Samurai Goal

ヴィッセル神戸


スポンサード リンク





元バルサDFアドリアーノ、神戸移籍承諾とトルコ紙 

20181115-00393125-nksports-000-7-view

神戸指揮官リージョが語るJリーグの問題とは?「ショウガナイ」という表現があるが… 

20181113-00000002-goal-000-4-view

イニエスタが明かす日本への移籍理由…奥様との秘話も「命に関わるような一目惚れだった」 

20181113-00010000-goal-000-1-view

神戸またひとり大物獲得か?オファー提示でブラジル代表経験のある“元バルサDF”の移籍が加速  

1: 2018/11/05(月) 19:23:21.01 _USER9
近年積極補強を行うJ1のヴィッセル神戸が、またしても大物選手の獲得を実現させようとしているようだ。

昨夏に元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキを、今夏に元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを獲得した神戸。さらにチームが不調に陥ると、今年9月にはスペイン屈指の戦術家として知られ、あの名将ジョゼップ・グアルディオラが最も影響を受けた指導者のひとりとして名前を挙げているフアン・マヌエル・リージョ氏を招へいし、さらなる強化に努めた。

まだ新体制が始まったばかりで、指揮官が理想とするポゼッションサッカーには程遠いであろう。ただ、そんなチームスタイルをさらに向上させるため、神戸の次なるターゲットとして元バルセロナDFアドリアーノが浮上。先日トルコメディアなどが「神戸がアドリアーノの獲得を熱望としている」と報じていたが、この移籍話に進展があったようだ。

トルコ紙『Hurriyet』によると、すでに神戸の関係者と同選手の代理人が面会し、シーズン終了後の正式オファーも提示。アドリアーノ側も前向きで、所属クラブとの契約を終了する方向で話が進んでいるという。

2010年から2016年にかけてバルセロナに在籍し、ブラジル代表でのプレイ経験もある34歳のアドリアーノ。バルセロナ退団後は戦いの舞台をトルコへ移し、ベシクタシュでプレイしている。新天地でもチームの主力として活躍しているが、今季限りでチームとの契約が満了を迎えフリーになるため、そこに目をつけた神戸が獲得を狙っていた。

この移籍が実現すれば、神戸の“バルサ化”がより一層進みそうだ。今後の動向にも目が離せない。

2018年11月5日 18時40分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15551226/

写真
no title

イニエスタの“20mループパス”に世界騒然!「日本で魔法を唱えた」スペインメディアも興奮 

1: 2018/11/04(日) 13:53:16.19 _USER9
イニエスタが相手守備陣を翻弄するループパスでポドルスキのゴールを演出
no title


https://amd.c.yimg.jp/amd/20181104-00000003-goal-000-4-view.jpg

 ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、3日に行われたJ1第31節の名古屋グランパス戦でセンセーショナルなループパスを披露し、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキのゴールをアシストした。このワールドクラスのプレーに、世界からも注目が集まっている。

【関連動画】神戸MFイニエスタが“魔法のアシスト”で魅了! 圧巻の20mループパスに称賛の嵐「史上最高に華麗」
https://www.football-zone.net/archives/145771/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=145771_6

 天才司令塔が度肝を抜くプレーを見せたのは、0-0で迎えた前半10分だった。敵陣中央でボールを受けたイニエスタはブロックを築く相手守備陣の位置を見極めると、空中高く浮かした右足のループパスを選択。相手守備陣の足を一瞬止めると、裏に抜け出したポドルスキが左足のダイレクトボレーをゴール左に流し込み、先制点を奪った。

 この見事なアシストに、海外メディアもこぞって反応している。母国のスペイン紙「マルカ」は「イニエスタが日本で魔法を唱えた」と報じると、スペイン紙「AS」も「バルサでも見せなかったようなパス。20mの獰猛なアシスト」と綴り、バルセロナの英雄による圧巻のアシストを称えた。

 フランスのテレビ局「RMCスポーツ」は「イニエスタは34歳という年齢の重みを一切感じさせない」「彼のプレービジョンやテクニックは何も失われていない」と賛辞の言葉を送ると、英メディア「スポーツ・バイブル」は「イニエスタがポドルスキへ史上最高に華麗なループパス」と綴り、「イニエスタは我々が目にしたこともないようなことをやってのけた」と、圧巻のアシストを絶賛していた。

 試合はその後同点に追いつかれるものの、終盤にポドルスキがこの日2点目となる強烈な決勝ゴールを叩き込み、神戸が2-1と勝利。リーグ7戦未勝利と不振に喘いでいたなかで、イニエスタの類稀なるアイデアが勝利への突破口を切り開く形となった。

11/4(日) 11:40 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181104-00145771-soccermzw-socc

イニエスタが神戸に加えたい選手を明かす「日本に来る気はないだろうけど…」 

20181022-00369546-nksports-000-2-view




1: 2018/11/01(木) 07:13:47.87 _USER9
ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、自身のチームに加えたい選手を明かしている。
『RMCスポーツ』が伝えた。

ユース出身の選手としてバルセロナ一筋でプレーしてきたイニエスタは、今夏よりJリーグのヴィッセル神戸に加入。
ルーカス・ポドルスキとともにチームを押し上げる働きが期待されたが、ここまではリーグ戦で12位に沈むなど振るっていない。

そんな中、イニエスタはチームに加えたい選手を明かす。その選手とはチェルシーに所属するフランス代表MFヌゴロ・カンテだという。

「彼は、もう僕が何年も同じチームでプレーしたいと思っている選手だよ。日本に来るつもりはないだろうけどね(笑)。
ただ、大好きな選手だね。彼がピッチでやっていることは素晴らしいし、自信にも溢れている。チェルシーでもフランス代表でも中心選手だよね」

カンテはプレミアリーグ制覇やワールドカップ優勝などすでに多くのタイトルに恵まれるスター選手。
ポジションが近いイニエスタとしては、いつか隣でプレーしたいと願わずにはいられないようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00000024-goal-socc
11/1(木) 7:10配信

神戸が横浜Mウーゴ・ビエイラの獲得を検討…今季13得点 

20181028-00000005-dal-000-1-view

<“迷走”ヴィッセル神戸>イニエスタ復帰も7戦未勝利...データで浮かぶ「ポドルスキ起用の明と暗」 

1: 2018/10/23(火) 20:52:57.08 _USER9
堅守を誇る川崎相手に前半で3ゴールも、大量5失点で逆転負け
no title


豪雨が降りしきる等々力陸上競技場で試合前に注目を集めたのは、ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの4試合ぶりの先発復帰だったが、この日、良い意味でも悪い意味でも強い印象を残したのは、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキだった。


「1試合で3点を奪って勝てないのは非常に厳しい。殴り合いの試合となったが、リーグの中で一番やってはいけない相手とやってしまった」

 新たに神戸の指揮官に就任したフアン・マヌエル・リージョ監督は、20日に行われたJ1第30節の首位川崎フロンターレ戦に3-5で敗れた試合後、悔しそうな表情を浮かべた。

「ルーカス、アンドレス、三田、藤田の4人で中盤を組ませ、相手の中盤への圧力を強めるシステムで試合を進めることができた。70分までは我々のゴールから遠いところでボールを奪うことができていた」

 前半は神戸にとって理想的な展開となった。2失点を喫するもリーグ最小失点を誇る川崎から35分間で3ゴール。川崎が今季のリーグ戦で3点を奪われたのは、この試合が初めてのことだった。

 4-4-2の中盤ダイヤモンドを形成するシステムでトップ下にポドルスキを配置し、イニエスタとポドルスキが近い距離でプレーできたことにより、チームにリズムをもたらすことができていた。特にポドルスキのゴールへの関与は、特筆すべきものだった。

 前半15分に1-1の同点とした場面では、イニエスタの浮き球パスをボックス内で構えていたポドルスキが落としたところから相手DFのオウンゴールを誘発。同28分にもイニエスタからポドルスキにボールが渡り、そこから鋭いグラウンダーのパスが供給され、FW古橋亨梧のゴールが生まれた。

 さらに、同35分にもカウンターの場面でイニエスタのパスを受けたポドルスキがドリブル突破で左サイドに持ち運ぶと、大きなサイドチェンジを敢行。MF三田啓貴のゴールをアシストした。3得点全て「イニエスタ→ポドルスキ」の流れから生み出された。データ分析会社「InStat」によれば、イニエスタからポドルスキへのパス17本も、チーム内最多の数値となっている。そして、ポドルスキは実質3アシストを記録する活躍を見せ、ロングボール配球も8本中8本と成功率100%を叩き出した。

つづく

10/23(火) 20:10 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181023-00143283-soccermzw-socc

年間シート最高17万円 J1神戸入場収入増狙う イニエスタ人気で「攻めの営業」 

e9c5e68da85536f7bbfc45529f2058fc




1: 2018/10/23(火) 07:50:35.91 _USER9
10/23(火) 7:30配信
神戸新聞NEXT

 J1神戸が、攻めの営業を仕掛けている。2019年シーズンのファンクラブ会員の募集と年間シートの販売を始め、ファンクラブでは5万円と高額の「ゴールドコース」を新設。年間シートの各座席も軒並み値上げした。元スペイン代表イニエスタの群を抜く集客力が引き続き期待でき、課題だった客単価の低さを解消する好機ととらえているからだ。

 今年7月のイニエスタ合流後、ホーム戦のチケットは7試合連続で完売と好景気に沸く。白星から2カ月間遠ざかっている状況でも、本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)は常に2万5千人前後で埋まり、加入前の平均1万7170人から飛躍的に観客が増えた。アウェー戦でも売り切れが続出している。

 神戸は無料招待も多く、チケット販売による収益の低さが長年の問題だった。昨季のクラブ決算によると、神戸の入場料収入は5億1400万円。リーグ戦の入場者数で割ると1人当たり1655円で、J118チームで最も少ない。入場料収入トップを走る浦和は4千円を超え、同じ関西のG大阪は3068円、C大阪も2353円と神戸を上回る。

 イニエスタとは複数年契約で、来季も動員が見込める中、打ち出したのがファンクラブの高額コース設定と年間シートの値上げだった。

 レギュラーコース3千円に対し、5万円としたゴールドコースは特典を充実させた。「超先行販売」として時期を問わず、いつでもチケットを購入できるようにし、好きな選手のレプリカユニホームや特注のリュックサックなども付けた。

 年間シートは、今季の価格から5万1千円値上げしたヴィッセルシート(メインスタンド最前列)の17万円を最高に、サポーター席(大人)も4千円上げて3万7千円とした。

 その一環で22歳以下を対象とした低価格帯の年間シートがなくなり、一部サポーターが反発したが、1チームの年間支出額に相当するイニエスタの年俸約30億円を少しでも回収しなければいけない背景もある。健全経営に向け、神戸の森井誠之事業本部長は「入場料収入の5億円を10億円オーバーぐらいにもっていかないといけない」と強気だ。(有島弘記)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00000003-kobenext-l28

神戸リージョ監督、川崎Fは「殴り合ってはいけない相手」イニエスタ「質の高い選手が揃っている」 

1: 2018/10/21(日) 11:02:35.45 _USER9
<明治安田生命J1:川崎F5-3神戸>◇第30節◇20日◇等々力

ファン・マヌエル・リージョ監督(52)は、首位の川崎フロンターレに一時は2点差をつけながら、後半20分から3連続失点を喫し、日本での采配2戦目で初黒星を喫した
試合後は「1試合で3点取って、勝てないのは非常に厳しい。殴り合いの試合となったが、リーグの中でやってはいけない相手と、そうなってしまった」と悔しさをあらわにした。

リージョ監督は会見で「川崎Fは順位的にいいシーズンを過ごしている。どれだけ相手にとって、ゴールから遠いところでボールを持つ状況を作るか、やれることを構築して臨むのがゲームプランだった」と説明した。
そして「立ち上がりは、チームとしては非常に良く入ることが出来た。前半から70分までは、我々のゴールの遠いところでボールを奪えた。3-1まで盛り返してくれたのも、それを証明するだろう。
ただ、決していいシーズンを過ごしていない中、勝っている状態で2点目を失ったのが難しくした」と振り返った。

その上で「自分のゴールより遠いところでプレーする」という自らのコンセプトを実現するためには「それなりに多くのボール、パスを回さなければいけない」と説明。
「どうやって体力をマネジメントするかの難しさが出た。70分くらいまではボールを支配することで、ゴールを守る方法は達成できた。
ただ、やはりそれに値するゴールという結果が伴わないと、フラストレーションがたまっている中、プレーしているのでプレーの低下につながる」と敗因を分析した。

質疑応答で「目指しているサッカーの、どの程度までいっているか」と質問が飛ぶと、リージョ監督は「例えば、1度100に到達しないと、そこからの距離を測るのは難しい、
成長しているとは思うが、どの程度までいったかを判断するのは難しい」と語った。

17年のJ1王者・川崎Fの印象を聞かれると「当然、私たちを上回った対戦相手であることは理解していた。足元もいい選手が多い。
両サイドバックが高い位置でプレーできるのは、そういう選手がそろっているから。インサイドハーフが中のポジションに入り、2トップと上がったサイドバックが、どのポジションでプレーできるかを考えることが出来ていた。
中村(憲剛)や大島(僚太)から、サイドを切り崩す選手にいいボールがいくことは把握していた」と相手の能力の高さをたたえた。

その上で「アンドレス(イニエスタ)も長く走り、三田(啓貴)もマークのズレがあり、古橋(亨梧)を下げるなど変化の必要に強いられた。そういった状況の中で2点目を取られ、試合全体の体力のマネジメントできず、
どちらかというと殴り合いの試合となったが、リーグの中でやってはいけない相手と、そうなってしまった。エンドラインまでかなり深く切り込めるチーム、走り続けることが出来るチームと、そういう展開になってしまったのは残念」と悔しさをにじませた。

今後については「唯一出来るのは続けていくこと。精度を高めたい」と語った。【村上幸将】

10/21(日) 0:30配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00367933-nksports-socc&pos=4

写真
no title


つづく



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索