Samurai Goal

久保竜彦


スポンサード リンク





久保竜彦の“破天荒さと凄み”を生かせなかった日本の現実 戦友たちの証言で振り返る  

20191012-00010000-realspo-000-14-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/12(土) 17:46:50.27 ID:Gl68b/Ci9
「サッカー界の“宝石”久保」のストーリーだと聞くと現在誰もが久保建英をイメージするだろう。しかしこれから取り上げるのは2000年代を代表するストライカー“ドラゴン”久保竜彦である。破天荒で豪快。圧巻のバネと得点力。「宝石」とさえ呼ばれた特異な才能は、プロとしてどのように評価され、どのように評価されなかったのか。「単独で欧州や南米の守備陣を破壊しうる人材」。そんな彼を彷彿とさせる新たな日本を代表するストライカーの出現に期待しつつ、久保竜彦の“破天荒さ”と“凄み”を数々の証言を交えて振り返る。


(本記事は、9月20日に『REAL SPORTS』で掲載された記事に一部、加筆・修正を行って掲載しています)

「2002年? その時は地球が滅亡するらしいから」
久保竜彦を書くと決まった時、何から書き出すか、判断に迷った。彼のプレーの素晴らしさか、それとも破天荒な生活か。

ただ、もう久保竜彦の存在自体が歴史的なものでもある。なので、彼の名言の数々をまずはご紹介したい。古くからのサンフレッチェ広島サポーターや久保ファンの方々にはご承知だろうが、若いサッカーファンはご存知ないと思うので。

1996年、初めてのインタビュー。
「中学の時から、サッカーが楽しくなった。遠征とか、バスに乗っていくのが楽しいから」
サッカーのプレーそのものでは、ないんかい(苦笑)。

「高校の時、初めてサッカーの知識とか、教えてもらった。すごかった」
「何がすごかった?」
「よー、わからん」
……はい?

「レイソル? 黄色のユニフォームですかね?」
うーん……。

「最初に出たのは(清水)エスパルス戦だった。広島と違って、なんか、怖かった」
いやいや、怖いの意味がわからない。

当時は2002年FIFAワールドカップが日本で開催されるかどうかという話題でもちきりだったこともあり、その話を振ってみた。その答えが、
「2002年? その時は地球が滅亡するらしいから」
「えっ、どういうこと?」
「1999年に地球はなくなるんでしょ」
「……もしかして、ノストラダムスの大予言?」
「そうっす」
瞳はまったく笑っていなかった。あと4年で地球が滅亡するという予言に、おびえていた。なので、当時のある説を教えてあげた。「最近の研究では2012年らしいよ」
「そうなんですか! よかった」
当時は坊主頭ではなく、パーマがかかった髪を揺さぶるように、久保竜彦は笑った。

「試合に出始めているけれど、すごいなって思った選手は?」
その質問に、彼はずーっと、無言。必死で考えて、考えて。言葉のない時間が1分以上も続いたあとで、
「あんまり、知らないんです。カズ(三浦知良)さん、レオナルド、ストイコビッチ、ゴン(中山雅史)さん、くらいしか。あ、ジュビロの8番の人、上手いですね」
ブラジル代表主将のドゥンガのことを、彼は知らなかった。

1997年、レギュラーとして試合に出始めた頃。当時、ステージ優勝を争っていた横浜フリューゲルス戦で森保一がセザール・サンパイオと激突した。
「ポイチさんに何しとるんや」
森保を師と仰ぐ久保は、サンパイオに対して激怒。彼をピッチ上で追い回し、警告を受けた。
もちろん、褒められた行為ではない。しかし、久保の場合はどこか、ユーモラス。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00010000-realspo-socc
10/12(土) 13:10配信

https://www.youtube.com/watch?v=2wZy0X1SbX4


スーパーシュート~久保竜彦~

通用しない、もうダメやな……元日本代表・久保竜彦が引退を決めたあの瞬間  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/07/22(月) 01:14:41.02 ID:EQMoEvfZ9
住み始めて1年ながら、久保竜彦さんは、すっかり山口県の港町・室積に馴染んでいる。
ビーチサンダルで歩き回り、釣り糸をたらし、近くのイタリア料理屋で親しくなったシェフと言葉をかわす。
室積の人々がこのサッカー元日本代表を温かく迎え入れていることがよくわかる。」
漁船の脇に立てば、もう、何十年もこの土地で暮らす漁師にしか見えない……。
インタビュー最終回は、現役引退を決断したあのころと、これからの人生を語る。(全3回の3回目/#1と#2も公開中)

no title

山口・室積港にたたずむ久保さん 

将来は「なんも考えてなかった」
ーー現役時代の終盤、将来のイメージはどう描いていましたか。

久保 なんも考えてないですね。ケガを治すことしか考えてなかった。断食もそうだけど、気功にも連れていってもらったりして。
結局、足の指がしょぼかったから、腰も膝も傷めたというところに行き着いたんですけどね。
指から腰まで全部つながってますからね。
十何年かけてつくってきた自分の足の指がしょぼくて、耐えられなかったというか。裸足では遊んでいたほうなんですけど、骨が小さかったんでしょうね。

 父ちゃんに野球選手になりたいと言ったときも、ケツちっちゃい、アゴちっちゃい、お前は絶対に無理だって言われたから。まあ、それは当たってましたね。ケガが多かったし。でも、よくやったほうだと思うけど。

 だっけ、現役中にそんなに先のことは考えてなかった。行き当たりばったりやけ、ほぼ、いつも。サッカーではやりたくないことやらなかったし、行きたくないところ、嫌いなヤツのところは行かなかったし。

「もうサッカーはやめようと思っていたんです」
ーー引退はいつ決意されたのでしょう。

久保 横浜FCをクビになって(2007年末)、もうサッカーはやめようと思っていたんです。
でも、ひとりの先生にばったり会って、そこから2、3ヶ月その先生のところに籠もって、トレーニングしたら、ちょっとずつ痛みが改善してきた。
結局は、足の指なんですけど、ねじれというかゆがみがあって、ちゃんと指が機能していなかった。
指がちゃんと曲がらず、指の開け閉めができなかったんです。
それを先生が最初に無理矢理曲げて、もうむちゃくちゃぎゅっとやられて一時的に腫れてしまって……。

最初の頃は怖かったんですけど、それよりも、ちょっとでも、よくなればと思っていたし、実際、やると変わってくるんですね。
もう、やめようかと思っていたときやったけえ、信じて、もう現役が終わってもええし、みたいな感じでやったのがよかったんすよ。少しずつ正常な状態に戻っていったんです。

フォワードが引退を決意するとき

ーーそれで、また少し寿命が延びたんですね。

久保 そうすね、痛みがだんだんなくなって。でも、やっぱ、フォワードとして、点が取れなくなっていくんです。
キュキュっと抜いて、バンというのが、やっぱりなかなか出せなくなるんです。ときどきは出るんですよ。
うわ、これ、昔の感じや、というのが。練習とか試合でも出るんですけど、続かないんです。(相手を)抜けなくなる、抜いて勝負ができなくなってくる。それで、あ、もうダメやな、って。

1試合やってても、ワンプレーしか、ときどきしか、昔の感じは出なくなるんです。本当、持続性がないという感じで。持続性がなかったら、試合には出られないし。
1試合を通じて何回かいいプレーができれば次も使ったろうとなるけど、ワンプレーとかそういうのではね。

「やっぱ、抜けなかったっすね。通用しなかったです」

https://news.livedoor.com/article/detail/16807529/
2019年7月21日 18時0分 文春オンライン

no title

no title


https://www.youtube.com/watch?v=2wZy0X1SbX4


スーパーシュート~久保竜彦~

久保竜彦氏が衝撃告白 07年開幕戦の“ひょっとこダンス”は「カズさんの真似」  

1: 2018/11/16(金) 21:34:59.26 _USER9
元サッカー日本代表FWの久保竜彦氏(42)が16日、TBS系「キリンチャレンジカップ2018 日本×ベネズエラ」(後7・00)に副音声ゲストとして生出演。
2007年のJ1開幕戦で見せた謎のパフォーマンスの“真実”を明かした。

この日の副音声は極楽とんぼ・加藤浩次(49)がMCを担当。
久保氏の現役時代を回想し、横浜FC時代の07年J1開幕戦(対浦和 埼玉スタジアム)で決めた超ロングシュートを挙げた。

加藤から「あの時のことは覚えてますか?」と聞かれ、「なんとなく覚えてます」と答えた久保氏。
加藤が「とんでもないミドルの後の“ひょっとこダンス”」と伝説のパフォーマンスに触れると、
久保氏は「カズさんの真似して踊ったんですけど…」と衝撃の事実を明かした。

当時話題となった謎のパフォーマンスは、元日本代表FW三浦知良(51=横浜FC)の代名詞「カズダンス」だったことが判明。
11年の時を経て明らかになった新事実に、加藤は「カズダンスだったんですか!?全然カズダンスじゃないですよ!」と驚きを隠せない様子だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000156-spnannex-socc
11/16(金) 21:05配信

no title

http://www.golaco.club/uploads/article/image/1869/card_kubo.jpg
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/51/0000188351/99/imgef32a8cfzikezj.jpeg

https://www.youtube.com/watch?v=2wZy0X1SbX4


スーパーシュート~久保竜彦~

https://www.youtube.com/watch?v=oRSK6qSH2iA


カズダンス

久保竜彦氏 現役時代に嘘ついて代表辞退 理由はあの監督が「大っ嫌いだったから 

20181104-00000171-spnannex-000-7-view

元日本代表FW久保竜彦氏の娘、久保杏夏が全国小学生テニス選手権で優勝!、日本一に輝く!! 

1: 名無しさん 2016/07/30(土) 17:41:52.83 ID:CAP_USER9
優勝を飾った久保杏夏
no title

no title


全国から集まった小学生が日本一を競う第34回第一生命全国小学生テニス選手権大会(東京/相娯園総合グラウンドテニスコート、クレー)は大会最終日の30日、
女子シングルス決勝戦が行われ、第1シードの久保 杏夏(広島/広島市立古市小学校)が第2シードの古賀 彩花(千葉/野田市立みずき小学校)を6-2, 6-4のストレートで破り優勝を飾った。

決勝戦、久保は正確で鋭いショットを武器にリターンエースを狙うなどで圧倒し、第1セットを先取。
続く第2セットでは追い上げてきた古賀に苦戦するも、最後は振りきり勝利を手にした。

http://news.tennis365.net/news/today/201607/110764.html

現在小学6年生の久保は、元サッカー日本代表選手の久保竜彦氏の娘で、
5月に行われたDUNLOP SRIXON CUP全国選抜ジュニアテニス選手権大会では12歳以下の女子シングルスで見事優勝を飾った。
http://news.tennis365.net/news/today/201607/110760.html

ドラゴン久保竜彦「こないだ野生の鹿と喧嘩した。」「代表は最初行きたくなかった!トルシエ面倒くさいやつだし、先輩ばっかりで息苦しかった」 

744: 名無しさん 2016/06/13(月) 14:27:13.22 ID:vfm74Cnz0
玉乃淳×久保竜彦 対談
http://tamajun.net/382/
no title


玉乃 ぜひ、代表の時の話も教えて下さい。話せる範囲で。
久保 最初の時はあれよ、行きたくなかったね。
    まず、知らん人ばっかりやん。で、トルシエも面倒くさいやつだしさ。本当、むっちゃ面倒くさいんよ。
    しかも先輩ばっかりで、井原(正巳)さんとか、ゴンさん(中山雅史)とか、秋田(豊)さんとか、城(彰二)さんとか。息苦しかったのよ、飯の時とか。

玉乃 実際に海外に移籍する話も?
久保 ベルギーから来とるとか、イングランドの下のリーグから来とるとかあったよ。ロシアとか。でもロシア、寒いやん。

玉乃 現役時代に見せていたあの闘争心は、いまだ健在ですか?
久保 こないだ鹿と喧嘩した。本物の野生やけん。奈良の弱いやつじゃないんよ。ピョンピョンしとるやつよ。すごいんじゃけん、グアーとかっていって。鹿、やばい。
    強いよ、野生は。本当の強さっていうのはやっぱり山よ、山。

玉乃 野生の鹿と喧嘩したこと以外で、熱くなったりするものとか、目標や夢とかってあるんですか?

必見!!全文はリンク先へ
http://tamajun.net/382/
http://tamajun.net/382/2/
http://tamajun.net/382/3/

日本代表史上最高のFWはやっぱり… 

1: 名無しさん 2016/05/15(日) 19:21:09.330 ID:+xuwk3S50
久保竜彦なんだよな
岡崎は2番目だ

釜本は100位くらいだろはよ死ね

no title

元日本代表FW久保竜彦の最強FW論「無心になれるかコントロールできる選手」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/12/19(金) 17:08:22.31 ID:???0.net
元日本代表FWの久保竜彦氏が、自身の考える最強のFW論を明かした。

久保氏は、サッカークラブ育成ゲーム『BARCODE FOOTBALLER(バーコードフットボーラー)』のプロデューサーを務める阿部淳氏との対談の中で、
現役時代に心がけていたプレーについて言及。「瞬間的に相手の逆をつくことが、シュートまで持ち込む最善の方法だと思っていた」と語り、
「自分自身が圧倒的に速いわけでもなかったので、自分の能力の中でやれることは、何とか相手の逆を突くことだった」と明かした。

久保氏は、横浜F・マリノスに在籍していた2003年のセカンドステージ最終節で、試合終了間際にヘディングシュートで決勝ゴールを記録。
クラブ初のJ1年間完全優勝に導いていた。

当時のプレーを、「無心になって、何も考えていなかった」と振り返る久保氏。
「プレー中に無心になれるときは時々あったが、一番大事なところで無心になれるかどうかはコントロールできず、自分の場合はたまたま」と語るとともに、
「そこをコントロールできる選手がスーパースターなのかなと思う」と自身の考えを続けた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141219-00259706-soccerk-socc
no title

ドラゴン久保への質問「キャバクラ7のことについて教えてください」の久保の回答wwwwwwwww 

320: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2014/11/08(土) 16:47:06.68 ID:8G6Uxtux0.net
B15jY8ICMAA7pv2


【画像】ドラゴン久保の娘が小顔でかわいいwww 

152: U-名無しさん@実況はサッカーch 2013/11/17(日) 22:06:44.03 ID:6S0FDtiH0
久保の娘のチームがチャレンジリーグに昇格らしいから
世田谷区とかに遠征してくることになるね。
no title

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索