Samurai Goal

ヴィッセル神戸


スポンサード リンク





Jリーグの“経営ランキング”発表 3位ヴィッセル神戸、2位川崎フロンターレ、1位浦和レッズ 

dk_j_0




1: 2020/10/08(木) 09:17:12.13 _USER9
 デロイト・トーマツ・グループのスポーツビジネスグループは、Jリーグに所属するJ1、J2、J3全クラブを対象に、経営面から分析した「Jリーグマネジメントカップ 2019」を発表した。その結果、J1は浦和レッドダイヤモンズ、J2はV・ファーレン長崎、J3はギラヴァンツ北九州がそれぞれ首位となった。

経営面から分析した「Jリーグマネジメントカップ 2019」の結果は?(写真提供:ゲッティイメージズ)
 「Jリーグ マネジメントカップ」は、デロイト・トーマツが14年から発行しているランキングで、今回が5回目。20年7月に公表された55クラブの19年の財務情報などをもとに、「マーケティング」「経営効率」「経営戦略」「財務状況」の4つの視点で分析した。ランキングはそれぞれの指標となる計13のKPI(重要経営指標)を、J1、J2、J3の部門ごとに数値化し集計したもの。

 J1首位の浦和は、経営戦略分野で1位を獲得。2位の川崎フロンターレとわずか1ポイント差で2年ぶり4度目の優勝となった。浦和は入場料収入で川崎に倍近くの金額差をつけるほど、スタジアムに足を運ぶ熱心なファンが多い点が特徴。コロナ禍により各チームの集客が厳しいなか、スタジアム外でもサポーターに後押ししてもらえる仕組みを、いかに作るかが喫緊の課題となっている。

 J2首位の長崎は、マーケティング分野、財務状況分野で4位、経営戦略分野で1位タイとなったものの、経営効率分野では12位と課題を残した。20年はジャパネットたかたの創業者でもある高田明社長が退任し、後任に高田氏の長女である高田春奈氏を就任させている。Jリーグ唯一の女性社長のもと、経営効率分野をいかにして改善していくのか。今後の動向に注目が集まっている。

phot
 J3で首位となった北九州は、マーケティング分野、経営戦略分野、財務状況分野で1位、経営効率分野で2位と全分野で好成績を収め、18年に続いて2連覇を果たした。19年のシーズンは、リーグ順位でも首位を獲得。デロイト・トーマツは「取り組んできた組織再編とマインドチェンジというビジネスマネジメントの施策の効果が具体化し、フィールドマネジメント面にもそれが波及した」と分析している。

 20年のシーズンは、新型コロナウイルスの影響により、スポンサー収入や入場料収入の確保に不安を抱えるクラブが多い。各クラブには、コロナ禍における新たな収益源の確保が求められている。

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2010/06/news088.html

何がどう変わった? ヴィッセル神戸が三浦淳寛氏に緊急監督交代してから連続完封勝利を成し遂げた理由 

スクリーンショット 2020-10-02 14.08.31

<ヴィッセル神戸>アギーレ氏ら候補浮上の新監督との交渉が最終段階と明かす。次節26日の前に発表も 

no title




1: 2020/09/23(水) 23:20:53.74 _USER9
22日にトルステン・フィンク監督(52)の電撃退任を発表した神戸の立花陽三社長(49)が23日、神戸市内で取材に応じ、新監督との交渉がすでに最終段階に入っていることを明かした。

立花社長は冒頭「ファンやサポーターを失望させてしまったことはクラブとして申し訳ないと思っています。クラブを代表して謝りたい」と謝罪。
退任理由は「家族の事情」と改めて説明し、3月に新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け帰国ができなくなった頃からフィンク氏との話し合いは始まっていたという。

新監督について具体名を出すことは避けたが「大詰めまで来ている。(26日の)札幌戦までに皆さんに報告できるよう準備している」と立花社長。

後任候補に浮上している元日本代表監督のハビエル・アギーレ氏(61)に関しては「この発言が憶測を呼んでしまう。サインするまでは何が起こるか分からない。
具体的な名前はお話しできないし、いま最終段階に入っているということだけはお伝えさせていただく」と否定も肯定もしなかった。

スポーツ報知 / 2020年9月23日 20時23分
https://news.infoseek.co.jp/article/hochi_20200923-OHT1T50221/

監督交代の神戸 立花社長が謝罪「クラブとして申し訳ない」 成績不振との関係は「一切ない」

神戸の立花陽三社長(49)は23日、ホーム鳥栖戦の前にノエスタで報道陣の取材に対応し、トルステン・フィンク監督(52)が退任したことについて「申し訳ありませんでした」と謝罪した。
現在8試合連続未勝利と苦しむ中、鳥栖戦の前日に電撃的に退任が発表された。元日本代表MF山口が「なかなか整理がつかない」と語ったように、チーム内にも動揺が走ったことは確か。
4年連続となるシーズン途中での監督交代に関して、立花社長は頭を下げた。

「ファン、サポーターの方が失望するニュースになってしまったこと。クラブとして申し訳ないし、残念だったと思っている。クラブを代表して謝りたい。大変申し訳ありませんでした」。
退任の理由として、改めて「家庭の事情」と説明した同社長。成績不振との関係性は「一切ありません」と続けた。

スポニチアネックス / 2020年9月23日 18時12分
https://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20200923_0176/

<ヴィッセル神戸>新監督にアギーレ氏浮上!今季J1で初の指揮官交代.. 今季で4年連続監督交代 

1: 2020/09/23(水) 20:38:34.55 _USER9
元日本代表監督のアギーレ氏

 神戸は22日、トルステン・フィンク監督(52)が21日付で退任したことを発表した。クラブによると監督の意向を受けての退任で、フィンク氏はクラブを通じ「家族のもとに戻る決断をした」と理由を語った。今季J1では最初の監督交代で、神戸のシーズン途中での交代劇は4季連続。後任候補には元日本代表監督のハビエル・アギーレ氏(61)が浮上した。

 J1後半戦のスタート前日という異例のタイミングでの電撃退任発表だった。クラブによると、フィンク氏は21日までにクラブに意志を通達。22日夕方からの練習を前に選手らに別れのあいさつをしたという。セバスチャン・ハーンヘッドコーチ(44)、モラス雅輝アシスタントコーチ(41)、ニコラ・ヴィドヴィッチフィジカルコーチ(55)の契約解除も発表された。

 ドイツ出身のフィンク氏は昨年6月、神戸監督に就任。天皇杯を制してクラブに史上初のタイトルをもたらし、2月のゼロックス杯も手にしたが、現在リーグ戦は7試合未勝利中だった。

 単身で来日。今年はコロナ禍もあり、家族と離れた生活はストレスだったとみられ、今月中旬にドイツメディアが今季限りで退任し欧州に戻る可能性があると報道した。その際は「誤解がある。『家族に会いたい』と(取材に)伝えただけ」と否定したが、この日発表のリリースでは「家族のもとに戻る決断をしました」と胸の内を明かした。

 23日の鳥栖戦(ノエスタ)はマルコス・ビベスアシスタントコーチ(45)が暫定的に指揮を執る。練習後、リモート取材に応じたMF山口は「さっき(退任を)聞いたばかり。なかなか整理するのが難しい」と動揺を隠せなかった。

 クラブは後任を未定としたが、関係者によると元日本代表監督のアギーレ氏が候補に挙がっている。母国メキシコの代表監督として2度のW杯16強入りを果たした名将。14年8月に日本代表監督に就任も、スペイン・サラゴサ監督時代の八百長疑惑が原因で翌年2月に解任され、日本を去っていた。昨季は同1部レガネスで監督を務めたが、チームの2部降格で退任している。アギーレ氏が有力だが、Jクラブ監督に必要なS級ライセンスを持つ三浦淳寛スポーツダイレクター(SD、46)が指揮を執る可能性もあるという。

 ◆近年の神戸の監督交代劇 神戸は過去にも監督交代が繰り返されてきた歴史があり、今季で4年連続となる。17年は3年目だったネルシーニョ監督(現柏)との契約を成績不振を理由に8月に解除し、後任に吉田孝行ヘッドコーチを昇格。18年9月には“バルセロナ化”に向け、かつてバルセロナを率いた世界屈指の名将・グアルディオラ氏(マンチェスターC監督)が師と仰ぐリージョ氏を招へいしたが、19年4月に突如退任した。以降は吉田前監督を再登板させた後、同6月からフィンク監督が就任した。

 ◆トルステン・フィンク 1967年10月29日、ドイツ・ドルトムント市生まれ。52歳。83年にドイツ1部ドルトムントとプロ契約を締結。97年に移籍したバイエルンでは、守備的MFとして欧州CL制覇や4度のリーグ優勝を経験。06年の現役引退後はバーゼルやハンブルガーSVなどで指揮を執り、バーゼルではスイスリーグ2連覇。ザルツブルクでコーチを務めていた際は現役時代のG大阪・宮本恒靖監督を指導した。

9/23(水) 4:30 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/1c0eb5df9469bb6af2ba04d2100d1aa6dbb8f302

写真
no title

なぜヴィッセル神戸のフィンク監督は電撃退任したのか…4年連続監督交代の異常事態の背景にある問題点 

スクリーンショット 2020-09-23 10.40.56

<ヴィッセル神戸>フィンク監督の電撃退任を発表「このクラブの監督であったことを誇りに思います」 

1: 2020/09/22(火) 17:47:22.66 _USER9
ヴィッセル神戸は22日、トルステン・フィンク監督(52)が21日付で退任したと発表した。クラブによると、監督本人の意向によるものだという。後任は発表されていない。

フィンク監督はクラブを通じて「神戸で素晴らしい時間を過ごせました。二つのタイトルという成功を収めることもできました。
これは歴史に残ることですし、我々を永遠に結びつけるものです。この街、このチーム、そしてこのサポーターに別れを告げるのは簡単ではないですし、非常に寂しく思います。

我々は一つになって大きな目標を達成することもできましたが、私は家族の下に戻るという決断をしました。まだリーグ戦でも良い結果を残せると思いますし、
アジアチャンピオンズリーグという大きな大会もまだあるので、今後の幸運を祈ります。遠くからも見守るつもりですし、応援しています。このクラブの監督であったことを誇りに思います」とコメントしている。

フィンク監督は昨年6月から監督に就任。今年1月1日には天皇杯優勝に導き、クラブに初のタイトルをもたらした。
なお、セバスチャン・ハーンヘッドコーチ、モラス雅輝アシスタントコーチ、ニコラ・ヴィドヴィッチフィジカルコーチもあわせて契約解除となった。

9/22(火) 17:19配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/03d8556b3063a0266254a0ecd44ce696a76e65f0

写真
no title


【サッカー】<神戸フィンク監督>日本サッカーを称賛!「日本のサッカーは戦術的に優れている」 欧州に連れていくなら「攻撃的な選手」 [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1600432406/

<ヴィッセル神戸>6失点大敗にフィンク監督「0-6で1度負けた方が、0-1で6度負けるよりは次に向けていい」 

1: 2020/09/02(水) 22:43:42.60 _USER9
<YBCルヴァン杯:神戸0-6川崎F>◇準々決勝◇2日◇ノエスタ

昨季の天皇杯王者ヴィッセル神戸が、大会2連覇を狙う川崎フロンターレに惨敗を喫した。8月26日のJ1リーグ戦は互いに譲らない、2-2の白熱の引き分け。わずか1週間で同じ対戦カードとは思えない、神戸の姿だった。
試合後の会見で、フィンク監督は肩を落とすしかなかった。

「こういった大差負けでカップ戦が終わったのは、非常に残念。前半の序盤でパスミスなどが多すぎて、相手をゴールに招待している状態だった。うまく乗り越えて、先にあるもの(J1リーグ戦やACL)に集中しないといけない。
0-6で1度負けた方が、0-1で6度負けるよりは次に向けていい」

前半から自陣で球を喪失したり、パスカットもされた。対人プレーで競り勝つ部分も少なく、0-3で折り返した。だが、後半1分にはGK飯倉のミスから失点してしまい、事実上勝敗は決まった。
自身も決定的な場面で球を失う場面があったMF山口は、声を振り絞った。

「川崎Fは全員が球にかかわり連動していた。うちはサポートがなく、孤立する場面が多かった。基本的に0-3だったので、後半は前から点を取りにいく中で、ミスからの失点は想定外だったし、うまくリズムに乗れなかった。

自分たちを見つめ直すことがたくさんある」

FW藤本も「うちがやりたいことを全部やられた感じ。前からのプレスもはまななかったし、相手ははまってショートカウンターでやられた。
(1週間前の)J1リーグ戦は、自分たちが優位に立って試合を運べて、いい部分をたくさん出た試合だったのに」と悔しがった。

今回はタイトルに直結するトーナメント初戦だっただけに、右足首を痛めて欠場が続いていたMFイニエスタを公式戦4試合ぶりに復帰させた。だが4点を追う後半途中からの出場では効果はなかった。
後半ロスタイム、イニエスタがFW古橋に縦パスを通したが、そこから連動ができなかった。指揮官によると、イニエスタが先発しなかったのは、フィットネスに不安があったからという。

これでホームでは公式戦6試合勝ちがない。J1リーグ戦とこの試合で、最近9試合で23失点という守備の崩壊が目立つ。
「ハーフタイムでは、1点ずつ取っていこうと思っていた中で、後半の頭で0-4になると、できることはなかった。

過密日程なので選手を休ませるか、誰かを入れ替えるか、ということを考えていた」とフィンク監督。不毛な時間を耐えしのぐしかなかった。
J1リーグ戦の次々節9月9日には三たび、川崎Fと対戦する。3週連続の水曜日対決は、神戸のプライドを懸けたリベンジ戦になる。【横田和幸】

9/2(水) 22:30配信 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/a6d1e8adaeae99bec1398a76a4f9cab1cc5e355f

写真
no title

<ヴィッセル神戸>メッシ獲得「想像したことはあるけど」「現実的ではない」 

スクリーンショット 2020-08-27 6.52.33




1: 2020/08/26(水) 22:49:33.68 _USER9
スペイン1部バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)が退団の意向を示し、新天地候補の一つにJ1神戸が挙がっていると海外メディアが報じていることを受け、神戸の強化部門を統括する三浦淳寛スポーツダイレクター(SD)は26日、「想像したことはあるけど、(獲得は)現実的ではない」と話した。

 「バルサ化」を掲げる神戸は、2年前のMFイニエスタをはじめ、FWビジャ(引退)、MFサンペール、DFフェルマーレンと、バルセロナ所属経験のある選手4人を相次いで獲得している。

 史上最多6度の最優秀選手賞「バロンドール」を獲得しているスーパースターのメッシについて、三浦SDは「誰だって見たいと思う選手」と話す一方、28日に迫る夏の移籍期間での選手加入については「ないです」と断言。現有戦力で戦っていく意向を示した。

8/26(水) 19:01 神戸新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/5e4e634508c681e038138708c89b08a076b39162

<Jリーグの“銀河系軍団”>ヴィッセル神戸は大物争奪戦に勝算あり!?カギは新型コロナ感染者数... 

1: 2020/06/09(火) 21:36:25.36
新型コロナウイルス禍が大物路線の成否を分ける――。J1神戸はこれまで元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)を始め世界的スター選手を続々と獲得した。今季も大物助っ人を狙っているが、中東のカタールや米メジャーリーグサッカー(MLS)の強豪クラブが豊富な資金力を武器に横やりを入れてシ烈な争いになっている。Jリーグの“銀河系軍団”に勝算はあるのか。

 神戸は昨季限りで元スペイン代表FWダビド・ビジャ(38)が引退、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(35)がトルコ1部アンタルヤスポルに移籍と大物助っ人2人が退団。攻撃の穴を埋めるべく、今夏の欧州移籍市場での次なる大物獲得へ向けて動いている。

 そうした中、相思相愛とみられていた元スペイン代表MFダビド・シルバ(34=マンチェスター・シティー)について、英紙「ミラー」はカタール1部の強豪アルドハイルが獲得に動いていると報じた。同クラブは昨年2月に日本代表MF中島翔哉(25=ポルト)を3500万ユーロ(約43億円)という破格の移籍金で獲得したように、オーナーであるカタール王室の資金力は無尽蔵と言われている。

 また、同じく神戸移籍がウワサされていた元ドイツ代表FWマリオ・ゴメス(34=シュツットガルト)に関して、ドイツ紙「シュツットガルターナハリヒテン」は「米国で自らのキャリアを終わらせるべく、複数のオファーは受けているようだ」と報道。カタールやMLS勢は他にも神戸が狙う選手で競合しているとみられ、水面下で激しい火花が散っている。

 それでは神戸に勝算はあるのか。欧州事情に詳しい代理人は「もちろん条件面はあるが、今はコロナの状況によるところも大きいのでは。やはり家族も含め環境面は重要視するはず」と分析する。

 8日時点での累計感染者数は米国が194万2363人、カタールが7万158人で、日本の1万7174人と比べると格段に多い。先進国の中でも突出している日本の“安全な環境”は欧米でも話題になっており、スター選手たちが新天地を選ぶ大きな要因の一つになりそう。そうなれば、待遇と環境の両面でアピールできる神戸が今後争奪戦を有利に運べるという見方は強い。

 仮にシルバやゴメスの獲得がかなわなくても、次なる大物が神戸のオファーに興味を示す可能性は高い。世界のビッグクラブが選手側に減俸を提示するような厳しい時代だが、資金力に陰りが見られない神戸は、まだまだ世界の移籍市場をにぎわせてくれそうだ。


6/9(火) 16:40 東京スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/a199af39d5c2838c51e8e0e79452cb2fec85b7c4

写真
no title

コロナ感染のJ1ヴィッセル神戸・酒井高徳が退院…2回のPCR検査で陰性 

20200425-00010040-chuspo-000-1-view




1: 2020/04/25(土) 17:41:03.92
 Jリーグのヴィッセル神戸は25日、新型コロナウイルスに感染して入院していた酒井高徳選手(29)が退院したと発表した。2回のPCR検査で陰性判定となった。

 チーム発表による酒井の経過は次のとおり。

 ▽3月25日(水) 夜中から体調不良(38・0度の発熱)を訴える。

 ▽3月26日(木) トレーニング欠席。体温37・6度。頭痛、鼻閉感があり、兵庫県内の病院で検査を受けたところ「急性上気道炎」の診断。

 ▽3月27日(金) 朝の体温37・3度で夜に再び発熱38・0度。頭痛、咽頭痛あり。

 ▽3月28日(土) 体温35・8度で頭痛軽度、においを感じない症状。医師の助言を受けて同日午後2時に兵庫県内の病院でPCR検査を実施。

 ▽3月30日(月) 午後5時にPCR検査の陽性判定が出る。

 ▽4月25日 兵庫県内の医療機関を退院。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200425-00010040-chuspo-socc
4/25(土) 17:36配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索