Samurai Goal

中田英寿


スポンサード リンク





中田英寿を懐かしむ!彼のようなカリスマは再び日本代表に現れるだろうか? 

1: 名無しさん 2016/09/25(日) 21:57:19.63 ID:CAP_USER9
その人気ぶりにも言及

彼のようなカリスマは再び日本代表に現れるだろうか。
2006年のドイツW杯後に突如として現役引退を電撃発表した元日本代表の中田英寿氏を英紙が取り上げている。

山梨県甲府市で生まれたこの男は早々とイタリアへ上陸すると、世界に羽ばたき、日本のサッカー界を牽引した。
ローマでは英雄フランチェスコ・トッティと一つのポジションを争い、パルマではアドリアン・ムトゥやドミニコ・モルフェオ、
そしてアドリアーノといった当時の花形アタッカーたちと競演。誰もが永遠の輝きを期待していたが、
29歳で彼のフットボールにおけるストーリーは終わった。

英紙『Guardian』がそんな日本のカリスマを“20代で引退を決断したフットボーラー”の1人として選出し、次のように中田氏のキャリアを振り返っている。

「全ての人間が中田を小さな宝石と呼んでいた。パルマが2001年に1800万ポンドで獲得を正式発表した際には、彼のサイトにおよそ400万人が殺到することに」

「3度にわたってバロンドールの候補となった彼はドイツW杯終了と共に29歳での引退を発表。大きな喪失感に包まれ、世界中が驚愕した。現在の彼は酒の会社を営んでいる」

記事では、惜しまれつつ20代で引退した選手として中田氏以外にも元ブラジル代表のマリオ・デ・カストロや元ノルウェー代表のエスペン・バードセン、
そして元アーセナルのデイビッド・ベントリーといった選手が取り上げられている。

やはり“世界のナカタ”がサッカー界との別れを決断したことは、世界にとっても衝撃的な出来事だったのかもしれない。

theWORLD(ザ・ワールド) 9月25日(日)19時40分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00010011-theworld-socc

写真
no title

中田英寿が!英紙が選ぶ「20代で自ら引退したサッカー選手」 

1: 名無しさん 2016/09/24(土) 17:21:53.26 ID:CAP_USER9
英紙『Guardian』が「20代で自ら引退を選んだ6人のサッカー選手」という企画記事を配信していた。そのなかで、まっ先に紹介されていたのは元日本代表MF中田英寿だった。

先駆者としてセリエAに挑戦し道を切り開いた“ヒデ”は、2006年のW杯終了後29歳の若さで現役から退いた。その彼について、同紙ではこのように伝えていた。
イタリアにいた選手について、そのニックネームから多くを語ることができるだろう。ハビエル・サネッティは「El Tractor」と呼ばれ、デル・ピエロは「Pinturicchio」とのあだ名が付けられた。

絶え間なく髪(型や色)を変えたヒデトシ・ナカタはピッチ上に常に目立っていた。

その並外れた才能によってすぐさまペルージャやローマ(そこで彼はセリエA優勝を果たした)のファンたちを虜に。そして、皆彼を「The Little Jewel」と評した。

彼はピッチ外ではマーケティングを夢見ており、2001年に1800万ポンド(現レートで23.4億円)でパルマへの移籍が発表された日には約400万人もの人々が彼のHPにアクセスしようとした。

だが、大きな成功を収めつつ、より大きな空虚を残した。バロンドールに3度ノミネートされた彼は2006年W杯での最終戦となったクロアチア戦(実際はブラジル戦)の後に29歳での引退を発表すると、世界が仰天した。

「プロサッカー界から引退するだろうということは半年前に決めていた」と書いたナカタ。

「日に日にフットボールはビッグビジネスになっていると理解した。楽しむためではなくチームは金のためだけにプレーするものだと感じられた。常にチームを大きな家族のように感じてきたけれど、そうではなくなってしまった。悲しかったし、それが止めることにした理由さ」。

日本で崇拝されるナカタは30代になっても大きなスポンサー契約を維持し、モデルや様々な慈善団体の大使として活動した。

39歳になった今は酒の会社を経営している。

その他に紹介されていたのは、デイヴィッド・ベントリー(元イングランド人MF)、マリオ・デ・カストロ(元ブラジル人FW)、ピーター・ノウルズ(元イングランド人FW)、エスペン・バードセン(元ノルウェー人GK)、カルロス・ロア(元アルゼンチン人GK)の5名。

ちなみに、マリオ・デ・カストロは所属チームのディレクターが相手ファンから射殺された後、それに抗議する形で26歳で現役を引退。医師の資格を持っていたという彼はそれ以降医療に従事し、1998年に92歳で亡くなったという。

イングランドU-23代表の経験を持ち最高の才能と評価されていたピーター・ノウルズは宗教上の理由で23歳で引退。リヴァプールへの移籍を断ったこともあったとか。

そして、エスペン・バードセンは1998年W杯のノルウェー代表でもあったGK。

トッテナムやワトフォード、エヴァートンに所属したものの、常に控えという立場だった。それに飽きて、十分に稼げないと見切りをつけた彼は25歳で転職。学位を取得後、金利スワップ、外国為替、株などを扱い、10億ドル(1003億円)近い資金を動かすようになったとか。

http://qoly.jp/2016/09/24/footballers-who-voluntarily-retired-in-their-20s?part=2
no title

世界的にレジェンドクラスな日本人スポーツ選手って、中田英寿、本田圭佑、香川真司、錦織圭だけ? 

1: 名無しさん 2016/09/09(金)14:47:18 ID:BOA
他にいる?

no title

青森山田中キャプテン武田英寿!「サッカー選手になるようにと中田ヒデから貰ってつけた名前」。。。武田修宏「…」 

694: 名無しさん 2016/08/26(金) 08:49:08.95 ID:FTWSIeuH0
[全中]「サッカー選手になるようにという名前」青森山田3連覇の主将はMF武田英寿
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?197171-197171-fl
 武田英寿。サッカー好きなら元日本代表の中田英寿氏の名前が連想されるはずだ。「親がサッカーが好きなので、中田さんの名前を貰って付けたと聞きました。サッカー選手になるようにという名前だと感じています。だから頑張んないといけない」。周囲の期待も感じている。夢は海外でプレーすること。夢に一歩でも近づけるように、武田は青森の地で鍛錬を続ける。

no title


そういう世代なんだなぁとしみじみ

本田圭佑って小野伸二や中田英寿よりすごいの? 

1: 名無しさん 2016/08/23(火) 22:51:34.53 ID:hS6IBehT0
ミランはすごいんだろうけどさ

no title

世界のナカタから寿司ボンバーまで! 日本人による“キャプテン翼級”の「美しき芸術弾」ベスト4 

1: 名無しさん 2016/08/16(火) 21:13:01.00 ID:CAP_USER9
日本中を沸かせてきたスーパーゴールの数々

もしもヨーロッパサッカー界におけるサムライたちの価値が年々上昇しているのだとすれば、それは勇敢な先人たちがパイオニアとして欧州上陸を果たし、目を見張るほどの活躍を見せてきたからに他ならない。

元日本代表の中田英寿や高原直泰、中村俊輔、そして現在のエースを担う本田圭佑らは、国内においていわゆる“海外組”とカテゴライズされ、他とは一線を画する特大のプレッシャーを背負ってきた。1日たりとも油断の許されない厳しいポジション争いに加え、世界的な名将から求められるハイレベルなクオリティ。それら多くのハードルを乗り越えたうえで、翌日のスポーツ紙を“ジャック”した選手たちがいる。ヨーロッパが日本にひれ伏し、そのポテンシャルを認めざるを得ないほどに熱狂した伝説的スーパーゴールの数々は、今後も末代までの語り草となるだろう。

1:高原直泰
(2002-03/ブンデスリーガ第20節バイエルン・ミュンヘンvsハンブルガー)

彼のドイツにおける記念すべき初ゴールは、英雄オリヴァー・カーンの“愉快な802分”に終止符を打つものとなった。1点ビハインドで迎えた後半ロスタイム、元ジュビロ磐田のゴールスコアラーはマバダビキアから上げられたクロスに反応。見事に頭で合わせ、泣く子も黙るドイツ最強GKの連続無失点記録は途絶えることに。もちろん多くのドイツメディアは高原による値千金のゴールを称賛し、「寿司ボンバー」との異名を与えるまでにそう時間はかからなかった。

2:中村俊輔
(2006-07/UCLグループステージ第5節セルティックvsマンチェスター・ユナイテッド)

それは81分のことだった。フリーキックをこよなく愛する日本のレフティーが、中央やや右寄りの位置から放ったしなやかな一撃は、完璧なパワーとコントロールのバランスが施され、GKファン・デル・サールに“空気”を掴ませることに成功。セルティックを史上初のUCL決勝トーナメントへと導いたこのスーパーゴールには、表現し得る限りの称賛が浴びせられ、中村は自身のFK技術がとうに世界レベルへと到達していることを証明して見せた。

3:中田英寿
(2000-01/セリエA第29節ローマvsユヴェントス)

当時、全ての視線がローマへ通じていた。日本代表のカリスマにとって不運だったのは、コロセウムの主人公であるフランチェスコ・トッティと同じポジションを争っていたことだ。名門ユヴェントスとの天王山でベンチスタートとなった中田は、65分にそのトッティと代わってピッチへ投入される。すると軍曹ファビオ・カペッロによる唯一の寵愛を受けた日本人が、目の覚めるようなミドルシュートから鮮烈ゴールを奪取。スクデット争いに多大な影響をもたらしたこのゴールは、90年代のフットボールシーンを席巻していたカルチョにおいて、日本人に何ができるかを示し、また“世界のナカタ”としてのセルフブランディングにも一役買うこととなった。ASローマがセリエAにおいてトップの座を楽しんだのは、このシーズンが最後だ。

4:岡崎慎司
(2015-16/プレミアリーグ第30節レスターvsニューカッスル)

このゴールが、クラブ創設132年目にして初となるプレミアリーグ制覇に決定的な効用をもたらしたと言うつもりはない。しかし、天と地を反転させたアクロバティックなバイシクルによる決勝弾は、献身的な日本人ストライカーに多大な喝采をもたらした。もちろんその素晴らしさを誰よりも痛感しているのは、新天地での初陣に泥を塗られたニューカッスルのラファエル・ベニテスだろう。今季はアーメド・ムサとの激しいポジション争いが繰り広げられる見通しの岡崎だが、今後も多くの“シンジられない”ゴールで世界中を熱狂させてほしいものだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160816-00010029-theworld-socc
no title

中田英寿、リオ五輪に水を差す「選手の名前も知らない」発言に大ブーイング 

1: 名無しさん 2016/08/03(水) 15:27:29.66 ID:CAP_USER9
アサ芸プラス8月3日(水)9時59分
http://news.biglobe.ne.jp/sports/0803/asg_160803_1544595425.html
画像:中田英寿、リオ五輪に水を差す「選手の名前も知らない」発言に大ブーイング
 まもなくリオ五輪。注目の競技、選手は多いが、
その中でも上位に挙げられるのが男子サッカーであることは間違いないだろう。
開幕前にブラジル代表と練習試合を行い、開幕に向けて準備は万全。メダル獲得に向けて期待がかかる。
 そんなサッカー日本代表に、元日本代表の中田英寿が水を差すような発言をしたことで、
激しい批判の声が上がっている。

 中田は7月29日、日本酒の表彰式に出席。会見でリオ五輪のサッカーについて聞かれると、
「全くフォローしていないのでわからない。試合を見ていないので選手の名前も知らない」とばっさり。
あまりの無関心ぶりに報道陣もあぜんとするしかなかった。
「以前から中田には『日本酒のアピールをする暇があったらサッカーをもっとPRしてほしい』という意見が出ています。
それなのにこのコメントでは批判されるのも当然でしょう。いい大人なんですから、
せめて『すべての試合を見ているわけではないので個人名は挙げないでおきますが、
いいチームだと思います。頑張ってほしい』ぐらい言うべきでしょう」(スポーツ紙サッカー担当記者)

 中田がここまで大きくなれたのはサッカーのおかげではないのか、恩返しもしないのかと憤る
サッカー関係者が多いようだが、一方では「中田の態度は昔から何ひとつ変わらない」と言って
スポーツ紙のカメラマンが過去のエピソードを明かす。

「あれは中田が日本代表に招集される直前、19歳の時だったと思います。スポーツ紙数社が合同で
彼にインタビューすることになりました。するとインタビュー中、ずっとガムを噛んでやる気なさそうに
質問に答えているんです。これから日本を背負う選手がそれではいけないだろうと、
紙に『インタビュー中にガムを噛むのはやめなさい』と書いてそっと渡したんです。
すると彼は紙をチラリと見て、そこにガムを出し、自分に突き返してきました。
驚くと同時に呆れたのを覚えています」

 変らない中田イズムが身を滅ぼすようなことにならなければいいのだが‥‥。

no title

元ブラジル代表の悪童FWがリオの貧民街で生活 かつて中田英寿とも共闘した男の転落人生... 

1: 名無しさん 2016/08/01(月) 05:26:31.72 ID:CAP_USER9
34歳となったアドリアーノ 私生活でもトラブルが続き故郷の“ファベーラ”に戻る

2000年代にかけて“皇帝”と呼ばれたブラジル人ストライカーが、悲惨な転落人生を送っている。
スペイン紙「マルカ」によると元ブラジル代表FWアドリアーノが、生まれ故郷のリオデジャネイロの貧民街として有名な「ファベーラ」で生活していると報じている。

アドリアーノは189センチの長身と屈強な体躯を生かしてゴールを量産したストライカーで、10代にしてインテルに入団。
その後はフィオレンティーナ、パルマと武者修業に出て、パルマでは元日本代表MF中田英寿、元ルーマニア代表FWアドリアン・ムトゥと3トップを形成しゴールを量産した。
その活躍が認められてインテルへと復帰し、エースの座に君臨。
また05年のコンフェデレーションズカップでは5得点を挙げてセレソンを優勝に導き、大会得点王とMVPをダブル受賞するなど、一気にワールドクラスのストライカーへと上り詰めた。

しかし、規律のない生活やパーティーに興じすぎたことによって、06年ドイツ・ワールドカップ以降にパフォーマンスが一気に低下。
うつ病を発症して以降もトラブルが続き、当時インテルの指揮官だったロベルト・マンチーニ監督からも見放されてしまった。

その後はブラジルを中心に各クラブを転々としたが、かつての輝きをまったく取り戻せないまま。
今年1月にアメリカ4部リーグのマイアミ・ユナイテッドへ加入したが、待遇に不満があったのか、ほどなくしてブラジルに戻ってしまった。

屈強なレフティーFWの面影はなく…

そんなアドリアーノだが、現在の暮らしぶりは非常に窮乏している模様だ。
自身の生まれ故郷である「ファベーラ」で、ドイツ代表のユニホームを着た知人に髭を剃ってもらう写真がツイッター上で拡散しているという。
五輪開幕を前に治安の悪化が叫ばれるリオデジャネイロの中でも、ファベーラは特に危険だとされている。
アドリアーノ自身にとっての安住の地とはいえ、生命の危険すらある地域での生活を余儀なくされている。

別の写真ではアドリアーノは上半身裸の姿となっているが、相手マーカーを恐れさせた屈強な肉体はもはや保てていない。
今年の2月で34歳となった悪童ストライカーは、このままひっそりとサッカー人生の幕を下ろしてしまうのだろうか

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160731-00010017-soccermzw-socc
Football ZONE web 7月31日(日)18時9分配信

no title

no title

no title

「中田英寿は最高の選手だった」ジーコが考えるサッカーで最も大事なことは… 

1: 名無しさん 2016/07/27(水) 17:16:39.00 ID:CAP_USER9
【話の肖像画】サッカー指導者・ジーコさん

 〈1989年にフラメンゴを引退。だが91年に現役復帰し、当時日本リーグ2部だった住友金属に入団した。
その後、Jリーグが発足し、鹿島アントラーズでプレー、日本サッカー界に貢献した〉

 私が日本でプレーし始めた当時、日本のサッカー界はあらゆる意味でプロフェッショナルではなかった。
一部の選手は会社員だったしね。Jリーグが創設され、選手たちは真剣にサッカーのことを考え始めたんだよ。

 サッカーで最も大事なことは、自分で考えてプレーすること。創造性が最も必要なんだ。
だけど日本の選手たちは、ミスをすることを極端に恐れていたね。それは日本の文化であり、
学校教育の問題なのかもしれないと考えている。ミスをしたら、監督は別の選手を使おうとする。
監督がミスをした選手を殴ることがあるということも聞いたよ。でもそれでは選手は萎縮してしまい、
思い切ったプレーができない。ドリブルをしてミスをしたら、ボールを奪いにいけばいいんだ。
試合にはミスがつきものさ。自分で試さなかったら何も生まれない。この世に完璧な人間はいないんだよ。

 日本の選手からよく、試合でどうしたら良いかを聞かれた。日本人は他の人から教えられるのが好きだね。
結局は全てのことを自分で考えて行動するしかないんだ。判断力が最も大事なんだよ。もしミスしてしまったら、
今度はミスしないように練習を重ねるしかない。その繰り返しでうまくなるんだよ。

 〈2002年には日本代表監督に就任。06年ドイツW杯でブラジル代表と対戦した〉
 私はプロとしてあの場所にいたわけだから、日本のために仕事をすることしか考えていなかった。
選手たちにはこう言っていたんだ。「私はブラジル人だから、ブラジルの国歌が流れたときはブラジルのことを考え、
国歌を歌う。だけどブラジル人であることはそれまで。そのときが終わったら、日本のために全力をささげる」とね。
でもこういうことは私だけが特別な体験ではないんだよ。ポルトガル代表を率いたルイスフェリペ・スコラリも
ブラジルと戦ったし、ブラジルでは珍しいことではないんだよ。

 〈ドイツW杯ではチームの主力だった中田英寿選手が大会後に引退した〉
 彼は本当にすばらしい選手だった。日本サッカーの歴史上、ベストプレーヤーだと思っている。
持ち前のテクニックだけでなく理解力にも優れていて、どんな練習でもその目的を悟るのが早かった。
欧州の名門チームでプレーしていたから、アドバンテージがあったんだね。適応力もあったし、
他の選手たちとは違っていた。完璧な選手だったと思う。日本代表にとっては最も重要な選手だった。

 〈日本を去ってから10年がたった〉
 最近は日本の試合を詳しく見ていないけれど、日本人にとって問題なのは、相手チームが1点をとったら
全てが崩れてしまうこと。自信をなくしてしまうのかな。この点は鍛える必要があるね。強化するためには
心理学者をチームに入れることだね。選手たちと一緒に生活をして、その都度、カウンセリングをして
選手一人一人に自信と安心感を与える。チームを一つにするために心理学者の力は重要だね。そして、
チームスタッフはがんばっている選手を信頼しなくてはいけない。絆と一体感がチームを強くする。(聞き手 佐々木正明)

産経新聞 7月27日(水)17時5分配信
中田英寿は最高の選手だった ジーコが考えるサッカーで最も大事なことは…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160727-00000511-san-socc
no title

中田英がまじめにサッカーに捧げてればイチローになれた!!? 

1: 名無しさん 2016/07/18(月) 23:17:55.52 ID:xBWsQztl0
一時期はイチローに並んだかもしくは超えてた

イチローと違って競技にリスペクトを持っていなかった模様

2: 名無しさん 2016/07/18(月) 23:18:19.15 ID:vdnrXE9m0
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索