Samurai Goal

中井卓大


スポンサード リンク





【動画】レアル下部組織15歳中井卓大、華麗なターン決勝弾!12月第2週“カンテラ・ベストゴール”選出 

1: 2018/12/11(火) 19:51:55.49 _USER9
レアル・マドリードの下部組織カデーテA(U-16)に所属する15歳MF中井卓大が、現地時間7日のセルタ戦で決勝ゴールを挙げ、1-0と勝利に貢献している。“ピピ”の愛称で親しまれる中井のゴールをレアル公式ツイッターが紹介した。

【動画】歓喜のガッツポーズも披露! レアル下部組織カデーテA(U-16)の“ピピ”こと中井卓大が華麗な“反転ターン決勝弾”
https://www.football-zone.net/archives/153603/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=153603_6

 カデーテを対象としたトーナメントの準々決勝で、レアルはセルタと対戦。レアルは中央から右サイドに展開し、中央へ折り返し。ペナルティーアーク付近にいた中井は巧みな反転でマーカー二人の間をすり抜けると、右手で相手をガードしながら左足でシュートを放ち、豪快な一撃がゴール左上に突き刺さった。

 レアル公式ツイッター日本語版は「PIPIのこのゴールが先週末のカンテラ・ベストゴールのひとつに選ばれました!」と動画付きで紹介。映像では、得点を決めた中井が喜びを爆発させてジャンプしながらガッツポーズを披露。すぐにチームメイトが駆け寄って歓喜の輪が広がった。実況も「ピピ! ピピ! ピピ! ゴーーーール!!」と興奮気味にその模様を伝えている。

 10月にU-15日本代表の一員としてフランス遠征に参加し、年代別代表デビューを果たした中井。所属クラブのレアルに戻り、11月にはリーグ戦のアトレチコとの“マドリード・ダービー”でゴールを決めたが、“カンテラ・ベストゴール”に輝くなど強烈なインパクトを放ち続けている。

12/11(火) 18:30フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/153603

写真
no title

中井卓大が“マドリード・ダービー”でゴール!逆転弾で勝利に導く  

1a58678a56e6d07b041811718b1040f7




1: 2018/11/11(日) 09:24:19.50 _USER9
11/11(日) 9:20配信
中井卓大が“マドリード・ダービー”でゴール! 逆転弾で勝利に導く

レアル・マドリード下部組織に所属する中井卓大(写真は昨季のもの) [写真]=Getty Images
 U-15日本代表メンバーにも招集されていたレアル・マドリードの下部組織(カデーテ)に所属する15歳のMF中井卓大が、“マドリード・ダービー”でゴールを決めた。

 11日、カデーテA(U-16)のリーグ戦で首位のレアル・マドリードは2位のアトレティコ・マドリードと対戦した。1-1で試合は進むと、中井卓大が左サイドからのクロスに中央でぴったり合わせゴール。2-1で試合は終わり、中井は逆転弾でチームを勝利に導いた。

 レアル・マドリードは第7節を終え全勝。2位アトレティコ・マドリードとの勝ち点差を「4」に広げた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00861318-soccerk-socc

フランス遠征中のU-15日本代表は開催国に惜敗…レアル中井は初先発 

37933_ext_04_0




1: 2018/11/02(金) 18:36:45.08 _USER9
11/2(金) 18:30配信
 フランス遠征中のU-15日本代表メンバーは1日、バル・ド・マルヌU-16国際親善トーナメント2018の第2戦でU-15フランス代表と対戦し、1-2で敗れた。第3戦は3日にU-15イングランド代表と対戦する。

 40分ハーフで行われた試合は前半10分に日本が失点。後半8分にFW下川陽輝が同点ゴールを決めるが、その3分後に再び失点を喫し、1-2で今大会初黒星となった。世代別代表に初招集されたレアル・マドリーの下部組織に所属するMF中井卓大はこの試合で初先発。後半27分に途中交代となっている。

 日本サッカー協会(JFA)は、下川のコメントを掲載。「自分の得点で追いつくことが出来ましたが、すぐにまた得点を決められてしまい、1点の重みを痛感しました。イングランド戦でもフォワードとして、しっかり得点を決め、チームを勝たせたいと思います」と伝えている。

▼U-15日本 1-2(前半0-1)U-15フランス
【得点】
10分:失点
48分:下川陽輝
51分:失点

【スターティングメンバー】
GK:彼島優
DF:大迫蒼人、諏訪間幸成、田中隼人、大石稜也
MF:山根陸、中井卓大、豊田晃大、向井颯
FW:野澤零温、下川陽輝

【サブメンバー】
GK:長田澪
DF:石井玲於奈、松木玖生、水谷優佑
MF:遠山悠希、中村仁郎
FW:勝島新之助

【交代】
HT:大石稜也 → 石井玲於奈
HT:豊田晃大 → 勝島新之助
HT:野澤零温 → 遠山悠希
58分:向井颯 → 豊田晃大
67分:中井卓大 → 松木玖生

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181102-04179216-gekisaka-socc

レアル中井卓大、世代別代表デビュー戦で活躍! 途中出場から4分後にゴールの起点に  

efc2e80f1c3f2203a2101efe5da30e5a




1: 2018/10/31(水) 04:39:59.68 _USER9
U-15オーストリア代表の前半35分から途中出場の中井、ボランチ起用でゴールに関与

フランス遠征中のU-15日本代表は、現地時間30日に「バル・ド・マルヌU-16国際親善トーナメント2018」の初戦でU-15オーストリア代表(40分ハーフ)と対戦し、
世代別の日本代表に初選出されたレアル・マドリードの下部組織カデーテA(U-16)所属の15歳MF中井卓大が前半35分から途中出場し、その4分後にいきなりゴールの起点となる活躍を見せた。

“ピピ”の愛称で知られる中井は、UEFAチャンピオンズリーグで最多13回の優勝を誇る“白い巨人”(レアルの愛称)の下部組織に11歳から加入し、昨年インファンティールA(U-14)からカデーテB(U-15)に昇格。
さらに今夏、世界最高峰の逸材がひしめく狭き門を突破し、新シーズンはU-16年代のカデーテAに昇格するなど着実に階段を駆け上がっている。

今回の遠征で世代別代表に初選出されると、バル・ド・マルヌU-16国際親善トーナメント初戦のU-15オーストリア戦ではベンチスタート。
だが前半35分、MF遠山悠希(京都サンガF.C. U-15)の負傷を受けて急きょピッチに立ち、世代別代表デビューを飾った。
4-4-2システムを採用しているなか、中井はボランチ起用されると、出場からわずか4分後に輝きを放つ。
中井が右サイドでボールキープしてMF豊田晃大(名古屋グランパスU-15)にパス。
その豊田からのパスをFW勝島新之助(京都サンガF.C. U-15)が決め、前半を1-0で折り返した。後半に1点を追加した日本が最終的に2-0で勝利した。

代表デビューから4分後にゴールの起点になる活躍を見せた中井。将来を嘱望される日本の逸材が早くも存在感を放った

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181031-00144833-soccermzw-socc
10/31(水) 1:05配信

レアル下部の中井(14)、U15代表に初選出「目標は久保君」身長176センチ、60キロ 

1: 2018/10/21(日) 04:01:06.37 _USER9
サッカーの世界的強豪、レアル・マドリードの育成組織に所属するMF中井卓大(たくひろ)(14)が、初めて世代別の日本代表に選ばれた。

2歳年上で、スペインでライバル関係にあるバルセロナの育成組織出身のMF久保建英(たけふさ)(17)=J1横浜マ=とともにサッカーファンの注目を集めていた若き逸材が、初めて日の丸を背負ってプレーする。

中井は、19日に日本サッカー協会が発表した15歳以下(U15)日本代表に初選出された。
U15は一番下の世代別代表だ。

滋賀県出身の中井は、2012年にレアルが少年向けに日本で開いたキャンプが育成組織入りのきっかけとなった。
そのキャンプで実力を認められ、13年春に現地で練習に参加、同年秋の入団テストで合格した。

身長176センチ、60キロ。ドリブルやパスが得意なMFだ。
今年3月に神奈川県であったU15の親善大会に、レアルの一員として出場した。
主力級としてプレーし、決勝ではJ1湘南U15を破って「凱旋(がいせん)優勝」を果たしている。

小学生でスペインへ渡った経歴が似ていることもあり、中井は、バルセロナの育成組織に入った久保と比較されることも多い。
その久保は、U15日本代表を経て、昨年は「飛び級」でU20ワールドカップに出場した。
中井は今年3月に日本で大会に出場した際、報道陣の取材に対し、「久保君みたいになれたらいい」と話していた。目標の存在に、一歩近づいた。

U15日本代表は10月下旬から11月上旬までフランス遠征を行う。中井は、現地で合流する予定だ。

http://news.livedoor.com/article/detail/15469727/
2018年10月19日 19時42分 朝日新聞デジタル

no title

レアル下部組織所属のMF中井卓大が初招集!フランス遠征参加のU-15日本代表メンバーが発表 

nakai20170712

【動画】レアルのピピこと中井卓大がゴラッソ!!成長っぷりをアピール 

1 2018/09/17(月) 06:37:34.80 _USER9
no title


 レアル・マドリーの下部組織に所属する“ピピ”ことMF中井卓大(14)は16日、プレシーズンマッチでゴールを決めた。

 レアルの下部組織はプレシーズンマッチでモラタラスと対戦。前半8分、10分に得点を挙げると、14歳の日本人MFが3点目を決める。中井は同17分、後方からのパスをワンタッチで落とし、再びPA手前でパスを受け取る。PA内に進入すると、相手DFのスライディングタックルを冷静にかわし、右足シュートをゴールに叩き込んだ。試合は7-0でレアルが勝利している。

 クラブ史上初の日本人選手である中井は9歳のころからレアルの下部組織に在籍。泣き虫ということで付けられた愛称“ピピ”はスペイン紙『アス』で「マドリーの宝」と報じられるなど、日本のサッカーファンだけでなく、世界のサッカー関係者が注目している。

 昨季までカデーテB(U-15)に所属していたが、今季からカデーテA(U-16)に昇格。トップチームまではユース年代のフベニルA、B、C、そしてレアルのBチームであるカスティージャといった道のりを進んでいかないといけない

9/17(月) 6:08配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-01900377-gekisaka-socc

【朗報】ピピこと中井卓大、レアルのカデーテAに昇格!!将来が有望すぎる! 

キャプチャ
 レアル・マドリードの下部組織カデーテB(U-15)で昨季プレーしていた中井卓大くんが、世界最高峰の逸材がひしめく狭き門を突破し、新シーズンはU-16年代のカデーテA(U-16)に昇格することが分かった。

 “ピピ”の愛称で知られる中井くんは、UEFAチャンピオンズリーグで最多13回の優勝を誇る“白い巨人”の下部組織に11歳から加入。昨年インファンティールA(U-14)からカデーテBに昇格した際には、チームメイト8人が足切りにあっていた。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180810-00127431-soccermzw-socc

カタールW杯“期待の星”レアル中井卓大が急成長? 

37933_ext_04_0
1 2018/07/10(火) 13:57:43.34 _USER9
サッカーのスペインリーグの名門、レアル・マドリードのカデーテB(U-15)に所属する14歳・中井卓大は22年ワールドカップ(W杯)カタール大会の星の一人として期待を集めているが、半年間で身長が5センチの急成長を遂げ、175センチに到達していることが明らかになった。

「ピピ(中井の愛称)は身長175センチに伸びていました。かなり順調に成長しています。毎日体幹トレーニングに真面目に取り組んでいるので、去シーズン、チームで一度も怪我がなかったと言っていました。中学3年生ですが、プロ意識も相変わらず高い。本当に感心しました」

 こう語ったのはプロトレーナーの木場克己氏だった。体幹・体軸・バランスを強化する「Koba式体幹・バランストレーニング」の開発者で、競泳のリオデジャネイロ五輪代表・池江璃花子(ルネサンス亀戸)、サッカーの日本代表DF長友佑都(インテル)らトップアスリートの専属トレーナーを務め、JP日本郵政女子陸上部をアドバイザーとして指導。16年に創部3年目にしてクイーンズ駅伝優勝に導いたスペシャリストだ。

 今年1月に一時帰国した際には半年間で身長が3センチアップ。ちょうど170センチに到達していたが、その半年後には、もう175センチを記録。スペイン地元紙に「クリスティアーノ・ロナウドよりも重要」と報じられるほど、サッカー大国のメガクラブで期待を集めている14歳の至宝は、今まさに成長期の真っ只中だ。

年末には「乾超え」が話題に、木場氏「スペインの大きな選手に当たり負けしない」

「まだ線は細いですが、スペインで体の大きな選手にも当たり負けしないほど、体の軸はできています。お尻の筋肉、脇腹の筋肉もしっかりとしてきました」

 9日、都内で90分間トレーニング指導を行った木場氏はこう声を弾ませていた。FC東京のU-20日本代表FW久保建英も師事するスペシャリストは、成長期のアスリートのサポートにおいても絶大な実績を誇る。一方、レアルのブラジル代表DFマルセロを驚愕させた天才ドリブラーは9歳から木場氏のトレーニングを継続。マドリード市内の中学校に通いながら、週4日のレアル下部組織で技術を強化し、ドリブル技術とパスのセンスに磨きをかけている。

 W杯ロシア大会で本田圭佑、香川真司らを擁する日本代表は16強で散ったが、10月に15歳となる中井は次大会以降を担う期待の星。昨年末に乾貴士がSNSで公開した2ショットでは、170センチの乾よりもすでに大きいと話題になっていた。毎朝体幹トレーニングを欠かさないストイックな中学3年生は、サッカーの本場で着実に進化を遂げているようだ。

7/10(火) 12:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180710-00029224-theanswer-socc

写真
no title

【画像】エイバル乾貴士がピピくんことレアルの中井卓大とお茶をする! …乾「ドリブル教えてほしい」 

1: 名無しさん

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索