Samurai Goal

中島翔哉


スポンサード リンク





【朗報】中島翔哉がブログ開設!!カミングアウトを期待する声も 

E4B8ADE5
1   2018/05/23(水) 19:03:01.07 _USER9
 サッカーポルトガル1部ポルティモネンセのFW中島翔哉(23)が23日、オフィシャルブログを開設した。

 中島は「中島翔哉です。」のタイトルで初投稿。自己紹介に続いて「今回、帰国のタイミングでブログをはじめさせていただくことになりました」と
経緯を説明。「正直、SNSは得意ではなく苦手な方ですがこのブログをきっかけに自分のことを知ってもらったり僕が住むポルトガルのことだったりと
マイペースになりますが更新していければと思います」とつづった。

 ポルトガルでの1年目で10得点、12アシストと活躍した中島は3月の欧州遠征で日本代表に初招集された。ロシアW杯での活躍も期待されたが、
ガーナ戦(30日・日産)の招集メンバー27人からは落選した。

デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000131-dal-socc

【朗報】中島翔哉こそ『ポリバレント』だった!!ポンテ氏が明かす 

中島翔哉-3-700x483
1   2018/05/20(日) 16:48:25.14 _USER9
 ロシアワールドカップに向けた27人の日本代表候補メンバーが発表された。驚きだったのは、今季ポルトガルで大ブレイクを遂げたFW中島翔哉の名前がなかったことである。「ポリバレントではない」というのが西野朗監督からの評価。仮に指揮官の言葉が嘘偽りない真実だったとしたら、その見方は適正だったのだろうか。(取材・文:舩木渉)

 中島をポルトガルに熱心に誘って移籍を後押ししたポルティモネンセのポンテTD(テクニカルディレクター)も自身のフェイスブックを更新して「中島が(日本代表から)外れたのは全くもって理解できない。西野監督は大きなミスを犯した。私は35年間サッカーの世界にいるが…あのコメントは信じられない」と憤りをあらわにした。

 かつて浦和レッズでもプレーしたポンテ氏が指摘した「あのコメント」とは「中島はポリバレントではない」という部分。それに対して「彼は今季、4つの違うポジションでプレーしていた。リーグのアシストランキングでも4位で、10ゴール12アシスト。リーグのベストイレブンだ」と反論する。

 今季の中島は29試合中21試合がフル出場だったが、そのような試合の多くでは他のポジションの選手交代にともなって、左ウィングから2トップの一角やトップ下、右ウィングに移った。試合ごとに違う戦術の中でも、監督の信頼を得てピッチに立ち続け、ポンテ氏の言うような「4つのポジション」以上に多くの役割を果たしていたとも言える。

 さらに「クラブにはパリ・サンジェルマン、ポルト、ベンフィカ、スポルティングCP、シャフタール・ドネツク、ドルトムントという6つのビッグクラブから公式オファーが来ている。さらに10以上のクラブが彼に関心を示している」と明かし、「ミスター・ニシノは中島のパフォーマンスと価値を本当に理解しているのか? 不正を働いたのではないか?」と西野監督の決断に疑問を呈した。



●化学用語からサッカー用語になった「ポリバレント」

 そもそも「ポリバレント」という言葉の意味が再検証されなければいけない時期にきていることにも触れておきたい。オシム元監督は「ポリバレント」を「複数のポジションをこなす」という解釈で用いたが、これは10年以上前のことだ。
 
 それからサッカーは急激な進歩を遂げ、いまや「フォーメーション」や「ポジション」というのは単に形式的なものであって、ピッチ状の事象において意味を持たなくなってきている。便宜的に選手の大まかな立ち位置という意味での「フォーメーション」や「ポジション」は存在するが、それよりも選手個々の能力に応じて与えられている「タスク」の方が重要な意味を持つ。

 中島も左ウィングという「ポジション」がメインだったのは間違いないが、与えられる「タスク」は試合によって異なる。多岐にわたる「タスク」を柔軟にこなしてゴールやアシストという結果を残していることも、ある意味で「ポリバレント」と言えるのではないだろうか。

 ハリルホジッチ前監督には代表選手の明確な選考基準があった。例えば「公式戦で継続的にプレーしているか・していないか」「コンディションは万全か・そうでないか」「ゴールを決めているか・決めていないか」といったハッキリとした線引きがなされていた。リーグの格やレベルに左右されず、純粋なパフォーマンスの質が重視された。だからこそ納得感のあるメンバー選考になっていたことが多かったように思う。

 一方、西野監督による日本代表選手の選考には明確な基準が見えてこない。「ポリバレント」という言葉で何となく片付けられてしまっている印象すらある。「何でも器用にできる」というのは裏を返せば「突出した武器がない」「全てが一流ではない」などと捉えることもできる。それらは紙一重の差だ。

 ハリルホジッチ前監督は、中島にここぞの爆発力とゴールに絡める力を期待して抜てきした。しかし、西野監督の日本代表は「没個性」の集団になってはいないだろうか。「出る杭は打たれる」ということわざもあるが、もし「徹底的に個性を消して組織力にフォーカスすること」が「日本化した日本のサッカー」だとするならば、中島のような突出した武器を持つ将来性豊かなタレントをワールドカップという4年に一度の大舞台から排除したことが、日本サッカー界の未来に深刻な打撃を与えるかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180520-00010001-footballc-socc

『乾ピンチ』怪我で帰国前倒し!!中島招集あるか? 

1490165107

 エイバルは18日、MF乾貴士が右大腿四頭筋を負傷したことを発表した。全治などの詳細は明かされていない。

 乾は30日のキリンチャレンジ杯・ガーナ戦(日産ス)に臨む日本代表メンバーに選出されており、今後は帰国して代表のメディカルスタッフによる検査を受けるようだ。

 今季限りでのエイバル退団を明かしていた乾は、20日に敵地で行われるリーガ・エスパニョーラ最終節のアトレティコ・マドリー戦を待たずにシーズンを終えることになった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-01653981-gekisaka-socc

【騒然】“何で中島翔哉が落選!?”サポーターから驚きの声! 

20180514200453b0c
1   2018/05/18(金) 15:03:17.37 _USER9
日本サッカー協会は5月18日、ガーナ戦に向けた日本代表メンバー27名を発表した。
 
 14日にFIFAに提出した予備登録35名のリストが非公表のため、今回のメンバー発表が最終登録23名を推し量るうえできわめて重要な位置を占めていた。
本田圭佑、香川真司、岡崎慎司ら歴戦の勇士がエントリーされる一方で、中島翔哉、堂安律、久保裕也など今シーズンの欧州で声価を高め、
次代を担うだろうヤングタレントの選出は見送られた。35名の大枠に入っている可能性があり、指揮官は今後の追加招集を匂わせたが、全体的に手堅いセレクトだと言えるだろう。

 メンバー発表を速報した日本協会の公式ツイッターには、選考に関するファンからのさまざまな意見が寄せられている。
やはり意外な選出や落選に対するリアクションが大半で、なかにはポジティブに捉える向きもあるが、大半は納得がいかない様子。ざっとまとめるとこんな感じだ。

「えーーーっ!! まさかの中島翔哉落選。今シーズン海外で一番活躍している選手を外すって、どーゆーこと!」
「年功序列ジャパン」
「これは忖度ジャパンと言うほかない」
「このメンバーに納得してる日本国民いるのか?」
「えっ!! 中島選手必要でしょ」
「結果出してる選手を外してまで試合に出てない選手を呼ぶのはなぜですか?」
「完全に失望しました」
「ネームバリュージャパン!」
「全然出場機会ない選手がなぜ選ばれたんだろ」
「試合全然出てない選手が選ばれるのはおかしいでしょ、だったら結果残した中島や森岡、堂安を」
「堂安、中島、小林、森岡が外れて、試合勘に不安が残る井手口、浅野、香川が選出されるのはいかがなものか」
「堂安、中島、久保もそうだけど、個人的には小林祐希が見たかった」
「ものすごく表面的な選考にしか見えないんです。まあでも、応援するしかない。楽しみにしております!」
「ここまで炎上している代表メンバー発表は見たことがない」
「2014年大会と間違えてない?」
「ポルトガル1年目で10G12Aした選手を外してほとんど試合出てない選手たちを呼ぶのか……」
「なんだこのコンサバな選考は?」
 
 なかなか手厳しい意見が多いが、すでにメンバーは決まった。西野ジャパンは結果で応えるしかない。
 
 チームは週明けから首都圏でトレーニングをスタートさせ、30日のガーナ戦に臨む。そして翌31日、運命の23名が発表される予定だ。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180518-00040539-sdigestw-socc

中島翔哉はリアル・キャプテン翼!?実際にボールを蹴りながら通学していたww 

0415e17a0142a1f06f36479228342344
1   2018/05/16(水) 19:35:47.05 _USER9
 【日本代表のジョーカー】

 週末は地元・東京都八王子市の松が谷FCでプレーし、平日には東京ヴェルディのスクールに通う。それでも満足できなかったのだろう。中島翔哉(23)は、同市立別所小学校の3年生に進級した2003年、ドリブルや1対1での突破など、個人技術を徹底して磨くクーバー・コーチング・サッカースクールの日野校に通い始めた。

 同校のスクールマスターとして指導した三澤英司コーチ(43)は当時の中島を、人気サッカー漫画の主人公に例える。

 「ボールさえあれば楽しいという感じで。休憩の間もボールを触り続けているので、ボールを取り上げないと休まなかった。ボールがトモダチという点で、まさに“リアル・キャプテン翼”でしたね。寝るときも枕元にボールを置き、ボールを蹴りながら通学していたので、先生から『危ないからダメ』と怒られたとか。本当に漫画みたいな子供でした」

 優しさも持ち合わせていた。クーバー・コーチングは子供たちをレベル分けせず、上級者も初心者も、男の子も女の子も同じクラスで学ぶ。

 「相手のゴール前までドリブルで全員を抜いた後、味方の女の子へ優しいパスを出してゴールを決めさせる。女の子に限らず、みんな喜びますよ。自分からアクションを起こすプレーが好きですけど、仲間もすごく大切にするから、翔哉は周りから愛されるんです」

 逆のパターンが、プロになってからあった。16年6月29日に行われた、U-23南アフリカ代表との国際親善試合の前半37分。スルーパスに抜け出し、相手GKと1対1になったMF大島僚太(川崎F)はシュートを打たず、左側をフォローしてきた中島への横パスを選択した理由をこう明かしている。

 「翔哉君と一緒にリオへ行きたかったので」

 右膝を痛めていた中島は、この南ア戦で約2カ月ぶりに実戦復帰。リオ五輪代表入りを、大島のアシストから決めた同点ゴールで手繰り寄せた。

 「そういう仲間は、自分にとってすごく大切だと思います」と大島へ感謝する中島は今、ポルトガルの地で言葉も文化も異なる外国人選手たちからもかわいがられている。(スポーツジャーナリスト・藤江直人)

夕刊フジ 5 /14(月) 16:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000018-ykf-spo

写真
no title

【朗報】中島翔哉、ポルティモネンセへ完全移籍!!公式発表! 

20180514-00040329-sdigestw-000-5-view
FC東京は14日、ポルティモネンセへ期限付き移籍中のFW中島翔哉が完全移籍したことを発表した。

昨年夏にFC東京から、ポルトガル1部のポルティモネンセへレンタル移籍した中島。欧州初挑戦ながら主力に定着。リーグ戦30試合に出場し、10ゴール12アシストを記録した。その活躍から、3月には日本A代表へ初選出もされている。

【続く】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000006-goal-socc

【快挙】中島翔哉、10G10Aを記録!! ダブルで二桁到達でW杯に向け猛アピール 

GettyImages-856518070-800x533
1   2018/05/06(日) 01:59:49.32 _USER9
第33節
5/5(土)24:00
エスタディオ・ド・レステロ

ベレネンセス 3-2 ポルティモネンセSC

得点
0-1 中島翔哉(前半14分)
1-1 マウリデス・ロケ・ジュニオール(前半29分) PK
1-2 ファブリシオ・ドス・サントス・メシアス(前半39分)
2-2 リカ・カルロス・ペレイラ・カルネイロ(後半12分)
3-2 マウリデス・ロケ・ジュニオール(後半36分) PK

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11046468

海外で活躍する日本人選手は苗字がポイント!?イタリア紙で特集!! 

1   2018/05/05(土) 19:08:32.66 _USER9
ポルティモネンセに所属する日本代表FW中島翔哉について、イタリアメディア『プレミアムスポーツ』が4日、ロシア・ワールドカップでの活躍が見込まれる選手にスポットライトを当てる「W杯2018“ロシア風サラダ”」のコーナーで、特集を組んだ。

ポルトガルリーグで評価を高め、各国から注目を集めている中島に、イタリアからも熱視線が注がれた。ポルトガルで躍動する日本人選手は、「日本サッカー界の新たなフェノーメノ(怪物)」として紹介されている。

セリエAにおける日本人選手を振り返り、ローマでスクデットを獲得した中田英寿氏や、レッジーナで活躍したMF中村俊輔を挙げ、冗談交じりに、「苗字の始まり方ですでにキャリアの半分は約束されている。ナカ・タ、ナカ・ムラ、次はナカ・ジマだ」とつづった。

またプレースタイルについて、「ギアのチェンジ、モダンなプレー、クオリティーは数少ない玄人向き」、「利き足は右で、背中には23番を背負う。胸に入ったファストフードのスポンサーのせいか、相手チームの選手を食べ尽くす。対面したDFを虚脱状態に追い込む能力は、10点満点だ。相手を引きつけ、ニギリを作るスシ職人のようなスピードで次のプレーを選択する」と、ユニークに描写した。

さらに1543年、ポルトガル人によって日本に火縄銃がもたらされたことにも言及。「ナンバン・ボーエキは100年後に禁止されたが、ポルティモネンセのおかげで両国関係が良好になった」とギャグ風につづっている。

最後に、「次は“ジマ”の番だ。マリとの親善試合で代表デビュー、初ゴールを決めた彼は、苗字を生かし、ロシアへ羽ばたいてほしい」とエールを送りつつ、「火縄銃を密売するためではない」とジョークで締めくくっている。

5/5(土) 11:30配信 ゴール
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00000003-goal-socc

写真
no title

中島翔哉に“13億円”名門ベンフィカが中島獲得に本気? 

GettyImages-654999180-800x533
1   2018/05/02(水) 18:42:29.45 _USER9
ポルトガル1部のポルティモネンセに所属するFW中島翔哉の獲得に向け、同国の名門クラブであるベンフィカが本格的な動きを見せつつあるという。ポルトガル紙『レコルド』が2日に独占情報として伝えた。

 中島は今季から加入したポルティモネンセでここまで9ゴール9アシストを記録する活躍を見せ、大きく評価を高めている。3月には日本代表にも初招集されてデビューを飾り、初ゴールも記録した。

 欧州各国のクラブからの関心も噂される中、ベンフィカが本格的に中島の獲得に向けて動こうとしていると報じられている。移籍金としては1000万ユーロ(約13億2000万円)を支払う意志を見せているとのことだ。

 ベンフィカにとっても決して安い金額ではないが、アルゼンチン代表MFエドゥアルド・サルビオらを売却することで中島の移籍金を捻出する考えだとみられている。

だが中島に対してはウクライナのシャフタール・ドネツクなどからのオファーが届いているほか、ボルシア・ドルトムントやフランクフルトも関心を抱いていると伝えられている。

 ポルティモネンセとしては、中島が日本代表としてロシア・ワールドカップに出場して活躍を見せることで、市場価値がさらに高まることも期待しているようだ。

 ベンフィカはポルトガル国内最多の36回のリーグ優勝を誇る名門クラブ。昨季まで4連覇を達成していたが、今季は2試合を残した時点で首位ポルトに5ポイント差をつけられている。

5/2(水) 18:31配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180502-00267862-footballc-socc


各クラブから熱烈オファー!!小兵アタッカー中島翔哉が大人気! 

1   2018/05/02(水) 08:39:32.68 _USER9
ここにきてサウサンプトンやニューカッスルも参戦か

ポルティモネンセの日本代表MF、中島翔哉の周辺が一段と騒がしくなってきた。
 
 4月28日のポルトガル・リーグ32節、強豪スポルティング・リスボンとの一戦。4-3-3システムの左ウイングで先発出場した中島は、ゲームを通して精力的に仕掛けては攻撃の急先鋒となったが、チームは89分に痛恨の失点を献上し、1-2の惜敗を喫した。これでポルティモネンセは3連敗となり、中島自身も28節のモレイレンセ戦で1アシストをマークして以来、およそ1か月に渡って得点に絡めていない。
 
 そのスポルティング戦で、中島に熱視線を送ったのが欧州強豪クラブのスカウトたちだ。世界中のスカウト陣の動向をつぶさに追い、数多のメディアに情報を提供しているのが、サッカー専門ツイッターの『Scouts in Attendance』。

その発信源によると、同カードで中島の視察に訪れたのは、アトレティコ・マドリー、ニューカッスル・ユナイテッド、サウサンプトン、エイバル、セビージャの各強化担当者だったという。

 吉田麻也を擁するサウサンプトンの名が出てきたのは驚きだが、その一方で同胞・乾貴士が籍を置くエイバルには、より現実味があるだろうか。今シーズンいっぱいでエイバルとの契約が満了となる乾は、すでに他クラブへの移籍を明言している。日本人選手の価値を高く評価しているエイバルが、同じく2列目で幅広く機能し、得点センスも兼備する中島に白羽の矢を立てた──としても、不思議ではないだろう。
 
 英国のサッカーサイト『Football Insider247』が追随したのが、ニューカッスルの本気度だ。「ニューカッスルが眩いばかりの輝きを放つ小兵アタッカーを獲得へ」と題し、以下のように報じた。
 
「いまや注目の日本人選手、ナカジマの周りには数多のクラブが列を作っている。この夏のマーケットで人気となるのは間違いなく、そこにマグパイズ(ニューカッスルの愛称)も加わったようだ。5フィート30インチ(約162センチ/実際は164センチ)のドリブラーは、昨年夏にFC東京からポルティモンネンセに加入。瞬く間にポルトガル・リーグを代表するアタッカーへと台頭し、注目を集め続けている。ニューカッスルはチェルシーから借り受けているケネディを買い取りたいが、見通しは芳しくない。失敗した際の次善候補として、ナカジマをリストアップしたのだ」

つづく

5/2(水) 5:59配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180502-00039708-sdigestw-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索