Samurai Goal

不満爆発


スポンサード リンク





<久保建英>相手突っぱねる“不満爆発”を現地擁護!「明らかなファウル」「日本人の激怒は正当だ」 

1: 2020/03/02(月) 08:49:20.02
スペイン1部マジョルカは現地時間1日、リーガ・エスパニョーラ第26節でヘタフェと対戦し、ホームで0-1と敗れた。日本代表MF久保建英は先発フル出場を果たしたものの不発。一方、終了間際に倒されたシーンで、久保が相手に怒りを露わにしたことについて、現地メディアは「日本人の見せた激怒は正当なものだ」と指摘している。

【動画】久保建英がドリブル突破、ヘタフェMFに倒されるもファウル取られず… 判定に“不満爆発”の瞬間

 前節ベティス戦(3-3)で6試合ぶりに先発した久保は、1ゴール1アシストの活躍を披露し、勝ち点1の獲得に大きく貢献した。今季リーガとUEFAヨーロッパリーグ(EL)で旋風を巻き起こしている難敵ヘタフェとの一戦でも、右サイドハーフで先発に名を連ねた。

 試合は膠着した展開が続くが、後半22分に右サイドを突破されると、クロスからヘディング弾を叩き込まれ、結果的にこの1点が決勝ゴールとなった。ホームで手痛い敗戦を喫したなか、久保は後半44分に左サイドでドリブル突破を仕掛けた際、相手MFオゲネカロ・エテボに背後から押されて転倒させられた。だが主審はファウルを取らず、逆に倒れた久保の反則を取った。これに不満を露わにした久保は、エテボが笑顔でハグしようとするも、それを突っぱねる形で不満を爆発させていた。

 この場面に、スペイン紙「AS」は「久保がメレロ・ロペス主審に抗議した」と伝え、スペイン紙「ラ・バングアルディア」は「久保はエテボから明らかなファウルを受けていた」と主張。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」も、「マジョルカに明確な必要性があった。エテボは久保を押し倒した。日本人の見せた激怒は正当なものだ」と擁護していた。

 マジョルカは依然として降格圏の18位に沈んでおり、チームとして思うような攻撃を見せられていない。それだけに久保も、フラストレーションの溜まる状況であるのは間違いないだろう。

3/2(月) 7:50配信フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200302-00249299-soccermzw-socc

写真
no title

<ムバッペ>不満爆発!監督“無視”…トゥヘル「悲しい」 

1: Egg ★ 2020/02/04(火) 12:46:16.60 ID:KtEZoJEq9
交代を命じられたパリSGのFWキリアン・ムバッペは、指揮官のトーマス・トゥヘルを何度も振り切ろうとした。

 1日に行われたリーグ1第22節でモンペリエをホームに迎えたパリSG。前半8分に先制すると、同18分にモンペリエに退場者が出て数的優位に立ち、前半だけで3点のリードに成功。後半12分にはネイマールのパスから抜け出したムバッペがネットを揺らし、同20分にはDFライビン・クルザワが加点してスコアは5-0となった。

 すると後半23分にパリSGベンチが動き、ムバッペに代えてFWマウロ・イカルディを投入しようとする。ここでムバッペが不満をあらわにした。ベンチに戻ろうとするムバッペにトゥヘル監督が歩み寄り、言葉をかけようとするが無視して何度も振り切ろうとする。

 根気強く言葉をかける指揮官に対し、ようやく足を止めたムバッペ。2人は周囲に何を話しているか分からないように口元を隠して会話をし、その後、ムバッペはベンチへと戻って行った。

『フランス・フットボール』によると、記者会見でトゥヘル監督は「良いイメージではない。私は怒ってはいないが、必要ないことなので悲しい。私は彼にどうして交代するかを説明した。チーム全員をリスペクトしなければならないんだ」と話している。

2/4(火) 12:42配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200204-43477866-gekisaka-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索