Samurai Goal

中村憲剛


スポンサード リンク





「うーん、イニエスタみてた」中村憲剛の愛息が帰りの車内で衝撃の告白!  

1: 2018/10/21(日) 16:04:27.23 _USER9
なんとも微笑ましいエピソードを紹介したのは、川崎フロンターレの“生ける伝説”中村憲剛だ。

雨中の激闘となった10月20日のヴィッセル神戸戦。一時は1-3と2点のビハインドを負った川崎だったが、満員に膨れ上がった等々力の大歓声に後押しされ、圧巻のゴールラッシュを決め込んだ。
終わってみれば5-3の大逆転勝利を収め、この日敗れた2位サンフレッチェ広島との勝点差を4に拡げてみせたのだ。
J1連覇に向け、力強く踏み出した。

いつもより中盤の低い位置に陣取り、ゲームメイクに徹した中村もイブシ銀の輝きを放って快勝に貢献。
試合後に自身のツイッターを更新し、帰宅中の車内で家族と交わしたプライベートトークを公開した。これがなんとも面白い。以下、原文ママだ。

『帰りの車中

14番「ちゃんとパパみてたか?」
息子「うーん、イニエスタみてた」

車内一同「??????」
車内爆笑。

そのあと慌てて
息子「もちろんパパもみえてたよ!」

間接視野の中にいたのかな…俺。

それも正解だ、息子よ。
イニエスタだもんな。
俺でもみるよ。うん。
精進します』

愛する息子も、やはり初めて観た元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの妙技に釘付けだったようだ。子どもは正直なもの。
ついついこぼれた本音が、ファミリーの爆笑を誘ったのである。最後は「精進します」と、父としての決意を明かした。

いよいよクライマックスに突入した今季のJ1リーグ。残り4節で、優勝争いは早くも川崎と広島の2強に絞られた。
ルヴァンカップ決勝のインターバルを経て、次節は11月3日に開催され、川崎は柏レイソルと、広島はジュビロ磐田とそれぞれ戦う。ともに残留争いの渦中にいる対戦相手だけに、難しいゲームとなりそうだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/15475081/
2018年10月21日 6時43分 サッカーダイジェストWeb

no title

西城秀樹の訃報に中村憲剛らがコメント「恩返しができれば」 

1   2018/05/17(木) 14:50:42.15 _USER9
昨季、リーグ王者に輝いた川崎フロンターレは、川崎市在住で歌手の西城秀樹さんとの縁が深く、突然の悲報に驚きと悲しみに包まれた。
川崎Fは00年から7月にホーム・等々力競技場で「川崎市制記念試合」を開催しており、西城さんは00年の
「川崎フロンターレ-川崎ヴェルディ」の試合でハーフタイムにスタジアムを1周しながらヒット曲「YMCA」を歌った。
04年からはほぼ毎年、西城さんが「市制記念試合」に登場し、サポーターも一緒に踊りながら盛り上がっていた。
昨季も、体調が万全ではないにもかかわらず、豪雨の中の「川崎フロンターレ-ジュビロ磐田」の試合に登場していた。

 MF中村憲剛(37)は「びっくりしました。フロンターレのイベントでとてもお世話になっていた。スタジアムが満員になる前から、
市制記念試合ではほぼやっていただいて、Jリーグの中でも夏の風物詩のようになっていた。
あの空間でYMCAでみんなで巻き込むパワーがすごくあった。いつも、どんなときも来てくださって。
ショックですし寂しい。ご冥福をお祈りしたいです」と言葉を詰まらせた。DF車屋紳太郎(26)は「自分が加入する前から、
フロンターレを盛り上げてくれた方。連覇という形で恩返しができれば」と話した。

日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00211259-nksports-ent
16年7月13日、川崎F対新潟 ハーフタイムショーで脳梗塞を患いリハビリ中の西城秀樹さんがオープンカーに乗って「ヤングマン」を歌って場内1周する
no title

【サッカー】日本代表、サプライズ選出で「中村憲剛」くるのか 

kengo-1-thumb-550xauto-177597
1   2018/04/26(木) 20:48:49.30 _USER9
フィジカルやスピード以上に 重視されそうなファクターが…

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の後任として日本代表を率いることになった西野朗氏は、ワールドカップまでの短期間でどんなチームを作るのか。

 4月12日に開かれた就任会見でのコメントから判断すると、どうやらハリルホジッチ監督のスタイルを踏襲する気はなさそうだ。

 「1対1の強さや縦の攻撃に対する推進力は日本のサッカーに足りない部分」と認めながらも、西野監督は「体格面のところで戦えない部分もある」と分析。だから、なによりフィジカル的な強さを追求するやり方ではなく、日本人選手の特長のひとつである「技術力を最大限に生かしたい」という。

 事実、デュエル(フランス語で決闘の意)の強さや縦への速さを求めたハリルホジッチ監督の下では、選手たちが指揮官のリクエストに上手く応えられなかった印象だ。日本サッカー協会の技術委員長の立場でそうしたもどかしい光景を見ていた西野氏も、「監督の要求が高かったのかもしれませんが、そこがバランスよく機能していたかというと、僅かな差はあった」と証言している。
 
いわゆる短所を克服できない以上、残された道は長所を最大限に活用する──。それこそ、西野監督が定める方向性と言えるかもしれない。
 
 戦術にがっちり当てはめず、選手個々の持ち味がベースになる。それは「あまり個人のプレーに制限はかけたくない」との新指揮官の言葉からも推察できるだろう。

 “個”を尊重したうえで「できればオフェンシブな戦い方を求めてやっていきたい」というのが西野監督のベースとなる考え方だ。

「選手にもそういうスピリットでゲームに入ってもらいたい。どんな相手にも勝機はあるので、統一感のあるゲーム運びをやっていきたい。FIFAランキングがそのまま反映されないのがサッカーの世界。日本は今までもたくさんそういう勝負をしてきたので、対戦国にやりにくいことを仕掛けていく展開が増えれば、勝つ確率も上がってくると思います」
 
 では、選手選考の基準はどうなるのか。

 基本(ラージグループ)はハリルホジッチ政権下でプレーしていた選手たちになりそうだが、フィジカルやスピード以上に重視されそうなのがテクニックだ。そうしたコンセプトの下、西野監督は「自チームでやっているプレーを評価して選手を選びたいですし、個人だけではなく。日本サッカーの強さはグループでのパフォーマンスだと思っています。だから、連係が取れる選手も選考していきたい」と考えている。

つづく

4/26(木) 11:30配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180426-00039423-sdigestw-socc

久保武司「ハリルさん、見てますか? 中村憲剛の舵取り 川崎CS進出の原動力こそ日本に必要な力」 

1: 名無しさん 2016/09/29(木) 09:11:51.50 ID:CAP_USER9
■サッカー明治安田J1第2ステージ第13節(25日、川崎市等々力陸上競技場ほか=9試合)

川崎が横浜Mに3-2で競り勝ち、広島を下した首位・浦和とともに年間王者を争うチャンピオンシップ(CS)進出を決めた。

川崎はクラブ史上初のCS出場となり、MF中村憲剛(35)は安堵の笑みを浮かべた。

「第2ステージ優勝と年間1位を目指しているけど、チャンピオンシップの挑戦権を獲得できたのはよかった」

ホームで臨んだこの日の試合は、後半39分にMF三好が2点目を決めて優位に進めていた。

だが負傷交代などがあり、ロスタイムは9分。これがドラマのクライマックスタイムとなった。

立て続けに2点を失い同点に追いつかれたが、日本代表FW小林が値千金の決勝ゴール。

中村の右CKが起点となった劇的勝利だったが、その本人は「今までの川崎なら勝てていなかった」と興奮気味に振り返った。

チームは勝ち点「28」で2位に浮上。ボランチとして中村は献身的なプレーで支えているが、ハリル・ジャパンからも期待を受けている。

日本代表は10月にW杯アジア最終予選のイラク戦(6日・埼玉)、オーストラリア戦(11日・メルボルン)に臨むが、

初戦UAE戦で黒星スタートとなるなど苦戦中。原因はボランチが機能していないことで、中村の絶妙な“舵取り”ぶりが求められている。

この日の横浜戦でも、9月の最終予選で代表デビューを果たしたMF大島とWボランチを組み、見事なコンビネーションをみせると、得意のタテパスで何度も決定機を作った。

中村は日本代表への招集に関しての発言を封印しているが、ハリルホジッチ監督が若手の一番手として期待する大島との好連携を披露し「CS出場権」という結果を出したことで、

代表復帰への条件が完璧に整った格好。後はベテラン嫌いのハリルホジッチ監督が腹をくくるだけだ。 (夕刊フジ編集委員・久保武司)

2016.09.27
http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20160927/soc1609271550001-n1.htm

写真
no title


SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー発表記者会見のインターネットライブ配信決定
9月29日(木) 15:00(予定)

http://www.jfa.jp/news/00011066/

川崎フロンターレ首位陥落…一発退場の大久保「頭は相手に当たっていない」 憲剛「冷静さが欠けていた」 

1: 名無しさん 2016/09/18(日) 09:26:26.78 ID:CAP_USER9
◇明治安田生命 J1第2S第12節 川崎F2―3大宮(2016年9月17日 熊谷陸)

 勝てば年間勝ち点で3位以内が確定し、初のチャンピオンシップ出場が決定するはずだった大一番。川崎Fはエースの退場が響いて競り負けた。

 前半36分、右CKから逆サイドでこぼれ球を狙った大久保が大宮のMF家長のファウルで転倒。倒れたまま家長の足を引っ掛けようとした大久保が起き上がると、これを見ていた相手MF横谷に背中を押されて再び倒された。

そして今度は起き上がりながら大久保が横谷の腹部に頭突き。エースが主審の目の前で報復行為に出て一発退場となった。15年10月24日の横浜戦以来、12度目の退場でストイコビッチのJ1リーグ最多記録にあと1と迫り、敗戦を招いた。

 「今日はない」と取材に応じなかった大久保だが、関係者に「(反スポーツ的な行為を)やってしまったのは悪いが、その前のプレーで(相手の挑発を)止めてほしかった。それに映像を見てもらえば分かるが、頭は相手に当たっていない」と漏らしたという。

最近は若い頃のやんちゃなイメージは影を潜め、退場の回数は激減。挑発に乗ることも少なかったが、この日は試合後もあいさつの際に両チームの選手が小競り合いをするなど後味の悪い試合となった。

 中村は「自滅というか1人減るとどれだけ大変か、嘉人(大久保)も自覚していると思う。冷静さが欠けていたという一言につきる。今日に限って挑発に乗ったのは不思議」と話し、風間監督は「試合を(大久保の退場が)壊してしまった。もう少し冷静にサッカーをしなければ」と嘆いた。

 10人となって先制を許しながら一度は2―1と逆転。しかし、終盤に運動量が落ちて再逆転を許し、チャンピオンシップ確定どころかステージ3位に落ちた。次節25日の横浜戦は大久保に加えてエドゥアルド・ネットも警告累積で出場停止。川崎Fの真価が問われる。

 ≪ピクシーに続くJ1ワースト2位≫大久保(川崎F)が前半36分にレッドカードで一発退場。大久保の退場は昨年10月24日・横浜戦以来、J1リーグ通算12度目。12度は歴代ワースト2位で、最多のストイコビッチ(名古屋)の13度にあと1回に迫った。ただし、大久保はプロ10年目までに退場11回とハイペースだったが、11年目から今季までの6年間では今回が2回目と大幅に減少している。

スポニチアネックス 9月18日 7時1分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160918-00000013-spnannex-socc

写真
no title


試合ハイライト
http://soccer.skyperfectv.co.jp/s/movies/jleague/rv7taq9opEA

【サッカー】<大久保“頭突き”>一発レッド!自身12度目の退場…J通算1位はピクシーの13度
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1474111325/

【サッカー】<Jリーグ・第2S第12節>大久保退場で10人の川崎フロンターレ、一時は逆転も乱打戦落とす…大宮MF江坂が劇的決勝弾
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1474110170/

中村憲剛が日本代表への提言を封印する理由…持論は「今、選ばれている人が日本の最高のメンバーで最強のチーム」 

1: 名無しさん 2016/09/16(金) 08:57:18.00 ID:CAP_USER9
“口にチャック”の真意はどこに――。J1川崎のMF中村憲剛(35)が、復帰の可能性が高まっている日本代表についてのコメントをあえて封印している。

 先月25日に行われた日本代表メンバー発表会見でバヒド・ハリルホジッチ監督(64)がトップ下のバックアップメンバーとして「川崎の35歳」を指名。トップ下や守備的MFとしてJ1年間勝ち点1位の川崎をけん引する中村の存在が改めてクローズアップされた。

 中村は「可能性0%だと思っていたけど『川崎の35歳』と言ってくれて視界が開けてきた。モチベーションも上がるし、何があってもいいように頭と体の準備はしないといけない」と代表復帰の可能性があることを素直に喜んだ。続けて「(日本代表の)試合の見方も変わる。自分が入ったらどうしようとか考えるようになった」とも語った。

 しかし“どうしたいか”について具体的には口を閉ざす。「まだそこ(日本代表)でやっていない。中に入っていないので何も知らない状態。今言えることはない」。外から見ただけの印象を語るのは、適切さを欠く可能性もあるだけに慎重になっている。

 中村の日本代表に対する持論は「今、選ばれている人が日本の最高のメンバーで最強のチーム」。だからこそ現代表メンバーへのリスペクトがある。自身が代表でプレーしている時代、第三者にアレコレ言われていい気分はしなかった過去があるのも無関係ではない。

 ロシアW杯アジア最終予選の9月シリーズでハリルジャパンが苦戦したこともあり、来月のイラク戦(6日、埼玉)、オーストラリア戦(11日、メルボルン)でベテランMFの復帰もあり得る。

 実現のあかつきには、中村からどんな言葉が飛び出すのだろうか。

東スポWeb 9月16日 6時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160916-00000003-tospoweb-socc
no title

「川崎の35歳」ハリル発言に中村憲剛「代表戦の見方変わった」 

1: 名無しさん 2016/09/11(日) 21:58:23.08 ID:CAP_USER9
[9.10 J1第2ステージ第11節 川崎F3-1福岡 等々力]

不格好でも1点は1点だ。1-0で折り返した後半開始早々の2分、川崎フロンターレはDF車屋紳太郎の横パスにMF中村憲剛が走り込み、PA内に進入。
MFダニルソンに寄せられ、シュートはGKの正面を突き、ゴール前にこぼれた。GKとの間に立ってキープの体勢に入ったダニルソン。その背後から中村が左足を振ると、つま先あたりでボールをとらえ、ゴールネットを揺らした。

「(ダニルソンの足元にあった)ボールが見えたから、突っついてみようかなと。あのままゴールキックになるぐらいなら、あらがったほうがいいかなと思った」。
ダニルソンの股間から左足を振ってシュート。一瞬の隙を突いた値千金の追加点に「あきらめない気持ちかな。あそこで足を振ったことで何かが起きた」と苦笑いしながらも胸を張った。

第2ステージ首位&年間勝ち点1位の座をキープし、悲願の初タイトルへ突き進む川崎Fだが、中村にはもう一つのモチベーションもある。
先月25日に行われた日本代表メンバー発表会見。バヒド・ハリルホジッチ監督は「川崎の35歳」をトップ下の「バックアップメンバーとして用意している」と明言した。

名前こそ明かさなかったが、中村を指しているのは疑いの余地がなく、そのことを知った中村自身、
「もう代表には縁がないものかと思っていたけど、代表への世界観というか、関わり方は変わった」と率直に認める。

「ゼロ(%)だと思っていたところから、代表に関われる可能性が出てきた。まずフロンターレでしっかり良いプレーをするというのは変わらないけど、モチベーションは上がるし、
言われないよりは言われたほうがいい。代表の試合の見方も明らかに変わった。今までも試合は見ていたけど、自分が入ったらという見方はしていなかったから」

現時点ではMF香川真司やMF清武弘嗣がケガをした場合などに備えたバックアップメンバーという位置づけだが、何が起こるか予測不可能なのがW杯アジア最終予選だ。
13年6月のコンフェデレーションズ杯を最後に日本代表から遠ざかっている35歳のMFが「少し芽生えた」と話す代表復帰への意欲。
経験豊富なベテランの力が必要になる場面が訪れたとしても何ら不思議はない。

ゲキサカ 9月11日(日)8時10分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160911-01631142-gekisaka-socc

写真
no title

前園真聖「イラク戦は海外組より中村憲剛、闘莉王起用を!!」 

1: 名無しさん 2016/09/09(金) 10:29:11.71 ID:CAP_USER9
【前園真聖 ゾノの焦点】ハリルジャパンが敵地のタイ戦で勝利しました。予選なので勝ったことがすべてですが、たくさんあったチャンスを生かせなかったのは反省材料。もっと早く点を取っていれば楽に戦えたはずです。これから強豪国と戦うので、好機でしっかりとゴールを決めないと厳しい戦いが続くでしょう。

 この試合で少し気になったのはハリルホジッチ監督の選手交代です。後半は本田(圭佑=30、ACミラン)も長谷部も疲弊していたので、もうちょっと早く代えてよかったかもしれません。もっと早く得点を奪っておけば…という条件が付きますが、交代が遅くなったことで選手にダメージが残ることも考えられます。そこは大きな課題として残りました。

 また、ホームの初戦では、欧州組のコンディションがよくありませんでした。クラブで試合を終え、2、3日後に代表戦を戦うのは誰でも難しいものですし、ベストの状態では臨めません。次は10月にホームでイラク、アウェーでオーストラリアと対戦しますが、イラク戦では体調の悪い欧州組ではなく、国内組を中心にするのも一つの策ではないでしょうか。

 例えば、今予選でバックアップメンバーに入っていた元代表MF中村憲は、ボールを保持できる選手ですし、現在のメンバーとの連係も問題なし。経験が豊富なので、リスクも少ない。長谷部や本田の代役には適任と言えます。国内には経験のある実力者がいるので、ホーム限定で起用してもいいかもしれません。

 注目は日本に復帰したDF田中マルクス闘莉王(35=名古屋)です。経験値もあり、何より今の代表には彼のような熱いハートを持つタイプの選手が必要です。もちろんブランクがあるのでリーグ戦でのパフォーマンス次第になりますが、DF陣は手薄なので面白い存在ではないでしょうか。 (元日本代表MF)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160909-00000007-tospoweb-socc
no title

ハリルホジッチ指名の35歳、中村憲剛が語った"代表復帰"への期待と覚悟 

1: 名無しさん
【日本代表】ハリル指名の35歳、中村憲剛が語った"代表復帰"への期待と覚悟
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160826-00018433-sdigestw-socc
庄子GMからの着信を見た時は、「俺…何かやったかな?」と、とまどった。

 8月25日、ロシアワールドカップ・アジア最終予選を戦う日本代表メンバーが発表された。
川崎からは大島僚太と小林悠が選出されたが、最大のサプライズといえば、ハリルホジッチ監督からバックアップメンバーとして示唆された「35歳の選手」かもしれない。
 
 メンバー発表があったこの日、庄子春男GMからの着信を見た35歳の中村憲剛は、「俺…何かやったかな?」と、とまどったという。それもそうだろう。日頃、クラブの強化部長から自分の元に連絡が来ることなど、特別なことがない限り、まずないからである。
 
「普段、(庄子GMから)かかわってくることがないですからね。『バックアップメンバーらしいぞ』と言われて、『はっ?』って言いました(笑)」
 
 中村が思わず聞き返してしまったのも無理はない。現在の年齢は35歳。これまでハリルホジッチ体制下では、長く代表の中盤に君臨し続けていた遠藤保仁や、チームメートでもあるJリーグ3年連続得点王・大久保嘉人といった同世代のベテラン勢は選出されてこなかったという背景がある。自身のパフォーマンス抜きに、年齢という区切りで代表への門が閉じられつつあったことは、本人も感じ取っていたからだ。
 
 それだけに、バックアップメンバーとはいえ、表情を崩して素直に喜びを口にした。
「それは嬉しいですよ。現役である以上、そこ(日本代表)にはこだわりがあります。ただ年齢のことをよく口にする監督なので、難しいのかなと思っていました。35歳ですからね。若いとは思わないけど、ちゃんとやっていれば、そういう風に評価してくれる監督だとあらためて確認できた。それが見えているところでやるか、見えないところでやれるかでは、自分の中でも全然違います。見てくれていることは光栄だし、モチベーションも上がります」
 
 中村が日本代表選手としてプレーしたのは、2013年6月のコンフェデレーションズカップが最後になる。2014年のブラジルワールドカップでは本大会の23名から落選し、予備登録メンバーに回った。約3年ほど代表から遠ざかっていることになるが、気持ちが離れたことはない。

SOCCER DIGEST Web 8月26日(金)17時45分配信
no title

中村憲剛「一緒にやっていてうまかったSBは内田篤人!「ボールの置きどころが違う!!」 

285: 名無しさん 2016/08/23(火) 13:59:41.91 ID:k/6M1MO4
けんちゃんじじい説明がわかりやすいな

http://www.sakaiku.jp/series/kengo/2016/012309.html
■内田篤人のうまさは「ボールの置きどころ」にある

僕自身はサイドバックではありませんが、一緒にやっていてうまかったなと思うサイドバックは内田篤人選手(シャルケ04)です。

内田選手と他のサイドバックが違うのは、「ボールの置きどころ」でした。

一般的なサイドバックの選手は、ボールが来た時に外側にコントロールします。相手選手はサイドバックから見て、内側から寄せて来ることが多いので、ちょっとでも遠い位置にボールを置きたいという意識が働くからです。

だけど、外側にボールを置いてしまうと、身体も外に開くのでピッチの内側を見ることができません。パスを出す方向や、ボールを運ぶ方向が限定されるので、相手にとってプレッシャーをかけやすくなります。

でも内田選手はボールが来た時に、あえて相手がいる内側にコントロールします。もちろん、相手との距離がすごく近い時は、外側に置くこともありましたが、コントロールする余裕がある時は内側にボールを置く。

そうすると、身体が中を向きます。そうすれば中にいるボランチやセンターバックへのパスコースが確保できるし、外側に運んだほうが良ければ、そうすることもできます。

外に置くか、中に置くか——。ボール1個分ぐらいの差かもしれません。だけど、それによってプレーの選択肢は大きく変わります。

内田選手は相手との距離の取り方もうまかった。僕がボールを持っていて、サイドバックにパスを出そうとします。

このとき、相手が近くにいて、その場でボールを受けたらプレッシャーをかけられそうだと感じたら、スッと1、2歩動くんです。ちょっとしたことなのですが、それによって相手との間合いができて余裕を持ってプレーできる。

そのあたりのセンスは、僕が一緒にプレーしたサイドバックの中でも突出していました。

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索