Samurai Goal

ヴァイッド・ハリルホジッチ


スポンサード リンク





元日本代表ハリルホジッチ監督、モロッコ代表に就任…個人として4大会連続W杯予選突破を目指す  

1: Egg ★ 2019/08/16(金) 06:13:52.31 ID:n51vZDxQ9
ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がモロッコ代表の新監督に就任することが発表された。

2015年から2018年までの3年間にわたり日本代表を指揮したハリルホジッチ監督。2018年10月からリーグ・アンのナントを指揮し、エミリアーノ・サラの事故死といった苦難を乗り越え、低迷した同クラブを残留に導いたものの、今シーズンのリーグ戦開幕9日前に同クラブと契約解除に至る。

そして15日、モロッコサッカー連盟は無所属となっていたハリルホジッチ監督の就任を発表。先日まで行われたアフリカ・ネイションズカップでベスト16止まりと不本意な成績に終わった後、同連盟は2018年のワールドカップ本戦へ導いたエルベ・ルナール監督を解任し、その後任としてコートジボワール、アルジェリア、日本でワールドカップ予選を突破した経験がある67歳の指揮官を招聘した。

モロッコで指揮を執ることが決まったハリルホジッチ監督は、会見で「モロッコでコーチをすることは大きな責任と名誉がある。私の最初の目標はワールドカップ予選を突破すること。私個人として、4大会連続の予選突破を目指したい」と意気込みを語っている。

これまでにクラブの指揮官として、リール、レンヌ、パリ・サンジェルマン、トラブゾンスポル、そして選手時代にも活躍したナントを指揮。代表チームでは、コートジボワール、アルジェリア、日本で監督をしており、モロッコが4カ国目となる。

8/16(金) 5:47配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00010000-goal-socc

写真
no title

ハリル氏と協会の裁判、和解はなし。双方が最後まで争う姿勢。結論は数ヶ月以内か 

20190222-00310529-footballc-000-3-view

ハリルホジッチ監督悲痛、サラ選手の消息不明に「打ちのめされた」 

20190125-00000011-jij_afp-000-3-view

ハリルが独占告白!「日本文化」「ベルギー戦」「協会」への本音「会長を絶対に許さない」 

1: 2018/11/24(土) 05:52:00.52 _USER9
フランス専門誌の編集長だけに語ったその想い

no title

https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181124-00010000-sdigestw-001-view.jpg
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181124-00010000-sdigestw-002-view.jpg


10月初旬に招聘された際の順位は19位。ところがナントはいくつかのスペクタクルな勝利を収めながら、一気にリーグアン10位にまで上昇したのである。サポーターの動員もグッと増え、スタジアムには興奮と熱狂が蘇った。
1日に12~15時間も働くヴァイッドは新たなチャレンジに没頭するため、気が散らないように当初はすべての取材要請を拒否。そして11月中旬になってようやく『France Football』誌の要望に応え、初めてインタビューを受諾した。

こうして私は国際代表マッチウィークに、彼とパリで再会できた。ヴァイッドは自分の選手たちに2日間の休暇を与えていたからだ。再会の舞台はパリ8区にあるイタリアン・レストラン。彼の馴染みの店である。
そこでヴァイッドは、仕事に就いているときはいつもそうなのだが、すっきりした気分で、1時間半に渡って誠実に胸中を打ち明けてくれた。

私が「ナントでなにを変えたかったのか」と訊いたときも、彼は笑ってこう答えた。「クラブを日本化したかったのだよ」と――。
「日本化する」という動詞は、ナントでの監督就任会見でも使っていた言葉だ。明らかに、大好きだった日本での3年間は、この男に大きな痕跡を残したのだ。

「本当なんだよ。日本社会の価値観をもたらしたかった。日本社会は、私にとってはほとんど理想の社会だね。努力、リスペクト、時間の正確さ、やる気、組織力。
これらの価値観をすべてフットボールに適用したら、成功するチャンスはぐんと高まる。たとえ悪い終わり方になってしまったとしても、私はあの国に滞在した間の良い思い出をたくさん胸に抱いているよ」

ヴァイッド・ハリルホジッチは私に、「トーキョー(日本を意味する代名詞)ではすごく気分が良かった」と何度も繰り返すのだった。しかも彼の願望はただひとつ。
もう一度サムライブルーを率いて、2014年ワールドカップでアルジェリア代表と実現したような快挙を成し遂げることなのである。

「私には真実が分かっている。本当に汚らわしい!」

「日本の民衆に、私はそういう贈り物をしてあげたかった。日本人がどれほど代表を愛しているかは分かっている。ワールドカップの準備も、どんなディテールもおろそかにせず、最大限の細やかさで入念に取り組んでいた。
ところが最後まで行くのを妨害されてしまった。私が勝ち取って積み上げてきたものを、私から奪い取ってしまったのだ。ビジネスをスポーツの上に置いてしまったのだよ。いくつかのスポンサーが圧力をかけてね。
私には真実が分かっている。彼らにあんなことをする権利はなかったのだ。本当に汚らわしい!」

4月のあの解雇を受け入れられなかったのは、どう見ても明らかだ。
「私はものすごく、ものすごく、悪い体験をした。私は協会会長を絶対に許さないつもりだ」 

つづく

11/24(土) 5:41配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181124-00010000-sdigestw-socc

ハリルホジッチ監督 新天地ナント初陣は黒星…「後半には少し満足している」 

1: 2018/10/08(月) 08:54:30.36 _USER9
no title

新天地で次のステップへ進むハリルホジッチ監督 [写真]

 10月7日に行われたリーグ・アン第9節で、ナントは敵地でボルドーと対戦し、0-3で敗れた。

 フランス1部のナントは10月2日、同クラブの新監督に元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ氏が就任すると発表。契約期間は2020年6月までとしており、ハリルホジッチ氏は32年ぶりに古巣復帰していた。同氏は現役時代、1981年から86年までナントでプレーし、2度得点王になるなど輝かしい実績を残している。

 今季開幕から苦戦し、降格圏に沈むナントはハリルホジッチ監督のもとで立て直しを目指したが、初陣は難しいものとなった。立ち上がりの5分で先制点を許すと、7分には追加点を決められて2点差。前半終盤にはPKでさらに得点を奪われてしまった。

 3点を追うナントは1点を返したかったがゴールは遠く。0-3で敗れ、ハリルホジッチ監督は黒星発進を喫した。

 試合終了直後、ハリルホジッチ監督は早速サポーターの元へ。日本代表監督時のワールドカップ・アジア最終予選のUAE戦後のように、勝利できなかったことに関してサポーターに向けて手を合わせた。

 また、試合後の記者会見では次のようにコメントを残している。

「複雑な試合だったが、ボルドーという非常に良いチームを祝福しなければならない。7分で0-2となり難しかった。私たちはまだ多くの仕事をしてるが、後半には少し満足している」

「私たちはとても遅れをとっている。この状況から抜け出すために選手はよく戦ったと思うし、後半の彼らのプレーは好きだった。私はこのチームを将来的により良くする必要がある」

10/8(月) 7:57配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-00844239-soccerk-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索