Samurai Goal

先制弾


スポンサード リンク





久保建英が77分から途中出場、岡崎慎司は先制弾に絡む!リーガ1部初の日本人対決は1-1のドロー 

スクリーンショット 2020-09-14 6.06.48




1: 2020/09/14(月) 03:30:14.39 _USER9
9/14(月) 3:28
配信
SOCCER DIGEST Web
久保は途中出場でピッチへ

久保建英が77分から途中出場、岡崎慎司は先制弾に絡む!リーガ1部初の日本人対決は1-1のドロー
(C)Mutsu FOTOGRAFIA,Getty Images
 現地時間9月13日に開催されたラ・リーガ開幕節で、久保建英が加入したビジャレアルが、岡崎慎司を擁する昇格組のウエスカをホームに迎えた。


 注目の久保がベンチスタートとなった一方、昨シーズンにチーム最多の12ゴールを挙げて1部昇格の立役者となった岡崎は、4-2-3-1のCFでスタメン出場。ラ・リーガ1部デビューを飾った。

 立ち上がりはウエスカがアグッレシブに前に出たものの、地力に勝るビジャレアルが徐々にボールを支配。26分には、CKからジェラールが渾身のヘッドを放つが、昨シーズンまでビジャレアルでプレーしていたアンドレス・フェルナンデスが好セーブで防ぐ。バーに当たったボールをアルビオルが押し込んだが、これはオフサイドとなった。

 なかなかチャンスを作れないウエスカは35分、ここまでいつも通り献身的な守備が光っていた岡崎がセットプレーから得意のヘッドで狙うも、惜しくもゴール右に外れた。

 迎えた42分、岡崎のポストプレーからファン・カルロスが右サイドに展開。駆け上がってきた右SBのマッフェオがカットインから左足を振り抜き、鮮やかな先制ゴールを奪う。ジローナ時代に、メッシへの執拗なマンマークで名を揚げた新戦力が、いきなり結果を残した。

 この1点でペースを掴んだウエスカはこのままリードして折り返すと、53分にフェレイロのクロスを岡崎がヘッドで狙うも、枠を捉えられない。さらにその2分後には、パスワークで崩し、ファン・カルロスが至近距離からシュートを放ったが、岡崎に当ってしまう。

 なかなか決定機を作り出せないビジャレアルだったが、68分にビッグチャンスが訪れる。ラッキーな形でマッフェオのハンドを誘発し、PKを獲得すると、これをジェラールが決めて同点に追いつく。

 そして77分、ビジャレアルは3枚を交代。パコ・アルカセル、ルベン・ペーニャ、コクランに代えて、久保、マリオ、イボーラを投入する。これで、リーガ1部では初めて日本人選手が同時にピッチに立つ“直接対決”が実現した。

 トップ下に入った久保は、ボールを持つと積極的に仕掛けるも、シュートに持ちことはできず。フル出場の岡崎も終盤は守備に終われ、存在感が徐々に低下していった。

 試合はこのまま1-1で終了。勝点1を分け合う形となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/bae6fdf43931907bf87028972658a7962a247f28

鎌田が強烈先制弾 EフランクフルトがPSV破る 

スクリーンショット 2020-08-23 12.33.02

<FW岡崎慎司(ウエスカ)>今季9ゴール目!首位相手に貴重な先制弾もチームは土壇場失点 

1: 2020/06/25(木) 07:25:11.95
[6.24 スペイン2部第35節 ウエスカ1-1カディス]

 スペイン2部リーグは24日、第35節を各地で行い、FW岡崎慎司所属のウエスカは首位のカディスと1-1で引き分けた。前節のアルバセテ戦(△2-2)ではPK獲得で同点劇に貢献していた岡崎は後半20分、セットプレーのこぼれ球にゴール前で反応し、今季9点目となる先制ゴールを記録。ところがチームは最終盤に追いつかれ、首位撃破とはならなかった。

 スコアレスで迎えた後半13分、ベンチスタートだった岡崎が投入されると、そこからスコアが動いた。20分、左サイドからのFKをMFダビド・フェレイロがゴール前に蹴り込み、中央で触れられずにファーに流れたボールをDFペドロ・モスケラが折り返す。すると、ゴール前の混戦で反応したのは岡崎。ハーフボレーでネットに叩き込み、歓喜の輪が広がった。

 直後、ビデオ・アシスタント・レフェリーの介入により試合が中断し、今季8得点を取り消された岡崎にとっては嫌な予感も漂ったが、主審はVARオンリーレビューの末にゴールを宣告した。岡崎にとっては中断前の3月7日に行われた第30節フエンラブラダ戦(○2-0)以来4試合ぶりのゴールとなった。

 その後は終盤までカディスの猛攻を耐え凌ぎ、3試合ぶりの勝利が近づいたかと思われたウエスカ。ところが後半アディショナルタイム4分、ウエスカはクリアミスをしたDFルイジーニョがエリア内で相手FWを倒してPKを献上。同7分、これを途中出場のFWアレックス・フェルナンデスに決められ、土壇場で同点に追いつかれ、勝ち点1を積み重ねるにとどまった。

6/25(木) 4:44 ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/66b676a4d35aedeaf1434cb3bd04604e18b35758

写真
no title

「まるで天使!」香川真司の先制弾にサラゴサ公式も驚愕。スペイン紙は動画付きで特集も 

20200617-00377568-footballc-000-3-view

<長友佑都>先制弾で今季公式戦2点目!…カップ戦でガラタサライの快勝に貢献  

1: Egg ★ 2019/12/18(水) 09:35:13.85 ID:gIiaTQ0d9
ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が、17日に行われたテュルキエ・クパス(トルコ・カップ戦)5回戦セカンドレグのツズラスポル(3部)戦で、今シーズン公式戦2点目を決めた。

 先発出場した長友は10分、ペナルティエリア左でこぼれ球を拾って豪快に右足を振り抜き、ゴール右隅にシュートを突き刺して先制点を決めた。

 長友は1日に行われたスュペル・リグ第13節のトラブゾンスポル戦で今シーズン初得点をマーク。公式戦4試合ぶり、今シーズン2点目となった。

 ガラタサライはその後、16分にラダメル・ファルカオ、前半アディショナルタイム1分にソフィアン・フェグリ、後半アディショナルタイム2分にユネス・ベランダが追加点を決めて、4-0で快勝。長友はフル出場で勝利に貢献した。

12/18(水) 7:32配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191218-01010348-soccerk-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索