Samurai Goal

中村敬斗


スポンサード リンク





「おそらくオランダには戻らない…」中村敬斗はガンバ大阪に復帰? 現地紙がトゥベンテ退団の可能性を指摘! 

20200529-00010012-sdigestw-000-2-view




1: 2020/05/30(土) 05:33:39.14
開幕戦からの鮮烈デビューも…

昨夏にオランダ・エールディビジに鳴り物入りで参戦したトゥベンテの中村敬斗が、苦境に立たされている。

現地時間5月29日、トゥベンテの地元紙『Tubantia』は、現在ガンバ大阪から2年間のレンタル移籍中の中村とクラブが契約解消に向けた話し合いを行なっていると報じた。

2019年5月に開催されたU-20ワールドカップでインパクトを残した中村は、大会後の7月に2021年6月30日までの期限付きでトゥベンテに加入。PSVとのエールディビジ開幕戦から2戦連続ゴールを決めるなど、鮮烈なスタートを切った。

だが、ウインターブレイク以降は出場機会が激減。エールディビジが打ち切りになるまでの全8試合でスタメン落ちをし、そのうち4試合は出場なしと大きく序列を下げていた。

エールディビジでは17試合で4ゴールという結果に終わった若きサムライ戦士について、『Tubantia』は、
「テクニカルディレクターのテッド・ヴァン・レーヴェンはナカムラを『素晴らしい才能をもたらした小さな奇跡だ』と評したが、ウインターブレイク明けからはほとんどプレーできていない」と綴り、こう続けた。

「19歳の日本人はガンバ大阪から2年契約で雇われたが、エールディビジでの圧倒的なスタートの後に失速。一部のファンからは冷笑されるまでになってしまった。今は日本に帰国中だが、全ての当事者は契約解消の方法を模索している」

この一報を伝えたオランダ・メディアの『Football Oranj』は、「ナカムラとトゥベンテは契約打ち切りの見込みとなっている」と速報。さらに『RTV』も「すでに帰国してしまったナカムラはおそらくオランダには戻らない」とした。

契約解消となった場合には、保有権を有しているガンバ大阪にレンタルバックされる格好となるが、中村はどのような決断を下すのか。東京五輪出場も期待される俊英アタッカーの動向から目が離せない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c7f639c131df18c7fdef658341cbdcb472d04dc2
5/29(金) 20:44配信

トゥエンテ・中村敬斗に退団の可能性 出番激減で「リースを終了する方法検討」 

20200529-00000198-spnannex-000-3-view

中村敬斗、“ゴラッソ”後のパフォーマンスに久保建英がツッコミ? 「ホームでシーは…」  

20191202-00232205-soccermzw-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/12/03(火) 21:32:32.07 ID:Puvvm4xt9
強豪アヤックス相手に右足で技あり豪快弾を決める 「私達は前進し続けます!」
 オランダ1部トゥウェンテに所属するFW中村敬斗が現地時間1日、リーグ第15節の本拠地アヤックス戦(2-5)で先制の“ゴラッソ”を決めた。先発出場を果たした前半15分、国内の強豪チームを相手に右足で今季4点目をマーク。現地メディアも絶賛する活躍を見せたが、ゴール後のパフォーマンスに2017年U-17ワールドカップ(W杯)でともに戦ったマジョルカの日本代表MF久保建英から“ツッコミ”が入っている。

【動画】中村敬斗が強豪アヤックスから右足で決めた“ゴラッソ”
https://youtu.be/17gXtXNOr1M?t=197


 中村は3トップの左サイドで先発。首位のアヤックスをホームに迎えて臨んだ前半15分だった。チームメートが相手のパスミスをカットし、カウンターから左サイドに展開。パスを受けた中村は、ドリブルで持ち込むと、右足に持ち替えてDFを抜き切る前にインフロントキックでシュートを放った。ボールは鋭く曲がりながらゴール右隅のサイドネットを揺らし、今季4点目をマーク。1得点1アシストの活躍を見せた9月15日の第6節フォルトゥナ・シッタート戦(3-2)以来、約2カ月半ぶりの得点となった。

 試合は最終的にアヤックスの猛反撃を許し、2-5で敗れたが、トゥウェンテが強豪をリードする展開にオランダメディア「Voetbal Primeur.nl」は「何が起きているんだ?」との見出しで速報するなど、現地でも注目を集めた。そんななか、中村は自身の公式インスタグラムを更新。ゴール後のパフォーマンス姿を公開した。人差し指を口元に当てたポーズの写真で「私達は前進し続けます!」と投稿し、ゴールの喜びと前向きに戦っていく様子を示した。

 中村の写真に仲が良い元同僚のガンバ大阪ブラジル人FWアデミウソンは「クラック」とコメント。すると、同世代の久保や、同じく第15節VVVフェンロ戦(1-0)で決勝ゴールを挙げたAZアルクマールのU-22日本代表DF菅原由勢からもコメントが届いた。久保は「ホームでシーは違くない?」と“ツッコミ”を披露し、菅原は「ゴールパフォーマンスのやり方分からんから教えて」と“お願い”。U-17W杯インド大会でともに戦った3人の仲の良さがうかがえるコメント欄となっている。

 東京五輪世代での活躍も期待される欧州組トリオ。年代別代表から高め合ってきた仲間の活躍は、互いに刺激となっているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191202-00232205-soccermzw-socc

中村敬斗instagram
https://www.instagram.com/p/B5iw7Awpw3j/

「よくやった」「ナイス!」トゥベンテ中村敬斗が2ゴール! 国内カップ戦で勝利の立役者に  

20191031-00066006-sdigestw-000-9-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/10/31(木) 05:51:34.34 ID:jkf1Jytf9
鮮やかなミドルシュートで先制点

 現地時間10月30日にオランダの国内カップ、KNVBカップ戦の1回戦が行なわれ、トゥベンテは同国3部のトレファーと対戦。2-0で下し、2回戦進出を決めている。

 この試合、3トップ左で先発出場した中村敬斗は、16分に左サイドから見事なミドルシュートで先制点をあげると、22分にはカンタラピエドラからのアシストで2点目を決めた。この仕事ぶりには、地元サポーターも「ナイス!」「よくやった」「オメデトウ」といった称賛の声が寄せられた。

 前半だけで2点のリードを得たトゥベンテ。後半も有利なペースが続くが、絶好機がポストに阻まれるなどなかなか追加点は生まれないまま時間が経過する。

 中村はその後もプレーを続け、フル出場でチームの勝利に貢献。これまでに、リーグ戦3得点をあげており、カップ戦での2ゴールを加え、公式戦の記録は計5ゴールにのぼる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部 10/31(木) 5:38配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191031-00066006-sdigestw-socc

「サッカーの死だ!」「足を壊すタックル」トゥベンテ中村敬斗の“VAR退場劇”に賛否! 担当主審の見解は… 

20190917-00010001-sdigestw-000-2-view[1]

「得点は素晴らしかったが…」トゥベンテ中村敬斗、1G1Aの大活躍後に一発退場…。まさかの展開に地元紙も反応  

news_285250_1[1]




1: ゴアマガラ ★ 2019/09/16(月) 08:30:27.30 ID:9qFp3igx9
日本の若武者が話題をさらった。

 現地時間9月15日、エールディビジの第6節が行なわれ、トゥベンテは敵地でフォルトゥナ・シッタルトと対戦した。

 この試合で良くも悪くも注目を浴びたのが、トゥベンテの中村敬斗だった。

 4-3-3の左ウイングで6試合連続のスタメン起用された19歳の俊英アタッカーは、立ち上がりの16分に味方のロブパスに抜け出して、
第2節のフローニンヘン戦以来となるシーズン3点目をゲットすると、24分にはハビア・エスピノーサの追加点をアシストした。

1ゴール・1アシストと圧倒的なパフォーマンスを披露した中村は、しかし前半終了間際にまさかの事態に見舞われる。アディショナルタイム2分、
相手に果敢なスライディングタックルを仕掛けると、このプレーがVAR検証の末にファウルの判定となり、レッドカードが提示されてしまったのだ。

結局、試合は2-3でトゥベンテが勝利したものの、中村は後味の悪い形でピッチを退く結果となり、良くも悪くも目立ってしまった。

 そんなサムライ戦士に対し、地元メディアから次のような評価が寄せられている。

 地元紙『Tubantia』は「アイトールからのパスを受けたナカムラ、は飛び出したGKをかわしてゴールにパスするように難なく決めた」と得点シーンを振り返ったうえで、
前半終了間際の退場シーンについては、「この日本人は素晴らしい先制ゴールを決めたが、不慣れな守備によってピッチを去った」と綴っている。

 また、オランダ全国紙『NU』も、「鋭い飛び出しから焦らずにしっかりと決めた」と得点を称えつつ、「何度も危険な場面に絡み続けたナカムラは、レッドカードで退場させられた」と報じた。

 来夏に迫った東京五輪出場を目指す"ミレニアム世代"の期待のひとりである中村。一発退場という思わぬ形でピッチを去ったものの、
目に見える結果を残したのも事実。下を向くことなく、この調子を維持していってほしいものだ。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail1/id=64221

<食野亮太郎(ハーツ)&中村敬斗(トウェンテ)>U22日本代表招集へ!10月ブラジル遠征参加の可能性も  

1: Egg ★ 2019/09/16(月) 10:08:32.82 ID:kyPGKB+C9
東京五輪を目指すU―22日本代表に、スコットランド1部ハーツFW食野亮太郎(21)とオランダ1部トウェンテMF中村敬斗(19)がリストアップされていることが15日、分かった。複数の関係者によると年内に初招集する方向で調整している模様だ。

 東京五輪世代は久保や堂安、冨安らA代表にも名を連ねるタレントがそろっているものの、3人が不在だった9月上旬の北中米遠征ではメキシコと米国相手に無得点。攻撃に課題を残した。10月にはブラジル遠征、11月と12月は国内で親善試合を行う予定。森保監督はさらに幅広く招集する意向を持っているという。

 食野は個での打開力と強烈なミドルシュートが武器。14日のマザーウェル戦では移籍後初得点を記録した。左右両ワイドを主戦場とする中村はリーグ開幕から2試合連続得点を挙げてレギュラーに定着。2人とも現U―22代表にはいないタイプで、早ければ10月のブラジル遠征で招集される可能性がある。

9/16(月) 6:40配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-00000132-spnannex-socc

写真
no title

中村敬斗、直接FK弾!堂安律が意地の一発!19歳FWが開幕2戦連発のトゥエンテ、2人少ないフローニンゲン撃破  

1: Egg ★ 2019/08/11(日) 07:17:27.37 ID:eSjjrc3s9
[8.10 エールディビジ第2節 フローニンゲン1-3トゥエンテ]

 オランダ・エールディビジは10日、第2節を開催し、MF堂安律とDF板倉滉が所属するフローニンゲンとFW中村敬斗が所属するトゥエンテが対戦。後半10分に中村の得点で先制したトゥエンテが同25分に加点。フローニンゲンの反撃を後半39分の堂安の1点に抑えると、同アディショナルタイムにダメ押しゴールを奪い、トゥエンテが3-1の勝利を収めて初白星を獲得した。堂安と板倉はフル出場し、中村は後半31分までプレーしている。

 前半13分、PA内に走り込んだFWアイトール・カンタラピエドラをスライディングで止めようとした板倉がファウルを犯してPKを献上。しかし、カンタラピエドラ自らがキッカーを務めて放ったシュートはクロスバーを叩いてしまった。

 前半21分には堂安が左足シュートを枠内に飛ばしたものの、相手GKジョエル・ドロメルに弾き出されてしまう。すると同27分、PA内のMFガブリエル・グズムンドソンがDFパウル・フェルハーフのファウルを誘い、今度はフローニンゲンがPKを獲得。しかし、FWカイ・シーハイスのシュートはドロメルにストップされてしまい、先制の好機を逸してしまった。

 ここから試合は荒れる。前半40分にMFラモン・パスカル・ルンドクビストが一発退場になると、同アディショナルタイムにはDFマイク・テ・ビーリクも一発退場となって、前半だけでフローニンゲンは2人の退場者を出してしまう。さらに判定に納得のいかないサポーターがピッチに乱入するなど、アディショナルタイムが9分(表示は7分)取られる荒れた前半となった。

 0-0のまま後半を迎えると、2人多いトゥエンテが圧倒的にボールを支配し、同10分には左サイドから切れ込んだ中村が堂安のファウルを誘ってFKを獲得。キッカーを務めた中村が右足から蹴り出したボールはゴール左下を射抜いてネットを揺らし、トゥエンテがついに先制に成功。中村は開幕2試合連続ゴールとなった。

 後半25分にはトゥエンテがまたもやPKを獲得すると、前半にPKを外しているカンタラピエドラが今度はきっちり沈めてリードは2点差に。同31分に中村はFWラフィク・ゼクニーニと代わってピッチを後にした。

 2点のビハインドを背負ったフローニンゲンで意地を見せたのが堂安だった。同39分、後方から送られたボールの落としを拾うと、PA外から左足のシュートでゴールを陥れ、今季初ゴールを記録した。

 後半も荒れた試合のアディショナルタイムの表示はまたもや7分。すると90+6分にトゥエンテがダメ押しゴールを奪って3-1で勝利した。

8/11(日) 3:36配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-43470356-gekisaka-socc

写真
no title

オランダ紙「オノ&ホンダ時代の再来だ!」中村敬斗、菅原由勢、板倉滉ら鮮烈デビュー若武者に驚嘆!  

1: Egg ★ 2019/08/07(水) 09:06:44.70 ID:MTmcf/Pg9
「中村敬斗の獲得は”小さな奇跡”だ」

写真
no title

中村(左)と菅原(右)はともに19歳。日をまたいでリーグデビュー戦で初ゴールという快挙を成し遂げた。

 現地時間8月2日に開幕したエールディビジ。今季、6人の若き日本人選手が参加しているオランダ1部リーグの開幕節で、実に5選手が先発出場を飾った。

 なかでも鮮烈なデビューを飾ったのが、この夏にガンバ大阪からトゥベンテに移籍した19歳、中村敬斗だ。

 4-3-3の3トップ左で先発した中村は、オランダにおけるビッグ3の一角、PSVアイントホーフェンを相手に、試合開始8分で豪快なミドルシュートを叩き込んだ。試合はその後追いつかれて1-1のドローに終わったが、デビュー戦で強豪相手に1得点を挙げた中村の快挙に、現地メディアは「これ以上ないスタートだ」「新星現わる!」と賛辞を惜しまなかった。

 そして翌3日に行なわれたAZアルクマール対フォルトゥナ・シッタルト戦でも、若きサムライが異彩を放った。名古屋グランパスからAZに加入した19歳の菅原由勢である。

 こちらは4-3-3の左SBで先発。常にウイングバックのように思い切ってポジションを上げ、果敢に攻撃参加する姿が目立っていたが、83分、その積極性が実を結ぶ。右サイドからのグラウンダークロスに素早く呼応し、ダイレクトで蹴り込んでネットを揺らしたのだ。なんとオランダで初だけでなく、プロキャリアにおいても初のゴールを挙げ、4-0の大勝に華を添えた。

 同紙は第1節のベスト11に菅原を選出。プレシーズン中からそのお茶目なキャラクターでサポーターの心を掴んでいたDFは、早くもクラブの人気者となっている。


 こうしたふたりの若き日本人選手の活躍に、オランダ紙『Algemeen Dagblad』は「シンジ・オノ(小野伸二)とケイスケ・ホンダ(本田圭佑)を彷彿とさせる素晴らしい時代の復活」と評した。

「PSVに対して素晴らしいゴールを決めたケイト・ナカムラ。そして約24時間後にはAZのユキナリ“ユキ”スガワラがF・シッタルトに対して同じような鮮やかなゴールを叩き込んでみせた」

 さらに中村の活躍に対しては、こう論じている。

「ナカムラがPSVに対して達成した“偉業”を、驚くひとはいなかった。トゥベンテが彼の獲得の際に出したプレスリリースや声明に目を通すといい。テッド・ファン・リーウェンTDはこのように”予言”している。

 『ケイトは日本でもっとも優れた才能を持つ選手のひとり。卓越したテクニックと、この年齢では信じられないほどのインテリジェンスを有している。我々のわずかな財源でこのクオリティーの選手を獲得できたことは、のちに“小さな奇跡”と呼ばれるかもしれない』と」

8/7(水) 6:10 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190807-00010002-sdigestw-socc

「夢のような船出だ」「PSVを黙らせた!」中村敬斗の衝撃デビュー弾にオランダ・メディアも驚嘆! 

20190804-00010001-sdigestw-000-3-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索