Samurai Goal

久保裕也


スポンサード リンク





【速報】ライプツィヒvsニュルンベルク 前半終了 

news_253632_1

【速報】ライプツィヒvsニュルンベルク 久保裕也スタメン出場 

news_253632_1

久保裕也は「ライオンのよう」日本代表落選もドイツで高評価!「中盤ではベスト」と絶賛  

1: 2018/10/05(金) 01:07:50.28 _USER9
今月12日のパナマ戦と16日のウルグアイ戦に向けた日本代表メンバーが、4日に発表された。ロシアワールドカップに出場したメンバーも選出された中、久保裕也はまたも招集外となっている。

 しかし、今季から加入したドイツ1部のニュルンベルクでは主力に定着し、そのプレーへの評価も非常に高い。独誌『ビルト』は、久保を「ライオンのような日本人」と表現し、「中盤ではベスト」と絶賛。現在は期限付き移籍の身だが、今後ベルギー1部ヘントからの完全移籍も検討されるのではないかと論じている。

 そして、週末7日のRBライプツィヒ戦に向けてニュルンベルクは「スーパーデュオ」を起用するとも見られている。「デュオ」のうち1人は久保で、もう1人はMFエドゥアルド・レーベンだ。

 久保はブンデスリーガで5試合に先発出場してきたが、レーベンはこれまで途中出場がメインで、2人ともスタメンだった試合はまだない。先月29日のフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦でレーベンが今季初先発を飾ったものの、久保はベンチで試合終了の笛を聞いた。

 独誌『ビルト』は久保とレーベンの「スーパーデュオ」について「才能に恵まれたテクニシャンで、ゴール前でビッグチャンスを作るパスを供給する」と評価。2人のチャンスメイク面での貢献に期待を寄せている。

 昇格組のニュルンベルクだが、6節までを終えて10位とまずまずのスタート。前節はデュッセルドルフを3-0で下している。久保は日本代表落選の悔しさをバネに、森保一監督を振り向かせる活躍を披露できるだろうか。ブンデスリーガ初ゴールにも期待が高まる。

10/4(木) 22:54 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181004-00291810-footballc-socc

写真
no title

【速報】ニュルンベルク vs デュッセルドルフ 試合終了 






デュッセルドルフ宇佐美貴史は先発出場

ニュルンベルク久保裕也はベンチスタート

後半57分 宇佐美貴史 OUT

試合終了

ニュルンベルク 3-0  デュッセルドルフ

得点者

ニュルンベルク ベーレンス(前半28分)

        
イシャク(後半19分)
        
パラシオス(後半33分)

※随時情報更新※








【速報】ニュルンベルク vs デュッセルドルフ 宇佐美交代 

usami

【速報】ニュルンベルク vs デュッセルドルフ 前半終了 

usami

香川真司、途中出場!ドルトムント、圧巻ゴールショー!久保裕也先発のニュルンベルクに7発大勝! 

1: 2018/09/27(木) 06:07:32.73 _USER9
no title


9.26 ブンデスリーガ第5節 ドルトムント7-0ニュルンベルク]

 ブンデスリーガ第5節2日目が26日に開催され、MF香川真司が所属するドルトムント(2勝2分)がFW久保裕也が所属するニュルンベルク(1勝2分1敗)と対戦し、7-0の完封勝利を収めた。前節ホッフェンハイム戦で今季初先発を飾った香川はベンチスタートとなったが、後半17分から途中出場。開幕4戦連続先発フル出場中の久保は、この試合でもスターティングメンバーに名を連ねて後半41分までプレーしている。

 前半9分に試合を動かしたのはホームのドルトムントだった。左サイドから切れ込んだMFクリスティアン・プリシッチの巧みな浮き球のパスからPA内に走り込んだFWヤコブ・ブルーン・ラルセンが、飛び出したGKファビアン・ブレドロウよりも先にボールに触れると、鮮やかな軌道を描いたループシュートがネットを揺らしてスコアを1-0とした。

 1点のビハインドを背負ったニュルンベルクは前半14分、CKの流れから右サイドでボールを受けた久保が果敢に右足シュートを狙うも、GKロマン・ビュルキの正面を突いてしまう。すると同32分、FWマキシミリアン・フィリップのパスに走り込んだFWマルコ・ロイスがPA外から放ったシュートが相手選手に当たってコースが変わりながらもネットに突き刺さり、ドルトムントがリードを2点差に広げた。

 2-0とドルトムントがリードしたまま後半を迎えると、同4分にニュルンベルクのCKからドルトムントがカウンターを発動させ、ボールを運んだMFマルコ・ロイスのラストパスからDFアクラフ・ハキミがネットを揺らして3点目。さらに同13分にはラルセンとの鮮やなワンツーからロイスがゴールを陥れ、リードは4点差に広がった。

 すると後半17分にドルトムントベンチが動き、ロイスに代えて香川、MFアクセル・ビツェルに代えてMFユリアン・バイグルが同時にピッチへと送り込まれた。その後は同29分にDFマヌエル・アカンジ、同40分にMFジェイドン・サンチョ、同43分にバイグルがゴールを奪い、ドルトムントが7-0で快勝した。

9/27(木) 5:22フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-02124255-gekisaka-socc

“久保4戦連続フル出場”のニュルンベルクが初白星!! 原口は初先発も前半のみで交代  

kubo




1: 2018/09/23(日) 01:16:24.91 _USER9
[9.22 ブンデスリーガ第4節 ニュルンベルク2-0ハノーファー]

 ブンデスリーガ第4節2日目が22日に開催され、FW久保裕也が所属するニュルンベルクとMF原口元気、FW浅野拓磨が所属するハノーファーが対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半31分と同32分に得点を記録したニュルンベルクが2-0の完封勝利を収め、今季初白星を獲得した。

 開幕3戦連続先発フル出場中の久保は、この試合でもスターティングメンバーに名を連ね、ダイヤモンド型の4-4-2のトップ下に入った。一方のハノーファーでは、ここまで先発出場のなかった原口が今季初先発の座をつかみ、4-4-2の左サイドハーフに配置され、3戦連続先発中だった浅野は今季初のベンチスタートとなった。

 ともに2分1敗で勝利のない両チームの対戦。前半25分にはFWフィルジル・ミシジャンのヘディングシュートのこぼれ球をFWミカエル・イシャクが押し込んでニュルンベルクが先制したと思われたが、ここでビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が介入。その前にニュルンベルクの選手にオフサイドがあったことが認められ、ノーゴールの判定となった。

 前半28分には完全に抜け出したミシジャンを追走したDFミイコ・アルボルノズが倒すと、一度は流されたプレーとなったが、VARの介入によってファウルが認められてアルボルノズは一発退場。数的不利に陥ったハノーファーは同31分、FWボビー・ウッドに代えてMFユリアン・コルプをピッチへと送り込んだ。

 数的優位に立ったニュルンベルクが押し込む時間帯が続きながらも前半をスコアレスで折り返すと、ハノーファーは後半開始から原口に代えてMFマルビン・バカロジュを投入。同13分にはイシャクのラストパスからPA内に侵入した久保が相手1人をかわして好機を迎えるが、カバーに入ったDFケビン・ビマーにクリアされてフィニッシュまで持ち込めなかった。

 スコアレスで試合は進んだが、後半31分にニュルンベルクがついに先制に成功。CKからMFハンノ・ベーレンスが放ったヘディングシュートはポストを叩いたものの、こぼれ球を拾ったFWテアレス・クネルのシュート性のクロスがDFバルデマー・アントンのオウンゴールを誘ってスコアを1-0とする。

 さらに後半32分には久保の縦パスから左サイドを駆け上がったイシャクの丁寧なラストパスをクネルが蹴り込み、ニュルンベルクが2-0の完封勝利を収めた。久保は4試合連続フル出場を果たし、ベンチスタートとなった浅野に出場機会は訪れなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-02019803-gekisaka-socc

久保裕也“ドイツとベルギー”の違いを語る!!「ドイツは攻守の切り替えが速い」 

009efc0a107c8ee31e3a2e2d9a7955f9_1529622252_1
1 2018/09/14(金) 08:22:29.53 _USER9
ニュルンベルクに所属するFW久保裕也がベルギーとドイツのサッカーの違いについて語っている。

久保は先月19日にベルギーのヘントからニュルンベルクへレンタル加入すると開幕戦でスタメンに名を連ねるなどこれまで2試合連続でフル出場を果たしている。

そんな久保は独誌『キッカー』の取材に対し「ドイツはベルギーよりも攻守の切り替えがとても速い。
また、1対1の場面がベルギーに比べ非常に多い」と両国のリーグの違いを語った。

一方で「ヘルタ・ベルリンとマインツの試合でプレーしたが我々と大きな差は感じない」と語る久保は
「特にマインツ戦は相手よりも多くのチャンスを作っており勝たなければならなかった」と1-1に終わった試合を振り返った。

「足が特別速いわけではないから、中央でプレーする方が自分としてはやりやすい」とセンターでのプレーを希望する久保は「とにかく降格したくない」とシーズンの目標を口にした。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180914-00289377-footballc-socc
9/14(金) 7:40配信

久保裕也、マインツ戦で見事MOMに選出!!トップ下での動きを評価! 

columnsv2_75292
1 2018/09/03(月) 21:35:21.98 _USER9
ニュルンベルク加入後2試合目でもフル出場したFW久保裕也に対する現地の評価は急速に高まっているようだ。1日にホームで行われたブンデスリーガ第2節のマインツ戦でもドイツでの初ゴールこそ記録しなかったものの、ドイツ誌『キッカー』ではこの試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれた。

ニュルンベルクは25分に失点を許すも、90分間にわたって数々のチャンスを生み出す攻撃的なサッカーを展開。48分にはスウェーデン人FWミカエル・イシャクがダイレクトボレーを突き刺し、1-1に。そのまま試合が終了し、リーグ戦初勝利はお預けとなった。

そんな中、久保は開幕節のヘルタ・ベルリン戦に続き、幾度か見せ場をつくるなどニュルンベルクの攻撃を活性化。『キッカー』が伝えるところによれば、ニュルンベルクのゴールチャンス10回と多くに絡み、自らも相手ゴールに近づくパフォーマンスを披露。同誌はそのプレーに「2」(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)と両チームトップの評価を与えた上で、MOMにも選出した。

久保のプレーは以下のように寸評されている。

「左サイドでは少しばかりか迷いが見られたユウヤ・クボだが、中央(トップ下)に動かされてから勢いが大きく増した。素早くて、優れたテクニックも持つ日本人選手は(ニュルンベルクが)危険となった場面のほとんどに関与した」

『キッカー』ではトップ下でのプレーがより高く評価される久保。クラブは今夏のマーケット最終日にオランダ人FWヴァージル・ミシジャンやポルトガルのマテウス・ペレイラといったウイングを獲得したため、久保は今後、トップ下で起用される試合が増えるかもしれない。

なおニュルンベルクは16日に行われる次節、FW大迫勇也が加入したブレーメンと敵地で対戦。それぞれ、今夏に加わった新天地で早くもレギュラーの座をつかんでいるため、その試合では日本人アタッカーの対決が実現するとみていいだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180903-00000017-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索