Samurai Goal

ワールドカップ予選


スポンサード リンク





UAE戦の誤審は中東の“リベンジ”!?2014年ACL決勝の西村主審に不満か・・・ 

1: 名無しさん 2016/09/02(金) 21:01:51.42 ID:CAP_USER9
日本代表は1日、ロシアW杯アジア最終予選でUAEと対戦して1-2で敗れた。
この試合では選手たちのプレーだけでなく、審判の判定にも注目が集まった。

特に後半、浅野拓磨のシュートがゴールラインを割っているにもかかわらず
UAEのGKに掻き出されたことによって得点が認められなかったシーンは象徴的で、試合のハイライトのひとつとなっていた。

アル・ジャシーム・アブドゥルラフマン主審を始めとする審判団がUAEの隣国カタール国籍だったこともあり、
議論を巻き起こしているが、中東圏の人々は一連の判定を“リベンジ”と考えているようだ。

事の発端は2年前に遡る。2014年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝2ndレグ、
サウジアラビアのアル・ヒラルとオーストラリアのウェスタンシドニー・ワンダラーズの試合を裁いたのは日本人の西村雄一主審だった。

アジアチャンピオンを決める重要な一戦だが、この試合の前半45分のプレーが引き金となってしまった。
アル・ヒラルのナワーフ・アル・アビドが、ウェスタンシドニーのアントニー・ゴレッチと交錯してペナルティエリア内に倒れる。

このプレーに対し西村主審はノーファウルの判定を下した。もちろんアル・ヒラル側は猛抗議したが、覆るはずもなく試合は進む。
最終的に2ndレグはスコアレスドローに終わったが、1stレグで勝利していたウェスタンシドニーが2戦合計スコアで上回ってアジアチャンピオンに輝いた。

アル・アビドが倒れたシーンをリプレイ映像で改めて見直すと、ゴレッチの足はかかっておらずシミュレーションであることがわかる。
西村主審の判断は正しかった。それでもこの試合を記憶に刻んだ中東圏の人々は、いまだに日本人審判のせいでアル・ヒラルが敗れたと思っているのだ。

その証拠か、ツイッター上で今月1日の日本戦でゴールを見逃したカタール人主審について言及したアカウントにはアラビア語で数多くのリプライが寄せられた。

メディアや個人を問わず、西村主審や日本戦を裁いたアブドゥルラフマン主審の画像などを添えて、

「今こそアル・ヒラルの夢を殺した痛みを受けるときだ」「日本人が負うべき正義であり、運命だ」
「我々は以前ACL決勝で同じことを経験した。日本も同じ報いを受ける」など、“リベンジ”を匂わせるツイートが送りつけられている。

アル・ヒラルはサウジアラビアのクラブであり、UAEと全く関係はないはずだが、中東圏は国籍よりも文化的つながりを重視する傾向があるため連帯意識が強い。
今回の判定に関する見解もその影響を受けていると見られる。

日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「AFCとFIFAに抗議する」と明言したが、試合は終わってしまったため判定が覆ることはほとんど考えられない。
AFCの権力の中枢は西アジアにあり、日本の主張がどこまで聞き入れられるかも不透明だ。

今回の日本対UAEで起きた誤審が、日本と中東諸国との間に今後も遺恨を残してしまうかもしれない。

フットボールチャンネル 9月2日(金)20時2分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160902-00010039-footballc-socc

写真
no title

W杯アジア最終予選、初戦黒星の日本は大陸間プレーオフの可能性も考えるべき? 

1: 名無しさん 2016/09/02(金) 20:13:02.88 ID:CAP_USER9
2018年ワールドカップ・アジア最終予選(アジア4次予選)の初戦となった対UAE(アラブ首長国連邦)戦を1-2で終え、
まさかの黒星スタートを切ることとなった日本代表。

最終予選が現行方式になった1998年大会以降、“初戦が黒星だったチームはすべて予選敗退に終わっている”という過去のデータも影響してか、
早くも巷(ちまた)では本大会出場を危ぶむ声も聞かれるようだ。

とりわけ、日本代表がワールドカップに出場するのは当たり前と考えている若者世代にとって、
このような危機感を覚えるのは初めての経験。それだけに由々しき事態だろう。

なにせ、開催国で予選が免除されていた2002年日韓大会を除き、
これまで日本代表は1998年、2006年、2010年、2014年と、最終予選初戦はすべての大会で白星スタート。

しかも、グループ2位以上が予選突破できる現行方式になった2006年以降、日本代表はいずれの最終予選でも1敗しか喫していないのだ。
アジアで無敵なはずの日本代表が、格下と思われていたUAEにホームで敗れた衝撃は大きく、不安に駆られるファンが多くなるのも当然といえる。

しかし、最終予選はまだ始まったばかり。ネガティブにばかり考えていては、これから来年9月7日まで続く長期戦を乗り切ることはできない。

特に今大会の最終予選は、これまでと違ってひとつのグループが6チームで構成されている。
つまり、総試合数は10試合もある(過去4大会はひとつのグループが4~5チーム、総試合数は6~8)。

試合数が多ければ多いほど、挽回のチャンスは増えるというわけだ。

では、今回のアジア最終予選の突破条件はどうなっているのか、ここで改めて整理してみたい。

まず、ロシア大会のアジアにおける出場枠は4・5枠。2グループに分けられたアジア最終予選は、
6チームで構成される各グループで2位以上になれば、そのままロシア行きの切符を手にできる(計4チーム)。

今回、日本代表が属するグループBにはオーストラリア、UAE、サウジアラビア、イラク、タイがいるが、
各国の実力の目安になる最新のFIFAランキング(8月11日更新)においては、49位の日本が最上位国。
以下、57位オーストラリア、61位サウジアラビア、74位UAE、113位イラク、120位タイ、と続く。

グループ4番目のUAEにホームで負けたのでやや説得力を欠くランキングではあるものの、
少なくともグループ最有力の日本が3位以下になる確率は低いと見るのが妥当。
初戦の黒星も最終戦の黒星も1敗は1敗と考えれば、それほど悲観することはない。

>>2以降につづく

週プレNEWS 9月2日(金)18時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160902-00071516-playboyz-socc

写真
no title

日本の逆転負けに韓国SNS大騒ぎ「日本はもう野球だけしていろ」 

1: 名無しさん 2016/09/02(金) 18:15:15.90 ID:CAP_USER9
サッカー日本代表のまさかの逆転負けを受け、お隣り韓国のSNS住民は“祭り状態”だ。韓国は中国を破り初戦をものにしているだけに、ますます気炎が上がっている。

 1日に行われたロシアW杯アジア最終予選UAE戦(埼玉)で、日本は1―2と敗戦。このニュースは韓国でもテレビで放送されるなど衝撃を持って迎えられている。

 韓国人のSNSをのぞいてみると、過激なコメントが飛び出している。

「万歳wwwww」

「日本はUAEにすら負けてしまう」

「日本はもう野球だけしていろ」

「誤審だ」と浅野の幻のゴールが入っていたと疑問を呈する者も。

「ワールドカップ出れなくて大号泣」

「負け組の日本と中国は韓国を応援してください」となんとも屈辱的な文言もある。

 2戦目のタイ戦(6日、バンコク)以降、挽回して本選出場を決め、あのときは大変だった…とハッピーエンドになってほしい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160902-00000036-tospoweb-socc
no title

タイのメッシ「日本代表は強い。だけど、負けることだってある。フットボールとはそういうものだ」 

1: 名無しさん 2016/09/02(金) 12:44:24.68 ID:CAP_USER9
 日本代表は1日にロシアワールドカップアジア最終予選でUAE代表と対戦したのち、6日にはアウェイでタイ代表と対戦する。

 “タイのメッシ”の異名を持つタイ代表FWチャナティップ・ソングラシンは、FIFA公式サイトのインタビューで日本戦に向けた自信を語っている。

「難しい試合になると思う。だけど、フットボールに不可能なんてないんだ。日本代表は強い。だけど、負けることだってある。オーストラリア代表だってそうさ。フットボールとはそういうものだ」

 日本が属するグループBの中で、タイ代表はFIFAランキングで最も低い120位に位置している。タイは過去に一度もワールドカップに出場したことはなく、最終予選では苦戦する試合が続くことが予想される。

 日本戦はタイにとってのホームだが、「監督は、ホームでは勝たなければならないと言っている。アウェイでは1ポイントでOKだけど、負けてはならない。ホームでは3ポイントが必要だ。難しいかもしれないけど、僕たちはできるはずだ」と大一番での勝利を誓っている。

 タイ代表は1日にアウェイでサウジアラビア代表と対戦し、6日に日本代表をホームに迎える。

フットボールチャンネル 8月31日 18時1分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160831-00010035-footballc-socc
no title

日本×UAE戦 いつものブラジル人記者の採点がやはり妥当だと話題に! 

260: 名無しさん 2016/09/01(木) 23:09:48.97 ID:iAXrjj3n0
いつものブラジル記者

no title

W杯アジア最終予選 UAE戦 日本代表採点!最低点は香川、大島、長谷部、ハリルの『4.0』 

1: 名無しさん 2016/09/01(木) 21:33:48.93 ID:CAP_USER9
9月1日、日本対UAEの一戦が行われ1-2で日本は逆転負け。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

先制を決めた日本代表だったが
【日本 1-2 UAE 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

西川周作 4.5 同点FKは弾き出せないようなコースだったのか。普段の彼なら処理したはずだが
酒井宏樹 5 果敢にオーバーラップし、右サイドに厚みをもたらす。挑発に乗り無駄なイエロー
吉田麻也 4.5 判定に泣かされた感はあるが、バイタルエリアでのファウルは...
森重真人 5 相手のカウンターは基本的に後手に回っていた
酒井高徳 4.5 不用意な横パスで味方を慌てさせる。好クロスもあったが、大半は精度欠く
大島僚太 4 Aマッチデビュー。ひ弱な場面もあったが徐々に順応。PK献上はいただけない
長谷部誠 4 100試合目のAマッチ。自陣でのありえないボールの奪われ方でPKのきっかけに
香川真司 4 ほとんどの時間で存在感がなく、勝ち越しの決定機はまさかの枠外
本田圭佑 5.5 貴重な先制弾でエースの働き。その後も果敢にゴール迫った
清武弘嗣 5.5 精度の高いキックでゴールを演出した。チームを救う劇的な活躍は見せられず
岡崎慎司 5 前線からの守備で貢献。ストライカーの仕事はせず

宇佐美貴史 5.5 巧みなドリブルとコンビネーションは相手の脅威になった
浅野拓磨 4.5 スピードは武器となったが、その他のプレー精度が低い。
原口元気 5 相手のエリアでキレを見せるもゴールは奪えず

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 4 選手の力不足か指揮官の分析不足か、最終予選は黒星発進。攻撃のカードも不発

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160901-00010035-footballc-socc
フットボールチャンネル 9月1日(木)21時32分配信

no title

【日本×UAE 試合結果】日本、審判の誤審に泣く!ホームでまさかの1-2逆転負け!![全ゴール動画有] 


2018年ロシアワールドカップ アジア最終予選(B組)
日本 1-2 UAE

■ 得点:
1-0 本田 圭佑(前半11分)
1-1 アハメド ハリル(前半20分)
1-2 アハメド ハリル(後半9分)

▽キックオフ:2016/09/01(木)19:35
▽スタジアム:埼玉スタジアム2002(埼玉)
▽主審:ジャシム(カタール)

CqrH6ICXgAARLMh

動画がリンク切れする場合があります。ご了承下さい


【日本×UAE 前半終了】本田のゴールで先制するもFKで追いつかれ1-1前半終了[全ゴール動画有] 


2018年ロシアワールドカップ アジア最終予選(B組)
日本 1-1 UAE

■ 得点:
1-0 本田 圭佑(前半11分)
1-1 アハメド ハリル(前半20分)

▽キックオフ:2016/09/01(木)19:35
▽スタジアム:埼玉スタジアム2002(埼玉)
▽主審:ジャシム(カタール)

CrQ4qMfUMAEKZXZ
動画がリンク切れする場合があります。ご了承下さい


【速報】ロシアW杯最終予選 UAE戦 日本代表スタメン発表!大島、香川、清武スタメン!! 

★: 名無しさん

57c77d90-c880-42fb-89d6-1bbdd3093d95


セルジオ越後「アジア予選なんて突破して当たり前と思っている人も多いかもしれないけど、ラクなグループじゃない」 

1: 名無しさん 2016/09/01(木) 12:45:14.86 ID:CAP_USER9
いよいよ2018年ロシアW杯のアジア最終予選が開幕。日本はホームでUAEとの初戦(9月1日・埼玉)を迎える。

日本の入ったB組にはオーストラリア、サウジアラビア、UAE、イラク、タイがいて、6チーム中の上位2チームがW杯出場権を獲得し、3位のチームがプレーオフに回る。

客観的に見れば、オーストラリアと日本の“2強”が有力だけど、タイを除いた他チームとの差はそれほど大きくないと思う。特に情報の少ないサウジ、イラクは不気味だね。

アジア予選なんて突破して当たり前と思っている人も多いかもしれないけど、決してラクなグループじゃない。だから、今回もホームでしっかりと勝ち点3を重ねていくことが大事。W杯予選を勝ち抜くための“鉄則”だ。

その意味でも、初戦のUAE戦は重要だ。初戦の緊張感はもちろん、昨年1月のアジア杯準々決勝でPK戦の末に敗れ、今度は負けられないというプレッシャーも加わる。引いて守る相手をどう崩すのかという継続的な課題もある。続くアウェーのタイ戦(9月6日)、ホームのイラク戦(10月6日)と3連勝して、勢いに乗った状態でオーストラリアとのアウェー戦(10月11日)に臨めれば最高なんだけど、果たしてどうなるかな。

世間はいまだリオ五輪の余韻に浸っていて、現時点では最終予選への注目度は低い。サッカー関係者としては残念だけど、それも仕方のないことだろう。日本はオリンピック人気の高い国で、今回はたくさんメダルを獲った。4年後には東京五輪も控えている。サッカーもメダルを獲得していれば、最高の盛り上がりのなかでUAE戦を迎えられたはず。

でも、現実はグループリーグ敗退という成績で大会を終え、まったく話題にならなかった。A代表でのプレーを見たいと思わせるような選手も出てこなかった。

こうした若手が伸びてこない状況には、ハリルホジッチ監督も頭が痛いはず。誰が監督だろうと、今回も2010年南アフリカW杯を戦った本田、長友、長谷部など“いつものメンバー”を起用せざるをえないと思う。でも、彼らも年齢が上がり、上積みも少なくなってきた。さすがにマンネリ。相手にも研究し尽くされている。リーグ開幕戦で出番のなかった本田など、所属クラブでパッとしない選手も多い。

そんななか、今のところ期待を持てそうなのは、新天地セビージャで上々のスタートを切った清武かな。これまでは故障などもあり、代表では控えの一番手といった感じだったけど、今の調子で活躍を続ければ、スタメンに近づくのはもちろん、ほかの選手にも刺激を与えられる。

あとは海外再挑戦の宇佐美、アーセナルからのレンタルでシュトゥットガルトでプレーする浅野、ケガからの完全復活を目指す武藤、五輪代表の主力だった遠藤、大島、Jリーグで好調の川崎を牽引(けんいん)する小林など、奮起してほしい選手はたくさんいるんだけど、現状ではアピールが全然足りていないね。

いずれにしても、これから1年間続く最終予選の間に新しい選手が出てこなければ、たとえW杯本大会に出場できても、多くは期待できない。惨敗したブラジルW杯の二の舞いだろう。

この閉塞(へいそく)的な状況をどう打ち破るのか。日本サッカーは重い宿題を背負って最終予選を戦うことになる。

(構成/渡辺達也)

週プレNEWS 9月1日 11時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160901-00071247-playboyz-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索