Samurai Goal

久保建英


スポンサード リンク





久保建英、天才メッシと並ぶ驚愕データ! スペイン「ドリブル成功数」で1位タイ 

1: 2020/05/31(日) 12:45:19.20
スペイン紙が「国内最高のドリブラートップ20」に注目、久保がメッシと比肩
 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、名門ACミラン移籍が浮上するなど去就が注目を集めている。
その一方、18歳の日本人アタッカーは今季、天才FWリオネル・メッシ(バルセロナ)と並ぶ驚異のデータを残しているようだ。
「国内最高のドリブラートップ20」でトップタイに立っている。スペイン紙「Estadio Deportivo」が伝えた。

2019年夏にFC東京から名門レアル・マドリードに完全移籍した久保は、シーズン開幕直後にマジョルカへの1年間のレンタル移籍が決定。
昨年11月10日のリーガ・エスパニョーラ第13節ビジャレアル戦(3-1)でスペイン初ゴールを挙げ、今では主力としてフル稼働している。

現在、レアル・ソシエダ、ベティス、パリ・サンジェルマン(PSG)、そしてミランなどが久保の来季レンタル先として浮上。
18歳のアタッカーを巡る移籍報道が日々過熱の一途を辿っている。

 そんななか、驚くべきデータを取り上げたのがスペイン紙「Estadio Deportivo」だ。記事では、セビージャのアルゼンチン代表MFルーカス・オカンポス、
ベティスのフランス代表MFナビル・フェキルを中心に取り上げているなか、
データサイト「Alebia Analytics」が作成した「国内最高のドリブラートップ20」に着目。そのなかで、メッシと久保に触れている。

「Alebia Analyticsのデータによると、ラ・リーガでセビージャ(ルーカス・オカンポス)とベティス(ナビル・フェキル)の選手を上回るのは、
リオネル・メッシ(バルセロナ)と久保建英(マジョルカ)の2選手のみで、1試合(90分あたり)のドリブル成功数は5.4回だ」

全文はソースで
https://www.football-zone.net/archives/264534
no title

「驚いた」 久保建英の衝撃、元韓国代表・主将MFが吐露「あんな上手いのに…」 

20200530-00264392-soccermzw-000-5-view

久保建英が本田圭佑に続く可能性。イタリア名門ミランが獲得に乗り出す? 

20200530-00375573-footballc-000-1-view




1: 2020/05/30(土) 05:09:10.75
イタリアの名門ミランが、日本代表MF久保建英の獲得に興味を持っているという。現地時間29日、イタリア『トゥットメルカートウェブ』が『TF20』の報道をもとに伝えている。

レアル・マドリードからマジョルカにレンタルで加入している久保は、来季の所属クラブが不透明な状況。レアル・マドリードから再びレンタルに出される可能性も伝えられている。

そこで、ミランが日本の若き才能に注目しているのかもしれない。レアル・マドリードにレンタルでの獲得を打診したとされている。

ミランは現在、ラルフ・ラングニック氏の監督就任が濃厚で、新体制でチームの若返りを目指すと言われている。そのため、多くの若手有望株が補強リストに挙がっているのではないかと噂されているところだ。

ミランは昨年夏にレアル・マドリードから獲得したDFテオ・エルナンデスが大当たりだったこともあり、“白い巨人”からの補強に良いイメージを持っているかもしれない。

2014年から17年にかけて本田圭佑が所属したミラン。再び日本のスターを迎えることになるのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c405ccf4792c72818c351fd73923afd3b1b13901
5/30(土) 4:51配信

久保建英、メッシらスター選手と共演! スペイン紙「表紙」ショットに反響「クール」 

20200524-00263585-soccermzw-000-1-view

「クボを巡って4チームが争奪戦」久保建英の来季去就をスペイン・メディアがレポート 

20200524-00073653-sdigestw-000-7-view

久保建英、来季レアルから再レンタルへ。ソシエダとベティスが有力候補? 

20200524-00374899-footballc-000-1-view




1: 2020/05/24(日) 20:00:56.02
レアル・マドリードからのレンタルでマジョルカに在籍している日本代表MF久保建英は、来季はレアル・ソシエダあるいはベティスへレンタルされることが現時点では有力とみられている。スペイン紙『ラ・ラソン』が24日付で伝えた。

リーガ1部での出場機会を求めてレンタルされたマジョルカでのプレーで上々の評価を得ている久保。だが外国人枠などの問題もあって来季のマドリーでプレーするのは困難と予想され、再び他クラブへレンタルされることが濃厚視されている。

現時点で最も有力なレンタル先と現地紙が予想しているのはレアル・ソシエダ。マドリーは現在ソシエダにレンタルしているノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールを呼び戻したいと考え、その交換条件として久保のレンタルを提案しているという。

ソシエダも久保を迎え入れることには乗り気だが、一方でウーデゴーをチームに残したいという考えも強いとみられる。ソシエダとの間で合意が得られない場合、ベティスが次の選択肢になるとの見通し。ベティスはすでにマドリーに久保獲得の打診を行っていると伝えられている。

また、他にも久保の獲得に関心を抱いているクラブとしてパリ・サンジェルマン(PSG)の名前も挙げられている。スペイン『デフェンサ・セントラル』は、移籍金2000~2500万ユーロ(約23~29億円)での完全移籍を希望するPSGと、
1部残留を果たした場合には再レンタルを希望すると予想されるマジョルカも含め、4クラブが久保の獲得を争うとの予測を伝えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200524-00374899-footballc-socc
5/24(日) 13:49配信

スペイン紙「誰もが言葉を失った」久保建英のライバル19歳FW、隔離生活明けの大変身に周囲が驚き 

20200523-43480448-gekisaka-000-3-view

久保建英の名前も!パリSGがエムバペのトレード要員3人をマドリーに要望か?「クボは真珠」 

20200522-00073572-sdigestw-000-5-view

久保建英がスペインに渡る20年前。 アトレティコと契約した日本人少年がいた 

1: 2020/05/21(木) 12:32:54.22
リーガに挑んだ日本人(4)

2000年前後は、ヨーロッパが日本人サッカー選手を受け入れ始めた時代だった。欧州のクラブにとって、年齢が若ければ若いほど選手を"転売"して稼ぐことができる。青田買いも始まっていた。

1999年には、玉乃淳が15歳で、リーガ・エスパニョーラのトップ3の一角、アトレティコ・マドリードの下部組織に入団している。

きっかけは、「1999年ナイキ・プレミアカップ」だった。東京ヴェルディジュニアユースの一員だった玉乃は、バルセロナで行なわれたこの大会で、レアル・マドリードのジュニアユースと一戦を交えている。
カンプ・ノウの横にあったミニ・エスタディで、5000人近い観衆の声援を受けた。地元の人々にとって、宿敵マドリードと戦うチームの玉乃は"味方"だったのだ。

玉乃はレアル・マドリードの選手たちをあざ笑うようなドリブルを見せた。東洋人を見下していたディフェンダーが、勝手の違いに慌てふためく姿がたまらなかった。
アディショナルタイムには、わざとボールをキープし、力の違いを見せつけた。スタンドが地響きを起こすように湧きかえり、玉乃のアドレナリンで気分はハイになった。

「スペインは試合が盛り上がるし、"ここでやりたい"と思いました」

玉乃はそう振り返っている。

この試合で、彼はいくつかのオファーを受けた。そして、環境のよさそうなアトレティコとの契約を決めている。久保建英(マジョルカ)がバルセロナに見初められたように、そのプレーが認められたのだ。

玉乃は1年目から、攻撃の中心としてプレーした。8得点11アシスト。その後、欧州最高のストライカーのひとりになったフェルナンド・トーレスと2トップを組んだ試合もある。

「ジュン(玉乃)のことを忘れるはずがないよ! トーレスはユースやトップに召集されることが多かったから、僕がジュンと2トップを組んでいたのさ。あいつのアシストでたくさん点を取った」

当時のメンバーで、スペイン代表にもなったFWマヌ・デル・モラルはそう証言していた。1984、85年生まれの選手で構成されたチームは、無敵の強さを誇ったという。
招待大会は連戦連勝で、中田英寿がローマにいた時代のユースに5-0で勝ったこともあった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200521-00894310-sportiva-socc
5/21(木) 6:20配信

no title

no title

no title

no title

<久保建英>「ガチムチ姿」に進化!“なんだかゴツくなった” 

1: 2020/05/20(水) 19:00:36.30
昨夏レアル・マドリーからの期限付きでマジョルカに加入した日本代表MF久保建英。

チームは先日、新型コロナウイルスによる中断からおよそ2か月ぶりに全体練習を再開させたが、そこには“なんだかゴツくなった”久保の姿があった。

19日に公開された映像では、さらにそれがよく分かるぞ!


動画を見たい場合はここをタップ!
他の選手と並ぶと分かりやすい!
https://qoly.jp/2020/05/19/mallorca-kubo-takefusa-training-0519-hys-1?utm_source=qoly_rss_click_eplayer_1&utm_medium=livedoor

久保はこの日からグループ練習に加わったが、骨格の優れた白人選手に比べても上半身、特に肩回りががっちり。動画2分頃からの悠然と歩く姿も、もう“ガチムチ”のような雰囲気だ。

以前から体幹の強さには定評のあった久保だが、体型自体はわりとスリムだった。

こちらは昨年9月に行われたバレンシア戦での久保。もちろん映り方もあるが、今よりは華奢である。

2020年5月19日 22時20分
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18285071/

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索