Samurai Goal

乾貴士


スポンサード リンク





「疑惑について言及して」 木下優樹菜の引退発表で乾貴士選手のツイッターが炎上! 

20200709_asagei_kinoshita




1: 2020/07/11(土) 23:27:27.31
「疑惑について言及して」木下優樹菜の引退発表で乾貴士選手のツイッターが炎上!


7月6日、木下優樹菜が芸能界の引退を発表した。
所属事務所は今回、木下との契約解除に関して「信頼関係を維持することが著しく困難であると判断」と公式サイトで明かしたが、それには男性トラブルが関係しているという。


「木下といえば、自身のインスタグラムに昨年投稿した文章が、縦読みで《たかしあいしてる》になるとネットで話題に。その後、サッカー日本代表の乾貴士選手のインスタにも、縦読みすると《ゆきなだいすき》と読める文章が発見されたため、
不貞疑惑が浮上しました。7月7日の『スポーツニッポン』によると今回、事務所は木下の再出発にあたり、不貞疑惑を含めた様々な事柄を確認したそう。しかし、以前の説明と食い違う部分があったため、信頼関係が崩れ、契約を続けられないと判断したとのことです」(芸能記者)


そんな乾選手は今年1月、「女性セブン」による突撃インタビューで不貞疑惑について聞かれた際、
「まぁ、木下さんとは友人関係で、仲のいい友達の1人なんで…」と否定している。

しかし今回、木下の引退によって、彼への疑惑が再燃する事態となっているようだ。

「タピオカ問題に関しては、店主側が裁判準備を進めているとメディアで伝えられている一方、乾選手との不貞疑惑のほうは、いまだ多くの謎を残したままです。
そのため、今回の木下引退により、乾選手のツイッターには『木下優樹菜との不貞疑惑についてコメントを出すべきではないでしょうか?』『不貞について言及しないならサッカーやめてください』といった辛辣なコメントが殺到し、炎上状態となっています」(前出・芸能記者)


木下の引退により、男性トラブルの謎はこのまま闇に葬られるのだろうか。


https://www.asagei.com/153524

小さな本拠地で戦うレアル・マドリードが3発白星リスタート! エイバル・乾貴士は終盤に途中出場 

news_303194_1




1: 2020/06/15(月) 04:31:22.35
20/6/15 04:25

 リーガ・エスパニョーラは14日、再開初戦となる第28節を行い、レアル・マドリーがMF乾貴士所属のエイバルを3-1で破った。首位のバルセロナとは再び勝ち点2差。ベンチスタートの乾は後半32分から途中出場したが、残留争いを優位に運ぶ勝利は届けられなかった。

 R・マドリーは3月8日に行われた第27節ベティス戦(●1-2)以来3か月ぶりの公式戦。負傷から復帰したFWエデン・アザールが左ウイングで先発し、FWカリム・ベンゼマ、FWロドリゴ・ゴエスと3トップを構成した。今季はホームのサンチャゴ・ベルナベウが改修工事に入っているため、普段はカスティージャが使う収容人数6000人規模のエスタディオ・アルフレッド・ディ・ステファノを使用した。

 前半3分、R・マドリーが早くもスコアを動かした。左サイドで浮き球のスルーパスを受けたFWカリム・ベンゼマは相手ディフェンスに阻まれたが、クリアボールを待っていたMFトニ・クロースがダイレクトのままインサイドキック。このトリッキーなシュートがGKの届かないゴール右上隅に吸い込まれ、貴重な先制点が入った。

 エイバルは前半14分、MFパブロ・デ・ブラシスのふわりとした横パスからFWキケ・ガルシアが右足ハーフボレーで狙ったが、DFダニエル・カルバハルにギリギリでカバーされる。すると30分、R・マドリーはベンゼマのスルーパスがアザールに通り、横パスに反応したのはフリーで攻め上がっていたDFセルヒオ・ラモス。これを落ち着いて決め、追加点を奪った。

 R・マドリーは前半36分、アザールがベンゼマとのワンツーで右サイドを切り裂くと、シュートはGKマルコ・ドミトロビッチに阻まれたが、こぼれ球を拾ったDFマルセロが左足を一閃。強烈な低空シュートがゴール左隅に突き刺さり、前半のうちに3点のリードを確保した。エイバルは攻撃の形をつくれないまま前半を終えた。

 R・マドリーは後半、カルバハルを下げてDFフェルラン・メンディを起用。立ち上がりの4分、レアルGKティボー・クルトワのキックがデ・ブラシスに当たり、エイバルにビッグチャンスが訪れる。だが、このボールをMFエドゥ・エスポージトが狙ったが、ゴール右隅を狙ったボールはクルトワがセーブし、自らのミスで招いたピンチをしっかりと回収した。

 さらに後半12分にも、エスポジトのミドルシュートがゴール左上隅を鋭く襲ったが、これもクルトワが大きな身体を伸ばしてセーブ。なかなか守護神の牙城を崩せないエイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督は3枚替えを敢行し、DFペドロ・ビガス、MFペドロ・レオン、FWセルジ・エンリクを一気に投入した。

 すると後半15分、エイバルの交代策がラッキーな形で的中する。P・レオンのコーナーキックに反応したデ・ブラシスが右足を振り抜くと、MFカゼミーロと交錯したボールがP・ビガスに当たってゴール方向へ。軌道が変わったボールをクルトワが収めきれず、股下を通ったボールはそのままゴールラインを越えた。

 1点を返されたR・マドリーは直後の後半16分、こちらも3枚替えを敢行。ラモス、アザール、ロドリゴを一気に下げ、DFエデル・ミリトン、FWビニシウス・ジュニオール、FWガレス・ベイルを投入した。一方のエイバルは33分、ようやく乾を投入。中断前の3月10日に行われた第24節延期分のソシエダ戦(○)以来3か月ぶりの出場で左サイドハーフの位置に入った。

 乾は後半38分、左サイドのドリブル突破から左足でクロスを送ったが、タイミングよく飛び出したクルトワが横っ飛びでセーブ。その後もアーリークロスで見せ場をつくったが、R・マドリーの守備陣を崩せないまま試合が終わった。降格圏との勝ち点差は依然として2のままとなっている。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?303194-303194-fl
https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/304000/303194/news_303194_1.jpg

「やっぱり外でやるのは楽しい」乾貴士が約2か月ぶりの屋外トレを報告!「最強にかっこいい」とファン反応 

no title




1: 2020/05/10(日) 00:44:49.88
感染防止のためか手袋着用でのトレーニング

スペイン1部のエイバルに所属する乾貴士が5月9日、自身のインスタグラムを更新。
これまで自宅待機を続ける人々に向けて“リフティング動画”を投稿し続けてきた乾だが、久々の屋外で行なったトレーニングを報告するとともに、その様子を収めた写真を公開した。

スペインでは3月に入り、新型コロナウイルスの感染拡大が顕著となり、ラ・リーガは3月10日に行なわれた24節のエイバル対レアル・ソシエダ戦を最後に中断。
14日にはスペイン政府から不要不急の外出禁止令が出され、以降リーグ再開の見通しが立たない状況が続いていたが、
スペイン保健省が外出禁止令の段階的緩和が始まった5月4日から各クラブの練習を再開するプランを承認していた。

そんななか、乾が所属するエイバルも9日から個人トレーニング中心のチーム練習を再開。約2か月ぶりとなる屋外でのトレーニングとなった。
スペイン紙アスによれば、6日に選手、コーチングスタッフらが検査を受け、全員の陰性が確認されたという。

乾はインスタグラムで「今日は久しぶりに外で練習した かなり暑かったー でも、やっぱり外でやるのは楽しいなぁ」と綴り、緑のピッチの上でトレーニングウェアに身を包んだ姿の写真を公開。
カメラに向かってサムズアップしたポーズと、手を大きく広げたポーズの2枚の写真を投稿した。乾は感染防止のためか、手袋を着用してのトレーニングとなったようだ。

およそ2か月ぶりとなるピッチ上の姿の投稿にファンからはさっそく多くの反応があり、「楽しそうですね。私も嬉しい気持ちになりました」
「お家にいる乾選手もかっこいいけど、ピッチに立つ乾選手も本当に最強にかっこいい」「乾さんとってもイキイキしてますね」「ピッチの乾選手がやっぱり素敵」
「毎日お家リフティングありがとうございました~」などとコメントが寄せられている。また、乾が身に付けていた青色の手袋にも「コロナだから手袋しているのか分かりませんが青を使った全身コーデでおしゃれです」との声もあった。

ラ・リーガは順調に感染者数が減少していけば、6月中にも無観客での再開が見込まれている。多くのファンが乾のプレーを心待ちにしているはずだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a6310f4a7b93c9afd143185a1e5afdf65b06afaf
5/9(土) 22:13配信

<乾貴士>“一番の天才”と言い切る選手は?「久保くんも宇佐美も凄いけど…」「一番の天才ですね」 

20200502-43480008-gekisaka-000-10-view




1: 2020/05/02(土) 21:02:21.20
エイバルに所属するMF乾貴士が、昨季限りで現役を引退した那須大亮氏のYouTubeチャンネルに出演し、これまでに出会った中で“一番の天才”について語った。

セレッソ大阪は乾やMF香川真司(サラゴサ)、MF清武弘嗣、FW柿谷曜一朗、FW南野拓実(リバプール)ら名手を輩出してきただけに、C大阪の育成力をテーマにトーク。
各選手の印象を聞かれた乾は、柿谷についてサッカーの面では一番天才だと思う」と述べている。

「それ(大久保)嘉人も言ってた」と漏らした那須氏が“天才ぶり”について掘り下げると、乾は「やることの意味が分からない。『なんでその選択をした?』というような(プレー)、
しかもそれがめちゃめちゃうまい。普通の人じゃ絶対できひん」と、柿谷を称賛した。

「久保くんもすごい上手いし、宇佐美も凄いじゃないですか。でも、やっぱりその選手たちを見てても、どう考えても曜一朗が一番」と断言した乾。
「『そういうトラップできるんや』っていうのもあるし、『え、そっからなんでループシュートできんの?』っていう。本当に見てたらびっくりします。絶対、曜一朗です。俺が今まで見た中で一番」と語っている。

5/2(土) 20:34配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200502-43480008-gekisaka-socc

乾貴士からの“難問”にスペイン人Jリーガー「もう辞めて。怪我する」 

20200407-43479452-gekisaka-000-3-view




1: 2020/04/07(火) 11:26:44.22
エイバルのMF乾貴士が7日、自身のツイッター(@takashi73784537)を更新し、「#リフティングチャレンジ」として華麗な技を披露した。

 現在、新型コロナウイルスの影響で各国のリーグが中断する中、乾はツイッターにさまざまなリフティングの技を投稿している。

 今回は、過去にドリブルデザイナーの岡部将和氏と対面した際に、同行していたフリースタイルの選手から伝授されたというテクニック。落下するボールに対して体を右に向けつつ、両足を前後させて挟み込むような形から右足に優しく乗せ、再び浮かせるという高難易度の技だ。

 乾は「何年か前にエイバルに岡部さんが来た時に一緒に来てくれた、フリースタイルやってる人が教えてくれた技です! やっとできた」と高い完成度で成功させている。

 この「#リフティングチャレンジ」にはフォロワーから多くの「いいね」や称賛の声が寄せられた。また、母国スペインの複数クラブを経て岐阜、徳島と渡り歩き、今季から愛媛に加入したMFシシーニョも反応している。

 ツイッター(@sisinio21)で「もう辞めて下さい。マネは無理だしやってみると怪我するだよ」と泣き顔の絵文字を付けてコメントすると、乾は「大丈夫! Sisiならできるよ」とエールを送っていた。

動画
https://twitter.com/takashi73784537/status/1247296096445050881

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200407-43479452-gekisaka-socc
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

久保建英との日本人対決は実現せず…。乾貴士はマジョルカ戦招集外に。「監督の信頼失った」と現地メディア 

20200307-00365850-footballc-000-1-view




1: 2020/03/07(土) 07:58:02.67
エイバルのMF乾貴士は、現地時間7日に行われるリーガエスパニョーラのマジョルカ戦を欠場することが決定的になった。クラブ公式サイトが伝えている。

エイバルは6日、ホセ・ルイス・メンディリバル監督の試合前日会見の様子を紹介。その中で乾が「戦術的な理由」で招集メンバー外になったことを伝えた。

スペイン『マルカ』は、乾が招集外になったことを報じ、「ベティスから復帰してエイバルで2度目のキャリアは望んだようにいっていない」「19試合で1ゴール3アシスト。今は指揮官の信頼も失った。これで2試合連続の招集外」と記している。

マジョルカのMF久保建英は、エイバル戦の遠征メンバーに含まれたが、乾との日本人対決は実現しないことが確実となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200307-00365850-footballc-socc
3/7(土) 6:30配信

エイバル・乾「自分が大した選手じゃないのは分かってる。でも…」4発のメッシに完敗 

20200223-00000150-dal-000-4-view[1]




1: 2020/02/24(月) 01:42:46.43
サッカー元日本代表でエイバルのMF乾貴士が23日、ツイッターを更新。バルセロナのFWリオネル・メッシとの対戦を振り返り
「凄かった。自分が大した選手じゃないのはわかってる。でも、やっぱり悔しさはある」とつづった。

現地時間22日に行われた同戦で、0-5の完敗。メッシは左足で4ゴールを挙げた。この試合で先発した乾は、メッシと競り合う写真も掲載。
「とにかく何かしたい。何か残したい。またちょっとでもやり返したい。来シーズンリベンジするためにとにかくチームを一部に残留させるために、次からのホーム3連戦頑張る!」と決意した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-00000150-dal-socc
2/23(日) 22:17配信

リーガ第23節 乾貴士、途中出場で1アシスト。7試合ぶりベンチスタートも結果残す。エイバルは手痛い黒星 

20200208-00361594-footballc-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/08(土) 07:11:54.13 ID:VxiZT2ph9
【アラベス 2-1 エイバル リーガエスパニョーラ第23節】

リーガエスパニョーラ第23節のアラベス対エイバルが現地時間7日に行われた。試合は2-1でホームのアラベスが勝利を収めている。エイバルの乾貴士は83分から途中出場し、1アシストを記録している。
乾が7試合ぶりのベンチスタートとなったエイバルは、0-0で前半を折り返すと、後半の立ち上がりに苦しめられた。

ホームのアラベスは後半開始からルーカス・ペレスを前線に入れると、そのルーカス・ペレスが後半開始から14秒でゴール。
左からのクロスにダイレクトで合わせ、ファーストタッチでアラベスに先制点をもたらした。さらにアラベスは66分にバークのゴールでリードを広げる。

2点を追うエイバルは、83分に最後の交代枠で乾を投入した。すると、乾がすぐに結果を出す。
ペナルティエリアの左脇でリターンを受けた乾が右足で横パスを出すと、オレジャナがペナルティアークから反転してシュート。これがゴールに決まって1点差となる。

エイバルは乾がボールを拾い上げて急いで同点弾を目指すが、時間が足りず、試合終了。
勝ち点24で並ぶ両者の残留争い直接対決は、ホームのアラベスに軍配があがった。

【得点者】
46分 1-0 ルーカス・ペレス(アラベス)
66分 2-0 バーク(アラベス)
83分 2-1 オレジャナ(エイバル)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200208-00361594-footballc-socc
2/8(土) 7:06配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20077863
試合スコア

乾貴士、決定機逸も…積極守備からPK奪取!エイバルはベティスに1-1ドロー 

20200202-00360569-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/03(月) 00:35:53.17 ID:A2+2Wt5L9
【エイバル 1-1 ベティス リーガ・エスパニョーラ第22節】

リーガ・エスパニョーラ第22節、エイバル対ベティスが現地時間2日に行われた。試合は1-1のドローに終わった。

エイバルに所属するMF乾貴士は左サイドで先発。6試合連続の先発出場となった。乾は積極的な守備から同点ゴールとなるPKを獲得した。

先制したのはベティスだった。7分、カナレスは左CKでペナルティエリア外に送る。ペナルティアークからフェキルがダイレクトでシュート。
これがゴールに突き刺さり、ベティスが意表をつくプレーで先制に成功した。

先制されたエイバルだったが、乾が守備で見せる。14分、相手ゴールキックからのビルドアップに対してエイバルが前からプレスをかける。
ゴンサレスに対してプレスをかけた乾はボールを奪うと、そのゴンサレスにペナルティエリア内で倒され、エイバルがPKを獲得。これをオレジャーナが決め、エイバルが同点に追いついた。

その後もチャンスを作るエイバルだが、中々追加点を奪うことができない。すると62分、左サイドでボールを受けたフェキルがペナルティエリア外で左足のシュート。
これはドミトロヴィッチが防ぐも、イグレシアスが押し込んだ。だがVARにより、イグレシアスのオフサイドの判定が下されノーゴールとなった。

ピンチの直後にエイバルがチャンスを作る。64分、カウンターから右サイドを抜け出したオレジャーナが深い位置から中央に速いクロスを供給。これを走り込んできた乾が合わせるが、ゴール右に外れた。

その後、乾は右からのクロスに中央で合わせ、決定的なチャンスを迎えるも活かせず。試合はこのまま終了し、1-1のドローに終わった。エイバルは2試合連続のドローで3試合負けなしとなっている。

【得点者】
7分 0-1 フェキル(ベティス)
15分 1-1 オレジャーナ(エイバル)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200202-00360569-footballc-socc
2/2(日) 23:55配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20077855
試合スコア

C大阪、乾貴士と香川真司に復帰オファー予定 

20200205-00000162-dal-000-9-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2020/02/05(水) 22:12:06.99 ID:1Oa/r6W69
デイリースポーツ
2/5(水) 22:00配信

 J1C大阪は5日、大阪市内で「サポーターズコンベンション2020」を開催し、今季から就任した梶野智チーム統括部長(54)が早ければ今夏にもクラブOBで元日本代表MF香川真司(30)=サラゴサ=と同MF乾貴士(31)=エイバル=に対して復帰オファーを提示する考えを明かした。

 C大阪は香川がドルトムントとベシクタシュで背負い、現在もサラゴサでつける背番号23と、乾がC大阪時代につけた背番号7を空き番号にしている。

 サポーターとの質疑応答で復帰の可能性を問われた梶野部長は、2人の名前こそ挙げなかったが「あえて(背番号を)空けている。向こうの気持ちや予算の問題もあるが、いつでも戻って来られる準備はしている」と答えた。

 イベント終了後、取材に応じた梶野部長はクラブとして2人の動向を注視しているとし、早ければ今夏にも獲得に乗り出す可能性を認めた。香川はサラゴサと21年6月末までの2年契約、乾はエイバルと22年6月末までの3年契約を結んでおり獲得には移籍金が発生する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200205-00000162-dal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索