Samurai Goal

ヴィニシウス


スポンサード リンク





レアル・クラブ内で「ジダンはヴィニシウスよりも久保建英を求めている」との意見も…スペイン紙報道 

1: 2020/08/09(日) 02:50:30.99 _USER9
レアル・マドリーは7日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグ、マンチェスター・シティ戦を1-2で落とし、トータルスコア2-4で同大会敗退に追いやられた。
この試合で一つ注目されたのが、ジネディーヌ・ジダン監督がFWヴィニシウス・ジュニオールを起用しなかったことだ。スペイン『マルカ』がレポートしている。

出場を果たせば印象的なプレーを見せることを常とするヴィニシウスだが、このシティ戦ではベンチスタートとなり、途中出場の機会も与えられなかった。
『マルカ』によれば、ヴィニシウスはMFエデン・アザールが先発したことに理解を示しながらも、途中からでもピッチに立てなかったことに失望感を覚えているという。

そもそもジダン監督は、ヴィニシウスに全幅の信頼を寄せていないような印象を与えている。ブラジル代表FWはラ・リーガ優勝に貢献した選手の一人に数えられるが、
今季公式戦で先発出場数は51試合中17試合で、ラ・リーガ中断明けの先発も12試合中4試合のみにとどまっていた。

『マルカ』によれば、レアル・マドリー幹部の間でも、ジダン監督がヴィニシウスを信頼していないという印象が以前から存在していた様子。
ジダン監督は「彼はまだ20歳だ」といった趣旨のコメントを繰り返してきたが、クラブ内では同指揮官がEU圏外3枠の一つを20歳のヴィニシウスではなく、
19歳の久保建英のために使用することを望んでいるのでは、との意見もあるようだ

(久保は以前、ジダン監督からマジョルカにレンタル移籍するのではなく、レアル・マドリーに残って欲しいと直訴されたことを公に明かしていた)。

ただしレアル・マドリー首脳陣は、ヴィニシウスが未来にチームの基盤となる選手と考えており、そうした可能性を考慮してはいないという。

同紙によると、ヴィニシウスについてはパリ・サンジェルマンやプレミアリーグのトップ6の内2クラブが獲得への興味を示している模様。
しかしながら選手本人にはレンタル移籍などでクラブを去る考えはなく、ジダン監督がMFエデン・アザールのほかFWロドリゴ、MFマルコ・アセンシオの起用を優先している現実があるとしても、
2020-21シーズンもレアル・マドリーでプレーし、確固たる居場所を手にする意欲があるとのことだ。

なおヴィニシウスは、2020-21シーズン中にスペイン国籍を取得できるとみられている。

8/8(土) 22:33配信 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/8bd944e1bea7cda6249d1c907a65bf32ac73bc62

写真
no title

上回るのは2人のレジェンドのみ、20歳となったヴィニシウスの大記録 

20200714-00010013-sportes-000-1-view

20歳となったヴィニシウス…同年齢以下のレアル若手で出場数上回ったのはラウール&カシージャスのみ 

20200714-00010000-goal-000-3-view

アザールをコンバートしてまでジダンが起用したヴィニシウスの“スピリット”。残酷なまでに対照的なのが… 

20200701-00075631-sdigestw-000-3-view

<久保がリード>」ヴィニシウスがスペイン国籍取得有力!レアル・マドリードのEU圏外枠に現地注目 

1: 2020/06/22(月) 23:36:58.71
写真
no title


レアル・マドリードは早くも来季のチーム編成が注目を集めている。マジョルカに期限付き移籍中の日本代表MF久保建英はEU圏外枠の兼ね合いもあり、来季もレンタルに出されることが濃厚とされてきた。

しかし、スペインメディアは3枠のうちの一つに“空き”が出る可能性に注目している。

 2019年夏にFC東京から名門レアルに完全移籍した久保は、シーズン開幕直後にマジョルカへの1年間のレンタル移籍が決定。昨年11月10日のリーガ・エスパニョーラ第13節ビジャレアル戦(3-1)でスペイン初ゴールを挙げると、一度はベンチ要員に降格するも再びスタメンの座をつかみ、ここまでリーグ戦27試合で3得点2アシストをマークしている。

 レンタル期間が満了するシーズン終了後の去就が注目を集めているが、現在レアルから期限付き移籍している元ノルウェー代表FWマルティン・ウーデゴールの代わりに、レアル・ソシエダ行きとなる報道も出ている。

久保本人はレアルでのプレーを目標とし、スペイン紙「AS」で「あそこで居場所を勝ち取るのはとても難しいけど、しっかり練習し続けてチャンスを待つ。その機会が訪れた時には、それを無駄にしない」と力強く語っていた。

 レアルは現在、ブラジル人トリオのFWヴィニシウス・ジュニオール、FWロドリゴ、DFエデル・ミリトンが限られた3つの外国人枠を使用。

さらにイギリスのEU離脱の影響から、ウェールズ国籍のFWギャレス・ベイルがEU圏外選手となる可能性もある。これが久保の去就にも関係すると指摘されていたが、EU圏外枠を巡って状況が進展する可能性があるようだ。

 スペインメディア「ドン・バロン」は、「ビッグニュース! フロレンティーノに幸運。問題が一つ解決」と見出しを打ち、かねてからスペイン国籍取得の噂のあったヴィニシウスについてレポートしている。

ヴィニシウスがスペイン国籍を取得すれば、久保とレイニエルで争う外国籍枠が一つ空く

「フロレンティーノ・ペレスが最終的に将来へ向けた大きなニュースを手にするかもしれない。ヴィニシウスが他の将来を約束されている選手たちへ、レアル・マドリードのトップチームへの道を譲ることになる。

すでに決定は下され、ホワイトハウス(レアル)はヴィニシウスがスペイン国籍を取得するための適切な手続きをすることになる。7月にブラジル人選手が2021年にスペインパスポートを得るための手続きを始め、前向きに考えれば2020年終了前にそれが完了することもあり得る。

7月12日はヴィニシウスの誕生日で、スペインの首都で2年が経過する。マドリードはすでに出身国のパスポート、外国人のIDカード、出生証明、またCCSEテストおよびCCSES承認といった各種文書の準備を始めている」

 記事では、これが久保やU-23ブラジル代表MFレイニエルにも関係してくることに触れている。

「サン・ゴンサロ出身の若きアタッカーの申請が認められれば、レイニエルとタケフサ・クボの間で争われる外国籍選手の枠一つが空くことになる。2人とも来季(ジネディーヌ・)ジダン監督のチームでチャンスを得るためのレースを戦っている。

現時点ではラ・リーガでより多くの試合に出ている分、クボがリードしている。レイニエルにとってはカスティージャ(Bチーム)でプレーしただけで、ヨーロッパに適応しているところだけにすべてが厳しい状況。

しかし、次のプレシーズンでそれぞれが2020-21シーズンをどこで過ごすことになるかが決まる。残りの外国人枠はロドリゴとエデル・ミリトンで、まだ資格があるところまで達していない」

 久保の去就に関する報道は、今後一層過熱していくことになりそうだ。

6/22(月) 19:50 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/06e71eaa5b009755c553a953261da179239bacee

マドリーの伝説OBが辛口言及「ヴィニシウスに破格年俸の価値はない」 

20200526-00010005-sportes-000-1-view

<久保建英>レアル復帰へ追い風か?神童FWヴィニシウスがスペイン国籍取得で現地指摘「クボが恩恵」 

1: 2020/03/03(火) 19:35:52.21
レアルFWヴィニシウスがスペイン国籍取得へ、スペイン紙が“久保有利”を強調
 
マジョルカの日本代表MF久保建英にレアル・マドリード復帰の追い風が吹いているようだ。
レアルのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールがスペイン国籍取得の手続きを進めると見られ、スペイン紙「AS」は「クボが恩恵を受ける可能性がある」と伝えている。

「ヴィニシウスが国籍を求める」と報じたのはスペイン紙「AS」だ。“神童”として高い評価を受ける19歳アタッカーは、19年9月にブラジル代表デビュー。
昨季に続き、今季もレアルの一員としてプレーしている。1日の第26節バルセロナ戦(2-0)では貴重な先制ゴールを決める活躍を見せ、今季ここまでリーグ戦18試合に出場して2ゴールの結果を残している。

ヴィニシウスは今年7月に20歳となるなか、記事では「ブラジル人は夏に手続きを開始し、2020年末、または2021年初頭の手続きを検討」と報道。
ブラジル人選手は、スペインにおいて滞在期間が2年半を超えた場合、二重国籍申請が可能となる。その条件を満たす時期が近づくなか、ヴィニシウスはスペイン国籍取得の準備を進めるようだ。

クラブもバックアップする模様で、「マドリードは最近、カゼミーロ(ブラジル代表)やフェデリコ・バルベルデ(ウルグアイ代表)がそうだったように、選手を助けて助言をしている」と記している。

注目はEU圏外選手枠だ。1チームにつきEU圏外選手を3人まで登録可能で、ヴィニシウスがEU圏の選手扱いとなれば、EU圏外選手枠が一つ空く形となる。
スペイン紙は「ヘイニエル、またはクボが恩恵を受ける可能性がある」と指摘。レアル下部組織に所属する18歳ブラジル人MFヘイニエルのトップ昇格、または久保のレアル復帰の可能性が高まると見ているようだ。

「ヴィニシウスが残した席は、まだ未来が決定していないヘイニエル、またはクボに有利に働くだろう」
レアルからマジョルカに期限付き移籍中の久保。レアルの一員としてプレーする姿が見られるだろうか。


3/3(火) 19:01配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200303-00249571-soccermzw-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索