Samurai Goal

中国代表


スポンサード リンク





中国代表、リッピ監督が辞任を表明  

無題




1: 北村ゆきひろ ★ 2019/11/15(金) 02:30:48.74 ID:43h/J6Nd9
中国代表を率いるマルチェロ・リッピ監督(71)が14日、辞任を発表した。

2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)を以って、監督業から身を引くことを明らかにしていたリッピ監督だが、14日に行われたW杯アジア2次予選のシリア代表戦を1-2と敗れ、首位シリアとの勝ち点差が5に拡大した。
現在、2勝1分け1敗でフィリピンと勝ち点で並び2位に付ける中国は、仮に2位に終わった場合でも8グループの中で成績上位4カ国に入れば3次予選進出が可能だが、早くもリッピ監督は辞任を申し出た格好だ。

リッピ監督は辞任理由について、「私は非常に多くの給料をもらっている。結果を残せていないのに、そのような高額な給料を受け取ることはできない。よって、私は辞任することにした」とコメント。

これまでユベントスやインテル、ナポリといったイタリアのビッグクラブで指揮を執ってきたリッピ監督。2004年からは2度に渡ってイタリア代表監督を務め、2006年にはドイツW杯優勝に導いた。

2012年から広州恒大、そして2016年10月から中国代表監督に就任。今年1月に開催されたAFCアジアカップ2019終了後の契約満了を以って退任を発表していたが、5月に復任していた。

https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=364466

<中国代表のリッピ監督>地元メディアが辛辣批判!E-1選手権の指揮をまさかの放棄「職務怠慢」「屈辱だ」  

1: Egg ★ 2019/11/03(日) 10:48:58.51 ID:fT9vuTx69
日本、韓国、中国、香港がリーグ戦を戦う来月のE-1選手権。中国代表はマルチェッロ・リッピ監督ではなく、かつてエバートンなどイングランドでプレーした経験を持つ元代表のリー・ティエが暫定的に指揮を執ることになった。

 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』によると、リッピ監督は大会中、母国イタリアに戻っているとのこと。これを受け、中国メディアがリッピ監督を批判している。

『Tencent Sports』によれば、リッピ監督は11月のワールドカップ(W杯)・アジア2次予選を終えると、クリスマスを母国イタリアで過ごすために帰国するという。同紙は「バカンスは4か月に及ぶかもしれない」と伝えた。

 71歳の老将の年俸は1億8000万元(約28億円)。それだけに、地元紙『東方日報』は「職務怠慢」と、厳しく糾弾している。

「彼の仕事は代表チームを率いることではないのか? その立場で報酬を受け取っているのだから、彼は自分の仕事をすべきだろう」

 さらに、同紙は「中国サッカーの長期的発展に関心がない」と批判を続けたうえで、“監督責任”もあると指摘した。

「中国に対する倫理的な平手打ち、屈辱だ。当然の疑問が浮かぶ。このように振る舞える権限と肩書きをリッピに与えたのはだれだ?」

 一度は中国代表監督を退任し、かつての教え子ファビオ・カンナバーロに後を託したリッピだが、わずか4か月ほどで復任。中国はカタールW杯アジア2次予選グループAで、首位シリアに勝点2差の2位につけている。

 たびたびイタリアの家族との距離に言及してきたリッピ監督だが、中国メディアからの批判が今後に影響することはあるのだろうか。12月10日に行なわれるE-1選手権初戦で、中国は日本と対戦する。

2019年11月2日 17時31分 サッカーダイジェスト
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17324753/

写真
no title

飲酒運転の中国GKを代表追放、協会発表 

20190922-00000022-jij_afp-000-3-view[1]

エウケソン、中国代表デビュー戦で2ゴール! 中国はモルディブに5-0勝利でグループA首位に  

20190911-00337963-footballc-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/09/11(水) 10:24:37.31 ID:hNCNkc1D9
 カタールワールドカップ・アジア2次予選 第1節、中国代表対モルディブ代表の試合が現地時間10日に行われ、中国が5-0の勝利をおさめた。この試合で中国代表デビューを飾った30歳のFWエウケソンが、いきなり2ゴールの活躍を見せている。

 エウケソンは2013年に広州恒大に加入すると、中国スーパーリーグで2年連続の得点王に輝き、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも2013年と2015年の優勝に大きく貢献。2016年に移籍した上海上港で3年半を過ごしたあと、今夏から広州恒大に復帰していた。移籍後はリーグ戦7試合で7得点3アシストの活躍を見せている。

 先日、中国代表メンバーが発表され、エウケソンも初招集された。今年5月には元U-19イングランド代表のMFニコ・イェナリス(帰化して中国名「李可」)が帰化選手として初のデビューを飾ったが、同選手は母親が中国系である。つまり、中国に全くルーツを持たない帰化選手としては史上初の出来事となった。

 エウケソンは今回のモルディブ戦で先発出場を果たし、中国代表デビューを飾っている。試合開始して34分、中国のウー・シーが先制点を決めた。続く45分にウー・レイが追加点を決めると、64分にはヤン・スーも得点し3点差に。

 そして、83分にエウケソンがPKを決めて代表初ゴールを記録。後半アディショナルタイムにもエウケソンがゴールを決め、中国は5-0の勝利をおさめている。大量得点により、シリア代表もいるグループAで首位スタートとなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190911-00337963-footballc-socc

サッカー中国代表、外国人9選手が帰化申請w W杯出場のため11人中9人が外人になる可能性もwww  

20190823-00000034-jij_afp-000-2-view[1]




1: 47の素敵な(SB-Android) (9級) 2019/08/23(金) 18:13:39.40
サッカー中国代表、W杯出場へ後押し 外国人9選手が帰化申請(AFP=時事) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00000034-jij_afp-socc
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:1000:512: EXT was configured

【朗報!?】サッカー中国代表、ガチでアジア最強になる  

1: 風吹けば名無し 2019/08/20(火) 00:52:38.60 ID:NQ9Z041n0
エウケソンが中国代表に招集された
さらに5人が帰化予定
アジア最強へ
no title

<モウリーニョ>中国一の大富豪と会談! 「広州恒大&中国代表」の兼任監督オファーを受諾か? 

1: Egg ★ 2019/07/06(土) 08:43:36.58 ID:rKix19Oy9
年俸はベニテスの「18億円」をゆうに超えるとも

no title


世界中のサッカーファンを驚かせる、まさかの展開となるのか。

 現地7月5日、英紙『The Telegraph』や『The Sun』などが一斉に報じたのが、名将ジョゼ・モウリーニョの最新情報だ。昨年12月にマンチェスター・ユナイテッド監督の座を追われてから約半年、有力な新天地候補が浮かんでは消えてきた。直近ではニューカッスル・ユナイテッドの新指揮官就任かと騒がれたものの、その後の具体的な進展は聞こえてこない。そこで急浮上したのが、「中国行き」のニュースというわけだ。

 複数のメディアによると、モウリーニョ氏はこの数日の間に、とある世界的VIPと会談したという。その相手は、中国一の大富豪にして不動産王であるシュー・ジアイン氏。国内最強王者・広州恒大の事実上のオーナーであり、中国スーパーリーグの発展に尽力し、中国代表の強化にも惜しみなく資金を投入してきた人物だ。2月の春節にも会合を持った両者はふたたび対面し、その場でシュー氏が監督就任の要請を行なった。広州恒大と中国代表の2チームを率いる、兼任監督のオファーだ。

 英各紙はふたりがワイングラスを傾け、笑顔で乾杯する写真を掲載。『The Telegraph』紙は以下のように伝えている。

「シュー・ジアインはフットボールをこよなく愛する実業家で、中国フットボールを世界に名だたるレベルに押し上げようと本気で取り組んでいる。それを実現させるため、モウリーニョは彼が望むなかで最高の適任者であり、自身が所有する広州恒大と中国代表のふたつのチームを指揮させたいと考えているのだ。モウリーニョがその輝かしいキャリアにあって、中国で監督を務める決断に至るだろうか。ただ言えるのは、今回の会談の内容がきわめてポジティブだったという事実だ」

 実はシュー氏は、モウリーニョがチェルシーの監督を更迭された直後の2016年1月、さらにはマンチェスター・Uを去った昨年末にもラブコールを贈っていたという。ポルトガル人指揮官は今年5月、「この夏に現場に復帰するのは間違いない。7月には決まっているだろう」と話していた。タイミングとしてはそろそろ決断を下す時期だろうか。

・監督就任が実現すれば、ACLで鹿島と対戦へ

no title


広州恒大の現監督は元イタリア代表DFのファビオ・カンナバーロ氏。つい先日まで中国代表監督を掛け持ちしていたが、国際Aマッチの成績不振によって代表監督のほうはポストを外れ、そちらは現在、マルチェロ・リッピ前監督が返り咲いている。『The Mirror』紙によれば、シュー氏は長く続いている“イタリアン・コネクション”からの切り替えを模索しているようで、モウリーニョ全権監督を強力に後方支援する腹積もりだという。

 そして『The Telegraph』紙は、ニューカッスルの監督を更迭されたばかりのラファエル・ベニテス氏が、年俸1200万ポンド(約18億円)で大連一方の監督に招聘された事実を紹介。「チャイナ・マネーは強力だ。モウリーニョがそれ以上のオファーを受けているのは確かで、極東に進路を定めてもおかしくはない」と論じている。

 もし“スペシャル・ワン”が広州恒大の新指揮官に電撃就任となれば──。8月28日と9月18日に行なわれるアジア・チャンピオンズリーグ準々決勝で、鹿島アントラーズと対峙することになる。日本のファンにとっても、ここ数日の動静が気になるところだ。

7/6(土) 5:14配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190706-00010000-sdigestw-socc

<中国代表の名将リッピ監督>「中国は外国人選手必要。それでこそ韓国や日本と競争できる」  

1: Egg ★ 2019/06/22(土) 18:55:13.51 ID:MV61XI779
サッカー中国代表を率いるマルチェロ・リッピ監督が、中国サッカーに対する考えを明らかにした。

6月20日(現地時間)、雑誌『Esquire』イタリア版は、中国代表監督に復帰したリッピ監督とのインタビューを公開。リッピ監督は今回のインタビューで、中国サッカーに対する感想を忌憚なく語った。

リッピ監督が挙げた中国サッカー最大の問題点は、サッカー文化の不在だ。「欧州ではサッカー文化が生活のあちこちに浸透している。しかし、中国の子どもたちは誰もサッカーをしない。サッカー文化がないため、ほとんどの選手が遅い年齢からサッカーを始める」とした。

また、「中国選手の現在のレベルは、立派な成果を出すには物足りない。それで3~4人の外国人選手が必要になってくる。そうしてこそ韓国、日本、イランなどより良いサッカー文化を持つ国と競争できる」とし、中国サッカー界が進めている世界的な外国人選手の流入を肯定的に見た。

中国代表の采配を再び握るようになったきっかけに関しては「私は71歳だが、依然としてピッチの上で自分の能力を発揮できると信じている。それがまさに私が復帰を選択した理由だ」と述べた。ただし、「イタリアで指導者生活をすることはない」と念を押している。

2019年6月22日
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16659463/

写真
no title

元アーセナルMFが中国代表に!…カタールW杯で帰化選手を初招集 

20190531-00943018-soccerk-000-6-view[1]

<中国代表>驚きの“補強”!?上海上港と広州恒大のブラジル人助っ人が帰化へ! 「スムーズに進んでいる」  

1: Egg ★ 2019/05/28(火) 05:44:21.95 ID:gTCbR1qx9
カタールW杯に向け、さらなるターゲットも

no title


中国から驚きのニュースが舞い込んできだ。

 現地時間5月26日、日刊紙『South China Morning Post』は、中国サッカー協会が、上海上港と広州恒大とに所属するブラジル人ストライカーのエウケソンとリカルド・グラールを帰化させ、「代表チームに迎え入れる」と報じた。

 まさに驚愕のニュースだが、すでに中国でプレーして6年目を迎えたエウケソンと今夏で5年目に入るグラールに対して、今月24日に中国代表監督に再任したマルチェロ・リッピが以前から関心を示していたこともあり、すでに代表入りの手はずを進めているという。

 同紙によると、帰化に向けた動きは「スムーズに」進行しているようで、すでに申請をしているエウケソンが認可寸前で、グラールも同じ手順で国籍を取得する算段だという。前者はブラジルA代表歴がなく、後者も2014年に1試合だけ出場しているものの公式戦ではなかったため、国籍が取得できれば、中国代表としてプレーすることに問題はないようだ。

 二人は中国スーパーリーグで歴代最高クラスの助っ人だ。13年に広州恒大に加入したエウケソンは通算142試合で94ゴールを挙げ、リーグの外国人最多得点記録を保持しており、一方のグラールも15年の加入から通算104試合で71ゴールを決めてきた。

『South China Morning Post』と同様にこの一報を報じた中国のスポーツ紙『Oriental Sports Daily』は、エウケソンは今年9月、グラールは20年には代表チームに加わる可能性が高いとし、さらに「この数年のうちに天津天海に所属するアラン・カルバリョと重慶当代のフェルナンジーニョも中国に帰化するだろう」との見通しを綴っている。

 来る22年のカタール・ワールドカップで5大会ぶりの出場を目指す中国。仮にエウケソンやグラールに続いて、取り沙汰されているブラジル人選手たちの帰化することになれば、アジア予選で対戦する可能性のある日本代表にとって脅威となる。今後の動向を注視したい。

5/28(火) 5:30 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190528-00010000-sdigestw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索