Samurai Goal

京都


スポンサード リンク





J2京都、新スタジアムのこけら落とし試合開催 1万7938人が詰めかけた初陣は2-3敗戦 

20200209-00245730-soccermzw-000-4-view[1]

京都サンガスタジアム来月11日完成 にぎわい拠点に 

1: シコリアン ★ 2019/12/31(火) 14:38:12.43 ID:FenODWR+9
no title

no title

no title

no title

no title


 オリンピックイヤーの2020年、京都に新たなスポーツの拠点が誕生する。1月11日に京都府亀岡市で「サンガスタジアム by KYOCERA」(京都スタジアム)の竣工(しゅんこう)式があり、J2京都サンガの本拠地となる。サッカーやラグビーの国際試合を開催できる複合施設として、にぎわい創出をめざす。

 25日に報道公開されたスタジアムは、鮮やかな緑色の天然芝と、京都サンガのチームカラーに合わせた紫色の客席が印象的だった。ピッチまでの距離は最短7・5メートル。最前列に座ると選手の目線とほぼ同じ高さとなり、臨場感が味わえる。見上げると、すべての座席が屋根に覆われていた。

 JR亀岡駅北口から歩いて3分ほどの好立地。地上4階建ての八角形型で、約2万1600人を収容できる。対戦型ゲームをスポーツとして楽しむ「eスポーツ」やスポーツクライミングの施設、亀岡市ゆかりの明智光秀が主人公となる来年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」のドラマ館なども整備している。

 府や市が総事業費約176億円…

https://www.asahi.com/articles/ASMDW7T9GMDWPLZB01S.html

J2京都、李忠成に完全移籍オファー 10年ぶり昇格へ補強本腰 10試合1得点 

20191227-00000002-spnannex-000-6-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/27(金) 08:27:51.12 ID:6QDqPKD49
J2京都が横浜の元日本代表FW李忠成(34)獲得に動いていることが26日、分かった。
複数の関係者によると、すでに完全移籍で正式オファー。前向きな話し合いが進められているという。

今季10試合1得点にとどまったとはいえ、J1通算301試合71得点の決定力を誇る。
11年アジア杯では決勝オーストラリア戦でスーパーボレーを叩き込んで日本代表を優勝に導くなど、ここ一番の勝負強さも持つ。
前向きなメンタル、闘争心溢れるプレーは周囲の手本になるはずだ。

一方、横浜のMF中川風希(24)と清水DF飯田貴敬(25)も完全移籍で獲得。
近日中に正式発表される見込みで、10年ぶりの昇格へ向けて着々と戦力を整えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00000002-spnannex-socc
12/27(金) 5:00配信

FW李 忠成
フリガナリ タダナリ
背番号20
身長/体重182cm/73kg
生年月日1985年12月19日
出身地東京
血液型O
所属チーム名こみねFC-横河FCJrユース-FC東京U-18-FC東京-柏レイソル-サンフレッチェ広島-サウサンプトンFC/イングランド-FC東京-サウサンプトンFC/イングランド-浦和レッズ

https://www.youtube.com/watch?v=EoL58bqVOXM


李忠成/アジアカップ/ボレーシュート/VSオーストラリア

横浜M、徳島のGK梶川裕嗣を獲得へ…京都、浦和退団・森脇と徳島・バイスにオファー…小屋松は鳥栖移籍決定的  

1: Egg ★ 2019/12/15(日) 07:41:44.56 ID:qNlYrxKC9
横浜Mが徳島のGK梶川裕嗣(28)の獲得に乗り出していることが14日、分かった。GK梶川は名古屋の下部組織出身で、東海学園高―同大を経て2014年に湘南に加入。17年からは徳島でプレー。185センチの上背に加え、素早い動きと正確な足元の技術で、今季は41試合に出場。惜しくも昇格はならなかったが、この日も攻撃の起点となるなどした。

 横浜Mは、GKにも正確な足元の技術を求めるため、補強ポイントが合致した。

12/15(日) 6:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191215-12150037-sph-socc

写真no title


J2京都が浦和を退団した元日本代表DF森脇良太(33)、徳島DFヨルディ・バイス(30)に獲得オファーを出したことが14日、分かった。元日本代表DF田中マルクス闘莉王(38)が引退し、DFラインに経験豊富な選手を求める京都が、複数のポジションをこなしてビルドアップの技術も高い森脇と、守備の要として徳島をJ1参入プレーオフまで導いたバイスをリストアップ。ともに交渉は順調で、近日中にも合意する可能性が高いとみられる。

 一方MF小屋松知哉(24)は神戸、鳥栖からオファーを受けていたが、鳥栖への移籍が決定的となった。

12/15(日) 6:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191215-12150038-sph-socc

J2京都 新スタジアムこけら落としは2・9C大阪とのプレシーズンマッチ  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/07(土) 11:59:48.13 ID:sVhuGL3w9
J2京都は6日、来年1月に完成予定の新スタジアム「京都府立京都スタジアム」のこけら落としとして、
来年2月9日にJ1・C大阪とのプレシーズンマッチを開催することを発表した。
試合は14時キックオフの予定。

京都スタジアムは京都府が亀岡市に建設。命名権の優先交渉先にに京セラが選ばれ、
名称は「サンガスタジアム by Kyocera」となる。来季から京都がホームスタジアムとして使用する。

新スタジアム初年度をJ1で迎えたかった京都だが、J2最終節の11月24日の柏戦(三協F柏)でJリーグワースト記録となる13失点を喫するなど終盤失速。
8位でプレーオフ進出を逃した。
中田一三前監督の退任が発表され、現役時代にはG大阪で活躍した実好礼忠新監督の就任が発表された。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00000128-dal-socc
12/6(金) 22:55配信

no title

no title

no title

https://shoplist-info.com/wp-content/uploads/2019/01/07.jpg
no title

no title

京都FW一美が初代表 U-22日本代表発表 36試合 12得点 3アシスト 181cm/77kg  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/05(木) 06:35:18.02 ID:1Q8SgBQo9
京都のFW一美和成(22)が、U―22日本代表に初選出された。
G大阪から京都に期限付き移籍した今季、J2で日本人2位の17ゴールをマーク。
強じんなフィジカルを駆使してボールをおさめるポストプレーや、攻守に労をいとわないハードワークが持ち味。
今季はシュートへの意識も高まり、J2とはいえU―22世代では最多のゴール数をマークしてきたことでチャンスをつかんだ。

一美はクラブを通じ「U―22日本代表に選出していただき、素直にうれしいです。
自分の特徴であるポストプレーやシュートなどで結果を出してアピールできるよに、全力で頑張ってきます」とコメントした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-12040120-sph-socc
12/4(水) 17:49配信

no title

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/282000/281340/news_281340_1.jpg

FW一美 和成
フリガナイチミ カズナリ
背番号23
身長/体重181cm/77kg
生年月日1997年11月10日
出身地熊本
血液型AB
所属チーム名エスペランサ熊本ジュニア-エスペランサ熊本Jrユース-大津高-ガンバ大阪

<訃報>大宮や京都を指揮したピム・ファーベーク氏が63歳で死去...長年ガンと闘う  

1: Egg ★ 2019/11/28(木) 23:46:19.76 ID:bkgk5xS+9
かつて大宮アルディージャや京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)でも指揮を執り、韓国代表やオーストラリア代表でも指揮を執ったピム・ファーベーク氏が他界した。63歳だった。

ファーベーク氏は、長年にわたりガンを患っており、闘病生活を送りながらも古巣であるスパルタ・ロッテルダムの技術委員会のメンバーとして働いていた。

ファーベーク氏は、NACやローダ、スパルタ・ロッテルダムでプレー。しかし、24歳で度重なるケガの影響により現役引退を余儀なくされていた。その後はトレーナーへの道を歩み、1984年7月にユニタスで監督業をスタート。その後は、デ・フラーフスハップやフェイエノールト、ワゲネンヘン、フローニンヘン、フォルトゥナ・シッタートとオランダのクラブで監督を務めていた。

1998年7月に日本へやってきて大宮の監督に就任。大宮がJ2に参入した初年度に監督を務め1年半という短い期間だったが、オランダ式の組織的なサッカーを植え付け、現在の大宮の礎を築き上げた。その後はオランダ代表のスカウトを務め、フース・ヒディング監督の下で韓国代表のアシスタントマネージャーに就任。日韓ワールドカップでの4位に貢献していた。2003年7月から京都の監督に就任するも、残留争いの中で解任された。

その後も、韓国代表やオーストラリア代表で監督を務め、オーストラリア代表ではアジア予選を初めて戦う監督として就任。2010年の南アフリカ・ワールドカップでも指揮を執った。その後、モロッコの育成年代を指揮し、2016年12月からはオマーン代表の監督に就任するも、今年2月に退任していた。

古巣であり、技術委員を務めていたスパルタ・ロッテルダムもファーベーク氏の死を報告。「スパルタ・ロッテルダムは、家族、友人、知人、そしてスパルタのファミリー全員が、この大きな悲しみを乗り越えるための力になることを願っている」とコメント。週末のヴィレムⅡとの試合では喪章をつけることも発表した。

11/28(木) 22:45配信 超ワールドサッカー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191128-00365197-usoccer-socc

写真
no title

神戸 京都・小屋松知哉に獲得オファー 42試合 9得点4アシスト  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/26(火) 06:35:00.10 ID:MJWAkTDx9
神戸がJ2京都のMF小屋松知哉(24)に獲得オファーを出したことが25日、分かった。

スピードと突破力が武器の小屋松は今季、左サイドを主戦場に自己最多タイの9ゴール。
京都橘高で高校サッカー選手権の得点王に輝いた後、14年に加入したJ1・名古屋では3年間で1ゴールと結果を残せなかったが、
京都ではJ2ながら3シーズンで22ゴールと結果を残している。
神戸は昨夏にJ2岐阜から獲得したFW古橋亨梧(24)が成長して日本代表入り。
J2で屈指のスピードを持つ小屋松に、古橋と同じくJ1でも通用する可能性を感じているもようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-11250258-sph-socc
11/26(火) 6:05配信

no title

https://livedoor.blogimg.jp/samuraigoal/imgs/d/6/d6e105e0.png
http://otsuka.pw/wp-content/uploads/2019/07/post23436_res440_1.png

元日本代表DF闘莉王が引退…プロ生活19年“闘将”満身創痍の決断  

20191125-00000002-spnannex-000-6-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/11/25(月) 04:54:50.21 ID:6pRW9eRC9
元日本代表DF闘莉王が引退…プロ生活19年“闘将”満身創痍の決断

 J2京都の元日本代表DF田中マルクス闘莉王(38)が今季限りで現役を引退することが24日、明らかになった。柏に大敗した現役ラストの一戦は味方との接触で負傷し、前半45分でピッチを退き、病院に直行した。

 今季はJ2リーグ30試合に出場。本職のセンターバックだけではなく、終盤にはFWとして起用されるなど存在感は別格だった。だが“闘将”と呼ばれるように、闘争心を前面に打ち出すスタイルで体は満身創痍(そうい)。6月には右眼外傷性黄斑円孔で視力が落ちて手術も行った。プロ19年目の今季をラストシーズンと位置づけていた。

 ブラジルで生まれた日系3世。03年に日本国籍を取得し、04年アテネ五輪に出場した。10年W杯南ア大会では昨年限りで現役を引退したDF中沢佑二氏とともに4試合2失点の鉄壁の守備を誇り、決勝トーナメント進出に貢献。クラブでは浦和に所属した06年、名古屋に所属した10年にそれぞれリーグ初優勝を果たした。

 Jリーグ通算104得点は史上初のDF登録選手による大台突破。昨年は中沢氏だけではなく、“オヤジ”と慕った元日本代表GK楢崎正剛氏も現役引退した。戦友たちに続き、また一人、日本サッカー史に名を刻んだレジェンドがスパイクを脱ぐ。

 ◆田中・マルクス・闘莉王(たなか まるくす とぅーりお)1981年4月24日生まれ、ブラジルのサンパウロ州出身の38歳。渋谷幕張高を経て01年に広島に入団。 同年3月11日のリーグ開幕・鹿島戦でプロデビュー。03年にJ2水戸に期限付き移籍し42試合10得点と大ブレーク。同年、日本国籍を取得し10月にU―22日本代表に初選出された。06年にA代表デビュー。10年W杯南ア大会に出場。国際Aマッチ通算43試合8得点。クラブでは06年にJリーグのMVP受賞。ベスト11には9度選出。1メートル84、87キロ。

スポニチアネックス 11/25(月) 4:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-00000002-spnannex-socc

J2京都 歴史的13失点大敗…昇格どころか中田監督退任へ 実好コーチが後任か  

20191125-00000003-spnannex-000-4-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/11/25(月) 05:13:44.60 ID:6pRW9eRC9
J2京都 歴史的13失点大敗…昇格どころか中田監督退任へ 実好コーチが後任か

 ◇明治安田生命J2最終節 京都1-13柏(2019年11月24日 三協F柏)

 歴史的大敗で、10年ぶりの昇格は夢へと散った。勝てばJ1昇格プレーオフ圏の6位に入る可能性もあった中、J2京都は98年のC大阪が記録した9失点を大幅に超えるJワースト13失点。プレーオフ進出を逃したことで中田一三監督(46)が今季限りで退任することが24日、分かった。

 前半だけで4失点。練習で使用するカラーコーンのように足が止まった後半は9失点を重ねた。指揮官は「受け止めがたい。これ以上、何も言うことはない。精度が全く違った」と声を絞り出すのが精いっぱいだった。

 今季、就任した中田監督はポゼッションサッカーを展開して一時は首位に立った。一方で選手とのコミュニケーション不足もあり、シーズン終盤の失速の一因となった。後任は実好礼忠コーチ(47)の昇格が最有力だ。

 10年ベスト11に輝いたDF増川隆洋(40)やFWエスクデロ競飛王(31)も退団。また強化部長には今季はJ2長崎の強化担当を務めている山道守彦氏(56)が入閣する。新スタジアム元年の20年シーズンは新体制で臨む方向だ。

スポニチアネックス 11/25(月) 5:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-00000003-spnannex-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索