Samurai Goal

中山雅史


スポンサード リンク





【画像】香川、長友、清武ら日本代表が集結、とんねるずの番組でキックベース対戦!! 

933: 名無しさん 2016/06/20(月) 06:59:45.94 ID:kOMTKpFQa
香川、長友、清武ら日本代表が集結、とんねるずの番組でキックベース対戦
http://www.soccer-king.jp/news/japan/20160620/457751.html

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

優しいセルジオ越後「ゴン中山に『現役復帰おめでとう』とは言えない!」 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/29(木) 21:36:17.97 ID:???*.net
ビックリしたね。48歳のゴン(中山雅史)がJ3昇格を目指すJFLのアスルクラロ沼津と選手契約を結び、
約2年9ヵ月ぶりの現役復帰を果たした。

確かに、ゴンはコンサドーレ札幌退団時の会見(2012年12月)で「(現役に)未練たらたらです」と言い、
最後まで「引退」という言葉は口にしなかった。でも、その後、何度か解説などの仕事を一緒にさせてもらったけど、
まさか本当に復帰を目指してトレーニングを続けていたとは知らなかった。

メディアの前では、ふざけて笑いを振りまくキャラを演じているけど、普段の彼はシャイで口数も少ない。
とにかくまじめな性格だ。札幌時代に手術した両ヒザは退団時、日常生活にも支障をきたすほど悪い状態だったと
聞いている。それでも現役にこだわって、ここまでこぎ着けたということは、相当リハビリを頑張ったのだろう。
頭が下がるよ。

もっとも、厳しいことを言えば、選手契約を結んだとはいえ、公式戦に出場を果たすまでは、
本当の意味での現役復帰とは言えない。きっと本人もそう思っているはず。

ゴンは自分でも昔から「俺はヘタクソだから」と言っていて、実際、足元の技術は大したことがない。
それでもあれだけ実績を残せたのは、ずば抜けた身体能力と強い気持ちを持っていたからこそ。

接触プレーを恐れず、ぎりぎりのクロスにも頭から突っ込んでいく。相手DFに何度削られても、
平然とした顔で立ち上がり、再び立ち向かう。とにかく、ゴール前で泥くさく体を張り続ける。

1998年フランスW杯のジャマイカ戦で日本のW杯初得点を決めた後、相手選手との接触で
脚を骨折しながらも試合終了まで走り続けたのは象徴的だ。今の日本代表でいえば岡崎が似ているかな。
いずれにしても、僕がDFだったら、一番対戦したくないタイプの選手だ。

ただ、そういうシンプルで激しいプレースタイルだからこそ、体にかかる負担も大きかったわけだし、
ケガも多かった。そして、今後の試合出場へのハードルも高いと思う。

ただでさえ約3年のブランクのある48歳。ずっと現役生活を続けている1学年上のカズ(三浦知良)とは
条件が違う。昔のような動きは望むべくもないし、技術でごまかせるタイプでもなく、さらに今後、
ヒザが完璧な状態に戻るわけではない。ゴンの強い気持ちをもってしても、どうにもならない部分がある。
実際、まだヒザの状態は安定せず、チーム練習には毎日参加できていないと聞く。

ネームバリューがあるので、ベンチに入らなくても観客動員は増え、テレビや新聞でもニュースとして
取り上げられ、広告塔としての役割はすでに十分果たしているけど、J3昇格に向けての正念場を迎えている
チームが、どこまで本気で戦力として考えているのかもよくわからない。

もちろん、そういったハードルの高さは本人が一番よくわかっているだろうし、48歳での挑戦にはただただ
敬意を表したい。でも、やはり今の段階では「現役復帰おめでとう」とは言えない。
メディアも一時的な話題性だけで騒いだり、持ち上げたりするのではなく、今後、彼がどういう過程を歩むのかを、
じっくりと見守るべき。それが日本サッカーの功労者に対する礼儀というものじゃないかな。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151029-00055795-playboyz-socc
no title

ゴン中山、3年ぶり現役復帰!47歳中山雅史がJFL沼津入りへ 

1: 失恋レストラソ ★@\(^o^)/ 2015/09/05(土) 05:16:21.74 ID:???*.net
サッカー元日本代表で、J1最多の157得点を誇るFW中山雅史(47)がJFLのアスルクラロ沼津入りする可能性が4日、浮上した。
5日に静岡県沼津市内の練習場でチームの練習に参加する。
今後の選手登録もにらんだもので、J1札幌時代の12年11月24日の横浜M戦(札幌ド)以来、公式戦には出場していないが、日本で数々の金字塔を打ち立てたストライカーがピッチに帰って来る。

ゴンが選手としてピッチに再び立つ。2012年12月の札幌(当時J1)退団から約2年9か月。JFL沼津のユニホームを着る可能性が浮上した。
関係者によると、きょう5日に沼津の練習に参加し、コンディションなどをチェックする。

現在無所属のため、今月19日まで今季のリーグ戦の選手登録は可能。状況が整えば、公式戦のピッチに立つこともある。
公でのプレーは今年7月5日に元日本代表FW柳沢敦らの引退試合(カシマ)が最後だが、チームに所属してプレーするのは約3年ぶり。ゴンの雄姿が再び大観衆をとりこにする。

12年末に札幌で第一線を退くことを決意したが、「引退」の2文字は使わず。
会見では「会見場に来るまで、やめなくてはいけないのか、まだ続けられないのか、と思っていた。まだ未練たらたらです」と話し、選手へのこだわりはまだ捨てていない。
現状に満足することなく、さらに高みを目指すという姿勢は失っていなかった。

札幌退団後は解説者として活躍する傍らで、第一線を退く原因になった両膝痛のリハビリを欠かさずやってきた。
2010年に磐田から札幌に移籍し、同年11月に右膝関節の遊離体除去、左膝半月板損傷を手術。
専属トレーナーをつけ、東京都内の所属事務所にはトレーニングマシンを複数台設置し、日々汗を流している。
その情熱に心を打たれたジュビロ磐田時代の恩師でもある山本昌邦氏(57)が、会長を務める沼津でチャンスを与えることになった。

加入しても、しばらくは別メニュー調整になりそうだが、沼津のクラブ関係者は「一流選手の雰囲気を、背中を見て学ぶこともある。若い選手に刺激にしてもらい、夢をもってもらいたい」と話す。
J3ライセンスを取得し、来季のJ3昇格を目指すチームにも追い風となりそうだ。J昇格すれば、元日本代表FW三浦知良(48)=横浜C=とのカズ・ゴン対決が実現する可能性もある。

◆スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20150905-OHT1T50032.html
◇関連ニュース
ゴン加入の可能性浮上の沼津、J3昇格への道
http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20150905-OHT1T50036.html

◆アスルクラロスルガ公式サイト
http://www.azul-claro.jp

no title

引退試合後のセレモニーでのゴン中山“QBK”言及あいさつに柳沢は感謝「ゴンさんの優しさを感じた」 

1: 名無しのSamurai
中山“QBK”言及あいさつに柳沢は感謝「ゴンさんの優しさを感じた」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150705-00772046-gekisaka-socc
[7.5 ENCORE 合同引退試合 ANTLERS LEGENDS 5-2 KAY FRIENDS カシマ]

 試合後のセレモニー。3選手それぞれにゆかりのある先輩がメッセージを送った。柳沢敦と対峙した中山雅史が話し始めたのは、今まで誰もが触れ辛かったあの一件についてだった。

「みなさんの記憶にも残っていると思うのですけど、2006年のW杯、クロアチア戦ですよね。あのアウトサイド、分かります。(自分も)下手だからこそ分かります。その前に2001年のイタリア戦でのアウトサイドでのゴールがあったからあそこでアウトサイドで行ったのかなという思いが強いです。その選択、間違ってなかったと思います」

 2006年6月18日、W杯のグループリーグ第2戦のクロアチア戦。当時、FW高原直泰とともに押しも押されぬ日本の両エースとして君臨していた柳沢はもちろん先発メンバーに名を連ねていた。しかし、その試合で“事件”は起こった。

 後半6分、右サイドのDF加地亮からゴール前でフリーになっていた柳沢にボールが渡る。しかし、柳沢が選択した右足アウトサイドでのシュートは枠を大きく外れた。試合後の「急にボールが来たので」という発言がネット上などで一人歩きし、頭文字から「QBK」と揶揄され続けることになった。

 セレモニーまで話すことを決めていなかったという中山。「正直、言うべきかどうか迷った」と複雑な思いがあったことを明かす。それでも話すことに決めたのは、中山自身も1998年W杯のクロアチア戦で決定機を決めきれず、苦しい思いを経験したことで、柳沢の一番の理解者だと感じていたからだった。「失礼になってなければいいのですが」と最後まで気遣った中山。「ヤナギは僕以上の思いを持って現役生活を続けてきたと思う。だから敢えて言わせてもらった」と後輩の労をねぎらった。

 ただ、その思いは柳沢にもしっかり届いていた。しばらく考えたあと、「ゴンさんの言葉は私にとっては有難い言葉だった」と話し始めた柳沢。「僕がいくら言っても解消できない、納得させられない部分をゴンさんが代弁してくれた。優しさを感じた言葉だった。たまに自分でも自虐ネタにすることもある。でもやっぱり周りの人たちが想像以上に気を使ってくれている。こういう場でゴンさんが言ってくれたことで、角が取れればいい。前に進めていなかったわけではないが、一つ、ステップが上がれたかなと思う」。そう話した柳沢の表情は清々しかった。

ゲキサカ 7月5日(日)19時22分配信
no title

サッカー中継解説に違和感…松木の相棒ゴン中山が機能せず 

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 08:08:32.47 ID:???*.net
女子がワールドカップで決勝トーナメントに進出し、男子が2次予選スタートとサッカー中継が盛り上がった。
試合結果は明暗がクッキリと分かれたが、では、中継の解説はどちらが勝ちか?

女子は例えばスイス戦で、なでしこはすぐボールを奪われたり、決定的な場面でシュートを外したりしていたのに、
フジテレビの解説は批判せず、どちらかというと褒めてばかり。
加藤與恵と山郷のぞみの元選手2人は、選手にもテレビ局にも気を使いすぎだ。
その上、知名度もしゃべり方も地味。OGを出すならもっと知名度で人選してほしい。

逆に派手で、若干盛り上げすぎなのが男子。強化試合も2次予選初戦も担当したテレビ朝日の松木安太郎&ゴン中山のコンビだ。
松木の解説はおもしろく、かつわかりやすいとネット上で評判だが、試合展開によってはスタイルが変わる。

4対0の楽勝だったキリン杯のイラク戦では「ヨッシャー!」と喜びを連発、終始明るかった。
走り回るよりボールを回したほうがいいという話の時には「ボールはどんなに走っても疲れないからね、はっはっは!」と定番のオヤジギャグも飛ばした(アナウンサーはスルー)。

が、引き分けたシンガポール戦では、「よーし、いいボール上がるぞ~」「あー!」と解説ではなく応援目線になり、
点が入りそうで入らない後半は「サイド! サイド! サイド!」「今度は右から!」「ファウルだよ今の!」と監督目線の独り言と化した。熱い人だなぁ。これぞ松木節。

ところが、もうひとりのゴンが松木の子分みたいで気になる。
途中から「サイド、サイド、サイド、ですね」と同意したかと思うと、松木が「(シュートを)打ってほしかったぁ!」と言うと、ゴンは「そうですね!」とイエスマンと化してしまった。

解説を2人置くのは違う目線で意見を言ってもらうのが本来の目的なのに、ゴン、同じじゃ意味ないだろう

日本はどのスポーツでも“先輩の解説者を立てる”という無難な態度が見られる。
しかし、落合(元中日監督)は解説者時代、同席の先輩にかまわず持論を展開したものだ。
解説は男子の勝ちだが、解説者は男女とも人選に工夫が必要。果たして、松木の“相棒”にはだれがいいのか。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/160976
2015年6月21日

no title

相棒はダレがいい?(C)日刊ゲンダイ

【画像】イラク戦の前に解説のゴン&松木が”勝つ丼”で必勝祈願w 

339: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2015/01/16(金) 15:51:29.83 ID:qC939tOS0.net
no title

ゴン中山の香川インタビュー「キレキレの香川選手を見られる?」→「そのために準備してきた!」 

1: 名無しのSamurai

no title

【画像】マインツ岡崎がドイツでゴン中山に誕生日を祝ってもらう!! 

1: 名無しのSamurai
マインツ岡崎がドイツでゴン中山に誕生日を祝ってもらう
no title

no title


http://ameblo.jp/okazaki-shinji/entry-11826593589.html

サッカー界のゴン中山の評価は低すぎる 

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24 13:14:38 ID:T4PAZYmu0
カズ←カズさんかっけーーー!!
中山←ゴンwwwwwww

なぜなのか?

no title

ゴン&秋田対談「本田圭佑の考えは間違ってる」「カウンターサッカーも必要」「ブラジルだってカウンターで点を取る」 

1: パンティ泥棒の唄(131101)φ ★ 2013/10/06(日) 12:44:04.13 ID:???
本田圭佑は間違い/ゴン&秋田対談2 2013年10月5日10時49分

<ゴン魂&秋田塾 炎の対談第2回>

 日刊スポーツ評論家の元日本代表FW中山雅史氏(46)と同DF秋田豊氏(43)の
コラボ企画「ゴン魂&秋田塾 炎の対談」の第2回のテーマは、カウンター。W杯を戦う上で
守備に時間を割かれる試合も増えてくる。中山氏は「ブラジルだってカウンターで点を取る」
と言えば、秋田氏は「違う得点パターンも必要」。強豪相手との現実を見据え、
あらためてカウンター体得の必要性を説く。【聞き手=盧載鎭、高橋悟史、栗田成芳】

 4-2-3-1布陣で、前線から守備をして素早い攻撃に切り替えるスタイルの
ザックジャパン。W杯では、ブラジル、ドイツ、スペインなどの強豪国と1次リーグで
同じ組になる可能性は十分ある。その時に、今と同じ戦い方だけで挑むのか、
それとも違う方法も備えておくべきなのか。

秋田 基本的には、今のスタイルを変えるべきではないと思いますよ。でも時間帯、
相手によっては、相手にボールを持たれて押し込まれることも出てくると思うんです。
引いた状態でもやられず、カウンターにいけるプランを持つことが必要じゃないですかね。
ショートカウンターではなくてカウンター。

ゴン ラインが下がったところからカウンターっていうのは、相当なパワーがいる。
だけど、それを実現するだけのものを自分たちで鍛えないと、相手は崩れない。
それは必須じゃないの? 勝つためには。

(>>2に続く)

ニッカンスポーツ
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/photonews_nsInc_f-sc-tp2-20131005-1199736.html
カウンターの必要性を説く中山氏(右)と秋田氏
no title


≪関連記事≫
本田圭佑、批判集める守備陣も「麻也は誇らしい」
http://news.livedoor.com/article/detail/7961386/
>また、先のコンフェデ杯に続く大量失点を喫し、批判を集めている守備陣については
>「これだけやられるから、こういう風な言い方になるんですよ。引いたら引いたで、
>この間みたいにネイマールに前で打たれて決められるんですよ。だから、やられたからって
>次引こうかっていうのはナンセンスで僕らはこれで正しいと思ってるんですから、
>このやり方を貫く。その信念を曲げずにこのやり方をやっていく」とキッパリ。



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索