Samurai Goal

代理人


スポンサード リンク





「ベイルはキャリアの終わりに近づいている」ー代理人 

スクリーンショット 2021-02-18 19.43.47

ベイル代理人、移籍の“真相”を語る ビッグオファー断り古巣愛貫く「大きなクラブからの関心も…」 

スクリーンショット 2020-09-23 13.56.30

「バロテッリは終わった選手ではない。カルチョに彼は必要」代理人が30歳FWを擁護 

スクリーンショット 2020-08-28 8.05.51




1: 2020/08/27(木) 19:19:57.24 _USER9
元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの去就について、代理人を務めるミーノ・ライオラ氏が23日にイタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューで言及した。

バロテッリは昨夏、マルセイユを退団すると故郷のクラブであるブレシアのマッシモ・チェッリーノ会長からラブコールを受けてフリーで加入。セリエA残留を目標とするクラブにおいて活躍が期待されていた。しかし新型コロナウイルスの影響によるロックダウン(都市封鎖)終了後、バロテッリによる練習の無断欠席などが原因でクラブとの関係に亀裂が入り、元イタリア代表FWはリーグ再開後も試合に出場しないままシーズンを終えた。

9月の新シーズン開幕へ向けて移籍動向に注目が集まる中、代理人のライオラ氏は30歳を迎えたバロテッリを擁護しつつ、新天地を求めて交渉中であることを明かした。

「ブレシアでは最初はすべてが順調だった。しかしその後、チェッリーノとの間で誤解が生じた。事実は報道された内容とは違うと考えるが、我々は沈黙を貫くことを選択した。みんながマリオについて一定の見解を抱いているようだが、我々は行動を示すことで変えていくしかない」

「現在は複数のチームと話をしており、再出発することになるはずだ。当然だが、マリオは終わった選手ではない。カルチョは彼のようなFWを必要としている。イタリア国内においても国外においても需要はあるはず。現在は2チームと話をしている」

https://news.yahoo.co.jp/articles/0fcc03fa0ac1e497adb5a85cf3c22230fc2a4d76

「彼は残留を望んでいるが…」中島翔哉代理人が去就は“監督次第”と強調 

スクリーンショット 2020-07-23 15.54.27のコピー

<鎌田大地>今夏フランクフルト退団の可能性が急浮上…代理人が延長オファーに納得せず 

1: 2020/07/08(水) 07:14:05.99
写真 今期大ブレイク
no title


フランクフルトのMF鎌田大地は、今夏退団の可能性もあるようだ。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。

鎌田は今シーズン、アディ・ヒュッター監督の下で攻撃の中心選手としてスタメンに定着。公式戦47試合に出場し、10ゴール9アシストと見事な成績を残した。2021年までとなっている契約に関しても、フランクフルトのフレディ・ボビッチ執行役員は延長交渉に自信を示していたが、ここに来て潮目が変わってきている。

『ビルト』の有料記事によると、鎌田の代理人であるロベルト佃氏がフランクフルトの延長オファーに納得しておらず、他の選択肢も検討したいとのこと。クラブ側は選手が契約最終年に入ってしまうため、このまま話がまとまらなければ今夏の売却も検討し始めたようだ。

以前までは、もう1人の代理人であるトーマス・クロート氏は延長オファーに前向きだったが、ロベルト佃氏が納得していないために、交渉が進んでいない模様。2019-20シーズンの活躍もあり、鎌田を狙うクラブも多くあるだけに、今夏の動向に注目が集まるところだ。

7/8(水) 7:04 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/4317b7b2ebdec2b393bbb10537b491213c6840c8

久保建英の復帰不成立 バルサと代理人との間で大きな見解の食い違い 

20200613-00000093-dal-000-2-view

バロテッリは引退すべきと伊代理人が主張「造反を続けるのならピッチから去るべき」 

20200611-00010014-goal-000-1-view




1: 2020/06/11(木) 17:16:17.90
代理人として活動しているフリオ・ヴァルカレッジ氏が、ブレシアのトレーニングに戻らないマリオ・バロテッリについて「今すぐ現役を引退すべきだ」との見解を示した。

今季ブレシアではリーグ戦19試合5ゴールの成績を残しているバロテッリ。チームはセリエA再開に向けて動き出しているが、バロテッリはチームの方針に従わず「体調が悪い」として招集を拒否していた。

代理人のヴァルカレッジ氏は『TMW Radio』の取材に対して「彼は一応ブレシアの所属選手のはずだ。だがこのようにチームへ造反を続けるのなら、今すぐ現役生活にピリオドを打ち、ピッチから去るべきだ。それは誰の目にも明らかだろう」と語っている。

「(バロテッリの代理人であるミノ・)ライオラはバロテッリが好き勝手やっていることにストップを掛けるべきだ。その責任の一部は彼にもあると思う。カンピオーネの1人としてブレシアに加わり、この顛末は本当に恥ずべきものだ」

なお、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『ラ・レプブリカ』などが伝えたところによると、バロテッリは10日にブレシアのトレーニング場に姿を見せたものの、トップチームの練習には加わらなかった。体調不良を訴えていたこともあり、現地時間11日にメディカルチェクを受けた上で今後の判断が下されるという。

一部メディアによると、すでにブレシア側は29歳の問題児に見切りをつけており、契約解消の方針にあると分析する記事も。果たしてバロテッリはこのままブレシアを去ることになるのか、セリエA再開を前に今後の去就が注目されるところだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c7ffa8426f9e1ba8c2e1daba3c42d556bb00284a
6/11(木) 15:26配信

日本代表MF小林祐希にイタリア行きの可能性? 代理人が接触明らかに 

20200506-00374220-usoccer-000-2-view




1: 2020/05/07(木) 00:04:25.15
5/6(水) 16:55配信超WORLDサッカー!

ベベレンでプレーする日本代表MF小林祐希(28)の代理人がイタリアクラブと交渉を行っていることを明らかにした。

東京ヴェルディ下部組織出身の小林は、2010年にトップチームデビュー。2011年に正式に昇格すると、1年目からリーグ戦34試合に出場。2年目には10番を背負い、19歳でクラブ最年少キャプテンも務めた。

しかし、同年途中にジュビロ磐田へのレンタル移籍を経験するとそのまま完全移籍。その後、2016年8月にヘーレンフェーンへと加入し、在籍3年間で公式戦通算100試合以上に出場したものの契約満了により2019年夏にベベレンへ完全移籍した。

そのベベレンではジュピラー・プロ・リーグ20試合に出場して、2ゴール2アシストを記録。加入初年度から攻撃のタクトを振るった。

イタリア『Tuttomercatoweb』が、小林の代理人である片山堅仁氏へインタビュー。イタリアの3クラブが小林に関心を示していることを明らかにした。

「順位が真ん中のあたりにいる、2つのセリエAのクラブと話をしている。あとは1部へ昇格しようとしているクラブだ。ただ、プロとして敬意を払う必要があるため、クラブ名を言うことはできない。しかし、この移籍に取り組んでいます。小林は現在、ベベレンでプレーしている」

「小林はオランダで3年間プレーし、今はベルギーにいる。スペインとイタリアでのプレーを目指していますが、サッカーの戦い方や生活面でセリエAの方を好んでいる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200506-00374220-usoccer-socc

ダビド・シルバ、代理人がミランと会談! Jリーグなしか 

20200408-00372893-usoccer-000-2-view




1: 2020/04/08(水) 14:32:10.44
イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』がマンチェスター・シティの元スペイン代表MFダビド・シルバ(34)に対するミランの接触を報じた。

2010年にマンチェスター・シティに加入以降、公式戦通算424試合74ゴール137アシストの数字を誇り、14個のタイトル獲得に貢献してきたダビド・シルバ。契約失効となる今季限りでシティの退団意向を明らかにしており、新天地としてJリーグのヴィッセル神戸や、元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミ、そして、レアル・ベティスが浮上している。

しかし、ダビド・シルバは最後の経験として新たにハイレベルな大会に身を投じたい思いや、古くからの夢だというイタリアでプレーしたい考えがある模様。そうしたなか、ミランのテクニカルディレクター(TD)のパオロ・マルディーニ氏やスポーツディレクター(SD)のリッキー・マッサーラ氏らが昨年のクリスマス後、クラブのオフィスでダビド・シルバの代理人と会談したという。

いわく、ミランが獲得する場合、600万~800万ユーロ(約7億円~約9億4000万円)の選手年俸が高額だが、フリートランスファーでの加入になるため、金銭面に問題ないとのこと。イタリア勢のなかで、最初に具体的な動きをみせたというミランだが、ダビド・シルバ獲得なるか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200408-00372893-usoccer-socc

なぜ日本はコロナ感染者が少ない? 代理人、学んだのは『距離感を保つ』こと 

no title




1: 2020/03/29(日) 18:59:49.89
トーマス・クロート代理人が、ドイツ誌『キッカー』のインタビューで日本での新型コロナウイルス感染者数が少なさについて言及。来日した際に自ら経験した日本人の「距離感」について語った。

現役時代はケルンやフランクフルト、ハンブルガーSV(HSV)やボルシア・ドルトムントでプレーし、ケルンでは現横浜FC取締役会長の奥寺康彦氏の同僚でもあったクロート氏。

代理人としては元日本代表FW高原直泰のHSV移籍を始めとし、香川真司(→ドルトムント)、内田篤人(→シャルケ)ら数多くの日本人選手の海外移籍を手掛け、『キッカー』曰く日本人50名の欧州挑戦に導いた。

2015~19年はドイツ代理人協会(DFVV)の会長も務めたクロート氏は、現在もPRO Profil社のオーナー兼GM(ゼネラルマネジャー)としてバイエルン・ミュンヘンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーやフランクフルトの元日本代表MF長谷部誠らをクライエントに持ち、業界でのその影響力は大きい。

インタビューでは新型コロナウイルス感染拡大がサッカー界に及ぼす影響について話し、記者の「パンデミックの初期はサッカー選手の多くは規律をさほど見せなかったが…」とのコメントを受けると、次のように日本についても語っている。

「それはどこかここでの頬にチュをする人々の付き合い方も関係しているだろう。人口密度が高い日本では、近い中国、そして特にヨーロッパよりか感染者が遥かに少ない。日本人の生活習慣や文化の影響が大きい。何度も日本に滞在したことがあるが、会談や交渉、イベントなどで学んだのは、『距離感を保つ』こと。これは相手にリスペクトを示すことに匹敵する」

「この点、ここ5~6年間で少しばかりの変化があったかもしれないが、今でも挨拶の際は、握手は普通ではない。相手へは適度な距離感を保ってお辞儀することが礼儀正しさの通常の形だ。バスの停留所や駅でも押し合い圧し合いや割り込みがなく、誰もが落ち着いて列に並ぶ」

ドイツでは28日時点まで死者数は399人と比較的少ない5万人以上の感染者が確認。クロート氏は、欧州の人々の触れ合う習慣が、急激な拡大につながった一つの要因だと考えるようだ。



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索