Samurai Goal

元スペイン代表


スポンサード リンク





「イニエスタの神戸から誘惑も…」“ゼロ円”で動ける元スペイン代表コンビに新生ベティスが触手! 

スクリーンショット 2020-07-31 21.44.11

マジョルカの久保建英を絶賛 元スペイン代表が会見 

20200713-00000142-kyodonews-000-3-view

元スペイン代表FWビジャが“凄い日本人Jリーガー”4人を選出「すごく良いGK」「かなり印象に残っている」 

20200628-43481358-gekisaka-000-2-view




1: 2020/06/28(日) 13:37:03.36
2020年限りで現役を引退した那須大亮氏のYouTubeチャンネルに、同じく同年限りで引退した元ヴィッセル神戸FWダビド・ビジャが出演した。「ダビド・ビジャが認める凄い日本人Jリーガーは誰!?」と題し、ポジション別に4人を選出している。

 2008年の欧州選手権と2010年の南アフリカワールドカップで得点王を受賞した元スペイン代表でビジャは2019年、MLSのニューヨーク・シティから神戸に加入。J1リーグで28試合13得点を挙げ、第17節名古屋戦で記録したゴールは年間最優秀ゴールにも選出された。今年1月1日の天皇杯決勝では終了間際に出場し、初タイトルを置き土産にユニフォームを脱いだ。

 今回の企画でビジャはGK、DF、MF、FWでそれぞれ「Jリーグでプレーしている凄い日本人選手」を選出。対戦時以外でも「Jリーグの試合をよく見ていた」といい、2019年に高いパフォーマンスを発揮した選手たちが選ばれている。

 GK部門はFC東京のGK林彰洋。ビジャは「ゴールを守る面積が広く、ハイボールに対しても強かったので、すごくいいキーパーだったという印象がある」と称えた。これを受けて、林は28日朝に公式Twitter(@hayashi_akihir0)を更新。「朝からバリテンション上がった」(絵文字略)と喜びを語っている。

 DF部門もFC東京からDF森重真人が選ばれた。「足も速いしフィジカルも強いし空中戦も強いし、対戦した選手としてもかなり印象に残っている」と絶賛。「FC東京から2人を選んだのも偶然ではない」と語った。またバレンシアでチームメートだった元アルゼンチン代表のDFロベルト・アジャラ氏にたとえて「エレガンスというか、余裕のあるプレーができる」と評した。

 MF部門は「非常に質の高い選手がたくさんいる」とした中で、神戸でチームメートだったMF山口蛍を挙げた。「彼は才能にも恵まれており、フィジカル的なコンディションもいい。チームメートとしてたくさんプレーできて、僕にとっても光栄だった」と語った上で「中盤の選手として必要なものを全て兼ね備えている」と称賛している。

 最後にFW部門は横浜F・マリノスのFW仲川輝人。「いわゆるFWという選手ではないが、前線の選手としてMVPと得点王を取った。それは彼が持つ能力を非常によく発揮できたと思うし、前線の選手として必要な能力を兼ね備えており、まだ若くまだまだ伸びていく可能性を秘めている」とし、バルセロナ時代のチームメートで現チェルシーのFWペドロにたとえた。

 また動画の中では「トレーニングで対戦するときは苦戦した」という「素晴らしいキャリアを築いた選手」にも言及。「38歳の同じ年齢だが、その年齢でトレーニングにモチベーション高くプレーを続け、チームメートをサポートし続けるのは簡単ではない。試合に絡む喜びがなくてもそれを行っていた。神戸の選手にとってとても良いお手本だった」と称えている。

 各選手への詳細な分析は那須大亮氏のYouTubeチャンネルで。

【ポジション別!】ダビド・ビジャが認める凄い日本人Jリーガーは誰!?
https://www.youtube.com/watch?v=8_t6VKXRfw8



https://news.yahoo.co.jp/articles/deb91473095dd18040b62ad85504a6cb3d137b88

イニエスタびいきの元スペイン代表“小さな悪魔”、過去にシャビへ「我慢できず言ってしまった」 

20200523-43480450-gekisaka-000-3-view

元フランス代表DFテュラムが忘れられない相手はあの元スペイン代表MF 

20200519-00010008-goal-000-6-view

元スペイン代表GKレイナが新型コロナ感染を告白…「トラックや電車に轢かれた気分」 

20200326-00372244-usoccer-000-2-view




1: 2020/03/26(木) 11:20:41.72
アストン・ビラの元スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナが、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染していたことを告白した。

かつてリバプールやナポリ、バイエルンなどでプレーしたレイナは、1月の移籍市場でアストン・ビラへとレンタル移籍。プレミアリーグで6試合に出場していた。

現在は新型コロナウイルスの急速な感染拡大により、プレミアリーグを始めとする各国のサッカーリーグが中断。加えて、選手たちも自宅でトレーニングを行うなど、感染予防に努めている。

プレミアリーグでもアーセナルのミケル・アルテタ監督やチェルシーのイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイなどが感染していたことが確認されているが、実はレイナも感染していたことを告白。しかし、検査を受けていないため、陽性反応者として公には認められていなかったと、イギリス『サン』で告白した。

「この数週間は調子が良くなかった。違和感があったし、厳しいものだった」

「本当に気分が悪くない限り、ここでは検査は受けない。その方針は支持したいと思う」

「僕は医者に話し、彼らはコロナウイルスの症状だと僕に言ったよ」

「僕は検査を受けなかったので、公式には感染は確認されていないけど、それはCOVID-19であったと理解している」

「発熱、咳、呼吸困難、トラックや電車で轢かれた気分だった。2、3日は本当に大変だった」

正式な検査を受けていないため、感染者として明かされていなかったレイナ。しかし、医師の診断を受け、自身を含め、家族も自己隔離を行なっていたという。加えて、ボリス・ジョンソン首相の決断に関して苦言を呈していた理由も明かした。

「僕の家族は2週間隔離されているので、家の状況はそれほど変わっていない」

「ただ、それは首相が決定を下すときだ。それが遅すぎると確信しているけど、少なくとも彼は決断した。それは論理的だ」

「隔離されている時、僕は“苦しみ”について話すことはできない。特権があると思うし、庭があって大きな家で心地よく暮らしているからだ」

「一部の人にとって、この状況はとても困難なことを知っている。しかし、僕たちはしっかりと、今月または1カ月半を過ごさなければならない」

現在はサッカーを行えない状況ではあるが、世界中で新型コロナウイルスが蔓延している状況では、サッカーは意味がないと持論を語った。

「サッカーは今は二の次だね。人々の幸せが危機に瀕している。スペインだけでなく、イタリア、イギリスでもだ。世界中について話している」

「それはこのウイルスが起こしたことだ。もう一度サッカーができるかはわからない。誰にもわからない」

「日程を話すには注意が必要だね。ユーロ、オリンピックを延期するという決定は、賢明だったと思う。そして今、必要に応じて、シーズンを終えるための時間を多く持てている」

「リスクにさらされている多くの利害関係、多くのお金が関与していることを理解している。ただ、サッカーと並んで、今回苦しんでいる経済の他の多くの側面がある。サッカーは最も重要なことではない」

「繰り返すが、最も重要なことは誰にとってもより安全なことを行い、僕たちが望むことをしないことだ」

「コロナウイルスが撲滅されない限り、人々でいっぱいのスタジアムは役に立たない」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200326-00372244-usoccer-socc

<元スペイン代表GK>高校野球を見て絶句!「これほど酷い光景がずっとテレビで放送されているのに誰も何も言わないのか?」 

1: 2020/03/19(木) 18:56:43.00
ロペスは高校サッカー選手権のスタンドの光景を見て、怪訝そうに幸野に尋ねてきた。ピッチ上の選手と同じユニフォームを着た大勢の選手たちが応援していたからだ。

「あれは応援団なのか?」
「選手だよ」
「どうしてスタンドにいるんだ? なぜ日本はチームに人数制限をしないんだ? 欧州のクラブはみんな20人程度に制限しているぞ」
「たぶん、そんなことをしたら学校は潰れる」
日本の妙な習慣も、ロペスは不思議で仕方がない様子だった。

「ドリブル専門のスクール、朝練習、自主トレ……、これほど情報化が進んだ時代だ。もし効果があるなら、欧州でも取り入れているはずだろう」

 もちろん、幸野も同感だ。

「サッカーは、認知、判断、実行の繰り返しです。今、何をするべきか、選手たちは一瞬で判断して実行に移さなければならない。ところがドリブルという実行の部分だけ上達しても、肝心の前段階が備わっていなければ、足もとに来たボールはすべてドリブルで運ぶ選手ばかりが生まれてきてしまいます」

 そしてロペスが最も驚愕したのは、テレビ画面に全国高校野球選手権の中継が流れてきた時だった。

「どうして、みんな選手たちは髪の毛がないんだ?」
「たぶん強制だと思うよ」
「この時代に、そんな怖いことが起こっているのか! しかもこれほど酷い光景がずっとテレビで放送されているのに、誰も何も言わないのか? 欧州ならすぐに訴訟が起こって大変なことになっているぞ」

 履き違えた過剰な勝利至上主義が鏤められているのに、それを日本人は当然のことだと捉えてしまっている。

 ロペスは言っていたそうである。

「勝利を求めて反省するのは大切だ。しかしどうしても相手が強いことはあるし、いつまでも引きずっていても仕方がない。現実を認めて、明日また頑張ろうと切り替える。それで何がいけないんだ」

 遊びのはずだったスポーツがテレビ中継され過度に注目が集まり、負けた選手たちはこの世の終わりかのように泣き崩れる。

「だから日本にはグッドルーザーが生まれない」

3/19(木) 18:33配信 THEanswer
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200319-00108514-theanswer-socc&p=1

写真no title

<ヴィッセル神戸に大物FW加入か>元スペイン代表ペドロに“日本移籍”浮上!「最も目立つオファー」 

1: Egg ★ 2020/01/27(月) 05:50:05.84 ID:63F5Zc/z9
 元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが所属するJ1ヴィッセル神戸に再びビッグネーム加入の噂が急浮上している。バルセロナや代表でイニエスタと共闘経験を持つチェルシーの元スペイン代表FWペドロ・ロドリゲスに複数のクラブが興味を示すなか、「最も目立つオファーはヴィッセル神戸」とスペイン紙「スポルト」が報じた。


 現在32歳のペドロは、2009-10シーズンにバルセロナの下部組織からトップチームに昇格し、2014-15シーズンまで主力としてフル稼働。その間、リーグ優勝5回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝3回、コパ・デル・レイ優勝3回を経験した。またスペイン代表としても2010年南アフリカ・ワールドカップ、2012年の欧州選手権優勝に貢献。バルセロナと代表の両方でイニエスタと共演している。

 チェルシー移籍後もリーグやFAカップ優勝を飾るなど華々しいキャリアを誇るペドロに移籍話が浮上。スペイン紙「スポルト」は複数のクラブが興味を示していると伝えた一方、「最も目立つオファーはヴィッセル神戸」と記している。

 昨季限りで現役から退いた元スペイン代表FWダビド・ビジャに触れつつ、「イニエスタが所属するチームで、ダビド・ビジャの引退後、新たな力を求めている」と報じた。ペドロは欧州でのプレーを望んでいる模様で、チェルシーを率いるフランク・ランパード監督も貴重な戦力として見ているという。

 記事では「ペドロは多くのクラブにとって非常に魅力的な選手」と指摘。今夏にチェルシーとの契約が切れるペドロには、スペインの強豪セビージャも興味を示しており、争奪戦の様相を呈している。

 イニエスタやビジャをはじめ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキなどビッグネームを補強してきた神戸だが、再び日本サッカー界を賑わせる補強を見せるのだろうか。

1/27(月) 5:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200127-00243131-soccermzw-socc

写真
no title

元スペイン代表のレジェスさん 交通事故で死去 35歳 セビリア、アーセナルなどでプレー 

20190601-00000227-spnannex-000-22-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索