Samurai Goal

中田英寿


スポンサード リンク





AFC (アジアサッカー連盟)公式サイト、アジア歴代最高MFの候補に中村俊輔&本田圭佑を選出! 

mig




1: 2018/10/06(土) 08:40:09.83 _USER9
年明けの1月5日にUAE(アラブ首長国連邦)で開幕するアジアカップ2019。同大会最多4度の優勝を誇る日本代表は、ベスト8敗退の憂き目に遭った4年前の雪辱を期す。始動まもない森保ジャパンにとっては、初の国際トーナメントとなる。
 
 現在、主催するAFC(アジア・サッカー連盟)が公式サイトで展開しているのが、ファン投票で選ぶ「歴代ベストイレブン」だ。過去のアジアカップで活躍した名手たちをAFCが厳選して候補者リストを明示し、一定期間の投票を募って決定する。すでにFW部門が終了し、アリ・ダエイ(イラン)とヤセル・アルカフタニ(サウジアラビア)の2トップが確定した。
 
 そして10月4日から始まったのが、MF部門の投票。10名の候補者リストが公開され、そこに日本から中村俊輔と本田圭佑の2大レジェンドが名を連ねた。公式サイトはまず、中村についてこんな論調を展開している。
 
「世界的に知られる日本人選手のひとり、シュンスケ・ナカムラは、2000年代のサムライブルー黄金期を支えた中盤のマエストロだ。2000年(レバノン)、04年大会(中国)のアジア連覇に多大な貢献を果たし、後者では大会MVPに輝いた。07年大会(東南アジア4か国)にも出場し、その時は4位で終えている。チャンピオンズ・リーグでゴールを決めた初めての日本人選手であり、07年にはバロンドールの最終候補にも残った」

【PHOTO】日本×コスタリカ戦を彩った美女サポーターたち!!

 
 続いて本田だ。こちらは11年大会(カタール)での活躍を絶賛されている。
 
「ケイスケ・ホンダは日本が4度目の優勝を飾ったカタール大会において、文句なしにベストのパフォーマンスを示した。再三に渡って中盤で決定的な仕事をし続け、大会MVPを受賞している。過去10年、サムライブルーの中軸を担ったホンダは、3度のワールドカップでゴールを決めた最初の日本人選手となった。通算37得点は同国歴代4位の数字だ」
 
 他の候補者は、キム・ジュソン、ク・ジャチョル(ともに韓国)、ファハド・アルビシ(サウジアラビア)、アリ・カリミ(イラン)、シャオ・ジャイ(中国)、ナシャト・アクラム(イラク)、ハリー・キューウェル(オーストラリア)、セルベル・ジェパロフ(ウズベキスタン)の8選手。投票期間は10月11日までで、MF部門からは上位4名が歴代ベストイレブンに選抜される予定だ。
 
 この面子であれば中村も本田も選ばれて然りだが──。すでにカリミが全体の91%という異常な得票数を得て、トップを独走している。

10/6(土) 7:49配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181006-00048228-sdigestw-socc

トッティ氏が語るローマの中田英寿氏「彼は火星人。スクデットの歓喜の中でも読書」 

news_238635_1

長谷部誠が中田英寿に提言!!「日本サッカー界に携わってもらわなきゃ困る...」 

news_246325_1




1: 2018/09/18(火) 15:54:10.65 _USER9
「ヒデさんはサッカー界に携わってもらわなきゃ」

 「これまで本物の、真のビッグクラブでプレーした選手って、ヒデさんのローマ、シンジ(香川真司)のマンチェスター・Uくらいかな。だから欧州のトップでプレーする選手が、もっともっと出てきてほしいという気持ちはありますね。それは日本代表とか、日本サッカーの強化につながると思います」

 その日本人選手の欧州移籍のパイオニアである中田英寿については、憧れと尊敬の気持ちを込めてメッセージを託してきた。

 「ヒデさんはやっぱり、別格だと思いますよ。21歳でペルージャに行って、2点取ったユベントスとのデビュー戦も、『すっげーな』と思いながらテレビで見ていました。それからローマでスクデットも取って。

 ヒデさんって、まだ41歳でしょ? 俺、34ですよ(笑)。同じ時代にサッカーをやりたかったですね。サッカー観とか、合いそうな気がするんですよね。あの人は強さもあり、うまさもあり、ダイナミックさもあって。一緒にボランチでコンビを組んでやりたかったって、一番思う選手かもしれない。

 僕なんかが偉そうに言うのはあれですけど、やっぱりヒデさんはどういう形であれ、日本のサッカー界に携わってもらわなきゃ困る人だと思いますね。監督なのか、コーチなのか、協会のスタッフなのか、どういう立場かはわからないですけど、何かしら関わってほしい人。ああいう人がいると日本サッカー界もより盛り上がるし注目されると思う。だから、そう書いといてください!」

 最後は茶目っ気たっぷりながら、とても長谷部らしいメッセージだった。

 ヒデさん、読んでますか? 

9/18(火) 15:11 ナンバー 一部抜粋
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180918-00831891-number-socc&p=3

中田英寿“貴重な”一問一答!20年前の“あの日”について口を割る 

1 2018/09/15(土) 18:09:17.62 _USER9
1998年9月13日。ちょうど丸20年前のこの日は、日本サッカーにとって特別な日だ。
日本サッカー、いや、アジアサッカーが、初めてリアルにヨーロッパトップレベルのサッカーシーンで認められた日、と言えるかもしれない。

この日にイタリア・ペルージャのスタディオ・レナート・クーリにて行われた1998-99セリエA第1節ペルージャvsユヴェントスにおける中田英寿の活躍はそれだけのインパクトがあった。

1998年6月にフランスで行われたワールドカップにて、初出場国のエースとしてある程度のインパクトは残した中田だったが、ヨーロッパのサッカーシーンではまだ無名の存在だった。
7月24日に、セリエA昇格組のペルージャへ中田が加入したことも、日本では当然大きく報じられたが、イタリアではほとんどニュースにはならなかった。
当時のセリエAは、ヨーロッパ各国リーグの中でも、頭一つ抜けた存在のリーグで、世界中からトッププレーヤーが集まっていたリーグであったから、それも当然である。

ペルージャの開幕戦の相手ユヴェントスはセリエAの中でも、飛び抜けた実績と強さを持つクラブだった。
その輝かしい歴史に加え、前2シーズンを連覇し、3連覇を狙うシーズン開幕を迎えたユヴェントスは、
ジネディーヌ・ジダン、アレッサンドロ・デル・ピエロ、フィリッポ・インザーギ、エドガー・ダーヴィッツといった錚々たるメンバー。当然、戦前の展開予想では、ユヴェントスが圧勝する、という見方がほとんどだった。

試合はダーヴィッツ、イゴール・トゥドール、ジャンルカ・ペッソットのゴールで、前半を終えた時点で
「ペルージャ 0-3 ユヴェントス」と、戦前の予想そのままのスコアとなる。両者の実力差から考えても、ユヴェントスの勝利は、もはや確定だとすべての人が思ったに違いない。

しかし、試合はここから予想外の展開を見せる。右サイドのジャンルカ・ペトラーキからエリア右に走り込みながらボールを受けた中田が、
角度のないところから放ったシュートは、名手アンジェロ・ペルッツイの左脇をすり抜けてゴールへ。
記念すべきセリエA初試合で初ゴールを挙げた中田は、さらにその直後、CKのこぼれ球を右足ボレーで叩きつけて2点目を挙げる。
レナート・クーリはまさかの展開に騒然となった。
結局、その後は試合巧者ぶりを見せたユヴェントスが、3-4で何とか勝ち点3を得たが、王者ユヴェントス相手に堂々たる戦いぶりを見せたことで、
ペルージャはもちろん、2得点を奪った“NAKATA”の名前は、翌日の各メディアで大きく報じられ、一躍、その名はイタリア中に知れ渡ることになった。

その後の中田のキャリアについては、ここでは改めて触れないが、この試合での活躍が、その後の彼のキャリアに大きな影響を与えたのは間違いないだろう。
あの日から20年。2006年のドイツワールドカップを最後にその選手キャリアを終え、現在はサッカーとは少し離れた距離で過ごしている中田は、今あの日のことをどのように振り返るのだろうか。
9月13日当日、「過去を振り返ることのない」男に、あえて20年前のあの日について話を聞いた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00831123-soccerk-socc
9/15(土) 8:05配信

 
no title

中田英寿はどこへ向かっている?期間限定バーをプロデュース 

1 2018/09/14(金) 22:02:54.32 _USER9
元サッカー日本代表の中田英寿氏がプロデュースした訪日外国人観光客向け新商品「キットカット 梅酒 鶴梅」が9月18日に発売される。
発売前に新商品を体験できる場として、インバウンド向け日本酒バー「CRAFT SAKE WEEK@KITKAT BAR」が9月13日から同24日まで、
東日本橋にある宿泊施設「CITAN」内にオープンした。

バーでは新商品に使用されている梅酒や中田氏が厳選した日本酒、名店シェフが手掛けるオリジナルフードメニュー、
さらに「キットカット」初となる商品の原材料の一つである「梅酒 鶴梅 すっぱい」を使用したオリジナルカクテルなどが用意されている。

バーをプロデュースした中田氏は「海外で日本酒や梅酒をさらに広めるために、楽しみ方や魅力をこのイベントと『キットカット 梅酒 鶴梅』を通して多くの人に知ってもらいたい」と話している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00831131-soccerk-socc
9/14(金) 21:13配信

no title

 
no title


https://nestle.jp/brand/kit/tsuruume/
公式

【画像】ゲーム「FIFA」の日本人選手の評価がシビアだと話題に!!! 

HideNakata20160703-thumb-500x366-132647

中田英寿“セリエAデビュー”から20年「セリエA在籍5クラブを訪ねて」 

225601
1 2018/09/13(木) 12:36:15.95 _USER9
元日本代表MF中田英寿氏のセリエA移籍20周年を記念して、きょう13日の午後9時より、Abema TVにて特別番組が放送される。
 
 番組名は「中田英寿 20年目の旅 セリエA在籍5クラブを訪ねて」。発案した中田氏は「今年は僕がペルージャでセリエAでデビューしてちょうど20年なので、みんなで20周年のお祝いをしようと思ったのがきっかけで、当時のスタッフに声を掛けました」。

 中田氏と現役時代に関わったスタッフの一団は、かつて在籍したペルージャ、ローマ、パルマ、ボローニャ、フィオレンティーナの街に降り立ち、戦ったスタジアムや、激闘の疲れをいやしたレストランやホテルを訪問。懐かしい空気に触れながら、サッカー選手としての原点を思い出した。

 20年前の1998年9月13日は、中田氏がベルマーレ平塚からセリエAのペルージャに移籍し、デビュー戦となったユベントス戦でいきなり2ゴールをあげ、世界にその名を轟かせた。当時のユベントスには、直前のフランスワールドカップで優勝したフランス代表の絶対的エース、ジダンや、今年のロシアワールドカップの優勝監督になった主将のデシャン、イタリア代表のエース、デルピエロといった世界的スターが勢ぞろいしていた。そんな相手に気後れせずに敢然と立ち向かった当時の心境も、中田自身が丹念に振り返る。

9/13(木) 10:03配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-01848634-gekisaka-socc

“中田英寿は今…”ペルージャの衝撃から今日で20年、中田はどこを目指している? 

1 2018/09/13(木) 06:12:33.14 _USER9
中田英寿の取材をよくしていると言うと、多くの人に同じ質問をされる。
「彼はいま何をやっているの?」
そう訊きたくなる気持ちはよくわかる。みんな中田英寿にはサッカーに関わっていてほしいのだ。日本代表が危機になると必ず彼の名前があがる。「中田を監督にしたらどうだ?」、「ヒデならなんとかしてくれる」。それでも引退後の中田英寿は、サッカーと積極的に関わろうとはしていない。それでみんな思うのだ。
「彼はいま何をやっているの?」
数年前は、この質問に「あちこち旅をしています」と答えていた。ここ2~3年は「工芸と日本酒の世界でがんばっています」。彼がなぜ日本酒に夢中になったか。その過程を振り返ってみたい-。

no title


私が中田さんの取材をするようになったのは、現役の末期のころからだ。マンチェスターで初めて取材したときは、体中から溢れる戦う男の圧倒的なパワーに驚いた。圧倒的あり、しかも繊細。常に全身の神経を使って細かな変化やこちらの心境まで察知しているような雰囲気があった。うかつなことを訊いたら、怒られるか、帰ってしまうか。1時間ほどの取材が終わった後、どっと疲れが出たのをおぼえている。

現役引退後、中田さんは、「サッカー以上に熱中できるもの」を探して、旅に出た。最初は海外を転々とし、そのあとは7年がかりで日本全国を旅した。日本の旅には私も時々同行し、その様子を雑誌などで記事にした。
初期は、大人の修学旅行のようなものだった。中田さん自身がガイドブックを何冊も買い込み、その土地のめぼしいスポットや飲食店、地元名産の農家などを選んで巡る。たくさんの発見があったし、勉強にもなった。ただ今思えば、“楽しさ”以上の収穫は少なかったように思う。

旅のカタチが少しずつ変わってきたのは、2年目、本州最南端の波照間島から北上する旅が本州に差し掛かったころだろうか。大雑把にいえば、旅のスタイルが「どこに行くか」ということより、「誰に会うか」に変わったのだ。寺社仏閣、伝統工芸の職人、農家、酒蔵……。それまでチラッと見て通り過ぎていったような場所でも、中田さんは丁寧に話を聞くようになった。
いちおう私は取材のプロだ。相手の話を聞きながら、「そろそろネタも尽きたかな」ということがわかる。そんなときでも中田さんは、それでも食い下がって質問を続ける。すると、相手から興味深い話が出てくることもあった。中田さんの好奇心が相手の心を動かし、1時間の滞在予定が2時間、3時間とのびたこともある。

つづく

9/13(木) 6:01配信 ビクトリー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00010000-victory-socc

本田圭佑の生き様...不可能を可能にした、中田英寿と異なる点とは! 

100612_162613
1 2018/08/23(木) 09:05:25.23 _USER9
日本代表選出経験も持つ元Jリーガーで、現役引退後は解説者として活躍中の宮澤ミシェル氏の連載企画。第17回は、本田圭佑のこれまでのキャリアについて。その足跡には、彼の生き様が刻まれている。(語り手:宮澤ミシェル)

周りを認めさせ、上り詰めていった

 今季からオーストラリアでプレーする本田圭佑は、同時にカンボジア代表の実質的な監督にも就任した。彼のプレーヤーとしてのキャリアを見ると、周りを認めさせて上り詰めていったと言える。子どもの頃に『こういう風になりたい』と書いていたのを全部実現していっているわけでしょう。

 最初オランダに行って、極寒のロシアでもやって、そこでも認めさせて。海外でもうまく自分をマッチさせたよね。とはいえオランダ、ロシアといったらそんなに大きなリーグじゃない。日本人が成し得たものとしては大きいけど、例えばヒデ(中田英寿氏)の位置にはまだ到達していない。そんな中で遂に、10番でミランに行く。日本中が驚いたよね。本田がそこまで自分を押し上げていったというのは、彼の能力を超えていると思う。それが凄い。普通はあり得ないことが、あり得たよね。ドリームだよ。

 そして、ミランでは叩かれようが何されようが、それでも彼のやっていることは認められた。結果こそ出せなかったかもしれないけど、本田という人間はこうなんだというのは示した。もう、生き様だよ。本田には、ミランというチームをもっともっと良くしたいという想いがあったんだろうなと思う。イチ選手で使われて、金持ちになればいいというわけではなくて、行くところ行くところ良くしたいんだろうね。

●中田英寿と異なる点

 聞くところによると、やっぱり本田が練習の後にやる自主トレとか、オフの時にやっているトレーニングはというのは絶大な評価だという。こんなに打ち込める奴がいるのか、と。プロを超えちゃっているんだよ。ヨーロッパ人にはできない。育ちの中にそこまで自己犠牲をしてやるというのはないと思う。

 本田はずっと『ワールドカップ優勝』って公言してきた。なんで目指しちゃいけないんだ、と。それは彼のカンボジアでのプロジェクトにも繋がるよね。どうやって未来に繋げていくかという。壮大な夢というか。それが本田だよ。

 例えばヒデは人もいいし、素晴らしい人物なんだけど、そんなに公じゃなかった。本田はそういうのは取っ払っちゃって、『何を言われようが俺はビジョンをやりたいんだ』と。すごくオープンだよね。プレーヤーとしてはヒデの方が凄いと思うけど、そこも違いで面白いよね、ということなんだ。どっちがいいかではなく、どっちもいい。

 本田は今年で32歳になった。もっと上手くなりたい、今の自分を超えたいという思いがあるはずだ。そのためにどうするかとなったら色々なトレーニングを取り入れる。プレースピードの判断を上げるのか、肉体的なところを改造するのか。選手ってこれをやればこうなる、というのを挙げながら毎年のようにやるわけじゃない?

●東京五輪出場も、ない話ではない

 本田もそういうモチベーションを保ちながら、なおかつ自分はサッカー界でこうやって生きていく、生かされていくというのを考えながら。それはカンボジアの小さい子たちの成長を手助けするだったり、アジアの強化でもあるのかもしれない。本田はビジョンを持ってまた新しい一歩を踏み出すと思う。つまり自分を利用しながらも常に自分と戦っている。それがモチベーションでしょう。サッカーのプレーにも関わってくるし、人生としての生き方にも関わってくることだよね。

 この夏から選手としてはオーストラリアでプレーするわけだけど、オーストラリアは日本のライバル。世界を渡り歩いた本田がオーストラリアに来て、一人のスターとして見られるというのは楽しみだよね。新天地で結果を出したい、東京オリンピックにも出たいという、彼にはそういうモチベーションがあるんだよね。それがある以上、プレーヤーでいられるのならどこにでも行くという挑戦だ。

 彼は彼のやり方で結果を出しそうだね。チームの一員としてどうやって自分をはめるかとか。長谷部(誠)とはまた違う形で、そのチームにアジャストして活躍してくれるんじゃないかな。

 オーバーエイジでの東京オリンピック出場を目指すみたいだね。若手が出てこないといけないのは間違いないし、最終選考の時に本田の名前も全然出ないことが理想ではある。でも、2年後どうなっているかわからない。本田も痛めている箇所はあると思うけど、うまく大きな怪我がないように繋げていってほしい。そうすれば、東京オリンピックもない話じゃないと思う


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180822-00010000-footballc-socc

「“疲れた”は僕の辞書にない」長友佑都、W杯930分出場でヒデ超え!! 

f-sc-tp3-180628-2510_thum630
1 2018/06/30(土) 06:23:21.57 _USER9
 日本代表は現地時間29日、ベースキャンプ地のカザンで調整した。28日の1次リーグ第3戦、ポーランド戦(ボルゴグラード)でDF長友はGK川島とともに日本人最長のW杯通算930分出場を果たした。ポーランド戦でMF中田英寿氏が持っていた894分を塗り替えた。また、通算出場試合数も10試合とし、トップに並んだ。

 試合には敗れたが、選手、スタッフと次々に抱き合った。「とにかく決勝トーナメントに行くことが大きな目標だった。それが一番大事なことだった」。10年南アフリカ大会以来、自身2度目の決勝T進出を喜んだ。自身の日本人最長出場記録については二の次。「結果的に僕らの夢はつながっている」。日本初の8強への準備をしている。

 前半12分にはFW岡崎へ左足で絶妙クロスも。90分通じてスプリント(時速24・48キロメートル以上の走り)は両チーム通じてトップの51本。フル出場にも「疲れたは僕の辞書にはない。脳をコントロールしないとダメなので」。31歳でも衰えない運動量をベルギー戦も見せるつもりだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000075-sph-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索