Samurai Goal

伊東純也


スポンサード リンク





UEFA-EL ベスト32 1st 日本人所属クラブは苦戦…強豪が軒並み勝利するなか、アーセナルはまさかの敗戦  

20190214-00010009-goal-000-2-view




1: 久太郎 ★ 2019/02/15(金) 10:37:15.16 ID:poITXmMv9
2月14日(現地時間)、ヨーロッパリーグ(EL)のラウンド・オブ32の第1レグが行なわれ、欧州各国で16の熱戦が展開された。
 
 ついに幕を開けたノックアウトステージ。グループステージを勝ち抜いた24チーム(各グループの上位2チーム)に加え、チャンピオンズ・リーグ(CL)のグループ3位8チームを加えた32チームが5月29日(決勝)まで続くトーナメントで頂点を争う。
 
 まず日本人選手だが、今回、参戦しているのは、フランクフルトの長谷部誠、レッドブル・ザルツブルクの南野拓実、CLから移行したガラタサライの長友佑都、そして今冬にヘンクに加入した伊東純也の4人。今月2日に入団が発表された伊東は、先週末の国内リーグに続いてベンチ外となり、欧州デビューはお預けとなっている。
 
 先発出場は長谷部と長友。前者は3バックの中央で守備を統率し、チームは7分にFKからヒンターエッガーのヘッド弾で先制したが、3分後にPKでシャフタール・ドネツクの同点を許す。その1分後、ステパネンコが2度目の警告を受けて退場となり、フランクフルトは数的優位を得た。
 
 ホームチームを押し込み続け、50分にはヨビッチのクロスをコスティッチがダイレクトで押し込んで勝ち越しに成功したフランクフルトだったが、ここからシャフタールの反撃を許し、67分にパスワークで守備を破られ、タイソンの同点ゴールを喫する。この時、長谷部はJ・モラエスに寄せたものの、ラストパスを止めることはできなかった。
 
 一方、長友も定位置の左SBとして攻守に躍動したが、ガラタサライは27分にPKでベンフィカに先制される。54分、長友のクロスからリュインダマがヘディングシュートを決めて追いつくも、64分にセフェロビッチに抜け出されて勝ち越され、先勝を許した。長友は先週末のリーグ戦に続いてのアシストを決めたが、チームは厳しい状況に追い込まれた。
 
 最後に南野は、ザルツブルクの今年最初の公式戦に85分から出場。17分に先制するも、81分にクラブ・ブルージュに逆転を許したチームを救うべく積極的な動きを見せたものの、同点ゴールが生まれることなく、アウェーマッチは敗戦に終わった。
 
 続いてその他の試合では、インテル、チェルシー、ナポリ、バレンシア、ビジャレアルといった強豪国のクラブは軒並み勝利を飾ったが、そのなかで唯一、格下相手の試合を落としたのがアーセナルだった。
 
 BATEボリソフ(ベラルーシ)とは昨シーズンもELで対戦し、その時は2戦とも勝利を挙げたアーセナルだが、今回は敵地でフラストレーションの溜まる90分間を過ごすことになった。
 
 前半終了間際にセットプレーからドラグンの先制ヘッドを浴び、後半は攻めながらもカウンターの脅威にさらされ、85分にラカゼットがマーカーに手を出して一発退場……まさに敵の術中に嵌ってしまった。
 
 最後に、今ラウンドで強豪同士の対戦となったのはラツィオ対セビージャ戦だが、ローマ・オリンピコでの一戦は、22分に速攻からサラビアのクロスをベン・ヤーデルが押し込んでアウェーチームが先制。セビージャはボールポゼッションでは下回るも、ラツィオの倍の14本のシュートを放ちながら、リードを守り切った。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00054156-sdigestw-socc

ラピッド・ウィーン 0-1 インテル
スラヴィア・プラハ 0-0 ヘンク
FKクラスノダール 0-0 レバークーゼン
レンヌ 3-3 ベティス
オリンピアコス 2-2 ディナモ・キエフ
ラツィオ 0-1 セビージャ
BATEボリソフ 1-0 アーセナル
ガラタサライ 1-2 ベンフィカ
ヴィクトリア・プルゼン 2-1 ディナモ・ザグレブ
クラブ・ブルージュ 2-1 ザルツブルク
FCチューリヒ 1-3 ナポリ
マルメFF 1-2 チェルシー
シャフタール・ドネツク 2-2 フランクフルト
セルティック 0-2 バレンシア
スポルティングCP 0-1 ビジャレアル

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00309531-footballc-socc

ヘンク加入の伊東純也が入団会見!背番号は7、指揮官は適応に期待「チームの平均よりわずかに下だが…」 

20190212-00010003-goal-000-4-view

ヘンク移籍の伊東純也、EL32強の登録メンバー入り 14日の第1戦で“欧州デビュー”か 

20190206-00168937-soccermzw-000-7-view

スペインの目利きが日本の全選手を個人評価。堂安、南野の課題は? 

20190210-00010001-sportiva-000-1-view

伊東純也ベルギー出発「成長したい」背番は7を選択 

20190207-00473649-nksports-000-5-view

【柏】MF伊東純也がベルギー・ゲンクに期限付き移籍…日本代表“スピードスター”が初の欧州挑戦 

20190201-00010000-spht-000-2-view

J2降格の柏が今冬の"草刈り場"?伊東純也、中村航輔、クリスティアーノ…実力者たちの動向は? 

uXO0wqfxRwmlwEb1517742722_1517742745




1: 2018/12/13(木) 07:16:20.05 _USER9
主力選手の大半が移籍を志願し、大幅にメンバーが入れ替わるという事態は考えにくい

まさかのJ2降格によって、柏には主力選手流出の危機が叫ばれている。
伊東純也、中村航輔、鈴木大輔、中山雄太、江坂任ら日本人選手はもとより、クリスティアーノ、キム・ボギョンといった
外国籍選手を含めて実力者を揃える柏の選手たちは、間違いなく他クラブの移籍候補にリストアップされているだろう。
 
結論から述べさてもらえば、多少の移籍はあったとしても、決して“草刈場”と言われるほどの選手流出はないと見ている。
 
ほとんどの選手が複数年契約を結び、移籍には多額の違約金が発生することもその理由のひとつではある。
ただ、この件に関しては、相手クラブが満額の移籍金を支払い、条件面で折り合いが付けば断る理由はなくなる。
そこでもうひとつ問われるのが、クラブ側のチーム再建へ向けた本気度だ。
 
柏U-18のコーチを務めていた布部陽功氏が11月22日付でゼネラルマネジャーに就任し、強化部の責任者となった。
布部GMは2010年から16年まで柏のトップチームのコーチを務め、当時から選手の厚い信頼を受ける。
国内タイトルを総なめにしていた数年前のように「柏を再び強いチームにしたい」と、その強い思いを抱く布部GMが主力全選手の慰留に努めているのは間違いない。
GM就任のリリース前の時点ですでに強化部入りし、迷走していた加藤望前監督から岩瀬健監督への交代へと踏み切り、ラスト2試合でチームに秩序をもたらしたことは、布部GMが示した再建の意思の表れでもあった。
 
その布部GMの慰留によって心を動かされ、残留を決意する選手がいても不思議はなく、
実際に「J2で優勝して1年でJ1に復帰する」と明言するクリスティアーノをはじめ、複数人の選手は来季も柏でプレーする意向を示唆している。
 
それでも若干名の移籍は避けられないだろうし、他クラブの移籍状況によっては“玉突き”で柏の選手に白羽の矢が立ち、急遽移籍が成立する可能性も考えられる。
だが何よりも、試合に出続けていたレギュラークラスの選手たち自身が降格の責任を強く感じているため、主力選手の大半が移籍を志願し、大幅にメンバーが入れ替わるという事態は考えにくい。

ナタン・ヒベイロもオルンガも戦力とは言い難い。外国籍枠の見直しは必須だ
例外は海外移籍のケースだ。海外進出を見据える選手は少なくはなく、海外クラブからのオファーが届いた場合は、前述の例には当てはまらない。
なかでもシーズン中からデュッセルドルフ、レバンテが興味を示していると伝えられていた伊東の海外移籍はもはや既定路線であり、仮に柏がJ1に残留していたとしても、伊東は海を渡ることになったはず。
それに7月にはチームをJ1に残留させるため、一度は海外からのオファーを断る心意気も見せた。
海外挑戦をするのであれば、快く伊東を送り出してあげるべきだろう。

日本人選手の流出を最小限に食い止めることとは対照的に、外国籍枠の見直しは必要である。
特に今夏に加入したナタン ・ヒベイロ、オルンガは救世主として期待されながらもサブに甘んじるケースが多く、戦力になったとは言い難かった。
期限付き移籍のナタン ・ヒベイロは、怪我の治療でシーズン終盤にはすでにブラジルへ帰国。
おそらく来季は柏でプレーをしない。したがって外国籍選手の枠は確実に空く。
1年での昇格が極めて難しいミッションと化した現在のJ2を戦い抜き、1年での昇格と、その先のJ1での戦いを見据えるならば、質の高い外国籍選手の獲得はマストである。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181213-00051392-sdigestw-socc
12/13(木) 6:19配信

柏・伊東、独デュッセルドルフから正式オファー アジア杯で決める移籍弾 




 日本サッカー協会は12日、アジア杯UAE大会(来年1月5日開幕)に臨む日本代表メンバー23人を発表した。森保一監督(50)が1次リーグ首位突破を厳命する中、MF伊東純也(25=柏)にドイツ1部デュッセルドルフから正式オファーが届いていることが判明。Eフランクフルトも獲得に動いており、アジア杯の活躍次第でドイツ移籍が実現する可能性が高まっている。


 初の国際大会は品評会でもある。複数の関係者によると、デュッセルドルフが伊東に正式オファーを出していることが判明。さらにEフランクフルトも獲得意思を示しており、今後正式オファーに発展する可能性があるという。

 デュッセルドルフは今夏も移籍金1億円の正式オファーを出したが、柏側が3億円を要求。互いに歩み寄ることができずに消滅した。だがデュッセルドルフは継続的に幹部を日本に派遣。今季リーグ34試合6得点10アシストを記録したスピードスターへ、2度目の獲得オファーを決めた。伊東自身も、さらなる成長を求め海外移籍に前向きだ。

 最大のネックとなるのは移籍金だ。柏側は今冬、2億円に設定。一方、デュッセルドルフは夏と同じ1億円で交渉を進めているという。来年26歳。海外初挑戦となる伊東に対して移籍金2億円は高額で、Eフランクフルトは静観する状況になっている。

 大きな隔たりを埋める鍵は、自身の活躍だ。アジア杯の代表選出に「チームの勝利に貢献できるように全てを注いで頑張ります」とコメント。得点やアシストなどの目に見える結果でチームを勝利に導けば、柏の求める移籍金にドイツ側が近づいてくる可能性は十分ある。

 現状では堂安の控え扱いだが、国際舞台で2億円の価値を証明できるか。伊東にとっては、2大会ぶりのアジア王者の座を取り戻すだけではなく、ドイツ移籍も勝ち取る戦いが始まる。

 ▽フォルトゥナ・デュッセルドルフ 1908年創設。79、80年にドイツ杯連覇を果たした古豪。昨季2部で優勝し、6季ぶりに1部復帰。09~10年に結城耕造、13~14年に大前元気、昨季は原口元気、宇佐美貴史が在籍。宇佐美は今季もプレー。本拠はエスプリ・アレーナ(5万1500人収容)。フリートヘルム・フンケル監督(65)。現在18チーム中最下位。

 ▽アイントラハト・フランクフルト 1899年創設。ドイツ1部1回、ドイツ杯5回の優勝を誇る強豪。06~08年に高原直泰、07~09年に稲本潤一、12~15年に乾貴士、14年から長谷部誠が在籍。本拠はバルト・スタジアム(5万1500人収容)。アディ・ヒュッター監督(48)。現在リーグ5位。

 ◆伊東 純也(いとう・じゅんや)1993年(平5)3月9日生まれ、神奈川県横須賀市出身の25歳。逗葉高―神奈川大を経て15年に甲府入り。16年に柏に完全移籍した。今季はチームの調子が上がらない中で、快足を武器に34試合6得点と奮闘。森保ジャパンには発足当初から選出されている。J1通算131試合23点。国際Aマッチ通算7試合2得点。1メートル76、68キロ。利き足は右。血液型A。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000003-spnannex-socc



1 2018/12/13(木)
デュッセルドルフとしては補強ポイントじゃないような・・
プレースタイルもラマンと被り気味だけど、そのラマンも出番少なめだからどうだろう
昨季の原口の例があるから日本人もう一人取ってああいう役割をやって貰いつつ宇佐美ももっと活かしたいのかな

実現すれば相乗効果もあって面白そうではあるかな


2018/12/13(木)
移籍金の要求額に隔たりがあるようだけど、柏側は妥協すべきじゃない。
それで引き下がるようならそれまでの評価だったということ。
Jクラブも選手も自分を安売りするのはもうやめてほしい。


2018/12/13(木)
挑戦するなら応援はしたいと思います。しかし、客観的にみて代表で現状サブ扱いの原口ぐらいの活躍を見たことがない。何より宇佐美を押しのけてベンチに入れるかどうかも未知数としか言えない。移籍するならすぐに帰国しない気持ちで行ってもらいたい。来年夏に2部やベルギー、オランダあたりのチームに行くことになっても。


2018/12/13(木)
Jリーガーで代表戦士に選ばれる逸材で若いのなら、やっぱり海外移籍で経験積んで更なる成長を遂げて欲しいですね!


2018/12/13(木)
一つ間違いない事があるとすれば、
2億円満額でこの移籍が成立したとしても、J2に落ちた柏がそのお金で伊東の代役を手に入れるには相当な運と目利きが必要ってこと。


2018/12/13(木)
柏側の2億は妥当。またはそれ以上だと思う。
今の伊藤純也の価値はとても大きいものがある。
これを安値で売ってはいけない。


10 2018/12/13(木)
フットボーラーのキャリアとして最も良い時期にJ2の柏に居るより、海外に行くのも選択肢としても良いのでは?


14 2018/12/13(木)
J2に落ちるレイソルにいても仕方ないし、海外に行くなら今が1番だと思うから、またドイツに1人増えて良いと思います。


15 2018/12/13(木)
降格しているから流出は仕方ないと・・J1に行かれるよりかは全然良いし・・サポーターも納得することでしょう。


16 2018/12/13(木)
そこまで若くないのだから、今冬は必ず海外挑戦してほしい。


18 2018/12/13(木)
海外移籍することは良いけど言語や文化などで悩んで消えないで欲しい。


19 2018/12/13(木)
そんな安値でドイツの降格候補チームに行くなら、神戸や浦和、川崎など国内ビッグクラブに移籍した方が良いんじゃないかな。


20 2018/12/13(木)
代表レベルの伊東がいて降格して海外移籍の話が出て
柏は厳しいね


22 2018/12/13(木)
足そんな速いっすか?足の速さより、相手の裏を取る速さとか判断の速さが良くないと潰されちゃうと思うな。


23 2018/12/13(木)
言うほど速くないからなー。
しかし海外出ることで得るものは絶対にあるし。


24 2018/12/13(木)
デュッセルドルフはやめておこう。


26 2018/12/13(木)
これは、出て行くんだろうなぁ。
柏のサポじゃないけど良い選手だもんね。


27 2018/12/13(木)
いいと思う!


28 2018/12/13(木)
宇佐美と一緒にがんばれ。


29 2018/12/13(木)
プレースタイル的にブンデス経由プレミア行きが良いと思う。


31 2018/12/13(木)
J2降格したチームの選手が国内ならまだしも海外に行くっていう違和感。


32 2018/12/13(木)
いつかみてみたい
浅野と伊東の快速2枚刃


34 2018/12/13(木)
2億の価値はないし、日本マネー期待できるほど人気ないし
結局柏もデュッセルドルフも両方共的はずれな評価してるんだよ


35 2018/12/13(木)
伊東は何となく今のポジション以外で大成しそうな気がしてる。


36 2018/12/13(木)
最下位のチームに行ってもどうなんだろ


38 2018/12/13(木)
日本企業がたくさんスポンサーしてる中、デュッセルドルフのスポンサーも日立なのになんでトラブってるんだ笑


39 2018/12/13(木)
純也はレイソルには不要です。
今日にでも出て行ってもらいたい。


41 2018/12/13(木)
降格クラブからよくオファーがあったなw


42 2018/12/13(木)
25の選手にオファーとかマジかよドイツ


43 2018/12/13(木)
向いとると思うが、自慢の足は通用しないそんな甘くない。世界的にそんな早くないし
浅野のほうが速く見えるわ
まあ全く関係ないが海外に行く前に髪を切ろうね似合ってないぞ









【サッカー日本代表】 退屈だった後半途中までの「典型的な日本」  

img_935aa47b67a195f8b25d60805bcacbf4214077




1: 2018/11/22(木) 13:38:20.65 _USER9
勝てなくても見ていてストレスのなかったのが先週末のベネズエラ戦だとしたら、勝っていてもストレスフルな気分になってしまったのが、後半途中までだった。

出来の悪い選手が多かったわけではない。2度の決定機を外した伊東などは、わたしが親であれば家に帰ってから懇々と説教をカマすところだが、持ち前のスピードスターぶりを発揮したのも事実。箸にも棒にもかからない出来、というわけではなかった。

 伊東だけではない。代表デビューで初ゴールを決めた山中の名前を覚えた人は多かっただろうし、中盤の底を支えた守田の働きは見事だった。守備陣のミスが皆無に近かったのも、見逃せないポイントである。

 にもかかわらず、後半途中までの試合内容に、わたしは思いっきり退屈してしまっていた。ピンチもなければチャンスもない。そう、力の差のある相手と戦う際の、いってみれば典型的な日本だった。

 だが、大迫、堂安、南野、そして中島。この4人が入ったことで試合の空気は激変した。彼らのプレーを見れば、なぜ彼らが入る以前の試合が退屈だったのかがよくわかった。

 先発した11人は、チームが勝つために全力を尽くしていた。その思いが強すぎたあまりか、ほとんどのプレーのファーストチョイスは「安全」だった。絶対に負けてはいけない。相手にボールを与えてはいけない。これが公式戦だというのであれば、そうやって当然の戦い方である。

 だが、交代して入ってきた4人の考え方は少し違った。もちろん、彼らも勝利は欲していただろうが、それに負けないぐらい、自分の存在感を示すことに飢えていた。

 決定的な、しかしかなり難易度の高いシュートを外した南野は、簡単なシュートを外した伊東よりも感情をむき出しにしていた。まだ勝負が決していない時間帯にシュートを外した伊東よりも、激しく審判と自分に対して腹を立てていた。

 本来、それは先発した選手たちが持っていなければならないメンタリティーではなかったか。

 まだレギュラーは決まっていない。けれども、キルギス戦での先発を命じられたということが、すなわちアジアカップでは控えに回る可能性を示唆していることぐらい、選手たちは当然気づいていたはずである。

 だから、これが欧米の選手であれば、公式戦よりは失敗の許されるテストマッチということもあり、まず自分の存在をアピールすることに主眼をおいてプレーしただろう。そうしなかったのがほとんどのJリーガーたちで、そうしたのが海外でプレーする元Jリーガーだった。

 アピールしようという気持ち。リスクを冒してでも実を取ろうとする気持ち。Jリーガーと元Jリーガーの差は、せいぜい5%あるかないかだろう。だが、そのたった5%が、集団となると大きな違いになって表れるということがよくわかった。

 そうそう、ちょっと心配なのは柴崎だ。明らかにチーム内での存在感が薄れてきている。アジアカップ制覇に向けて、いまのところ唯一の不安である。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/kaneko/kiji/20181121s000023CF269000c.html

伊東純也 2戦連発“ポスト本田”はオレ!右サイドで躍動も右足首を痛め負傷交代 

1: 2018/10/13(土) 06:38:07.29 _USER9
 「キリンチャレンジカップ、日本3-0パナマ」(12日、デンカビッグスワンスタジアム)

 日本が3-0でパナマに快勝した。森保一監督(50)は9月のコスタリカ戦に続き、就任後2連勝となった。前半42分、MF南野拓実(23)=ザルツブルク=が先制の2戦連続ゴールをたたき込み、後半20分にはMF伊東純也(25)=柏=が2戦連発の2点目。同40分にはオウンゴールでリードを広げた。代表デビューのDF冨安健洋(19)=シントトロイデン=ら守備陣も無失点と踏ん張った。日本は16日にFIFAランク5位の強豪ウルグアイと対戦する。

 森保ジャパンの“ラッキーボーイ”的な存在になるかもしれない。9月のコスタリカ戦では後半40分からの途中出場でゴールを奪ったMF伊東が、先発の座をつかみ取ったこの日は後半20分に2試合連続ゴール。一度放ったシュートが相手DFに当たって再び伊東のもとへ。2度目はしっかりねじ込んだ。「1発で決めたかったけど、また(ボールが)返ってきてよかった」と、苦笑いで振り返った。

 それまでは味方の好クロスに、持ち前のスピードで飛び込んでいたが合わせきれない場面が目立ち、全体的な自己評価は厳しかったが「結果にはこだわってやっているので、出せたのは良かった」とうなずいた。

 後半36分に右足首を痛めて負傷交代。「明日の状況次第。離脱はしないようにしたい」と話した。

10/13(土) 6:01配信 ディリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000021-dal-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索