Samurai Goal

久保建英


スポンサード リンク





「なぜこの選手が控えなのか理解できない」久保建英のクオリティに南米メディアも驚き!23試合0得点0アシスト 

スクリーンショット 2021-03-12 6.26.02




1: 2021/03/11(木) 09:19:57.16 _USER9
「ロープ際まで追い詰めた」

「日本の久保の投入がヘタフェを活性化」とレポート

バジャドリー戦で後半頭からピッチに立ち、攻撃を活性化した久保。(C)Getty Images

 3月6日に開催されたラ・リーガ第26節のバジャドリー戦で、久保建英は5試合連続のベンチスタートとなった。

 出番がやってきたのは、1-2と1点ビハインドで迎えた後半頭からだった。4-4-2の右サイドハーフに入ると、決定機を作り出す。

 まずは61分に、右サイドから持ち込んでDFの股を抜く技ありのシュート。これはGKの好セーブに防がれたものの、その7分後にもゴール正面でマーカーを引き付けて左サイドでフリーになっていたカルレス・アレニャにパスを出し、絶好機を創出した。

 スペイン全国紙の『MARCA』が「久保とクチョ・エルナンデスが、(出番を与えない)ボルダラス監督の犠牲になっている」と指摘したように、45分間の出場ではもったいないぐらいにそのパフォーマンスは際立っていた。


 そのクチョの母国コロンビアのラジオ局『RADIO COLUMBIA』も、マッチレポートの中で日本代表MFのプレーを絶賛している。

「ハーフタイム明け、日本の久保建英の投入はヘタフェを再び活性化し、セルヒオ・ゴンサレス監督のチームをロープ際まで追い詰めた。久保のようなクオリティの選手を控えにするのは理解できない。しかし、それだけでは不十分で、ヘタフェはバリャドリーに窒息させられた」

 惜しくも同点ゴールを演出することはできなかった。だが、南米のメディアから見ても、この両チームの中で、久保の質の高さは特筆ものだったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/b009cae6deec081938682aac2fdec1df82712bc6
3/9(火) 5:18配信

https://www.youtube.com/watch?v=ijVTAzclyUE

ジョーカー久保建英、劇的に流れを変え、あわやゴールというシーンも!バジャドリ戦...タッチ集..

久保建英、ベンチ5試合目で最長プレーも決定機決め切れず…ヘタフェが残留争いのライバルに痛い敗戦 

スクリーンショット 2021-03-06 6.54.22




1: 2021/03/07(日) 00:57:38.68 _USER9
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?325660-325660-fl
[3.6 ラ・リーガ第26節 バリャドリー2-1ヘタフェ]

 ラ・リーガは6日、第26節を各地で行い、MF久保建英所属のヘタフェはバリャドリーに1-2で敗れた。
久保は後半45分間のプレータイムを与えられたが、決定機で放ったシュートが相手GKの好守に阻まれるなど、得点に絡むことはできず。互いに残留を争う両チームの勝ち点差は2に縮まった。

 久保は5試合連続のベンチスタート。この日は左サイドの主力を担ってきたMFマルク・ククレジャが出場停止となったが、
同じく今冬加入も控えが続いていたMFカルレス・アレニャに出番が与えられた。

 先手を取ったのはホームのバリャドリー。前半14分、右サイドを攻め上がったFWセルジ・グアルディオラが左足のキックで対角線にロングフィードを送ると、
ペナルティエリア左に走り込んだMFファビアン・オレジャーナが頭で折り返し、MFオスカル・プラーノがワンタッチで押し込んだ。

 さらにバリャドリーは前半24分、DFルーカス・オザラとのワンツーで抜け出したオレジャーナがクロスを送ると、GKダビド・ソリアが弾いたボールをFWション・バイスマンが押し込んで追加点。
ヘタフェも同37分、アランバーリのパスを受けたFWハイメ・マタが決めて1点を返したが、ビハインドでハーフタイムを迎えた。

 すると後半開始時、ホセ・ボルダラス監督はDFダミアン・スアレスに代わって久保を投入。
ベンチスタート5試合目で最長のプレータイムを与えられた。もっとも、内容はそれでも改善せず、同9分にはアフタータックルを行った久保にイエローカードが提示された。

 だが、後半16分、ようやく久保にビッグチャンス。
右サイドの崩しに参加し、MFマウロ・アランバーリからのスルーパスをペナルティエリア右で受けると、うまくボールを左側に置いてシュートを狙った。
だが、相手の足に当たったボールは軌道を変えてゴールに向かうも、GKロベルト・ヒメネスがビッグセーブ。移籍後初ゴールはまたしてもお預けとなった。

 久保は後半24分、中央に絞ってフリーでボールを受け、自身もシュートを打てる位置からラストパスをペナルティエリア内に送ったが、
フリーになっていたアレニャのシュートは相手に当たって枠外。

次々に決定機を逃したヘタフェは終了間際にJ・マタが一発退場処分を下されるアクシデントもあり、1-2で敗れた。

久保建英を地元紙酷評「ビリャレアルでもヘタフェでも地位確立できない…奇妙な事件の一つだ」 

スクリーンショット 2021-03-06 6.54.22




1: 2021/03/05(金) 22:18:15.39 _USER9
スペイン1部ヘタフェの日本代表MF久保建英(19)に地元紙が厳しい評価を下している。

 スペイン紙「マルカ」は、同1部レアル・マドリードから他クラブにレンタルされている9選手について紹介。イタリア1部ACミランでプレーするブラヒム・ディアス(21)について「26試合で4ゴール、3アシストという驚くべき数字を誇っている。理論的には夏に戻ってくるだろう」と高評価を下した一方で、久保に対しては辛辣な言葉を並べている。

 同紙は「奇妙な事件の一つだ」と小見出しをつけ「昨季はマジョルカでローン生活、今季は2度のローン生活を送っている。しかし、ビリャレアルでもヘタフェでも地位を確立することができなかった」と指摘した。 

 その上で「(ビリャレアルの)ウナイ・エメリ監督(49)は、久保を欧州リーグ(EL)に起用したが、リーグ戦では久保のことを忘れていた。また、久保が4試合に出場せずに連勝したことで、ヘタフェでの新たな運命を模索するようになった」と分析した。

 さらに「(ヘタフェ)のホセ・ボルダラス監督(57)は久保を4試合連続(19節~22節)で先発出場させたが、直近2試合の出場時間はわずか14分にとどまっている。シーズン中の1ゴール、3アシストはすべてビリャレアルでマークしたものだ」と伝えた。

 ここまで苦しいシーズンとなっている久保。周囲の悪評を跳ね返し、意地を見せることはできるのか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/de8db0d053c9fc97e296d1a353e0a1d213dbbfc8
3/5(金) 21:46配信

ヘタフェ久保建英、1カ月ぶり先発復帰も 主力選手の出場停止で可能性が浮上 

1: 2021/03/03(水) 19:17:38.97 _USER9
3/3(水) 19:07
デイリースポーツ

ヘタフェ久保建英、1カ月ぶり先発復帰も 主力選手の出場停止で可能性が浮上
スタメン復帰の可能性が浮上した久保建英
 「スペイン1部リーグ、バリャドリード-ヘタフェ」(6日、バリャドリード)

 サッカーのスペイン1部リーグ、ヘタフェの日本代表MF久保建英が4試合ぶりに先発復帰する可能性が浮上した。スペインのアス紙など3日までに伝えている。実際に先発出場すれば、2月6日のセビリア戦以来およそ1カ月ぶり。

 これまでリーグ全試合に出場し、チーム最多の出場時間を誇るMFククレージャが出場停止。同選手は主に左サイドアタッカーとして起用されており、攻撃力を重視する場合は久保の起用が考えられるという。

 他にMFアレニャ、MFティモール、FWクチョ・エルナンデスの出場が考えられるが、同紙は「誰もククレージャと同じ活躍は提供していない」と分析。久保に出場機会が与えられれば、不動の主力選手と同等の活躍が期待されることになる。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/0070a5f9ceb7183efcc76f6284c2a04d97951bcc

久保建英は終盤85分から出場。ヘタフェ、数的優位も味方に快勝。連敗を4で止める 

スクリーンショット 2021-02-28 12.01.09




1: 2021/02/28(日) 07:06:07.58 _USER9
【ヘタフェ 3-0 バレンシア ラ・リーガ第25節】

 ラ・リーガ第25節のヘタフェ対バレンシアが現地時間27日に行われた。試合は3-0でホームのヘタフェが勝利した。ヘタフェの久保建英はベンチスタートとなり、85分から途中出場している。

13位バレンシアと勝ち点3差で15位のヘタフェの下位対決。先制したのは4連敗中のヘタフェだった。39分、アランバリが右足のロングシュートを狙うと、アウトにかかったシュートがゴール右隅に決まってリードを奪った。


 後半に入ってヘタフェがさらに勝利に近づいていく。51分、バレンシアは最終ラインのディアカビがハイプレスで追い詰められると、バックパスをしようとした足でマクシモビッチを蹴ってしまい、決定機阻止でレッドカード。ヘタフェが数的優位となる。

 すると55分、ヘタフェはGKのロングパントからチャンスをつくり、ハイメ・マタが決めてリードを2点に広げた。

 2点リードで数的優位ということで、久保の出番もやや遅め。この日は85分からピッチに立った。

 ヘタフェは87分、久保と同じタイミングで投入されたアレニャがゴールを決めて勝負あり。90分の久保のシュートはGKに阻まれて惜しくも続くことはできなかったが、ヘタフェは3-0でバレンシアを下し、連敗を4でストップしている。

【得点者】
39分 1-0 アランバリ(ヘタフェ)
55分 2-0 ハイメ・マタ(ヘタフェ)
87分 3-0 アレニャ(ヘタフェ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/5a682e90f9c76be421ab0bf935be8b90a5c8f273
2/28(日) 6:55配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20115138
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/67
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/67
得点ランキング

低調の久保建英が地元メディアからバッサリ「首なし鶏だ」 

1: 2021/02/25(木) 14:09:08.36 _USER9 BE:156619729-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
2/25(木) 13:08
東スポWeb

低調の久保建英が地元メディアからバッサリ「首なし鶏だ」
ヘタフェで苦境に立たされる久保(左)(ロイター)
 スペイン1部ヘタフェの日本代表MF久保建英(19)の弱点を現地メディアが「首なし鶏」と形容して酷評している。

 ヘタフェでも控え要員となった久保は徐々に出場時間が減っており、窮地に立たされている。そうした中、スペインメディア「ニルスロ」が久保の課題を分析した。

「彼は熟練した選手だが、現在のサッカーで大きな問題を抱えている。それは〝体力〟が不足していることだ。DFは彼を少し強くチャージするだけで、日本人選手がボールを失うことに気づいた。重心が非常に低いがっしりしたお尻の選手なら重心を下げたときにボールを失うことは事実上不可能だがそうではない。(元スペイン代表の)シャビや(MFルカ・)モドリッチ(35=レアル・マドリード)でないかぎり、多くの苦しみを味わうことになる」とフィジカルやスタミナ面の弱さを指摘した。

 また「体力の欠如が彼を圧迫するだけでなく、戦術的なクオリティーの欠如により、彼は試合全体で〝首なし鶏〟のようにバタバタ走ってすぐに疲れ果ててしまう。試合が進行するにつれて、たとえば彼がサイドをカバーする際に遅れる傾向があり、守備にも影響を与えてしまう」と同メディア。試合の中で効果的に走ることができず、無駄に体力だけ消耗する弱点を独特の表現で断罪した。
 そうした課題が一向に完全されないことから「彼のチームはそうした面が多く見られることに気づいた。こういったことから、(ホセ・)ボルダラス監督や(前所属ビリャレアルの)エメリ監督のような非常に戦術を重視する指揮官は彼をあまり起用しなくなる」と切り捨てた。

 次戦27日のバレンシア戦では、改善の兆しが見えるプレーを期待したいところだ。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/6e7f8176222739c6965e59e89d959d6a448e985f

「エメリは正しかったのか?」”原点回帰”のヘタフェで出番失う久保建英を現地酷評「問題はビジャレアルではなかった」 

スクリーンショット 2021-02-24 22.22.03




1: 2021/02/24(水) 21:22:58.29 _USER9
久保建英がビジャレアルからヘタフェにレンタル先を移し、練習なしでラ・リーガ第18節のエルチェ戦に出場して勝利に大貢献してから約1か月半。最高の新天地スタートを切った彼は、しかしウエスカ戦を最後に、その後はひたすら下降線を辿ることを余儀なくされている。

22節レアル・マドリー戦からスタメンを外れた久保。23節ソシエダ戦では途中出場から攻撃を活性化させたものの、ホセ・ボルダラス監督の“原点回帰”を翻意させることはできず、続く24節ベティス戦では、わずか8分間とプレー時間を削られることとなった。

 次戦のバレンシア戦(27日)でも指揮官の守備的姿勢は変わらず、久保は加入時にベンチへ追いやったはずのアラン・ニョムのバックアッパーとして、ベンチで出番を待つことを余儀なくされると、多くの現地メディアが予想している。

 彼らは「久保効果は薄れた」「主役から脇役へ」などといった表現で凋落ぶりを強調しているが、それは収まることなく、スポーツ『AS』は久保を、同時加入のカルレス・アレニャとともに「才能ある2人の選手は最初の犠牲者になった」と報道。「1か月前にファンを興奮させた攻撃的な『プランB』は一時的なもので、これまで以上に守備的となった今では、その痕跡もない」と綴っている。

 堅実な4-4-2にフォーメーションを固定していたボルダラス監督は自ら獲得を望んだ久保とアレニャの加入によって4-2-3-1の新機軸を導入したものの、20節アスレティック・ビルバオ戦で1-5の大敗を喫したのを機に守備を見直して5-4-1に変更。そして結局は元の4-4-2に戻った。こうした経緯を紹介した『VAVEL』は、久保ら新加入組については、最も重要なゴールを生み出していないことが現状に繋がっていると見ている。

 他にも、厳しい見出しが各メディアに並んでおり、『MUNDO DEPORTIVO』は「久保はヘタフェでもフィットしない」、『FOOTBALL ESPANA』は「(ウナイ・)エメリは正しかったのか?」、『EL GOL DIGITAL』は「久保の問題はエメリやビジャレアルではなかった」……そして『El Desmarque』は「久保にとっては3人目のスーツ組」と題し、今季の久保が、ジネディーヌ・ジダン、エメリ、ボルダラスの監督3人から“構想外”にされたと指摘した。

 現地でも厳しい見方をされている久保。この状況について、チームメイトのFWハイメ・マタは「久保は非常にメディアの注目を集める選手であり、このとても魅力的な少年は厳しい状況に置かれている」と同情を示すとともに、「彼は特別な選手のひとりだ」と高く評価している(『EL ESPANOL』より)。

 ビジャレアルでの限定的な出場機会に不満を示してヘタフェに久保を“預けた”レアル・マドリーもこの現状を憂慮しているといわれるが、残りシーズンに関しては久保が自らの力で困難を克服していくしか手はない。指揮官の去就問題も注目される中で、光明はどのような形で彼を照らすのだろうか。

2/24(水) 19:52
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210224-00010007-thedigest-socc

久保建英が〝原因〟? ヘタフェのボルダラス監督が解任危機 

スクリーンショット 2021-02-23 22.35.28




1: 2021/02/23(火) 21:34:50.27 _USER9
スペインメディア「デフェンサセントラル」は解任危機に追い込まれている同国1部ヘタフェのホセ・ボルダラス監督(56)について、所属する日本代表MF久保建英(19)が〝原因〟と報じた。

同メディアは「ヘタフェでボルダラスの別れの可能性の犯人である久保の署名」と題し「スペインのコーチは危機にひんしており、その理由の一つは、若い才能を求めて彼に議決権を与えたことだ」とし、
ビリャレアルで出番を失っていた久保の獲得を推進したことが、結果として自らの首を絞める結果になったと伝えている。

ボルダラス監督の強い要請を受けた久保は、1月にヘタフェに加入し、8試合に出場も直近3試合はベンチスタート。
しかも、その間の成績は2勝1分け5敗とチームは大きく低迷。指揮官の解任が叫ばれている。その原因が久保であり、
同時期に同1部バルセロナから加入したMFカルレス・アレニャ(23)も「同じこと」という。

現在ヘタフェは勝ち点24の15位で降格圏となる18位エルチェとの勝ち点差はわずかに「3」。同メディアによると、クラブ側はボルダラス監督を解任した場合、
約300万ユーロ(約3億8000万円)の費用がかかるとあって、決断に慎重になっており、次のバレンシア戦(27日)が大きなターニングポイントになるという。

 スペイン1部リーグは残り14試合。久保獲得で上位進出を狙った指揮官だったが、現時点では完全に失敗だったといえそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/aef9e38e2cd5ae06acd286dd164c49bfd14c68a9

「日本の天才の成長が止まった」燻る久保建英の現状に懸念が拡大「ドリブルだけでは戦術的に 

スクリーンショット 2021-02-23 7.07.16




1: 2021/02/23(火) 06:04:55.38 _USER9
久保の欠点として挙げたのは

現地時間2月19日に行なわれたラ・リーガ第24節のベティス戦で、ヘタフェの久保建英は3試合連続のベンチスタートとなった。81分にようやく投入され、短い時間で何とか局面を打開しようと試みたものの、決定的な役割は果たせなかった。

チームも終盤のPKによる失点で0-1と敗れ、泥沼の4連敗(6戦勝ちなし)となっている。

 移籍後初戦となったエルチェ戦で2点に絡むなど、加入して最初の2試合では輝きを放った久保だが、その後はチームの低迷とともに存在感が低下。従来の守備的な戦術に回帰したこともあり、序列が下がってしまった。

 19歳のこうした状況に注視しているのは、スペインや日本のメディアだけではないようだ。アフリカに関する情報を中心に発信している『Afrique Sports』は2月22日、久保のリーガでのここまでの歩みと現状をレポートしている。


 
 記事は「2019年8月にレアル・マドリーからマジョルカにレンタルされた“日本のメッシ”は、降格を回避することができなかった。ここから状況は一変した」と綴り、こう続けている。

「今シーズンはビジャレアルへレンタルされたが、ウナイ・エメリ監督の下で290分しかプレーできなかったため、出場時間を求めて冬の移籍市場でヘタフェへローンされた。ただ、結局同じことだった。若き日本の天才は期待通りに機能していない。スペインの巨人(マドリー)の上層部は、本当に心配し始めている状況だ」

 さらに、「クボはもう成長していない」とし、ラ・マシア(バルセロナの下部組織の総称)時代にともにプレーしていたアンス・ファティとの比較を展開。18歳のスペイン代表FWを「シーズンの初めに怪我をするまでは、ロナルド・クーマンのシステムの中心的存在だった」と紹介した一方で、久保に対しては厳しい評価を下している。

「タケのクオリティはドリブルに限定されており、戦術的な規律を見せられていない。もう一つの欠点は、日本のクラッキは守備的な義務を果たしておらず、1対1では弱すぎると考えられている。エメリやホセ・ボルダラス(ヘタフェ指揮官)は、彼抜きで守備をやらなければならない」

 記事は最後に、「もう“ジャパニーズ・メッシ”は彼の愛称に値しないのか?」と問いかけている。

 “日本の至宝”がこの壁をどう乗り越えるのか。世界が注目している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

2/23(火) 5:18
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210223-00086605-sdigestw-socc

久保建英ついに…レアル〝放出リスト〟入り チーム再建計画の構想外か 

スクリーンショット 2021-02-21 21.10.21


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索