Samurai Goal

優勝


スポンサード リンク





神戸三浦監督「アジアNO・1」ACL優勝を明言 

スクリーンショット 2020-10-20 15.47.57

CL決勝、ネイマールはなぜPSGを優勝に導けなかったのか? 成長の跡を見せたが、足りなかったのは… 

1: 2020/08/24(月) 22:24:34.99 _USER9
UEFAチャンピオンズリーグ決勝、パリ・サンジェルマン対バイエルン・ミュンヘンが現地時間23日に行われ、0-1で勝利したバイエルンが7年ぶりの欧州制覇を成し遂げた。ネイマールはチームで2番目に多い10kmの走行距離を記録したが、PSGを勝利に導くことができなかった。(文:加藤健一)

●ハイレベルなCL決勝に

「技術的にはネイマールが世界一の選手だ。私はメッシのファンだが、それでも技術レベルでは彼を超えられない」

 元ブラジル代表のカフーはネイマールをこう評している。

 アタランタ戦では90分にマルキーニョスの同点弾をアシストし、ムバッペへのスルーパスで逆転ゴールをおぜん立てした。ライプツィヒ戦でもディ・マリアのゴールをアシストしている。ネイマールの存在なくしてPSGの決勝進出はなかっただろう。しかし、世界一の選手はパリ・サンジェルマン(PSG)をUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝に導くことはできなかった。

 トーマス・トゥヘル監督は怪我から復帰したケイラー・ナバスを除いて、準決勝と同じ10人を決勝のピッチに送り込んでいる。ネイマールは準々決勝、準決勝に続いて3トップの中央をスタートポジションにした。

 PSGとバイエルン・ミュンヘンに実力の差はほとんどなく、トランジションでのハードなプレッシングが強調された試合だった。ボールを保持するバイエルンはハイラインを敷き、失えば即座に回収して2次攻撃を開始する。PSGは直近3試合で15得点を奪っているバイエルンの攻撃を4-5-1のゾーンプレスで吸収しつつ、アンヘル・ディ・マリア、ネイマール、キリアン・ムバッペの3トップを中心にカウンターを仕掛けた。

 PSGの狙いは明確で、ボールを奪ったらキミッヒの裏という共通認識があった。ライプツィヒやバルセロナも狙っていたように、ハイラインの裏にボールを通してフィニッシュにつなげる。PSGは前半にそこからいくつかフィニッシュへとつなげ、18分にはムバッペのスルーパスにネイマールが抜け出したが、シュートはGKマヌエル・ノイアーに跳ね返された。

●バイエルンはアクシデントで好転

 25分、バイエルンにアクシデントが襲った。センターバックのジェローム・ボアテングが負傷。ボアテングはリヨン戦でも負傷してハーフタイムで退いており、この試合に強行出場していた。

 しかし、おそらくこの交代はバイエルンも想定内で、すぐさまニクラス・ズーレをピッチに入れている。すると、結果的にPSGの狙いが封じられることになる。スピードに優れるズーレが入ったことで、カウンターからシュートに持ち込まれる場面は激減した。

 サッカーはミスをするスポーツだ。ハイレベルだったこの試合でさえ、両チームともに中盤で不用意にボールを奪われ、ノーマークのシュートを外していた。

 ムバッペが決定機をものにしていれば、ディ・マリアの右足のシュートがもう少しうまければPSGは勝っていたかもしれない。レバンドフスキがゴールポストに当ててなければ、バイエルンはこれまでの試合のように大差をつけていたかもしれない。両チームともに味方のミスを全員でカバーし、水際で食い止めていたが、結果的にこの試合はたった1度、ゴールネットを揺らしたバイエルンが勝利した。

 この試合のネイマールのパフォーマンスを批判することはできないだろう。誰よりも多くのドリブルを成功させ、誰よりも多くファウルをもらった。しかし、絞って構えるバイエルンの4バックの壁は分厚く、ノイアーが最後の砦としてゴール前に立ちはだかった。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/f1c6e8ce79c25f1e6096a583763e1782dba2e30e
no title

<日本代表>このまま成長したらW杯優勝は可能か?「3つのボトルネック」を克服する必要があると指摘=中国 

images000




1: 2020/08/10(月) 07:09:30.34 _USER9
サッカーの日本女子代表は2011年ワールドカップ(W杯)で優勝を果たしたが、男子代表も将来的にW杯優勝を成し遂げることができるだろうか。
中国メディアの百家号は4日、「サッカーの日本男子代表がこのまま成長し続けた場合、W杯優勝は可能か」と題する記事を掲載した。
 
記事は、日本サッカー協会は2050年までにW杯で優勝するという目標を掲げていると伝える一方、この目標を掲げた当時、多くの人の嘲笑の的になったと主張。
事実、日本が1992年のアジアカップでサウジアラビアを下して優勝したのは「意外な結果であった」と主張し、なぜなら当時の日本サッカーの実力は中国と大差なかったからだと強調、
つまり1990年代の日中サッカーには現在のような圧倒的な差はなかったと指摘した。

続けて、1990年代におけるアジアのサッカー強国といえば、韓国とイラン、そしてサウジアラビアであったと指摘しつつも、それから20年ほどしか経っていないのに日本はアジアをリードするサッカー強国となっていると強調。
現在では日本がW杯で優勝するという目標を嘲笑する人はもはや少数派であり、日本サッカーは実力で嘲笑する人たちを黙らせてきたのだと論じた。

続けて、ここ20年ほどにおける日本サッカーの成長速度は「人びとの予想を大きく上回っている」と主張し、これだけ急激に成長できたのは中国以上の「挙国体制」によるものだと主張。
日本の場合は中国と違って国家が管理しているわけではないが、青少年の育成からクラブチームでの育成、そして代表の選抜に至るまで、見事に連携したシステムが存在するがゆえに効率よく成長することができたのではないかと論じた。

一方、日本サッカーは現在、W杯の成績という点では「伸び悩んでおり、壁にぶつかっている状況」だと強調する一方、壁を突破するためには「3つのボトルネック」を克服する必要があると指摘。
その3つとは相手のハイプレス戦術に対応できていないこと、爆発的なスピードと得点力を持つ選手がいないこと、そして後半に入るとスタミナ切れすることだと説明。

しかし日本サッカー界もこうしたボトルネックを理解しており、対策も講じていると強調し、これらの課題を克服できればW杯の成績は今後大きく伸びる可能性があり、W杯優勝にも大きく近づくことになるだろうと論じた。

2020年8月9日 7時12分 サーチナ
https://news.livedoor.com/article/detail/18707104/

自身の決勝ゴールでセリエA優勝を手に…C・ロナウド「歴史を作ることができ嬉しい」 

スクリーンショット 2020-07-27 12.41.55のコピー

ユヴェントス、まさかの逆転負けで優勝はお預け…ウディネーゼが残留に向け劇的勝利 

スクリーンショット 2020-07-24 9.41.49のコピー

ウエスカ、最終節で大逆転のリーガ2部優勝!…岡崎慎司は今季12得点で貢献 

no title

「サッカー大好き」影山優佳(19)がガチ予想!J1優勝は「横浜マリノス」 

1: 2020/07/04(土) 09:52:43.94
明治安田生命J1リーグが4日、リモートマッチ(無観客試合)で再開する。
新型コロナウイルスの感染拡大による中断の影響で週2試合の過密日程が続く。
降格なしの特別ルールで「残留争い」はない。
前例のないシーズンを各クラブはどう戦うか。
日刊スポーツ評論家のセルジオ越後氏(74)永島昭浩氏(56)はともに東京を本命の優勝候補に挙げた。
熱烈なサッカー愛の持ち主で人気アイドルグループ日向坂46の影山優佳(19)は横浜の優勝と上位8チームの順位を予想した。

影山優佳です。
今回はJ1順位予想を8位まで発表させていただきます。
1位は昨季王者の横浜です。
去年の勢いがあり、戦術も浸透していて補強も効きそう。
これまでのJリーグの傾向をみていて、一度勢いを持ったチームはあまり失速がありません。
さらに進化した姿が見られそうです。

2位のC大阪はロティーナ監督の組織的な戦術が今の選手に合っていると思います。
ACLがないのも大きいです。
3位の川崎Fは2月のルヴァン杯の試合を見ても4-3-3の新システムは歯車がかみ合えば強い。
レアンドロ・ダミアン選手の爆発にも期待です。
4位の鹿島は昨季アシスト王の永戸選手ら実力者を補強し、クラブの勝ちにいく姿勢を感じます。
高卒の荒木選手にも注目です。

5位の東京はメンバーが固定されがちなのでACLとの兼ね合いが不安。
若手の台頭に期待したいです。6位の神戸は一度波に乗れば強い印象。
パスワークがなめらかな楽しいサッカーで、個人的にももっと学びたいチーム。
イニエスタ選手は私も一度は生で見てみたいです。7位の柏は台風の目になりそう。
各位置に選手がそろっていて、後半戦でも強さを発揮しそうです。
8位広島は若手が育っていて、堅実な試合運びができる。
ブラジル人選手にはサッカーIQの高さを感じます。
彼らが起点となり、多彩な攻撃パターンが見られそうです。

いかがでしょうか?予想はかなり真剣に考えてみました。
各チームが再開後にどんなサッカーをするのか、私も楽しみにしています!

http://news.yahoo.co.jp/articles/12581886f1c70375d453d6dc96bccd7d8cd1b7e2

日向坂46影山優佳のJ1順位予想
no title

影山優佳
no title

no title


日向坂46 影山優佳
no title

no title

no title

no title

<武田修宏の直言!!>イニエスタに年俸32億円超を支払う神戸はそろそろ優勝しないと!! 

1: 2020/07/02(木) 18:54:16.27
【武田修宏の直言!!】

J1が4日から再開するけど、今季の優勝予想は難しいかな。新型コロナウイルスの影響で約4か月の中断期間があったため、降格なし、選手交代枠が5に増えるなど規定も変更になり、各チームの戦い方にも大きな影響が出てくる。それに日本代表や世代別代表で選手を抜かれても公式戦が行われるとあって、先行きは見通せないからね。

 あるJ1クラブの関係者に話を聞くと、A代表の選手だけではなくてアンダー世代の選手も含めると、最大で約10人もの選手が不在となる期間があるみたい。そんな中でもリーグ戦を戦わないといけないとあって、選手起用など、どうやりくりするのか。かなり困惑していたよ。

 代表に絡む選手招集の動向でチームの戦力も大きく変わってくるからリーグでの戦いにも影響は大きいよ。村井満チェアマン(60)は、多少の不公平はやむを得ないって話をしているけど、今季の成績でクラブの収入はもちろん、年俸も変わってくるんだから、選手やスタッフとしては悩ましいところだね。

 そんな中で注目しているのは神戸かな。所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)の推定年俸は32億5000万円とも報道されているけど、他メンバーを含め、結果を出すために、かなりのお金を使っているんだから、そろそろ優勝しないと…。いろいろな意味で各Jクラブの戦いぶりを見守りたい。

7/2(木) 11:00 東京スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/e0caae994d5fb86a5e2e364e155d9f6af0ba403e

写真
no title

優勝喜ぶファン暴徒化 「全くもって許されない」 リバプールが非難 

20200628-00000021-jij_afp-000-3-view

リバプールを30季ぶりVに導きしクロップが優勝コメント! 「言葉にならないね。アンビリーバブル」 

20200626-00376760-usoccer-000-3-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索