Samurai Goal

優勝トロフィー


スポンサード リンク





<リバプールMF>CL優勝杯“足乗せ”写真が波紋? 踏みつけ物議の韓国指摘「中国が見れば…」  

1: Egg ★ 2019/06/03(月) 12:28:57.24 ID:tSGZw8W39
 U-18韓国代表が中国で開催された「パンダカップ2019」で優勝後、トロフィーを踏みつけるポーズをしながら記念撮影をして物議を醸しているなか、今季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制したリバプールのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが優勝トロフィーに足を乗せる写真を公開して韓国メディアが反応。「自慢」「これを中国が見れば……」と伝えている。

【写真】「これを中国が見れば…」 “踏みつけ”物議の韓国が指摘! リバプール主将MFヘンダーソン、CL優勝トロフィー“足乗せ”ショット
no title


 U-18韓国代表は5月29日に中国で開催された「パンダカップ2019」に参戦。タイ(2-1)、ニュージーランド(4-0)、中国(3-0)を破って見事に優勝を飾った。しかし、韓国代表の選手たちが優勝トロフィーに足を乗せて記念撮影した行為が問題視され、国内外のメディアから批判の声が上がっていた。

 そんななか、リバプールが現地時間1日のCL決勝でトットナムを2-0と撃破し、14シーズンぶり6度目の欧州制覇。注目を集めているのは、リバプールの主将MFヘンダーソンが試合後に投稿した1枚の機内写真だ。

 ヘンダーソンは自身のインスタグラムを更新。機内に持ち込んだ優勝トロフィーを前に置き、座席に座ったヘンダーソンがリラックスしたように両足を伸ばし、トロフィーをまるで足置きのように利用している写真を投稿した。「リバプール、さぁ行くよ」と記し、帰国の途に就く報告をしている。

「中国メディアから袋叩き」 ヘンダーソンの“足乗せ”ショットに批判の可能性を指摘

 この写真に反応したのが韓国メディア「スターニュース」だ。記事では「ヘンダーソンが、飛行機の椅子に座り、チャンピオンズリーグの優勝トロフィーに足を乗せて写真を撮った」と報道。U-18韓国代表が優勝トロフィーを踏みつけるポーズで中国メディアから糾弾されたなか、「これを中国が見れば……」と批判の可能性を指摘している。

「18歳以下の韓国代表も似たようなセレモニーを行ったが、中国メディアから袋叩きに遭った」

 リバプール主将MFが投稿した“歓喜ショット”だが、韓国メディアは優勝トロフィー足乗せショットとして注目を寄せている。

6/3(月) 6:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190603-00193245-soccermzw-socc

【非常識国家】トロフィー踏みつけは氷山の一角…韓国サッカー、世界中でマナー悪い行為、五輪出場停止論も  

1: ニライカナイφ ★ 2019/06/01(土) 19:59:06.64 ID:LUaZxFKq9
◆トロフィー踏みつけは氷山の一角…韓国サッカー、世界中でマナー悪い行為、五輪出場停止論も

中国の成都で開催されていた、サッカー男子のユース大会「パンダカップ」。
中国、タイ、ニュージーランド、韓国の4カ国が参加し、3戦全勝で優勝を果たした韓国U-18(18歳以下)チーム。

だが、選手のひとりが優勝トロフィーを踏みつけてポーズをとり、記念写真を撮ったことが批判を浴び、トロフィー没収・優勝剥奪の処罰を受ける事態へと発展している。
問題になっているのは、ピッチに置かれたトロフィーに選手が片足を乗せている写真。

トロフィーを踏みつけた選手は笑みを浮かべ、周りを囲ったチームメイトらも笑っている様子がうかがえる。
AFP通信の配信サイト「AFPBB News」によると、大会組織委員会は「重大な侮辱行為だ」と批判。

韓国チームの選手・スタッフらは中国国民に向けて謝罪したものの、中国メディアが「選手らがトロフィーに向かって小便をするふりもしていた」と報じ、批判が膨れ上がったという。
韓国サッカーチームといえば、今回に限らずたびたび“マナーの悪さ”を批判されている。

2012年のロンドンオリンピック・サッカー男子3位決定戦では、試合後にパク・チョンウ選手が「独島(竹島)は韓国領土」と主張するプラカードを掲げてピッチを走り回った。
政治的宣伝を禁止している五輪憲章に反したとして、罰金処分などを科された。

ネット上では「五輪という舞台で、あり得ない行為。韓国チームは五輪大会への出場を永久停止すべき」「韓国チームは五輪の理念をまったく理解していない。そもそもスポーツマン精神を持ち合わせていない」などの批判が溢れ返った。
また、昨年開催された第18回アジア競技大会では、ファン・ヒチャン選手が「スポーツマンシップに反する」と批判を受けた。

マレーシア戦に敗れた際、ヒチャン選手は試合終了後の慣例となっている相手チームとの握手を拒否した。
自己中心的な対応に、韓国サポーターからもバッシングが巻き起こったのだ。

今回、韓国チームのマナーの悪さをあらためて浮き彫りにしたトロフィー踏みつけ問題。
サッカーファンからは「毅然と対応した中国側の判断は素晴らしい」「優勝して気分が高まっていたとしても、常識のあるチームや選手なら絶対にしない行為」「世代が変わっても、韓国チームのマナーの悪さは変わらないということか」「韓国サッカーチームに国際大会へ出場する資格はない」といった声が相次いでいる。

そんななか、6月1日(日本時間6月2日午前4時)に行われる「UEFAチャンピオンズリーグ」決勝に挑むイングランド・リヴァプールに、韓国代表のソン・フンミン選手が出場する予定だ。
英紙「Guardian」のインタビュ-で「韓国人選手のイメージを良くしたい」と高らかに宣言していたが、今回の騒動もあって日本をはじめとするサッカーファンの反応は、「韓国サッカーのイメージは永遠に変わらないと思う」「あなたひとりではとても無理です」と冷ややかだ。

サッカーに限ったことではないが、たとえ勝ち負けを決める場面で、どんなに熱くなっても、礼節を忘れてはいけない。

ビジネスジャーナル 2019.05.31
https://biz-journal.jp/2019/05/post_28175.html
no title

<U-18韓国代表の優勝杯“踏みつけ行為”>鹿島DF チョン・スンヒョン「良い選手である前に良い人で…」  

1: Egg ★ 2019/05/31(金) 23:11:19.05 ID:QPfYmnJn9
U-18韓国代表が中国で開催された大会で優勝も…トロフィー踏みつけ行為で波紋拡大

写真
no title


U-18韓国代表が中国で開催された「パンダカップ2019」で29日に優勝を飾ったなか、優勝トロフィーを踏みつけるポーズをしながら記念撮影を行って物議を醸している。そんななか、J1鹿島アントラーズの韓国代表DFチョン・スンヒョンが自身の公式インスタグラムを更新し、過熱する“非マナー議論”を巡ってアドバイスを残したと母国メディアが報じた。

 U-18韓国代表は「パンダカップ2019」に参戦し、タイ(2-1)、ニュージーランド(4-0)、中国(3-0)に3連勝し、9得点1失点と圧倒的な強さで誇示。歓喜のなかで優勝トロフィーを授与されたが、その直後の記念撮影で見せた行動が問題視されている。

 優勝トロフィーとともに撮影をする際、一部の選手がカップに足を乗せてポーズ。このワンシーンを捉えた写真がSNSを中心に広まり、「冒涜行為」「非マナー」「失礼」と批判が殺到した。代表チームは翌日に公式謝罪したが、優勝はく奪という事態にまで発展している。

 様々な意見が上がっているなか、鹿島に所属するDFチョン・スンヒョンが30日に自身のインスタグラムを更新。「良い選手である前に、良い人でなければならない。自分1人のせいで韓国のイメージが悪くなる可能性もあるので…今日も韓国の名にかけて努力する」と綴った。

鹿島DFチャン・スンヒョンの“助言投稿” 韓国代表コンビも賛同「クール」

 この投稿に母国メディアが反応。韓国テレビ局「YTN」は「チョン・スンヒョンが、U-18韓国代表の非マナー議論を巡る一文を残して注目されている」と言及。「この文は後輩たちへのアドバイスと見られている」と続けた。

 また韓国紙「中央日報」も「『U-18韓国代表チームの優勝はく奪』先輩のアドバイスは?」と見出しを打って報道。「具体的な言及はなかったが、この投稿を見たファンは品のない振る舞いをした18歳以下代表チームを念頭に置いた発言と解釈している」と指摘した。

 同じく韓国代表のFWイ・スンウ(ヴェローナ)やFWキム・ムンファン(釜山アイパーク)から「クール」と賛同のメッセージが届いており、韓国人選手たちも今回の件に大きな注目を寄せているようだ。

5/31(金) 21:38配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190531-00192694-soccermzw-socc

<海外メディアも注目!>U-18韓国代表優勝杯“踏みつけ”の衝撃行動が世界中で波紋!「野蛮で下品」「中傷的」  

1: Egg ★ 2019/06/01(土) 10:37:30.33 ID:0CL/UtWw9
中国で開催された大会で優勝も記念撮影で物議、海外メディアも注目「不適切なポーズ」
no title


U-18韓国代表が中国で開催された「パンダカップ2019」で29日に優勝を飾ったなか、優勝トロフィーを踏みつけるポーズをしながら記念撮影する行為が問題視されている。中国だけでなく韓国でも批判が噴出した一方、その反響は各国メディアに広がっており、「謝罪を強いられた」「中傷的セレブレーション」「不敬的で傲慢?」と伝えている。

 U-18韓国代表は「パンダカップ2019」に参戦し、タイ(2-1)、ニュージーランド(4-0)、中国(3-0)に3連勝。9得点1失点と強さを誇示して大会を制した。注目を集めているのは、優勝セレモニー後の一幕だ。

 韓国の選手たちが記念撮影をする際、優勝トロフィーに足を乗せながら撮影。その光景を捉えた写真がSNSを中心に一気に広まり、中国で批判が殺到。大会組織委員会から抗議が届き、代表チームが公式謝罪する事態となった。

 その行動は韓国でも批判の対象となっているが、海外メディアも反応。衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は「“トロフィー踏みつけ”セレブレーションの後、U-18韓国代表は謝罪を強いられた」と伝え、「中国メディアなどに失望したと非難され、韓国の若きスターたちの優勝は異なる理由で報じられた」と記している。

 ドイツ誌「デア・シュピーゲル」は「不適切なポーズで祝った」と指摘。「通常の祝福、それとも不敬的で傲慢? いずれにせよ、主催者側はそれが挑発的であると感じた」と続けている。また、英公共放送「BBC」が「野蛮で下品」と報じれば、ベトナム紙「タインニエン」も「中傷的で攻撃的なセレブレーション」と触れている。

 喜びに酔いしれるなかで生まれたU-18韓国代表の行為は大きな物議を醸しているようだ。

6/1(土) 6:40配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190601-00192565-soccermzw-socc

【サッカー】<トロフィー踏みつけた韓国U-18代表>優勝剥奪処分!「パンダ・カップ」★5
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1559251955/

【サッカー】<韓国選手が優勝カップ踏みつけ>成都市サッカー協会関係者「もう韓国チームは呼ばない前に来た日本はとても良かった」★3
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1559292732/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索