Samurai Goal

ヴィッセル神戸


スポンサード リンク





<ヴィッセル神戸に大物FW加入か>元スペイン代表ペドロに“日本移籍”浮上!「最も目立つオファー」 

1: Egg ★ 2020/01/27(月) 05:50:05.84 ID:63F5Zc/z9
 元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが所属するJ1ヴィッセル神戸に再びビッグネーム加入の噂が急浮上している。バルセロナや代表でイニエスタと共闘経験を持つチェルシーの元スペイン代表FWペドロ・ロドリゲスに複数のクラブが興味を示すなか、「最も目立つオファーはヴィッセル神戸」とスペイン紙「スポルト」が報じた。


 現在32歳のペドロは、2009-10シーズンにバルセロナの下部組織からトップチームに昇格し、2014-15シーズンまで主力としてフル稼働。その間、リーグ優勝5回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝3回、コパ・デル・レイ優勝3回を経験した。またスペイン代表としても2010年南アフリカ・ワールドカップ、2012年の欧州選手権優勝に貢献。バルセロナと代表の両方でイニエスタと共演している。

 チェルシー移籍後もリーグやFAカップ優勝を飾るなど華々しいキャリアを誇るペドロに移籍話が浮上。スペイン紙「スポルト」は複数のクラブが興味を示していると伝えた一方、「最も目立つオファーはヴィッセル神戸」と記している。

 昨季限りで現役から退いた元スペイン代表FWダビド・ビジャに触れつつ、「イニエスタが所属するチームで、ダビド・ビジャの引退後、新たな力を求めている」と報じた。ペドロは欧州でのプレーを望んでいる模様で、チェルシーを率いるフランク・ランパード監督も貴重な戦力として見ているという。

 記事では「ペドロは多くのクラブにとって非常に魅力的な選手」と指摘。今夏にチェルシーとの契約が切れるペドロには、スペインの強豪セビージャも興味を示しており、争奪戦の様相を呈している。

 イニエスタやビジャをはじめ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキなどビッグネームを補強してきた神戸だが、再び日本サッカー界を賑わせる補強を見せるのだろうか。

1/27(月) 5:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200127-00243131-soccermzw-socc

写真
no title

<ACL初挑戦「ヴィッセル神戸」が新背番号を発表>7番、10番の後継なしスローガンはthe No.1 Club in Asia 

1: Egg ★ 2020/01/21(火) 21:54:53.46 ID:O6MUrdDA9
ヴィッセル神戸は21日、2020年の新体制を発表した。スローガンは昨季に続いて『the No.1 Club in Asia ~一致団結~』。天皇杯制覇で出場権を掴んだ初めてのAFCチャンピオンズリーグに向け、MFアンドレス・イニエスタは「みんなにとって特別なモチベーションになるでしょう」とコメントを発表した。

 合わせて新背番号も発表。FWダビド・ビジャが着けていた7番、FWルーカス・ポドルスキが着けていた10番は空き番号となり、イニエスタは引き続き8番を背負う。新加入のDF菊池流帆(←山口)は17番、DF山川哲史(←筑波大)は23番、FW小田裕太郎(←神戸U-18)は41番、FWドウグラス(←清水)は49番に決まった。

 また既存選手ではFW古橋亨梧が16番から11番、MF安井拓也が35番から14番、DF藤谷壮が34番から44番に変更となっている。

■スタッフ
監督:トルステン・フィンク
ヘッドコーチ:セバスチャン・ハーン
アシスタントコーチ:マルコス・ビベス
アシスタントコーチ:モラス雅輝
GKコーチ:アレックス
フィジカルコーチ:ニコラ ヴィドヴィッチ
フィジカルコーチ:咲花正弥

■選手
1 GK 前川黛也
3 DF 渡部博文
4 DF トーマス・フェルマーレン
5 MF 山口蛍
6 MF セルジ・サンペール
8 MF アンドレス・イニエスタ
9 FW 藤本憲明
11 FW 古橋亨梧
13 FW 小川慶治朗
14 MF 安井拓也
17 DF 菊池流帆(←山口)
18 GK 飯倉大樹
19 DF 初瀬亮(←福岡/期限付き移籍から復帰)
21 FW 田中順也
22 DF 西大伍
23 DF 山川哲史(←筑波大)
24 DF 酒井高徳
25 DF 大崎玲央
27 MF 郷家友太
28 GK 吉丸絢梓
30 GK 伊藤元太
31 MF 中坂勇哉(←京都/期限付き移籍から復帰)
33 DF ダンクレー
38 MF 佐々木大樹
41 FW 小田裕太郎(←神戸U-18)
44 DF 藤谷壮
49 FW ドウグラス(←清水)

1/21(火) 19:44配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-43477447-gekisaka-socc

写真
no title

<J1ヴィッセル神戸・三木谷会長>2003年振り返り「今だから言えるが、引き受ける気なかった」 

1: Egg ★ 2020/01/02(木) 19:32:29.42 ID:vjOos7Pv9
感極まった表情で優勝カップを掲げるイレブンに、惜しみない拍手を送った。ヴィッセル神戸の経営に情熱を注ぎ始めて16年。三木谷浩史会長(54)は、選手の手で宙に舞った。

 「限られた中で精いっぱいやらないと後悔する。自分が正しいと思うことを失敗してでもやろう。そういうふうに、ふと思いましたね」

 神戸市で生まれ育った三木谷会長は、震災で母の妹夫婦と、小中学校時代の友人を亡くした。海外出張を取りやめて向かった公民館には遺体が並び、自転車で市内を横断すると、慣れ親しんだ景色が一変していた。当時勤めていた銀行を退職し、起業家に転身。震災から2年後、インターネット通販サイト「楽天市場」を開設し、国内外で70を超えるサービスを展開する巨大企業に成長させた。

 一方のヴィッセルは発足後、神戸市の出資などで運営されていたが、観客動員数の低迷などで赤字続き。2003年、当時のクラブ幹部から三木谷会長に営業譲渡の打診があった。

 「今だから言えるが、引き受ける気はなかった。だけど『引き受けないとどうなるの』と聞くと、『消滅します』と。さすがに忍びない。お金も大量に損すると分かっていたが、引き受けた」

 自身の個人資産管理会社が経営権を引き継ぎ、私財も投じた。選手補強や監督人事で支出が膨らみ続け、06年には累積赤字約29億円を個人で補?。総工費2億3千万円を投じ、育成組織の高校生らが使う選手寮「三木谷ハウス」も建てた。2度のJ2降格を経て、15年に楽天の完全子会社に移行すると、豊富な資金力で、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(35)ら大物を迎え入れた。

 チーム創設25年目に手にした初の栄冠。「神戸で生まれ育ったから、今の自分がある。恩返しだと思って引き受けたら、どっぷりはまっちゃいましたね」。言葉に故郷とチームへの愛があふれた。(有島弘記)

1/2(木) 19:27配信 神戸新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200102-00000008-kobenext-socc

写真
no title

神戸ポルディの退団やむなし「彼の人生」三浦SD 

20200101-01010572-nksports-000-17-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/02(木) 05:42:24.01 ID:F1YRkm369
ヴィッセル神戸三浦淳寛スポーツダイレクター(45)は1日の試合後、
今季で契約が切れるFWルーカス・ポドルスキ(34)について「予算の問題もある。彼が今後の人生をどう考えているか。
なるべく早く決めたい」と契約延長も視野に入れながら、本人次第で退団やむなしの姿勢を示した。

フィンク監督(52)は続投し、退団が決まったFWウェリントンの代わりには清水FWドウグラス(32=ブラジル)の獲得を目指す。
また今回の天皇杯優勝で選手へのボーナス支給も明言した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200101-01010572-nksports-socc
1/1(水) 21:11配信

横浜Mと神戸の差 フロントは「我慢」を! バルサ化2年目総括  

1: Egg ★ 2019/12/14(土) 01:46:26.46 ID:4pRFmU+X9
スペインの名門バルセロナのように、ボールを持って攻め続けるポゼッションサッカーの確立。神戸の「バルサ化」2年目は、8位に終わった。大型補強も敢行したが、2度の監督交代で理想的な成長曲線を描けず、安定感を欠いた。(有島弘記)

 「目標を言います。ACL(アジア・チャンピオンズリーグ)出場」

 神戸のチーム総責任者、三浦スポーツダイレクター(SD)は2019年シーズンの新体制発表で、そう豪語した。バルサ化を象徴するイニエスタが顔となる陣容に、元スペイン代表ビジャ、日本代表経験者の山口、西らが加入。親会社楽天の資金力を生かした補強は、期待を抱かせるのに十分だった。

 ところが、結果はACL出場圏の3位と勝ち点16差の8位。2度の監督交代に伴うリーグ7連敗でつまずいた。

 3勝1分け3敗と成績が五分の4月、昨秋就任のリージョ氏が電撃辞任。後を受けた吉田氏を経て、6月にフィンク氏が指揮官となった。チームは混迷を極め、イニエスタも「監督の交代で難しい状況があった。高いレベルを維持できなかった」と嘆くしかなかった。

 今季のJ1を制した横浜Mも神戸と同じく昨季からポゼッションサッカーに移行したが、両クラブには明確な違いがあった。継続性。つまり、戦術の熟成度だ。

 神戸は2年間で延べ5人が監督を務め、横浜Mはオーストラリア人のポステコグルー監督に指揮を託し続けた。得失点差の推移を見ると、その差は歴然。神戸は昨季の「マイナス7」から「2」に改善させた一方、横浜Mは「0」から一気に「30」まで伸ばした。

 とはいえ、神戸は夏の移籍市場でベルギー代表フェルマーレンや元日本代表酒井らを獲得し、不可欠な戦力として機能。イニエスタがポゼッションについて「自分の感覚としては良くなっている」と話した通り、神戸はリーグ戦の最後を3連勝で締めた。

 リーグ最終節の前日、フィンク監督自ら来季のチーム像を語り始めた。強調したのが「ベース」や「継続」。監督人事や補強の決定も、揺るがぬ理念があってこそ。フロントの的確なチーム設計、何より「我慢」の大切さを、今季の年間王者が教えてくれている。

12/12(木) 18:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-00000007-kobenext-socc

写真
no title

<ヴィッセル神戸>来季ユニホーム発表!クラブ史上初のダイヤ柄採用の理由は?  

1: Egg ★ 2019/12/07(土) 16:10:05.78 ID:nLNkSuzN9
ヴィッセル神戸は7日、2020年シーズンの新ユニフォームを発表した。『Kobe Forever Forward』をコンセプトに、クラブ史上初のダイヤ柄を採用。「 新たなチャレンジをしていくクラブの姿勢、 サポーターとの固い絆、 永遠に輝き続ける存在であることを表現しています」と説明した。

 なお、新ユニフォームは同日14時からホームで行われているJ1第34節・磐田戦でお披露目されている。2ndユニフォームやGKユニフォームに関しては、改めて発表する予定だという。

12/7(土) 14:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-43474861-gekisaka-socc

写真
no title

引退ビジャ「イニエスタと一緒に天皇杯を」一問一答 

20191113-11130461-nksports-000-11-view[1]

【速報】J1神戸の元スペイン代表ビジャが引退  

20191113-00000034-mai-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/13(水) 14:07:51.94 ID:aVfuEiUf9
サッカーJ1神戸は13日、元スペイン代表FWダビド・ビジャ(37)が今季限りで現役を引退すると発表した。同日、神戸市内で記者会見を行った。

 ビジャは2001年にスペイン2部のスポルティング・ヒホンでプロデビューし、同1部のバルセロナやアトレチコ・マドリードなどを経て、今季米メジャーリーグサッカーのニューヨーク・シティーから神戸に加入した。ゴール前での得点嗅覚に優れ、高い決定力でスペイン代表として10年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で5点を挙げ得点王に輝いた。スペイン代表最多の通算59得点を記録している。

 神戸がバルセロナのようなパスサッカーを模した「バルセロナ化」を掲げる中、昨夏に加入した元スペイン代表のMFアンドレス・イニエスタ(35)とともにプロジェクトの中核を担った。度重なる故障がありながらも、J1では第31節を終えて26試合に出場し5位タイの12得点を稼ぎ出していた。【丹下友紀子】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00000034-mai-socc

記者会見
https://www.youtube.com/watch?v=X5QYeIgjqUo&feature=youtu.be


神戸FWビジャ、NYの新クラブのオーナーに!…2021年からアメリカ2部に参入  

20191113-00997706-soccerk-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/13(水) 10:14:51.06 ID:aVfuEiUf9
 ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表FWダビド・ビジャが、アメリカで新クラブのオーナーとなる。アメリカのリーグ機構『ユナイテッドサッカーリーグ(USL)』は12日、ビジャらがオーナーを務める新クラブ『クイーンズボロFC』が同リーグへの加盟許可を得たことを発表した。

 ニューヨーク市のクイーンズ区を拠点とするクイーンズボロFCは、2021年からアメリカ2部相当のUSLプロフェッショナルリーグに参入することが決まった。新クラブは、同区内にあるニューヨーク市立大学ヨーク校の新スタジアムを本拠地とする予定で、MLB(メジャーリーグ・ベースボール)のニューヨーク・メッツのホーム球場でもある『シティ・フィールド』でもいくつかのホームゲームを行うようだ。

 2015~2018シーズンにMLS(メジャーリーグ・サッカー)のニューヨーク・シティでプレーしていたビジャは、ニューヨークの資産運用会社『クレイン・シェア』のジョナサン・クレインCEO(最高経営責任者)とともにオーナーを務めるという。

 ビジャは同サイトを通じて、「僕は4年間、ニューヨークに住んでプレーした。クイーンズは特別な場所だ。ここの文化や食、人々や彼らの人生への情熱、そしてもちろんサッカーが大好きだ。世界でこのような場所は他にない。クイーンズでフットボールクラブを設立するのは夢だ。これ以上の場所はないだろう」とコメントした。

 現在37歳のビジャは、バレンシア、バルセロナ、アトレティコ・マドリードなどで数多くのタイトルを獲得し、2010年にはスペイン代表の一員として南アフリカ・ワールドカップの優勝に貢献。ニューヨーク・シティで4シーズン過ごした後、2019シーズンから神戸でプレーしている。

 なお、アメリカでは元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム氏が、2020年からMLSに参入するインテル・マイアミの共同オーナーを務めており、USLでは元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ氏がフェニックス・ライジングの共同オーナーを務めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00997706-soccerk-socc

イニエスタ 神戸との契約延長に意欲 22年以降のプレーも希望  

20191101-00000114-dal-000-4-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/11/01(金) 18:45:54.40 ID:hokQsRUw9
 J1神戸の元スペイン代表、MFアンドレス・イニエスタが現所属チームとの契約全うはもちろん、その先のプレー続行の青写真を描いている。1日スペインのマルカ紙とのインタビューで話した。

 2021年までの神戸との契約の延長について問われたイニエスタは「先のことは分からない。現状で意欲と気持ちの高まりがあり、それが一番大事なこと。練習と試合でのプレーを楽しんでいる。時間の経過を経た上でどうなるか見て行くが、できることならその契約終了時にもう少し延長できるかどうかを見ていけたらと思う」と話した。

 また将来的に監督になりたいという希望があるというが、まだ漠然としたものだとしている。「それほど(可能性を)見ていない。できることなら監督になりたいとは思うが、それは誰もが思っているような程度。今のところ僕の頭にはプレーし、気持ちの高まりと意欲が維持されるように努める。その先のことは見てのお楽しみだけど、何かやれるかもしれないと思っている」とイニエスタ。

 しばらくは選手としての時間を楽しんだ上で焦ることなく取り組むことになるだろうとしている。

11/1(金) 18:01配信 デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191101-00000114-dal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索