Samurai Goal

優勝


スポンサード リンク





マンチェスター・シティ、2度の優勝も取り消しに? プレミアリーグが調査強化と英紙報じる 

20200215-43478205-gekisaka-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2020/02/16(日) 01:20:21.38 ID:qSsHr/zN9
 マンチェスター・シティが欧州サッカー連盟(UEFA)から処分を科されたことを受け、プレミアリーグも同クラブへの調査を強化するとイギリス『ミラー』が報じている。

 UEFAは14日、シティがファイナンシャル・フェアプレー規則(FFP)に抵触したとして、来季から2シーズンにわたるUEFA主催大会への出場禁止と、罰金3000万ユーロ(約36億円)の処分を下した。クラブ財務管理機関(CFCB)の裁定委員会が調査した結果、シティが2012年から2016年にかけて提出した損益計算書のスポンサー収入について、水増しが行われていたことが発覚したという。

 同紙によると、プレミアリーグはUEFAの発表前からシティのFFP違反に関して独自の調査を行っていたが、今回の処分発表を受け、さらに調査を強化していくようだ。シティを取り巻く財政状況を調べ、勝ち点の減点のほか、2012年から2016年の間に獲得した2つのリーグタイトル(2011-12、2013-14シーズン)剥奪などの処分が下される可能性もあると同紙は伝えている。

 シティはスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴することを表明しているが、UEFAの裁定が覆らなかった場合、今後のチーム編成に影響を及ぼすのは避けられない。一部報道ではジョゼップ・グアルディオラ監督の退任や主力選手の流出など、“チーム崩壊”の危機もささやかれている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200215-43478205-gekisaka-socc

【2020Jリーグ大予想】神戸が初の制覇だ 

20200218-01746795-tospoweb-000-5-view[1]

<Jリーグ>外国人監督と日本人監督、どっちが優勝できる? Jリーグ27シーズンを振り返ってみた 

20191208-00351888-footballc-000-2-view[1]




1: Egg ★ 2020/02/14(金) 19:43:23.56 ID:KTFtd1fS9
ワールドカップでは、自国の監督が率いている国しか優勝したことがないというジンクスがある。

一方で、現在のクラブレベルでは、外国人監督が大きな成績を残していることが多く、世界最高峰と称されるプレミアリーグは外国人監督がトップクラブの指揮を執っているケースが大半だ。

クラブの指揮を執る監督は、自国の人物が良いのか、それとも外国から招へいした人物が良いのか。一体Jリーグはどうなのだろうか。

今回はこれまでのJ1リーグの歴史の中で、“シーズン優勝”という結果をまとめてみた。

【J1優勝経験監督一覧】
1993年:松木安太郎(ヴェルディ川崎)
1994年:松木安太郎(ヴェルディ川崎)
1995年:早野宏史(横浜マリノス)
1996年:ジョアン・カルロス(鹿島アントラーズ)
1997年:桑原隆(ジュビロ磐田)
1998年:ゼ・マリオ(鹿島アントラーズ)
1999年:桑原隆(ジュビロ磐田)
2000年:トニーニョ・セレーゾ(鹿島アントラーズ)
2001年:トニーニョ・セレーゾ(鹿島アントラーズ)
2002年:鈴木政一(ジュビロ磐田)
2003年:岡田武史(横浜F・マリノス)
2004年:岡田武史(横浜F・マリノス)
2005年:西野朗(ガンバ大阪)
2006年:ギド・ブッフバルト(浦和レッズ)
2007年:オズワルド・オリヴィエラ(鹿島アントラーズ)
2008年:オズワルド・オリヴィエラ(鹿島アントラーズ)
2009年:オズワルド・オリヴィエラ(鹿島アントラーズ)
2010年:ドラガン・ストイコビッチ(名古屋グランパス)
2011年:ネルシーニョ(柏レイソル)
2012年:森保一(サンフレッチェ広島)
2013年:森保一(サンフレッチェ広島)
2014年:長谷川健太(ガンバ大阪)
2015年:森保一(サンフレッチェ広島)
2016年:石井正忠(鹿島アントラーズ)
2017年:鬼木達(川崎フロンターレ)
2018年:鬼木達(川崎フロンターレ)
2019年:アンジェ・ポステコグルー(横浜F・マリノス)
2020年:?

【通算優勝回数】
日本人監督:16回
外国人監督:11回

そのシーズンにおける日本人監督と外国人監督の割合を度外視し、単純にどちらの監督が優勝しているかを見てみると、16対11で日本人監督の方が優勝していることになる。また、岡田武史氏以降に日本代表監督を務めた西野朗氏、森保一氏はJ1リーグ優勝を経験している。

一方で、外国人監督に目を向けると、11回の優勝のうち7回が鹿島アントラーズ。オズワルド・オリヴィエラ氏時代の3連覇を筆頭に、ブラジル人監督が6回。石井正忠監督が唯一日本人監督で鹿島を優勝に導いている。

2012年の森保一監督から、7年連続で日本人監督が優勝していたが、昨シーズンはアンジェ・ポステコグルー監督率いる横浜F・マリノスが優勝。クラブとして初めて外国人監督で優勝を成し遂げた。

今シーズンのJ1リーグは、日本人監督が9名、外国人監督が9名と五分五分。最も外国人監督で優勝している鹿島が、2015年7月まで指揮を執ったトニーニョ・セレーゾ氏以来となる、アントニオ・カルロス・ザーゴ監督を招へいしたが、4シーズンぶりのリーグタイトル獲得なるだろうか。

2/14(金) 15:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200214-00370149-usoccer-socc

J1最終節で見逃せない4つの見どころ。優勝決戦のゆくえ、残留の大本命は? 

20191206-00010012-goal-000-1-view[2]

【J1試合結果】第33節 仙台×大分、鹿島×神戸、F東×浦和、川崎×横M、湘南×広島、磐田×名古、G大×松本、C大×清水、鳥栖×札幌 

201911300000387-w500_1[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/30(土) 15:59:37.37 ID:vzq+YKMp9
仙台 2-0 大分
[得点者]
26'道渕 諒平(仙台)
61'長沢 駿 (仙台)

スタジアム:ユアテックスタジアム仙台
入場者数:13,894人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/113001/live/#live


鹿島 1-3 神戸
[得点者]
14'藤本 憲明 (神戸)
29'郷家 友太 (神戸)
40'土居 聖真 (鹿島)
88'小川 慶治朗(神戸)

スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
入場者数:34,312人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/113002/live/#live


FC東京 1-1 浦和
[得点者]
39'マルティノス(浦和)
69'田川 亨介 (FC東京)

スタジアム:味の素スタジアム
入場者数:40,202人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/113003/live/#live


川崎 1-4 横浜FM
[得点者]
08'仲川 輝人     (横浜FM)
49'エリキ       (横浜FM)
69'エリキ       (横浜FM)
74'レアンドロ ダミアン(川崎)
89'遠藤 渓太     (横浜FM)

スタジアム:等々力陸上競技場
入場者数:23,893人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/113004/live/#live


湘南 1-0 広島
[得点者]
09'オウンゴール(湘南)

スタジアム:Shonan BMW スタジアム平塚
入場者数:12,235人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/113005/live/#live


磐田 2-1 名古屋
[得点者]
22'松本 昌也        (磐田)
39'長谷川 アーリアジャスール(名古屋)
71'大久保 嘉人       (磐田)

スタジアム:ヤマハスタジアム(磐田)
入場者数:14,963人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/113006/live/#live


G大阪 4-1 松本
[得点者]
11'小野瀬 康介(G大阪)
30'井手口 陽介(G大阪)
45'井手口 陽介(G大阪)
58'アデミウソン(G大阪)
90'水本 裕貴 (松本)

スタジアム:パナソニック スタジアム 吹田
入場者数:25,635人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/113007/live/#live


C大阪 2-1 清水
[得点者] 
18'エウシーニョ(清水)
75'水沼 宏太 (C大阪)
79'柿谷 曜一朗(C大阪)

スタジアム:ヤンマースタジアム長居
入場者数:21,562人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/113008/live/#live


鳥栖 0-2 札幌
[得点者]
04'ジェイ   (札幌)
90+4'鈴木 武蔵(札幌)

スタジアム:駅前不動産スタジアム
入場者数:17,512人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/113009/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

日本のスポーツ史上最大の偉業が女子サッカーW杯優勝という事実  

imagesTCWPKLW0




1: 風吹けば名無し 2019/10/14(月) 10:40:39.71 ID:v8VMgyWN0
異論はないと思うが

王国・静岡復活!少年男子8年ぶり国体優勝!全国トップ24度目栄冠  

1: Egg ★ 2019/10/04(金) 12:43:44.70 ID:E73VKtJk9
◆茨城国体 サッカー ▽少年男子決勝 静岡1―0広島(3日・カシマスタジアム)

 少年男子の決勝が行われ、静岡県選抜は広島と対戦。序盤は攻め込まれてピンチの連続だったが、GK大畑神唯(16、JFAアカデミー福島)を中心に集中して守り、後半20分、DF菊地脩太(16、清水エスパルスユース)が決勝ゴールを決め、1―0で制した。静岡県の少年男子の優勝は、千葉と両チーム優勝だった2011年以来8年ぶり18度目。単独高校チームなどで出場していた時代を含めると全国トップの24度目の優勝となった。

 試合終了の笛が鳴ると、静岡イレブンは次々とピッチに倒れ込んだ。1点差で逃げ切り、優勝した喜び。そして、やはり疲れ切っていた。全5試合にフル出場し、ボランチやトップ下を務めたMF東(ひがし)廉主将は「さすがに昨日の準決勝からきつかった」と苦笑した。

 高い位置からプレスをかけて走り回るサッカーを最後まで貫いた。前半は広島に押し込まれてチャンスを作れなかったが、「交代する選手がいる。最後まで走り抜け」と村下和之監督(42、沼津西高教)が指示。その攻撃的な姿勢が後半に実った。左サイドバックの突破でCKを得ると、ニアに走った東が頭で後方にそらせ、ファーの菊地が右足ボレーでたたき込んだ。「王国と言われながら最近は勝てていなかったのでうれしい」と、5戦フル出場のセンターバックは声を弾ませた。

 決勝を制しての単独での優勝は、2004年以来15年ぶりとなった。その後は8強止まりが続き、最近は14年、16年、18年に1回戦で敗退するなど苦しんでいた。技術が高い選手は多いものの、結果がついて来ない。今年の村下監督は「ボールを奪え、ゴールを奪える子。戦える選手」を基準に人選した。

 8月の東海国体では岐阜に逆転勝ちし、なんとか全国切符をつかんだチーム。計8ゴールで今大会の得点王になったFW千葉寛汰も「大会前は優勝できると思ってなかった」。それでも試合を重ねるごとに16人の団結力が強まり、自信をつけていった。「選手全員が走って声を出して戦った」と東主将は胸を張った。

 「これが王国復活のきっかけになれば」と菊地。県選抜は解散するが、この経験をそれぞれの所属チームで生かすことが静岡の強さにつながる。「選手の成長していく姿を見ていきたい」と監督は目を細めていた。(里見 祐司)

 ◆静岡の国体サッカー(少年の部) 初優勝は1957年の藤枝東高。当時は「高校の部」として行われ、高校チームが代表だった。58年は清水東、66年は藤枝東が2度目のV。70年からは選抜チームが編成されている。県勢の優勝は「高校の部」で6度、75年に「少年の部」と名称変更されて以降、今回で18度目で計24度目。

10/4(金) 8:43配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-00000250-sph-socc

写真
no title

【速報】ユニバーシアード優勝! 上田綺世がハットトリック  

uedaayase




1: 豆次郎 ★ 2019/07/14(日) 06:13:18.35 ID:gkOMufdy9
詳細はのちほど

【徹底討論】日本の女子サッカーは8年間で一気に弱体化したのか?!  

m_footballchannel-327002




1: 47の素敵な(茸) (スプッッ Sdf3-rH/5) 2019/06/20(木) 09:01:19.74 ID:V1LzwQFBd
相手が強くなっているとはいえ、日本の弱体化酷すぎでしょ
せっかく多くのチャンスを作っても、ゴールを決め切る決定力が無さすぎる
失点が呆気なさすぎる

どうにかならんのか?

https://youtu.be/l2HJnDRIzKE


伊東純也が先制弾の起点…ゲンクはドローも8年ぶりリーグ優勝!来季CL出場権も獲得  

news_274471_1[1]




1: 豆次郎 ★ 2019/05/17(金) 05:32:20.17 ID:B3Pb/DNM9
19/5/17 05:25
[5.16 ベルギー・リーグPO1第9節 アンデルレヒト1-1ゲンク]

 FW伊東純也の所属するゲンクが2010-11シーズン以来、8年ぶりの優勝を決めた。ベルギー・リーグのプレーオフ1第9節が16日に行われ、首位ゲンクは敵地で5位アンデルレヒトと対戦し、1-1のドロー。勝ち点差3で2位につけるクラブ・ブルージュが他会場で敗れたため、残り1試合で4ポイント差となり、通算4回目のリーグタイトルと来季UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場権を手中に収めた。11試合連続スタメンの伊東は先制ゴールに絡み、後半13分までプレーしている。

 リーグ制覇に王手をかけた12日の第8節クラブ・ブルージュ戦(2-3)で逆転負けを喫し、優勝決定が持ち越しとなっていたゲンク。前半11分、自陣からの縦パスに反応した伊東が相手を背負いながら巧みな反転で前方につなぎ、MFレアンドロ・トロサールが素早く右サイドのスペースに展開する。フリーで受けたDFジョアキム・マーレがPA右脇から折り返すと、最後はニアのMFブライアン・ハイネンが右足で押し込み、幸先よく先制した。

 だが、その後はアンデルレヒトに攻め込まれる展開が続く。後半13分には最初の交代カードを使い、伊東を下げてMFジョセフ・パインツィルを投入。なんとか持ちこたえていたものの、同20分にアンデルレヒトのFWヤニック・ボラシエにヘディングシュートを決められ、同点に追いつかれる。

 試合はそのまま1-1で終了。ゲンクは引き分けに終わったが、他会場で2位クラブ・ブルージュが4位スタンダール・リエージュに0-2で敗れたことで両者のポイント差が4に開き、8年ぶりにリーグ王者に輝いた。

https://web.gekisaka.jp/news/amp/?274471-274471-fl&274471-274471-fl=&__twitter_impression=true
https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/275000/274471/news_274471_1.jpg



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索