Samurai Goal

伊東純也


スポンサード リンク





<日本代表>久保建英、堂安律、伊東純也の“三つ巴”…最激戦区右サイドMF争いを記者が読み解く!  

1: Egg ★ 2019/10/13(日) 07:36:21.43 ID:lickMa199
日本代表は12日、タジキスタン戦(15日)が行われる同国の首都ドゥシャンベで初練習を行った。

6―0と大勝した10日・モンゴル戦でMF伊東純也(26)=ゲンク=が3アシストと結果を残し、MF堂安律(21)=PSV=、MF久保建英(18)=マジョルカ=と、ポジション争いはまれにみるハイレベルな“三つ巴(どもえ)”の右サイドMF。

レギュラーからメンバー落ちまでの可能性が渦巻く最激戦区の展望を、日本代表担当の金川誉記者が読み解く。

 ともに勝ち点6で迎えるタジキスタン戦に向け、人工芝の張られた試合会場での初練習。DF長友、吉田はコンディション調整のため姿を見せず、モンゴル戦のスタメン組も軽めに調整した。

一方、同戦の“サブ組”は、シュート練習などで約1時間半、体を動かした。右MFの1番手だった堂安、18歳の久保はモンゴル戦で出番なしに終わり、この日は感触を確かめるようにボールを蹴った。

 伊東は「みんな右サイドだけじゃないし、意識はしていないと思う」と話したが、一気に過熱してきた競争。

過去日本代表で3人が一つのポジションを争い、最も白熱したのは、02年日韓W杯を目指したトルシエ・ジャパンの左MF。中村俊輔、小野伸二、三都主アレサンドロが競った結果、中村はW杯のメンバーから落選した。

他ポジションとの兼ね合いもあるが、メンバー23人のうち、3人のGKを除き1ポジション2人というのはどのチームも基本路線。3人の実力者が集えば、おのずと1人はメンバー外となる可能性が出てくる。

 生き残りに向けたポイントは、試合で結果を残せるかが第一。加えて複数ポジションをこなす多様性も重要になる。

基本布陣の4―5―1なら堂安、久保はともにトップ下をこなし、伊東は左サイドの経験がある。さらにオプションとなる3―6―1なら、伊東はウィングバックでのプレーも可能だ。

タジキスタンのファンからも「クボー!」とサインをねだられるほど知名度を誇る久保ですら、3番手の状況が続けばメンバー落ちの可能性もはらむ“天国から地獄”。この争いが、日本代表をさらに強くする。(金川 誉)

10/13(日) 6:31配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00000176-sph-socc

写真
no title

堂安、久保、伊東…激化する「右サイドハーフ争い」 モンゴル戦に見えた森保Jの変化とは?  

20191012-00222799-soccermzw-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/12(土) 06:59:22.47 ID:Gl68b/Ci9
試合開始直後から徹底していたサイド攻撃

日本代表は10日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のモンゴル戦(埼玉)に6-0で快勝した。
3戦連発のMF南野拓実(ザルツブルク)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、10年ぶり弾のDF長友佑都(ガラタサライ)、FW永井謙佑(FC東京)がゴールするなか、
MF遠藤航(シュツットガルト)、FW鎌田大地(フランクフルト)が代表初得点。右サイドに起用されたMF伊東純也(ヘンク)は3アシストと大活躍した。
引かれた相手に対して“サイド攻め”で好機を作り続けての大量得点。今、森保ジャパンに起きている“変化”に注目した。

W杯予選のホーム初戦。エースFW大迫勇也(ブレーメン)が負傷で不在となった一戦は、怒涛のシュート攻勢から始まった。
開始2分、DF酒井宏樹(マルセイユ)の右クロスに永井が飛び出してチャンスを作る。
これはオフサイドとなったが、同4分、またもや酒井のクロスに今度は南野が反応。
左足を伸ばすも、惜しくも合わなかった。同10分には伊東が右サイドをドリブル突破。
同12分には、酒井と伊東の連係で前線へと駆け上がった。その2分後には南野が右サイドでドリブルを仕掛けて、中央の永井へ。
試合開始から15分間で、「これでもか」というほど右サイド攻めを徹底した。

この日は、森保ジャパン立ち上げ当初から2列目を形成してきた“三銃士”MF中島翔哉(ポルト)、南野、MF堂安律(PSV)ではなく、右MFに伊東を起用。
日本のFIFAランク31位に対して、モンゴルは同183位と格下のため、相手は試合前から「保守的に戦う」とブロックを作って守備を固めることを宣言していた。
実際、「相手のスタイルに合わせて選手を選ぶ」と話していたミヒャエル・ワイス監督はDF登録の6人を先発させ、フィールドプレーヤー全員が自陣で守る状態だった。

大人数で網を張る相手に対して、サイドを使い、網の目を緩めていく。森保一監督は試合後に、「モンゴルがこれまでの日本代表を分析して堅い守備をしてきた。
中央を固められた時にサイドにスペースが出てきて、そこを選手たちが試合の流れや状況を考えて、攻撃を仕掛けてくれた」と説明。徹底してサイド攻撃した理由を明かした。

昨年9月に発足し、1年が経った森保ジャパン。初めての“壁”は今年1月のアジアカップだった。
昨年の国際親善試合5連戦では、強豪ウルグアイ相手にも4-3で競り勝つなど、攻撃陣が躍動し4勝1分。
中央にパスを入れて大迫が収め、2列目の“三銃士”が伸び伸びとプレーした。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191012-00222799-soccermzw-socc
10/12(土) 6:40配信

【真相究明】モンゴル戦で3アシストも、伊東純也が満足しないのはなぜ?  

20191011-00065144-sdigestw-000-6-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/11(金) 07:20:02.78 ID:LZazKhIe9
右サイドからのクロスで3アシスト!

[カタール・ワールドカップ・アジア2次予選]日本6-0モンゴル/10月10日/埼玉スタジアム2002

「クロスは自分の強みではありますし、上げるだけでなくて、得点につなげないといけない。そこは、得意な部分として、自信を持ってやれているかなと思います」

6-0で快勝したモンゴル戦後、3アシストを決めた伊東純也は、そう言って胸を張った。

22分、右サイドで酒井宏樹のスルーパスに抜け出すと、クロスで南野拓実の先制ゴールをアシスト。
32分には、その南野とのワンツーで再び右サイドを打開し、今度はグラウンダーのボールで長友佑都の得点をお膳立てした。
さらに39分には、酒井のヒールパスを受け、クロスで永井謙佑のゴールを演出し、圧巻の3アシストを決めている。

きっちり結果を残したが、それでも伊東はどこか物足りなそうだった。

「正直、得点を取りたかったというのもありますし。アシストに関しては、今日は絶対にしなければならない相手だったと思いますし、最低限かなと思います」
 
ストロングポイントのクロスで勝負するのは当たり前。伊東がプラスアルファで求めていたのは得点だ。それには、理由がある。
 
「ベルギーでもまだ点を取れていないので、アシストは多いですけど、もうちょい点にも絡んでいければもっと怖い選手になれるかなと思います」
 
欧州で揉まれ、ゴールへ貪欲になっている伊東には、さらなる成長を期待できそうだ。
 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191011-00065144-sdigestw-socc
10/11(金) 6:00配信

FW伊東純也(ヘンク)、1アシストでMOMに選出!地元メディアも絶賛「ピッチ上を飛び回った」  

1: Egg ★ 2019/09/22(日) 08:20:50.41 ID:TuHhStz69
ジュピラーリーグは21日に第8節が行われ、ヘンクはオステンドに3-1で勝利した。この試合に先発した伊東純也を、ベルギーメディア『HLN』が絶賛している。

先日のチャンピオンズリーグ・グループリーグ第1節でザルツブルクに2-6と大敗。公式戦3試合勝利から見放されていたヘンク。オステンド戦でも立ち上がりはなかなかうまくいかない時間が続いたが、18分にオウンゴールで先制に成功すると、32分に追いつかれたものの、前半のうちに勝ち越し。すると90分には、伊東のアシストからベルゲがダメ押しとなる3点目を決め、3-1で勝利を挙げた。

これで今季4勝目を挙げ、暫定7位に浮上したヘンク。『HLN』は「ヘンクは立ち上がり支配したが、とても遅く、アイディアに乏しかった」と指摘。それでも、「平均を上回ったのはイトウだけだった」としつつ、そのパフォーマンスを絶賛している。

「この日本人は、去年のプレーオフで我々が目撃したように、何度もピッチ上を飛び回った」

「終盤には、イトウはベルゲへの素晴らしいアシストで、彼自身の力強いゲームを締めくくった。この勝利はヘンクに酸素を送り込む。だが、暗い雲はルミナス・アレーナから消えなかった」

随所に輝きを見せ、1アシストを記録した伊東は、この試合のマン・オブ・ザ・マッチにも選出されている。今季はリーグ戦8試合連続で先発し、4アシストをマーク。欧州挑戦2シーズン目を迎えた26歳FWは、上々のスタートを切っている。

写真
no title


9/22(日) 7:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190922-00010012-goal-socc

森岡亮太(シャルルロワ)3戦連発弾で今季4点目!伊東途中出場のゲンクに競り勝つ  

1: Egg ★ 2019/09/14(土) 10:11:18.92 ID:Q0pmWVrV9
[9.13 ベルギー・リーグ第7節 シャルルロワ2-1ゲンク]

 ベルギー・リーグ第7節が13日に行われ、MF森岡亮太の所属する暫定10位シャルルロワはホームでFW伊東純也所属の6位ゲンクと対戦し、2-1で勝利した。6試合連続でスタメン起用された森岡は、前半26分にPKで先制ゴールを奪取。3戦連発となる今季4得点目を挙げ、前半終了までプレーした。一方、日本代表帰りの伊東は今季初のベンチスタート。後半10分に途中出場したが、得点には絡めなかった。

 勝ち点2差で迎えた日本人所属クラブ同士の対決。ゲンクは前半23分にMFジョセフ・パインツィルがPA内で転倒する場面があったが、PK判定とはならず。逆にその直後、相手のバックパスを追いかけたシャルルロワFWママドゥ・ファルがPA内左でGKに倒され、PKを獲得する。同26分にPKキッカーを任されたのは森岡。右足でゴール右に沈め、先制弾を奪った。

 森岡はリーグ中断を挟み、3試合連続となる今季4ゴール目を記録。前半29分にはFWシャマール・ニコルソンがPA内中央から左足でゴール左に突き刺し、シャルルロワが2-0で前半を折り返した。

 シャルルロワは後半開始から森岡に代え、FWカベー・レザイーを投入。2点を追いかけるゲンクは後半10分にMFブライアン・ハイネンとの交代で伊東を送り出した。

 すると後半16分、左サイドのDFイェレ・ウロネンが送ったクロスをニアのFWエベレ・ポール・オヌアチュがダイビングヘッドでゴール右に押し込み、ゲンクが1点を返す。しかし反撃も及ばず、そのままタイムアップ。シャルルロワは2連勝、ゲンクは2試合勝ちなし(1分1敗)となった。

9/14(土) 7:46配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-43471619-gekisaka-socc

写真no title

今夏に伊東純也へ高額なオファーが舞い込むも…ヘンクTD「彼とCLを戦うことを決めた」  

20190912-00010003-goal-000-3-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/12(木) 07:12:32.02 ID:8dgL29C59
主力として活躍中…

ベルギー・ジュピラーリーグのヘンクに所属する日本代表MF伊東純也に対して、今夏に高額なオファーが舞い込んでいたようだ。

今冬に柏レイソルからベルギーの強豪ヘンクに期限付きで加入した伊東。シーズン途中からの加入となったものの、全公式戦14試合に出場して3ゴールを記録し、
プレーオフでは大半の試合に先発出場し、チームのリーグ制覇に貢献した。今シーズンも、ここまで全公式戦7試合すべてでスタートからプレーするなど主力として活躍する。

ベルギーで着実に成長を続け、市場価値も劇的に上昇する伊東に対して、今夏に高額なオファーがクラブに届いたようだ。ヘンクのテクニカルディレクターを務めるディミトリ・デ・コンデ氏がベルギー『Sport/Voetbalmagazine』で明かした。

「我々はイトウに対する二桁(1000万ユーロ)にかなり近いオファーを受け取った。しかし、我々は彼とともにチャンピオンズリーグを戦うことを決めた。加入からたった6カ月で放出するなんてありえない」

また、エースのムブワナ・サマッタに対しては「ロシア、フランス、ガラタサライ」からのオファーがあったものの、「彼は望まなかったし、チャンピオンズリーグ出場により価値を見出した」とデ・コンデ氏は認め、
複数の主力を引き留められたことへの喜びをあらわにしている。

8シーズンぶりにチャンピオンズリーグ出場権を獲得したヘンクは、17日の開幕節で南野拓実と奥川雅也擁するザルツブルクと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-00010003-goal-socc
9/12(木) 7:03配信

伊東純也V弾アシストでゲンクが今季初2連勝! アンデルレヒトは“プレー専念”コンパニが負傷交代  

20190824-43470833-gekisaka-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/08/24(土) 10:10:38.77 ID:780hzkRv9
[8.23 ベルギー・リーグ第5節 ゲンク1-0アンデルレヒト]

 ベルギー・リーグ第5節が23日に行われ、FW伊東純也の所属するゲンクはホームでアンデルレヒトと対戦し、1-0で勝利した。開幕5試合連続スタメンの伊東は後半10分に決勝点をアシスト。フル出場し、今季初の2連勝に貢献している。

 ゲンクは前半をスコアレスで折り返したが、後半に均衡を破った。後半10分、左サイドのFWムブワナ・サマッタがPA内右のMFブライアン・ハイネンにロングパスを送り、ハイネンの落としを受けた伊東がゴールに背を向けながらPA内中央でキープ。上がってきたサマッタにつなぎ、先制弾を演出した。

 伊東は第4節ベフェレン戦(4-0)に続き、2試合連続となる今季3アシスト目。一方、開幕4戦未勝利中(2分2敗)のアンデルレヒトは今夏加入のMFサミル・ナスリらを中心に反撃を図るも、後半30分にアクシデントに見舞われる。選手兼監督で今季から復帰し、チームの低迷を受けて当面のプレー専念を表明したDFビンセント・コンパニが負傷交代。1-0で逃げ切ったゲンクが2連勝を飾り、アンデルレヒトは2連敗となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190824-43470833-gekisaka-socc

伊東純也はゲンクでヒーローになった。 来季は「CLでバルサとやりたい」  

1: 豆次郎 ★ 2019/05/22(水) 08:43:15.52 ID:zU2BynW29
5/22(水) 7:37配信
伊東純也はゲンクでヒーローになった。 来季は「CLでバルサとやりたい」

ゲンクが8年ぶり4度目のベルギーリーグ優勝を果たした。2位のクラブ・ブルージュとの差はわずか勝ち点2。だが、ベルギー国内で「サッカーの質の高さは随一」と、ゲンクの強さは認められており、正当かつ順当な優勝として受け止められている。


 2月上旬、柏レイソルからゲンクに電撃移籍した伊東純也は、3カ月半という極めて短い間で、ベルギー人に強烈なインパクトを残した。

 縦へのスピード、アジリティ、ボールを持った時の落ち着き、相手ペナルティエリア内でのテクニック、クロス精度、しつこいプレッシング、そしてゴールに直結するプレー......。日本代表という肩書きこそあるものの、ベルギーでまったく無名の存在だった伊東は、瞬く間にゲンクの主力として認められるようになる。ボールを失ってもすぐに相手をチェイスして取り戻してしまう姿勢に、サポーターから信頼と好感が寄せられた。

 5月3日、アントワープとのホームゲームで、ゴール裏のサポーターが「イート―! イート―!」と熱狂的に叫びながら、まるで神を崇めるかのように伊東に向かってお辞儀を繰り返した姿は忘れがたい。この夜の伊東はFWレアンドロ・トロサールとの連係がすばらしく、右に張った伊東と左に張ったトロサールがお互いに感じ合い、認め合い、意識し合って長短交えたコンビネーションを見せた。

 33分、トロサールが素早くFKを蹴り、ペナルティエリア内の左に走り込んだ伊東にボールを出す。伊東のファーストタッチが大きくなったためチャンスには至らなかったものの、ふたりによる見事な即興の妙だった。

「あれは練習もしてなくて、『レア(トロサール)から来るかな』との判断で走ったら、本当にボールが来た。ファーストタッチがもう少しうまくいけばシュートまでスムーズに行ってましたが、『本当に来たっ!』と焦ってしまいました」

 57分には、トロサールのクロスを伊東がボレーシュートで叩きつけ、ベルギーリーグ通算3ゴール目を決めた。その後、ゲンクはアディショナルタイムにPKでもゴールを奪ったが、それも伊東のサイドチェンジから生まれたPKだった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190522-00860440-sportiva-socc
no title

伊東純也が先制弾の起点…ゲンクはドローも8年ぶりリーグ優勝!来季CL出場権も獲得  

news_274471_1[1]




1: 豆次郎 ★ 2019/05/17(金) 05:32:20.17 ID:B3Pb/DNM9
19/5/17 05:25
[5.16 ベルギー・リーグPO1第9節 アンデルレヒト1-1ゲンク]

 FW伊東純也の所属するゲンクが2010-11シーズン以来、8年ぶりの優勝を決めた。ベルギー・リーグのプレーオフ1第9節が16日に行われ、首位ゲンクは敵地で5位アンデルレヒトと対戦し、1-1のドロー。勝ち点差3で2位につけるクラブ・ブルージュが他会場で敗れたため、残り1試合で4ポイント差となり、通算4回目のリーグタイトルと来季UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場権を手中に収めた。11試合連続スタメンの伊東は先制ゴールに絡み、後半13分までプレーしている。

 リーグ制覇に王手をかけた12日の第8節クラブ・ブルージュ戦(2-3)で逆転負けを喫し、優勝決定が持ち越しとなっていたゲンク。前半11分、自陣からの縦パスに反応した伊東が相手を背負いながら巧みな反転で前方につなぎ、MFレアンドロ・トロサールが素早く右サイドのスペースに展開する。フリーで受けたDFジョアキム・マーレがPA右脇から折り返すと、最後はニアのMFブライアン・ハイネンが右足で押し込み、幸先よく先制した。

 だが、その後はアンデルレヒトに攻め込まれる展開が続く。後半13分には最初の交代カードを使い、伊東を下げてMFジョセフ・パインツィルを投入。なんとか持ちこたえていたものの、同20分にアンデルレヒトのFWヤニック・ボラシエにヘディングシュートを決められ、同点に追いつかれる。

 試合はそのまま1-1で終了。ゲンクは引き分けに終わったが、他会場で2位クラブ・ブルージュが4位スタンダール・リエージュに0-2で敗れたことで両者のポイント差が4に開き、8年ぶりにリーグ王者に輝いた。

https://web.gekisaka.jp/news/amp/?274471-274471-fl&274471-274471-fl=&__twitter_impression=true
https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/275000/274471/news_274471_1.jpg

伊東純也、今季3点目を技アリシュートでゲット! ヘンクはホームで快勝、2位以上が確定 

20190504-00058076-sdigestw-000-5-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索