Samurai Goal

三好康児


スポンサード リンク





U22日本代表/背番号発表!三好康児(アントワープ)に「10」!A代表常連の久保、堂安に“挑戦状”  

1: Egg ★ 2019/11/16(土) 10:01:19.36 ID:2CfGH6XC9
サッカー・U-22日本代表合宿(15日、広島市内)キリンチャレンジ杯のU-22コロンビア戦(17日、エディオンスタジアム広島)に向けて背番号が発表され、MF三好康児(22)=アントワープ=が10番を背負うことになった。

2列目のポジションをMF久保建英(18)=マジョルカ=らと争う。14日にキルギス・ビシケクで行われたW杯アジア2次予選でキルギスを2-0で下した森保一監督(51)は16日に帰国し、合宿に合流する。

 秋晴れの広島で、MF三好がMF久保やMF堂安へ“挑戦状”をたたきつけた。この日、シュート練習などで汗を流した3人は、五輪代表18人枠を争うライバル同士。特に熾烈な中盤のポジション争いだが、三好に負けるつもりは毛頭ない。

 「競争はどこにでもある。自分の特長は、攻撃でのイマジネーションやアイデア。そこでアピールしていきたい」

 表情に自信がみなぎった。前日14日の練習試合では後半から出場し、途中で久保と交代。ゴールには絡まなかったが「次のゲームが大事」と涼しい顔。与えられた背番号はエース格の「10」だ。

 今年8月、ベルギー1部のアントワープへ移籍。9月15日のアンデルレヒト戦で途中出場ながら初ゴールを決めた。代表招集直前の今月10日のブルージュ戦では初先発を果たし、「向こうではプレーで認めさせるしかないので」。実力が徐々に認知されつつある。

 6月の南米選手権は五輪世代(U-22日本代表)を中心に構成され、三好はA代表初選出。ウルグアイ戦で2得点を挙げて注目された。だが、その後はA代表に選出されていない。

 「A代表にもいずれ向かっていきたい。チャンスだと思う」。16日には森保監督が合流し、17日のコロンビア戦を指揮する。東京五輪の先にあるA代表も見据える三好にとって、最大のアピールの場。A代表“常連組”のライバルたちと真っ向勝負に挑む。

11/16(土) 7:00配信 サンスポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191116-00000015-sanspo-socc

写真
no title


コロンビア戦に臨むU-22代表メンバーと背番号

GK
1 大迫敬介(サンフレッチェ広島)
12 谷 晃生(ガンバ大阪)

DF
4 板倉 滉(フローニンヘン/オランダ)
16 岩田智輝(大分トリニータ)
6 長沼洋一(愛媛FC)
2 立田悠悟(清水エスパルス)
14 原 輝綺(サガン鳥栖)
15 瀬古歩夢(セレッソ大阪)

MF
3 中山雄太(ズヴォーレ/オランダ)
10 三好康児(アントワープ/ベルギー)
8 田中駿汰(大阪体育大)
20 高 宇洋(レノファ山口FC)
7 堂安 律(PSV/オランダ)
11 食野亮太郎(ハーツ/スコットランド)
5 菅 大輝(北海道コンサドーレ札幌)
21 橋岡大樹(浦和レッズ)
19 鈴木冬一(湘南ベルマーレ)
22 菅原由勢(AZ/オランダ)
17 久保建英(マジョルカ/スペイン)

FW
9 小川航基(水戸ホーリーホック)
13 前田大然(マリティモ/ポルトガル)
18 上田綺世(鹿島アントラーズ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191115-00066697-sdigestw-socc

三好康児、アントワープを勝利に導く2得点! 延長戦で天野純&小池龍太出場のロケレン下す  

1: Egg ★ 2019/09/27(金) 06:12:41.78 ID:1xpiMPph9
【アントワープ 4-2 ロケレン クロキー・カップ6回戦】

 現地26日、クロキー・カップ(ベルギーカップ)の6回戦が行われ1部のロイヤル・アントワープFCと2部のロケレンが対戦した。

 アントワープは日本代表MF三好康児がトップ下で移籍後公式戦初先発。ロケレンでは柏レイソルから移籍したDF小池龍太が右ウィングで先発起用され、横浜F・マリノスから加入の日本代表MF天野純はベンチスタートとなった。

 試合は開始早々に動く。ロケレンがキックオフとともに攻め込み、MFギオルギ・ベリーゼのゴールで先制に成功した。開始11秒、電光石火の先制弾となった。

 しかし、主導権はアントワープが握り、すぐに取り返す。6分、三好が絶妙なタメを作ってスルーパスを繰り出し、左サイドの選手を走らせる。そしてMFディディエ・ラムケル・ゼの低いクロスに、ファーサイドで待っていたFWディウメルシ・エンボカニが合わせて同点に追いついた。

 そして三好はさらなる輝きを放つ。33分、ボールが右から左へ展開される間に相手センターバックの背後を取ると、ラムケル・ゼのスルーパスに抜け出してゴール前へ。飛び出してきたGKの動きを見極め、左足で逆転ゴールを流し込んだ。

 38分には先制ゴールを決めたベリーゼに代わって、天野が登場。日本人選手3人がピッチ上に揃い、アントワープの1点リードで前半終了となった。

 後半も三好はゴールに迫る。60分、ペナルティエリア内でこぼれ球を拾って強烈なシュートを放つも、これは相手GKの好セーブに遭い2点目とはならない。

 すると天野も負けじと、なんとかチャンスを作るべく縦横無尽に動き回って奮戦する。67分にはペナルティエリア内で倒されて主審の笛が吹かれ、PK獲得かと思われたが判定はシミュレーション。イエローカードをもらい、これには天野も苦笑いだった。

 後半の終盤はこう着状態となり、アントワープも主導権を握りながらチャンスをものにできず。すると85分、今度は天野が左足で貴重な同点ゴールを演出する。左サイドでボールを受けると、中央を確認してピンポイントクロス。最後はゴール前でフリーになっていた途中出場のFWフラン・ナバーロが頭で合わせて2-2とした。

 試合はそのまま延長戦に突入する。そして延長前半の98分、再び三好の左足が火を噴いた。右サイドからのクロスを落とし、パスを受けたMFハリス・ハルーンがシュートを放つ。これはGKに弾かれたが、こぼれ球に反応した三好が角度のないところから押し込み、値千金の勝ち越しゴールを奪った。

 延長後半は両チームとも運動量が落ちてきてオープンな展開に。ロケレンがボールを握る時間帯も増えたが、アントワープは勝負を決める追加点をカウンターで奪った。114分、中盤でボールを奪うと前線の3人で速攻に移り、三好が右から左に流れたことによってできたスペースに途中出場のFWアマラ・バビーが走り込み、エンボカニからのスルーパスを受けてフィニッシュ。リードを2点に広げた。

 これで勝負あり。アントワープは120分の死闘の末にロケレンを4-2で下し、ベルギーカップベスト16進出を決めた。2得点の三好だけでなく、1アシストの天野、2つのポジションで延長戦まで走りきった小池と日本人3選手が確かな存在感を示した一戦となった。

【得点者】
1分 0-1 ベリーゼ(ロケレン)
6分 1-1 エンボカニ(アントワープ)
33分 2-1 三好康児(アントワープ)
85分 2-2 ナバーロ(ロケレン)
99分 3-2 三好康児(アントワープ)
114分 4-2 バビー(アントワープ)

9/27(金) 5:58 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190927-00340116-footballc-socc

写真
no title

三好康児がベルギーリーグ初出場&初ゴール! 試合を決定づける決定弾で鮮烈デビューを飾る!  

20190915-00064219-sdigestw-000-17-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/09/15(日) 23:25:54.88 ID:vmxXAk5W9
名門アンデルレヒトを沈める決勝点
 現地時間9月14日に行なわれたベルギーリーグ第7節、アンデルレヒトとアウェーで対戦し、2-1で勝利した。

 アンデルレヒトはヴァンサン・コンパニはベンチ外、アントワープに今夏加入した三好康児はベンチスタートとなった。

 前半はともにゴールをあげられず、試合が大きく動いたのは後半だった。先制したのはアウェーのアントワープだった。49分にライオラ・レフェノフが先制ゴールを挙げるも、65分に取り返されて、リードは長く続かなかった。

 しかし、78分にアンデルレヒトがひとり退場者を出すと、アントワープは80分にアマラ・ベビ、82分に三好を投入する。

 初めてベルギーリーグのピッチに立った三好が輝いたのは87分のことだ。ゴール前でボールを持った三好はエリア外でボールを受けるとすかさずシュート。一度はDFに阻まれるも、三好がターンを交えて持ち直し、改めて左足を振り抜いたシュートが、ネットを揺らした。

 決勝点を挙げた三好は89分にも味方のシュートが弾かれたところをすかさずループで狙うが、これはDFのゴールラインクリアに阻まれた。

 試合はこのまま2-1で終了。三好の鮮烈なデビュー&決勝ゴールでアントワープがアンデレルレヒトを下した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190915-00064219-sdigestw-socc

MF三好康児、古豪アントワープへの期限付き移籍が決定! ベルギーで戦う9人目の日本人選手に  

1: Egg ★ 2019/08/20(火) 17:52:00.68 ID:TQs/HXrC9
買い取りオプション付きとの報道も
 
8月20日、日本代表MF三好康児がベルギーの名門アントワープに期限付き移籍すると、川崎フロンターレが正式に発表した。

三好の移籍については、アントワープの現地紙『Gazet van Antwerpen』がいち早く報じており、先週の段階で「来週にはメディカルチェックを行ない、サインする見込み」と伝えられていた。
三好は17日に日本を発ち、先週末にはホームスタジアムで行なわれたリーグ第4節シント=トロイデン戦を観戦していたようだ。今後、メディカルチェックなどを経て、アントワープ側からも正式に発表されるとみられる。

また、イタリアの移籍専門記者ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏のサイトによれば、今回のレンタル契約は買い取りオプション付きのようだ。
同クラブにとって初めての日本人選手となる三好。移籍決定にあたって、川崎の広報を通じ、以下のコメントを寄せている。

「この度、ベルギーリーグ1部のロイヤル・アントワープFCと契約することができました。欧州移籍に挑戦させてもらうにあたり、支えてもらったクラブには本当に感謝しています。ありがとうございました。
これからは、RAFCの一員として活躍する事でお世話になったクラブ、皆様へ恩返しができるように頑張りたいと思います。これからも、よろしくお願いします」

三好は今季、川崎から横浜F・マリノスに期限付き移籍で加入。J1リーグでは19試合出場、3ゴールを記録した。
さらに、6月に開催されたコパ・アメリカでは日本代表デビューを果たし、ウルグアイ戦で2ゴールを決めるなど鮮烈な印象を残している。
現在22歳で、来年に控える東京五輪のメンバーとしても期待されるアタッカーのひとりだ。

移籍先のアントワープは、リーグ開幕から4試合で3勝1敗と好調だ。昨季をリーグ4位で終え、現在はヨーロッパリーグ(EL)の予選に参加中。
3回戦まで勝ち抜き、プレーオフ進出を決めている。8月21、28日には今夏に加入したDF菅原由勢が所属するAZ(オランダ)との対戦が控えている。

これで今夏新たにベルギー挑戦を決めた日本人選手は、シュミット・ダニエル、鈴木優磨(ともにシント=トロイデン)、天野純、小池龍太(ともにロケレン)に続き、三好で5人目。
今季ベルギーでプレーする日本人選手は、現時点で9人にのぼる。

日本でも屈指の技巧派として鳴らすレフティー。強力なサイドアタッカーが揃うアントワープで競争に勝ち抜き、真価を発揮できるかが注目される。

8/20(火) 17:39配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190820-00010005-sdigestw-socc

写真
no title

日本代表MF三好康児、ベルギー移籍を前提に横浜Mの契約解除「海外が目標ではなく行って何をするか」  

1: Egg ★ 2019/08/16(金) 02:08:49.67 ID:n51vZDxQ9
横浜Mは15日、川崎から期限付き移籍中の日本代表MF三好康児(22)との契約を解除したと発表した。欧州クラブへの契約交渉を前提としたもので、ベルギー1部・アントワープに移籍する。 

 三好は川崎の下部組織出身で、15年にトップ昇格。今季から横浜Mに期限付き移籍し、東京五輪世代中心で臨んだ南米選手権では1次リーグ第2戦のウルグアイ戦でA代表初得点を含めた2ゴールを記録した。

 横浜市内で取材に応じた三好は「海外に行くことが目標ではなく、行って何をするか。五輪はもちろん出たいけど、W杯に出たくてサッカー選手になった。もっともっと先を見据えて、その過程で五輪に出られればいい」とコメントした。

8/15(木) 12:42配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000101-sph-socc

写真
no title


【サッカー】<三好康児>ベルギー1部の古豪アントワープ決定的!来年6月末までの期限付き、近日中に渡欧
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1565818699/

三好康児、ベルギー古豪アントワープ移籍浮上! 実力を高く評価して既に正式オファー  

1: Egg ★ 2019/08/06(火) 09:42:48.33 ID:IXwi9eZ+9
ベルギー1部の古豪ロイヤル・アントワープが、川崎Fから横浜に期限付き移籍中のMF三好康児(22)の獲得に動いていることが5日までに分かった。複数の関係者によれば、アントワープは三好の実力を高く評価。今夏での獲得へ向け既に正式オファーを出しているという。

 三好は川崎Fアカデミー1期生で15年に現フローニンゲンのMF板倉とトップ昇格。徐々に頭角を現し、昨年川崎Fから期限付きで加入した札幌で才能を一気に開花させた。東京五輪世代中心で臨んだ6月の南米選手権では1次リーグ初戦のチリ戦でA代表デビュー。同第2戦のウルグアイ戦では得意のドリブルから初ゴールを含む2得点を決め、史上初の南米でのAマッチでマルチゴールという快挙を達成した。

 関係者によれば、ウルグアイ戦の活躍により、三好の名前は一気に広がり、欧州クラブからの問い合わせも殺到。その中で本格的な動きを見せたクラブの一つが、アントワープだったという。三好獲得には同じベルギー1部で、日本企業のDMMが経営権を取得したシントトロイデンも正式オファー。ベルギークラブでの争奪戦も勃発しているという。

 今夏はレアル・マドリードの久保をはじめ、バルセロナの安部、マリティモに移籍したFW前田ら多くの東京五輪世代が海を渡った。三好も海外志向はもともと強いようで、決断が注目される。

 ◆三好 康児(みよし・こうじ)1997年(平9)3月26日生まれ、神奈川県出身の22歳。川崎F下部組織出身で15年にトップチーム昇格しプロデビュー。18年に札幌に期限付き移籍し自己最多のリーグ26試合出場(3点)。今季は横浜に期限付き移籍し、リーグ18試合3点。J1通算74試合11点。Aマッチ3試合2得点。1メートル67、64キロ。利き足は左。

 ▽ロイヤル・アントワープ ベルギーのアントワープを本拠に1880年創設。近年こそタイトル獲得はないが、リーグ優勝4回を誇る古豪。92~93年シーズンにはカップウィナーズ杯で準優勝。チームカラーは赤と白。指揮官は元ルーマニア代表MFのラースロー・ベレニ監督(66)。マンチェスターUとは提携関係。本拠地はボサイルスタディオンで収容は約1万3000人

8/6(火) 5:00配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190806-00000000-spnannex-socc

写真
no title

日本代表MF三好康児がコパ・アメリカ得点王獲得も? 決勝1試合を残し2得点で14人が並ぶ 

20190707-00010019-goal-000-2-view[1]

南米選手権で評価上昇!ジーコが称えた日本代表3人の今後 

20190629-00000017-nkgendai-000-2-view[1]

中島翔哉・久保建英・三好康児 日本代表、魅惑トリオ初共演へ 勝てば決勝トーナメント進出のエクアドル戦 

1: 豆次郎 ★ 2019/06/24(月) 22:27:14.98 ID:ku5SRUX49
コパ・アメリカ

6/24(月) 20:17配信
日本代表、魅惑トリオ初共演へ 中島、久保、三好――次代担うタレントの“共鳴”は必見

24日のエクアドル戦で中島、久保、三好の同時出場がついに実現か

 日本サッカー界の次代を担う3人のタレントが初共演しそうだ。FIFAランキング28位の日本代表は、現地時間24日のコパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第3戦で同60位のエクアドル代表と対戦する(エスタジオ・ミネイロン/現地20時・日本時間25日8時)。そのなかで注目されるのが、MF中島翔哉(アル・ドゥハイル)、MF久保建英(FC東京→レアル・マドリード)、MF三好康児(横浜F・マリノス)の初共演だ。


 17日のチリ戦(0-4)では、2列目トップ下に久保が入り、左に中島、右に前田大然(松本山雅FC)が並んだ。後半21分、2枚同時交代の際に中島が下がり、三好が投入された。一方、20日のウルグアイ戦(2-2)では、2列目トップ下に安部裕葵(鹿島アントラーズ)、左に中島、右に三好が起用され、後半38分には三好に代わって久保が投入されている。

 ここまで中島、久保、三好の3人は公式戦で同時出場が実現していない。続くエクアドル戦で3人はスタメン起用が予想されており、ついに初共演の時が訪れそうだ。

 昨夏のロシア・ワールドカップ後から森保一監督が日本代表の指揮を執るなか、10番を与えられるなど攻撃の中軸を担う1人が24歳の中島だ。今大会、17日のチリ戦(0-4)では守備に課題を残したが、20日のウルグアイ戦(2-2)では改善されたプレーを披露。2試合を通じて攻撃面では強烈な存在感を示し、切れ味鋭いドリブルと卓越したキープ力で攻撃をけん引した。

 14日にレアル移籍が決まった久保は、今月9日の国際親善試合エルサルバドル戦(2-0)で歴代2番目の若さとなる18歳5日で代表デビューを飾った新鋭レフティーだ。チリ戦では、MFアルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)を手玉に取る2人抜きドリブルをはじめ、MFエリック・プルガル(ボローニャ)を股抜きで翻弄。その華麗なプレーを海外メディアもこぞって称賛するなど、今や“日本の至宝”として注目度を高めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190624-00199180-soccermzw-socc
no title

「コパ・アメリカ第2節ベスト11」を英選出 日本からも2選手…攻守の軸に高評価  

20190623-00198771-soccermzw-000-1-view[1]




1: 幻の右 ★ 2019/06/23(日) 11:26:24.35 ID:zQJ1wzMW9
最多セーブの川島、2ゴールの三好を選出 ウルグアイから最多3選手

 英データサイト「Whoscored.com」は、独自の採点を基にしたコパ・アメリカのベストイレブンを選定している。新たに公開された第2戦の11人には日本から2選手が選ばれた。

 コパ・アメリカは現地時間21日までに第2節の全日程が終了し、すでに第3節がスタート。招待国として参加している日本は初戦でチリに0-4の大敗を喫したが、第2戦はウルグアイと2-2で引き分けた。現在グループC3位で、最終戦のエクアドル戦で2得点以上奪って勝てば決勝トーナメントに進出できる状況となっている。

 同サイトの採点を基準にした第2戦のベストイレブンでは、日本からも2人が選ばれている。1人目はビッグセーブを披露したGK川島永嗣。2失点は喫したが、今大会最多の8セーブを記録した活躍が認められた。

 もう1人は代表初先発で2ゴールとインパクトを残したMF三好康児だ。シュート4本で2得点。2度のドリブル成功に、1本のキーパスを記録。強豪ウルグアイDFを翻弄したレフティーはコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスらとともに中盤の一角に名を連ねた。

 国別で最多の選出となったのは日本と対戦したウルグアイ。DFホセ・ヒメネス、MFロドリゴ・ベンタンクール、FWルイス・スアレスの3人が選出された。王国ブラジルからはDFダニエウ・アウベスとDFフィリペ・ルイスの両ラテラル、ペルーからはMFジェフェルソン・ファルファンとFWパオロ・ゲレーロの2人がそれぞれ選ばれた。

「Whoscored.com」選出のコパ・アメリカ第2節ベストイレブン

「Whoscored.com」が選出したコパ・アメリカ第2戦のベストイレブンは以下の通り。()内は同サイトによる採点。

GK
川島永嗣(7.57)
日本/ストラスブール

DF
ダニエウ・アウベス(7.35)
ブラジル/パリ・サンジェルマン

ホセ・ヒメネス(8.53)
ウルグアイ/アトレチコ・マドリード

ヨルダン・オソリオ(7.87)
ベネズエラ/ビトーリア

フィリペ・ルイス(7.31)
ブラジル/アトレチコ・マドリード

MF
三好康児(8.29)
日本/横浜F・マリノス

ジェフェルソン・ファルファン(8.71)
ペルー/ロコモティフ・モスクワ

ロドリゴ・ベンタンクール(8.20)
ウルグアイ/ユベントス

ハメス・ロドリゲス(8.47)
コロンビア/バイエルン・ミュンヘン

ルイス・スアレス(8.05)
ウルグアイ/バルセロナ

パオロ・ゲレーロ(8.51)
ペルー/インテルナシオナル

Football ZONE web編集部
6/23(日) 11:10
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190623-00198771-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索