Samurai Goal

三浦知良


スポンサード リンク





“神対応”キング・カズの優しさに二度も救われた男 

cached
 私は人生で、サッカー元日本代表FW三浦知良(51)=横浜FC=に2度、救われた。1度目は約19年前に京都で。2度目は今年3月21日の山形・天童市で行われたJ2・モンテディオ山形―横浜C戦の時だ。19年ぶりに再会した“キング・カズ”の優しさは変わらなかった。

 1999年の夏。世間はノストラダムスの人類滅亡の予言で持ちきりだった。当時小学5年だった私は「どうせ世界が滅びるなら、宿題や中学受験の勉強もやらなくていいだろう」と、のんきに夏休みを満喫していた。そんな中、8月中旬に三浦知良がクロアチア1部ディナモ・ザグレブから京都サンガ(当時J1)へ電撃移籍との一報が流れた。98年フランスW杯代表には選出されなかったが、当時のカズはキッズにとって憧れの的だった。

【続く】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000070-sph-socc

【生きる伝説】キング・カズこと三浦知良が現役を続ける理由とは 

yfckazu01jpg_f25d7vaa61ux15ehr5ldwg5a3

【岡田元監督】「外れるのはカズ、三浦カズ」強気なメンバー選考の裏側とは? 

okadatakeshi
1   2018/04/18(水) 08:42:15.09 _USER9
<W杯メンバー選考の真相(2)>

 「外れるのはカズ、三浦カズ」

 ワールドカップ(W杯)メンバー選考を語る上で、このフレーズは、20年たった今もサッカーファンの脳裏から離れない。98年フランス大会前。岡田武史監督が、FW三浦知良(カズ)を外すと最終決断したのは、6月2日の発表当日の午前3時すぎだった。

 合宿地のスイス・ニヨンの宿舎ホテル。岡田監督は、同1日午後11時ごろ1階ロビーにコーチ陣を集めた。小野剛コーチ、フラビオ・フィジカルコーチ、マリオGKコーチ。最大の焦点はGKを2人にするか、3人にするか。現在のW杯登録メンバーは23人だが、当時は22人。マリオ・コーチは「絶対GKは3人にすべき」と主張した。1次リーグ初戦の相手は優勝候補のアルゼンチン。パワーと個人技で最終ラインを突破される可能性がある。GKが無理して防ごうとすると、一発退場もありうる。出場停止は残る2戦に響く。GKが負傷することも心配した。

 1時間に及んだ会議で、GKを3人にすると決めた。その後、岡田監督は自分の部屋に小野コーチを呼び、3時間以上話し込んだ。GKを3人にする以上、フィールドプレーヤー1人を外さないといけない。あらゆる場面をシミュレーションした。逃げ切る時は? 退場者が出た時は? 相手が守った時は? 誰を外すかではなく、誰が必要かを話し込んだ。

 2人の話題がカズに及んだ。岡田監督は「あの経験はチームが苦しい場面で、絶対に役立つ」と言った。小野コーチがうなずく。守り主体になるが、攻撃オプションは捨てられない。FWの枚数は削りたくない。カズ、中山雅史、呂比須ワグナー、岡野雅行、城彰二の5人。「平野孝はMFだが、FWとしても使える」との話が出た。そして深夜3時。発表9時間前に岡田監督は「最後はオレが決める」と言って、小野コーチを帰した。もし今のように、W杯が23人のエントリーなら、カズの夢は実現したかもしれない。睡眠もそこそこに朝食を済ませ、岡田監督はカズ、北沢豪、市川大祐をそれぞれ部屋に呼んで、落選を伝えた。

 落選後、カズと北沢は代表宿舎から離れた。日本協会スタッフが希望の行き先を尋ねると、カズは「ミラノ」と答えた。飛行機移動なら空港でメディアに囲まれるかもしれない。車を手配しようとすると、宿舎ホテルのオーナーが「オレのベンツを使え」と車の鍵を差し出した。

 フランス語の通訳がグレーのワンボックスカーを運転し、助手席には代表スタッフ、後部座席右にカズ、左に北沢が座った。ニヨンから隣国イタリアのミラノまでの4時間。北沢は一言も発さず下を向き、カズも無口だった。

 ミラノ市内に入ると、カズは吹っ切れたように道案内を始めた。当時はカーナビゲーションがなかったが、セリエAジェノアでプレーしたこともあり、ミラノの街を知るカズは「次右、2つ目の信号左」と、予約したホテルまでの道を丁寧に伝えた。

 落選から一晩が過ぎ、ミラノのホテルには、日本からのメディアが2社駆けつけた。落選をどう受け止めているかと聞かれ「今は何にも言いたくないんだよ。なあ? キーちゃん?」と隣にいた北沢に同意を求めた。いつもは自信に満ちあふれる表情で受け答えするカズが、そう漏らした。そして「代表の誇り、魂は置いてきた」と帰国の途についた。

4/18(水) 7:46配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00182681-nksports-socc

no title

【動画】キングカズのゴールに思わずガッツポーズしてしまうセレッソサポwwwそして逆転される 

690: 名無しさん 2016/08/07(日) 20:36:50.82 ID:o+28o8sI0
かずううううううううううううううううううううううううううううううううううう

【画像】香川真司がキングカズ、中村俊輔とのツーショットをパシャリ!! 

★: 名無しさん

「ロシアW杯が最後」と話した本田圭佑…カズ、中田ヒデ、俊輔の代表引退をひもとく 

1: 名無しさん 2016/07/07(木) 16:54:31.96 ID:CAP_USER9
日本代表のFW本田圭佑(30)=ACミラン=が、4日放送の日本テレビ系「NEWS ZERO」で、2018年ロシアW杯が現役選手として最後のワールドカップになる可能性が高いことを示唆した。

 「おそらく自分の最後になる可能性の高いワールドカップだと自覚していますんで、そこに向けてやっていこうと思っています」

 9月からのアジア最終予選を勝ち上がれば、本田は32歳でロシアW杯を迎える。確かに、選手としては肉体的なピークを過ぎ、下り坂にさしかかるタイミングである。6月のキリン杯で、練習中に左膝裏の違和感を訴えて2試合とも欠場したことが衰えの前兆とは思いたくないが…。

 過去のスター選手の事例をひもとくと、1998年フランスW杯前の合宿で三浦知良(現・横浜FC)がメンバーを外れたのは31歳。2006年ドイツW杯の1次リーグ敗退後に中田英寿氏が現役引退を表明したのは29歳。10年南アフリカW杯のベスト16に日本が歓喜に沸く中、中村俊輔(横浜M)がひっそり代表引退を表明したのは32歳だった。

 カズは岡田武史監督に「落ちるのは…」と歴史的な非情通告を受け、中田氏は大会前からひそかに自らの出処進退を決断していた。中村は大会直前になって、本田にポジションを奪われた。スポットライトからの幕の引き方は三者三様だが、いずれにせよ、力の衰えを隠せなくなったことに変わりない。

 最近、本田は達観したようなコメントが増えている。来年夏でミランとの契約を満了する去就問題についても、「もうロートルですから。自分の行きたいようなクラブが手を挙げてくれるか」と話した。わずか1得点に終わった昨季のふがいない成績を、冷静に受け止めている様子だ。

 ロシアW杯まであと2年。最終予選から本大会へと続く、心身がすり減るような厳しい戦いを30代の本田はどのように乗り切るのか。歳月はどんなスター選手にも容赦なく襲いかかり、「その時」は突然やってくる。先述の3人のような悲劇の繰り返しではなく、本田には過去最高ベスト16をうわまる有終の美を期待したい。(浅井武)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160706-00000568-sanspo-socc
no title

【画像】キングカズ会!!カズ、長友、内田、長谷部、高徳が参加!!長友「アモーレと迎えて頂きました」 

★: 名無しさん


CliM7ueUYAAe3ca

三浦知良「帽子をかぶっていたらイチロー君と間違えられた。イチロー君も神戸で僕に間違えられてカズダンスを踊った」 

1: 名無しさん 2016/06/21(火) 16:42:15.94 ID:CAP_USER9
19日の岐阜戦でJリーグ最年長得点記録を更新した横浜FCのFW三浦知良(49)が刺激を受けるイチローとの新たな“秘話”を明かした。

 ストイックな姿勢だけでなく以前は顔つきも似ていると言われていたそうで「ロサンゼルスで帽子をかぶっていたらイチロー君と間違えられた。イチロー君も神戸で僕に間違えられてカズダンスを踊ったことがあると言ってたよ」と笑わせた。

 26日の町田戦へ準備も万端。全体練習前に1時間10分の筋力トレ。4月下旬からは体幹トレの強度も高めている。岐阜戦はシュート3本全てが頭。昨季3得点中2点を頭で決め「(チームで)“ヘディンガー”って呼ばれてるよ。次は足で決めたいね」と笑顔。

練習後は横浜FC小野寺会長と交友関係にある菅官房長官を訪ね、首相官邸を訪問。最年長得点の報告とともにユニホームを贈り「喜んでくれました」と話した。

スポニチアネックス 6月21日 7時36分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160621-00000062-spnannex-socc
no title

【動画】カズが歓喜の“カズダンス”! 約1年ぶりゴールでJ最年長得点記録を49歳3か月24日に更新!! 

1: 名無しさん 2016/06/19(日) 18:42:12.67 ID:CAP_USER9
横浜FCのFW三浦知良が自身の持つJリーグ最年長得点記録を49歳3か月24日に更新した。

 横浜FCは19日、J2第19節でホームに岐阜を迎えた。
2試合連続で先発出場を果たした三浦は立ち上がりからヘディングシュートを放つなど、
積極的にゴールに迫ると、前半22分に待望の先制点を挙げる。

 右サイドでパスを受けたMF小野瀬康介が粘ってライン際からクロスを挙げ、
フリーで三浦がヘディングシュートをゴール右隅に決め、1-0。ゴール後にはカズダンスで自身の得点を祝った。

 三浦の得点は昨年6月28日のJ2第20節水戸戦(1-0)以来、約1年ぶり。
J2最年長出場記録を更新するとともに、最年長ゴール記録も更新した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160619-01628450-gekisaka-socc

no title

なんでサッカーでカズを日本代表に入れないの? 

1: 名無しさん 2016/04/04(月) 09:47:55.317 ID:MUWd/jL400404.net
三杉君的ポジションでフルに使わなけゃいいじゃん
サッカー好きしか知らない戦力75点の若手より
国民誰でも知ってる戦力25点のカズ入れるほうが盛り上がるじゃん
前のWCのドログバ覚えてるだろ?
あのロートルが投入されたときの沸き方、それで確実に流れが変わったあの感じ
あれをカズ使うことで日本でも出来るのに

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索