Samurai Goal

井手口陽介


スポンサード リンク





【賛否両論】井手口陽介を残すべき?放すべき?窮地に立たされた井手口の運命は... 

1 2018/08/17(金) 22:37:27.98 _USER9
今シーズンから本格的にイングランドでの挑戦に臨んでいる井手口陽介だが、序盤にして早くも窮地に立たされている

 今年1月にガンバ大阪からリーズに加入した井手口だったが、イングランドでの就労ビザの関係により、すぐさまスペイン2部のクルトゥラル・レオネサに期限付きで移籍。しかし、出場機会を満足に得られないままレンタルバックされ、今夏に新たに就任したマルセロ・ビエルサ監督の下で再出発を切っていた。

 しかし、6試合中3試合に出場したプレシーズンでのプレー内容をビエルサ監督に「いまの彼は、どのポジションでも2番手までの選択肢に入っていない」と断じられ、2部リーグ戦、そして国内カップ戦の公式戦3試合でいずれもメンバー外となり、欧州の移籍市場で開いている8月中に移籍するかどうかの決断を迫られている。

 そんな古豪リーズで悪戦苦闘の日々を過ごす21歳の若武者を取り上げたのが、英サッカー専門メディア『Football League World』だ。

 日々、イングランドの2部以下の下部リーグを中心に情報を発信しているコアな同メディアは、「リーズは21歳の若者をローンで出すべきか? 残すべきか?」と銘打ち、緊急討論を実施した。

 緊急的に開催された討論会で、まず「貸し出すべきだ」と訴えたのは、ジェイ・テイラー記者だ。その理由を、次のように語っている。

「イデグチがビエルサの計画に組み込まれていないのは明らかだ。そして、その考え方がプレシーズンで正当化されてしまったことが、彼にとっては不幸だった。このまま、ここで腐るよりは、違う国で出場機会を得ることがクラブにとっても良いだろう」

 テイラー記者に同調するかのようにジョージ・ダグラス記者も、「レンタルで出すべき」と訴える。

「イデグチのキャリアは今、下降している。このまま残しておいても、メリットはない。であれば、多くの恩恵を受けられるレンタル移籍を選ぶべきだ。何より彼は、もっとプレーすべきなんだ」

 一方で、「残すべき」という異論を唱える者もいる。ゲイリー・ハッチンソン記者とサム・ルーク記者だ。二人はいずれも、井手口の秘める可能性に大きな期待を寄せている。

「リーズは、彼をしっかりと守るべきだ。多くの選手を放出することは、過密日程が続いていくなかでデメリットでしかないし、手駒が多いに越したことはない。チームの現状を考えれば、イデグチを出口に追いやる差し迫った理由はない。少しでも輝く可能性があるのなら、残しておいた方が得策だろう。放出することがリスクになることもありうるんだ」(ハッチンソン記者)

「私なら彼を残す。イデグチは主力組ではないが、中盤に怪我人が相次いだとき、必要不可欠な選手になるだろう。そして何よりも、私は彼に大きな期待を持っている」(ルーク記者)

 厳しい現状に置かれている井手口だが、現地時間8月14日に行なわれたU-23チームの試合に先発出場して1アシストをマーク。そんな日本代表MFについて試合後、地元メディア『Leeds Live』の取材に応じたビエルサ監督は、「まだ決断を下せていない。8月末までに、選手にとってベストな答えを出したい」と語っている。

 いかなる判断が下されるにせよ、今シーズンは井手口にとって、海外キャリアの正念場であることは間違いなさそうだ。

8/17(金) 20:15サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180817-00045835-sdigestw-socc

写真
no title

実質戦力外“井手口、森岡、鎌田”の三選手の行く末は果たして...? 

img_dbbe1bbe91bdc3e185c6b5064d4be8e7173929
1 2018/08/16(木) 11:17:51.82 _USER9
【サッカー情報局】

サッカー担当記者:2018年シーズンのJリーグ選手登録の期限が17日に迫っています。最後の戦力補強に向けて各クラブが慌ただしい動きを見せていますよ。

デスク:確かにJリーグは8月に入って毎日のように選手の移籍が発表されているな。大物選手にも動きはあるのか。

記者:注目されているのは、クラブで事実上の戦力外となっているイングランド・チャンピオンシップ(2部)リーズの
MF井手口陽介(21)、ベルギー1部アンデルレヒトのMF森岡亮太(27)、ドイツ1部EフランクフルトのMF鎌田大地(22)の動向です。

デスク:2022年カタールW杯で日本代表の主力になると期待されている選手ばかりだな。まずは出場機会を確保しないと代表どころじゃないな。

記者:ロシアW杯メンバーから落選した井手口は、マルセロ・ビエルサ監督(63)から「どのポジションにおいても2番手までに入っていない」と構想外を突きつけられました。現在はU―23チームで奮闘中です。

デスク:井手口は言葉の壁があるみたいだし、厳しいところか。昨季リーグ13得点の森岡も崖っ縁だったな。

記者:プレシーズンの調整がうまくいかず、ハイン・バンハーゼブルック監督(54)から信頼を失いました。
地元メディアによると、開幕してから指揮官とは和解したそうですが、アントワープやワーレゲムへの移籍が報じられています。鎌田は開幕前の合宿メンバーから落選し、退団確実と報道されました。

デスク:3人とも欧州で飼い殺しにされるよりも、新天地を探した方が賢明じゃないか。残り時間は少ないが、Jリーグへの電撃復帰もありそうだな。

https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/1094914/
2018年08月16日 11時00分

井手口陽介、リーズに残留か?移籍か?Jリーグに帰還するのもアリ...!? 

41129_ext_04_0
1 2018/08/15(水) 15:04:42.39 _USER9
英国リーグ杯の初戦が14日、英国各地で行われ、日本代表MF井手口陽介(21)が所属するリーズは、ホームでボルトンと対戦。13日にU―23の試合(対コベントリー)に90分フル出場した井手口はベンチ外だった。試合は前半2点を奪ったリーズが2―1で逃げ切り、2回戦に駒を進めた。

 14日のリーグ杯をベンチ外だった井手口は、13日のU23戦にはフル出場。2―1で勝ったが、2点目をピンポイントクロスでアシスト。自身もミドルシュートを枠内に蹴り込むなど見せ場をつくった。

 もっともU―23戦での活躍も、ビエルサ監督はリーグ杯戦直後の会見で「井手口の残留はまだ決まっていない。8月いっぱいかけて(クラブと井手口の)両者にとって最善の道を選びたい」と語り、態度を保留。井手口の未来は、まだ確定していない。

8/15(水) 12:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000059-sph-socc

井手口陽介にはもうJリーグ帰還の選択肢しか残されていないのか... 

2017-11-10-japan-ideguchiyosuke_b6teh1emtquo19m20jogn25o2

【賛否両論】井手口陽介に対しリーズサポから様々な声が上がる!! 

キャプチャ
リーズで戦力外となっている井手口陽介に対し、サポーターから様々な声が上がっている。英『HITC』が伝えた。

1月にガンバ大阪からおよそ50万ポンドでリーズに加入した井手口。

昨季は労働許可証の問題でスペイン2部にレンタルされたが、出場機会をつかむことができず。ロシア・ワールドカップの日本代表メンバーからも落選した。

〈続く〉

井手口陽介が浴びた“狂人”の洗礼がヤバすぎる!! 

キャプチャ

井手口陽介に厳しい一言!!「全ポジション、2番手までの選択肢に入らない」 

キャプチャ
1 2018/08/06(月) 14:41:19.94 _USER9
イングランド2部(チャンピオンシップ)第1節の試合が現地時間5日に行われ、リーズ・ユナイテッドはホームでストーク・シティと対戦して3-1の勝利を収めた。リーズのMF井手口陽介はベンチ入りしなかった。

 リーズは昨季のチャンピオンシップを13位で終えてプレミアリーグ昇格ならず。15年ぶりの昇格を目指す今季は名将マルセロ・ビエルサ監督を新指揮官に迎え、開幕戦ではプレミアリーグからの降格組であるストークを下して順調なスタートを切った。

 井手口は今年1月にガンバ大阪からリーズへ移籍し、そのままスペイン2部のクルトゥラル・レオネサへレンタル移籍。今季はリーズに戻ってプレシーズンを過ごしたが、開幕戦のベンチ入りはならなかった。

 ビエルサ監督は試合後の会見で井手口の置かれた状況についてコメント。現状では出場機会を与えるのが難しいとして、再び他クラブへ移籍させる可能性も示唆している。リーズ専門メディア『リーズライブ』が伝えた。

「(井手口は)6週間のプレシーズ期間中に非常に良い練習をして必死に頑張っていた。ポジティブな進化がみられた。非常に高く評価すべきプロフェッショナルだ」とビエルサ監督は井手口を称賛。しかし、チーム内での現状が厳しいことも認めている。

「正直に言わねばならない。彼はどのポジションでも2番手までの選択肢に入っていない」とビエルサ監督。「チームに残るかどうかは分からない」「彼にふさわしい出場時間を提供することはできないので、残ってほしいと言うのはフェアではない。だがもし残るのなら彼を助けるためあらゆる手を尽くすつもりだ」と、移籍の可能性も示唆した。

 井手口の抱える問題点のひとつは言語面にあるという。「言葉の障壁がある。彼は英語もスペイン語も理解できない。彼のプレーを分析する際にはスカイプを介して日本の友人の助けを借りている」と指揮官は話している。

フットボールチャンネル編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180806-00284335-footballc-socc

『井手口、可哀想!!』代表落選にリーズサポから同情の声!! 

img_71c1f6fc545ed227d4dc49d8c471a6af148050
1   2018/06/03(日) 18:08:22.74 _USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180602-00041331-sdigestw-socc

5月31日、ロシア・ワールドカップに臨む日本代表メンバー23人が発表された。
 4月のヴァイッド・ハリルホジッチ監督の電撃解任を受け、急遽就任した西野朗監督が読み上げ
たメンバーは、本田圭佑、香川真司、岡崎慎司といった熟練の戦士たちの名前で、浅野拓磨、井
手口陽介、三竿健斗の3人が漏れることになった。
発表前日のガーナ戦に出場しながらW杯行きのチケットを逃した井手口は、浅野とともに帯同メンバー
には回ったが気落ちしていることだろう。西野監督は落選の理由を次のように説明している。
「ゲーム観ということだけです。フィジカルや感覚的なものは非常に高まってはいましたが、本大会にト
ップフォームで入れるかという確証が持てなかった」
 昨年8月31日のW杯アジア最終予選オーストラリア戦で、日本を本大会出場に導く決勝ゴールを奪った
井手口は、その当時、ロシア行きが確実視されていた。しかし、今冬にリーズへ移籍するも、就労ビザの
関係でスペイン2部のクルトゥラル・レオネサにレンタルで加入。これを機に状況が一変した。
 プレー時間の確保と欧州に慣れるという意味もあり、井手口はスペインへ武者修行に出されたのだが、
残留争いに巻き込まれたレオネサにあって先発出場1試合の計5試合の出場に留まり、2月以降はピッチ
にすら立てず、“ゲーム観”が薄れたのは言うまでもなかった。
井手口がW杯メンバーに落選したことを知ったリーズ・ファンからは同情の声が相次いでいる。
英国サッカー専門メディア『HITC』は、井手口の落選がクラブの雑な扱いがもたらしたものだと考えている
ファンが多いことを伝え、「極東の傑出した若き才能に危機が生じている。これがクラブへの疑念に繋がっ
ている」として、彼らの声をまとめている。
「リーズとレオネサは彼のキャリアに大きなダメージを与えた。唯一ポジティブな点はW杯に行かないため
、プレシーズンからチームに戻れることだけだ」
「リーズが下した恥ずべき決断」
「リーズと(オーナーの)アンドレア・ラドリザーニは恥を知れ。イデグチはファーストチームでプレーす
るだけの力があって、W杯にも出場できた」
「彼には同情する。かわいそうな若者だ」
 多くのファンから同情の声を受けた井手口だが、いまだその去就は不透明な点が多い。今夏からリーズ
への正式加入が決まっているものの、6月1日にクラブがポール・ヘッキンボトム監督を解任したことで、そ
の煽りを受けて退団またはレンタル放出という可能性もゼロとは言い切れない。
 はたして、井手口は落ち着いて自身の力量を発揮できる環境を得られるのだろうか。

「最大の驚き」井手口落選が海外紙に衝撃を与える! 

2018-01-02-ideguchi-japan_1shqn4eud5n5z153jzwp5lzk8g
1   2018/06/01(金) 18:15:43.91 _USER9
日本サッカー協会(JFA)は5月31日、ロシアワールドカップに臨む日本代表のメンバー23人を発表した。

本田圭佑、香川真司、岡崎慎司などのベテランが順当に選出された一方で、井手口陽介、浅野拓磨、三竿健斗の若手選手3人が落選している。

 アジア版の 『フォックス・スポーツ』にとって、この中で最も衝撃が大きかったは井手口の代表落選だったようだ。5月31日に同メディアは「特にアジア最終予選で顕著に活躍していた21歳の井手口が落選したことは、最大の驚きだ。オーストラリア戦では印象に残るゴールを決めていた」と報じている。

 スペイン紙『マルカ』も「日本代表を率いる西野朗監督が木曜日、ロシアワールドカップに臨む最終的なリストを発表。この中に、招集が期待された井手口の名前はなかった」と伝えた。

フットボールチャンネル 6/1(金) 8:26
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180601-00272268-footballc-socc

【悲報】井手口が「幽霊」呼ばわり!!海外紙が報じる 

Gett
1   2018/05/19(土) 16:16:01.61 _USER9
日本サッカー協会は18日、今月30日に行われるガーナ代表との国際親善試合に向けた日本代表メンバー27人を発表した。ロシア・ワールドカップ本大会に向けたメンバー発表ということもあり、各国メディアでも報じられている。

 ポルトガルメディアが中島翔哉の落選を、ベルギーメディアが森岡亮太と久保裕也の落選を中心として伝えるなど、それぞれの国のリーグでプレーする選手にやはり注目が集まっている。スペイン紙『マルカ』も、スペインでプレーする日本人選手に焦点を当てた。

 スペイン1部でプレーする柴崎岳(ヘタフェ)と乾貴士(エイバル)に加えて、2部のクルトゥラル・レオネサに所属する井手口陽介も27人の中に選ばれた。このメンバー選出について、「クルトゥラルの“幽霊”日本人が柴崎、乾とともにW杯の予備メンバー入り」と伝えられている。

「幽霊」と表現されるのは、井手口がクルトゥラルでほとんど試合に出場していないためだ。ガンバ大阪から1月にイングランド2部のリーズ・ユナイテッドへ移籍し、クルトゥラルへレンタルされたが、ここまでわずか5試合の出場で107分間のプレーにとどまっている。

 最後にピッチに立ったのは2月19日のラージョ・バジェカーノ戦で、その後はベンチ入りしても出場なし。3月の代表メンバーからも外れていた。クラブでは苦しい状況に置かれているが、ワールドカップ本大会のメンバー入りに向けて西野監督にアピールできるだろうか。

フットボールチャンネル 5/19(土) 15:35
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180519-00270057-footballc-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索