Samurai Goal

ヴィニシウス・ジュニオール


スポンサード リンク





18歳FWロドリゴが衝撃のデビュー弾!初出場から1分で初得点…レアル・マドリードは3連勝  

1: Egg ★ 2019/09/26(木) 08:56:02.88 ID:lMUpIFoq9
リーガ・エスパニョーラ第6節が25日に行われ、レアル・マドリードとオサスナが対戦した。

 レアルは18分、アルバロ・オドリオソラが右サイドから折り返すと、相手DFラウール・ナバスが触ったボールは味方GKの左腕に当たってあわやのオウンゴール。そのこぼれ球にルカ・ヨヴィッチが反応したが、シュートはクロスバー上に外れた。

 それでも37分、ヴィニシウス・ジュニオールがペナルティエリア前左でトニ・クロースからパスを受けると、右足を振り抜いてゴール右隅に突き刺し、今シーズン初得点でレアルに先制点をもたらした。

 1点リードで折り返したレアルは58分、ヨヴィッチがルーカス・バスケスのスルーパスでエリア内に抜け出し、冷静に右足シュートを流し込む。ヨヴィッチの移籍後初ゴールと思われたが、VARによりオフサイドの判定で得点は認められなかった。

 レアルは71分、ヴィニシウスを下げてロドリゴ・ゴエスを投入。今夏加入の18歳FWロドリゴはこれがトップでの公式戦デビューとなった。すると直後の72分、左サイドでパスを受けたロドリゴがエリア内に切り込み、右足シュートを突き刺して追加点。デビューからわずか1分で衝撃の初ゴールを記録した。

 試合はこのままタイムアップを迎え、レアルが2-0の完封勝利で3連勝。昇格組のオサスナは開幕白星スタートのあと4試合連続ドローだったが、今節で初黒星を喫した。

 次節、レアルは28日にアウェイでアトレティコ・マドリードとの“マドリード・ダービー”に臨む。オサスナは29日に敵地でレバンテと対戦する。

【スコア】
レアル・マドリード 2-0 オサスナ

【得点者】
1-0 36分 ヴィニシウス・ジュニオール(レアル)
2-0 72分 ロドリゴ・ゴエス(レアル)

9/26(木) 5:52配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00983272-soccerk-socc

写真
no title

昨季レアルの希望の星だったヴィニシウスだが…クラブはジダンが絶対的主力として扱わないことを不安視 

20190827-00010008-goal-000-2-view[1]

ヴィニシウス&久保は「向こう15年の2大スター」 レアルの“策略”を現地メディア分析 

20190718-00204222-soccermzw-000-1-view[1]

ヴィニシウス「ムバッペの未来はレアル・マドリーにある。もう少ししたらやって来ると思う」 

20190623-00010030-goal-000-1-view[1]

類い稀な新星たちがレアルへ続々入団。ブラジルから見た 久保建英のシビアな現実  

20190620-00863120-sportiva-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/20(木) 18:15:48.86 ID:u9fI3ANt9
コパ・アメリカを戦っている日本代表だが、日本のメディアの関心は久保建英に集中している。

6月12日に日本代表選手団一行がブラジル・サンパウロへ到着すると、その翌日に「久保のレアル・マドリード移籍が濃厚」と報じられた。
さらにその翌日、当のレアル・マドリードが正式に獲得を発表したことで、注目度はさらに高まった。

歴史、実績、人気、財力などから世界最高峰のクラブと目される「白い巨人」に入団した初の日本人選手。
話題性があるのはわかるが、気になるのは、それだけであたかも彼が何かとてつもない快挙を達成したかのような報道がなされていることだ。

日本代表の中に、かかる風潮に異を唱えたとも思える、冷静なコメントを発した選手がいる。
小柄ながらドイツ、イングランドで計9シーズンにわたってプレーしてきた岡崎慎司(レスター)である。

岡崎は「久保選手は、すばらしい才能の持ち主。過去、日本でこんな選手はほとんどいなかった」としながらも、「海外では、17歳や18歳で傑出したプレーをする選手は決して少なくない」と語る。
それは日本のメディアやファンが、久保に過剰なまでに目を向けるのを暗に戒めているように聞こえた。

少し客観的になれば、岡崎の言うとおりであることがわかる。

フットボール大国ブラジルの場合、これまでレアル・マドリードのトップチームでプレーした選手は計27人。
来季はDFエデール・ミリトン(21歳)はポルトから移籍金5000万ユーロ(約61億円)で、FWロドリゴ(18歳)はサントスから移籍金4500万ユーロ(約55億円)でレアル・マドリード入りする。

去年の夏には、今の久保と同じく18歳になったばかりのFWヴィニシウス・ジュニオールがフラメンゴから移籍金4500万ユーロ(約55億円)で入団している。
当初はカスティージャ(レアル・マドリードのBチーム)に置かれたが、5試合で4得点という群を抜く実力を示してすぐにトップチームに昇格。ほどなくレギュラーとして定着した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190620-00863120-sportiva-socc
6/20(木) 16:57配信

元レアルFWネグレドがヴィニシウスを口撃「以前のマドリーでは許されない」 

20190310-00010015-sportes-000-1-view[2]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索