Samurai Goal

上田綺世


スポンサード リンク





上田綺世(鹿島)本当に「久保竜彦以来の逸材」なのか?大学生選手としては9年半ぶりとなる日本代表選出 

1: Egg ★ 2020/01/14(火) 19:32:23.62 ID:Le7KvVH+9
2019年は上田綺世にとって激動の1年だった。大学生選手としては9年半ぶりとなる日本代表選出、優勝を争う鹿島アントラーズでのJリーグデビュー。多くの期待と、それ以上に多くの批判を浴びた。

2連敗で史上初のグループステージ敗退が決定したAFC U-23選手権タイ2020では2試合に出場し無得点。東京五輪に挑む五輪代表のエース候補として結果を出せずに苦しんでいる。

語り手によってその評価が大きく分かれる上田綺世とは、いったいどれだけの力量を持った選手なのだろうか?

(文=田中滋、写真=Getty Images)

“久保竜彦以来の逸材”と森保一監督が高く評価

昨年6月に開催されたCONMEBOLコパアメリカブラジル2019で日本代表としてデビューを飾った。唯一の大学生選手として参加しただけでなく、東京五輪世代のエース候補として注目を集めて3試合に出場。しかし、多くの得点チャンスに絡みながらもゴールをあげることができなかった。その後も、この年代のエースとして活躍を期待され、昨年末のEAFF E-1サッカー選手権2019のメンバーにも選出された。しかし、ここでも3試合に出場し無得点。上田綺世は多くの批判を浴びた。

一方で、起用する森保一監督は“久保竜彦以来の逸材”と高く評価。フル代表の大迫勇也と並び、絶大な信頼を寄せている。上田綺世は、どれだけの力量を持った選手なのだろうか。

Jリーグで結果を出すのは早かった。初先発となった9月1日の清水エスパルス戦で2得点。1点目は、永木亮太のクロスがファーに流れてきたところを着実に頭で捉え、2点目は、速攻の場面で逆サイドに開き、遠藤康の正確なクロスを高い打点のヘディングで叩き込む。両耳に手を添え、沸き立つゴール裏の歓声を味わう姿は、夏にベルギーへ移籍した鈴木優磨のあとを見事に引き継ぐ存在が登場したことをうかがわせた。試合後は、当然のごとく取材陣が殺到した。

「まだまだ自分のストロングを出したいと試合中は思っていましたけど、ああやって要所、要所で使ってくれた。だから取れた2点かなと思います」。

アシストを出した遠藤康は、試合中ずっと「綺世に取らせたい気持ちは僕もあった」と言う。前半早々、上田を狙ってスルーパスを出したのも遠藤。惜しくもシュートは外れてしまったが、若いセンターフォワードにゴールを決めさせて気持ちもプレーも楽になってもらいたい、というのはベテラン選手の親心でもある。

「シーズン途中から入ってきたFWなので、ゴールを決めることがあいつの自信になるだろうし、たぶんこれから日本を背負っていくようなFWになると思う。どんどんゴールを決める手助けをしたいと思います」

田代有三、興梠慎三、大迫勇也といった日本代表FWと共にプレーしてきた遠藤は、上田の非凡な才能をそう称した。プレースタイルとしては、その田代と大迫にイメージを重ねていた。

「鹿島でいうと有三さんとサコが混ざった感じですかね。ヘディングが強くて足下もうまい。言ったらミドルも打てる。そういうところはもっと貪欲に狙ってもいいと思う。周りのことを気にしすぎてパスを出しているところもあるので、もっともっと自分を出してほしいなと思います」

つづく

1/14(火) 17:11配信 リアルスポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-00010000-realspo-socc

写真
no title

「これが現実」…決定機逃したFW上田綺世「今の僕、今日の僕の最善があれだった」 

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/13(月) 08:28:27.79 ID:HYTJ7D+Y9
[1.12 AFC U-23選手権GL第2節 U-23日本代表 1-2 U-23シリア代表]

千載一遇のチャンスだったのかもしれない。しかし、U-23日本代表FW上田綺世(鹿島)が放ったシュートが、ネットを揺らすことはなかった――。

この日はスターティングメンバ―に名を連ね、1トップの位置でスタート。相手最終ラインと駆け引きを行い、隙あらば抜け出す動きを見せたが、たとえ後方から配球があってもパスが合わずにチャンスへと結び付けられない。
「目が合うようになってきたし、積極的にボールを供給しようとしてくれている」。味方が自身の動きを生かそうとしてくれている。その思いに応えられなかったのは、自分の責任だと感じている。

「どんなボールでもシュートまで持っていくとか、マイボールにして、よりチームに良い流れを持っていくことができればもっと良かった」

また、この試合では両アウトサイドのMF橋岡大樹(浦和)とMF相馬勇紀の突破から、幾度となくクロスが供給されてきた。
特に1-1で迎えた後半38分には右サイドを突破した橋岡のクロスから、上田にこの日一番とも言える決定機が訪れる。
しかし、左足ダイレクトで合わせたシュートはゴール左へと外れ、ネットを揺らすには至らなかった。

「ディフェンスが触るか触らないかというところもあったけど、もうちょっと自分の中で準備を早くしたり、もっと信じて走っていれば頭で行ったりとか、いろんな選択肢はあった。
ただ、今の僕、今日の僕の最善があれだった。相手のスコアを上回らないといけないゲーム状況の中で、それができなかったのは僕の責任だと思う」

後半44分にカウンターから決勝点を献上したチームは、2連敗でグループリーグ敗退が決定。
「非常に不甲斐ない。金メダルを目標に掲げているチームなら、ここは勝てなければ厳しい」と悔しさを滲ませつつ、
「でも、これが現実。金メダルを取るには何が必要かを各々が考えてやっていく必要がある」と必死に前を向こうとしていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-43477136-gekisaka-socc
1/13(月) 4:30配信

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/296000/295858/news_295858_1.jpg
no title

エース候補上田(鹿島)、3戦無得点で終わる  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/19(木) 07:16:48.40 ID:uvcEB6CA9
◇E-1選手権 日本0-1韓国(2019年12月18日 釜山)
東京五輪のエース候補の上田は、全3試合でノーゴールに終わった。

中国戦と同様、1トップでフル出場。押し込まれる展開の中でボールを受ける場面は少なく、前半38分にMF遠藤のパスに抜け出したが、トラップが大きくなり、相手GKに防がれた。
周りとの連動について「動き出しを特徴としている自分にとって(味方と合わせる)その瞬間を多くつくることが大事」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191219-00000131-spnannex-socc
12/19(木) 5:30配信

no title

no title

東京五輪のエースは上田綺世か小川航基か…熾烈な1トップの争いの行方は?  

20191213-00010006-sdigestw-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/13(金) 06:38:04.99 ID:2diI0UmA9
上田との小川の差はわずか

韓国で行なわれているE-1選手権の注目ポイントのひとつが、1トップの熾烈なポジション争いだろう。

有力な候補者は上田綺世と小川航基。いずれも東京五輪に向けて活動するU-22代表の主力メンバーだ。高速ドリブラーの田川亨介、快足と嗅覚が自慢の鈴木武蔵も担えるが、ふたりは今大会シャドーを主戦場としている。

現状では、上田が一歩リードと言ったところか。森保一監督がこの世代を初めて指揮した17年12月当初からメンバー入りすると、初めは主に途中出場で短いプレー時間の中、ピッチに立てば結果を残してきた。
抜群の決定力を武器に、これまでU-22代表で積み上げてきたゴール数はチームトップの12にのぼる。

E-1選手権の初戦・中国戦で先発したのも上田だった。シャドーの森島司、ウイングバックの遠藤渓太と好連係を築き、先制点奪取に貢献。本来は鋭い飛び出しが身上ながら、巧みなポストワークで攻撃を牽引し、プレースタイルの広がりを披露した。

しかし、そんな上田も昨年3月のU-23アジア選手権予選以来、ゴールから遠ざかっている。所属の鹿島でも秋口までは4得点と好調だったものの、徐々にトーンダウンし、最終的にはベンチを温める機会が増えた。

対して、U-18代表の頃からその万能性を示し、世代ナンバーワンストライカーと謳われた小川は、17年のU-20ワールドカップで左膝の前十字靭帯と半月板を痛めてからは、戦列に復帰してもなかなか結果が出ずに苦しんだが、ここにきて復調してきた。

U-22代表での直近のゴールこそ今年6月のトゥーロン国際大会までさかのぼるものの、今夏にレンタル移籍した水戸ではJ2で17試合・7得点をマークし、11月のU-22コロンビア戦ではポスト直撃のシュートを放つなど、復活の気配を漂わせている。

つまり1番手の上田と2番手の小川の差はわずかだということだ。そんな現状なだけに、このE-1選手権での結果は重要になるはずだ。上田が地位を固めるのか、小川が序列を覆すのか。ひとつのターニングポイントになる可能性がある。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191213-00010006-sdigestw-socc
12/13(金) 6:13配信

FW上田絢世が森保ジャパンで抱えるジレンマ…点取り屋として描く“もう一つ先”の形  

20191212-00010007-goal-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/12(木) 07:53:42.23 ID:Vz6EhaIf9
「もどかしい部分はあります」
 
EAFF・E-1サッカー選手権2019(韓国・釜山)に出場する日本代表は11日午後、釜山市郊外で練習を行った。前日10日の中国戦(2-0で勝利)で先発した選手はリカバリーメニューのみの軽い調整となった一方、それ以外の選手たちはミニゲームなどボールを使ったトレーニングを実施。14日の香港戦に向けて、好アピールを目指す選手たちは熱を帯びていた。【取材・文=西川結城】

中国戦で3-4-2-1システムの1トップとして先発したFW上田絢世。持ち前のキープ力を生かしたポストプレーや、推進力を生かしたドリブル突破など見せ場を作ったが、ゴールを挙げることはできなかった。

特に顕著だったのは、絶妙な動き出しを繰り返しながらも、欲しいタイミングでパスを受けられなかったシーン。相手DFと常に駆け引きし、前に後ろに、敵の視野外に消えては再び入りと、うまくマークを外す場面が多かっただけに、彼を生かせなかったことはチームにとってももったいなかった。

オーソドックスな4-4-2の2トップや4-2-3-1の1トップとは違い、森保一監督が採用する3-4-2-1の1トップの役割は複雑だ。特にFWは点を取ることが第一仕事でありながら、この布陣では前線で潰れ役になり、またゴールを背にした状態でパスをさばき、すぐ下に位置する2シャドーの選手たちを前向きにプレーさせる働きも求められる。

久保建英や堂安律も参戦した11月のU-22日本代表対U-22コロンビア代表戦でも、上田は同布陣の1トップを経験している。あらためて自分の役割について聞くと、「もどかしい部分はあります」と語り、こう続けた。

「自分としては相手の背後に抜け出してシュートを狙ったり、クロスに合わせる形が良さだと思っている。だから(潰れ役になることが多いことは)もどかしい。ただ、(キープ力などの)自分の特長を生かすことは、シャドーや周りを生かすことにもなる。シャドーの選手たちが前を向いてプレーできれば、さらにもう一度自分がもらい直せばチャンスになる」

点取り屋としての野心からすれば、やはりチャンスメイカーだけでは終わりたくはない。その意味で現在の役割には葛藤があるという。ただ、一方で理論派ストライカーとしても知られる上田らしく、自分の特長を発揮して2シャドーを生かした上で、さらにその“もう一つ先”のプレービジョンにまで頭を巡らせている。前を向いて味方を仕掛けさせ、再度自分がパスを引き出す。そこまでの連係を深めてはじめて、この1トップ+2シャドーの前線布陣が機能すると言える。

無得点に終わった中国戦だが、上田はすでに課題解消に向けて明確な指針を描いている。抱えるジレンマも、工夫と成長のエネルギーに。

「まだまだそんなにうまくいっているとは自分たちは思っていない」

地に足のついた発言が、余計に明晰な姿勢を際立たせていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-00010007-goal-socc
12/12(木) 7:03配信

1年半前倒しでプロ入り。 上田綺世がアントラーズ行きを決断した真相  

20190920-00871620-sportiva-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/20(金) 08:08:22.07 ID:eUtiuHiR9
東京五輪を目指す若きフットボーラーたち(7)鹿島アントラーズ・上田綺世@後編

5つの質問をもとに"ストライカー上田綺世"の本質に迫った前編に続き、後編も引き続き、この生粋の点取り屋の思考法について探った。

シュートを打つ瞬間、果たしてその頭の中には、どんなイメージが描かれているのか......。
また、なぜプロ入りのタイミングを1年半早めたのか、なぜ鹿島アントラーズだったのか。この夏に下した決断の真相についても訊いた。

「鹿島アントラーズ・上田綺世@前編」はこちら>>>

「東京五輪を目指す若きフットボーラーたち」(1)から読む>>>

―― 5つの質問の最後で、「なり代わってみたいFWはいない」ということでした。もちろん、あり得ない話ですけど、
憧れていたガブリエル・バティストゥータ(元アルゼンチン代表)やフィリッポ・インザーギ(元イタリア代表)の頭の中をのぞいてみたいとも思わない?

上田綺世(以下:上田) 思わないですね。彼らもそうだと思いますよ。自分のスタイルで、それぞれやっているわけですから。たしかに憧れはあります。
でも、ああなりたいとかは思わない。彼らから学びながら、自分のスタイルを作ってきただけなので。

もちろん、クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)みたいにパワフルなスタイルでやれればいいですけど、僕にあれはできない。
それでも同じくらい結果を出すにはどうすればいいか考えた結果、自分は今のスタイル、動き出しとヘディングと運で勝負していくスタイルに行き着いた。

―― 佐藤寿人選手(ジェフユナイテッド市原・千葉)もかつて、自分は考えて点を獲るタイプだと言っていました。
インザーギのプレーを相当研究して、動き出しやマークの外し方、ゴール前への入り方を学んだと。上田選手も、ゴールはロジックとインテリジェンスで取るものだという考えがある?

上田 ありますね。FWをやっている人ならわかると思うんですけど、賢くないと点は獲れない。
黒人選手くらいの身体能力があれば、ゴール前に突っ立っているだけで獲れるかもしれないけど、僕ら日本人選手は常に考えながら、相手と対話しながらプレーしなきゃいけないと思います。

身体能力を生かすも殺すも、頭次第。僕は自分の身体能力を生かすためのスタイルを選んでいるつもりです。
逆に言えば、自分が生きないスタイルは一切選ばない。ドリブルしなきゃいけないようなポジショニングはしない。
スピード勝負や高さ比べ、その先のワンタッチで決めるところに自信があるので、そのスタイルを磨いているつもりです。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190920-00871620-sportiva-socc
9/20(金) 6:57配信

鹿島FW上田綺世は大迫に匹敵する選手「10年に一人じゃないか」  

1: Egg ★ 2019/09/19(木) 07:27:19.28 ID:Lf9g3kjW9
【武田修宏の直言!!】14日に福岡でサッカー教室、15、16日には北海道・根室でサッカー教室とトークショーをやったよ。全国各地を訪れて、いろいろな方と触れ合うのはやっぱり刺激になる。そんな中、14日に会った福岡大サッカー部の乾真寛監督とは“ストライカー談議”で大いに盛り上がったね。

 主には森保ジャパンの現状について。FWでは大迫勇也(29=ブレーメン)が絶対的な存在で彼に代わる選手が現れていないのは問題だねってことから、期待するFWの話をしたよ。乾監督のお勧め選手は今季途中まで大学ナンバーワンFWとして実績を残し、現在はJ1鹿島に所属する上田綺世(21)だったね。

 上田は東京五輪世代のストライカーで6月にはA代表に初選出されて南米選手権(ブラジル)に出場。法政大でプレーしていたころから間近で見てきたという乾監督は「非常にシュートがうまい選手」と、ゴール前に飛び出すタイミングやクロスに対してのポジショニングや合わせ方などを絶賛していたよ。

 上田に関しては、ほぼ同じような印象を持っていたし、これまで多くのJリーガーを育ててきた乾監督が「10年に一人じゃないか」という言葉を聞いて期待も高まったね。大迫に匹敵するストライカーになるには、まずはJリーグの舞台でゴールを量産すること。そうなれば自然と自信も生まれるし、プレーに迷いがなくなるはずだよ。

 このままの成長曲線を描いて、来年の東京五輪、2022年カタールW杯まで突き進んでほしいね。

9/18(水) 16:37配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-00000040-tospoweb-socc

写真
no title

7月に法政大サッカー部を退部 PK獲得に豪快ヘッド2発!!3得点に絡んだ鹿島FW上田綺世「一番嬉しいのは…」  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/01(日) 22:36:09.62 ID:FpqC3GcD9
[9.1 J1第25節 清水0-4鹿島 アイスタ]

鹿島アントラーズのFW上田綺世は1日、アウェーで行われたJ1第25節の清水戦(4-0)で加入後リーグ初先発を果たし、2ゴールを含む3得点に絡む活躍を見せた。
個人としてレギュラー奪取へ大きくアピールする結果となったが、試合後のフラッシュインタビューで「あくまでチームの勝ちのために僕はプレーしているので、勝てたことが一番嬉しい」と語っている。

7月に法政大サッカー部を退部し、2021年に加入が内定していた鹿島に前倒しで入団した上田。
今節にリーグ戦初スタメンを飾ると、指揮官の起用に応えて前半から躍動した。

1-0の前半33分にMFセルジーニョのスルーパスに走り込んでPKを獲得すると、後半28分と同アディショナルタイム3分に連続ゴールを奪い、加入後出場5試合で3得点目を記録した。

自身の1点目は右サイドのMF永木亮太、2点目は左サイドのMF遠藤康からのクロスをいずれも頭で叩き込んだ形。
「2点ともほぼ入っていたようなものなので僕が最後触っただけ」と謙遜しつつ、
「こういったゴールを大事にしてどんどん増やしていきながら僕の信頼も高めつつ、ああいったシチュエーションをどんどん増やしていけるように、
仲間とコミュニケーションを取って今後やっていきたい」と、この先のゴール量産に意欲を示した。

鹿島は首位FC東京と勝ち点4差の2位をキープし、次節に頂上決戦を迎える。代表ウィークに入るため、大一番は約2週間後の14日。
この間に北中米遠征を行うU-22日本代表に選出されている上田は「そこで全力を出して、また僕という存在を示しながらも、もう一回り大きくなってFC東京との試合に臨みたい」と誓った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190901-43471153-gekisaka-socc
9/1(日) 21:28配信

https://www.youtube.com/watch?v=TDpQm2vpucs


【公式】ゴール動画:上田 綺世(鹿島)90+3分 清水エスパルスvs鹿島アントラーズ 明治安田生命J1リーグ 第25節 2019/9/1

https://www.youtube.com/watch?v=kTw9v87Gkdc


【公式】ゴール動画:上田 綺世(鹿島)73分 清水エスパルスvs鹿島アントラーズ 明治安田生命J1リーグ 第25節 2019/9/1

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/score/2019090109
試合スコア

生年月日1998年8月28日
身長/体重182cm/76kg
所属チーム名鹿島アントラーズノルテJrユース-鹿島学園高-法政大

no title

https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXMZO4927985001092019I00001-KB2-2.jpg

U22代表の鹿島の上田綺世が清水戦でプロ初先発へ  

20190901-08310670-nksports-000-5-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/01(日) 06:48:47.86 ID:hl6hQ8xf9
鹿島のU-22日本代表FW上田綺世(あやせ、21)が、今日1日の清水戦(アイスタ)でプロ初先発することが31日、濃厚となった。この日、紅白戦で主力組のワントップに入った。絶好のアピールチャンスにも「いつもと変わらない。点を取ることにこだわりつつチームの勝利に貢献できれば」と浮かれた様子はない。

東京五輪世代のエース候補が、プロとして節目の一戦を迎える。法大3年生の上田は卒業後の入団が内定していたが、6月の南米選手権終了後、前倒しする形で鹿島入り。好機をつくりながらも無得点に終わった南米選手権を「あの悔しさはどこにもぶつけられない。その悔しさを持ってやっていくことが大事」と胸に刻みながら、練習に励んできた。

東京五輪のメンバーは、オーバーエージ枠を含めてわずか18人。U-22日本代表の北中米遠征(9月2日~11日、メキシコ・米国)を皮切りに、激しいメンバー争いが繰り広げられる。それでも上田は「まず1個1個やるのが僕のスタイル。今自分が所属しているチームを勝たせるために点を取る、それに対して必要なことをやる」と、まずは清水戦の勝利だけに集中している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190901-08310670-nksports-socc
9/1(日) 6:40配信

上田綺世(鹿島アントラーズ)、鮮烈プロ初弾!「僕は結果主義」「5分でも、結果を出すのが僕の仕事」  

1: Egg ★ 2019/08/13(火) 22:10:08.19 ID:aTbQZUHx9
終盤の決勝点は審判のジャッジにも気を配ったポジション取りから…
no title


上田綺世のポテンシャルが凝縮されたゴールだった。J1リーグ22節、ホームに横浜F・マリノスを迎えた鹿島アントラーズは、1対1のまま終盤へ。逆転Vを狙う鹿島にとって勝点3が絶対条件の上位対決で、その才能が87分にベールを脱いだ。

 三竿健斗の浮き球パスを、走り込んだ土居聖真が頭で落とす。上田はフリーの状態でボールを受けた…わけではなかった。バックステップでDFとの距離をとり、小気味よいボディフェイントでDFをくぎ付けにしてフリーの状態を作り上げていた。右足でのシュートはダイレクト。待望の決勝点をサイドネットに突き刺した。

「今日はオフサイドのジャッジがあやふやで、僕は審判じゃないし、中にいた人間じゃないのでオフサイドだったかはよく分からないけど、そういういざこざがあった中で、自分の1点がそうならないようにというバックステップ。聖真くんからの落としを受ける時にそこに気をつけた」

 鮮烈なプロ初ゴールを本拠地デビュー戦で決めた。

 20節・浦和戦は89分、21節・湘南戦は86分からの出場。わずかな出場時間だったが、サイドに流れてボールを引き出す動きで攻撃を活性化させ、味方に正確なラストパスを送るなど才能の片鱗を見せた。そしてついに本拠地デビュー戦となったこの日、東京五輪世代のエースとして名を馳せる点取り屋の能力を発揮した。

 特長を言い表わすのが難しい選手だ。裏への抜け出しとポストプレー能力の両方を兼ね備え、左右両足だけでなく頭での得点も多い。スピードもあり、試合状況を見極めてサイドに流れる動きや、おとり役としてパートナーのCFの力を引き出す力こともできる。コパ・アメリカでは決定力に不安を残したが、大学サッカー部を退部して鹿島入りし、よりプレー強度の高い環境を選んだことで仕上がっていくだろう。

 万能型ストライカーという点では「高原直泰」に近いタイプかもしれない。どんなプレースタイルの選手とも2トップを組むことができ、味方を生かせる点から「柳沢敦」の名を挙げる鹿島のスタッフもいた。協会スタッフはバネを評価して「久保竜彦」、ある解説者は嗅覚に焦点を当てて「大黒将志」と表現していた。どんな成長曲線を描き、どんなストライカー像が出来上がるのだろうか。
 
 鹿島はリーグ戦だけでなく、ACL、ルヴァン杯、天皇杯のカップ戦3大会を勝ち上がっている。ここにきてCFのセルジーニョを右サイドで起用するオプションにもメドが立ち、上田の出場機会も増えていくことが予想される。

「僕は結果主義。点を取ってここまで来たので、取れない試合は僕にとってそんなに価値はない。(出場が)5分でも、結果を出すのが僕の仕事」と言い切るストライカーに注目だ。

8/13(火) 20:32 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190813-00062782-sdigestw-socc




ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索