Samurai Goal

ワールドカップ


スポンサード リンク





【徹底検証】 女子W杯、男女の賞金格差をめぐる現状 

20190611-48590643-bbc-000-2-view[1]

<本田圭佑(実質的な監督)>カンボジア代表、W杯アジア1次予選を突破!2次予選で日本と対戦も...  

1: Egg ★ 2019/06/12(水) 09:05:51.21 ID:kIpyc+iH9
<W杯アジア1次予選:パキスタン1-2カンボジア>◇11日◇第2戦◇ドーハ

本田圭佑(32)が自身4度目となるワールドカップ(W杯)に向け、アジア1次予選を突破した。

実質的な監督としてカンボジア(FIFAランキング173位)を率い、22年W杯カタール大会に向け、アジア1次予選、パキスタン(同200位)との第2戦に2-1で逆転勝ちし、2-0で勝った6日のホームでの第1戦と合わせ、2戦合計4-1で2次予選進出を決めた。

カンボジアは前回、ロシア大会のアジア予選に続き、2大会連続で2次予選へと勝ち上がった。

これにより、今後行われる2次予選の組み分け抽選次第では、本田カンボジアは9月からの2次予選で、森保監督が率い、久保建英が招集されるかもしれない日本と、ガチンコ勝負する可能性が出てきた。2次予選はホームアンドアウェーのため、本田カンボジア-久保建英という、夢の“直接対決”が日本で実現するかもしれない。

実際に、前回ロシア大会のアジア2次予選で日本とカンボジアは同組で、本田は選手として日の丸を背負いカンボジア相手にゴールも決めているが、4年が経過し、まったく逆の立場で日本の最大の敵となるかもしれない。

すでに森保監督は10日に、対戦の可能性について聞かれると「(当たれば)日本代表の勝利のために戦いたい。当たった時には目を合わせない。本田の方が目力がありそうなので」とジョーク交じりで、話していたが、1年前のW杯をコーチと選手としてともに戦った2人が、監督同士で真剣勝負することになるかもしれない。

今なお「W杯優勝」を目標として掲げ続ける本田のW杯への挑戦は、日本代表の選手として予選から戦った10年南アフリカ大会、14年ブラジル大会、18年ロシア大会に続き4度目。過去3度は予選から戦い、本大会に出場している。本大会では3大会連続で得点&アシストを決めているが、今回はプレーできない立場で臨む初の予選。勝負強さは健在で、暑いアウェー扱いのドーハでしっかり勝った。

6/12(水) 4:35配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-06111264-nksports-socc

写真
no title

<FIFA>2022年ワールドカップカタール大会を当初の予定通りに32チームで実施すると発表!  

20150531_Qatar_Getty-560x373




1: Egg ★ 2019/05/23(木) 06:18:36.32 ID:FmHPFG+09
国際サッカー連盟(FIFA)は22日、2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会を当初の予定通りに32チームで実施すると発表した。48チームへの出場枠拡大と、それに伴う周辺国との共催を検討したが、断念した。

 FIFAは3月の理事会で、48チームへの拡大について共催を条件に実行可能と認めていた。サウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)などが共催候補に挙げられ、FIFAとカタールが協議を続けたが、これまでの出場チーム数を維持するとの結論に達した。

5/23(木) 5:16配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-00000013-kyodonews-socc

「史上最低のW杯は?」←世界中のサッカーファンが迷わず「2002日本大会」と答えるという現実  

mig




1: 風吹けば名無し 2019/05/19(日) 19:18:30.33 ID:hq92yQraa
日本人として恥ずかしいわ

川澄、永里はW杯4大会連続出場逃す 落選選手一覧 

20190510-05101086-nksports-000-5-view[1]

猶本光は落選!なでしこジャパン、女子W杯に臨む23人を発表!阪口夢穂が10番に  

20190510-00010016-goal-000-5-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2019/05/10(金) 14:12:10.77 ID:2dcc+knB9
5/10(金) 14:09配信
なでしこジャパン、女子W杯に臨む23人を発表!阪口夢穂が10番に、猶本光は落選

日本サッカー協会(JFA)は10日、6月7日にフランスで開幕するFIFA女子ワールドカップに臨む女子日本代表(なでしこジャパン)メンバーを発表した。なお、6月2日に行われる国際親善試合・スペイン女子代表戦も今回のメンバーで臨む。


なでしこジャパンは現在、FIFAランキングで7位に位置。女子W杯では同37位のアルゼンチン、同19位のスコットランド、同3位のイングランドと同組に入った。

直近の欧州遠征では開催国のフランス、FIFAランク2位のドイツと対戦し、1分1敗だった。メンバーにはその欧州遠征のメンバーで復帰を果たしたMF猶本光(フライブルク)、FW菅澤優衣香(浦和レッズレディース)が復帰。MF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)や、英『BBC』が選出する女子フットボーラー・オブ・イヤー2019の最終候補5名に選ばれた熊谷紗希(リヨン/フランス)は、順当な選出となった。

2大会ぶりの優勝を目指すなでしこジャパンは、W杯前の6月2日にフランスのル・トゥケで、スペイン女子代表と国際親善試合を行い、同10日にアルゼンチンとのW杯初戦を迎える。その後、14日にスコットランド、19日にイングランドと対戦する。

メンバー23人は以下の通り。

■GK
1 池田咲紀子(浦和レッズレディース)
18 山下杏也加(日テレ・ベレーザ)
21 平尾知佳(アルビレックス新潟レディース)

■DF
3 鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)
2 宇津木瑠美(シアトル・レインFC/アメリカ)
4 熊谷紗希(オリンピック・リヨン/フランス)
23 三宅史織(INAC神戸レオネッサ)
22 清水梨紗(日テレ・ベレーザ)
5 市瀬菜々(マイナビベガルタ仙台レディース)
16 宮川麻都(日テレ・ベレーザ)
12 南萌華(浦和レッズレディース)

■MF
10 阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)
7 中島依美(INAC神戸レオネッサ)
15 籾木結花(日テレ・ベレーザ)
14 長谷川唯(日テレ・ベレーザ)
6 杉田妃和(INAC神戸レオネッサ)
17 三浦成美(日テレ・ベレーザ)

■FW
9 菅澤優衣香(浦和レッズレディース)
8 岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)
20 横山久美(AC長野パルセイロ・レディース)
11 小林里歌子(日テレ・ベレーザ)
13 植木理子(日テレ・ベレーザ)
19 遠藤純(日テレ・ベレーザ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00010016-goal-socc

小野伸二、3度のW杯出場経験から語る世界8強への道とベルギー戦「あの“風景”が見えていたのかな」  

20190501-00057936-sdigestw-000-2-view[1]




1: Egg ★ 2019/05/01(水) 12:31:13.21 ID:rS/OUUI59
「あの“風景”が見えていたんじゃないのかな」
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/57936_ext_04_0_1556678742.webp?v=1556678987

1998年のフランス大会に初参戦してから、日本は以後、6大会連続でワールドカップに出場している。
 
 もはや“常連国”と言っても過言ではないが、世界の舞台で今ひとつ突き抜けられずにいるのも事実。過去6大会の日本の成績は以下のとおりだ。
 
1998フランス大会………グループリーグ敗退
2002日韓大会……………ベスト16
2006ドイツ大会…………グループリーグ敗退
2010南アフリカ大会……ベスト16
2014ブラジル大会………グループリーグ敗退
2018ロシア大会…………ベスト16
 
 規則正しく「グループリーグ敗退」と「ベスト16」を交互に繰り返しているが、明らかなのは、“世界8強入り”が積年の夢となっていることだ。
 
 こうした現状について、98年、02年、06年と3大会連続でワールドカップに出場した小野伸二は、いかなる感想を持っているのか。
 
「可能性はたくさんある」と展望しつつ、小野はこう続けた。


「だけど、ベスト8に行けないのは、やっぱり力がないからだとは思います。運も味方にしなければならない。運で片づけてはダメだけど、それも実力のうちですから」
 
 また、昨夏のロシア大会、ラウンド16のベルギー戦の結果には「最後の最後で、まさか、じゃないですか」と驚きを隠せなかった。
 
 原口元気と乾貴士のゴールで2点を先行しておきながらも、瞬く間に追いつかれ、アディショナルタイムでの失点で痛恨の逆転負けを喫し、ベスト8進出を阻まれた。
 
「本当に数秒の出来事で、でもこれが世界との差なのかと思い知らされました」
 
 その差について、小野なりに思うところがあった。
 
「どう考えても、あのゲームは2-2のまま、延長戦に突入っていう流れで、ただ点を取りに行った結果、“ああいう形”になってしまった」
 
 アディショナルタイムの90+4分、日本のCKの場面で本田圭佑の蹴ったボールが相手GKにキャッチされると、そこからわずか14秒の高速カウンターでゴールを割られ、西野ジャパンは沈んだ。
 
「見ているだけなので、なんとも言えないですけど」と断りを入れたうえで、小野は独特の表現で、勝負の分かれ目について言及する。
 
「あの展開はなかなか想像できるわけでもなく、でもベルギーの選手たちは、GKがキャッチした時に、あの“風景”が見えていたんじゃないのかな。経験というか、その点で海外のほうが上なのかもしれない。そんな気がします。だからベスト8に行くってかなりタフなこと。だけど、それを乗り越えていかないと」
 
 とはいえ、その差は埋められると小野は信じている。「可能性はもっと見出せるはず」と言う根拠には、増加傾向にある海外組の存在がある。
 
「2006年以降、代表の選手も海外組が多くなってきているし、その経験を活かしてほしいですね」
 
 経験値で海外に劣るのならば、その海外で個々が研鑽を積み、レベルアップを図り、代表チームに還元する。そうした地道な積み重ねが、日本サッカーを土台から強くしていくはず。時間がかかる作業かもしれないが、「楽しみですよ」と、小野も次世代のさらなる成長に大きな期待を寄せている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190501-00057936-sdigestw-socc

「なでしこジャパンW杯優勝」4/29(月)17時~NHK-BS1で放送!決勝で世界ランク1位の米国をPK戦で破った試合  

150705-0002




1: ラッコ ★ 2019/04/25(木) 19:30:51.36 ID:+h25pimh9
もう一度見たい!平成のスポーツ中継5「なでしこジャパンW杯優勝」
2019/4/29(月)17:00~18:50 NHK-BS1

 あの感動を再び!なでしこジャパンのW杯世界一!平成の時代、日本スポーツ界は、世界を相手に大躍進。多くの名勝負が生まれた。
NHKが伝えた、えりすぐりのスポーツ中継を6回シリーズでご覧いただく。第5回は「女子サッカー」。
平成23年、なでしこジャパンが、W杯ドイツ大会決勝で、当時世界ランキング1位のアメリカを、PK戦で破ったあの試合。
ゲストは、当時のキャプテンの澤穂希さん。試合の舞台裏をたっぷり伺う。

【ゲスト】澤穂希,【司会】野地俊二

<今後の放送予定>
もう一度見たい!平成のスポーツ中継3「ラグビーW杯2015 日本×南アフリカ」
2019/4/27(土)19:00~20:50 NHK-BS1

もう一度見たい!平成のスポーツ中継4「イチロー シーズン最多安打達成試合」
2019/4/28(日)19:00~20:50 NHK-BS1

もう一度見たい!平成のスポーツ中継6▽サッカー男子“ジョホールバルの歓喜”
2019/4/30(火)16:00~17:50 NHK-BS1

NHK
https://www4.nhk.or.jp/P5767/

再放送予定
https://www4.nhk.or.jp/P5767/2/

<関連情報>
2011 FIFA女子ワールドカップ - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/2011_FIFA%E5%A5%B3%E5%AD%E3%AF%E3%BC%E3%AB%E3%89%E3%AB%E3%83%E3%97


※試合時間が2時間以上で放送時間が1時間50分ということは、残念ながら試合が途中でカットされていると思われます。

最強メンバー厳選! 2022年カタールW杯🇶🇦に挑むサッカー日本代表、ガチで強い  

GettyImages-1062324840-1-800x533




1: 風吹けば名無し 2019/04/25(木) 21:18:14.82 ID:rjvddOxI0
【GK】
中村航輔(28.柏レイソル)
大迫敬介(23.サンフレッチェ広島)
小久保ブライアン玲央(22.ベンフィカ🇵🇹)

【DF】
冨安健洋(24.エヴァートン🇬🇧)
昌子源(30.トゥールーズ🇫🇷)
吉田麻也(34.サウサンプトン🇬🇧)
立田悠悟(24.シントトロイデン🇧🇪)
酒井宏樹(32.マルセイユ🇫🇷)
室屋成(28.フェイエノールト🇳🇱)
安西幸輝(26.シュツットガルト🇩🇪)
杉岡大暉(24.AZ🇳🇱)

【MF】
柴崎岳(30.セルタ🇪🇸)
遠藤航(29.フォルトゥナ🇩🇪)
中井卓大(19.レアル・マドリードB🇪🇸)
中山雄太(25.ズヴォレ🇳🇱)
堂安律(24.アヤックス🇳🇱)
伊東純也(29.ゲンク🇧🇪)
中島翔哉(28.パリ・サンジェルマン🇫🇷)
伊藤達哉(25.ハンブルガーSV🇩🇪)
久保建英(21.バルセロナB🇪🇸)

【FW】
大迫勇也(32.ブレーメン🇩🇪)
上田綺世(24.鹿島アントラーズ)
南野拓実(28.ザルツブルク🇦🇹)

なでしこジャパン発表、W杯に向けた最後のサバイバルに岩渕や阪口ら不在…「若手が思った以上に」 

20190320-40449038-gekisaka-000-2-view[1]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索