Samurai Goal

中村俊輔


スポンサード リンク





絶賛から始まった中村俊輔のリーガ 挑戦。評価急落の裏に嫉妬もあった 

20200524-00894610-sportiva-000-1-view

中村俊輔、「セルティック究極の25人」で英絶賛 「ミスターFK」「彼の貢献は…」 

20200509-00260927-soccermzw-000-2-view

<長友佑都が選出!日本代表で最高の天才パサー> 3位中村俊輔、2位本田圭佑「エンジェル」と称した1位は? 

1: 2020/04/25(土) 22:07:41.41
ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が、最高のパサーについて自身の『YouTube』チャンネルで語った。

【動画】長友佑都、裏話を交えて天才パサーたちを語る

今月16日にYouTubeチャンネルを開設した長友は、第一弾として「人生ではじめての料理」にチャレンジする動画をアップ。第2弾でも料理をつくり、最後に歌を歌って自慢の美声を披露していた。

第3弾ではサッカーの話となり、「日本代表の最高パサー」をランキング形式で発表。「最高のパスで僕を活かしてくれた選手たち」として、自身が共にプレーしたことのある選手から選んだ。

5位にはMF清武弘嗣(セレッソ大阪)を選出。長友は「清武は天才」と語りつつ、「どんなボールの状況でも精度の高いパスが出せる。動いているボールのコントロールやパスが優れている。浮いているボールの処理がうまい」と称賛した。

4位にはMF中村憲剛(川崎フロンターレ)を選び、「憲剛さんのパス、特にインサイド。あのボールを蹴れる人は海外でもなかなかいない。相手が取れないような強いボールで来るんだけど、(自分が欲しい場所で)止まる。めちゃくちゃ視野が広い。(インテルで共にプレーした)チアゴ・モッタに似てる。インサイドの神」などと話した。

3位にはMF中村俊輔(横浜FC)を選び、「もともとの才能があるうえで、努力の天才でもある。先生みたいな、師匠みたいな人。ロングパスも精度が凄い。足下でも裏でもドンピシャでボールが来る。神ってた」と絶賛。そのほか、初めて会った時のエピソードなども話していた。

2位は戦友でもあるMF本田圭佑(ボタフォゴ)。「天才パサーではないけど、めちゃくちゃやり易い。ボールを持って時間を作ってくれて、その間に僕が(相手最終ラインの)裏を狙える。どんな状況でもメンタルがブレない。仲間として戦ってこれたのが誇り」と、様々な思い出話を交えて語った。

そして栄えある1位にはMF遠藤保仁(ガンバ大阪)を選出した。長友は「エンジェル」と遠藤を称し、「料理に例えるとオムライスの卵。遠藤さんのパスはボールが溶けてる。慌てているのを見たことがない。日本代表でも歴代1位の試合数(152試合)。僕が122試合で2位だから記録を抜きたいけど、正直めっちゃ厳しい闘い(笑)。バケモノ。ケガもないし、恐いくらい。鉄人。神、これこそ天才」と感嘆の声をあげていた。

饒舌に天才パサーについて語った長友。今後は海外編や日本代表の若手サッカー選手について語る企画も実施したいと話すなど、自身も『YouTube』を楽しんでいる様子だった。

4/25(土) 13:58配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200425-00010010-goal-socc

写真
no title

<中村俊輔は「まさに天才だった」>黄金期の元同僚が“セルティックベスト11”に選出 

1: 2020/04/23(木) 13:43:34.07
横浜FCの元日本代表MF中村俊輔は、セルティック時代の2006-07シーズンにUEFAチャンピオンズリーグで日本人史上初の決勝トーナメント進出という偉業を成し遂げた。在籍4シーズンでリーグ優勝3回、年間最優秀選手にも輝くなどレジェンドとして名を刻んだが、かつての同僚も「まさに天才だった」と回顧している。

 英紙「スコティッシュ・サン」の企画に登場したのは、2006年1月から6年半セルティックでプレーし、リーグ優勝3回を経験した元スコットランド代表DFマーク・ウィルソンだ。

 現在、スコットランド4部相当のブレチン・シティで監督を務めるウィルソンは、「一緒にプレーした選手によるセルティック・ベストイレブン」を選出。4-4-2の右サイドに共闘した中村を選出した。

「彼は僕が今まで一緒にプレーしたなかで最高の選手だ。彼は難しいことでも意図も簡単にやってみせた。彼のゲームに関する知識は素晴らしく、僕が後ろでプレーするのを楽にしてくれた。ナカムラのFKをはじめとしたセットプレーは、それを物語っている。彼はまさに天才だった。なんてフットボーラーだったんだ」

 横浜マリノス(当時)でプロキャリアをスタートさせた中村は、2002年に海外挑戦。日本人史上4人目のセリエAプレーヤーとしてレッジーナで3年間プレーし、2005年にスコットランドへ渡った。セルティックでは、2006-07シーズンに年間最優秀選手に輝くなどレジェンドとして語り継がれる活躍を見せたが、なかでも2006年11月21日に行われたCLグループステージ第5節ユナイテッド戦(1-0)で決めた決勝FK弾は伝説として刻まれている。

 共闘した選手から見ても、全盛期の中村は群を抜く存在だったようだ。

 ウィルソンが選んだ、共闘した選手による「セルティック・ベストイレブン」は以下の通り。

<GK>
アルトゥール・ボルツ(2005~10年在籍/元ポーランド代表)

<DF>
ミカエル・ルスティグ(2011~19年在籍/スウェーデン代表)
ガリー・コールドウェル(2006~10年在籍/スコットランド代表)
スティーブン・マクマナス(2003~10年在籍/元スコットランド代表)
エミリオ・イサギレ(2010~17、18~19年在籍/元ホンジュラス代表)

<MF>
中村俊輔(2005~09年在籍/元日本代表)
スコット・ブラウン(2007年~在籍/元スコットランド代表)
スティリアン・ペトロフ(1999~2006年在籍/元ブルガリア代表)
エイダン・マクギーディ(2003~10年在籍/アイルランド代表)

<FW>
ジョン・ハートソン(2001~06年在籍/元ウェールズ代表)
ショーン・マロニー(2008~11年在籍/元スコットランド代表)

4/23(木) 11:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200423-00258477-soccermzw-socc

写真
no title

中村俊輔、G大阪・遠藤保仁が歴代最多タイのJ1通算631試合出場に「だって、あいつ海外行ってないから」 

1: 2020/02/24(月) 10:32:58.37
◇23日 明治安田生命J1第1節 横浜M1-2G大阪(日産)

 G大阪の元日本代表MF遠藤保仁(40)が2-1で勝った横浜Mとの開幕戦にフル出場し、偉大な記録に肩を並べた。2018年シーズン限りで引退した元日本代表GK楢崎正剛(43)=元名古屋=が持つ631試合のJ1最多出場記録に並んだのだ。

試合後、報道陣から祝福された遠藤は「非常にうれしく思う」と素直に喜んだ。日の丸を背負って一緒に戦ったほか、
プロとしてのキャリアをスタートさせた横浜フリューゲルス(1998年シーズン限りで横浜Mに吸収合併)でも同僚だった楢崎さんに追いつき、「先輩である正剛さんの記録に並ぶことができて光栄に思う」と話した。

 この日プレーした日産スタジアムはルーキーだった98年3月21日の横浜M戦でデビューを遂げたピッチでもある。「巡り合わせがいいのか運がいいのかわからないですけど、勝利で飾れたのでよかった」とホッとした表情をのぞかせた。
昨季には公式戦通算1000試合出場も達成している鉄人は、「(これからも)若い選手に負けないようにしたい」とさらなる充実を誓った。

▽横浜FC・中村俊輔(遠藤のJ1最多出場タイ記録に)「だって、あいつ海外に行ってないから(笑い)。おめでとうございます。コンディション、メンタル、技術を含めヤットにしか持ってないものを自分で築き上げた。いい選手だと思う」

2/24(月) 6:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-00010005-chuspo-socc

写真
no title


【サッカー】<”なぜガンバ大阪は横浜F・マリノスを撃破できたのか?”>選手たちが明かした“スペシャル戦術”の全容・・・
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1582507732/

Jリーガーが選ぶ「過去対戦して最も衝撃を受けた選手」ランキング!3位:中村俊輔、2位:家長昭博、1位は? 

20200218-02170292-sph-000-2-view[1]




1: 2020/02/20(木) 15:39:33.74 ID:WHxPAaUd9
 ぶっちぎりの1位に選ばれたのが神戸のアンドレス・イニエスタ。J1選手565人のうち、65票が集まった。その理由として挙げられたのは、「15歳の時に対戦して、全ての概念を覆された」(札幌/菅野孝憲)、「言葉に出来ない上手さ」(FC東京/橋本拳人)、「何もかもが完璧」(FC東京/安部柊斗)、「ボールの置き所、リズム」(C大阪/都倉賢)、「レベルが違う」(広島/ドウグラス・ヴィエイラ)、といった内容で、G大阪の藤春廣輝は「神」と表現。凄い選手だというのは分かっていても実際に対戦し、想像以上の衝撃を受けた選手が多かったようだ。

 そんなイニエスタが衝撃を受けた選手は、スペイン代表でともに戦った、マンチェスター・シティに所属するダビド・シルバ。「とにかく上手い」とイニエスタをもってしても唸らせるテクニック。Jリーグ参戦の噂もあるだけに今後の動向が楽しみだ。

 イニエスタ以外に唯一の二桁票を獲得し、日本人トップに輝いたのが2位の家長昭博。チームメイトの守田英正からは「家長様」と挙げられ、衝撃を受けた内容は、「全てがすごい」(C大阪/丸橋祐介)、「相手にボールを取られない」(札幌/ク・ソンユン)、「全てのクオリティ」(柏/江坂任)、「オーラがすごい」(柏/仲間隼人)とのこと。

 その他では、J2経験者が口を揃えるのはオルンガ。甲府から大分に加入したDFの小出悠太は「強い、速い、上手い」と表現。また大卒勢ではルーキーながら三笘薫が4票を獲得。「ドリブルが半端ない」(G大阪/黒川圭介)と同じ大卒選手からの票が集まった。
 
【J1リーガーが過去対戦して最も衝撃を受けた選手TOP22】

1位:アンドレス・イニエスタ(神戸/MF)65票
2位:家長昭博(川崎/MF)13票
3位:中村俊輔(横浜FC/MF)9票
4位:ドウグラス(神戸/FW)8票
5位:中村憲剛(川崎/MF)7票
5位:オルンガ(柏/FW)7票
5位:ネイマール(PSG/FW)7票
8位:ロナウジーニョ(引退/FW)6票
8位:興梠慎三(浦和/FW)6票
10位:ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京/FW)5票
10位:チアゴ・マルチンス(横浜/DF)5票
10位:レオ・シルバ(鹿島/MF)5票
10位:フッキ(上海上港/FW)5票
14位:リオネル・メッシ(バルセロナ/FW)4票
14位:フランサ(引退/FW)4票
14位:小野伸二(浦和/MF)4票
14位:宇佐美貴史(G大阪/FW)4票
14位:久保建英(マジョルカ/MF)4票
14位:ダビド・ビジャ(元バルセロナ、神戸など/FW)4票
14位:三笘 薫(川崎/MF)4票
14位:パウリーニョ(広州恒大/MF)4票
22位:アンドレ・カリージョ(アル・ヒラル/MF)3票
22位:遠藤保仁(G大阪/MF)3票
22位:大島僚太(川崎/MF)3票
22位:柿谷曜一朗(C大阪/FW)3票
22位:ケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・シティ/MF)3票
22位:ルーカス・ポドルスキ(アンタルヤスポル/FW)3票
22位:レアンドロ・ドミンゲス(横浜FC/FW)3票

2/20(木) 12:00サッカーダイジェスト
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=69907

写真
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/69907_ext_04_0_1582123330.webp?v=1582167880

中村俊輔がトップ下 下平監督「もともとそこが彼のポジション」横浜FCが今季初実戦 

20200201-00000095-dal-000-3-view[1]

52歳カズ「J1定着のため準備したい」俊輔らと横浜市長を表敬訪問、三ツ沢改修を陳情  

201912030000330-w500_0[1]




1: バグダッドの夜食 ★ 2019/12/03(火) 18:45:37.86 ID:z5XQfAfm9
 
 サッカーJ1への13年ぶりの昇格を決めたJ2横浜FCのカズこと三浦知良(52)、中村俊輔(41)らが横浜市の林文子市長を表敬訪問し、来季への意気込みを語った。

写真など詳細はリンク先をご覧ください。

52歳カズ「J1定着のため準備したい」俊輔らと横浜市長を表敬訪問
https://mainichi.jp/articles/20191203/k00/00m/050/126000c
毎日新聞 2019年12月3日 14時48分(最終更新 12月3日 14時48分)


★野球とサッカーの対立を煽る、業者スレ立て人を芸スポ+から追放しよう★

【CB】悪質スレッド報告とスレ立て人資格★CAP停止(実質自治スレ)★243
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1575295613/
・悪意のあるスレッド
・誤解を招くスレッド
・ほぼ同じ話題の重複スレッド
・政治や災害それ自体のスレッド
など、お気軽にご報告ください。
スレッド検索にこちらもご活用ください。
http://www.kusanone-net.com/news_search.php?str=%E3%AC%E3%A9%E3%AC%E3%A9+%E9%AB%E9%BD%A2%E8%85%E5%91%E3%91+%E4%B8%8D%E4%BA%BA%E6%B0%97&ita=8

<中村俊輔>横浜FC昇格の傍ら…抱いた危機感!「J3か引退しかないって恐怖は味わった」  

1: Egg ★ 2019/11/25(月) 09:07:19.47 ID:mBWvkZBA9
[11.24 J2第42節 横浜FC2-0愛媛 ニッパツ]

 横浜FCが悲願のJ1復帰を果たした好調のシーズンの傍らで、危機感に苛まれていた。MF中村俊輔は今夏、ジュビロ磐田から横浜FCに加入。足首の負傷を越え、23年目のキャリアで初めてJ2の舞台に臨んだが、苦難も待っていた。

「初めてJ2っていうところにきたから。自分で自分を、レベルを落としたってことを認めたことだから、そこの葛藤がまずあった。その後は試合になかなか出られなかった。ベンチ外。だからもうJ3か引退しかないって、そこまでの危機感というか恐怖は味わったから」

 下平隆宏監督はトップ下ではなく、ボランチの位置で中村を起用した。ただ、求められたのは破壊力抜群の両翼・松尾佑介&中山克広のスピードを生かす戦術のために、パスをつなぐ役割。ゲームを動かすパス、キック精度を生かしたサイドチェンジは重用されず、ボランチ像の違いにも直面した。

 ベンチを温め、ベンチ外も味わった。5試合連続でゲームから離れた。ただ、10月19日の京都戦でチームが後半戦唯一となる黒星を喫したところ、次の東京V戦、長崎戦と下平隆宏監督はテコ入れを図った。主軸だったFWイバやMFレアンドロ・ドミンゲス、MF松井大輔らを先発から外し、ボランチはMF佐藤謙介と中村のコンビに変更。そこから5試合は連続で先発起用され、5連勝フィニッシュの中心にいた。

「ベンチ外になって吹っ切れて。下さんが求めていることと、もともと自分のトップ下の感覚を織り交ぜたら、ベンチ外の練習でだんだん自分の中でフィットしてきて。京都戦はベンチ外だったけど『できるわ』っていう感覚があったから、ヴェルディ戦でハマった。こういう経験ができたのも大きい。他の選手に言えたり、指導者とかになったときに」

 定位置をつかんだあとは、ポジションを奪われる危機感を抱きながらピッチに立った。ベンチには松井、MF田代真一、MF渡邊一仁らボランチ陣が控えている。自身のプレーに対して「これ一回でもミスったら…」という意識さえあったという、定位置争いへの意識。

「そっちのプレッシャーの方が大きくて、J1に上がるというプレッシャーを上回るプレッシャーだった」。大一番を終え、そうした心境を率直に語った41歳のレフティーは「ボランチばっか見てるよ、YouTubeで。大島くんが一番いいね」と声を弾ませた。飽くなき探究心を持って、来シーズンも走り抜ける。

11/25(月) 1:29配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-43474366-gekisaka-socc

写真no title


【サッカー】<中村俊輔>マンU戦の“伝説FK弾”を英回顧!「間違いなく史上最高のフリーキッカー」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1574468287/

<中村俊輔>マンU戦の“伝説FK弾”を英回顧!「間違いなく史上最高のフリーキッカー」  

1: Egg ★ 2019/11/23(土) 09:18:07.51 ID:Dc5w1jie9
13年前にCLで決めた直接FK弾 「史上最も凶暴に」ファーガソン監督を怒らせた
no title


13年前の2006年11月21日、当時スコットランド1部セルティックに所属していた元日本代表MF中村俊輔(横浜FC)がUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の舞台でイングランドの名門マンチェスター・ユナイテッド相手に直接フリーキック弾を決めた。日本人のサッカーファンにとっては忘れられない日となっているが、それは英国も同様のようで、多くのメディアが13年前の衝撃を懐古している。

【動画】「史上最高のFKキッカー」と反響 元日本代表MF中村俊輔、13年前にマンUに誇示した伝説の直接FK弾
https://www.football-zone.net/archives/230659/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=230659_6

 2006-07シーズンのCLグループステージ第5節でセルティックは、ユナイテッドをホームに迎えて対戦した。そして、スコアレスのまま試合終盤となった後半36分に中村俊輔の直接FKが炸裂。ゴールまで30メートルほどの距離から放たれたボールは鋭く曲がりながら壁の上を越えて、当時は世界一のGKの1人と称されていた元オランダ代表GKエドウィン・ファン・デル・サルの手も届かないゴール右上のコースに吸い込まれていった。これが勝ち越し点となり、中村俊輔はセルティックの伝説となった。

 英衛星放送「BTスポーツ」公式ツイッターは、中村俊輔の美しいFKを「セルティックパークでのユナイテッド戦で中村俊輔はヨーロッパで最高の夜を手にした」とひと言を添え紹介。また、英メディア「スポーツ・バイブル」は、「この日本人MFは間違いなく史上最高のフリーキッカーの1人で、魔法のステッキのような左足から数多くのセットプレーを決めてきた」と称賛する記事で素晴らしい直接FK弾を振り返った。

 さらに、地元スコットランド紙「デイリー・レコード」は、「中村俊輔が生み出したセルティックにとって象徴的となった瞬間は、史上最も凶暴にファギーのドライヤー化をスパークさせた」と見出しを立て、当時ユナイテッドを率いていたアレックス・ファーガソン監督が史上最高の怒りを見せた様子を伝えている。

 CL公式ツイッターは、「今日は何が起こった日か」ということをテーマに中村俊輔のFK動画を公開。投稿には海外ファンから、「なんてゴールだ」「スーパーショット」「世界最高のFK」「素晴らしい精度とパワーのFK」「ゲームでよく彼を使うよ」「彼は私のヒーローだ」か称賛のコメントがとめどなく投稿されている。

 素晴らしいものは何度も見ても飽きないというのは世界共通の出来事のようだ。

11/22(金) 19:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191122-00230659-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索