Samurai Goal

井手口陽介


スポンサード リンク





【悲報】井手口が「幽霊」呼ばわり!!海外紙が報じる 

Gett
1   2018/05/19(土) 16:16:01.61 _USER9
日本サッカー協会は18日、今月30日に行われるガーナ代表との国際親善試合に向けた日本代表メンバー27人を発表した。ロシア・ワールドカップ本大会に向けたメンバー発表ということもあり、各国メディアでも報じられている。

 ポルトガルメディアが中島翔哉の落選を、ベルギーメディアが森岡亮太と久保裕也の落選を中心として伝えるなど、それぞれの国のリーグでプレーする選手にやはり注目が集まっている。スペイン紙『マルカ』も、スペインでプレーする日本人選手に焦点を当てた。

 スペイン1部でプレーする柴崎岳(ヘタフェ)と乾貴士(エイバル)に加えて、2部のクルトゥラル・レオネサに所属する井手口陽介も27人の中に選ばれた。このメンバー選出について、「クルトゥラルの“幽霊”日本人が柴崎、乾とともにW杯の予備メンバー入り」と伝えられている。

「幽霊」と表現されるのは、井手口がクルトゥラルでほとんど試合に出場していないためだ。ガンバ大阪から1月にイングランド2部のリーズ・ユナイテッドへ移籍し、クルトゥラルへレンタルされたが、ここまでわずか5試合の出場で107分間のプレーにとどまっている。

 最後にピッチに立ったのは2月19日のラージョ・バジェカーノ戦で、その後はベンチ入りしても出場なし。3月の代表メンバーからも外れていた。クラブでは苦しい状況に置かれているが、ワールドカップ本大会のメンバー入りに向けて西野監督にアピールできるだろうか。

フットボールチャンネル 5/19(土) 15:35
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180519-00270057-footballc-socc

西野監督“ガンバ人脈”で宇佐美&井手口選出はありえるのか 

1   2018/05/09(水) 17:46:53.94 _USER9
写真
no title


サッカー日本代表の西野朗監督(63)が8日午後、12日間に及ぶ欧州視察から帰国。W杯ロシア大会(6月14日開幕)直前の指揮官交代で、誰が笑い、誰が泣くことになるのか。

若手ではFW宇佐美貴史(25)=デュッセルドルフ、MF井手口陽介=(21)=レオネサ=がW杯メンバー入りへ急浮上している。

一方“ビッグ3”では、FW本田圭佑(31)=パチューカ=が当確。FW岡崎慎司(32)=レスター=の代表復帰も有力だが、MF香川真司(29)=ドルトムント=は崖っぷちに追い込まれ、明暗を分けている。

 4月27日に日本を発ち、ゴールデンウイーク返上で欧州組視察行脚を敢行した西野監督。8日の帰国後、14日はW杯ロシア大会の予備登録(35人)の提出期限。18日にはW杯前国内最終戦のキリンチャレンジ杯・ガーナ戦(30日=日産ス)のメンバー発表を行わなければならず、休んでいる暇はない。

 指揮官は「どの選手もコンディショニングが大事」と強調。その点、西野戦術の核になるとみられる本田は申し分ない。好調のままメキシコリーグ全日程を終え、3日に帰国。コンディショニングなどを担当する複数の専属コーチのもと、国内で調整を進めている。

 岡崎とは欧州視察中に面談し、現在抱えている左足首痛が重症でないことを確認した。

 大きな期待をかけていることがうかがえるのは、ドイツ・ブンデスリーガ2部でプレーする宇佐美である。もともとG大阪監督時代に手塩にかけた“西野チルドレン”で、6日にホームのキール戦を視察。「守備の意識も高くなった」と評価し、日本代表スタッフには「貴史(宇佐美)はトップ下でも使える」と漏らしているという。

 井手口に対する評価も高い。スペイン2部のチームでほとんど出番がなく、事実上の飼い殺し状態。G大阪出身といっても、西野監督退任後の2014年にトップチームに昇格しており直接指導を受けたことはない。それでも西野監督が予定を変更してわざわざ練習を見に行ったところに、並々ならぬ思い入れをうかがわせる。

 対照的に、一気に土俵際に追い込まれたのは香川だ。2月に左足首を負傷したのをきっかけに、出場機会が激減。本人は代表入りを逃した3月のベルギー遠征をわざわざドイツから見学に出かけ、W杯出場に意欲を示したが、ハリルホジッチ監督(当時)との面会はかなわず。

西野監督は視察行脚中に香川と面談し、ハリルホジッチ電撃解任の経緯だけは説明したが、本人のコンディションは悪化の一途。ポジションも本田、宇佐美とかぶるだけに、厳しい状況といえる。

 仮に香川が代表から外れた場合、背番号4を付けてきた本田に念願のエースナンバー「10」が転がり込む可能性もある。

 ハリル前監督に引き立てられたFW久保裕也(24)=ヘント、前線への長い縦パスを多用するハリル戦術のキーマンだったMF山口蛍(27)=C大阪=も、その座を危ぶまれている。
 
ハリルジャパンに何度か招集されたMF乾貴士(29)は、今季限りでスペイン1部・エイバルを退団する意向を表明。競争率の高いトップ下タイプだけに、こちらも厳しい立場だ。

 W杯ロシア大会の最終メンバー23人の発表は、ガーナ戦翌日の31日。西野ジャパンの参謀役で、東京五輪代表監督も務める森保一コーチ(49)は「みなさん(報道陣)はサプライズ選出を期待すると思いますが、まずは普通にコンディションのいい選手を報告するようにしています」とした上で、「最後は西野さんのフィーリングで選ぶことになると思います」と断言した。

 西野監督は本田を軸に、宇佐美&井手口の“ガンバ人脈”を絡ませることによって、自分のフィーリングを示すことになりそうだ。

夕刊フジ 5/9(水) 16:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000021-ykf-spo

日本代表“ダブルボランチ”に長谷部&井手口を推薦 

GettyImages-843063426-800x530
1   2018/05/08(火) 22:37:33.11 _USER9
【柱谷哲二の闘将論】ロシアW杯に向けて西野監督のメンバー選考が注目されるが、特にダブルボランチでMF長谷部誠(34=Eフランクフルト)と誰が組むのかに、すごく興味がある。

 MF山口蛍(27=C大阪)もいいんだけど、期待しているのはMF井手口陽介(21=クルトゥラル・レオネサ)。フィジカルの強い外国人が相手でも懐に入って、怖がらずに体をぶつけてボールを奪える。パワーもある上に、瞬間的なスピードも特筆すべき要素。まだ若いので次の2022年カタールW杯につながるメリットもあるよ。

 西野さんが監督になってパスサッカーを主体にするにしても、ダブルボランチでボールを取れなければ、DFラインはズルズル下がらざるを得ない。そうならないために井手口が必要になるんじゃないかな。クラブで出場機会が少ないのは、それほど心配していない。

 前線ならFW岡崎を薦めたい。ゴール前のクロスに対し、シュートを打たなくてもDFに体をぶつけて潰せる泥くさいプレーができるタイプ。ゴンちゃん(元日本代表FW中山雅史=50、J3沼津)もそうだったし、DF陣としては守りづらいんだよ。現代表に見当たらない選手だからオプションとして入れてほしい。

 西野監督は井手口と岡崎に現地で直接会っているようだし、僕の推した2人の代表入りがあるかもしれないね。(元日本代表DF)

5/8(火) 11:00配信 東スポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000003-tospoweb-socc

19歳の“ケンカ番長”MF井手口が大舞台で見せた強さと賢さ「あの顔からも分かるように、メンタル的にも相当なものがある」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 15:00:12.87 ID:CAP_USER*.net
サウジアラビアとのリオデジャネイロ・オリンピック アジア最終予選グループリーグ第3戦。
タイとの第2戦から先発10名を入れ替えたU-23日本代表は2-1で快勝を収め、3戦全勝での決勝トーナメント進出を決めた。

このサウジアラビア戦で3ボランチの左として初出場・初先発を果たしたのが19歳のMF井手口陽介。
所属するガンバ大阪では高校生のうちから出場機会をつかむなど、長谷川健太監督からもその才覚を高く評価される逸材が、満を持しての登場となった。

U-19日本代表時代からともにプレーしてきた同じ大阪出身のFW南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)は、
「点も取れる、パスも出せる、(相手の攻撃を)つぶせる。なかなかいないタイプだし、相当なポテンシャルを持っている」と評する。

同時に「あの顔からも分かるように、メンタル的にも相当なものがある」と笑う。
大舞台での初出場にもかかわらず、少しも動じたところがない井手口の胆力は、海外でプレーする俊英にも改めて印象に残ったようだった。

動じない井手口はホテルから出発する直前、いつものようにLINEアプリのゲームを楽しんでいたという。
ゲームのメッセージが送られてきたG大阪の同僚であるDF米倉恒貴からは「おまえ、試合前だろ!」というツッコミのメッセージが飛んできたそうだが、何とも井手口らしいエピソードである。

「そのゲームは別に(G大阪でも)流行ってはいないです。ヨネくんとハルくん(藤春廣輝)、タカくん(西野貴治)くらいしかやっていない
」という狭いコミュニティの中に平常心の存在感(?)を示しつつ、試合に入ってからは別の意味で確固たる存在感を示すこととなった。

その言葉どおり、3ボランチの一角として先発したこの日は、相手ボランチの動きを戦術的にケアしながら、ぶつかり合いとなれば激しく戦い、相手に主導権を渡さない強さと賢さを見せつけた。
試合前日の練習を終えた直後、井手口は「2試合をベンチで見ていて悔しい思いがあった。チームが勝ててうれしかったけれど、悔しさも強かった。

その悔しさを晴らしたい」と率直に語った上で、「球際の強さ、セカンドボールを拾うところは自分の良さであると思うので、
そこをまず出していきたい」ともコメントしていた。まさに有言実行のプレーぶりである。

自分より一回り大きな相手にも、まるで物怖じせずに向かっていくメンタリティは、「ケンカ番長」とも呼ばれる男らしいもの。
出色の出来というほどではないが、この大会では初出場した選手が軒並み過緊張での低パフォーマンスを見せた中で、「普段どおり」のプレーができるすごみが確かにあった。

さらに53分には、ハイライトと言うべきシーンもやってきた。右サイドでボールを持った南野が中へとドリブルを開始すると、すかさず動き出す。
「逆サイドにボールがある時、(ボランチの)裏が空くというのは思っていた」という戦術的判断と、

「(南野が)中に切り込んできた時、パスが来るかは分からなかったけれど、もし来たらダイレクトで打とうとは思っていた」という万全の準備から、落ち着いてインパクト。
GKの捕れない位置へと飛んだボールがゴールネットを揺らし、結果としてこの2点目が決勝点となった。

狙ったとおりのコースへ飛ばすシューティング技術に加えて際立つのは、まるで慌てないハートの強さで呼び込んだ得点シーンだった。
試合の中でも慌てず騒がず、しかししっかり「戦う」だけに、本人が試合前に目標として掲げていた「決勝トーナメントでも使ってもらえるようなプレーをする」というタスクは果たしたのではないか。

少なくとも井手口を初めて見た人がその名を記憶するくらいのインパクトは残したと言えるし、準々決勝以降に向けて手倉森監督の選択肢が増えたのも間違いない。

SOCCER KING 1月20日(水)13時10分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160120-00393234-soccerk-socc

no title

宇佐美貴史が「怪物」と評す19歳。U-22をリオ五輪へ導く井手口陽介 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/24(土) 19:17:47.12 ID:???*.net
「能力は怪物っすよ」
宇佐美貴史はかつては長岡京市が生んだ天才と呼ばれたが、その天才から「怪物」と称されているのが、井手口陽介である。
ガンバ大阪で今シーズン、ボランチとして出番を増やして存在感を高めてきており、後輩でU-18日本代表の
堂安律からは尊敬の念で見られている。

「井手口さんは、昨年U-19アジア選手権にレギュラーで出てたじゃないですか。それってすごいことやし、
プレーも半端なくうまい。ほんま、ぼくの憧れです」

後輩が熱い視線を送る井手口とは、どんな選手なのか。
ガンバジュニアユース時代、中3でユースの試合に出場。2014年3月31日、ユースからトップチームに昇格。
ユースから飛び級のトップ昇格は宇佐美貴史以来クラブ史上5人目だ。リーグ戦のデビューは
今シーズン4月29日の松本山雅戦で、今シーズンはリーグ戦6試合に出場している。まだ荒削りだが
攻撃が得意なボランチで、パスセンスに優れている。171cmと決して大きくはないが、恐がらずに
前へ飛び出していく姿勢には勇気を感じる。重心が低く、体が強いので当たりの強い守備ができるし、
ボールを奪取する力もある。しかも、遠藤保仁と同様に厳しい状況に動ぜず、ハートが滅法強い。

遠藤保仁や今野泰幸は「追い越す」対象。
今野泰幸はいう。
「パスがうまいし、運動量があるし、前に出ていく力もある。気持ちも強いね。俺が19歳の時とは違って
能力が半端なく高い。間違いなくガンバの将来を背負っていく選手」

 元日本代表のボランチに絶賛されているが、当の本人は至って謙虚だ。
「ガンバで試合に出られるようになったけど、まだまだです。新潟戦も簡単なミスで失点に繋がってしまった。
ただ、試合に出ていろいろ経験していけばミスは減らせると思うし、自分のいいところをもっと出せるようになれる
と思います。ヤットさんや今野さんというすごいボランチがいるんで、いいところを盗んで早く追い付き
追い越せるようにしていきたいですね」

U-22では手倉森監督の評価も高く主力に。
 ガンバのボランチには不動のレギュラーである遠藤、今野がおり、井手口は明神智和と3番手を争う状態だが、
カテゴリー別代表では常に主力としてプレーしている。
 昨年10月のU-19アジア選手権に招集され、全4試合に出場。同年12月にはリオ五輪を目指すU-21日本代表に
初招集された。2015年3月リオ五輪1次予選には招集されなかったが、7月のコスタリカ戦では遠藤航と
ボランチを組んでプレーし、勝利に貢献した。9月に行なわれたJ3の町田ゼルビアとの試合にもU-22代表として
招集されている。手倉森誠監督は「技術があるし、戦うことができる選手」として高く評価している。
 しかし、代表ではまだまだ自分らしさを十分出せていないもどかしさを抱えている。7月のコスタリカ戦では、
自分の課題を明確に述べていた。

「遠慮はしていないですけど、自分の意見が言えてない。声も出せていない。もっとコミュニケーションを取って、
自分が周囲の選手を動かせるようになれば、もっと質の高いプレーができると思うけど、そこはこれからの
課題かなと思います」

 物怖じしない性格だが、かなりの人見知りでもある。黙々とプレーするタイプで、人に言う前に自分が
動けばいいという考えだが、ボランチはチームの中枢だ。自ら指示を出して人を動かしたり、
ポジションを修正したりと、声は非常に重要になる。また、コミュニケーションはコーチングだけではなく、
自分のプレーや考えを理解してもらうためにも不可欠なものだ。それがうまく出来ていないため、コスタリカ戦、
町田戦ともに自分の動きを理解してもらえず、周囲と噛み合わないシーンもあった。

悪い流れを変えられる選手になる、という目標。
 また、プレー面でも課題が見つかった。コスタリカ戦は良質な縦パスを入れていたが、町田戦では
相手の厳しいプレスにあい、横パスやバックパスが増え、攻撃の合図となる縦パスが少なかった。

「攻撃が単調になっていたんで、テンポを変えたかったんですけどうまくできなかった。そういう悪い状況の時、
もう少しいろんなパスでリズムに変化を出せればと思うけど、まだそれができない。攻撃のスイッチを入れる
パスが出せていないんで、そこはこれから改善していかなダメなところです」

 効果的なパスを入れられない。悪い流れを変えられない。ガンバの大先輩である遠藤がやっていることが
出来ない。だがそうしたことは、ベテランの選手であってもなかなか難しいことだ。それを19歳で自覚し、
それを今すぐやりたいと思うところに井手口の意識の高さがうかがえる。

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索