Samurai Goal

中田英寿


スポンサード リンク





中田英寿氏の「世界一の日本酒に出会う」SAKE COMPETITION 2018~」が2日にBS―TBSで放送  

nakata_image-800x533




1: 2018/12/01(土) 13:30:11.96 _USER9
12/1(土) 11:54配信
中田英寿氏の「世界一の日本酒に出会う」SAKE COMPETITION 2018~」が2日にBS―TBSで放送

 サッカー元日本代表の中田英寿氏が世界一に輝いた日本酒に迫る「中田英寿 世界一の日本酒に出会う~SAKE COMPETITION 2018~」が2日午後2時からBS―TBSで放送される。

 2006年の現役引退後、世界や日本を巡り歩いた中田氏は、これまで全国350以上の酒蔵を訪れ、自ら日本酒を軸とした日本文化をPRとする会社も設立する程の“日本酒通”。今年で第6回目を迎え、世界最大の日本酒コンペティション「SAKE COMPETITION」には実行委員として登壇した。同番組では、「Super Premium部門」で1位に輝いた栃木県さくら市の蔵に訪問し、日本酒造りの秘訣(ひけつ)や作り手の思いに迫る。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00000096-sph-socc

中田英寿氏SAKEイベントに最優秀賞!世界で評価  

1: 2018/10/22(月) 05:04:24.15 _USER9
10/22(月) 4:00配信

中田英寿氏SAKEイベントに最優秀賞!世界で評価
サッカー元日本代表中田英寿氏(41)プロデュースの日本酒PRイベント「CRAFT SAKE WEEK」が21日(現地時間)、スペイン・バルセロナで開催された国際PRアワードの最高峰、「ゴールデン・ワールド・アワード」の授賞式で、最優秀賞を受賞した。

「CRAFT SAKE WEEK」は、06年の現役引退後、日本全国300蔵以上の酒蔵に足を運んだ中田氏がプロデュースし、16年の東京・六本木を皮切りに福岡、福島、仙台などで開催されてきた。来場者数は、訪日外国人を含めて約40万人。関係者によると、イベントを通じて世界に日本酒をアピールしたことが評価されたという。

式では、中田氏をマネジメントしているサニーサイドアップ社の次原悦子社長が登壇。50カ国から約200人の出席者を前に「引退後、サッカーとは異なる道を選んだ彼のプロジェクトが、こうして世界から高く評価されたことを心からうれしく、誇りに思います」と笑顔でコメントした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00369074-nksports-socc
no title

日本の史上最高の選手は誰?4人の「日本を代表するレジェンド」FIFA公式が“厳選写真”公開 

1: 2018/10/21(日) 23:40:23.50 _USER9
W杯公式インスタグラムで日本のレジェンド4人をピックアップ…ファンに問いかけ

FIFA(国際サッカー連盟)のワールドカップ(W杯)公式インスタグラムが20日に更新され、「日本の史上最高の選手は誰?」と記して4枚の写真をアップ。日本4大レジェンドの厳選ショットを公開し、ファンに問いかけている。

【関連写真】「日本史上最高の選手は誰?」 FIFAが公開、「日本を代表するレジェンド」4人の“厳選ショット”
https://www.football-zone.net/archives/142943/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=142943_6

 W杯公式インスタグラムは「ワールドカップで日本を代表するレジェンドたち」と4枚の写真をアップ。今夏のロシアW杯に出場したMF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)をはじめ、2006年ドイツ大会のMF中村俊輔(ジュビロ磐田)、1998年フランス大会のMF中田英寿、2010年南アフリカ大会のMF遠藤保仁(ガンバ大阪)の写真がピックアップされている。

 本田や中村、遠藤はW杯で貴重なゴールを挙げた直後のポーズが映っており、中田はドリブル突破の瞬間を捉えられている。それぞれFIFAが厳選したショットで、ゴール直後の三人は奇しくも手を広げて似た仕草を見せている形だ。

 大会公式インスタグラムでは、貴重な写真とともに「日本の史上最高の選手は誰?」と問いかける一文も添えられた。返信欄では各選手を推す声から、「全員」「これまでプレーした全ての選手」というコメントも並んだ。なかには「小野伸二」「キャプテン翼」「香川真司」「乾貴士」などを推薦するファンもいた。

 日本の史上最高の選手は誰か――。W杯公式インスタグラムでは4人のレジェンドを候補に挙げているが、その議論は深まるばかりだ。

10/21(日) 17:50配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181021-00142943-soccermzw-socc

写真
no title


1 Egg ★ 2018/10/21(日) 20:51:37.62
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1540122697/

AFC (アジアサッカー連盟)公式サイト、アジア歴代最高MFの候補に中村俊輔&本田圭佑を選出! 

mig




1: 2018/10/06(土) 08:40:09.83 _USER9
年明けの1月5日にUAE(アラブ首長国連邦)で開幕するアジアカップ2019。同大会最多4度の優勝を誇る日本代表は、ベスト8敗退の憂き目に遭った4年前の雪辱を期す。始動まもない森保ジャパンにとっては、初の国際トーナメントとなる。
 
 現在、主催するAFC(アジア・サッカー連盟)が公式サイトで展開しているのが、ファン投票で選ぶ「歴代ベストイレブン」だ。過去のアジアカップで活躍した名手たちをAFCが厳選して候補者リストを明示し、一定期間の投票を募って決定する。すでにFW部門が終了し、アリ・ダエイ(イラン)とヤセル・アルカフタニ(サウジアラビア)の2トップが確定した。
 
 そして10月4日から始まったのが、MF部門の投票。10名の候補者リストが公開され、そこに日本から中村俊輔と本田圭佑の2大レジェンドが名を連ねた。公式サイトはまず、中村についてこんな論調を展開している。
 
「世界的に知られる日本人選手のひとり、シュンスケ・ナカムラは、2000年代のサムライブルー黄金期を支えた中盤のマエストロだ。2000年(レバノン)、04年大会(中国)のアジア連覇に多大な貢献を果たし、後者では大会MVPに輝いた。07年大会(東南アジア4か国)にも出場し、その時は4位で終えている。チャンピオンズ・リーグでゴールを決めた初めての日本人選手であり、07年にはバロンドールの最終候補にも残った」

【PHOTO】日本×コスタリカ戦を彩った美女サポーターたち!!

 
 続いて本田だ。こちらは11年大会(カタール)での活躍を絶賛されている。
 
「ケイスケ・ホンダは日本が4度目の優勝を飾ったカタール大会において、文句なしにベストのパフォーマンスを示した。再三に渡って中盤で決定的な仕事をし続け、大会MVPを受賞している。過去10年、サムライブルーの中軸を担ったホンダは、3度のワールドカップでゴールを決めた最初の日本人選手となった。通算37得点は同国歴代4位の数字だ」
 
 他の候補者は、キム・ジュソン、ク・ジャチョル(ともに韓国)、ファハド・アルビシ(サウジアラビア)、アリ・カリミ(イラン)、シャオ・ジャイ(中国)、ナシャト・アクラム(イラク)、ハリー・キューウェル(オーストラリア)、セルベル・ジェパロフ(ウズベキスタン)の8選手。投票期間は10月11日までで、MF部門からは上位4名が歴代ベストイレブンに選抜される予定だ。
 
 この面子であれば中村も本田も選ばれて然りだが──。すでにカリミが全体の91%という異常な得票数を得て、トップを独走している。

10/6(土) 7:49配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181006-00048228-sdigestw-socc

トッティ氏が語るローマの中田英寿氏「彼は火星人。スクデットの歓喜の中でも読書」 

news_238635_1

長谷部誠が中田英寿に提言!!「日本サッカー界に携わってもらわなきゃ困る...」 

news_246325_1




1: 2018/09/18(火) 15:54:10.65 _USER9
「ヒデさんはサッカー界に携わってもらわなきゃ」

 「これまで本物の、真のビッグクラブでプレーした選手って、ヒデさんのローマ、シンジ(香川真司)のマンチェスター・Uくらいかな。だから欧州のトップでプレーする選手が、もっともっと出てきてほしいという気持ちはありますね。それは日本代表とか、日本サッカーの強化につながると思います」

 その日本人選手の欧州移籍のパイオニアである中田英寿については、憧れと尊敬の気持ちを込めてメッセージを託してきた。

 「ヒデさんはやっぱり、別格だと思いますよ。21歳でペルージャに行って、2点取ったユベントスとのデビュー戦も、『すっげーな』と思いながらテレビで見ていました。それからローマでスクデットも取って。

 ヒデさんって、まだ41歳でしょ? 俺、34ですよ(笑)。同じ時代にサッカーをやりたかったですね。サッカー観とか、合いそうな気がするんですよね。あの人は強さもあり、うまさもあり、ダイナミックさもあって。一緒にボランチでコンビを組んでやりたかったって、一番思う選手かもしれない。

 僕なんかが偉そうに言うのはあれですけど、やっぱりヒデさんはどういう形であれ、日本のサッカー界に携わってもらわなきゃ困る人だと思いますね。監督なのか、コーチなのか、協会のスタッフなのか、どういう立場かはわからないですけど、何かしら関わってほしい人。ああいう人がいると日本サッカー界もより盛り上がるし注目されると思う。だから、そう書いといてください!」

 最後は茶目っ気たっぷりながら、とても長谷部らしいメッセージだった。

 ヒデさん、読んでますか? 

9/18(火) 15:11 ナンバー 一部抜粋
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180918-00831891-number-socc&p=3

中田英寿“貴重な”一問一答!20年前の“あの日”について口を割る 

1 2018/09/15(土) 18:09:17.62 _USER9
1998年9月13日。ちょうど丸20年前のこの日は、日本サッカーにとって特別な日だ。
日本サッカー、いや、アジアサッカーが、初めてリアルにヨーロッパトップレベルのサッカーシーンで認められた日、と言えるかもしれない。

この日にイタリア・ペルージャのスタディオ・レナート・クーリにて行われた1998-99セリエA第1節ペルージャvsユヴェントスにおける中田英寿の活躍はそれだけのインパクトがあった。

1998年6月にフランスで行われたワールドカップにて、初出場国のエースとしてある程度のインパクトは残した中田だったが、ヨーロッパのサッカーシーンではまだ無名の存在だった。
7月24日に、セリエA昇格組のペルージャへ中田が加入したことも、日本では当然大きく報じられたが、イタリアではほとんどニュースにはならなかった。
当時のセリエAは、ヨーロッパ各国リーグの中でも、頭一つ抜けた存在のリーグで、世界中からトッププレーヤーが集まっていたリーグであったから、それも当然である。

ペルージャの開幕戦の相手ユヴェントスはセリエAの中でも、飛び抜けた実績と強さを持つクラブだった。
その輝かしい歴史に加え、前2シーズンを連覇し、3連覇を狙うシーズン開幕を迎えたユヴェントスは、
ジネディーヌ・ジダン、アレッサンドロ・デル・ピエロ、フィリッポ・インザーギ、エドガー・ダーヴィッツといった錚々たるメンバー。当然、戦前の展開予想では、ユヴェントスが圧勝する、という見方がほとんどだった。

試合はダーヴィッツ、イゴール・トゥドール、ジャンルカ・ペッソットのゴールで、前半を終えた時点で
「ペルージャ 0-3 ユヴェントス」と、戦前の予想そのままのスコアとなる。両者の実力差から考えても、ユヴェントスの勝利は、もはや確定だとすべての人が思ったに違いない。

しかし、試合はここから予想外の展開を見せる。右サイドのジャンルカ・ペトラーキからエリア右に走り込みながらボールを受けた中田が、
角度のないところから放ったシュートは、名手アンジェロ・ペルッツイの左脇をすり抜けてゴールへ。
記念すべきセリエA初試合で初ゴールを挙げた中田は、さらにその直後、CKのこぼれ球を右足ボレーで叩きつけて2点目を挙げる。
レナート・クーリはまさかの展開に騒然となった。
結局、その後は試合巧者ぶりを見せたユヴェントスが、3-4で何とか勝ち点3を得たが、王者ユヴェントス相手に堂々たる戦いぶりを見せたことで、
ペルージャはもちろん、2得点を奪った“NAKATA”の名前は、翌日の各メディアで大きく報じられ、一躍、その名はイタリア中に知れ渡ることになった。

その後の中田のキャリアについては、ここでは改めて触れないが、この試合での活躍が、その後の彼のキャリアに大きな影響を与えたのは間違いないだろう。
あの日から20年。2006年のドイツワールドカップを最後にその選手キャリアを終え、現在はサッカーとは少し離れた距離で過ごしている中田は、今あの日のことをどのように振り返るのだろうか。
9月13日当日、「過去を振り返ることのない」男に、あえて20年前のあの日について話を聞いた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00831123-soccerk-socc
9/15(土) 8:05配信

 
no title

中田英寿はどこへ向かっている?期間限定バーをプロデュース 

1 2018/09/14(金) 22:02:54.32 _USER9
元サッカー日本代表の中田英寿氏がプロデュースした訪日外国人観光客向け新商品「キットカット 梅酒 鶴梅」が9月18日に発売される。
発売前に新商品を体験できる場として、インバウンド向け日本酒バー「CRAFT SAKE WEEK@KITKAT BAR」が9月13日から同24日まで、
東日本橋にある宿泊施設「CITAN」内にオープンした。

バーでは新商品に使用されている梅酒や中田氏が厳選した日本酒、名店シェフが手掛けるオリジナルフードメニュー、
さらに「キットカット」初となる商品の原材料の一つである「梅酒 鶴梅 すっぱい」を使用したオリジナルカクテルなどが用意されている。

バーをプロデュースした中田氏は「海外で日本酒や梅酒をさらに広めるために、楽しみ方や魅力をこのイベントと『キットカット 梅酒 鶴梅』を通して多くの人に知ってもらいたい」と話している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00831131-soccerk-socc
9/14(金) 21:13配信

no title

 
no title


https://nestle.jp/brand/kit/tsuruume/
公式

【画像】ゲーム「FIFA」の日本人選手の評価がシビアだと話題に!!! 

HideNakata20160703-thumb-500x366-132647

中田英寿“セリエAデビュー”から20年「セリエA在籍5クラブを訪ねて」 

225601
1 2018/09/13(木) 12:36:15.95 _USER9
元日本代表MF中田英寿氏のセリエA移籍20周年を記念して、きょう13日の午後9時より、Abema TVにて特別番組が放送される。
 
 番組名は「中田英寿 20年目の旅 セリエA在籍5クラブを訪ねて」。発案した中田氏は「今年は僕がペルージャでセリエAでデビューしてちょうど20年なので、みんなで20周年のお祝いをしようと思ったのがきっかけで、当時のスタッフに声を掛けました」。

 中田氏と現役時代に関わったスタッフの一団は、かつて在籍したペルージャ、ローマ、パルマ、ボローニャ、フィオレンティーナの街に降り立ち、戦ったスタジアムや、激闘の疲れをいやしたレストランやホテルを訪問。懐かしい空気に触れながら、サッカー選手としての原点を思い出した。

 20年前の1998年9月13日は、中田氏がベルマーレ平塚からセリエAのペルージャに移籍し、デビュー戦となったユベントス戦でいきなり2ゴールをあげ、世界にその名を轟かせた。当時のユベントスには、直前のフランスワールドカップで優勝したフランス代表の絶対的エース、ジダンや、今年のロシアワールドカップの優勝監督になった主将のデシャン、イタリア代表のエース、デルピエロといった世界的スターが勢ぞろいしていた。そんな相手に気後れせずに敢然と立ち向かった当時の心境も、中田自身が丹念に振り返る。

9/13(木) 10:03配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-01848634-gekisaka-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索