Samurai Goal

ヴィッセル神戸


スポンサード リンク





イニエスタのコメントがファン泣かせ『ポドルスキと一緒に神戸を良くしていく』 

1 2018/08/11(土) 21:47:27.67 _USER9
11日に行われた明治安田生命J1リーグ第21節で、ヴィッセル神戸とジュビロ磐田がノエビアスタジアム神戸で対戦。試合は2-1で神戸が勝利を収めた。

試合後、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがフラッシュインタビューに応じた。

試合は15分、イニエスタのゴールで神戸が先制した。これがJリーグ初ゴールとなるが、イニエスタは「とても喜んでいます」と語り、次のように続けた。

「でも大事なのは今日勝ち取った勝ち点3。これで上位での戦いを続けられることを喜んでいます」

イニエスタのJ初得点をアシストしたのは、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキだった。ポドルスキと公式戦でともにプレーするのは初めてとなる。ポドルスキの印象を聞かれてイニエスタは「ものすごいプレーヤーだと思います。彼と一緒に、このクラブをより良いものにしていきたいです」と回答。

そして「ファンの皆さんも楽しんでいただけたと思うので、明日はしっかり休んで、次の試合に向けてまた準備をしていきたいと思います」と語り、「ファンの皆さんがゲームを楽しめたこと、そして勝利をプレゼントできたことを喜んでいます。このまま勝ち続けて上位に残ることを願っています」と続けた。

次節はホームに首位・サンフレッチェ広島を迎える。イニエスタも「次の試合は1位との試合なので、難しい試合にはなります」と、気を引き締める。しかし、こう続けた。

「僕たちの最高のプレーを見せることで、このホームスタジアムであれば、勝てるのではないかと思います」

そしてインタビューの最後に、日本語で「アリガトウゴザイマス」と語り、ファンの声援に応えた。

8/11(土) 21:35配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000025-goal-socc

写真
no title

長友佑都「もう笑いが出たわ」“イニエスタ&ポドルスキ”コンビに唖然!! 

キャプチャ

 サッカーのJ1神戸は11日、磐田戦で元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが待望のJ初ゴールを決めた。初共演となった元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキとのコンビネーションで奪った待望のゴール。日本代表DF長友佑都は「もう笑いがでたわ」と唖然のツイートを発信している。

 ついにこの時が訪れた。前半15分。右サイドから攻め込んだポドルスキの縦パスをイニエスタが受けると、キレキレの反転で相手DFを置き去りに。GKも華麗に交わし、ゴールネットを揺らしてみせた。Jファンが熱狂した一瞬。遠くトルコにいる日本代表DFも反応した。

 長友は「ポドルスキからイニエスタ。ポドルスキのパススピード、イニエスタのトラップ。もう笑いがでたわ。。」とツイートし、唖然とした様子が伝わってくる。それほどインパクトの強い一撃となった。


THE ANSWER編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180811-00033148-theanswer-socc

“イニエスタゴール”に香川真司もTwitterで即反応!! 

2fd37fb4711c20b6824f034724fde4ef_content
 ドルトムントの日本代表MF香川真司が11日に自身のツイッター(@S_Kagawa0317)を更新し、同日にJリーグ初得点を挙げたヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタに感嘆の言葉を漏らした。

 J1第21節でホームに磐田を迎えた神戸は前半15分、FWルーカス・ポドルスキのラストパスを受けたイニエスタが華麗なターンでDFをかわすと、GKとの1対1も制して先制ゴールを記録。2大スターの共演にスタジアムは大きく沸いた。

 ドルトムントで開幕に向けたプレシーズンを過ごしている香川は、この試合を観戦していたのか、イニエスタの得点直後にツイッターで「イニエスタ…」と一言。元スペイン代表MFのJリーグ初ゴールにすぐさま反応した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-01662710-gekisaka-socc

V神戸“スタメン外国人6人”遂にこの時が訪れる!!サポじゃなくても観たい! 

45367_ext_04_0
1 2018/08/11(土) 17:16:29.21 _USER9
サッカーJリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ選手(34)と、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ選手(33)の初共演が確定した。11日午後7時から本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)で始まる明治安田J1リーグ第21節、ジュビロ磐田戦の先発メンバーにそろって名を連ねた。試合開始約2時間前に発表された。

 家族を伴って再来日したイニエスタ選手は7月28日の柏レイソル戦以来、3試合ぶりの出場。左足甲の骨折などで離脱していたポドルスキ選手は5月2日のFC東京戦から約3カ月ぶりの試合復帰となった。

 観戦チケットは磐田戦の2週間前に完売。大観衆を前に、かつてワールドカップを制した2大スターが、どんなプレーを見せてくれるのか。サポーターの熱気は極限まで高まっている。

 また、神戸の外国人6選手全員がメンバー入りした。(有島弘記)

8/11(土) 17:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000013-kobenext-socc

【画像】イニエスタの生活感満載の光景が話題にww 

138_20180803_805596_001

1 2018/08/11(土) 08:01:43.79 _USER9
 神戸がJリーグ史上初めて外国人6人を同時起用する可能性が出てきた。11日の磐田戦(ノエスタ)に向け、10日に神戸市西区で非公開調整。8月に加入した新助っ人のカタール代表DFヤセルに関して、吉田監督は「まだコンディションは厳しい状況だけど(出場は)なくはない」とメンバー入りさせる可能性を示唆した。

 神戸は、外国人枠としてスペイン代表MFイニエスタ、元ドイツ代表MFポドルスキ、FWウェリントンを登録。アジア枠の韓国代表GK金承奎(キムスンギュ)、そして外国籍選手としてカウントされないJリーグ提携国枠のタイ代表DFティーラトンとヤセルも含めた6人は、全員のベンチ入り、および同時起用が可能だ。

 復帰明け初戦となるポドルスキは、イニエスタと左右のインサイドハーフとして先発出場する可能性が出てきた。「後ろから見ていても、スルーパスが右からも左からも出てくる」と語るのはDF渡部。外国人6人に、世界一経験者2人によるダブル司令塔。神戸がJリーグに新たな歴史を刻む。

8/11(土) 6:00配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000051-spnannex-socc

写真
no title

Jリーグ初の実現!?ヴィッセル神戸『6人同時』外国人選手の起用はありえるのか 

45367_ext_04_0
1 2018/08/10(金) 04:05:22.33 _USER9
ヴィッセル神戸が6人目となる外国籍選手の獲得を発表した。
8月8日、神戸は、カタールのアル・ドゥハイルSCからDFアフメド・ヤセルが期限付き移籍で加入することが決まったと発表した。

カタール代表でもある24歳のヤセルは、Jリーグ史上初のカタール人選手となる。
昨季はアル・ドゥハイルSCからスペイン2部のクルトゥラル・レオネサに期限付き移籍し、6試合出場・1得点という結果で、
1月には再びカタール・スターズリーグへ戻り、アル・ラーヤンへ期限付き移籍していた。

「Jリーグ初のカタール人選手として、ヴィッセル神戸のような素晴らしいクラブの一員になれたこと、
本当に嬉しく思っています」とクラブ公式サイトを通じてコメントしたヤセルは、前述の通りチーム6人目の外国籍選手となるが、
神戸にはこの6人の外国籍選手全員が同時にピッチ上に立つ可能性があるのだ。

神戸には外国籍枠選手として、昨季から所属する元ドイツ代表FWのルーカス・ポドルスキのほか、
今季移籍加入したブラジル人FWのウェリントン、そして今夏鳴り物入りで加入した元スペイン代表のアンドレス・イニエスタがいる。

アジア枠では、3年目を迎える韓国人GKのキム・スンギュが在籍。

さらに、出場制限のない提携国枠の選手として、タイ人DFのティーラトンが今季開幕前にムアントン・ユナイテッドからの期限付き移籍で加入しており、
計5人の外国人選手が在籍し、全員が同時にピッチに立つ可能性を有していた。

そして今回、Jリーグとの提携国であるカタール国籍のヤセルが加入したことで、
神戸はJリーグのルールに則ったうえで、6人の外国人選手を同時に起用する権利を得たことになる。
チームの過半数が外国人選手で占められれば、Jリーグでは初めてのシチュエーションが誕生することとなる。

ヤセルは8月8日にチームに合流しているが、果たして11日のホーム磐田戦での出場はあるのか?
磐田戦では吉田孝行監督が怪我から復帰したポドルスキの起用を示唆し、この試合からイニエスタの復帰も確実。

キム・スンギュ、ティーラトンはチームにとって不可欠な存在となっているだけに、あとはヤセルが出場すれば……。

ポドルスキ&イニエスタの共演が注目される一戦で、日本でもJリーグ発足以来、初めての衝撃的な光景が見られるかもしれない。



イニエスタ効果といえども「チケット完売」ってマジでありえるの!? 

img_729a8288ca8633c3f7c697886943374066495
1 2018/08/08(水) 20:42:54.15 _USER9
ヴィッセル神戸は7日、今月15日に行われる明治安田生命J1リーグ第22節サンフレッチェ広島戦のチケットが完売したと発表した。

 神戸と広島の一戦はノエビアスタジアム神戸にて19時キックオフ予定。神戸は7日、「このたび、全席種が販売予定数に達し、チケット完売となりました。
観戦を予定されていた方は、大変申し訳ありませんが、他のホームゲームでのご来場をお待ち申し上げます」と公式HPにて報告した。

 なお神戸は11日に行われる明治安田生命J1リーグ第21節ジュビロ磐田戦のチケット完売もすでに発表。ホームゲームのチケットが2試合連続で完売することとなった。
今月1日の明治安田生命J1リーグ第19節セレッソ大阪戦、5日の第20節FC東京戦と、アウェイでの2試合もチケットが完売。リーグ戦4試合連続での完売となっている。

 神戸は元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが先月28日の明治安田生命J1リーグ第18節柏レイソル戦でデビュー。
以後はスペインに一時帰国していたため、2試合連続で欠場したものの、11日の磐田戦での復帰が有力視されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00807935-soccerk-socc

イニエスタが“超一流”と呼ばれる大きな理由『ボールを持っていない時』 

GettyImages-1007116496-1-thumb-500xauto-206876
1 2018/08/08(水) 20:16:51.41 _USER9
福田正博 フォーメーション進化論

イニエスタのプレーを目の当たりにして感じたのは、「判断が正確で速い」ということ。高度なテクニックに目を奪われがちだが、うまいだけの選手は世界中にごまんといる。
彼がバルセロナやスペイン代表で輝きを放ち続けてきたのは、技術力だけではなく、「圧倒的な判断能力の高さ」があるからということを見逃さないでもらいたい。

イニエスタがすばやく、かつ正しい判断ができるのは、ボールをもらう前に頻繁に首を振って味方選手と敵選手の位置をチェックし、多くの情報を収集しているからだ。

スタジアムで観戦する時は、ボールを持っていない時のイニエスタの体の向きを注意深く観察してもらいたい。
体の向きが悪いと視野を確保できなくなるため、イニエスタはこまめに体の向きを変えている。
ボールのないところでの準備にこそ、彼が超一流である秘密があるのだ。

そうやってプレーの選択肢をたくさん持ったなかで、イニエスタがボールを受けたときに最初に選択するのが、『縦パスを入れる』ことだ
。これはサガン鳥栖に加入したフェルナンド・トーレスにも共通するが、彼らは得点するためには、縦パスを入れなければチャンスが生まれないことを知っている。

だが、Jリーグでは、こうした『縦パスを入れる』プレーが実は少ない。

Jリーグでは、相手陣内での横パスやバックパスが圧倒的に多く、これは、選手が「チャレンジする」よりも、「ボールを失わない」ことを優先してしまうからだろう。

日本では、ポゼッションサッカーというのは、パスをしながらただひたすらボールを保持することと勘違いしている人もいるのではないか。
何のためにボールを保持するのかを考えたとき、本来、得点を奪って勝つためのポゼッションなのだが、
Jリーグでは「ボールを保持すること」それ自体が目的になってしまっているケースが見られる。

つまり、欧州のトップと比べると、Jリーグはボールを失うことを恐れて横や後ろにばかりパスをする傾向が見られる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180808-00010002-sportiva-socc
8/8(水) 9:50配信

“イニエスタ&ポドルスキ”念願の合流!!磐田戦に夢のコンビで登場か! 

キャプチャ
J1神戸は8日、冒頭約20分間をメディア公開としてトレーニングを行った。

今夏新加入し、一時帰国から5日に再来日したMFアンドレス・イニエスタ(34)と、左足内側楔状(けつじょう)骨剥離骨折で長期離脱していたFWルーカス・ポドルスキ(33)が初めてそろって全体練習に参加した。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000526-sanspo-socc

“多国籍軍の完成か”ヴィッセル神戸、アフメド・ヤセルの背番号を発表!! 

GettyImages-829454140-800x533
ヴィッセル神戸は8日、アル・ドゥハイルSC(カタール)に所属する同国代表DFアフメド・ヤセルの期限付き移籍加入が決まったと発表した。移籍期間は今季終了までで、背番号は「5」。

アフメド・ヤセルは1994年生まれの24歳。身長182センチメートルのDFで、2011年からアル・ドゥハイルSCに所属している。

昨年7月から今年1月まではクルトゥラル・レオネサ(スペイン)、今年1月から7月まではアル・ラーヤン(カタール)にレンタル移籍で加入していた。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00807937-soccerk-socc


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索