Samurai Goal

三浦知良


スポンサード リンク





カズ「強かったですね」川崎との練習試合に先発出場 

20181014-00361752-nksports-000-3-view

“51歳初ゴール”にカズ笑顔「お膳立てはしてもらった」 

jnl1703120002-f1


闘莉王の持論が面白すぎるww「小野がカズを外した」 

00008529-G
1 2018/06/11(月) 19:56:09.35 _USER9
10日、フジテレビ「ジャンクSPORTS」では、田中マルクス闘莉王、小野伸二、高原直泰ら歴代サッカー日本代表がゲスト出演。今月15日より開幕するロシアW杯を前に、これまで日本が戦ってきたW杯にまつわるエピソードを語った。

その一つとして取り上げられたのは、1998年フランスW杯直前のメンバー発表だ。当時の日本代表監督・岡田武史氏はこれまで日本サッカー界を牽引してきた三浦知良を代表から外す決断を下した。

この時のことを訊かれた岡野雅行氏は、「スイスのキャンプの時に、それが最終選考の合宿だったんですけど、その時の中日に『今日はどこでもいいからご飯食べてきていいよ』って言われたタイミングでカズさんと北澤さんは岡田さんの部屋に呼ばれてた」と話す。

だが、「岡田さんは悪くみえがち」と切り出した闘莉王は、「実は、伸二さんが一番悪いと思います」とキッパリ。「(小野が)入らなかったらカズさん入ってたし。ブラジルでも有名だったし。やっぱカズさん入って欲しい」と続けると、「伸二さん何やってんのかな」と無茶苦茶な持論を展開した。

また当時18歳で代表に選出された小野は、カズの背番号「11」を付けることにもなった。「カズさんの11番。11番ってその当時付けちゃいけない番号でしたね、カズさん以外は」と前置きした小野は「全員思ってました。国民も」とまで。

この時、各選手の背番号はランチタイムに読み上げられたとしたが、「11番」で名前が呼ばれた小野は「ウソでしょ?俺じゃないですよねって思いながら。それは絶対ダメだ。何やってんだって思いましたね」と苦笑い。番組MC・浜田雅功から辞退できなかったのかと訊かれると、「言えないですね。高校卒業したばっかなんで。言われた背番号を背負うしかなかった」と語った。

2018年6月10日 21時0分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14844291/

「また俺は落選...」キングカズ渾身の自虐ネタを披露ww 

キャプチャ
1   2018/06/02(土) 17:33:42.72 _USER9
 タレントの三浦りさ子さんが2日に自身のオフィシャルブログを更新し、夫のFW三浦知良(横浜FC)が5月31日の日本代表メンバー23人の発表を受け、「また俺は落選だ!」と語ったことを明かした。

 カズは日本が初めて出場した1998年フランスW杯で、開幕直前のスイス合宿中に22人の最終メンバーから落選。当時監督だった岡田武史氏の「外れるのはカズ、三浦カズ」というコメントはあまりにも有名だ。

 りさ子さんは「あっという間に6月ですね!」と題したブログで「先日、日本代表選手メンバー23人が発表されていましたね!」と切り出し、「主人もまた俺は落選だ!と冗談で言っていましたが、日本代表をテレビの前から一生懸命応援したいと思います!」と、カズの自虐ネタを紹介しつつ日本にエールを送っている。

 また、「今日から代表はワールドカップに向けて旅立つみたいですが、忙しい中一昨日香川選手が家に遊びに来てくれました!」と、メンバー発表当日にMF香川真司の訪問があったことを報告。「以前、主人に香川選手と歳も離れているのに なんでそんなに気が合うのか聞いてみたことがあり、そうしたら、自分にとってはヤンチャな弟みたいに感じると」と、2人の間柄も説明した。

 ブログの最後にはカズと香川が肩を組んだ2ショット写真を掲載し、「四年に一度のワールドカップ、悔いのないよう思いっきり頑張ってきて欲しいです!」と締めくくっている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180602-01654547-gekisaka-socc

【秘蔵】幼い都倉とカズのツーショット!!本人がTwitterにアップし話題に!! 

RJE5syWj_400x400

【悲報】日本人がバロンドール取るのはW杯優勝より難しい!? 

26096_main01
1   2018/05/16(水) 18:17:48.84 _USER9
1993年5月15日のプロサッカー・Jリーグ創設日から25年の節目を迎えた15日、キング・カズこと元日本代表FW三浦知良(51=J2横浜FC)が日本サッカー界の未来を大胆予想した。

 V川崎(現J2東京V)所属時に横浜Mと記念すべき“プロ開幕戦”を戦ってから25年がたったが「いよいよ始まったなという感じもなかったかな。(自身は)プロ8年目で26歳だったし、92年にはナビスコカップ(現ルヴァンカップ)もやっていたからね」と淡々と振り返った。

 プロ化に伴う日本サッカーの進化については「代表には力を入れていた。これまで勝てなかったアジア相手に勝てるようになり、90年代の前半から躍進したんじゃないかな。ただ25年やっても、ブラジルも25年間で進化し突き放されている。世界も努力しているから」と、いまだ世界トップとの距離は縮まっていないという。

 果たして日本サッカーはどうなっていくのか。カズは「日本がW杯で優勝する可能性はあると思うけど、バロンドール(世界最優秀選手賞)を取る日本選手をつくるのは難しい」と断言。そのうえで「チームなら(リオネル)メッシ(30=バルセロナ)を抑えることもできる。実際に日本はアルゼンチンに勝ったこともあるけど、バロンドールは個人だから。欧州で年間40、50点取らなければいけないし、メッシやネイマール(26=パリ・サンジェルマン)を生み出すのはW杯を勝つよりも難しいね」との見解を示した。

 それでもカズは「いつかはバロンドールを取る日本選手が出てくることを期待しているよ」。Jリーグを含め日本サッカーは、さらなる精進が必要かもしれない。

東スポ 5/16(水) 16:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000020-tospoweb-socc

“神対応”キング・カズの優しさに二度も救われた男 

cached
 私は人生で、サッカー元日本代表FW三浦知良(51)=横浜FC=に2度、救われた。1度目は約19年前に京都で。2度目は今年3月21日の山形・天童市で行われたJ2・モンテディオ山形―横浜C戦の時だ。19年ぶりに再会した“キング・カズ”の優しさは変わらなかった。

 1999年の夏。世間はノストラダムスの人類滅亡の予言で持ちきりだった。当時小学5年だった私は「どうせ世界が滅びるなら、宿題や中学受験の勉強もやらなくていいだろう」と、のんきに夏休みを満喫していた。そんな中、8月中旬に三浦知良がクロアチア1部ディナモ・ザグレブから京都サンガ(当時J1)へ電撃移籍との一報が流れた。98年フランスW杯代表には選出されなかったが、当時のカズはキッズにとって憧れの的だった。

【続く】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000070-sph-socc

【生きる伝説】キング・カズこと三浦知良が現役を続ける理由とは 

yfckazu01jpg_f25d7vaa61ux15ehr5ldwg5a3

【岡田元監督】「外れるのはカズ、三浦カズ」強気なメンバー選考の裏側とは? 

okadatakeshi
1   2018/04/18(水) 08:42:15.09 _USER9
<W杯メンバー選考の真相(2)>

 「外れるのはカズ、三浦カズ」

 ワールドカップ(W杯)メンバー選考を語る上で、このフレーズは、20年たった今もサッカーファンの脳裏から離れない。98年フランス大会前。岡田武史監督が、FW三浦知良(カズ)を外すと最終決断したのは、6月2日の発表当日の午前3時すぎだった。

 合宿地のスイス・ニヨンの宿舎ホテル。岡田監督は、同1日午後11時ごろ1階ロビーにコーチ陣を集めた。小野剛コーチ、フラビオ・フィジカルコーチ、マリオGKコーチ。最大の焦点はGKを2人にするか、3人にするか。現在のW杯登録メンバーは23人だが、当時は22人。マリオ・コーチは「絶対GKは3人にすべき」と主張した。1次リーグ初戦の相手は優勝候補のアルゼンチン。パワーと個人技で最終ラインを突破される可能性がある。GKが無理して防ごうとすると、一発退場もありうる。出場停止は残る2戦に響く。GKが負傷することも心配した。

 1時間に及んだ会議で、GKを3人にすると決めた。その後、岡田監督は自分の部屋に小野コーチを呼び、3時間以上話し込んだ。GKを3人にする以上、フィールドプレーヤー1人を外さないといけない。あらゆる場面をシミュレーションした。逃げ切る時は? 退場者が出た時は? 相手が守った時は? 誰を外すかではなく、誰が必要かを話し込んだ。

 2人の話題がカズに及んだ。岡田監督は「あの経験はチームが苦しい場面で、絶対に役立つ」と言った。小野コーチがうなずく。守り主体になるが、攻撃オプションは捨てられない。FWの枚数は削りたくない。カズ、中山雅史、呂比須ワグナー、岡野雅行、城彰二の5人。「平野孝はMFだが、FWとしても使える」との話が出た。そして深夜3時。発表9時間前に岡田監督は「最後はオレが決める」と言って、小野コーチを帰した。もし今のように、W杯が23人のエントリーなら、カズの夢は実現したかもしれない。睡眠もそこそこに朝食を済ませ、岡田監督はカズ、北沢豪、市川大祐をそれぞれ部屋に呼んで、落選を伝えた。

 落選後、カズと北沢は代表宿舎から離れた。日本協会スタッフが希望の行き先を尋ねると、カズは「ミラノ」と答えた。飛行機移動なら空港でメディアに囲まれるかもしれない。車を手配しようとすると、宿舎ホテルのオーナーが「オレのベンツを使え」と車の鍵を差し出した。

 フランス語の通訳がグレーのワンボックスカーを運転し、助手席には代表スタッフ、後部座席右にカズ、左に北沢が座った。ニヨンから隣国イタリアのミラノまでの4時間。北沢は一言も発さず下を向き、カズも無口だった。

 ミラノ市内に入ると、カズは吹っ切れたように道案内を始めた。当時はカーナビゲーションがなかったが、セリエAジェノアでプレーしたこともあり、ミラノの街を知るカズは「次右、2つ目の信号左」と、予約したホテルまでの道を丁寧に伝えた。

 落選から一晩が過ぎ、ミラノのホテルには、日本からのメディアが2社駆けつけた。落選をどう受け止めているかと聞かれ「今は何にも言いたくないんだよ。なあ? キーちゃん?」と隣にいた北沢に同意を求めた。いつもは自信に満ちあふれる表情で受け答えするカズが、そう漏らした。そして「代表の誇り、魂は置いてきた」と帰国の途についた。

4/18(水) 7:46配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00182681-nksports-socc

no title

【動画】キングカズのゴールに思わずガッツポーズしてしまうセレッソサポwwwそして逆転される 

690: 名無しさん 2016/08/07(日) 20:36:50.82 ID:o+28o8sI0
かずううううううううううううううううううううううううううううううううううう



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索