Samurai Goal

元バルサ


スポンサード リンク





<元バルサFWの妻が8年前の性生活を再び語る>「週に10回のセックスをしていた」 

1: 2020/05/02(土) 09:08:08.36
ケビン=プリンス・ボアテングは、ピッチ外で多くの話題を提供する選手の一人だ。ガーナのストライカーは、これまでスポーツ面よりも目に余る私生活が注目を浴びてきた。

バルサ史上最悪のFWが元チームメイトからベスト3を選出

彼がまだACミランでプレーしていた2012年、当時恋人関係だったテレビ司会者のメリッサ・サッタ(現在は妻)が二人の性生活を暴露して混乱を招いた。

それから8年の月日が経過した今、メリッサは『Gazzetta dello Sport』のインタビューで当時の論争について再び語っている。

メリッサは言葉を濁すことなく、ボアテングが負った多くの負傷は、性行為が原因だと認めている。彼女によると「週に10回ほどセックスをしていた」からだという。実際11-12シーズンのボアテングは19試合の出場に留まり、負傷離脱を3度繰り返している。

彼らは2011年に出会い、4年前に結婚。現在は第二子を妊娠しているため、少なくともしばらくは前述のような生活を送ることはないだろう。

2012年の発言の後に多くの批判を受けたテレビ司会者は、「私がセックス依存症だったわけではないわ」と説明し、「私たちが頻繁にセックスをしていたからって、私がニンフォマニアになるわけではないわ」と今でも自己弁護することを忘れない。

一方で彼女は自分の言葉の大きさに気付いたことを認めている。
「サッカー選手との発言には注意が必要なの。特に性生活に関しては論争を巻き起こしてしまうわ」

ケビン=プリンス・ボアテングは、キャリアの中で多くのチームでプレーしてきた。スペインではUDラス・パルマスで勝利を収めたが、バルセロナでの成績は振るわなかった。彼は現在、フィオレンティーナからトルコのベシクタシュにレンタルされている。

5/2(土) 7:20配信 スポルトの
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200502-00010000-sportes-socc

写真
no title

元バルサ監督のバルベルデ氏「日本にとても興味」 

20200214-00000066-reut-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2020/02/14(金) 11:07:53.53 ID:Eh9EAEuZ9
[マドリード 13日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、バルセロナの監督を先月に解任されたエルネスト・バルベルデ氏(56)は13日、新天地について自分に馴染みのない場所で挑戦してみたい気持ちがあると話し、日本についても言及した。

バルベルデ氏はビルバオのフットボールサミットで「みんな、プレミアリーグはどうかと聞いてくるが、そういう時はオーストラリアに行きたいと言っている」とコメント。「キャリアは永遠に続くものではないし、馴染みのないところに住む機会を生かさないといけないと思う時がある」と語り、見知らぬ土地でのチャレンジを歓迎している様子を見せた。

そして、2018年にバルセロナを退団してJ1の神戸に移籍したアンドレス・イニエスタの名前を出し、「彼が日本に行くと言った時、私は拍手を送った。異なる文化、異なる人々を理解できる機会と思ったし、私も日本にとても興味を持っている。日本では良い写真が撮れる」と話した。

今後については「行きたい場所はたくさんある。ずっと休んでこなかったので、まだ何かを決める必要はない。今はまだはっきりとした考えはない。海外でも問題ない。変わったことをするのが好きなので、それも選択肢に入る」と現時点では未定とした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200214-00000066-reut-spo



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索