Samurai Goal

中田英寿


スポンサード リンク





プレミアリーグ歴代最高の日本人選手は?世界各国のNo.1を英メディア特集!「香川と中田のほうが…」   

1: Egg ★ 2019/11/26(火) 22:42:15.05 ID:Czs7SoBe9
レスター奇跡の優勝に貢献した岡崎が選出 「常にたゆみないハードワーク」
no title


プレミアリーグは現在、世界最高峰のリーグとして絶大な人気を誇っているが、英メディア「GIVE ME SPORT」は「世界各国のプレミアリーグ歴代最高プレーヤー」と特集を組み、日本から昨季までレスター・シティに所属していたFW岡崎慎司(現ウエスカ)が選出されている。

【動画】「彼の表情がゴールをより良いものにした」 岡崎がレスター時代にCLで決めた“豪快ダイレクト弾”
https://www.football-zone.net/archives/230850/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=231218_6

 放映権の高騰化などにより、近年プレミアは莫大な資金力を誇っていることもあり、熾烈な上位争いを繰り広げる“ビッグ6”から中堅クラブまで、数多くのワールドクラスを擁している。同メディアは、これまでプレミアに在籍した世界各国の歴代ベストプレーヤーを選出している。

 フランスからはアーセナルで活躍したFWティエリ・アンリ(現モントリオール監督)、ベルギーからはチェルシーで活躍したMFエデン・アザール(現レアル・マドリード)、イングランドからはFWウェイン・ルーニー(現ダービー・カウンティ)ら世界トッププレーヤーが選ばれているなか、日本からは岡崎が抜擢されている。

「才能という面では、岡崎よりも香川真司や中田英寿のほうが優れている。しかし、このストライカーは常にたゆみないハードワークを示し続け、忘れ難い優勝のシーズンに重要な5ゴールを決めている」

 記事では、マンチェスター・ユナイテッドでプレーしたMF香川真司(現サラゴサ)、ボルトンでプレーしたMF中田英寿氏らが能力値としては高いことを指摘しながらも、岡崎の献身的な働きがレスターの“奇跡の優勝”に不可欠だったとして、日本を代表するプレミア戦士に指名されたようだ。

11/26(火) 19:26 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191126-00231218-soccermzw-socc

<中田英寿>インスタに続き!公式YouTubeチャンネル「Hidetoshi Nakata Official」を開設!  

1: Egg ★ 2019/11/05(火) 19:32:39.00 ID:KuelHa3h9
かつて日本代表でも活躍した中田英寿が5日、自身の公式YouTubeチャンネル「Hidetoshi Nakata Official」を開設した。

YouTubeチャンネルの運営は、中田を現役時代からサポートしている株式会社サニーサイドアップのグループと、シンガポールに本社を置くAnyMind Groupが2019年8月に共同で設立した新会社、株式会社 AnyUpが行うとのこと。全世界に向けてコンテンツ配信を行うとのことだ。

公式YouTubeチャンネルは全て英語対応となっており、これまで語られることの少なかった現役時代のエピソードなど、まさに中田英寿の“すべて”を発信するプラットフォームになるとのことだ。

第一弾配信コンテンツは、「~中田英寿 20 年目の旅セリエ A 在籍 5 クラブを訪れて~」とのことで、中田英寿がペルージャ移籍以降に在籍した5クラブ5都市すべてを巡るサッカー紀行番組コンテンツ。海外挑戦のはじまり“ペルージャ”トッティとポジションを争った栄光の“ローマ”などそれぞれのスタジアムを訪れ、今だからこそ語れるエピソードを交えながら当時の選手生活を振り返り、当時は気づくことのなかった街の魅力を再発見しイタリアとセリエAの変遷を伝える。

先日は自身の公式インスタグラムアカウント(hidetoshinakata.official)を設立した中田英寿。これまで語られること、見ることの無かった一面が楽しめそうだ。

11/5(火) 16:32配信 超ワールドサッカー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00363960-usoccer-socc

写真no title

中田英寿、中村俊輔、本田圭佑…。久保建英が過去の代表スターを超える可能性は? 

20190904-00063708-sdigestw-000-3-view[1]

中田英寿、新事業!YouTube番組&公式インスタで日本の魅力を発信  

1: Egg ★ 2019/08/20(火) 18:12:26.09 ID:TQs/HXrC9
テクノロジーソリューションカンパニーのAnyMind Groupと、株式会社サニーサイドアップの子会社である株式会社サニーサイドアップパートナーズは、
共同して新会社「
AnyUp」を設立したことを20日に発表した。同社のクリエイティブ・ディレクターには元サッカー日本代表の中田英寿氏が就任する。

新会社「AnyUp」は、インフルエンサーマーケティング事業およびクリエイターサポート事業の2つを主な事業とする。

アジア圏においてYouTuberなどの大規模なインフルエンサーネットワークを有するAnyMind Groupと、
中田氏のマネジメントを始めとしてコンテンツ発掘力やPR力を発揮してきたサニーサイドアップのノウハウを合わせ、新事業を展開していくとのことだ。

インフルエンサーマーケティング事業においては、ネットワークを活用して企業・団体のPR&プロモーションをサポートするサービスを提供。
クリエイターサポート事業においては、アジア全域のタレントやアスリートなど著名人のYouTubeチャンネル開設・運営を支援するサービスなどを行う。

クリエイティブ・ディレクターに就任する中田氏は、新会社設立を飾るプロジェクトとして、自身の監修するYouTube番組で日本の魅力をアジア圏および全世界に向けて発信。
また自身初の公式インスタグラムも開設し、「日本というコンテンツ」に関して同氏の目線で情報発信を行う。

中田氏自身が監修に携わった公式コンテンツをSNS上において発信するのは初の試みとなる。

2019年08月20日(Tue)10時54分配信
https://www.footballchannel.jp/2019/08/20/post334912/

写真
no title


稲本潤一が衝撃を受けた、 天才・小野伸二と「別格だった」中田英寿  

20190806-00867480-sportiva-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/08/06(火) 12:46:45.19 ID:8WLmG44a9
世界2位の快挙から20年......今だから語る「黄金世代」の実態第14回:稲本潤一(2)

1999年ワールドユース(現U-20W杯)・ナイジェリア大会の決勝は、スペインと対戦することになった。

U-20日本代表はチームに勢いがあり、選手もここまでの試合を勝ち抜いてきたことで、自信を持っていた。
唯一の不安要素は、キャプテンの小野伸二が準決勝のウルグアイ戦でイエローカードをもらい、累積警告によって出場停止になったことだった。

「伸二がいないのは、めっちゃデカかった」

稲本潤一は、厳しい表情でそう言った。

このチームは"小野のチーム"と言っても過言ではなかった。

小野は前年、18歳で日本代表に選出され、1998年フランスW杯にも出場した。技術の高さはピカイチで、人間性も優れ、リーダーシップもあった。
U-20日本代表は血気盛んな個性的な選手ばかりだったが、小野がいたからこそ、ひとつにまとまっていた。

稲本も、中学校時代から世代別代表で小野と一緒にプレーし、その存在の大きさを理解していた。

「(小野は)もう中学校の時から違っていた。ヤット(遠藤保仁)とか(中村)憲剛や(中村)俊輔さんらもすごいけど、彼らは努力してすごい選手になった。
もちろん、伸二も努力しているけど、最初に持っているセンスみたいなものがデカすぎたんよ。

その持っているモノは(努力して)作ろうと思っても作れるもんじゃないし、教えてもらっても得られるもんじゃない。
伸二って、メッシをどうやって作るのか、というレベルと同じ。そのくらいスーパーなんです」

稲本は、北海道コンサドーレ札幌時代にも一緒にプレーしたが、その際、あらためて小野のすごさを感じることがあったという。

「伸二に追いつこうと思っても、無理なんでね。まあ、1999年に(シドニー五輪アジア1次予選で)ケガをしてからは、自分の考えと体の動きがついていっていない感じやったし、
そこからケガも増えたけど、コンサ(札幌)で一緒にやって思ったことは、『伸二はやっぱり一番うまい』。
両足でスルーパスを出せる選手って、なかなかいないですよ。
今のサッカーでは、伸二のようなタイプを作り出すのは無理やと思います」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190806-00867480-sportiva-socc
8/6(火) 6:17配信

中田英寿氏、日本酒“世界発信”の重要さを熱弁「情報がうまく伝わっていない」  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/10(月) 18:06:40.03 ID:NYrUeR9Y9
元サッカー日本代表の中田英寿氏が10日、都内で行われた『SAKE COMPETITION2019』に出席。

「蔵元さんはおいしいお酒を作ってくれているので、それをどう伝えるのかが外国人が来たときの課題。
まだ日本酒の情報がうまく伝わっていない」と国内外に日本文化をさらに広めていくことへ意欲を燃やしていた。

中田氏は日本酒のすばらしさや日本の可能性を世界に、未来に伝えていくために「JAPAN CRAFT SAKE COMPANY」を設立。
自身が代表取締役を務め、日本全国から選りすぐった日本酒をクローズアップし、日本酒の魅力・文化を強く世界に発信し続けている。

情報発信力を課題にあげた中田氏は外国人に対して「ワインを基準にしながら、こういう日本酒が好きなんじゃないかなと伝えていますが、
それだけに日本酒の情報をしっかりと伝えていかないと、わからないと思うしのびていかない」と説明。
さらに「海外で(日本酒を)作るにはお米も環境も違う。
時間はかかると思いますけど、海外での醸造ものびるとは思う。でもその前に、国内の醸造のレベルをきちんと作っていかないと、
お酒なのか、日本酒なのか焼酎なのかわからなくなってします」と力説した。

日本酒に魅入った経緯についてはイタリアのサッカーリーグ・セリエAで長く活躍していたことから「ワイナリーを周ったりしていて、手作りをしている職人が好きなんです。
日本に帰ってきて話を聞いても自然と向き合って仕事をしているのは一緒で、それが楽しくてはまっていきました」と振り返った。

この日は、モデルのマリエもスパークリング部門のプレゼンターとして登壇。
「スパークリングの日本酒はファッション界でもいろんな年代に愛される味で、とってもおいしい爽やかな味が世界中で愛されると思います」と日本酒の可能性を誇っていた。

同コンペティションは「本当に美味しい日本酒にもっと巡り会えるよう、新しい基準を示したい」という理念のもとに、2012年からスタート。
審査方法は、完全に銘柄を隠し、日本酒の酒質のみで競うことに徹底している。
今年は「純米酒部門」「吟醸部門」「スパークリング部門」など7部門に分けて審査し、全国から1919点のお酒が出品された。

https://news.livedoor.com/article/detail/16596598/
2019年6月10日 16時2分 オリコン

no title

<中田英寿>スクデットを呼び込んだ活躍にイタリア紙が再脚光!「日出づる国のベッカムが物語を書き換えた」  

1: Egg ★ 2019/06/04(火) 18:06:24.23 ID:SqZqf34D9
約20年という月日が過ぎても、伝説のゴールは色褪せないのだろう。

 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は6月3日、セリエAの20年を振り返るシリーズの1回目として、2000-01シーズンをピックアップ。元アルゼンチン代表FWのエルナン・クレスポ(ラツィオ)が得点王に輝き、ローマが通算3度目のスクデットを獲得した一年を紹介した。

 ローマの優勝は、日本のファンにとっても忘れられない出来事だった。元日本代表の中田英寿が、当時世界最高峰だったセリエAのタイトル獲得に貢献したからだ。

 とりわけ、首位ローマと2位ユベントスが勝点6差で迎えた天王山で、2点を先行されたローマが中田の活躍でドローに持ち込んだ2001年5月6日の一戦は、語り草になっている。

 フランチェスコ・トッティとの交代で途中出場した中田は、豪快なミドルシュートを突き刺して1点を返す。さらに、終了間際にも遠目からのシュートでGKエドウィン・ファン・デルサルを襲い、こぼれ球を押し込んだヴィンチェンツォ・モンテッラの同点弾を演出した。
 
 Gazzetta dello Sport紙は「運命の男は、ペルージャでブレイクし、ローマでトッティの控えだった『日出づる国のベッカム』、ヒデトシ・ナカタだった」と紹介。途中出場から「物語を書き換えた」と賛辞を寄せている。

 さらに、同紙は、中田を「芸術とファッション、デザイン、ワインを愛し、わずか29歳で引退してからは日本酒のアンバサダーとなった、珍しい選手」と表現。シーズン中に外国人枠が撤廃されたことで、中田が「決定的な存在」になり、ローマの優勝につながったと伝えた。

 長い年月を経ても、現地紙から賛辞を寄せられているという事実が、中田の偉大さを物語っていると言えるだろう。

6/4(火) 17:57 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190604-00059580-sdigestw-socc

写真
no title

【日刊スポーツ紙面】松井秀喜が総合1位、中田英寿がサッカー部門1位/平成1面登場ランク  

1: 豆次郎 ★ 2019/04/30(火) 10:23:50.15 ID:fewBKvS29
4/30(火) 10:04配信
中田英寿がサッカー部門1位/平成1面登場ランク

日刊スポーツが平成31年間で1万1000回以上に上る1面(東京最終版)の見出しを、徹底的に手作業で集計。サッカー部門では中田英寿氏(42)が152回で1位(総合8位)だった。

 中田氏に、平成のサッカー部門1面回数NO・1だったことを伝えると、クスッと笑って言った。「まあ、そういういい時代があったってことですよ」。日本のW杯初出場に貢献した97年秋から、現役引退の06年夏まで中田氏は集中的に1面を飾った。イタリア、日本代表での取材時は、なかなか言葉を返してくれなかったが、当時のような堅いバリアーはなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-04300229-nksports-socc
平成31年間ニッカン1面登場トップ10
no title

中田英寿氏は、今も「ライオン」なのか…確かめたい  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/23(火) 16:02:03.92 ID:B+A1MV0i9
テレビの情報番組に出演する姿を見て、目を疑った。
元サッカー日本代表MF中田英寿氏(42)。現役時代は、マスコミ嫌いで、担当記者だった私もはね返されてきた1人だ。
あれから約20年。
中田氏は今、あるイベントを主催している。「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2019」(29日まで)だ。

自身が日本全国を巡り、厳選した110の酒蔵が出店。
テーマは「日本酒と世界各国料理とのペアリング」で、アジアから欧州まで世界10カ国の料理が並んでいる。
今月19日のオープニングセレモニーで中田氏は、「日本酒を世界に伝えていくためには、ワインやシャンパンと同じように、さまざまなジャンルの料理とのペアリングを伝えることが重要だと思います」
とイベントのテーマを策定した経緯を語った。関係者によると、初日に約1万5000人が来場。各酒蔵で用意した日本酒は、連日完売の状況という。

出演した情報番組は、TBS系「ビビット」、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」などで、イベント3日目の21日には同局系「シューイチ」に登場し、MCの中山秀征と対談。
瞬間最高視聴率は14%超(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークしている。文字通り、PR作戦大成功だが、中田氏が出演に踏み切った理由について、関係者はこう話す。

「シンプルに、サッカーとは違うフィールドに出ている中田に話を聞きたい番組側のご希望を多くいただき、中田本人も『今、活動していることであれば』になりました」

確かに中田氏は引退後もサッカーについては、多くを語っていない。
現役時代、イタリアで私が1度だけ得たインタビュー機会にも「引退後は、どちらかと言うとサッカー以外の仕事をやってみたいですね。
サッカーのステップはこの先を考えれば小さいもので、多種多様な職業がありますから」と話していた。

マスコミ、特にスポーツ紙との確執についても聞くと、こう返された。

「たまに会見で『変なこと聞くなあ』とは思いますけど、だからどうこうというのはもうないですよ。
ただ、1度崩れた関係はそう簡単には直せないものですが、歩み寄る人がいれば、僕も歩み寄るという形にはなると思います。
僕が近寄りがたいのは分かりますよ。もちろんそうしてるし、それは長年、身についているものですから(笑い)。
ただ、例えばライオンがいて、怖そうだからずっと避けようというのなら何も状況は発展しないでしょ。
そこで歩み寄ってかみつかれるのか、どうにかなるかは分からないじゃないですか。だから、それをどうするかは、そこを通る人次第ってことですよね」

その後、練習場であいさつをかわす程度にはなったが、私の努力不足で「関係修復」とまでには至らなかった。
しかし、引退後、横綱朝青龍の応援で両国国技館を訪れた中田氏に再会し、取組の感想を聞くと、笑顔で「横綱は強くないといけないですが、魅せてくれる人だと思いました」などと返した。
「近寄りがたい」オーラは残ったままだったが、1つの大きな壁が取れたことは感じた。

以降、私が中田氏に取材で関わる機会はなかったが、先日、情報番組で話す姿を見て久しぶりに会ってみたいと思っ
42歳の今も「ライオン」なのかも確かめたい。その可能性を探るべく、イベントに足を運んで日本酒をいただこうと思う。【柳田通斉】

http://news.livedoor.com/article/detail/16358855/
2019年4月23日 10時56分 日刊スポーツ

no title

英国で大論争勃発!ソン・フンミンは“史上最高のアジア人選手”ではない? 「全盛期ならナカタだ!」  

20190420-00057440-sdigestw-000-6-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/20(土) 15:53:16.83 ID:6v8F9xtk9
韓国代表FWが欧州サッカー界を賑わせている。トッテナムのソン・フンミンである。

 現地時間4月17日に開催されたマンチェスター・シティとのチャンピオンズ・リーグ(CL)準々決勝の第2レグで、開始6分に先制点を奪うと、直後の10分にもカウンターから強烈なシュートを右足でねじ込み、57年ぶりとなる欧州4強進出に大きく貢献した。

 この殊勲の2ゴールで、CLでの通算得点を12に伸ばしたソン・フンミンは、かつてディナモ・キエフでプレーした元ウズベキスタン代表FWマクシム・シャツキフの11得点を上回って、アジア人選手最多得点記録を更新。26歳のアタッカーは、いまや「アジア・サッカー界歴代最高の選手」とも評されている。

 この韓国代表のエースは本当に史上最高のアジア人選手なのか――。いま、英国で大論争が巻き起こっている。発端となったのは、スコティッシュ・プレミアリーグのキルマーノックに属するイングランド人MFジョーダン・ジョーンズのツイートだった。

 彼はシティ戦直後にソン・フンミンのGIF画像付きで、こうつぶやいたのだ。
 
「アジア史上最高のフットボーラーだ。パク・チソンっていう返信はブロックするからね」

 当然、サッカーマニアからは異論や反論が殺到。そこには多くの日本人選手たちの名前も挙げられていた。

「シュンスケ・ナカムラこそアジア最高だ」
「圧倒的なのはナカムラ」
「ナカタかオノかナカムラだね」
「全盛期ならナカタが凄い」
「ミランの10番だったホンダを忘れている」
「オカザキはソン・フンミンが手にしていないプレミアリーグのタイトルを持ってる」
「アリ・ダエイはえぐかった」
「パク・チソンしかありえない!」

 様々な意見が寄せられたなかで、やはり最も多くの声を集めたのは、元韓国代表MFのパク・チソンだ。かつて籍を置いたマンチェスター・ユナイテッドでは、4度のプレミアリーグ制覇に加え、2007-08シーズンにはビッグイヤーを掲げたレジェンドの存在は、世界のサッカーファンの脳裏にしっかりと焼き付いているようだ。

 ソン・フンミンが同胞の偉人を超えるには、やはりタイトル奪取が必至となる。そのためにも、千載一遇のチャンスとも言えるCL制覇を成し遂げたいところだ。

4/20(土) 14:01 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190420-00057440-sdigestw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索