Samurai Goal

先発


スポンサード リンク





カズ、最年長得点記録更新ならず…札幌戦に先発、最大の見せ場で「力みすぎた」後半10分に交代 

1: 2020/08/12(水) 23:42:37.92 _USER9
8/12(水) 23:08
中日スポーツ

◇12日 ルヴァン杯1次リーグ第3節 札幌1-1横浜FC(札幌ドーム)
カズ、最年長得点記録更新ならず…札幌戦に先発、最大の見せ場で「力みすぎた」後半10分に交代
三浦知良
 横浜FCのFW三浦知良(53)は、第2節の鳥栖戦(5日)に続き2戦連続先発出場。自身が持つ最年長出場記録は更新したが、得点することができず、2017年5月10日の神戸戦でDF土屋征夫(当時甲府)が42歳9カ月10日でマークした最年長ゴール記録を塗り替えることができなかった。

 前半14分には最大の見せ場があった。斎藤のスルーパスに呼応して相手DF裏に抜け出したが、左足シュートは「力みすぎた」でミートできず、ゴール右にそれた。その後は決定機らしい決定機もなく、後半10分に鳥栖戦より短いプレー時間でピッチから去った。

 今後はJ1での最年長出場&得点記録の更新に期待がかかるが、これまでの9戦はベンチ入りすらできていないのが現状。「(まずはチーム内の)競争に入っていけるようにやることが大事」と謙虚に語った。

no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200812-00010061-chuspo-socc

53歳カズ12日札幌戦で再び先発か、監督が示唆 

スクリーンショット 2020-08-11 9.58.58




1: 2020/08/11(火) 02:36:50.05 _USER9
8/10(月) 19:03
配信
日刊スポーツ

カズが再び先発のピッチに立つ可能性が出てきた。横浜FCの下平隆宏監督が10日、12日のルヴァン杯・札幌戦に向けオンライン取材に応じ、FWカズ(三浦知良、53)がベンチ入りすることを明言した。カズは5日の鳥栖戦で53歳5カ月10日で先発のピッチに立ち、枠内への惜しいヘディングシュートもあった。酷暑の鳥栖の地で主将マークを巻き63分間プレーし、チームの勝利に貢献。指揮官は「ルヴァンはいい形で勝利しているので。ああいう形のメンバーでいきたい。リーグ戦が出られない選手が中心になる」とカズの先発も示唆した。

決勝トーナメント進出には勝利が絶対条件。指揮官は「選手もルヴァンでアピールして次につなげたい思いはある」と期待を寄せる。カズが12日に53歳5カ月17日で試合を迎える。最年長出場記録の更新はもちろん、最年長ゴールと、ソーシャルディスタンスを保った「ひとりカズダンス」も期待される。

https://news.yahoo.co.jp/articles/99b157776fa8dfbf4169a41111ac5becff610db6

カズ53歳5カ月10日でルヴァン杯先発へ 最年長記録を大幅更新 

スクリーンショット 2020-08-05 17.18.11

ボタフォゴ本田が親善試合に先発、無得点で途中交代 

1: 2020/08/02(日) 15:22:34.46 _USER9 BE:155222373-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
8/2(日) 15:18配信
日刊スポーツ

ボタフォゴMF本田圭佑(2020年3月15日撮影)

<親善試合:ボタフォゴ1-1フルミネンセ>◇1日◇リオデジャネイロ

ブラジルの古豪ボタフォゴに所属するMF本田圭佑(34)がフルミネンセとの親善試合に先発出場した。

キャプテンマークを巻き、中盤でプレー。後半14分には直接FKも蹴ったが、無得点で同18分に途中交代した。8日に開幕する全国選手権前の最後となる実戦を1-1の引き分けで終え、アウトゥオリ監督は「競争力のあるチームが構築できた」と満足そうな表情を浮かべた。

なおボタフォゴは9日にホームでバイーアとの初戦を控えている。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/6c426b784c8e2d4186c69a4291d2b6163e1258da

サッカー=南野先発のリバプール、ダービーマッチで引き分け 

1: 2020/06/22(月) 09:08:19.96 BE:425340459-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
6/22(月) 9:00
ロイター

サッカー=南野先発のリバプール、ダービーマッチで引き分け
 サッカーのイングランド・プレミアリーグは21日、各地で試合を行い、南野拓実(中央)の所属するリバプールは敵地でエバートンとのダービーマッチに臨み、0─0で引き分けた。代表撮影(2020年 ロイター)
[バーミンガム(英国) 21日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグは21日、各地で試合を行い、南野拓実の所属するリバプールは敵地でエバートンとのダービーマッチに臨み、0─0で引き分けた。南野は先発出場し、前半終了までプレー。

チェルシーは敵地でアストンビラに2─1で勝利。前半に先制点を許したものの、後半にクリスティアン・プリシッチとオリビエ・ジルーがゴールを決めた。

武藤嘉紀所属のニューカッスルはホームでシェフィールド・ユナイテッドに3─0で完勝を収めた。武藤はベンチ入りしたものの、出番はなかった。

この結果、首位リバプールは勝ち点を83に伸ばし、2位マンチェスター・シティー(マンC)との差は23ポイントとなった。チェルシーは同51で4位を維持した。

no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200622-00000016-reut-spo

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200622-00000016-reut-spo

久保左サイドで先発か 残留へ負けられぬレガネス戦 

20200619-26190198-nksports-000-4-view

久保初得点の相手に5戦連続先発と予想 地元紙 

20200616-26160653-nksports-000-5-view

中島翔哉はなぜ先発起用されないのか? 首位奪還のポルトで脇役に甘んじる最大の要因は… 

20200303-00010002-footballc-000-3-view




1: 2020/03/03(火) 14:32:31.07
ポルトガル1部リーグ第23節が現地2日に行われ、ポルトはサンタ・クララ戦で2-0の勝利を収めた。
6連勝でベンフィカを抜いて15試合ぶりの首位に返り咲いたが、ベンチスタートが続く中島翔哉はチームに貢献しきれなかった。
脇役に甘んじるのはなぜか。財政難に喘ぐポルトにおける背番号10の現在地を読み解く。(文:舩木渉)

●ポルトがついに首位の座に

ポルトがついに首位の座を奪還した。現地2日に行われたポルトガル1部リーグ第23節のサンタ・クララ戦に2-0で勝利すると、
約1時間後に終了した試合でベンフィカがモレイレンセと1-1のドローに終わった。

前節終了時点で2位ポルトと1位ベンフィカの勝ち点差は1ポイントだったため、勝ち点3を積み上げた前者が順位表のトップに返り咲いたのだ。
一時は10ポイント近く差をつけられたこともあったが、実に15試合ぶりの首位。今節は激しさを増す優勝争いにおいて、重要な転換点となったかもしれない。

だが、中島翔哉にとって自身の立場を一変させる試合にはならなかった。ベンチスタートが続くポルトの背番号10は、サンタ・クララ戦もキックオフの笛をベンチから聞くことになった。

先月27日のヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32のレバークーゼン戦2ndレグでコロンビア代表FWルイス・ディアスが負傷し、約1ヶ月の戦線離脱が見込まれる中で、中島の出番が増えていくという見方もあった。
ところがセルジオ・コンセイソン監督はウィルソン・マナファを右サイドバックで起用し、その右サイドバックからヘスス・コロナを本来の攻撃的なポジションに移すことを選んだ。
ターンオーバーの少ないチームとはいえ中島の公式戦5試合連続スタメン落ちは厳しい立場だと言わざるをえない。

サンタ・クララ戦のポルトは普段の4-4-2とは違う、4-1-4-1でスタートした。中盤アンカーに負傷から復帰したキャプテンのダニーロ・ペレイラを据え、
右サイドにはオターヴィオ、インサイドハーフをセルジオ・オリベイラとコロナに任せ、ルイス・ディアスが主戦場としていた左サイドに本来ストライカーのムサ・マレガを配置したのである。

試合が始まると、劣悪なピッチコンディションの影響などもあってサンタ・クララに苦しめられる展開に。パスが思うように通らず、手堅く守る相手をなかなか崩せなかった。
それでも37分にマナファが自ら中央突破を試みて、セルジオ・オリベイラとの華麗なパス交換から先制点を奪ってポルトが先制に成功する。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200303-00010002-footballc-socc
3/3(火) 12:03配信

「タキが先発で見たい」「もっと出番を」リバプールサポが南野拓実の次節スタメンを熱望! そのワケは? 

20200225-00070195-sdigestw-000-6-view

久保建英が4戦連続で先発を 外れた理由。不振でも限界でもない 20試合1得点 

20200211-00885850-sportiva-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/11(火) 06:53:39.77 ID:N/P+c2mu9
マジョルカの久保建英(18歳)に関して、懐疑的な意見が聞こえてくる。

今シーズン、久保はレアル・マドリードと契約後、期限付き移籍でマジョルカに入団。昨年11月からはレギュラーの座を確保していた。
しかし今年1月に入ってから、バレンシア戦、レアル・ソシエダ戦、バジャドリード戦と途中出場が続いている。
スペイン国王杯のサラゴサ戦は先発したが、チームは精彩を欠いて敗れ、大会から姿を消した。

そして2月9日、第23節の最下位エスパニョール戦も、久保はリーグ戦4試合連続で先発から外れている。
1-0とリードを許した展開で途中出場するが、チームを敗戦から救えなかった。

久保は不振に陥っているのか。あるいは限界なのか。

結論から言うが、久保自身は不振でも限界でもない。

ピッチに立った時の久保は、チームの中で格別の存在感を示している。
技術的には圧倒的に優れ、それを出せるだけのパーソナリティーも誇示。
特に、右サイドでボールを持った時は、相手の緊張が伝わってくるかのようで、ファウル同然のタックルを多く受けている。

直近のエスパニョール戦も、63分に途中出場すると、右サイドで起点になった。
ボールを持って、巧みにリズムを作り出していた。警戒されて周りを囲まれると、左に回ってゴールラインまで侵入
終盤には2人を引きつけてファウルを得て、自ら突破し、完璧なクロスを折り返した。

しかし、チームとしての劣勢はどうにもならなかった。

実はマジョルカは、"化けの皮がはがれた"状態にある。
メンバーの半数近くが、2年前まで2部B(実質3部)にいた選手だ。
たとえば、(クラブ収入に応じてリーガ・エスパニョーラが使用可能額の限度を設定する)サラリーキャップでも
20チーム中ダントツ最下位で、補強はままならい。そもそも戦力的に、極めて厳しい状況なのだ。

マジョルカは1部で戦うために組織力を高め、序盤戦はプレーオフからの昇格組として野心的に戦った。
第9節までにエイバル、エスパニョール、そしてレアル・マドリードに勝利。
クロアチア人FWアンテ・ブディミルの健闘などもあって、勢いとしぶとさでどうにかわたり合ってきた。

11月には久保がビジャレアル戦で1得点1アシスト。3-1と貴重な勝利に貢献している。
ホームで勝ち点3を取れたことによって(アウェーは今も勝ち星がない)、降格圏をぎりぎり回避していたのだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200211-00885850-sportiva-socc
2/11(火) 6:00配信

https://www.youtube.com/watch?v=0L-PqLN8AgY


どうなる久保、あざやか超精度クロスもアシストならず…エスパニョール戦タッチ集 Take Kubo 08/02/2020



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索