Samurai Goal

ヴィッセル神戸


スポンサード リンク





ヴィッセル神戸vs鹿島アントラーズ、渦中のイニエスタは出場するか?それとも欠場か? 

1: 2018/09/29(土) 14:27:10.35 _USER9
ヴィッセル神戸は29日、J1第28節で本拠地ノエビアスタジアム神戸に鹿島アントラーズを迎える。
16時のキックオフに先駆けて両チームの先発メンバーが発表され、MFアンドレス・イニエスタが2試合連続で登録メンバーから外れた。
イニエスタは23日に敵地で行われた第27節・浦和戦(0-4)もベンチ外。この試合前にDF高橋峻希が部外者に出場予定メンバー情報を漏洩していたと報道され、物議を醸していた。
なお、イニエスタの2試合連続ベンチ外は、スペインに一時帰国していた第19節・C大阪戦、第20節・FC東京戦以来となる。

no title

http://livedoor.blogimg.jp/ero_hentai/imgs/b/c/bc3db857-s.jpg

以下、両チームの出場メンバー
[ヴィッセル神戸]
先発
GK 18 キム・スンギュ
DF 25 大崎玲央
DF 3 渡部博文
DF 30 ティーラトン
DF 24 三原雅俊
MF 34 藤谷壮
MF 7 三田啓貴
MF 14 藤田直之
MF 16 古橋亨梧
FW 10 ルーカス・ポドルスキ
FW 17 ウェリントン
控え
GK 1 前川黛也
DF 2 那須大亮
DF 22 橋本和
MF 21 田中順也
MF 23 松下佳貴
FW 33 大槻周平
FW 50 長沢駿
監督
林健太郎

[鹿島アントラーズ]
先発
GK 1 クォン・スンテ
DF 22 西大伍
DF 39 犬飼智也
DF 28 町田浩樹
DF 32 安西幸輝
MF 6 永木亮太
MF 4 レオ・シルバ
MF 13 中村充孝
MF 30 安部裕葵
FW 8 土居聖真
FW 9 鈴木優磨
控え
GK 21 曽ヶ端準
DF 16 山本脩斗
DF 2 内田篤人
MF 20 三竿健斗
MF 40 小笠原満男
FW 14 金森健志
FW 18 セルジーニョ
監督
大岩剛

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-02195077-gekisaka-socc
9/29(土) 14:23配信

V神戸・リージョ新監督 “初采配”が決定!公式戦5連敗を新指揮官は救えるか? 

GettyImages-1038351174-800x534




1: 2018/09/28(金) 19:04:26.29 _USER9
J1神戸のリージョ新監督の“初采配”が濃厚になった。明治安田J1リーグ第28節第1日の29日、本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)に鹿島(勝ち点42)を迎える神戸(同36)。監督登録は間に合わなかったが、コーチとしてベンチ入りする。公式戦5連敗と苦しむチームを、新指揮官は救えるか。

 神戸の三木谷会長が「ポゼッションサッカーの開拓者」と評するリージョ新監督。17日の就任会見では「私たちが進んでいく道はおそらく、ゆっくりと歩きながら進んでいくものになる」と語ったが、チームに猶予はない状況だ。

 林監督が指揮した23日の浦和戦は0-4の大敗。連敗は止まらず、5連敗中は2得点14失点と攻守ともに崩壊し、順位は9位ながらもJ2自動降格圏の17位G大阪が勝ち点6差に忍び寄る。

 鹿島戦に向けては守りの修正に重点を置いてきた。副将のDF渡部も「カウンター、クロスへの対応。守備のベースを見直し、どれだけコンパクトにできるか」と語る。

 守備を固めても勝つには得点が必要だ。2カ月以上ノーゴールが続くFWウェリントンは「自信は常にある。(新体制の)最初の1勝が前に進むきっかけになる」と気合が入る。

(有島弘記)

9/28(金) 17:49 神戸新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000017-kobenext-socc

ヴィッセル神戸、イニエスタに“SNS注意喚起”!水族館の写真は試合時間外確認...  

f1b2e_1112_10c1d0e670b4d5a7a9b882b17452b638




1: 2018/09/28(金) 06:25:47.61 _USER9
神戸のスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が26日の練習前に行われた全体ミーティングの場で、他のチームメートとともにSNSの使用に関する注意喚起を受けていたことが27日、分かった。

 欠場した23日の浦和戦(午後6時・埼玉)の前に妻のアンナさんが、神戸市内の水族館で楽しむイニエスタら家族写真を自身のSNSに投稿した。

クラブはこの写真が23日の午前中に撮られたもので、試合時間に遊んでいたわけではないと確認。イニエスタは妻の投稿ということもあり、強化部からの注意喚起を聞くことにしたようだ。

 また同じく23日の浦和戦で、第三者にスタメンを漏えいしたとみられるDF高橋については、24日から練習には参加せず自宅謹慎していることが神戸のHPで発表された。

クラブは「第三者による調査を進めており、本人に聞き取り調査等を行っています」と途中経過を報告。現状では処分という意味での自宅謹慎ではなく、トラブルなどを避けるための措置だという。調査結果が明らかになり次第、発表される予定だ。

9/28(金) 6:08配信スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000021-sph-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180928-00000021-sph-000-2-view.jpg

【サッカー】<ヴィッセル神戸>ピッチ外でも新たな問題が浮上!故障欠場のイニエスタが水族館に!?試合直前に夫人がインスタアップ★3
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537870540/

【続報】神戸が情報漏洩問題の調査途中経過報告…DF高橋峻希の処分は? 

toto_ogp

神戸イニエスタ“大丈夫”?復帰メド立たず…29日鹿島戦微妙に 

1: 2018/09/27(木) 07:06:33.37 _USER9
スペイン代表MFイニエスタの29日の鹿島戦(ノエスタ)への出場が微妙になった。
15日のG大阪戦で痛めた右脚付け根の調子が優れず、神戸市内で行われた非公開練習には完全別メニューで参加。
実戦復帰のメドが立っていない現状に、暫定監督を務める林健太郎コーチ(46)は「彼に依存しすぎるのもあまり良いことではない。
いないならいないで割り切ってやるしかない」と苦しい表情を浮かべた。
その鹿島戦は“イニエスタ効果”もあり、チケットがホームでは5戦連続となる完売に迫っている。


J1神戸のイニエスタ先発落ち漏えい騒動で、関東リーグ2部・エリース東京は26日までに、同クラブのMF田仲智紀(28)がツイッターを通じて漏らしたことを明らかにし、公式サイト上で謝罪した。
23日の浦和―神戸戦で、浦和ユース時代の同級生に当たる神戸DF高橋峻希(28)からイニエスタ欠場を聞いたとされる田仲が、メンバー発表前にツイート。5分後に削除したが、情報が拡散する事態となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00000093-sph-socc
9/27(木) 6:09配信

no title

https://dethein.net/soccer/wp-content/uploads/2018/09/88717458.png
https://img.news.goo.ne.jp/picture/sportes/m_sportes-5552.jpeg
http://livedoor.blogimg.jp/kurrism/imgs/0/9/09fbf089.jpg

【続報】神戸DF高橋のスタメン漏洩調査!Jリーグの村井チェアマン「規約に抵触しかねない」 

img_6875c1cfe8ddc0732ebdf1e27a4a0e35326511
1: 2018/09/26(水) 06:24:24.89 _USER9
 J1神戸は25日、クラブの公式ホームページでDF高橋峻希(28)が浦和戦(23日)のメンバー発表前に部外者へ出場予定メンバー情報を漏洩していたとの報道を受け、調査を進めることを決定したと発表した。調査結果などについては改めて報告するとしている。

 浦和ユース時代の同級生が浦和戦前に自身のツイッターで高橋からの情報としてMFイニエスタの欠場を発信し、拡散されていた。

 Jリーグの村井チェアマンは理事会後の会見で「現状では神戸に事実確認を依頼したところで待っている状況」とした上で「一般論として規約に抵触しかねない」との認識を示した。

9/26(水) 6:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00000010-dal-socc

“J規約に抵触も”!?神戸「イニエスタ欠場」を試合前に漏洩か!?  

20180924-00340534-nksports-000-11-view

“イニエスタ不在”のV神戸、4失点大敗&リーグ戦4連敗で9位に転落...降格圏も迫る  

054ef176-c1b3-f10a-aa78-508d147b64fe





1: 2018/09/24(月) 00:46:27.18 _USER9
 「明治安田生命J1、浦和4-0神戸」(23日、埼玉スタジアム)

 神戸が4失点大敗し、リーグ戦4連敗を喫した。神戸の4連敗は2015年第2ステージ第10節から14節まで5連敗して以来。

 この試合は、神戸の元スペイン代表MFイニエスタ目当ての観客も多く、試合チケットは前売り段階で早々と完売した。しかし前節G大阪戦(15日・ノエスタ)で自ら途中交代を申し出るなど右脚付け根付近を痛めていたイニエスタの回復は思わしくなく、出場は見送られた。

 前節終了後の17日には吉田孝行監督を事実上の解任。フアンマヌエル・リージョ新監督の就任を発表した。リージョ監督の就労ビザ取得など環境が整うまでは林健太郎氏が暫定監督を務め、この試合でも指揮を執った。しかし状況は良化しない。

 前半23分にクリアボールを処理しきれず、浦和MF青木にミドルシュートで先制されると、42分にはFW興梠に2点目を奪われる。後半に入っても流れは変わらず8分にDF高橋からボールを奪った浦和MF武藤が3点目を決め、31分にMF長沢がヘッドで4点目と続いた。

 神戸は順位も浦和と入れ替わり9位に転落。勝ち点36は降格圏16位・柏の勝ち点30と6ポイント差しかなく、不安も立ちこめてきた。

9/23(日) 19:56配信 ディリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-00000112-dal-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20180923-00000112-dal-000-6-view.jpg


【サッカー】<Jリーグ/残留争いは大混戦! >次節で17位G大阪と11位磐田の立場が逆転する可能性も…なぜ大混戦が生まれたのか?
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537651577/

【サッカー】<お目当て”のイニエスタは欠場も…>埼玉スタジアムは大満員!今季最多の5万5千人越えの5万5689人!
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537705191/

“イニエスタ不在が影響!?”浦和大量4発爆勝!! 新体制神戸は惨敗スタート 

GettyImages-1017402976-800x533

【コラム】取材記者が思わずつぶやくイニエスタの人間性「どんだけ良い人やねん…」  

1: 2018/09/19(水) 19:58:55.39 _USER9
今年からサッカー担当になり早9か月が経った。もとは野球担当だったため、最初はサッカーのシステムはおろかルールすら怪しかったが、W杯やリーグ戦を経て徐々にその面白さが分かってきたところだ。

そんな中でも何よりラッキーなのが、担当するクラブのひとつであるJ1神戸に、今夏からスペイン代表のMFアンドレス・イニエスタ(34)が加入し、その世界的プレーヤーを取材する機会に恵まれたことだ。本人やその周囲から日々話を聞く中で「どんだけ良い人やねん…」と思わずつぶやきたくなった話の数々を紹介したい。

 イニエスタの持ち味は、吸い付くようなボールさばきと正確すぎるパスだろう。サッカー経験のほとんどない私から見ても、感動するレベルだ。そんな背番号8がチームに加わってから神戸の試合はホームはもちろん、アウェーでもチケットの完売が相次いでいる。クラブ関係者は「思っていた以上だった。ルックスがウリというタイプの選手でもないし、得点を決めるわけでもない。サッカーが分かる層には支持があると思っていたけど…」と驚きの色を隠せない。外見でもない、豪快なゴールでもない。そのドリブルひとつで、パスひとつでお客さんを呼べる、そのプレーが見たくてスタジアムが満員に埋まる、今の日本のサッカー界においては本当に貴重な存在といえるだろう。

 ピッチを出たイニエスタはとても真面目なナイスガイだ。1日の札幌戦では初めて北海道に上陸。その機内で用意された席はなんと他の選手と同様、エコノミークラスのシートだった。バルサ時代の移動はチームのプライベートジェット。それでもイニエスタは機内でDF藤谷らと笑顔で写った写真を自身のインスタグラムにアップするなど、文句を言うどころか、むしろ移動自体を楽しんでいたという。神戸とバルサで練習環境も大きく違いがあるはずだが、クラブ関係者は「不満は聞いたことがない。人間ができている。聖人君子(せいじんくんし)みたいな人」とその人柄を評す。

 これまでの数々の実績を勝ち誇ることもせず、異国の地でチームになじもうとする姿勢もハンパない。もともとはロシアW杯が終わり、休暇を取った8月からチームに合流予定だった。しかし「早くチームとして戦いたい」とほとんど休暇を取ることなく7月18日に来日。チームにすぐに合流し、22日にデビューを果たした。来日した翌日は神戸市内のクラブハウスで早速自主トレを行ったあと「帰ってくる監督や選手をここで出迎えたい」とアウェーの長崎から戻ってくるチームを待っていたという。チームに早く溶け込もうと、年上年下関係なく選手や関係者にも自分から積極的に話しかけ、帰り際には報道陣にも手を振ってくれる。そんな姿には思わず「どんだけ良い人やねん」と言いたくなる。

 ファンサービスにもその人柄がよく表れている。来日時の関西空港や、月に1回行われる公開練習の際など、クラブ関係者が「このへんで…」と止めても「まだ大丈夫」とファンにサインを続けることがよくある。あらかじめ予定されていた時間をオーバーすることもしばしば。8月26日の横浜M戦(ノエスタ)の後も、敗戦の悔しさから報道陣には無言を貫いたが、その後居合わせたファンに撮影を頼まれると、嫌な顔ひとつせず応じていた。目の前のファンを大事にしようという強い思いが伝わってきた。

 神戸は今、新監督にフアンマヌエル・リージョ氏(52)が就任することが決まり、大きな変革期を迎えている。その中心はもちろんイニエスタだ。来日して少し経った頃、イニエスタはこんなことを話していたという。「このチームは1000%良くなる。アジアを目指せるチームに1000%なる」と。その言葉が確かなら、現在は8位と悔しい結果が続いている神戸がこれからどのように変わっていくのか、楽しみで仕方ない。チームの変化とともに、今後もイニエスタの「どんだけ良い人」な一面はもちろん、様々な表情も伝えていけたらと思う。(記者コラム・筒井 琴美)

9/19(水) 16:03配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00000059-sph-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索