 現行の4-2-3-1なら南野はトップ下、久保はトップ下と右サイドができる。そうなると久保は右サイドで収まりそうだが、ワールドカップ本大会まで考えたチーム作りをするなら、久保のサイドは守備面で「軽い」。格上との試合ではサイドの守備力、走力がかなり重要になる。むしろザルツブルクで右サイドハーフの経験がある南野のほうが守備面で信頼できる。

 過去の日本代表を振り返ると、トップ下に狭いエリアでテクニックとアイデアを発揮できる選手が必要で、その点では久保のほうが南野より優れている。南野は右SH、久保はトップ下で起用したい。

 GKは足下が安定しているシュミット・ダニエルに期待したいが、現時点で選ぶなら川島永嗣だろう。冨安のパートナーは大崎怜央。高さがありフィードも上手い。吉田麻也と似ていて、経験値は吉田だが世代交代のタイミングだろう。右は鉄板の酒井で決まり。左は長友佑都の後継者を探したい。森保監督は佐々木翔がお気に入りかもしれないが、永戸勝也のほうがいいと思う。

 ボランチはかなり難しい。はっきり言って人材難。森保監督は間違いなく柴崎岳を使うはず。そうするとパートナーは守備的な遠藤航、橋本拳人、山口蛍、井手口陽介あたりか。しかし、むしろ大島僚太と柴崎のインサイドハーフ、アンカーに山口のほうがいいかもしれない。

 というわけで、前線の構成は3トップに変更。右に久保、CFに南野、左に古橋亨梧とする。古橋はスピードだけでなく運動量もあり、守備面でも頼りになるはずだ。

 中島翔哉については、ポルトでの状況が不透明すぎて即時の招集はしにくい。万全なら左ウイングでの起用になるが、久保と中島の両サイドでは守備が弱くなる。中島はベンチに置いてスーパーサブとして使いたい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a41d97792c22720e558838c3ca83501a7c5a6068
no title

DFB杯1回戦 鎌田大地が先発&決勝点演出! フランクフルトが2回戦進出 

スクリーンショット 2020-09-13 16.44.35




1: 2020/09/13(日) 11:52:42.01 _USER9
[DFB杯]契約問題に揺れる鎌田大地が先発&決勝点演出! フランクフルトが2回戦進出

[9.13 DFBポカール1回戦 1860ミュンヘン1-2フランクフルト]

 DFBポカール(ドイツ国内杯)は13日、1回戦を行い、日本代表MF鎌田大地とMF長谷部誠が所属するフランクフルトは1860ミュンヘン(3部)と対戦し、2-1で勝利した。トップ下で先発した鎌田は決勝点の起点となり、後半35分までプレー。ベンチスタートの長谷部は出番が訪れなかった。

 後半立ち上がりに2トップが連発した。後半6分、右クロスをFWバス・ドストが折り返すと、FWアンドレ・シウバがヘッドで押し込み、先制に成功。さらに後半11分、鎌田のスルーパスで抜け出したシウバがクロスを配給。今度はドストがヘッドで合わせ、2-0にリードを広げた。

 後半33分に1860ミュンヘンにPKを決められたが、反撃はここまで。フランクフルトが2-1で逃げ切り、2年連続の2回戦進出を決めた。2回戦は12月22、23日に行われる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b9f3dcada0b107645a695344d9d9f47c4f7fda3f

<久保建英>先発起用を巡る課題を地元紙が指摘!「3つのポジションを4人で争う」 左サイドを担う可能性も 

スクリーンショット 2020-09-03 10.59.10




1: 2020/09/06(日) 19:07:38.09 _USER9
現地時間9月5日、久保建英が所属するビジャレアルが、最後のプレシーズンマッチでレバンテと対戦し、1-2で敗れた。

【動画】久保建英が2点に絡んだソシエダ戦のハイライトはこちら

30分に右サイドハーフのサミュエル・チュクウェゼのクロスから、CFのパコ・アルカセルのボレーで先制したものの、34分にすぐ追いつかれると、63分にも失点。その後もなかなか攻撃の形が作れず、このまま逃げ切られた。

2日のレアル・ソシエダ戦に続いてスタメンに名を連ねた久保は、その試合と同様に4-2-3-1のトップ下で出場。後半途中から左サイドに回り、
勝ち越しを許した直後の66分には決定機を迎えたが、敵にプレッシャーを受けながらのシュートとなり、枠を捉えることができなかった。

地元のスポーツ紙『Superdeporte』は、4-2-3-1でスタートし、
途中から4-3-3に変更したウナイ・エメリ監督のチームに、「結果だけでなく、感覚も良くなかった」と辛口の評価を与えた。
 
久保に関しては、当初は右サイドのポジションを争う同じレフティーのチュクウェゼと「一緒にプレーできる」と太鼓判を押した。

一方で、スペイン代表に招集されているためこの試合を欠場したジェラール・モレーノが戻ってきた場合は、
「エメリ監督に問題が発生する」と指摘。パコ・アルカセルをCFで起用するなら、エースのジェラールがトップ下(セカンドトップ)に入ることが予想されるが、久保もこのポジションの候補であるとした。

さらに、久保はチュクウェゼの位置(右サイド)に入る可能性もあるため、「3つのポジションを4人で争う」と記事は伝えている。

久保が左サイドを担う可能性もあるが、4-3-3への変更に伴い左に移ったこの試合でのパフォーマンスは決して良いとは言えなかった。
実際、『Superdeporte』紙も「同じ左利きのクボとサム(チュクウェゼ)はサイドに横たわっていた。左サイドの久保はポテンシャルを失ったようだった」の厳しい評価を下している。

代表戦の疲労次第だが、昨シーズンのチーム得点王のジェラールがベンチに回るとは考えにくい。そうなると外れるのは、やはり久保か。エメリ監督の選手起用に注目が集まる。

9/6(日) 18:36配信 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/64446b6c808326aea71d036d6ac19de0d687aa08

写真
https://amd.c.yimg.jp/im_siggTTPWqp3IXszjNuiRACHkGw---x640-y477-q90-exp3h-pril/amd/20200906-00078754-sdigestw-000-5-view.jpg

<#本田圭佑>先発でフル出場を果たし、ブラジルメディアから高い評価!「カルーと本田の夜」採点「7.0」 

1: 2020/09/06(日) 18:45:14.07 _USER9
カンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)第8節のコリンチャンス対ボタフォゴ戦が現地時間5日に行われ、2-2の引き分けに終わった。
ボタフォゴのMF本田圭佑は先発でフル出場を果たし、ブラジルメディアから高い評価を受けている。

試合は前半を1-1で折り返したあと、75分にはボタフォゴが出場2試合目となる新戦力の元コートジボワール代表FWサロモン・カルーの初ゴールで逆転。
だが後半アディショナルタイムには名古屋グランパスから今季コリンチャンスに復帰したFWジョーが同点弾を流し込んで2-2のドローに持ち込んだ。

ブラジル『グローボエスポルチ』では、本田に対して10点満点で「7.0」の採点。得点を挙げたカルー、ブルーノ・ナザリオと並ぶチーム最高タイの評価となった。

「最近の数試合よりもインテンシティがあり、よくプレーに絡んでいた。フォルステルとカイオ・アレシャンドレが守備をサポートすることで、
より自由にプレーを作ることができた」と寸評。この試合は「カルーと本田の夜」だったとも述べている。

クラブ専門メディア『Fogao24Horas』では得点者の2人に採点「7.5」をつけ、本田もその2人に次ぐ「7.0」と高評価。
「ボタフォゴでのベストゲーム。自陣からチームのリズムを作る役割を担いカウンターを助けた。前半には全くミスがなかった」と評している。

本田は試合後に公式ツイッターアカウントで写真とメッセージを投稿し、カルーの初ゴールを祝福。「皆さん応援ありがとう。そしてカルー、素晴らしいゴールおめでとう」とコメントしている。

9/6(日) 13:39配信 フットボールチャンネル
https://news.yahoo.co.jp/articles/4079139bfb0ce92303e4e222b1c291bb93fca7fd

写真
no title

カズ、最年長得点記録更新ならず…札幌戦に先発、最大の見せ場で「力みすぎた」後半10分に交代 

1: 2020/08/12(水) 23:42:37.92 _USER9
8/12(水) 23:08
中日スポーツ

◇12日 ルヴァン杯1次リーグ第3節 札幌1-1横浜FC(札幌ドーム)
カズ、最年長得点記録更新ならず…札幌戦に先発、最大の見せ場で「力みすぎた」後半10分に交代
三浦知良
 横浜FCのFW三浦知良(53)は、第2節の鳥栖戦(5日)に続き2戦連続先発出場。自身が持つ最年長出場記録は更新したが、得点することができず、2017年5月10日の神戸戦でDF土屋征夫(当時甲府)が42歳9カ月10日でマークした最年長ゴール記録を塗り替えることができなかった。

 前半14分には最大の見せ場があった。斎藤のスルーパスに呼応して相手DF裏に抜け出したが、左足シュートは「力みすぎた」でミートできず、ゴール右にそれた。その後は決定機らしい決定機もなく、後半10分に鳥栖戦より短いプレー時間でピッチから去った。

 今後はJ1での最年長出場&得点記録の更新に期待がかかるが、これまでの9戦はベンチ入りすらできていないのが現状。「(まずはチーム内の)競争に入っていけるようにやることが大事」と謙虚に語った。

no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200812-00010061-chuspo-socc

53歳カズ12日札幌戦で再び先発か、監督が示唆 

スクリーンショット 2020-08-11 9.58.58




1: 2020/08/11(火) 02:36:50.05 _USER9
8/10(月) 19:03
配信
日刊スポーツ

カズが再び先発のピッチに立つ可能性が出てきた。横浜FCの下平隆宏監督が10日、12日のルヴァン杯・札幌戦に向けオンライン取材に応じ、FWカズ(三浦知良、53)がベンチ入りすることを明言した。カズは5日の鳥栖戦で53歳5カ月10日で先発のピッチに立ち、枠内への惜しいヘディングシュートもあった。酷暑の鳥栖の地で主将マークを巻き63分間プレーし、チームの勝利に貢献。指揮官は「ルヴァンはいい形で勝利しているので。ああいう形のメンバーでいきたい。リーグ戦が出られない選手が中心になる」とカズの先発も示唆した。

決勝トーナメント進出には勝利が絶対条件。指揮官は「選手もルヴァンでアピールして次につなげたい思いはある」と期待を寄せる。カズが12日に53歳5カ月17日で試合を迎える。最年長出場記録の更新はもちろん、最年長ゴールと、ソーシャルディスタンスを保った「ひとりカズダンス」も期待される。

https://news.yahoo.co.jp/articles/99b157776fa8dfbf4169a41111ac5becff610db6

カズ53歳5カ月10日でルヴァン杯先発へ 最年長記録を大幅更新 

スクリーンショット 2020-08-05 17.18.11

ボタフォゴ本田が親善試合に先発、無得点で途中交代 

1: 2020/08/02(日) 15:22:34.46 _USER9 BE:155222373-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
8/2(日) 15:18配信
日刊スポーツ

ボタフォゴMF本田圭佑(2020年3月15日撮影)

<親善試合:ボタフォゴ1-1フルミネンセ>◇1日◇リオデジャネイロ

ブラジルの古豪ボタフォゴに所属するMF本田圭佑(34)がフルミネンセとの親善試合に先発出場した。

キャプテンマークを巻き、中盤でプレー。後半14分には直接FKも蹴ったが、無得点で同18分に途中交代した。8日に開幕する全国選手権前の最後となる実戦を1-1の引き分けで終え、アウトゥオリ監督は「競争力のあるチームが構築できた」と満足そうな表情を浮かべた。

なおボタフォゴは9日にホームでバイーアとの初戦を控えている。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/6c426b784c8e2d4186c69a4291d2b6163e1258da

サッカー=南野先発のリバプール、ダービーマッチで引き分け 

1: 2020/06/22(月) 09:08:19.96 BE:425340459-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
6/22(月) 9:00
ロイター

サッカー=南野先発のリバプール、ダービーマッチで引き分け
 サッカーのイングランド・プレミアリーグは21日、各地で試合を行い、南野拓実(中央)の所属するリバプールは敵地でエバートンとのダービーマッチに臨み、0─0で引き分けた。代表撮影(2020年 ロイター)
[バーミンガム(英国) 21日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグは21日、各地で試合を行い、南野拓実の所属するリバプールは敵地でエバートンとのダービーマッチに臨み、0─0で引き分けた。南野は先発出場し、前半終了までプレー。

チェルシーは敵地でアストンビラに2─1で勝利。前半に先制点を許したものの、後半にクリスティアン・プリシッチとオリビエ・ジルーがゴールを決めた。

武藤嘉紀所属のニューカッスルはホームでシェフィールド・ユナイテッドに3─0で完勝を収めた。武藤はベンチ入りしたものの、出番はなかった。

この結果、首位リバプールは勝ち点を83に伸ばし、2位マンチェスター・シティー(マンC)との差は23ポイントとなった。チェルシーは同51で4位を維持した。

no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200622-00000016-reut-spo

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200622-00000016-reut-spo



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索