Samurai Goal

三浦知良


スポンサード リンク





中田英寿氏が最年長出場の53歳・三浦知良を語る「ゴール決めて」最年長得点も期待 

スクリーンショット 2020-08-06 11.21.34

三浦知良の22歳長男がトップコートに所属 芸能人へ 

a0413_60_563186e9_c5dfaf77




1: 2020/06/01(月) 13:41:18.07 0
公式サイトではネクストアーティスト欄で、写真3点とともに紹介されている
同事務所は松坂桃李、菅田将暉ら人気実力を兼ね備えた俳優を多数擁している

プロフェッショナル選 SP「走り続ける理由がある~プロサッカー選手・三浦知良」 

rectangle_large_type_2_b3a539956b12e6e1b549ad7d1ac2c59a




1: 2020/05/04(月) 14:00:41.94
ピッチに立ち続けるカズ。何がカズを駆り立てるのか(2010/3/23放送)

【悲報】サッカー史上最高レジェンド三浦知良さん、クズだった 

1: 2020/04/19(日) 14:18:32.03
名波「代表合宿でチームみんなで大浴場入ったんだけど、カズさんが当時コーチだった岡田武史さんの頭蹴飛ばして湯船に突き落としてたの」
名波「この人ほんとイカレてるって思ったね」
no title

no title

no title

no title

三浦知良「緊急事態宣言は緩いという声がある。でもそれは、日本人の力を信じているからだと僕は信じたい。」 

20200411-00037184-bunshun-000-3-view




1: 2020/04/13(月) 23:40:43.78
三浦知良が語る「新型コロナ」の日々「僕らは自分たちの力を、もう少し信じていい」

すべての行動が制限されるわけでない緊急事態宣言は「緩い」という声がある。
でもそれは、日本人の力を信じているからだと僕は信じたい。きつく強制しなくても、一人ひとりのモラルで動いてくれると信頼されたのだと受け止めたい。

戦争や災害で苦しいとき、隣の人へ手を差し伸べ助け合ってきた。暴動ではなく協調があった。日本にはそんな例がたくさんある。
世界でも有数の生真面目さ、規律の高さ。それをサッカーの代表でも日常のピッチでもみてきた。
僕らは自分たちの力をもう少し信じていい。日本人はこういうとき、「やれるんだ」と。


「都市封鎖をしなくたって、被害を小さく食い止められた。やはり日本人は素晴らしい」。
そう記憶されるように。力を発揮するなら今、そうとらえて僕はできることをする。
ロックダウンでなく『セルフ・ロックダウン』でいくよ。


自分たちを信じる。
僕たちのモラル、秩序と連帯、日本のアイデンティティーで乗り切ってみせる。
そんな見本を示せたらいいね。


全文はこちら
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200411-00037184-bunshun-soci

北澤豪さん、カズは「ずるいなと思いましたね」 日本代表落選会見での “魂は置いてきた”発言  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/30(火) 23:00:02.56 ID:3YhBAMbV9
サッカー元日本代表で評論家の北澤豪さん(50)が30日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー夜の特大版 今夜決定!平成ニッポンのヒーロー総選挙」(後6時半)に生出演し、
1998年のサッカーフランスW杯での落選会見の裏側について語った。

日本が初出場を決めたフランスW杯で、開始12日前の合宿中に、三浦知良(52)とともにメンバーから外された。
番組では、帰国後の会見でのカズの「日本代表としての誇りと魂は向こうにおいてきた」という発言を紹介。
それについて感想を聞かれた北澤さんは「ずるいなと思いましたね。こんな言葉、(それまで)ずっと一緒にいましたけど一言も言ってなかったですからね」と当時の感想を語った。

北澤さんは「会見やるときにはちゃんとこういう言葉を用意するんだなって。すごいなと思いました。カズさんのこと二度見しましたから」と話した。

元プロ野球選手のタレント・長嶋一茂(53)は「北澤君の怒りはもっともだと思うけど、カズ選手のこの言葉は大人の対応だと思う。
やっぱりこれで残された人たちが頑張ろうと鼓舞しあったと思うし、2人は影響力があるから恨みつらみを言ったら会見が最悪になる」と評価していた。

http://news.livedoor.com/article/detail/16396306/
2019年4月30日 22時1分 スポーツ報知

no title


https://www.youtube.com/watch?v=ozR7SiVJrmM&t=263s


1998 KAZU Shock World Cup カズ ショック フランスW杯 落選

<生き証人3人が語る 平成5年「ドーハの悲劇」の真実>「カズの足がもう数センチ長ければ…」  

gendainet_539076_0-small[1]




1: Egg ★ 2019/04/30(火) 17:22:00.48 ID:CXzcP9mp9
 不動の左SB都並が1993年10月のアメリカW杯最終予選でプレーすることは不可能――。そのことを知っているのはオフト監督、清雲コーチらスタッフに主将のDF柱谷哲二、そして都並本人だけだった。最初に代役候補として招集されたのが、ジェフ市原所属のDF江尻篤彦だった。同年9月のスペイン合宿に帯同した江尻は、宿舎で都並と相部屋となった。もちろん「オフト日本の左SBについてあれこれ伝授してほしいというオフト監督の意図だった」(都並)。しかし、江尻は合宿最初の練習試合に先発したが、後半からセンターバック(CB)が本職のDF勝矢寿延(横浜M=当時)が入った。左SBでプレーするのは初めてだった。

■「バックアッパーは江尻が共通認識だった」

六川則夫「江尻さんは守備力を買われての代表入りだったと思いますが、合宿中の練習を撮っていても<ラモスからパスが出ない>ので江尻さん自身、どのタイミングでオーバーラップすればいいのか、中に絞り込めばいいのか、分からなくなってピッチ上で孤立無援となり、日に日に表情から生気が失われていくのが、カメラのファインダーを通して分かりました」 

都並敏史「相部屋だった江尻のメンタルが、日ごとにダウンしていくのが手に取るように分かった。言っておきますが、ラモスさんがパスを出さないのは、それ相応の理由があったからです。ラモスさんというのは<ここで攻め上がり!><今は守備に専念!>と誰もが予測できるようなプレーに対して、彼独特の感性が合わないとパスを出してくれません。経験値と言ってしまえばそれまでですが、僕にはラモスさんがパスを出してくれるタイミング、同じ左サイドのカズと連係しながら攻め上がる呼吸など分かっていた。でも江尻にそれを求めるのは酷でしたね」

森雅史「(熱狂的サポーター集団の)ウルトラスが中心になってW杯最終予選の前、代表選手それぞれの応援チャントのCDをソニー・ミュージックで制作して販売。ヒットチャートの20位くらいに入ったのですが、左SBとして都並さん、江尻さんのチャントは収められていましたが、最終予選前に招集されてドーハで戦ったDF三浦泰さんのチャントはありません。都並さんのバックアッパーは江尻だ! それがサポーター仲間の共通認識でした」

 オフト監督には「サイドバックの理想像」があった。まずは守り、そして他選手との連係、そして攻め上がってクロスを放り込む――。Jリーグ開幕前の1993年4月にアメリカW杯アジア1次予選が行われ、UAEとのアウェー戦でオフト監督は、不動の左SB都並に「互いにナイフで刺し合うような(緊迫した)試合では、前後半に1本ずつクロスを上げればいい」と指示を送った。大前提として守備重視があり、攻守のバランス感覚も重要視していた。

都並「あの当時の勝矢はフィジカルもメンタルも高いレベルで整い、ストッパーとしては最高の選手だった。でも左サイドバックとしての技術が足りなかった。サイドバックには<安定した守備><中盤でのつなぎ><攻撃の仕掛け>が求められます。手前みそになってしまいますが、それぞれの役割を最もバランス良くこなせる選手は自分しかいなかったと思います」

日刊ゲンダイDIGITAL 2019年4月30日 17時0分
https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_539076

浦和 興梠、平成ラスト弾でカズに並んだ!次戦“令和1号”で福田に並ぶ J1通算得点(139点)  

20181214_koroki_getty[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/29(月) 06:36:34.66 ID:CzxIs6bb9
明治安田生命J1第9節 浦和2―0清水 ( 2019年4月28日 アイスタ )

「平成最後」のゴールはエースFW興梠慎三(32)が決めた。浦和は28日、アウェーの清水戦に2―0で快勝し3連勝を飾った。
歴史的な一撃は1―0の後半アディショナルタイム、興梠の放ったチップキック弾がゴールに消えた。
J1通算得点(139点)でも歴代6位のFW三浦知良(52、現横浜FC)に並ぶ偉業となった。
おしゃれに決めた。
その間、コンマ数秒。興梠の本能は迫り来る相手GKを察知した。「GKが見えた。チップキックでうまくゴールできた」。クロスに右足を優しく合わせ、美しい軌道を描いた。
既に他会場の試合は終了。時計の針は90分を過ぎていた。
平成5年の93年、Jリーグ開幕戦でV川崎のマイヤーで始まったゴールは、これでJ1通算2万1640点目。
平成最後のゴールは、平成最後のチャンスから生まれた。

一瞬の静寂の後、耳をつんざく歓声。そこを割って「これっ、平成最後のゴールじゃん!」。槙野の声が耳に響いた。
興梠は初めてメモリアル弾に気付いたという。前半から守備にも追われ、体力の限界は過ぎていた。「もう死んでました。
疲れ過ぎて逆に冷静だったし、思い切り蹴れなかったのが良かったかも」と笑う。これがおしゃれに決めたループの裏ストーリーだ。

運命か。平成の終わりと同時にJ1通算得点で歴代6位のカズ(139点)に並んでみせた。興梠も尊敬してやまない平成のスーパースター。
「そこは気になるところでした。カズさんも現役なのでまたいつJ1に上がってくるか…。今のうちに突き放したい」。歴代初の8年連続2桁得点が懸かる今季、まず第一の関門を突破した。

「平成」。興梠は「再会」の2文字を使って振り返った。思えば興梠が初めてレギュラー格に抜てきされたのは鹿島時代の07年だった。
「当時、オリヴェイラ監督の下で試合に出られるようになって、鹿島から浦和に来て、また再会する縁に恵まれて…」。練習はどこよりも厳しい。
時に弱音も吐く。だがだからこそ最後まで走り切れた。アディショナルタイムの平成ラスト弾も必然だった。

興梠はJ通算1万8000点、2万1500点と節目に強い。次戦は5月3日、「令和」となって最も早いキックオフ(午後2時)で磐田戦を迎える。
今度は浦和でのJ1通算得点で歴代1位の福田正博(91点)にあと1点と迫る中でピッチに立つ。「そこは一番うれしい。レジェンドですしね。塗り替えたい。
福田さんはサポーターから愛された選手、そうなりたい」。新ミスター・レッズの襲名はもう目前だ。平成の終わりにカズに並び、令和1号で福田に並ぶ――。主演は興梠。映画のようなシナリオにはまだ続きがある。

◆興梠 慎三(こうろき・しんぞう)1986年(昭61)7月31日生まれ、宮崎市出身の32歳。
鵬翔から05年に鹿島に入団し、13年に浦和に移籍。
J1通算387試合139得点。日本代表では国際Aマッチ通算16試合0得点。1メートル75、72キロ。

《最終アシストは汰木》浦和MF汰木(ゆるき)がJ1デビューで「平成最後」のアシストを決めた。
途中出場すると後半アディショナルタイムに右サイドを駆け上がり、興梠に右クロスを合わせた。
日頃から興梠を慕い、2人で一緒に居残り練習を繰り返す仲。
「ベンチでも慎三さんの動きを見ていました。ゴールが良かったですけど、目に見える結果は素直に喜びたい」と言えば、興梠も「次は僕がアシストします」と“お返し”を約束した。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/04/29/kiji/20190428s00002179476000c.html
2019年4月29日 05:3

J1 1 大久保 嘉人 ジュビロ磐田 184
J1 2 佐藤 寿人 ジェフユナイテッド千葉161
J1 3 中山 雅史 アスルクラロ沼津 157
J1 4 前田 遼一 FC岐阜        154
J1 5 マルキーニョス ヴィッセル神戸 152
J1 6 興梠 慎三 浦和レッズ    139
J1 6 三浦 知良 横浜FC   139
J1 8 ウェズレイ 大分トリニータ        124
J1 9 ジュニーニョ 鹿島アントラーズ 116
J1 10 エジミウソン セレッソ大阪 111
J1 11 柳沢 敦 ベガルタ仙台        108
J1 12 遠藤 保仁 ガンバ大阪 103
J1 13 藤田 俊哉 ジェフユナイテッド千葉100
J1 14 玉田 圭司 V・ファーレン長崎 99

横浜FCカズはベンチ外 視察森保監督に負傷明かす 

20190421-04210726-nksports-000-4-view[1]

中田英寿氏 「兄貴」と慕うカズへ「もう死ぬまでやめないで」 

20190419-00000142-spnannex-000-5-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索