Samurai Goal

中国


スポンサード リンク





中国、W杯出場へ「ニンジン作戦」=最終予選の勝利ボーナス4500万円、突破決めれば9億円の報奨金 

1: 名無しさん 2016/08/25(木) 20:53:41.06 ID:CAP_USER
no title

写真は中国代表の試合。

2016年8月24日、来月1日から始まるサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選を控え、中国サッカー協会が決めた各種ボーナスが明らかになった。

北京青年報などによると、中国サッカー協会は、最終予選の1試合当たりの勝利ボーナスを300万元(約4500万円)に設定。W杯本大会に進出した場合は、過去最高となる6000万元(約9億円)の報奨金支給も決めた。

2002年日韓大会以来2度目のW杯出場を目指す中国は、最終予選でイラン、韓国、ウズベキスタン、カタール、シリアと同組に入った。来月1日アウェーでの韓国戦に向け、中国代表は22日から瀋陽で2次キャンプを行っている。(翻訳・編集/柳川)

http://www.recordchina.co.jp/a148542.html

W杯最終予選の韓国×中国戦、遠征応援団3万人がソウルへ!「恐韓症」克服のために総力戦! 

1: 名無しさん 2016/08/24(水) 13:27:38.64 ID:CAP_USER
中国サッカーが「アジアの虎狩り」を宣言した。来月1日にソウルW杯競技場で行われる韓国との2018ロシアワールドカップ(W杯)アジア地域最終予選A組第1戦を控え、「恐韓症」克服のために総力戦を準備している。
W杯本大会進出のために中国サッカー協会が準備したプロジェクトの核心は金銭的・環境的支援を通じた動機付与だ。

まずはキャンプだ。サッカー中国代表は先月31日から1週間、海抜2000メートルの高地の昆明で体力トレーニングに集中した。
このため今月3、4日のスーパーリーグ(中国プロサッカー1部リーグ)第21節の試合日程を6月15日と9月14日に早くから変更した。22日からは瀋陽で10日間の2次キャンプを行った後、韓国戦に臨む。
また中国サッカー協会はW杯本大会に進出する場合6000万元(約9億円)の報奨金支給も決めた。選手1人あたりのAマッチ勝利手当も2万元とした。
代表チーム出場手当がクラブチームに比べてあまりにも少ないため、中国の選手はAマッチで全力を尽くさないという指摘のためだ。

中国サッカー協会が決めた各種ボーナス予算総額は1億5000万元にのぼる。中国サッカー協会は「人海戦術」を準備している。
韓国と初戦を行うソウルW杯競技場を「球迷」(ボールに狂った人という意味で、中国代表サポーターの別称)で埋め、ホーム競技場の雰囲気を作る計画だ。

全体観覧席6万6000席のうちレッドデビル(韓国サポーター)と向かい合う南側スタンド1万5000席をすべて確保した。また一般観覧席も中国関連旅行会社を通じて入場券を大量に確保している。
23日に中国・上海で会った中国サッカー協会の関係者は「3万席ほど確保すると期待している。アウェーだが応援は韓国に劣らないだろう」と話した。
中国が来年3月23日の韓国とのホームゲーム場所を昆明にしたのもホームアドバンテージを活用するための決定だ。

対戦を大々的に準備する中国とは違い、韓国は「情報戦」に注力している。韓国代表のシュティーリケ監督(62、ドイツ)は中国代表の戦術と選手の特性の把握に注力している。23日には中国・上海で行われた全北現代-上海申花の試合を観戦した。

中国スーパーリーグで今季13ゴールを決めて得点2位のウイング武磊(25)をチェックした。
「中国のメッシ」と呼ばれる武磊はトップのコウ林(30、広州恒大)とともに中国の攻撃の軸をなす。韓国代表の攻撃のエース孫興民(ソン・フンミン、24、トッテナム)のライバルだ。
チェ・ガンヒ全北現代監督は「武磊はDFが2メートルほど離れていてもドリブルをして簡単に抜くほど速い選手。武磊を相手にオフサイドトラップを使う場合は慎重でなければいけない」と話した。

一方、全北現代は上海申花とのアジアチャンピオンズリーグ準々決勝第1戦で0-0で引き分けた。第2戦は来月13日に全州で行われる。

http://japanese.joins.com/article/792/219792.html

no title

中国超級に日本人CBを送り込んだら日本代表の強化に繋がりそう!!? 

497: 名無しさん 2016/08/24(水) 13:15:45.03 ID:b9b45/M60
超級に日本人CBを送り込んだ方が代表強化に繋がりそう

no title

リオ五輪での日本サポーターの“ごみ拾い”に、同じ日本人からは批判的な声も…!? 

1: 名無しさん 2016/08/11(木) 23:55:16.17 ID:CAP_USER9
2016年8月8日、リオデジャネイロ五輪のサッカーの試合での日本サポーターのある行動が現地で称賛されている。

5日に行われた日本対ナイジェリアの試合の後、一部の日本サポーターがスタジアムのごみ拾いを行ったという。
この出来事は現地メディアで報じられるなど、話題になった。日本のサポーターによるスタジアムのごみ拾いは、
2年前のワールドカップ(W杯)ブラジル大会でも大きな注目を集めた。日本の敗戦後にサポーターがごみを拾う姿に、
海外メディアは「試合に負けたが、日本のサポーターの魅力は人々の心をつかんだ」などと報じた。

しかし、今回のリオでのごみ拾いについて、ある日本情報サイトは日本のネットユーザーの「意外」な反応を紹介。
それによると、「サッカー観戦よりもごみ拾いが目的になっててよく分からない」「日本ではやらんくせに」
「地元の祭りの後は何でごみだらけなの?」「偽善だけどやらないよりはマシ」といったコメントも寄せられていたという。

これに対して、中国のネットユーザーからは、「善意から始めたことなのに、なぜ当の日本人がこんな文句を言うんだろう。
もし中国人ならごみ拾いどころか、ごみをポイ捨てしないだけでも十分立派なのに」「(日本で)毎日、ポケモンGOをやった後にごみを残していく
日本人を見ている私としては、笑うしかない」「ま、どっちにしても良いことだよ」「恐るべき日本人」
「試合中にごみ袋を膨らませて応援するらしいけど、後ろの人の視線を遮るのは素養の高い行為かね?」
「何をしても文句を言う人はいるもんだよ」「素養は一人ひとり違うものだ。日本人だって全員が高いわけじゃないし、
中国人だって全員が低いわけじゃない」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/北田)

http://www.recordchina.co.jp/a147211.html
no title

中国メディア「日本代表は“お笑い担当”、藤春のオウンゴールが“最優秀ゴール”」→中国ネット「どのツラ下げて…」 

1: 名無しさん 2016/08/10(水) 12:27:29.94 ID:CAP_USER
no title

写真は日本代表ユニフォーム。

2016年8月8日、中国メディア・斉魯壱点が、日本サッカーをやゆする記事を掲載したところ、ネットユーザーの反感を買っている。

斉魯壱点は、リオデジャネイロ五輪で1敗1分と苦戦が続くU?23日本代表について、「前回のロンドン五輪でベスト4に入ったアジアの雄が、思いもよらぬことに“お笑い担当”になった」などとし、
ナイジェリア戦での度重なるお粗末なプレーによる失点を動画付きで紹介。コロンビア戦の藤春のオウンゴールについて、「日本の今大会最優秀ゴールはこれで決まり」と皮肉っている。

記事はこの他にも、Jリーグの試合でのGKのミスを動画付きで紹介し、「皆さん、彼らはどうしてこんなにおもしろいのでしょうか?」などとしている。

この記事に対して、中国ネットユーザーからは「まったく、この記事の執筆者を思うと悲しくなるよ」「日本を笑う資格なんてあるのか?中国なんて笑われるネタすらないじゃないか」「笑おうとした時、ふと中国代表を思い出して、涙が出てきた」
「タイに1?5で負けた中国がどのツラ下げて日本を笑うんだよ」「50歩が100歩を笑うのは聞いたことがあるが、100歩が50歩を笑うなんて聞いたことない」
「日本は憎しみの対象だが、嘲笑については俺たちにその資格はない」など、批判的なコメントが多く寄せられている。(翻訳・編集/北田)

http://www.recordchina.co.jp/a147200.html

韓国メディア「日本サッカー赤っ恥!試合7時間前にブラジルに到着したナイジェリアに敗北」→中国ネット「日本は八百長はしないからな」 

1: 名無しさん 2016/08/06(土) 14:27:02.27 ID:CAP_USER
2016年8月5日、網易体育によると、リオデジャネイロ五輪の男子サッカー・グループB初戦で、ナイジェリアに4?5で敗れた日本について、韓国メディアが皮肉交じりに報じている。

韓国・ニュース1は、「日本サッカー赤っ恥、試合7時間前にブラジルに到着したナイジェリアに敗北」との見出しで、「コンディションを調整する時間がまったくなかったナイジェリア相手に日本は惨敗した」などと報じた。

これに対して、中国のネットユーザーからは、「4?5でも『惨敗』なの?」「韓国人はうるさい。自分のことに集中してろ」「ポイントは5点取られても4点取ってるってこと」「韓国ってのはおもしろい国だ。大和民族とは100年の差がある」
「日本は八百長はしないからな(※韓国の八百長疑惑を皮肉っている)」など、ほぼ日本の肩を持つコメントばかりが寄せられている。(翻訳・編集/北田)

http://www.recordchina.co.jp/a146893.html

no title

中国代表、W杯最終予選の韓国戦で5万枚のアウェイチケットを要求。指揮官も困惑「最悪の状況」 

1: 名無しさん 2016/07/29(金) 16:29:56.52 ID:CAP_USER9
中国代表は、アウェイで行われる韓国代表との試合を“支配”しようとしているようだ。

 今年9月1日に行われる2018年ロシアワールドカップアジア最終予選の初戦で、中国代表はアウェイで韓国代表と対戦する。

 試合会場となるソウルワールドカップスタジアムは6万6000人収容だが、中国サッカー協会はなんと5万枚のアウェイチケットを要求しているという。韓国サッカー協会が発表した。

 韓国代表のウリ・シュティーリケ監督も、「ホームでブーイングを受けながら試合をするという最悪な状況になってしまう」と困惑しており、ホームの優位性がなくなってしまうことを懸念している。

 しかし、中国サッカー協会との協議の結果、1万5000枚のアウェイチケットを販売することで合意したという。

 ただし、韓国側は「当初要求されたチケットの数量は減らしたが、中国の旅行会社が大量に観戦ツアーを販売したので、どれだけの中国サポーターが来るのかを予想するのは難しい」としており、最悪の場合は3万人を超える恐れもあると予測している。

 なお、韓国サッカー協会の発表によれば、過去に最も多くのアウェイサポーターが入場した試合は1997年11月に行われたフランスワールドカップアジア最終予選の日本代表戦で1万人が訪れた試合となっている。

 今回、中国に対して販売した1万5000枚のアウェイが完売すれば、過去最高のアウェイサポーター入場数を記録することになる。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160729-00010022-footballc-socc
no title

欧米メディア「中国でプレーすることは欧州から忘れ去られるリスクとともに深刻なけがを負いかねないリスクもある」 

1: 名無しさん 2016/07/26(火) 17:14:35.98 ID:CAP_USER
no title

no title

サッカーボールを使ってパフォーマンスする中国の子供たち。スーパーリーグではラフプレーの〝カンフーサッカー〟が横行?(ロイター)

 中国スーパーリーグはやっぱり、荒々しい「カンフー・サッカー」だった!? それを裏付けるような事態がまたも発生した。
7月17日に行われた“上海ダービー”で、上海申花に所属するセネガル代表FW、デンバ・バ(31)が選手生命を絶たれかねないほどの深刻なけがを負ったのだ。

 米スポーツ専門局ESPNや英BBC放送(ともに電子版)などによると、デンバ・バは後半18分、味方のスルーパスに反応して上海上港DFライン裏に抜け出そうとしたところで相手選手と接触。
回転しながらピッチに倒れ込む際に、左脚が相手選手に引っかかり、あらぬ方向にねじ曲がった。

 脚をおさえて痛がるデンバ・バ。トレーナーらが駆け寄ってすぐに交代となり、病院へ運び込まれたが、
上海申花のグレゴリオ・マンサーノ監督は試合後に「彼のプロサッカー選手としてのキャリアが終わりかねない。この試合を負ける方が、彼を失うよりも良かった」とけがの程度を説明した。脛骨(けいこつ)と腓骨(ひこつ)の両方が完全に折れていたという。

 かつてイングランド・プレミアリーグの強豪、チェルシーやウェストハム、ニューカッスルなどでプレーしたデンバ・バは昨夏、1200万ポンド(約17億円)の移籍金で上海申花に移籍。
中国スーパーリーグのクラブに“爆買い”された選手で、成功した例の一人として知られる。今季も18試合で14得点を挙げる活躍を披露していた。

 欧米のメディアはデンバ・バのアクシデントをこぞって報じ、ESPNは「horrific injury(恐ろしいけが)」、BBCや英紙インディペンデント(電子版)は「career-threatening leg break(選手生命を脅かす脚の骨折)」と表現した。
「中国でプレーすることは、(サッカーの本場の)欧州から忘れ去られるリスクとともに、デンバ・バが経験したのと同じように、深刻なけがを負いかねないリスクもある」と指摘した海外メディアもあった。

 上海申花と上海上港をめぐっては、今年4月に市立吹田スタジアム(大阪府吹田市)で開かれたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のG大阪-上海上港戦で、“両上海”のサポーター同士が小競り合いを起こす騒動も勃発。
激しいライバル関係がピッチ上での荒々しいプレーとなって表れたのかもしれない。

 そうでなくても、中国サッカー界では今年5月の中国カップ、江蘇蘇寧-武漢宏盛戦で、武漢宏盛の選手やスタッフが江蘇蘇寧の選手を“襲撃“”する様子を映した動画が世界中に喧伝(けんでん)され、
「リアル・カンフーサッカー」と注目を集めるなど、ラフプレーや暴力沙汰(ざた)が頻発。
新たな犠牲者となったデンバ・バは「本当にひどいけがだが、克服できる。引退は考えていない」と気丈に語っているが、肉弾戦が許容されるピッチ内の「チャイナ・リスク」の存在は、“爆買い”の対象となっている選手たちの中国行きに影響を与えかねない。

http://www.sankei.com/west/news/160726/wst1607260005-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/160726/wst1607260005-n2.html

関連スレ
【サッカー】長友放出危機 中国の家電量販最大手企業の蘇寧がイタリア1部インテル買収[7/20] [無断転載禁止]©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1469098871/
【サッカー】本田圭佑所属のACミラン、中国企業が買収へ…米紙[7/21]©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1469082026/

驚きの中国移籍からわずか半年…あの大物選手が、退団を希望 

1: 名無しさん 2016/07/10(日) 23:12:50.88 ID:CAP_USER9
今年2月、アトレティコ・マドリーから中国の広州恒大へと移籍したコロンビア人FWジャクソン・マルティネス。

その決断と破格の移籍金は驚きだったが、移籍から半年余りでヨーロッパへの復帰を望んでいるようだ。

『calciomercato.com』が、代理人であるエンリケ・ポンピオ氏の言葉を伝えている。ヨーロッパのクラブと交渉しているのかと問われるとこう答えたそうだ。

エンリケ・ポンピオ(ジャクソン・マルティネス代理人)

「現時点ではいかなるオファーも受け取っていない。私はこの方向で動くためにヨーロッパに来ている。

ジャクソンはクラブ(広州恒大)にはとても感謝している。だが、ヨーロッパに戻ってプレーすることを決めた。それは彼の願いだ。

広州恒大を傷つけない(損害を出さない?)ような解決策を探している。彼らは中国リーグに連れてくるために巨額の投資をした。

ジャクソンにとってセリエAがお気に入りのリーグのひとつであることを隠すつもりはない。セリエAでやれるならワクワクするものになるだろう。

我々は待つことになる。だが、現時点で存在するのは噂だけだ」

なお、ユヴェントスやミランが獲得に興味を示しているとも伝えられている。

http://qoly.jp/2016/07/10/jackson-martinez-20160710

no title

広州恒大退団が濃厚のFWジャクソン・マルティネス(29)にユベントスからオファーか!?英メディア報じる 

530: 名無しさん 2016/07/09(土) 22:07:47.41 ID:s7iNBDk1p


SnapCrab_NoName_2016-7-9_22-26-3_No-00



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索