Samurai Goal

中田浩二


スポンサード リンク





<小野、稲本、遠藤、小笠原…>世界準優勝から20年...黄金世代とはなんだったのか?  

1: Egg ★ 2019/04/22(月) 09:17:49.47 ID:1Vxq/zCG9
 小野伸二をはじめ、稲本潤一、遠藤保仁、小笠原満男、中田浩二、高原直泰、本山雅志らきわめて個性的で質の高い選手がこの世代に集まった。奇跡としか言いようがない。

 彼らが中学生だった時代にJリーグが開幕し、プロという目標はできたが、サッカーの素地はそれ以前に形成されている。みな、育った地域も環境もチームもバラバラだ。指導者レベルもいまほど高くはなく、指導方針もそれぞれのチームの監督次第だった。彼らはそれぞれの場所で純粋培養されて育ってきたのだ。

 それが個性となり、お互いの違いが武器になった。現在のように指導が画一的で、個性がスポイルされる時代には、彼らのような強烈な個性と高い能力の持ち主が一堂に会するという奇跡は起こりにくくなっている。彼らは日本中に放牧されたなかから集められた「天然の一級素材」だったのだ。

 黄金世代が、その名を日本サッカー界やファンに轟かせたのは、1999年のナイジェリア・ワールドユースである。FIFA主催の世界大会で日本は史上初となる準優勝に輝いた。

 この「準優勝」という結果が黄金世代のスタートになった。

 もし、彼らがベスト8くらいで終わっていれば、「優秀な選手が揃った世代だった」というレベルの評価に終わり、それほど注目もされていなかっただろう。だが、決勝に進出し、世界と互角に戦ったことで彼らは高く評価され、世間の注目を浴び、多くのひとに見られることでさらに成長していった。下の世代の選手には、「あの舞台に立ちたい」と思わせるモチベーションを生んだ。そして、ファンには「日本サッカーは捨てたもんじゃない」と今後への期待を膨らませてくれた。

 これが非常に大きかった。


 この前年、フランス・ワールドカップに初出場した日本代表はグループリーグで3連敗を喫し、世界がとんでもなく遠いことを選手もファンもメディアも思い知らされた。その結果、ワールドカップ前に大きく膨らんだ期待はあっという間に萎み、世界との差に日本サッカー界は打ちひしがれていた。そんななか、世代別カテゴリーとはいえ、若き精鋭たちが世界の強豪を打ち負かし、決勝にまで進出したのだ。その偉業は98年の悪夢から日本を目覚めさせ、選手たちは「俺たちでもやれるんだ」と自信を取り戻し、2002年日韓ワールドカップに向けて大きな希望の灯をともした。

 黄金世代が日本サッカー界のV字回復、その着火剤となったのだ。
 現在に至る日本人選手の海外移籍の流れを作ったのも、彼らだった。

 最近では前回のU-20ワールドカップで堂安律が活躍し、オランダへの移籍が決まったが、99年のワールドユース後は大会のベスト11に小野と本山が入ったのにもかかわらず、誰ひとりとして海外移籍が実現しなかった。当時は、中田英寿がセリエAでプレーしていたが、日本代表のトップの選手しか海を渡れなかったのだ。それほど海外移籍は狭き門だったのである。

 小野たちが海外に行くまでナイジェリアから2年間の時間を要している。

 彼らはスポンサー枠や客寄せパンダではなく、個々の力を評価され、しかも有名クラブへの移籍を実現させた。小野はオランダの強豪フェイエノールト、稲本はプレミアリーグのビッククラブであるアーセナル、高原はアルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルスである。その後、中田浩二、小笠原満男らも欧州に渡った。

 小野は、その技術の高さと独特のセンスで入団1年目から活躍し、UEFAカップで優勝、その後もオランダやドイツで活躍した。アーセナルでの稲本は1試合も出場できずに苦しんだが、02年日韓ワールドカップで活躍してフルアムへの移籍を勝ち取り、約9年間、海外でプレーした。

そうした彼らの活躍と努力の跡に海外への道が開かれ、その後、長谷部誠、本田圭佑、香川真司、長友佑都、岡崎慎司らが海外移籍へのチャンスを掴んだ。いま、若い選手たちが比較的容易に海外へ飛び出していけるのは、自らの実力もあるが、小野たちが作った道でもあるといっても過言ではない。

2019年4月20日 18時9分サッカーダイジェスト
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16346760/

写真
no title

中田浩二「後半、清武に代えて香川を投入すると前半の良さが消えてしまった」 

143: 2015/11/13(金) 13:51:37.69 ID:ND2QAIaf0.net
清武、柏木、金崎が引いた守備打開…中田浩二氏分析
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151113-00000107-spnannex-socc
 引いて守備を固める相手に苦戦が続いていたが、清武、柏木、金崎の3人の起用で打開した。特に清武が効いていた。

 柏木がボールを持った時に相手選手の間でうまく受け、少ないタッチではたいていた。これまでは中盤で相手に寄せられてつぶされることが多かったが、早くボールを離すので相手がマークしきれず、武藤や本田がゴール前に入るタイミングができた。柏木もいいリズムをつくっていた。パスをさばく山口とは違ってボールを動かすタイプ。清武をうまく使い、鋭い縦パスでトライもしていた。引いた相手対策としてはまずまずだろう。

 ハリルホジッチ監督はコンディションより柏木や清武を試すことに重点を置いたが、先発から外れた香川や山口、岡崎にもいい刺激で、チームが活性化する要素になったと思う。ただ後半、清武に代えて香川を投入すると前半の良さが消えてしまった。レベルの高い相手に香川は必要な選手だが、相手によっては清武の方がフィットするだけに、今後は使い分けをすることも有効かもしれない。(元日本代表DF)

no title



クソワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

中田浩二氏が指摘 北朝鮮戦、縦の攻撃だけではサッカーにならない 

1: シャチ ★@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 12:49:23.21 ID:???*.net
スポニチアネックス 8月3日(月)11時44分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150803-00000098-spnannex-socc
◇東アジア杯男子 日本1―2北朝鮮(2015年8月2日 中国・武漢)

 武藤の先制点は収穫だった。遠藤が早めに低いボールを入れ、
中央から武藤がスピードを上げて走り込み、相手DFの前で合わせた。

 武藤は私が現役時代に対戦した時は足元でパスを受けて、ドリブルで仕掛ける選手だったが、浦和に移籍し、
スペースを使って点が取れるようになった。W杯予選で引いて守る相手に対しては、守備を固められる前に
アーリークロスを使ってニアで合わせるのは効果的だろう。

 日本の2失点はともに守備ラインが下がりすぎていたことが原因。競り負けて相手にボールを拾われると
ゴールに近いため決定機をつくられた。本田や香川のようなボールを持てる選手がいないので、北朝鮮に
キープされて日本が走らされたために消耗。前線でキープできないので押し上げることもできなかった。
暑い中ではパスを回すのと回されているのでは疲労が全く違う。失点場面ではクロスを上げる選手に寄せきれず、
競った選手も体を付けきれていなかった。
縦に速い攻めの意識はいいが、縦だけではサッカーにならない。
気を利かして自分たちのペースに持っていく意識も欲しかった。(元日本代表DF)
no title

【画像】中田浩二が『ピピ』ことレアル中井卓大君とパシャリ!! 

30: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2015/07/05(日) 23:52:52.88 ID:DgU5idSG0.net

no title

【画像】ミックスゾーンでの内田篤人、中田浩二のツーショットがいい笑顔!! 

425: 今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった 2015/03/27(金) 07:09:17.78 ID:Qdzqaclr.net

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索