Samurai Goal

中村俊輔


スポンサード リンク





「ロシアW杯が最後」と話した本田圭佑…カズ、中田ヒデ、俊輔の代表引退をひもとく 

1: 名無しさん 2016/07/07(木) 16:54:31.96 ID:CAP_USER9
日本代表のFW本田圭佑(30)=ACミラン=が、4日放送の日本テレビ系「NEWS ZERO」で、2018年ロシアW杯が現役選手として最後のワールドカップになる可能性が高いことを示唆した。

 「おそらく自分の最後になる可能性の高いワールドカップだと自覚していますんで、そこに向けてやっていこうと思っています」

 9月からのアジア最終予選を勝ち上がれば、本田は32歳でロシアW杯を迎える。確かに、選手としては肉体的なピークを過ぎ、下り坂にさしかかるタイミングである。6月のキリン杯で、練習中に左膝裏の違和感を訴えて2試合とも欠場したことが衰えの前兆とは思いたくないが…。

 過去のスター選手の事例をひもとくと、1998年フランスW杯前の合宿で三浦知良(現・横浜FC)がメンバーを外れたのは31歳。2006年ドイツW杯の1次リーグ敗退後に中田英寿氏が現役引退を表明したのは29歳。10年南アフリカW杯のベスト16に日本が歓喜に沸く中、中村俊輔(横浜M)がひっそり代表引退を表明したのは32歳だった。

 カズは岡田武史監督に「落ちるのは…」と歴史的な非情通告を受け、中田氏は大会前からひそかに自らの出処進退を決断していた。中村は大会直前になって、本田にポジションを奪われた。スポットライトからの幕の引き方は三者三様だが、いずれにせよ、力の衰えを隠せなくなったことに変わりない。

 最近、本田は達観したようなコメントが増えている。来年夏でミランとの契約を満了する去就問題についても、「もうロートルですから。自分の行きたいようなクラブが手を挙げてくれるか」と話した。わずか1得点に終わった昨季のふがいない成績を、冷静に受け止めている様子だ。

 ロシアW杯まであと2年。最終予選から本大会へと続く、心身がすり減るような厳しい戦いを30代の本田はどのように乗り切るのか。歳月はどんなスター選手にも容赦なく襲いかかり、「その時」は突然やってくる。先述の3人のような悲劇の繰り返しではなく、本田には過去最高ベスト16をうわまる有終の美を期待したい。(浅井武)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160706-00000568-sanspo-socc
no title

「世界で勝つために日本代表に必要なFWは?」中村俊輔に聞いてみた 

1: 名無しさん 2016/06/09(木) 22:12:09.09 ID:CAP_USER9
「イタリアでプレーしているFWは、練習からゴール前だけは絶対に手を抜かない」

 現在の日本代表に合うFWとはどんなタイプなのか。そして世界を見据えたうえで必要なFW像とはどんなものなのか。
日本代表で数々の死闘をくぐり抜け、イタリアやスコットランドで様々なタイプのFWとプレーしてきた
『ファンタジスタ』中村俊輔に話を訊いた。

―――◆―――◆―――◆―――

 2002年7月、中村俊輔は24歳で海を渡り、イタリアはセリエAに戦いの場を移した。
所属していたレッジーナは強豪クラブではなかったが、自身のサッカー観は大きく変わった。
自身を『ファンタジスタ』と称し、ゴールを演出することを生業とする中村は、
カルチョの国で異彩を放つストライカーたちに衝撃を受けたという。
 
「イタリアでプレーしているFWは、練習からゴール前だけは絶対に手を抜かない。
なぜかというと、彼らはヒーローになれることを知っているから。だからラスト3分の1のところの要求レベルはすごく高かった」

 ラストパスのタイミングや精度が少しでもズレれば、ゴールは生まれない。
ましてや毎シーズンのように残留争いに巻き込まれるレッジーナにおいて、それは死活問題にもなりかねない。
厳しい環境に身を置くことで、最終局面の重要性を体感した。

 横浜に帰還した今も、時間を見つけては欧州各国のリーグを視聴し、自身の血肉に変えている。
15-16シーズンでいえば、レスターの一員としてプレミアリーグ制覇を成し遂げた岡崎慎司のプレーを
見る機会も多かったようだ。日本代表でもともにプレーした後輩FWについても賛辞を惜しまない。
 
「岡崎は守備の部分ばかりがフォーカスされているけど、それだけではない。プレーを見ているとゴールの匂いもする。
どうしても(ジェイミー)バーディーの陰に隠れてしまうけど、彼はゴール前での“嗅覚”という武器を高いレベルで持っている」
 
 中村はチャンピオンズリーグでの日本人初得点者という一生色褪せない肩書を持っており、
日本代表の中心選手としても長きに渡り世界と戦ってきた。
そして、様々なタイプのストライカーとタッグを組み、ゴールを演出してきた。
 
 おそらくFWには武器が必要だ。では、その強さがいかにして決まるか。
稀代のファンタジスタはひと呼吸置いたあとに、独特の言い回しで表現した。
 
「どの選手にも特徴がある。ただ、ストライカーに限って言えば、相手DFに対して相対的に上回っている能力が必要。
それがないと脅威にならないし、仲間からの信頼を勝ち取ることもできない」

その持論に従って言えば、Jリーグで活躍している選手が必ずしも世界レベルで結果を残せるとは限らない。
日本人CBのレベルアップも重要な要素で、イタリアでは屈強CBを相手にFWが腕を磨く様子を目の当たりにしてきた。
 
 日本人FWもそれぞれが武器を持っている。そのなかで、中村はかつてチームメートとして戦ったひとりの選手の名を挙げた。
 
「今は真っ先に岡崎の名前だろうけど、それ以前に欧州リーグでしっかり結果を残していた選手といえばタカ(高原直泰)」
 
 磐田で圧倒的な得点力を示して得点王に輝き、ブンデスリーガ1部のハンブルガーやフランクフルトでも
結果を残したストライカーは、どの点が優れていたのか。
 
「タカはとにかくゴールの形がたくさんある。ヘディングひとつ取っても、ファーサイドに入れば高さがあるし、
ニアサイドに入って泥臭くねじ込むプレーもできる。ボレーシュートは左右両足遜色なくミートが上手い。
そういう選手は出し手としてもゴールのイメージを作りやすい」
 
 豊富なシュートパターンでゴールを量産してきた高原は、局面における戦いで相手CBに勝ってきた。
対峙するDFをいかにして上回るか。日本人FWが、ひいては日本代表が世界で戦うための最重要課題かもしれない。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160609-00016459-sdigestw-socc&p=2
no title

中村俊輔、MF遠藤渓太(18歳)に喝!「ギラギラしたメンタルでグラウンドに出ないと…」「海外だったら即交代だから…」 

1: 名無しさん 2016/05/30(月) 01:29:42.30 ID:CAP_USER9
横浜F・マリノスの元日本代表MF中村俊輔が、U-19日本代表MF遠藤渓太(18歳)ら若手に「もっとギラギラしろ」と一喝した。

横浜FMは28日、J1ファーストステージ第14節でホームに柏を迎えた。
DF中澤佑二、FW齋藤学、DFパク・ジョンスの得点で3-0と快勝。全て中村のセットプレーを起点に生まれた。
今季、ホーム日産スタジアムで初白星を挙げ、5試合勝ちなし(1分4敗)の泥沼から2連勝と巻き返しを見せている。
中村は試合後、若手のさらなる突き上げに期待している。
特にエリク・モンバエルツ監督からの信頼が厚く、この試合がリーグ戦10試合目の出場となった18歳のMF遠藤に奮起を促している。

「渓太はパスしちゃったけど、あれ海外だったら即交代だからね」

中村がこう指摘したのは前半23分のプレーだ。
中央右寄りの位置でボールを受けた中村は、左サイドからペナルティーエリア内に走り込んだ遠藤へ絶妙なラストパスを送る。
シュートも打てるこの場面で遠藤はトラップを選択したが、コントロールが大きくなり相手DFにカットされた。
それを見た中村は思わず両手を広げ、天を仰いだ。期待しているからこそ、あえて厳しいダメ出しとなった。
.
今のままでは「いつまで経っても伸びない」
試合後、遠藤自身も「俊さんからのパスをトラップミスしたり、最後の判断だったり、課題は変わらずという感じです」
と後悔を口にした。中村は悩める遠藤の覚醒に期待している。

「もうちょっと殻を破らないと。いいものを持て余している。徐々には良くなっているとは思うけど、
他のところでもミスがあった。ギラギラしたメンタルでグラウンドに出ないと、いつまで経っても伸びない。
積極的にやれということではなくて、この試合で自分がやってやるんだというオーラというかメンタルで試合に出ないと、
いつまで経っても伸びない」

今季プロデビューを飾ったばかりの18歳に対して、中村はあえて苦言を呈したが、その指摘は期待の裏返しでもある。
「あそこに走り込んでいることは素晴らしい。(遠藤は)速いんだよね、ステップも細かくていいし、体もゴリゴリしている。
だからこそ、もったいない」と評価している。

 日本の誇るファンタジスタは、言葉だけではない。日本代表時代に長友佑都(インテル)、
岡崎慎司(レスター)にサッカーIQと経験の全てを注ぎこんできた中村は、今も自らが若手の教師役であることを自認している。

「練習からもっとやれる。(遠藤の)自信をうまく勢いに乗せてあげるのが自分の役目だと思う。
だけどプロだったら、それに気づくのも結局は自分」

 この試合ではボランチで先発したDFパク・ジョンス(22歳)が、本拠地でJリーグ初ゴールを記録。
中村は、パクや遠藤以外の若手にもチャンスはあると主張した。

「頭(先発)から出てやれる選手がいっぱいいる。パクも前から言っていた。
そういう選手に練習から声をかけて、気持ちが萎えさせないようにケアしたい。
可能性のある選手はいろいろなポジションでいっぱいいる。練習のなかからうまく競争させてほしい」

 U-23日本代表として、トゥーロン国際大会でも1ゴールを奪ったFW富樫敬真も台頭してきた。
38歳の中澤や37歳の中村らベテラン選手がチームを支えてきた横浜だが、
百戦錬磨のマエストロら実力者を脅かすような若手は台頭するのだろうか。
チームの大黒柱に一喝された若手たちの、今後のピッチ内での振る舞いに注目したい。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160529-00010014-soccermzw-socc&p=2
no title

【動画】中村俊輔、今季は「セットプレーからの得点率」がものすごい! 

1: 名無しさん 2016/05/24(火) 17:09:41.79 ID:CAP_USER9
守備の不安定さと決定力の低さが重なり、ここ最近のJ1で全く結果の出ていない横浜F・マリノス。

先週末、アウェイでのヴィッセル神戸戦で0-1と勝利し6試合ぶりの白星をあげたのだが、
決勝ゴールを演出したのはやはりあの男の左足だった。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=32&v=HgpVi-0ri0o



0-0で迎えた23分、マルティノスがファウルを受けフリーキックを獲得すると、これを蹴るのはもちろん中村俊輔。
30mほど距離があったもののゴール前に正確なボールを供給し、最後は栗原勇蔵がヘディングでシュート!
絶妙なボールに神戸GKキム・スンギュは前に出ることができず、横浜FMが先制に成功した。
アシストをマークした直後、まるでこうなることをある程度予想していたかのように小さくガッツポーズを見せた中村。
試合後このフリーキックについて「勇蔵を狙っていた」と振り返って、やはり狙い通りのボールであったようだ。
そんな中村だが、今季はここまで「セットプレー」から数多くのゴールを演出している。

ここまでJ1で3ゴール3アシストの中村俊輔。
そのうちセットプレーから生まれたものは…

J1ファーストステージ 第11節 甲府戦(フリーキックでアシスト)
https://www.youtube.com/watch?time_continue=28&v=-QiNH_NnO-o



J1ファーストステージ 第8節 広島戦(PKでゴール)
https://www.youtube.com/watch?time_continue=306&v=qk28IRcoEtE



J1ファーストステージ 第5節 G大阪戦(フリーキックでゴール)
https://www.youtube.com/watch?time_continue=82&v=jwFhRxfDOvQ



J1ファーストステージ 第2節 福岡戦(フリーキックでゴール)
https://www.youtube.com/watch?time_continue=140&v=5p5UiRTgK1I



3ゴール3アシストのうち、なんと3ゴール2アシストがセットプレーから!(ここではPKもセットプレーとカウントする)
なかでもフリーキックからは2ゴール2アシストと流石の精度を誇っているのだ。
ちなみに、アシストはついていないものの中村は他にもコーナーキックとフリーキックから3得点を演出している。

ここまで横浜FMは17点を奪っているが、そのうち中村は9点に絡んでいる計算になる。
6月には38歳を迎えるが、その左足はまだまだ衰えを知らないようだ。

http://qoly.jp/2016/05/24/shunsuke-nakamura-goal-and-assist-from-set-piece?part=3
6badbdef-a726-4ccf-b208-545cf00751d9

中村俊輔(37歳)キック技術を超える選手は、いまだに現れず!! 

1: 名無しさん 2016/05/10(火) 16:47:44.47 ID:CAP_USER9
最近の日本サッカー界では、若くして台頭してくる人材が減少傾向にある。

 8月のリオデジャネイロ五輪を目指すU-23代表世代を見ても、すでに日本代表(A代表)で試合出場の経験があるのは、MFの遠藤航(浦和レッズ)、南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)、FW浅野拓磨(サンフレッチェ広島)くらい。歴代の五輪代表と比較しても、その数は少ない。

 それはJリーグを見ていても同様で、活きのいい20歳そこそこの選手を目にする機会は相当に限られる。

 では、今の若い選手が昔に比べて下手になったのかと言えば、そんなことは決してない。単純にボールを止めたり、蹴ったりするだけなら、むしろうまくなっているとさえ言えるだろう。

 しかし“本当の意味で”うまくなっているのか、つまりは、実戦で使える技術をものにできているのかというと、そこには甚だ疑問が残る。

 敵のプレッシャーを受けながらでも、慌てずボールを扱うことができるか。トップスピードでプレーしながらでも、ボールコントロールがブレないか。そこに加えて、敵をあざむくようなアイデアを発揮できるか。

 こうした条件を踏まえて言えば、残念ながらうまい選手は少なくなっているように思う。全体的な平均点は上がっているのかもしれないが、見ていて思わずため息が出てしまうような若い選手は見当たらない。

 横浜F・マリノスの背番号10、中村俊輔のプレーを見ていると、そんな現状を改めて感じてしまう。

 例えば、大きく逆サイドへ展開するロングパスひとつを取っても、中村の技術の高さはよくわかる。彼ほど低く鋭い弾道のボールを、文字どおり糸を引くように正確に届けられる選手は、J1でもそうはお目にかかれない。

 もちろん、大きなサイドチェンジのボールを蹴るだけなら、できる選手は他にもいる。だが、その多くはパスの軌道が大きな弧を描く。

つまり、それだけボールの滞空時間が長くなり、敵にとってはボールの動きに合わせて動く時間が生まれることになり、対応しやすくなってしまうのだ。相手選手に移動の暇を与えないという点において、中村のロングパスの質は図抜けて高い。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160510-00010003-sportiva-socc&p=1
no title


【サッカー】<日本代表>目指すべきスタイルは?ヒントは浦和にあり!世界の潮流は「ポゼッション」から「カウンター」
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1462774202/

レスター優勝に岡崎の自己犠牲!英紙「中村俊輔ほどのグラマラスさは無いが、欧州で成功する日本人の頑張り屋を体現」 

1: 名無しさん 2016/05/09(月) 21:35:01.30 ID:CAP_USER9
岡崎の献身性を評価

レスター優勝に岡崎の自己犠牲アリ! 英紙「中村俊輔ほどのグラマラスさは無いが、欧州で成功する日本人の頑張り屋を体現している」

華やかで美しいものに視線が奪われてしまうのは、想像に難くない。しかし肝心のハートを奪うのは、いつも貪欲な働き者だ。132年という歴史において初のプレミアリーグ制覇を達成したレスターだが、その秘訣はどこにあるのだろうか。かつての天才レフティーを引き合いに出しながら、英メディアがサムライの奮闘を称えている。

24ゴールを挙げたジェイミー・バーディや、守備に奮闘したエンゴロ・カンテらは大きな貢献を果たしたが、当然ながら30歳の日本人ストライカーも評価されてしかるべきだろう。

英『Herald scotland』はレスターがいかにしてプレミアリーグを制覇したのかを分析し、第一にクリスティアン・フクスとエンゴロ・カンテの契約が効果的だったと説明。前者はそのパスレンジの広さを、そして後者はダイナミックさと粘り強さをそれぞれ評価した。さらに同メディアは続け、昨夏にマインツから獲得した岡崎慎司については次のように述べている。

「最前線からハードにプレッシャーをかけ続け、バーディと共に素晴らしい仕事をした。彼が敵陣深くに居座ることで相手DFを引き付け、中盤の選手に圧力をかけることもできる。岡崎は、ヨーロッパで成功する日本人の頑張り屋さんをまさしく体現している。かつてセルティックでプレイした中村俊輔ほどのグラマラスさはないが」

同メディアは攻守において多大な献身をもたらす岡崎を評価する一方で、最前線におけるリヤド・マフレズとバーディによる“効率的な”カウンターアタックについても言及。たった4人のみで攻撃を展開させることができるため、仮にボールをロストしても10人で堅い守備ブロックを形成することができていると分析した。

もちろん彼らが来季も同じような成功を収めるには、質と量を考慮した戦力の拡充が必須だ。同メディアのように、対戦クラブはこぞってレスターの戦術を細かく解析してくるだろう。岡崎慎司にバーディ、そしてマフレズ。彼らが“ホンモノ”かどうか、いずれ分かるときが来る。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160509-00010028-theworld-socc
no title


【サッカー】<レスター・シティ>ラニエリ監督はやはり優勝に慣れていない?シャンパンシャワーに若干キレる©2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1462785472/

【サッカー】<イタリア・メディア>本田とアドリアーノの献身性を称賛!低調なミランに「必要不可欠な2人」©2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1462768386/

中村俊輔「ご飯はオフ中に行くと思うので、ごちそうしますよ」 レスター岡崎を祝福!! 

1: 名無しさん 2016/05/03(火) 23:23:41.54 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ 5月3日(火)22時58分配信

 横浜MF中村俊輔(37)もレスターFW岡崎慎司(30)の優勝を祝福した。

 3日、横浜市内で約1時間半4日アウェー名古屋戦に向けた調整を行った。練習後、中村は岡崎の優勝を受けて「ご飯はオフ中に行くと思うので、ごちそうしますよ」と約束した。

 岡崎のすごさについては「一番は経験がでかい。プレミア(リーグ)で1シーズン出たというのも大きいし、ビッククラブを倒してきている。それから(ヨーロッパの)4大リーグのうち、2カ所(ブンデス、プレミア)でプレーしているんだから」と褒めたたえた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160503-00000172-nksports-socc
no title

中村俊輔「(W杯最終予選)アウェイでの中東勢との対戦は気持ちがキュッと締まる」 

1: 名無しさん 2016/04/13(水) 22:24:04.78 ID:CAP_USER*.net
横浜の元日本代表MF中村俊輔(37)が13日、横浜市内での練習後、W杯アジア最終予選について自身の経験をもとにエールを送った。

 18年W杯ロシア大会のアジア最終予選組み合わせ抽選が12日、マレーシア・クアラルンプールで行われ、日本はオーストラリア、サウジアラビアなどと同じB組に入った。日本は9月1日にUAEと初戦を行い、17年9月5日にサウジアラビアとの最終戦を迎えることとなった。

 中村は「1年くらいかけて定期的にやる(大会)。ずっと調子の良い選手がいるわけではないし、けがをする選手も出てくるかもしれない。その中で集まったら試合、集まったら試合となるので、すごく厳しいけどそういったことを重ねることでチームがより強くなる」と話す。

 自身も2度のW杯を経験。中でもジーコジャパンの一員として挑んだ05年アジア最終予選のイラン戦。厳しいアウェーの戦いを思い起こした。

「例えばアウェーのとき。僕らの時はイランとやって(観客が)10万人以上いて、グラウンドの(選手の)声が聞こえないんだよ。完全アウェーの中でやって1-2で負けたけど、それによって選手がだんだん『これじゃまずいよね』ってコミュニケーションを取り始めたりした。そういうこともあるから結局(本大会に)いけた」と振り返る。

 今回の組み合わせで中東勢3カ国と対戦することになったが懸念はしていない。「移動も大変だけど、気は入るよね。気持ちが『アウェーにきたー!』って、キュッと締まる。やってやろうという風にチームとしてなれば大きいと思う」と期待を寄せた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160413-00000133-nksports-socc
no title

“中村俊輔の左足”がメッシを抜いた! 英メディアが選ぶ「FKキッカー世界トップ5」にランクイン!! 

1: 名無しさん 2016/04/11(月) 20:19:31.74 ID:CAP_USER*.net
■世界の名手とともに中村が堂々の五傑入り 「21世紀で最高の技術を持った1人」
 
横浜F・マリノスの元日本代表MF中村俊輔は、
圧倒的なテクニックと得意のセットプレーを武器に世界に向けて強烈な輝きを放ち続けている。

4月2日のG大阪戦では今季2点目となる直接FKを決め、自らが持つJ1でのFK得点記録を通算22ゴールへと更新したばかりだが、
芸術弾を決めるたびに、かつてプレーした欧州のメディアがこぞって報じるほど、名手の名は世界に知れ渡っている。

英フットボール専門メディア「コパ90」では、現時点の世界最強FKキッカートップ5を選定。
欧州のサッカーシーンを離れてすでに6年が過ぎたファンタジスタが、堂々のランクインを果たしている。

5位に選出されたのは、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだった。

PKのミスの数と直接FKの成功率の高さから、「PKよりもFKの方が得意」ともスペインメディアで報じられるメッシについては、
「小さな魔法使いは30ヤードのFKならいとも容易く成功させてしまう。世界最高選手は最高の軌道をマスターしており、GKがわずかに届かないところに突き刺さる」と絶賛されている。

■中村は”デッドボール・スペリャリスト”

そして中村が4位に選出されている。「4位はレジェンドのシュンスケ・ナカムラだ。
日本人MFは21世紀で最高の技術を持った1人で、”デッドボール・スペシャリスト”だ」と、イングランドメディアから絶賛。21世紀最高の”伝説”と認定されている。

「デッドボール・スペリャリスト」はFKの達人という意味。リーグMVPに輝いたセルティック時代に、英紙などでこの見出しが踊った。
2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグのグループステージで、マンチェスター・ユナイテッドとの2試合で芸術的なFKをそれぞれ決めた威光は、いまだ衰えていないようだ。

「邪悪な左足はGKを制するパワーを誇り、ファーサイドのコーナーに美しくゴールを突き刺す。感銘的なことは、彼は37歳ながら母国Jリーグでいまだ決めているのだ」

今季も芸術的なFKを二度決めているという、その健在ぶりも驚嘆の的となっている。

3位はレバークーゼンのトルコ代表MFハカン・チャルハノール。「ブンデスリーガ最強のFKキッカー」との異名を欲しいままにし、昨季は直接FKで公式戦10ゴールを叩き出した。
「トルコのセンセーションはブンデスリーガに嵐を巻き起こしている。スピン、落下角度、パワー、そして、スピードは地球最高の守護神ですら棒立ちにさせる」と絶賛されている。

>>2以降につづく

Soccer Magazine ZONE web 4月11日(月)12時45分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160411-00010008-soccermzw-socc
no title

中村俊輔 vs 日本代表ゴールキーパーwwwwwwww 

1: 名無しさん 2016/04/03(日) 18:28:01.475 ID:DVaw1Q150.net
vs 川島永嗣(2010)
no title

vs 楢崎正剛(2012)
no title

vs 権田修一(2013)
no title

vs 東口順昭(2015)
no title

vs 西川周作(2015)
no title

vs 六反勇治(2015)
no title

vs 東口順昭(2016)←New!
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索