Samurai Goal

中国


スポンサード リンク





前代未聞の危機!? 中国の前年度覇者・江蘇FC(江蘇蘇寧)が80億円の債務が原因で解散か 

スクリーンショット 2021-02-25 16.33.05




1: 2021/02/25(木) 13:11:02.41 _USER9
 中国スーパーリーグ王者が危機的状況に瀕している。

 現地時間2月23日、中国メディア『新浪体育』は2020年シーズンの中国スーパーリーグ覇者である江蘇FC(>>21年に江蘇蘇寧から改名)が「5億元(約80億円)の債務を理由に解散する可能性が高い」と大々的に報じた。

 2015年に家電販売チェーン大手の『蘇寧電器』が買収して以来、江蘇FCは巨額投資を惜しまない補強戦略で強化を続けてきた。ブラジル代表のラミレス(現・無所属)やミランダ、アレックス・テイシェイラ、元イタリア代表FWのエデルなど、多くの実力派たちをヨーロッパから引き抜き、着実にチーム力を高めることに成功。昨シーズンには広州恒大とのデッドヒート制して、クラブ史上初めてのリーグタイトルを奪取した。

 そんな王者に前代未聞となる解散の可能性が浮上したのだ。『新浪体育』によれば、親会社である「蘇寧グループ」がクラブの売却を模索中で、いまだ新戦力獲得の目途も経っていないという。

 同グループは売却の条件として「5億元の債務負担」を提示しており、もしも、肩代わりできる企業が見つけられない場合、「解散という結果も排除はできない」という。『新浪体育』は次のようにレポートしている。

「江蘇FCは昨シーズンの優勝以来、絶え間ない混乱に直面し続けている。主力だったテイシェイラとの契約は失効され、彼は逃げ道を探している。それ以外にもオラロイ監督や助っ人のサンティニも契約を破棄。まだ契約下にあるエデルとミランダ、ワカソといった選手たちも給与の滞納を理由に退団するのは時間の問題だ。

 蘇寧グループは旧正月の初営業日に、21年の業務の焦点を国内の小売業に当てることを明言。この事業の縮小決定は江蘇FCにとって良くないことを意味している。同グループは15年の買収以来、1年平均で10億元(約160億円)を費やしてきたが、そのせいで明らかな財政難に陥っている。いずれにしても、彼らにあまり多くの時間は残されておらず、我々のサッカーに対するダメージは計り知れない」

 現在、無期限の活動停止中だという江蘇FCは、活動再開の目途はたっておらず、参戦予定となっているAFCアジア・チャンピオンズリーグも解散となれば、棄権するしかなくなるが……。

https://news.yahoo.co.jp/articles/88fc0cfdf5925c171cdc9a417d9dc5cf0bea3862

浦和FWレオナルド、中国の山東魯能に完全移籍でクラブ間合意「いつかこのチームに」…J2新潟、J3鳥取で得点王 

スクリーンショット 2021-02-23 7.13.13




1: 2021/02/22(月) 23:51:23.32 _USER9
 浦和レッズは22日、ブラジル人FWレオナルドが中国スーパーリーグの山東魯能泰山に完全移籍することで、クラブ間合意に達したことを発表した。

 レオナルドは2018年に来日すると。J3鳥取で24得点を挙げて得点王に。19年にはJ2新潟に完全移籍し、28ゴールを記録。ここでも得点王に輝いた。そして20年、J1浦和に完全移籍で加入。来日から年々ステップアップしてきたブラジル人ストライカーは、J1リーグで28試合に出場し、11得点を記録した。

 テクニカルダイレクターの西野努氏はレオナルドの移籍について、「重要な戦力であり、監督を含め本人とも話し合いましたが、本人の挑戦したい、という固い意志もあり、シーズン開幕直前ですが中国のクラブへ移籍することとなりました」と説明。「クラブのために全力で戦ってくれたレオナルド選手の新天地での活躍を応援しています」と言葉を送った。

 また、今後の補強については、「焦点を絞り、的確な戦力を迎え入れるために情報収集を行っております。チームの目標達成に向け、4月2日までの移籍ウインドーと夏の移籍ウインドーで色々な可能性を引き続き検証し、最善を尽くしていきます」としている。

 レオナルドはクラブを通じ、「チームの目標を達成することができずに、浦和を去ることになったことを悲しく感じています。しかし同時に、みんなに歓迎され、愛され、サポートいただいたことを幸せに思っています。これまでの温かい応援ありがとうございました。いつかこのチームに戻ってきて、浦和での物語の続きを再開できればと思います。『さようなら』ではなく、『またね!』でありますように」と感謝を伝えている。

2/22(月) 20:13
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210222-44128879-gekisaka-socc

神戸がケニア代表FW獲得か? ヘンクや中国でプレーしたウインガー 

スクリーンショット 2021-02-20 14.07.16

エイバル乾貴士に中国からラブコール? 上海海港が3年契約のオファーか 

スクリーンショット 2021-02-15 20.12.34




1: 2021/02/15(月) 17:21:16.67 _USER9
中国スーパーリーグの上海海港(前・上海上港)がエイバルに所属するMF乾貴士の獲得に乗り出しているようだ。スペイン『fichajes』が伝えている。

 乾は15年にフランクフルトからエイバルに加入し、スペインで6シーズン目を過ごしている。ベティス、アラベスへの移籍を経て19年にエイバルに復帰すると、今季はレギュラーとしてここまで20試合出場1得点。そんな乾に対して、上海海港が100万ユーロ(約1億2760万円)の3年契約オファーを提示しているという。

 しかし、同メディアはエイバルがスター選手のひとりを簡単には放出しないと予想し、交渉が難航する見通しだと指摘。32歳の乾はスペインで充実したキャリアを過ごしてきたが、ラ・リーガがアジアのリーグよりも遥かにレベルが高いとし、上海海港への移籍の可能性を伝えている。

2/15(月) 17:02
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210215-44097875-gekisaka-socc

C大阪に危機…ヨニッチに中国からビッグオファー 背番号発表も「22」は空白 

スクリーンショット 2021-01-17 14.57.20

2021年のクラブW杯、日本で開催…中国から変更 各大陸連盟から計7チームが参加 

スクリーンショット 2020-12-05 9.47.38




1: 2020/12/05(土) 02:38:26.00 _USER9
 【ロンドン=岡田浩幸】国際サッカー連盟(FIFA)は4日、オンラインで理事会を開き、2021年12月に日本でクラブワールドカップ(W杯)を開催することを決めた。
21年大会は当初、参加チーム数を従来の7から24に拡大した上で同年6月に中国で開催予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて日程や大会方式を再検討していた。
日本で行われる大会では、従来通り各大陸連盟から計7チームが参加する。

https://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/20201205-OYT1T50134/
引用元・読売新聞オンライン

なぜだ! 日本と中国のサッカーは「どうして差が拡大する一方なのか」=中国報道 

1: 2020/09/17(木) 16:15:42.89 _USER9
サッカー日本代表のFIFAランキングは2018年10月から20年6月まで28位であるのに対して、中国代表の最近2年間のランキングは68位が最高で、20年6月は76位という順位だった。

 中国のサッカーファンのなかには、日本と中国のサッカーの実力にはこうしたランキング以上の差があると感じる人が多いようだ。中国メディアの百家号は14日、「なぜ日本と中国のサッカーのレベルの差は開く一方なのか」と題する記事を掲載し、その原因について分析した。

 記事は、日中のサッカーのレベルの差はますます開いていると指摘し、その主な原因は、日本は「長期的な計画」に基づいて自国のサッカーを発展させていることに加えて、「優れたサッカー環境」が存在することにあると主張した。

 続けて、日本のサッカーが強くなり始めたのは1990年代からだったとし、Jリーグが93年から始まると、その5年後の98年にはワールドカップ初出場を果たしたと指摘。そして2005年には日本サッカー協会は「2050年までにワールドカップで優勝する」などといった目標を掲げ、その「明確な目標に向けて着実にあゆみを進めている」と指摘した。

 また、優れたサッカー環境については、日本には青少年たちがサッカーに打ち込める環境があると指摘。たとえば「全国高校サッカー選手権大会」は日本全国が注目する大会であり、こうした大会は「青少年のプレイヤーたちにとって影響力は非常に大きく、青少年のサッカープレイヤーを育成するうえで極めて重要な存在となっていることを強調した。

 一方で記事は、中国の青少年たちには放課後にサッカーを楽しむ時間がなく、宿題と塾に追われる毎日だと説明。中国では「サッカーでは食べていけない」と考え、試験勉強こそ自分の将来を築く助けになると考える子どもたちが多いと紹介、これでは中国のサッカーが強くなるわけがなく、「長期的な目標を立てて邁進する日本サッカーとの差も開く一方なのは当たり前だ」と強調した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

http://news.searchina.net/id/1692786?page=1
no title

サッカーの英プレミアリーグ、中国との放映権契約を打ち切り 

Unknown




1: 2020/09/04(金) 03:06:25.85 _USER9
(ブルームバーグ): サッカーのイングランド・プレミアリーグは、中国での放映権を巡る合意を打ち切った。6億5000万ポンド(約920億円)に上る契約だったが、英中の政治的緊張の高まりによるあおりを受けた。

この決定によりプレミアリーグの放映権を持つ中国国営の中央テレビ局(CCTV)は、12日に開幕する新シーズンの試合を放送しない。プレミアリーグは電子メールで配布した発表文で、これ以上の詳細を説明していない。

CCTVは7月、プレミアリーグの試合放送をメインのスポーツチャンネルから視聴者が比較的少ないチャンネルへと格下げしていた。英中関係はここ数カ月、英政府が第5世代(5G)移動通信ネットワークから中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)を排除すると決め、中国の香港国家安全維持法制定に反対したことなどから悪化した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2d60308e6edb7bbbcdd3e0192b9c91695879db21

W杯招致にらむ中国、北京の有名スタジアムを解体 

1: 2020/08/21(金) 22:37:05.59 _USER9
【8月21日 AFP】サッカーW杯(World Cup)の招致が予想されている中国は、大規模なサッカー関連インフラ改修計画の一環として、今週に入り北京にある有名な工人体育場(Workers' Stadium)の解体を急ピッチで進めた。

 北京の中心地にあるこの人目を引くスタジアムはほぼ全体が建て替えられ、改修工事の完了は2022年12月に予定されている。



中国はスタジアムの建設や改修を盛んに進めており、早ければ2030年のW杯で招致を行うかもしれないという期待が高まっている。

 改修された工人体育場は、2023年に行われる第18回アジアカップ(2023 AFC Asian Cup)の会場にも選ばれている。(c)AFP

全文はソース元で
https://www.afpbb.com/articles/-/3300303
no title

「日本や韓国の選手は…」 スペイン挑戦の中国代表FW、求めすぎる母国世論に苦言 

スクリーンショット 2020-08-06 14.13.30




ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索