Samurai Goal

争奪戦


スポンサード リンク





「クボを巡って4チームが争奪戦」久保建英の来季去就をスペイン・メディアがレポート 

20200524-00073653-sdigestw-000-7-view

冨安争奪戦が激化? ブンデスリーガも熱視線、現地メディア指摘「ローマに加えて…」 

20200522-00263152-soccermzw-000-1-view




1: 2020/05/23(土) 00:02:54.71
 今季ボローニャに加入した日本代表DF冨安健洋は、セリエA初挑戦のシーズンに主力の座を勝ち取っている。名門ASローマへの移籍が取り沙汰されるなか、ブンデスリーガのクラブも獲得に熱視線を送っているとイタリアメディアが伝えている。

 2019年夏にベルギー1部シント=トロイデンからボローニャに加入した冨安は、右サイドバック(SB)としてレギュラーの座を確保。日本代表活動で負傷した影響で一時離脱こそあったが、今季リーグ戦20試合に出場し、安定したパフォーマンスで信頼を得ている。

 冨安にはローマが新天地候補に浮上しており、イタリア国内でのステップアップ移籍に注目が寄せられているが、イタリア現地メディア「1000 Cuori Rossoblu」によると、ブンデスリーガのクラブも冨安の獲得に熱視線を送っているようだ。

 冨安への関心が噂されているのはレバークーゼンだ。トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンを輩出したクラブとしてアジアでも馴染みのあるクラブであり、記事では「ローマに加え、レバークーゼンも冨安に関心を示している」と伝えている。

 一方で、「現時点では、スポーツ・ディレクターのウォルター・サバティーニ氏によって譲渡不可を宣言されている」とボローニャ側は冨安の放出を検討していないと強調している。期待の逸材として、イタリアだけでなく、他国クラブも冨安に目を光らせているようだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/b7337d1ea60e1b0d3bd980db1ef3b2e3e1e6868b

PSG、ハーランド争奪戦に参戦か レアルとの“バトル”勃発の可能性をスペイン紙報道 

20200521-00262851-soccermzw-000-1-view

早くもハーランド争奪戦が勃発か。契約解除を狙うのはレアル・マドリーと… 

20200402-00010009-goal-000-1-view

収監中のロナウジーニョ、刑務所内フットサル参加を巡り“争奪戦”勃発!本人はゴールできないルール 

20200314-00251567-soccermzw-000-1-view




1: 2020/03/14(土) 11:37:20.41
半年に一度開催されるフットサル大会に参加予定 7チームが獲得に名乗りをあげる
 元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏は、偽造パスポート使用により滞在先のパラグアイで逮捕され、刑務所に拘束されている。刑務所内でのラフなタンクトップ写真が流出するなど話題に事欠かないが、フットサル大会出場を巡り、刑務所内で“ロナウジーニョ争奪戦”が起こっているという。スペイン紙「マルカ」が報じた。

【画像】凋落の天才FWロナウジーニョがタンクトップ姿で囚人にサイン&飲酒… 「パラグアイ刑務所」衝撃ショット
https://twitter.com/infobae/status/1237821456429522945

 かつてバルセロナやブラジル代表で活躍し、サッカーファンを魅了したスーパースターのロナウジーニョ氏は、チャリティーイベント参加のため今月4日にパラグアイへ入国。首都アスンシオン滞在時、偽造パスポートによる入国の疑いで兄のアシス氏とともに逮捕された。

 拘置所拘留を経て、「逃亡する恐れがある」という検察側の主張のためにパラグアイのアスンシオンにある刑務所へ移送。現在は一時収容されているが、タンクトップにサンダル姿の写真や、囚人にサインしたり特別に振舞われたアルコールを口にする姿が伝えられており、連日メディアを賑わせている。

 そのなかで、刑務所内で半年に一度開催されるフットサル大会参加を巡ってロナウジーニョの“争奪戦”が勃発しているという。

「35歳以上の囚人と警察官は屋内でのシニアフットボールリーグに参加する。『ABC TV Paraguay』によれば、複数の囚人がロナウジーニョにチーム加入を要求。ビジャレアル、ピラ・グアス、アルコネス、チャカリタ、エスパーダ、スポルト・ピトゥーフォ、ネグロ・クンビエロが手を挙げている」

 記事によれば、ロナウジーニョの“獲得”を巡って7チームが名乗りを上げており、アルゼンチンメディア「infobae」の情報として、「優勝チームには豚の肉16キロが与えられる」と紹介している。

「ロナウジーニョが囚人によるトーナメントへの参加に合意すれば、彼はゴールをすることができない。他の選手にパスをする必要がある。これが、看守が彼に課した条件だ。ジーニョ(ロナウジーニョ)は“厳格なルール”を笑顔で選択した」

 収監される厳しい状況に置かれているなかでも、フットボールを愛する気持ちは現役時代のままのようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200314-00251567-soccermzw-socc
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索