Samurai Goal

元浦和


スポンサード リンク





元浦和FWワシントンが誓う日本への“凱旋” 「浦和に対する使命はまだ終わっていない」 

20200524-00263372-soccermzw-000-5-view




1: 2020/05/25(月) 18:26:23.40
【あのブラジル人元Jリーガーは今?】ワシントン(元浦和、東京V):前編――浦和愛がゆえの栄光からの帰国
 2005年から3年間、Jリーグでプレーした元ブラジル代表FWワシントンは、東京ヴェルディと浦和レッズの2クラブに在籍した。05年の開幕戦でいきなり初ゴールを挙げて、日本サッカーに難なく適応。浦和では06年J1優勝、07年AFCチャンピオンズリーグ優勝、FIFAクラブワールドカップ3位など数々の栄光に貢献し、自身も06年にはJリーグ得点王を獲得した。

 ブラジルに戻ってからも、2011年1月の現役引退までさらに3年間、活躍を続けた。今でも「日本を愛している」と語るワシントンが当時帰国を選んだ理由は、まさに“レッズ愛”からだった。

「実際、Jリーグのいくつかのチームから、契約の話が来ていたんだ。でも、僕は浦和との一体感がすごく強かったから、日本で他のクラブのユニフォームを着ることが考えられなかった。だから、帰国を選んだんだ。ブラジルで1~2年間過ごした後なら、プロとして気持ちを整理し、他のチームのためであっても、日本に帰ろうと思うかもしれないしね」

 帰国後はフルミネンセでプレーし、ブラジル全国選手権で28試合21ゴールを記録して得点王に輝いた。少年時代からの夢だったコパ・リベルタドーレスにも出場、クラブ史上初の決勝進出に貢献した。

 翌年はサンパウロへ移籍し、1シーズン3大会(コパ・リベルタドーレス、ブラジル全国選手権、サンパウロ州選手権)で合計32ゴールと、クラブ史上でシーズン最多得点記録者となった。その後、フルミネンセに戻り、現役最後のシーズンを過ごした。

引退後、代理人業をスタートさせたことがきっかけで市議会議員に転身

 引退からの9年間、彼の人生は目まぐるしく変化し、様々な挑戦をしてきた。まずは下部組織時代からの古巣カシアス・ド・スウの本拠地である、ブラジル南部リオグランデ・ド・スウ州カシアス・ド・スウ市に拠点を移して建設会社を経営しながら、選手の代理人業をスタートさせた。その転居が、思いがけないターニングポイントとなった。

「2013年に市議会議員になったんだ。選挙では最高得票だったんだよ。リオグランデ・ド・スウ州のワールドカップ組織委員会で親善大使も務めた。そして、翌年はカシアス・ド・スウ市スポーツ局長に就任した。まさかの展開だったけど、人生を通してスポーツに関わり続けていくうえで、政治家という選択肢ができたんだ。アイデアを提案したり、スポーツを運営管理したり。様々なプロジェクトの土台作りもしたし、社会事業も手がけた。スポーツを通して街が成長するために、この仕事にベストを尽くしていた」

 2014年には3カ月間、連邦議会下院議員として国政にも従事した。

 そんな彼が、一旦政界を退いたのは、ピッチに戻りたいという思いからだった。サッカーの指導者と運営の講座を受けたのをはじめ、当時アトレチコ・パラナエンセを率いていたパウロ・アウトゥオーリ(現ボタフォゴ監督)やブラジル代表のチッチら、4人の名指揮官の下で監督研修をした。レヴィー・クルピ(元セレッソ大阪監督ほか)から数日間かけて、監督哲学なども聞いた。

 入念に準備した後、2017年に監督キャリアをスタートさせた。

「ヴィトーリア・ダ・コンキスタという、ブラジル北東部バイーア州のクラブの監督に就任したんだ。小さなクラブだけど、これから飛躍するための意欲的なプロジェクトを打ち立て、施設や設備などの基盤も整えていた。市民にも愛されて、環境が良かった。小さなクラブから始めたのは、そこから少しずつ目標を達成し、ステップアップしていくためさ。

 僕の夢は、Jリーグで監督を務めることなんだ。それが僕の心のクラブ、浦和であれば、そんなに素晴らしいことはないよね。あのサポーターの元に、監督として帰りたい。なぜなら、僕の浦和に対する使命は、まだ終わっていない。浦和のためにできることが、まだたくさんあると思っている。そのためにも、ブラジルのビッグクラブで結果を出すところまで行きたい。その段階を着実に経た後で、日本に挑戦するつもりだよ」
https://news.yahoo.co.jp/articles/20512561f8a3bb9f182c192518247470f1d1c7b1
>>2以降に続く

「正直とても怖い…」新型ウイルスの猛威に武漢でプレーする元浦和FWラファエル・シルバが胸中を語る 

69197_ext_04_0




1: 1号 ★ 2020/01/26(日) 20:10:07.77 ID:9w0aWJOQ9
「今年は武漢に入れていない…」

 中国の湖北省武漢を中心に猛威を振るう新型コロナウィルス。事態は刻々と深刻化しており、中国政府の発表によれば、発症例は800件以上、疑わしい症例は1000件以上、そして26名の死者が出たと報告されている。

その影響はサッカー界にも波及。中国の国家体育総局が4月までのすべてのスポーツイベントを無期限延期にするよう通達したため、広州恒大と上海申花による中国スーパーカップはスケジュール変更され、中止の措置を取る可能性が指摘されている。さらにアジア・チャンピオンズリーグもグループステージの数試合が延期される場合もあるという。

 そんな状況下にある武漢に本拠地を構えるチームに在籍する元Jリーガーがいる。2014年から約3年間、アルビレックス新潟と浦和レッズでプレーしたブラジル人ストライカーのラファエル・シルバだ。

 浦和から武漢卓爾に加入して2年目を迎え、貴重な得点源となっているR・シルバは、ウイルスの危険性に脅かされているチームの現状について、ブラジル・メディア『Uol』の取材に対し、「今年になって武漢に入れていない」と語り、さらに率直な心境を告白した。

「チームは今年に入ってから広州でトレーニングを始めたんだ。それで僕らはいまスペインに来ている。『武漢へは行くなと言われたから一度も行っていない。神の仕業だとしても、正直に言って、とても怖いよ」

 今も武漢市内に友人を残してきているというR・シルバは、「すぐに物事が落ち着くことを願うよ」と語り、こう本音を漏らした。

「街に残っている友人とは毎日のように連絡を取り合っている。心配だからね。彼らに訊いたら、誰もが道に出ることを恐れていて、動揺していると言っていた。だから、とてもカオスな状態なんだと思う。僕は退団をすることは考えていないけど、彼ら(中国人)に、こうしたことが起こらないように、もう少しだけ物事に注意を払ってほしい」

 感染拡大の可能性も危惧されている今回の新型コロナウィルスを巡る騒動。2月22日に開幕予定となっている中国スーパーリーグへも、小さくない影響を与えることになりそうだ。

2020年01月26日
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=69197



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索