Samurai Goal

ワールドカップ


スポンサード リンク





なでしこジャパン発表、W杯に向けた最後のサバイバルに岩渕や阪口ら不在…「若手が思った以上に」 

20190320-40449038-gekisaka-000-2-view[1]

カタールW杯、増枠も日本が余裕ではない4つの理由/アジア東西分割予選だと韓国、豪州、北朝鮮、中国と対戦  

1: Egg ★ 2019/03/17(日) 08:50:17.20 ID:Qu4YIAFN9
国際サッカー連盟(FIFA)は15日、米フロリダ州マイアミで理事会を開き、22年ワールドカップ(W杯)カタール大会の出場チームを32から48に拡大する案を、近隣国との共催を条件に実行可能と認めた。6月の総会(パリ)で可決され正式に決まる。

アジアからの出場チームは8以上となり、前回18年ロシア大会までの5から大幅に増える。4年に1度行われるW杯は、米国、カナダ、メキシコが共催する26年大会を48チームで実施することが既に決まっている。
拡大の前倒しを事実上、実現にこぎつけたFIFAのインファンティノ会長は211の加盟協会、連盟の「9割が賛成している」とした。日本にとっては朗報。
アジア予選突破が容易になると思われるが、そう甘い話ばかりではない。W杯8強入りを狙う日本代表に、この出場枠拡大がどう影響するのか? 4点に絞って検証した。

【1】開催国枠どうなる
カタール単独での48チーム受け入れは不可能とされ共催の候補国にはクウェート、オマーンのほか、17年6月から続いているカタールとの断交解除が必要とした上でサウジアラビア、UAE、バーレーンも含まれた。
FIFAはカタールだけでなく、共催国にも開催国枠を与えるか確認が必要としているが、仮に5カ国が開催国として出場した場合はアジアの8枠は3枠に減るのか?? そうなれば一気に、これまでより狭き門に。
1月のアジア杯ではW杯出場経験のないタイやベトナムなどの東南アジア勢が躍進しただけに、日本は予選から一層気が抜けなくなる!?

【2】アジア東西分割予選だと
6月にスタートする予定のアジア予選の方式は未定となっている。日程面などを考慮した場合、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)と同様にほぼ東西分割で行われる案がないともいえない。
アジア連盟は西の中東勢が政治的に力を持つ。西アジア勢には確実に4枠を確保したい思惑がありそう。そうなれば、日本は韓国、オーストラリア、北朝鮮、中国といったW杯出場経験国と戦うことになってしまう。
日韓戦、日中戦などピッチ外の戦いも激化しそうな試合が次々やってくる。W杯出場を懸けた日韓戦は、本大会以上に盛り上がりそう。ちなみに、両国のW杯予選の対戦は97年11月1日のフランス大会予選(日本2-0)が最後。

【3】楽しみ減る?
48カ国に拡大されると、1次リーグ(L)は3チームずつ16組に分かれ、上位2チームが決勝トーナメントに進む方式となる。従来のW杯は、出場すれば少なくとも1次L3試合が保証されたが、
わずか2試合で大会を去る可能性もあるというわけだ。FIFAは48チームが参加することによって、2億6200万ドル(約288億円)の黒字と試算。日本は目標の8強以上に勝ち進むことができればいいが、2試合で終わってしまっては寂しすぎる…。

【4】強豪国増
最大勢力である欧州の出場枠も13から16となり、単純に日本より格上が増える。ロシア大会では4度優勝のイタリア、準優勝3度のオランダが欧州予選で姿を消した。出場枠拡大で、強豪国が予選で姿を消すというケースも減ることになりそうだ。
さらに、出場枠拡大の前倒しをFIFAに提案した南米の出場枠も4から6に。これまではブラジルとアルゼンチンが予選で疲弊してしまうこともあったが、その負担も軽減されそう。W杯8強を目指す日本にとっては、できれば避けて通りたい相手が増えることになる。

◆W杯の出場チーム数 1930年に13チームが参加して第1回大会がウルグアイで開催された。54年スイス大会から16チームで定着、82年スペイン大会からは24チームで争われ、98年フランス大会に現行の32チームに拡大。
この大会はアジアの出場枠が2から3・5に増え、恩恵を受ける形で日本が初出場を果たした。

<22年W杯拡大案の経緯>

▼18年4月 南米連盟が48チーム開催をFIFAに要請。FIFAのインファンティノ会長が「真剣に考えたい」と明言。欧州連盟が各国リーグなどとの日程過密化を懸念し反対表明。
▼同12月 同会長が拡大の是非を19年3月の理事会で決めると明言。
▼19年2月 同会長がクウェートを訪問。
▼同3月 同会長がオマーンを訪問。
▼同3月 FIFA作業グループが実行可能性の肯定的な報告書を提出し、FIFA理事会が拡大案に基本合意。

3/17(日) 7:52配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-03170035-nksports-socc

写真
no title


【サッカー】<カタールW杯の出場国枠が「48」になる?>「アジア枠」は8枠か8.5枠へと倍増..開催国を加えれば9枠、9.5枠となる計算
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1552609530/

カタールW杯の出場国枠が「48」に?「アジア枠」は8枠か8.5枠へと倍増..開催国を加えれば9枠、9.5枠となる計算 

3726541f-f459-babc-6d83-9293ad1f5524




1: Egg ★ 2019/03/15(金) 09:25:30.06 ID:GYe3xbHQ9
カタール一国では厳しく、周辺国と連携できればあるいは…

現地時間3月15日の金曜日、アメリカのマイアミで開催されるのがFIFA(国際サッカー連盟)評議会だ。複数の重要な議題が話し合われるということで、世界中のメディアが注目している

 今回の3大テーマとされているのが、以下の案件だ。

・カタール・ワールドカップから出場枠を48に増加すべきか。
・現行のクラブワールドカップを廃止して、4年に一度の24チーム参加による大会にモデルチェンジする。最短の開催は2021年夏。
・UEFA(欧州サッカー連盟)が始めたネーションズリーグのワールドワイド版、「グローバル・ネーションズリーグ」の創設。

 なかでも最大の関心事は、やはり2年後のワールドカップの出場枠だろう。2026年大会(アメリカ・カナダ・メキシコの共催)から採用される公算が高かったが、ジャンニ・インファンティーノFIFA会長がみずから陣頭指揮に立ち、強力にカタール大会での前倒しを推進しているという。日本代表にも直結し、今年秋からスタートする予定のワールドカップ予選にも当然影響するトピックスだ。

 はたして実現の可能性はいかほどなのか。アメリカの大手スポーツネットワーク『ESPN』がFIFAの狙いと実現性を徹底解析しているので、その見解をお伝えしよう。

 同メディアは結論として、「今大会ではまず難しいだろう」と見ている。

 カタールは国土が狭く人口も少ない。ホストカントリーとしての開催能力は現行の32か国を迎えるだけでも手いっぱいの状況。そもそも2026年大会の3か国はカタールと比べて、人口で200倍、国土で2000倍もの差があるため、48か国での開催も問題なしとFIFAがお墨付きを与えていたのだ。

 しかしながらインファンティーノ会長とその推進グループは、2026年大会と同様にカタールの周辺国を巻き込めば、2022年大会でも開催できると踏んでいるという。クウェートやオマーンが該当国なのだが、『ESPN』は「数か所のスタジアムを改装・改築するにしても、この2か国が開催条件を満たすのは厳しい」と予測。「やはりサウジアラビア、バーレーン、エミレーツ(UAE/アラブ首長国連邦)の3国の協力が不可欠だ」と論じている。

日本時間土曜日のAM2時から記者会見を予定

 ご存知の通り、カタールはそれらの国々とほぼ国交を断絶している状態だ。カタールが国際テロ組織を支援しているという理由で、物とひとの往来が基本的に禁止されている。『ESPN』が48枠への増枠を不可能と見ているのはまさにこれが最大の要因なのだが、インファンティーノ会長に別の野心があるのではないかと推測している。

「インファンティーノの反対勢力からは、こんな声が聞こえてくる。もし共同開催に漕ぎつけ、中東のこの緊迫した状況をフットボールによって平和的に緩和できたとしたなら、彼はノーベル平和賞の有力候補となるだろう、と。いずれにせよ、今回の評議会での決定が最終ではない。7月にパリで行なわれるFIFA総会で“青信号”かどうかが決まるのだ」

 ちなみに「16枠」増えることで、FIFAはおよそ4億ドル(約444億円)の増収が見込まれるという。そして気になる「アジア枠」だが、こちらは8枠か8.5枠へと倍増する可能性が高く、開催国のカタールを加えれば9枠または9.5枠となる計算だ。今秋以降に予選を戦う森保ジャパンにとっては驚くほどハードルが低くなるが……。結果的にどんな採決が下されるのか、注目だ。

 FIFAは評議会の結果を受けて、日本時間の3月16日午前2時から記者会見を行なうと発表。その模様は公式YouTubeでもライブ中継される予定だ。

3/15(金) 5:45配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190315-00010004-sdigestw-socc&p=1

<日本人サッカーファンの意識に変化>国別対抗から都市別対抗の潮流へ  

1548074538_aflo_owdm315495




1: Egg ★ 2019/03/05(火) 20:00:49.49 ID:rUGMuR+99
サッカーファンの気質は一頃に比べ大きく変わった気がする。代表チームを応援するために海外まで駆けつけるファンの数は、それこそかつての10分の1にも満たない状況にある。

 ロシアW杯の期間中にも触れたことだが、ロシアと日本は、W杯開催国としては2002年W杯を共催した韓国に次ぐ近さで、2018年ロシアW杯は、まさに行き時だった。実際にロシアに行ってみて、そう強く実感したわけだが、現地を訪れた日本人サポは出場した32チーム中、お尻から数えたほうが断然早いと思われるほど少なかった。ロシアで4試合戦った日本代表だが、ファンの数で勝っていたのはセネガル戦ぐらいだった。

 その傾向はUAEで開催されたアジアカップでも、さらに顕著な形となって現れた。日本はどの試合もサポの数で劣っていた。圧倒的に少ない試合もいくつかあった。優勝候補らしからぬ、冷めた姿を露呈させた。このアンバランスな関係が、スタジアムで異彩を放っていたという感じだった。

 スタンドを埋めた日本のファンの内訳は、大きく分けてUAE及びその周辺国で暮らす人たちと自国から遠路、駆けつけた人の2種類になる。他の国のファンがどんな構成だったか正確には分からないが、ベトナムのような国は現地で暮らす人が大半を占めているようだった。

 日本も決勝戦(対カタール)だけはそれなりの応援団が集めたが、その中心は、UAE及び周辺国諸国に暮らす人で、日本から駆けつけたファンはせいぜい100人程度だったと思われる。

 その1ヶ月前、UAEではクラブW杯が開催され、日本から鹿島アントラーズが出場した。緒戦でグアダラハラ、準決勝でレアル・マドリー、3位決定戦でリバープレートと対戦。4位に終わったが、日本から駆けつけたサポーターは日本代表に大きく勝っていた。

 アジアカップとクラブW杯の違いは対戦チームにある。アジアカップでは準決勝を戦ったイランが最も強敵であり、魅力的なチームになるが、クラブW杯の場合はこれがレアル・マドリーになる。試合に敗れる可能性は高いが、相手チームはサッカーファンなら1度はナマで見たい豪華メンバーの集団で、観戦のモチベーションは高くなる。

 クラブW杯準決勝、鹿島対レアル・マドリーと、アジアカップ準決勝、日本対イラン戦、現地で生観戦したいのはどっち? と問えば、鹿島対レアル・マドリーと言い出す人の方が圧倒的多数を示すだろう。

 しかし、日本代表戦は相手がいいチームでも、出かけていかなくなっている。ロシアW杯に話は戻るが、その決勝トーナメント1回戦で戦ったベルギーは、クラブレベルではレアル・マドリーやバルセロナには及ばずとも、その下のパリサンジェルマン、リバプール級のチームだった。

 実際、試合内容も抜群によかった。レベルもエンタメ性も上々。ドーハやジョホールバルを超える、日本サッカー史に燦然と輝く大接戦だった。ところが、この一戦が行われたロストフの現場に、日本人サポは何人もいなかった。それらしき人が占める割合は、客席の数パーセントを占めるのみだった。

 1993年のドーハには、もっと多くのサポが駆けつけていた。1997年のジョホールバルは、スタンド丸ごと日本人サポにジャックされた中で行われた試合だった。それから20数年後、代表を応援する熱は大きく低下たように見える。

 ピークはW杯で言えば初出場した98年フランス大会。06年ドイツ大会も多くの日本人ファンが現地を訪れたが、それ以降10年南アW杯、14年ブラジルW杯、18年ロシアW杯を経る中で、その数は右肩下がりの一途を辿った。そして先のアジアカップだ。代表チームを現地まで応援に出かける観戦文化そのものが、失われてしまったように見える。ネットやテレビで視聴できれば、それでオッケーと言うことなのだろうか。

つづきはこちら

2019年3月5日 16時49分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16113491/

キングカズNHK生出演 W杯に出ていたら今も現役?の質問に「続けている」 

20190217-00000144-dal-000-3-view

キングカズ NHK生出演でドーハの悲劇&フランスW杯落選語った「一生消えない」 

20190217-00000144-dal-000-3-view

<チリ>アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイと2030年W杯の共催招致に立候補することに合意!  

39278cf3cfc7e0ccb7f6e37c4334263e-800x533




1: Egg ★ 2019/02/15(金) 21:56:25.21 ID:7UihB2XJ9
チリのセバスティアン・ピニェラ大投票は14日、同国がアルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイとともに2030年ワールドカップの共催招致に立候補することが合意に達したと明らかにした。

2030年大会は、第1回ワールドカップが開催された1930年大会から100年後という記念の大会となる。その第1回大会を開催したウルグアイが再度の開催に意欲をみせ、その後アルゼンチン、パラグアイも加えた3ヶ国共催を目指すことが昨年4月に正式発表された。

その共催計画に、アルゼンチンと国境を接するチリも新たに加わることが表明された。ピニェラ大統領は公式ツイッターで、他の3ヶ国の大統領と共催立候補に関して合意したことを発表している。

ワールドカップは2026年大会より、出場チーム数が現在の32から48に拡大されることが決定している。その2026年大会はアメリカ、カナダ、メキシコの北中米3ヶ国での共催が決定済み。4ヶ国共催となれば国数では史上最多となる。

2030年大会開催には他にモロッコ、スペイン、ポルトガルの共催案や、イングランドを含めた英国での開催案などが伝えられている。韓国サッカー協会会長が日本、中国、北朝鮮を含めた東アジア4ヶ国共催を目指す可能性に言及したこともあった。

2/15(金) 21:43配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00309635-footballc-socc

ザッケローニ氏「W杯において、アジアのチームの方がアフリカ勢よりも先に優勝できると思う」  

20180909_Alberto-Zaccheroni




1: Egg ★ 2019/02/13(水) 06:52:39.38 ID:y25u/ia59
元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が、イタリア紙『コリエレ・デラ・セーラ』のインタビューに応じ、アジアサッカーについて自身の見解を示した。

世界一のランジェリーモデルはチェックした?W杯出場32カ国の女神たち/32枚

ブラジル・ワールドカップで日本の指揮を執ったザッケローニ氏は、中国の北京国安を経て2017年11月にアラブ首長国連邦(UAE)の指揮官に就任。アジアカップでは、開催国の指揮官としてチームを準決勝へと導いた。その準決勝では、隣国カタールに0-4と完敗したが、政治的対立の影響もあり、靴などがピッチに投げ込まれる騒動が起こった。ザッケローニ氏は当時を振り返る。

「私は頭に血が上っていたので全く気付かなかったが、敗戦に対する怒りとカタールとの政治問題が結びついてしまったのだろう。アジアにおける私の経験の中では、このときよりも緊張感や敵意を感じたことがある。日本の指揮官として北朝鮮へ行ったときのことだ。平壌の空気は本当に重苦しいものだった。ホテルでは私の部屋の外に4人の私服の警官がいたし、スタジアムでの記者会見では、質問を受けて私が答えようとすると、すぐに別の質問が飛んだ。非現実的なものだった」

■アジアはアフリカより先にW杯で優勝する

続いて元日本代表指揮官は、台頭しつつあるアジア勢について見解を示した。中でもインドの成長を予想している。

「アジア杯では、中国の(マルチェロ)リッピ、フィリピンの(スヴェン・ゴラン)エリクソン、イランの(カルロス)ケイロス、ウズベキスタンの(エクトル)クーペル、さらにサウジアラビアの(フアン・アントニオ)ピッツィがいた。こうした動きが各国でのサッカーの成長を後押ししている。W杯において、アジアのチームの方がアフリカ勢よりも先に優勝できると思う。インドが出遅れている?そんなことはない。私はどの国よりも驚かされた。大きく成長しているし、才能ある選手も多い。選手の絶対数も多いことから、将来的に最も興味深い国だと考える」

2/12(火) 11:07配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00000000-goal-socc

セネガル代表FWマネ、W杯の日本戦を回想「勝てると思っていたから驚いた」 

20190213-00906323-soccerk-000-1-view

<カズ>失意のW杯メンバー落選…21年前の真相を激白「岡田さんの顔見た時に自分だと思った」  

5cb2ebcc




1: Egg ★ 2019/02/11(月) 23:02:40.14 ID:wwZHQ6Y19
日本中に衝撃が走ったあの時からはや21年。グアムで自主トレーニング中だったカズを30年来の付き合いになる盟友・北沢さんが訪ねての対談形式で“あの時”について初めてじっくり話し合った。

盟友とはいえ、2学年上のカズに対して緊張感もにじませる北沢さんに対し、カズはいつもの柔和な笑みを浮かべながら対談がスタート。
平成で一番高い買い物は何だったか問われたカズが「マンション。2億7000万円。あの年でよく買ったよね…。25歳(の時)」とサラリと答えるなどなごやかに話は進んだ。

だが、話は徐々に“核心”へ。北沢さんが「僕は岡田監督から(外す)ポジションがないって理由として言われたんですよ」と落選の瞬間を明かすと、カズは「それは同じです。使うところがないって」と打ち明けた。
北沢さん「今だから言いますけど、W杯のメンバーから外れたところで、カズさん、パッと何が浮かんでくるんですか?」

カズ「何が浮かんだかね…」
北沢さん「僕は家族…。親孝行としては親を(W杯に)連れて来るっていうことが…。冷静にいられました?話を聞いた時に」

カズ「もう岡田さんの顔見た時に自分だと思った」
北沢さん「ああ、確かに」

カズ「部屋開けた瞬間ね。その時、どう思ったかなあ…。やっぱり“ドーハの悲劇”のこと、あそこでW杯に行けなかった。W杯(初出場を)決めた。また直前で行けない。ああ~W杯と縁がねえなって。
いろいろ思い出すとね、やっぱりきついよね、あの状況は」

北沢さん「そうですね」

自身の落選を伝えられた北沢さんはその足でカズの部屋を訪ね、そこでカズもメンバーから漏れたことを初めて知った。カズの部屋には、主将を務めていたDF井原正巳(51=現J2柏ヘッドコーチ)とFW中山雅史(51=現J3沼津)の姿が。
2人は言葉を発することもできず、井原は泣いていたという。「(2人は)言葉が出なかっただろうね…。悔しいじゃないですか。今の人にあの頃の外れた理由みたいなの言ってもピンとこない部分てあると思うんですよ。
ただ、外れたんでしょ?って。調子悪かったんでしょ?って。そういう理解じゃないですか、今。調子いい悪い関係なく。W杯たどりつくためにね、(初招集された)90年から7年間、自分たちが中心であの日本代表は来たって思いがあるじゃない?
代表への思い入れ、W杯への思い入れが人より強いと思ってやってきましたから」

代表落選後、2人は極秘でイタリアのミラノに直行。そこで1泊20万円の高級ホテルに宿泊し、カズはW杯への思いを吹っ切るかのように髪を金色に染めてから日本に帰国した。
金髪にした理由について「あんまり意味はない。遊び心的な」と笑うカズ。「ミラノ、雰囲気良かったでしょ?一番高い部屋に2人で泊まっちゃってさ」1泊20万円のホテル代は「サッカー協会に後から請求したら払ってくれたね」と再び笑った。

「魂は置いてきた」の名言は準備してきたのか?という北沢さんの疑問には「瞬発力だよ、あんなの。ホントだよ」と大笑いしながらキッパリ。
「オレ、会見中2度見しましたよ、カズさんのこと」という北沢さんに「絶対人のことは言っちゃいけない。自分のことだけ。今まで一緒にやって来た仲間がね、行くわけだから」と言い切った。

「自分1人だったら、あの時どうなっていたか」と自身を振り返る北沢さんに「行くしかないもんね。先に進むしか」とカズ。北沢さんの「平成でやり残したことは?」という質問には「ないね!特別」と即答するキングカズだった。

2/11(月) 22:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000154-spnannex-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索