Samurai Goal

中国1部


スポンサード リンク





浦和のFWレオナルドは中国1部山東移籍で合意 メディカル検査経て発表へ 

スクリーンショット 2021-02-17 8.04.22




1: 2021/02/16(火) 20:08:48.33 _USER9
 浦和のブラジル人FWレオナルド(23)が、中国1部山東に完全移籍することで合意した。戸苅フットボール本部長は「チーム名は言えませんが、現状、移籍することで合意しています」と明かした。

 レオナルドは昨季、チームトップの11得点をマーク。将来の日本国籍取得&日本代表入りを目標に掲げていたが、既にチームを離れており、今後、メディカル検査を経て近日中にも正式発表されるとい

https://news.yahoo.co.jp/articles/f3aea2465bad614a2e2f75beff9443e0d5463684
2/16(火) 18:40配信

浦和 レオナルド、中国1部・山東魯能泰山に移籍…億単位の移籍金発生の見込み 

1: 2021/02/02(火) 05:09:23.05 _USER9
浦和のブラジル人FWレオナルド(23)が中国1部の山東魯能泰山に移籍することが1日、決定的となった。関係者によると、浦和との契約を残しており、億単位の移籍金が発生する見込み。レオナルドは既に沖縄キャンプ中のチームから離れている。

 強じんなフィジカルやゴール前の決定力を武器に、ブラジルから来日した18年にJ3鳥取(24点)、19年にJ2新潟(28点)と2年連続で得点王を獲得。浦和に完全移籍した昨季は28試合に出場し、自身初のJ1でチーム最多の11得点を挙げた。浦和では18年2月に中国2部(当時)の武漢卓爾へ移籍したR・シルバに続き、またもシーズン前に外国人ストライカーが流出。現在はエースの興梠が負傷離脱中とあり、FWの補強が急務となりそうだ。

 山東は中国1部で優勝3回を誇る強豪で、元ベルギー代表FWフェライニらが所属。昨年は中国杯を制し、今季はACLに出場する。

報知新聞社

no title


2/2(火) 5:00
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210202-02010246-sph-socc

中国1部天津天海が“無料”で経営譲渡先探す。わずか2年前にはFWパトら擁しACL8強 

20200305-00365684-footballc-000-1-view




1: 2020/03/06(金) 01:06:14.70
 中国スーパーリーグ(CSL)のクラブである天津天海が、経営難によりクラブ経営権を“無料”で譲渡する相手を探していることを表明した。中国『新華社通信』などが伝えている。

 天津天海は極度の経営難に陥り、2020シーズンのリーグ参加が危ぶまれる状況にも陥っていた。リーグ開幕は新型コロナウイルスの感染拡大のため無期限延期されている状況だが、クラブの立て直しに向けて新たなオーナーを探すことを決めた。

「クラブは瀬戸際に達した。必死の戦いで勝ち取った中国スーパーリーグの地位を守るため、慎重な検討の末に苦渋の決断を下した。クラブの100%を無料で譲渡する」と公式SNSを通して出された声明が伝えられている。

 クラブには総額1億ドル(約107億円)前後の価値があると試算されている。だが負債はそれを上回る1億4500万ドル(約155億円)前後に達しているとのことだ。

 天津天海はかつて天津権健の名称で戦い、2017年にCSL初昇格。ファビオ・カンナバーロ監督やFWアレシャンドレ・パト、MFアクセル・ヴィツェルなどのビッグネームを擁し、いきなり3位の好成績を収めた。翌年にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場し、柏レイソルなどを抑えてグループリーグを突破。決勝トーナメント1回戦で広州恒大との中国対決を制し、最終的に準々決勝で鹿島アントラーズに敗れた。

 だが昨年1月には親会社の製薬会社が虚偽広告によるスキャンダルを起こし経営撤退。天津市体育局が経営を引き継いでチーム名も変更されたが成績は低迷し、辛うじてCSL残留を果たしていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200305-00365684-footballc-socc

中国1部天津天海が“無料”で経営譲渡先探す。わずか2年前にはFWパトら擁しACL8強 

20200305-00365684-footballc-000-1-view[1]




1: 2020/03/06(金) 01:06:14.70
 中国スーパーリーグ(CSL)のクラブである天津天海が、経営難によりクラブ経営権を“無料”で譲渡する相手を探していることを表明した。中国『新華社通信』などが伝えている。

 天津天海は極度の経営難に陥り、2020シーズンのリーグ参加が危ぶまれる状況にも陥っていた。リーグ開幕は新型コロナウイルスの感染拡大のため無期限延期されている状況だが、クラブの立て直しに向けて新たなオーナーを探すことを決めた。

「クラブは瀬戸際に達した。必死の戦いで勝ち取った中国スーパーリーグの地位を守るため、慎重な検討の末に苦渋の決断を下した。クラブの100%を無料で譲渡する」と公式SNSを通して出された声明が伝えられている。

 クラブには総額1億ドル(約107億円)前後の価値があると試算されている。だが負債はそれを上回る1億4500万ドル(約155億円)前後に達しているとのことだ。

 天津天海はかつて天津権健の名称で戦い、2017年にCSL初昇格。ファビオ・カンナバーロ監督やFWアレシャンドレ・パト、MFアクセル・ヴィツェルなどのビッグネームを擁し、いきなり3位の好成績を収めた。翌年にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場し、柏レイソルなどを抑えてグループリーグを突破。決勝トーナメント1回戦で広州恒大との中国対決を制し、最終的に準々決勝で鹿島アントラーズに敗れた。

 だが昨年1月には親会社の製薬会社が虚偽広告によるスキャンダルを起こし経営撤退。天津市体育局が経営を引き継いでチーム名も変更されたが成績は低迷し、辛うじてCSL残留を果たしていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200305-00365684-footballc-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索