Samurai Goal

中島翔哉


スポンサード リンク





森保ジャパンの〝元10番〟中島翔哉 ポルト→アルアイン〝都落ち〟決断の思惑 

1: 2021/01/19(火) 07:52:35.34 _USER9
1/19(火) 5:15
東スポWeb

森保ジャパンの〝元10番〟中島翔哉 ポルト→アルアイン〝都落ち〟決断の思惑
19年のモンゴル戦で代表の10番を背負った中島
 元日本代表MF中島翔哉(26)が、UAE1部アルアインへの電撃移籍を決断した理由とは――。

 森保ジャパンの〝元10番〟は、ポルトガル1部の強豪ポルトから期限付き移籍。クラブの公式ツイッターで「アジア最高のクラブでプレーできることを誇りに思って、幸せに感じている。楽しんで、なおかつたくさん勝利に貢献できるように頑張りたい」と新天地での活躍を誓った。

 中島は2019年にカタール1部アルドハイルでプレーしているが、なぜこのタイミングで欧州屈指の名門から再び中東に〝都落ち〟したのか。日本でプレーしていた頃から中島をよく知るJクラブ関係者は「以前から東京五輪への思いを話すことがあった。とにかくプレーできる場所を探したのではないか」と指摘する。

 中島は森保ジャパンで中心選手として台頭し、2019年6月の南米選手権(ブラジル)では東京五輪世代の主力たちとも見事な連係を見せた。日本サッカー協会の幹部は、世代が近い前回大会のリオデジャネイロ五輪世代をオーバーエージ(OA)枠に積極登用する案を示しており、中島は有力候補に浮上していた。

 そうした背景もあり中島も地元開催の大舞台への意欲を高めていったが、昨季途中からポルトで出場機会が激減。今冬の移籍市場を前に構想外となり、このままプレーできなければ、OAでの東京五輪代表メンバー入りは絶望的となるため、移籍に踏み切ったわけだ。

 現地メディアによると契約期間は6月末までの半年間。今夏開催は厳しい状況となりつつあるが、東京五輪への強い覚悟で中東から巻き返しを図る。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/5908df7a13ed6b756d73f4c4dcc26cb18deb13e1

アルアイン移籍の中島翔哉がコメント発表「アジアのベストクラブの1つに加入できて幸せ」 

スクリーンショット 2021-01-18 12.26.54

中島翔哉が再び中東へ、UAE強豪アル・アイン移籍が決定…塩谷司と同僚に 

1: 2021/01/17(日) 03:32:51.78 _USER9
1/17(日) 2:02
配信
SOCCER KING
中島翔哉が再び中東へ、UAE強豪アル・アイン移籍が決定…塩谷司と同僚に

 アラビアン・ガルフ・リーグ(UAE1部)のアル・アインは16日、ポルトからFW中島翔哉をレンタル移籍で獲得したことを発表した。

 契約期間は今年6月30日までとなる。中島は加入に際してクラブ公式サイトを通じ、「アジアの最高のクラブの一つに所属できることを非常に嬉しく、誇りに思います」と喜び、クラブでの意気込みについては以下のようにコメントした。

「サッカーにおける成功と偉大な成果は、常にコミットメント、献身、ハードワーク、そして忠誠心、帰属意識、チームのバッジを守るための戦いの精神を示すことと関連しています。僕はいくつかのクラブでプレーしている間、豊富なチャレンジを経験しましたが、そのたびにサッカーに対する情熱があったからこそ、それを乗り越えてきました。これから、僕は大きな野心を持ったチームで新たな挑戦を始めます。チームメイトと共に目標をすべて叶え、クラブを幸せにし、誇りにすることができればと思っています」

 現在26歳の中島は、2017年夏にFC東京からポルトガルのポルティモネンセに移籍し、初年度からプリメイラ・リーガで29試合出場10ゴールの活躍を見せた。翌2018-19シーズンはリーグ戦13試合出場で5ゴールを決めていたが、シーズン途中の2019年2月にカタールのアル・ドゥハイルに移籍。だが、同年7月には強豪ポルトに2024年6月までの契約で加入し、約半年でポルトガル復帰を果たしていた。

 ポルトでは2019-20シーズンに公式戦28試合に出場して1ゴールを記録。だが、昨年3月に新型コロナウイルスの影響でリーグが中断すると、中島はチームを離脱したままシーズンを終えていた。それでも、同8月にはチーム練習に合流し、同10月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・C戦に途中出場して日本人選手21人目のCLデビューとともに約7カ月ぶりの試合復帰を果たしていた。今シーズンは公式戦9試合に出場していたが、昨年12月中旬から再びベンチ外が続いていた。

 新天地のアル・アインはUAEの1部リーグで最多13回の優勝を誇る強豪で、日本代表DF塩谷司が2017年夏から所属している。昨年10月に開幕した今シーズンはリーグ戦第12節を終えて5勝5分2敗で5位につけている。

SOCCER KING
https://news.yahoo.co.jp/articles/60f1f64850021d9fada56bcbc03ad9065b5d3030
no title

「レンタル移籍を受け入れた」中島翔哉はすでに中東入りか。10番の“離脱”にポルト指揮官は―― 

1: 2021/01/15(金) 16:51:54.58 _USER9
ベンフィカとの大一番を控えるチームから離れ…

 アラブ首長国連邦(UAE)のアル・アインに期限付き移籍すると報じられている中島翔哉について、ポルト指揮官のセルジオ・コンセイソン監督が口を開いた。

 構想外となっているとされる中島について、現地時間1月13日に現地紙『A BOLA』はUAEに向かったと報じている。

 さらに、中島の代理人を務める亀倉龍希氏が、現地局『SIC Noticias』に「ポルトとの話し合いはうまくいった。中島はレンタル移籍を受け入れることを決めた。良い半年間を過ごし、ポルトに戻ることが目標」と語ったと伝えている。
 
 そんななか、翌日にポルトガル版クラシコと呼ばれるベンフィカとの大一番を控えたポルトのセルジオ・コンセイソン監督が15日、前日会見に出席。主力のMFオタービオが新型コロナウイルスの陽性が判明したが、「欠けた分は、チーム全員で乗り切る」と力強く語ったという。ポルトガル紙『O Jogo』が伝えている。

 記者会見中、現地記者から「トレーニングを離脱としたというナカジマは”チーム”に含まれないのか?」と質問が飛ぶと、コンセイソン監督は「今回の試合のオプションではない。それだけだ」と答えるのみだったようだ。

 現地メディアによれば、アル・アインへのレンタルは今シーズン終了までで、4000万ユーロ(約50億円)の買取オプションが付いているという。中島にとってはカタールのアル・ドゥハイルに続く二度目の中東でのプレーになる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210115-00084821-sdigestw-socc
no title

<中島翔哉>アルアインからオファー 本人は欧州希望 

スクリーンショット 2021-01-13 11.03.03




1: 2021/01/13(水) 06:28:10.28 _USER9
ポルトガルメディアの「Maisfutebol」は、同国1部ポルトの日本代表MF中島翔哉(26)がもうチーム練習に参加しておらず、移籍が差し迫っていると伝えた。

中島は12日のポルトガル杯ナシオナル戦にも同行していないという。

同メディアによると、中島のもとには塩谷司も所属するUAE1部アルアインから期限付き移籍のオファーが来ており、買い取りオプションの条件も付いている。

ただ中島本人は欧州でのプレー継続を希望しているという。

1/13(水) 1:08配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/7b05031523f5732640fadc458b9509c020b29375

「ナカジマの交渉はまとまった」中島翔哉はレンタルで中東へ? 約50億円の買取OP付きと現地局が報じる 

スクリーンショット 2021-01-08 16.57.51




1: 2021/01/08(金) 15:54:13.10 _USER9
ポルトではメンバー外が続いている

ポルトの前はカタールのアル・ドゥハイルで半年間プレーしていた中島。再び中東へ迎うのか。(C)Getty Images

 ポルトガル1部のポルトに所属する中島翔哉の去就について、新たな情報が報じられている。

 現地時間1月7日、ポルトガル紙『Record』および『A BOLA』は、現地局『SIC Noticias』の情報として、「中島に関する交渉はまとまった」と伝えている。

 中島は現在、招集メンバーから外れる状態が続いている。12月5日のトンデラ戦以来出番がなく、ポルトガル紙などは概ねセルジオ・コンセイソン監督の構想外と報道。今冬にチームを離れる可能性が高いとされている。
 
 これまでに国内外の複数クラブが関心を寄せていると報じられていたが、同局の報道によれば、アラブ首長国連邦(UAE)のアル・アインとの交渉がまとまったとされる。まずは今シーズン終了までのレンタルで移籍となるようだが、退団は既定路線。買取オプションは4000万ユーロ(約50億円)に設定されているという。

 2019年夏にポルトに加入した中島は、2024年まで契約を結んでおり、8000万ユーロ(約100億円)の契約解除金が設定されている。

 ポルトOBであるポルトガル人指揮官ペドロ・エマニュエル監督が率いるアル・アインは現在、DF塩谷司が所属している。

 ポルトに加入する前は、カタールのアル・ドゥハイルでプレーしていた中島。再び中東でプレーする可能性が高まってきたようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/423f720043b0f1b5b392163b6334ff67ef7e4682
1/8(金) 15:46配信

<中島翔哉(ポルト)>再び中東行きの可能性…アル・アインとアル・ナスルが新天地候補に 

スクリーンショット 2020-12-30 11.02.27




1: 2020/12/30(水) 06:57:08.31 _USER9
ポルトの中島翔哉が再び中東のクラブに移籍する可能性がある。ポルトガル『A BOLA』が伝えた。

2019年夏にカタールのアル・ドゥハイルからポルトに加入した中島。強豪での適応に苦しみながらも徐々にセルジオ・コンセイソン監督の信頼を勝ち取り始めた矢先、新型コロナウイルスによる中断を機に、チームへの合流を見送り、一時居場所を失っていた。それでも、今シーズンが始まると再び出場機会を得始めていたが、5日のトンデラ戦を最後に、直近の公式戦5試合で出番がなく、そのうち4試合ではベンチ外に。

ここまで公式戦9試合の出場にとどまる日本代表MFだが、来年1月の移籍市場を前に、再び去就に関する報道が頻繁に飛び交っている。同メディアによると、中島との契約に興味を持つのはアラブ首長国連邦のアル・アインとアル・ナスルのようだ。

元ポルトDFペドロ・エマヌエル監督が指揮を執るアル・アインは現在、国内リーグで5位につけており、また日本人DF塩谷司が所属することもあり、移籍が実現すれば中東で日本人が共演することになりそうだ。

12/30(水) 6:10
https://news.yahoo.co.jp/articles/7cbf3cb1e3d86281d616a75b6642d76de1256639

<日本代表MF中島翔哉>再び中東へ? UAEクラブと交渉と報道 

1: 2020/12/16(水) 13:59:57.57 _USER9
ポルトに所属する日本代表MF中島翔哉(26)の移籍話が浮上している。UAE『Dubaisports』が伝えた。

中島は、2019-20シーズンの序盤は出場機会を得ていたものの、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断期間以降は、チームに復帰することなくシーズンを終え、優勝のメダル授与式などにも参加していなかった。


今シーズンも当初はチームに合流していなかった中島だが、チームメイトからの要望もあり復帰を許されることに。今シーズンはプリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)で4試合、チャンピオンズリーグ(CL)でも4試合に出場している。

その中島は、クラブ名は明かされていないものの、UAEのクラブと長期間にわたって交渉をしているとされている。冬の移籍市場での獲得を目指しているようだ。

中島は、ポルトに加入する前はカタールのアル・ドゥハイルでプレー。すでに中東でのプレー経験があるが、再び中東に戻ることはあるだろうか。

12/16(水) 11:00 超ワールドサッカー
https://news.yahoo.co.jp/articles/1a42fd96e75e69d70fcccb7ef35e26d3c59b5722

写真
no title

中島翔哉、先発出場でポルトの勝ち抜けに貢献!「平穏」を取り戻し、次なる目標は? 

スクリーンショット 2020-11-23 21.05.35

日本代表、今こそ中島翔哉を見てみたい。停滞感を拭う「個」の能力、不在でわかる存在の大きさ 

1: 2020/11/14(土) 10:49:17.24 _USER9
【日本 1-0 パナマ 国際親善試合】

 森保一監督率いる日本代表は13日、オーストリア・グラーツで行われた国際親善試合でパナマ代表と対戦している。

 精彩を欠きスコアレスドローで前半を終えた森保ジャパンだったが、後半頭に遠藤航が入ると流れが劇的に変化。同選手が良いポジションでボールを受け、相手を引き付けたところで縦パスをズバッと入れる。そうすることでパナマ守備陣に少しずつズレが生じ、空いたスペースを日本代表の選手たちが効果的に使う。こうして、攻撃に可能性が出てきたのだ。

 そして59分に南野拓実がPKを奪取。これを自ら沈め、リードを奪った。日本代表はその後もパナマ代表を押し込み、追加点こそ奪えなかったが1-0で勝利。ポジティブな雰囲気のまま試合を締めることに成功している。


 しかし、勝利こそ奪えたが、前半の出来はチームとして反省すべきだ。ボールの奪いどころが定まらず、ズルズルとラインが下がる。そしてカウンターが発動しても、自滅してフィニッシュまで持ち込めない。この繰り返しだった。

 ボールを保持しても、前線は躍動感を欠いた。最終ラインからのロングフィードで一気に深さを取る狙いは何度か見せたが、5本中1本通れば合格レベル。パナマ代表守備陣も、当然ながらそう簡単には攻めさせてくれない。久保建英も三好康児も南野拓実も、ボールを持った状態で深さを作るのにかなり苦労していた。

 10月シリーズでは伊東純也が躍動していた。彼のスピードを生かした突破力は相手守備陣を押し下げるのにうってつけのスキルだ。しかし、この日の前半にそうした選手はいなかった。そのためゴールから離れた位置でのプレーを強いられ、それが停滞感に繋がってしまったのだ。

 こうした状況でスピード自慢の伊東以外に望まれるのは中島翔哉のようなタイプだ。同選手のボールを持てば仕掛ける、そしてどこからでもシュートを打つという姿勢は相手のラインを下げさせることはもちろん、どこか攻撃全体の躍動感を生んでくれる。ドリブルで彼が一枚剥がせればスペースが生まれ、他の選手の動きも活発になるからだ。

 中島に対してはこれまで「ボールを持ちすぎ」という声も多く聞かれたが、今思うと彼のエゴは日本代表に必要なスキルだったのかもしれない。パナマ代表戦の前半にはまったくなかったワクワク感、そして躍動感が、中島の繰り出すドリブルとそれによる周りのアクションには確かにあった。パナマ代表戦の45分間のように組織で互角、あるいは下回るなら(最近の日本代表の試合はこれが多い)、個で上回るしかない。中島にはその「個」がある。

 長くポルトで出場機会を得られていなかったという理由で今年は代表招集を受けていないが、復帰後のパフォーマンスは決して悪くない。どうやらポルトガルの地では守備意識も改善されているようだ。

 攻撃面でどうしても組織としての強さを示すことができない今の日本代表の状況だからこそ、中島のプレーは見てみたい。再招集の日を心待ちにしよう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f439a0960a9f317b1871957d71243702022b90e6
11/14(土) 10:30配信

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索