Samurai Goal

中国


スポンサード リンク





U-23韓国代表、勝利 

20200110-00357091-footballc-000-5-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2020/01/10(金) 00:31:15.71 ID:+1RcWzUO9
フットボールチャンネル
1/10(金) 0:11配信
U-23韓国代表、東京五輪に向けて劇的白星発進。後半AT弾で中国下す【AFC U-23選手権】

【韓国 1-0 中国 U-23アジア選手権】

 AFC U-23選手権グループリーグC組第1節のU-23韓国代表対U-23中国代表戦が現地時間9日に行われ、0-0の引き分けに終わった。


 8大会連続の五輪出場を目指す韓国と、北京五輪以来3大会ぶりの出場を目指す中国が初戦で激突。前回U-23選手権王者のウズベキスタンとイランも同居する厳しいグループを突破するため、どちらも勝ち点3を狙っていきたいところだった。

 韓国は前半14分、FWオ・セフンの強烈なヘディングがわずかにポスト右へ。22分にもMFキム・デウォンの強烈なシュートが中国GKに阻まれるなど決定機の数で上回ったがゴールを奪うには至らず、両チーム無得点で前半を折り返した。

 後半も韓国が優位に試合を進める展開が続いたが、シュートの多くは枠を捉えられず。そのままスコアレスドローでの終了が濃厚かと思われたが、後半アディショナルタイムに入った93分にMFイ・ドンジュンが劇的な決勝ゴール。1-0で韓国が勝ち点3を手に入れた。

 同じグループのもう1試合ではイランとウズベキスタンが対戦し、1-1のドローに終わっている。次節はイランと韓国、中国とウズベキスタンが対戦する。

【得点者】
90+3分 1-0 イ・ドンジュン(韓国)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200110-00357091-footballc-socc

クラブW杯はもう日本で開催されないのか? 2年後に生まれ変わる「新大会」から浮かび上がるFIFAの思惑  

68080_ext_04_0[1]




1: バグダッドの夜食 ★ 2019/12/24(火) 14:00:01.73 ID:+hX171oZ9
 
(抜粋)

 おまけにヨーロッパ勢にとって、この大会は常に重荷だった。大会は彼らのシーズン半ばに行わる。この大会のために、準備し、移動し、プレーすることは、リーグ戦にも響いてくる。一方の南米チームにとっては、リーグが終わってから一週間後という都合のいい時期に行われるのも不満の原因である。

「まったくもって時間の無駄た」

 名将アーセン・ヴェンゲルはこの大会をこう酷評した。

 結局トヨタカップ時代と何も変わらない。いや、一発勝負だった分、トヨタカップの方が簡潔かつ緊張感があってよかったという声もよく聞かれた。


FIFAがこの大会を主催するのがお門違い

 そもそも、FIFAがこの大会を主催するのが、お門違いなのだ。

 FIFAに加入しているのは各国のサッカー協会である。サッカー協会が管轄するのは代表チームであって、クラブチームは関係ない。クラブチームはFIFAとは独立した存在なのである。大会に参加するかしないかはチーム自身が決められ、FIFAに強制力はない。クラブワールドカップとは実は大変矛盾した大会なのだ。クラブナンバー1を決める大会であれば、クラブチームチーム自身が運営するべきなのだ。

 一方、UEFA(欧州サッカー連盟)はFIFAとは違う。彼らはヨーロッパの代表チームとクラブチームも管轄する。だからチャンピオンズ・リーグやヨーロッパリーグを開催できるのである。CONMEBOL(南米サッカー連盟)も同じで南米のサッカー全てを統括する。だからリベルタドーレス杯を開催できる。

 クラブチームに関係のない組織が運営し、観客は入らず、サポーターもメディアも、クラブチーム自身まであまり重きを置いていない。クラブワールドカップとはそんな大会なのだ。

 どうしたらこの状況を打開できるか。FIFAは数年前から考えていた。目玉の試合がたった一つでは、確かにサポーターはわざわざ海を渡っては来ない。それならば強豪同士がぶつかる試合の数を増やしてはどううだろうか? ワールドカップはすでに成功を収め、FIFAに膨大な利益を与えている。クラブワールドカップも同じ形式にしてはどうか?

 こうして協議の末、クラブワールドカップは2020年の大会からは4年に一度、24チーム参加で行われることが決定した。第1回大会の開催地は中国、期間も6月頭からから7月頭に行われることが決まった。W杯のプレ大会という位置づけだったコンフェデレーションズカップは、これによりなくなった。

 しかし詳細が決まっているのはこの一大会だけ、その先のことはまだまだ未定だ。過去には1回だけで終わってしまったクラブチャンピオンシップの例もある。

 開催国も従来通り、限られた候補地の中で行われるのか、それともW杯同様世界各国で持ち回りするかはまだ決まっていない。ただFIFAは、その次の大会はヨーロッパで開催したがっている。あまり積極的でないヨーロッパのビッグクラブが参加しやすくするためだ。


詳細はリンク先をご覧ください。

クラブW杯はもう日本で開催されないのか? 2年後に生まれ変わる「新大会」から浮かび上がるFIFAの思惑
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=68080
SOCCER DIGEST web 2019年12月24日 リカルド・セティオン



★野球とサッカーの対立を煽る、業者スレ立て人を芸スポ+から追放しよう★

【CB】悪質スレッド報告とスレ立て人資格★CAP停止(実質自治スレ)★249
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1577119481/
・悪意のあるスレッド
・誤解を招くスレッド
・ほぼ同じ話題の重複スレッド
・政治や災害それ自体のスレッド
など、お気軽にご報告ください。
スレッド検索にこちらもご活用ください。
http://www.kusanone-net.com/news_search.php?str=%E9%8E%E7%83&ita=8&creator=Egg
http://www.kusanone-net.com/news_search.php?str=%E3%B5%E3%83%E3%AB%E3%BC&ita=8&creator=%E7%A0%E6%BC%A0

<韓国の「悪意ある報復」を中国メディア糾弾!>“顔面張り手”への反撃でまさかの負傷か?   

1: Egg ★ 2019/12/18(水) 09:43:14.85 ID:gIiaTQ0d9
中国ヤン・ファンの“顔面張り手”に対し、韓国MFムン・ソンミンが報復タックルを敢行
no title


韓国・釜山で開催されているE-1選手権は、18日に最終節を迎える。日本と韓国が優勝を懸けて激突するが、15日に行われた第2節の韓国対中国で起こったワンシーンの波紋が広がり続けている。日本戦でのラフプレーで矢面に立った中国が、再びスパイク裏で相手をヒットするファウルのほか、相手選手の顔面に張り手を入れる緊迫のシーンも飛び出したが、逆に中国メディアは韓国選手が“やり返した”場面に対して「悪意ある報復」と糾弾している。

【画像】顔面張り手の引き金となるラフプレー! 中国代表MFリー・ハンがスパイク裏で韓国代表MFにキックした瞬間https://www.football-zone.net/archives/235246/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=235246_6


 韓国は前半13分にDFキム・ミンジェのゴールで先制するも、その後はボール支配率70%以上を誇りながら追加点を奪えずに試合は進んでいった。

 徐々に球際の攻防が激しくなるなかで迎えた後半7分、横浜F・マリノスから済州ユナイテッドへ期限付き移籍している韓国MFユン・イルロクが体ごと球際に向かった一方、中国MFリー・ハンはやや遅れてボールに向かって右足を振り上げる。次の瞬間、リー・ハンの右足裏がユン・イルロクの右腕を直撃。ユン・イルロクは衝撃でピッチに倒れ込み、リー・ハンにはイエローカードが提示された。

 中国は10日に行われた大会初戦の日本戦、DFジャン・ジーポンがDF橋岡大樹(浦和レッズ)の首元に衝撃のカンフーキックをお見舞い。一発退場とならず大きく注目を集めていたが、再び飛び出したラフプレーに両チームがヒートアップしていく。

 韓国1点リードで迎えた後半43分には、韓国の攻撃をしのいだ中国のDFヤン・ファンが右サイドのタッチライン際に持ち出そうとしたところ、途中出場の韓国MFムン・ソンミンが追走。すると、ヤン・ファンはボールに寄せ付けないように左手を大きく突き出し、ムン・ソンミンの顔面にヒットする。主審はファウルを吹かず、プレー続行となったなか、“張り手”を食らったムン・ソンミンが苛立ち、ヤン・ファンにボディアタックをするようにぶつかり両者転倒。このプレーでムン・ソンミンにイエローカードが提示され、不穏な空気が漂った。

 中国スポーツ紙「タイタン・スポーツ」は、「韓国代表選手が悪意を持ってヤン・ファンを倒し、右膝を負傷か」と見出しを打ってレポート。韓国は試合翌日の16日にリカバリーを行ったが、イエローカードを受けた途中出場のムン・ソンミンは右膝の違和感で練習を回避したという。記事では「ムン・ソンミンは後半ピッチに立ったが、ヤン・ファンへの悪意ある報復のため、主審からイエローカードを提示されていた」と伝えている。

 18日に日本対韓国の“優勝決定戦”、中国対香港が行われるが、依然として韓国対中国戦に飛び出した両者のラフプレーが波紋を呼んでいる。

12/18(水) 7:20配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191218-00235246-soccermzw-socc

【速報】E-1女子サッカー選手権中国戦 日本代表 採点&寸評 

67747_ext_04_0

【速報】岩渕真奈がハットトリックを決め3-0で中国を下す! E-1女子サッカー選手権 中国戦 

67747_ext_04_0

<中国代表の李鉄監督>日本戦の“ラフプレー”を弁明!「暴力は許されない」  

1: Egg ★ 2019/12/14(土) 07:48:11.14 ID:4pRFmU+X9
E-1初戦で日本と中国が激突 中国DFのキックが橋岡大樹の後頭部を直撃

no title


森保一監督率いる日本代表は10日、韓国・釜山で開幕したE-1選手権の初戦で中国と対戦。FW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)とDF三浦弦太が代表初ゴールを挙げて2-1と勝利した一方、中国DFによるラフプレーもあった。中国のリー・ティエ監督は試合後の会見で、そうしたプレーは意図したものではないと弁明している。

【動画】衝撃のラフプレー! 中国代表DFジャン・ジーポンが日本代表MF橋岡に見舞ったカンフーキック
https://www.football-zone.net/archives/233721/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=233721_6

 日本は今大会に国内組のみのメンバーで臨み、23人中14人が22歳以下の東京五輪世代の選手とフレッシュな顔ぶれとなった。中国戦では3-4-2-1システムを採用。この試合が代表デビューとなるDF橋岡大樹(浦和レッズ)は、右ウイングバックとしてスタメン出場した。

 前半29分にはFW上田綺世(鹿島アントラーズ)、MF森島司(サンフレッチェ広島)の連係から鈴木が先制点を記録し、順調な試合運びを見せていたが、直後の同31分、橋岡に危険なプレーが襲いかかった。右サイドのタッチライン際でロングボールを受けようとすると、後方から中国代表DFジャン・ジーポンが一気に距離を詰め、ジャンプしながら左足を大きく振り上げる。すると、この足が橋岡の首元と後頭部を直撃し、そのままピッチに倒れ込んだ。

 主審はすぐさまイエローカードを提示したが、もう少し勢いがついていればスパイクの裏で後頭部をより強打したかもしれない危険なプレー。このワンシーンについて、試合後の記者会見では中国メディアからリー・ティエ監督に「ジャン・ジーポンがレッドカードでもおかしくないファウルを犯したが、どのように考えているのか」と厳しい質問が飛んだ。この問いに対して、リー・ティエ監督は次のように答えている。

「選手たちに言ったのは、ピッチ上で暴力は許されないということ。ジャン・ジーポンには試合後に話を聞いたが、彼は『相手が見えておらず、ボールを止めようとしたら起こってしまった』と言っていた。私はクラブチームを率いていた時、退場や警告はとても少なかった。それが私のスタイルだ」

 激しさを求めるなかでも、ジャン・ジーポンのようなプレーは意図していないと“弁明”。敵将にとっても“ラフプレー”は本意ではないことを強調していた。

12/10(火) 23:33配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191210-00233721-soccermzw-socc

【速報】日本代表 スタメン発表! E-1女子サッカー選手権 日本vs中国 

67747_ext_04_0

<E-1サッカー選手権>中国代表DFの殺人キックを自国メディアも非難!「非常に危険」「少林カンフー」  

1: Egg ★ 2019/12/10(火) 22:38:07.26 ID:Ok4fIVP+9
【日本 2-1 中国 EAFF E-1サッカー選手権】

 EAFF E-1サッカー選手権・韓国大会の日本代表対中国代表戦が10日に行われ、日本が2-1で勝利を収めた。この試合で中国代表選手が見せた危険なプレーに対し、中国のメディアも批判を繰り出している。

 前半31分、タッチライン際でのハイボールに対する競り合いの場面で、中国代表DFジャン・ジーポンが高く上げた左足が日本代表MF橋岡大樹の頭部を直撃。橋岡はピッチに倒れ込み、ジャン・ジーポンに対してはイエローカードが提示された。幸い大事には至らず橋岡はプレーを続行したが、大事故にも繋がりかねない危険行為だった。

 中国『新浪体育』ではSNS『微博』の公式アカウントでこの場面の動画を投稿。「審判は慈悲深く、イエローカードだけで済んだ」とコメントを添え、レッドカードが出てもおかしくなかったという見解を示した。

 同メディアのウェブサイト記事でも「ジャン・ジーポンがレッドカードを逃れる」と問題のプレーおよび判定に言及。その場面の動画に対して「ジャン・ジーポン少林カンフー」とキャプションも添えている。

『東方日報』マカオ版でも、「頭への飛び蹴りでイエローカードのみ」とマッチレポートの記事タイトル内で中国のラフプレーについて強調。「非常に危険なプレーだったがイエローカードしか出なかった」と述べている。

12/10(火) 22:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191210-00352335-footballc-socc

写真
no title

E-1選手権「むしろ彼が頭をぶつけてきたんだ!」橋岡にカンフーキックを見舞った中国代表選手の“言い分”が…  

no title




1: バグダッドの夜食 ★ 2019/12/11(水) 11:20:42.21 ID:GxZUjQgl9
 
 試合後、報道陣に囲まれたジャン・ジーポン。あくまで自身のプレーの正当性を説き、次のように競り合いの場面を振り返っている。

「意図的に傷つけようなんてこれっぽっちも思っていなかった。よくVTRを見返してほしいんだ。彼(橋岡)の頭はボールに達していなくて、僕の足が最初にボールに触れている。むしろ、彼が頭をぶつけてきたと言えるだろう。だからレッドカードに値するものではなかったと確信している。ただ国際試合では、もっとこうしたアクションに気を配らなきゃいけないとは思うけどね」

 さらに記者会見で、「代表選手があのようなラフプレーに及んだ事実をどう考えるのか?」と報道陣に問い詰められた中国のリ・ティエ暫定監督は、「故意ではなかったとジャンは言っているし、相手がよく見えなかった、ただボールを止めたい一心だったと話していた」とコメント。こちらからも謝罪や橋岡を労わる言葉はなく、「選手たちが暴力的だった? 私は決してそうは思わない」と答えた。

詳細はリンク先をご覧ください。

「むしろ彼が頭をぶつけてきたんだ!」橋岡にカンフーキックを見舞った中国代表選手の“言い分”が…
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail1/id=67626
2019年12月11日 サッカーダイジェストWeb編集部


★野球とサッカーの対立を煽る、業者スレ立て人を芸スポ+から追放しよう★

【CB】悪質スレッド報告とスレ立て人資格★CAP停止(実質自治スレ)★245
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1575901086/
・悪意のあるスレッド
・誤解を招くスレッド
・ほぼ同じ話題の重複スレッド
・政治や災害それ自体のスレッド
など、お気軽にご報告ください。
スレッド検索にこちらもご活用ください。
http://www.kusanone-net.com/news_search.php?str=%E3%AC%E3%A9%E3%AC%E3%A9+%E9%AB%E9%BD%A2%E8%85%E5%91%E3%91+%E4%B8%8D%E4%BA%BA%E6%B0%97&ita=8

<E-1サッカー選手権>中国代表DFの殺人キックを自国メディアも非難!「非常に危険」「少林カンフー」  

1: Egg ★ 2019/12/10(火) 22:38:07.26 ID:Ok4fIVP+9
【日本 2-1 中国 EAFF E-1サッカー選手権】

 EAFF E-1サッカー選手権・韓国大会の日本代表対中国代表戦が10日に行われ、日本が2-1で勝利を収めた。この試合で中国代表選手が見せた危険なプレーに対し、中国のメディアも批判を繰り出している。

 前半31分、タッチライン際でのハイボールに対する競り合いの場面で、中国代表DFジャン・ジーポンが高く上げた左足が日本代表MF橋岡大樹の頭部を直撃。橋岡はピッチに倒れ込み、ジャン・ジーポンに対してはイエローカードが提示された。幸い大事には至らず橋岡はプレーを続行したが、大事故にも繋がりかねない危険行為だった。

 中国『新浪体育』ではSNS『微博』の公式アカウントでこの場面の動画を投稿。「審判は慈悲深く、イエローカードだけで済んだ」とコメントを添え、レッドカードが出てもおかしくなかったという見解を示した。

 同メディアのウェブサイト記事でも「ジャン・ジーポンがレッドカードを逃れる」と問題のプレーおよび判定に言及。その場面の動画に対して「ジャン・ジーポン少林カンフー」とキャプションも添えている。

『東方日報』マカオ版でも、「頭への飛び蹴りでイエローカードのみ」とマッチレポートの記事タイトル内で中国のラフプレーについて強調。「非常に危険なプレーだったがイエローカードしか出なかった」と述べている。

12/10(火) 22:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191210-00352335-footballc-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索