Samurai Goal

ローマ


スポンサード リンク





<ローマ>アメリカの『フリードキン・グループ』とのクラブ売却交渉が合意に達したと発表!パロッタ体制終焉 

スクリーンショット 2020-08-07 14.55.33




1: 2020/08/06(木) 21:22:28.05 _USER9
ローマは5日、アメリカの『フリードキン・グループ』とのクラブ売却交渉が合意に達したと発表した。

なお、正式契約は6日夜に予定されており、8月末までにすべての取引を完了させる見通しとのことだ。

ローマの過半数株主である『AS Roma SPV, LLC』が、イタリアの証券市場を規制する政府機関『CONSOB』に提出した財務報告書によると、『AS Roma SPV, LLC』は、『フリードキン』に対してクラブ経営権を含む関連資産を売却し、『フリードキン』は関連負債を引き取ることになるという。

株式売却に関してはチームに関連する3.3%、『AS Roma SPV, LLC』の関連会社である『NEEP Roma Holding S.p.A』が保有する83.3%を合わせた86.6%が『フリードキン』に売却されるという。

また、すべての取引が完了した場合、『フリードキン』はチームの発行済株式(約13.4%)を対象とした強制的な公開買付けを開始する義務を負うことになる。
今回のクラブ売却合意を受け、ジェームズ・パロッタ会長、『フリードキン・グループ』の代表を務めるダン・フリードキン氏は、以下のようなコメントを残している。

◆ジェームズ・パロッタ会長
「ASローマの売却に関して、フリードキン・グループとの合意を確認できたことを嬉しく思う。我々は今夜契約書にサインし、今後数日のうちに、クラブの売却に繋がる正式な法的手続きを完了させるために協力していくことになる。この1カ月間、ダンとライアン・フリードキンは、この契約を完成させ、クラブを前向きに前進させることに全力で取り組んでくれた。彼らがASローマの将来の偉大なオーナーになることを確信している」

◆ダン・フリードキン氏
「フリードキン・グループのスタッフ全員が、この象徴的な街とクラブの一員になるための一歩を踏み出せたことをとても嬉しく思っている。一日も早く交渉を完了させ、ASローマのファミリーに浸れることを楽しみにしている」

今回の合意によってローマの新オーナーになることが決定的となったダン・フリードキン氏は、アメリカにおける『トヨタ自動車』のメジャーディーラーの1つ、『Gulf States Toyota Distributors』のチェアマンを務める実業家だ。

両者は昨年からクラブ売却に向けた交渉を行っており、今年2月末には7億ユーロ(約877億円)の金額で大筋合意に至っていた模様だが、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックによって両者は一時交渉をストップ。その間にコロナ禍による経済への深刻な打撃もあり、『フリードキン』サイドが大幅な減額での再オファーを掲示すると、5月末に一時交渉が決裂していた。

しかし、パロッタ会長自身が深刻な財政問題を抱えていたこともあり、最終的には5億~6億ユーロ(約626億~751億円)という条件での合意となった模様だ。

2011年にアメリカ系投資グループによって買収されたローマは、2012年8月にパロッタ氏が会長職に就任。この間に財政状況を好転させ、2017-18シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出の快挙も成し遂げた。

その一方で、遅々として進まぬ新スタジアム建設、フランチェスコ・トッティ、ダニエレ・デ・ロッシと2人のバンディエラの退団というネガティブな話題も目立ち、近年ほとんどローマを訪問しないパロッタ会長への不満は高まっていた。

さらに、今年に入って巨額の負債が明らかになっており、今夏の移籍市場に向けては多くの主力の放出を余儀なくされると見られていた。だが、『フリードキン』へのクラブ売却が合意に至ったことで、今後に向けて少しずつ光明を見いだせそうだ。

なお、今季のセリエAを5位フィニッシュしたローマは、6日に中立地ドイツで行われるヨーロッパリーグ(EL)のラウンド16でセビージャと対戦する。

8/6(木) 16:27 超ワールドサッカー
https://news.yahoo.co.jp/articles/af6ea3245d75a48c74a55f3121f7171aa7b13ac8

「ローマだけではない」 冨安健洋は“万能戦士”…プレミア2クラブも獲得に興味と伊報道 

20200531-00264606-soccermzw-000-1-view

ローマ一筋のトッティ、レアル移籍の可能性があったと告白…「ラウール以下の権利を与えられるはずだった」 

20200519-00010000-goal-000-1-view




1: 2020/05/19(火) 11:25:56.20
選手キャリアを通じてローマ一筋でプレーし続けた元イタリア代表FWフランスチェコ・トッティ氏だが、レアル・マドリーに移籍する可能性が「80%」存在していたという。

スペインのフットボールカルチャーマガジン『リベロ』とのインタビューに応じたトッティ氏は、2000年代前半に、自身の憧れのクラブでもあったレアル・マドリーに移籍する可能性があったことを告白。「言ってしまえば、80%の確率でレアル・マドリーに移籍する可能性があった。それにローマは良い時期ではなかったから。(当時のローマ会長)センシは、僕のために何でもしてくれただろうけどね」と語った。

トッティ氏によれば、レアル・マドリーは当時ルイス・フィーゴ氏がつけていた背番号10を与える考えがあるなど、ほとんど糸目をつけることなく同氏の獲得を望んでいたという。ただし、チームの象徴であったラウール・ゴンサレス氏だけは、アンタッチャブルであったようだ。

「当時の10番はフィーゴだった? 私はあそこに移籍するため、あらゆることを与えられようとしていた。あらゆることを、ね。ただ、それはキャプテンの座以外だった。なぜならば、あそこにはラウールがいたからだ。ラウールは誰よりも権利を持つべき選手だった。彼はレアル・マドリーのキャプテン、象徴であり、誰よりも権利を持っていなくてはいけなかった。どんな選手であっても、手にするものはラウール以下でなくてはいけなかったんだよ」

「2004年、僕はローマとの契約が終わろうとしていた。会長と僕は、自分個人というか、そのほかのことでいくつかの問題を抱えていて、そのときにマドリーから金に糸目をつけないオファーを提示された。どんな額でもかまわなかったんだ」

「なぜ断ったのか? 拒絶したというわけじゃない。本当に考えたよ。さっき言ったように、あそこに移籍する可能性は80%あったんだ。決断は、自分の心でもって決められた。ファン、友人、家族のことを考えて決めたんだ。私はほかの選手たちが常々行ってきたことと違うことをした。多くの選手がマドリー、バルセロナ、バイエルン・ミュンヘンに移籍していったが、自分は残留することで、ほかとは違うのだと感じたのさ。僕は良い選手だったが、加えてずっと同じユニフォームを着ている選手としても、ほかと違ったんだ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200519-00010000-goal-socc

ローマ、今季3月までの負債額は322億円超…新型コロナの影響で昨季より大幅増 

20200516-01070607-soccerk-000-4-view




1: 2020/05/16(土) 20:04:27.56
ローマは15日、昨年7月から今年3月にかけての貸借対照表(バランスシート)を公表した。同日、イタリアメディア『Calcio Finanza』などが伝えた。

ローマの発表によると、2020年3月31日時点の流動負債と固定負債を連結した調整後の純有利子負債額は、2億7849万8000ユーロ(約322億6400万円)に。2019年6月30日と比較して、約5790万ユーロ(約67億円)増加した。
法律に基づき、ローマは6月26日に株主総会を開くことになる。

また、ローマは4月末には今季の決算表も発表しており、こちらはおよそ8700万ユーロ(約101億円)の赤字となっていた。ローマは同時に選手やスタッフが4カ月間の給与カットに合意したことも発表。
これにより、およそ2760万ユーロ(約32億円)の経費削減が見込まれている。

それでも、ローマが危機的状況なのは変わらない。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、新型コロナウイルスの影響でシーズン打ち切りになった場合、
放映権料やチケット代の減少によって、シーズン終了時の同クラブの赤字は1億ユーロを超えることになるようだ。

ローマはアメリカの億万長者ダン・フリードキン氏による買収が噂されてたが、同氏との交渉は新型コロナウイルスの感染拡大による影響で鈍化した模様。
これも今季のバランスシートや決算などに影響を与えたと見られている。
そんななか、新たにサウジアラビアのモハメド・ビン・サルマン皇太子がクラブ買収に乗り出したようだが、果たしてクラブの救世主は現れるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200516-01070607-soccerk-socc
5/16(土) 13:01配信

<ボローニャ>冨安健洋の今夏退団を拒否…ローマらが狙うも29億円を要求か 

1: 2020/05/16(土) 07:22:11.28
ボローニャに冨安健洋を放出する意思はないようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

昨夏の移籍市場でベルギーのシント=トロイデンからセリエAのボローニャに加入した冨安。本職ではない右サイドバックを新天地の主戦場とするものの、リーグ戦中断まで公式戦21試合で2アシストを記録するなど、シニシャ・ミハイロビッチ監督の信頼を掴むとともに、評価は急上昇。この活躍を受け、セリエAの強豪の1つであるローマが冨安に興味を持ち、今夏の移籍市場で獲得を熱望すると頻繁に報じられる。

しかし、ボローニャは冨安の残留を強く望む様子。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ローマはすでにアレッシオ・リッカルディやアレクサンダル・コラロフ、フアン・ジェズスといった選手を譲渡するオファーを提示したものの、ボローニャが拒否したようだ。

ボローニャは冨安の移籍金として最低でも2500万ユーロ(約29億円)を求めており、今夏の放出を頑なに拒むと考えられている。

5/16(土) 6:59 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/dd7a6211f4a0e6583e64e6caa8c1290acdc93370

写真
no title

<中田英寿>日本人の低評価覆した21歳!1年で弱小ペルージャから名門ローマへ...29歳の若さで電撃引退 

1: 2020/05/15(金) 08:34:22.08
日本選手の欧州移籍やビッグクラブでのプレーが当たり前のようになった日本サッカー界だが、以前は夢物語だった。世界を目指して海を渡り、道を切り開いた先駆者4人の功績を振り返る。

 ◇衝撃のデビュー

 1998年9月13日。21歳にして当時世界最高峰のイタリア1部リーグ(セリエA)、ペルージャに移籍した中田英寿は、開幕戦のピッチに立った。ジダンらを擁す王者ユベントスをホームに迎え、鮮烈の2ゴール。昇格直後のチームは3―4で敗れたが、目の肥えたファンの日本人への評価を一変させる活躍だった。

 この3カ月前。日本の初出場となったワールドカップ(W杯)フランス大会で、中田はスカウトの目を意識し、金髪にして戦った。屈強な相手にも倒れない球際の強さと、非凡なパスセンスは、全敗したチームの中でも際立っていた。

 欧州各国から複数オファーが届いた中で、弱小のペルージャを選んだ。その理由を昨年、ネットテレビ番組で明かした。「試合に出られる可能性が高いから」。定めた目標へ、いかに早くたどり着けるか。プレー同様、常に逆算できる中田らしい決断だった。

 2年目のシーズン半ばには、名門ローマへ。外国人枠の兼ね合いもあり出場機会は激減したが、2000~01年シーズンのユベントスとの首位攻防戦で再び強烈な印象を残す。2点を追う後半途中にエースのトッティと代わると、約25メートルのミドルシュートを突き刺した。「よっしゃー」と叫んだ場面は、今も語り草。ロスタイムにもミドルから同点弾を演出し、18季ぶり制覇に大きく貢献。日本選手初のセリエA優勝メンバーとなった。

 日本史上最高の選手との呼び声もある中田は、29歳の若さで電撃引退した。06年W杯ドイツ大会のブラジル戦後にピッチに倒れ込んだのが最後の姿。16強入りした10年南アフリカ大会でも33歳。もしその場所に中田がいたらと、考えたファンは少なくない。 

5/15(金) 7:33 時事通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/94cc707dca3700cfb093e262c269c2f739a7feff

写真
no title

<DF冨安健洋>ローマ移籍は実現困難? ボローニャの強気姿勢に、伊紙「こんな金額を支払うのは困難である」 

1: 2020/05/09(土) 18:24:35.35
セリエAのボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋に、名門ローマが興味を示している。だが、その移籍は簡単には実現しないかもしれない。

 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』によれば、ローマは昨夏にベルギーのシント=トロイデン(STVV)からボローニャに加入した冨安を高く評価しているという。イタリア1年目ながら不動のレギュラーに定着したことに加え、まだ若いことから、首脳陣がチームに迎え入れたいと考えているようだ。

 だが、ボローニャはこの日本の俊英に、2000万ユーロ(約25億円)という強気の値札を付けているという。同紙は、ローマ側が見積もっているのは1000万ユーロ(約12億5000万円)で、この差は「埋めがたい」と指摘している。

「新型コロナウイルスの影響もあり、ただでさえ経営の苦しいローマにとって、この数字は見合わない。イタリアのクラブが日本人のためにこんな金額を支払うのは困難である」

 また、移籍情報サイト『TUTTO MERCATO WEB』は、冨安が来年に延期された東京五輪の代表候補であることから、「本人が五輪出場を優先しており、今すぐに成立は難しいのではないか」と指摘。一方で「五輪が終わってからの可能性は残っている」と綴っている。

 はたして日本の若武者は、イタリアでのステップアップ移籍を果たすのだろうか。

5/9(土) 15:46配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200509-00072992-sdigestw-socc

写真
no title

冨安健洋獲得へローマが秘策? 元ブラジル代表DFとの“トレード案”を現地指摘「差し出すつもり」 

20200501-00259790-soccermzw-000-2-view




1: 2020/05/01(金) 22:36:03.25
ローマは元ブラジル代表DFフアン・ジェズスをトレード要員に冨安を要求か
 今季ボローニャに加入した日本代表DF冨安健洋は、セリエA初挑戦のシーズンに主力の座を勝ち取り、印象的な活躍を披露している。現在、名門ASローマへの移籍が浮上しているが、イタリアメディアは元セレソンDFとのトレードが実現する可能性を指摘している。

 2019年夏にベルギーのシント=トロイデンからボローニャに加入した冨安は、右サイドバック(SB)としてレギュラーの座を確保。現在新型コロナウイルスの感染拡大によりリーグは中断しているが、今季ここまでリーグ戦20試合に出場し、安定感のあるパフォーマンスで信頼を獲得している。

 そんななか、冨安にはローマ移籍の噂が現地メディアで取り沙汰されている。名門クラブへのステップアップが急浮上しているが、イタリアメディア「トゥットメルカートウェブ・コム」は「冨安は常にペトラーキのリストにいる」と大々的に取り上げ、ローマのスポーツディレクター(SD)を務めるジャンルカ・ペトラーキ氏が熱視線を送っていると伝えている。

 記事では、「ボローニャでSBを担う日本の冨安は、中断となっているシーズンの中で感銘を与えた。そして、多くのクラブを魅了している」と、冨安の評価がローマを含めたイタリア国内で急激に高まっていることを説明している。

 また、「ボローニャは売却を望んではいないが、ローマはボローニャが関心を示していたフアン・ジェズスを差し出すつもりだ」と、冨安とのトレード要員として元ブラジル代表DFフアン・ジェズスを譲渡する可能性を指摘している。

 ただ、冨安は21歳と若く、セリエA初年度の活躍で市場価格も高まっているため、ジェズスとのシンプルなトレードではボローニャも納得しない可能性が高い。金銭+ジェズスのような形が、現実的な条件となるのかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200501-00259790-soccermzw-socc

冨安健洋にローマがオファー検討か。複数ポジションでのプレーに高評価 

20200428-00372222-footballc-000-1-view




1: 2020/04/28(火) 21:31:59.17
 イタリア・セリエAのボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋にローマが関心を示しており、オファーを出すことを検討しているという。伊紙『イル・テンポ』が報じたとして『フットボールイタリア』などが伝えている。

 冨安は昨年夏に推定900万ユーロ(約10億5000万円)とされる移籍金でベルギーのシント=トロイデンからボローニャへ移籍。負傷離脱を強いられた数試合などを除けばほぼ全ての試合に先発起用され高い評価を得ている。

 日本代表などでのポジションはセンターバックだったが、ボローニャでは主に右サイドバックとしてプレー。さらに守備的MFとしてもプレー可能なユーティリティー性にローマのパウロ・フォンセカ監督が好印象を抱いていると伝えられている。

 一方、ボローニャでのプレーを続けるとすれば本来のCBとしてプレーできる可能性があるかもしれない。ボローニャ地元紙『レスト・デル・カルリーノ』が報じたとして『カルチョニュース24』が伝えたところによれば、シニシャ・ミハイロビッチ監督は冨安のCB起用を検討し、右SBにはミランからダビデ・カラブリアの獲得を検討しているとのことだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200428-00372222-footballc-socc

トッティ「涙してしまうからローマの練習場には入れない。死んだ方がマシ」 

20200420-00010021-goal-000-1-view




1: 2020/04/20(月) 22:46:41.60
トッティ氏が告白「涙してしまうからローマの練習場には入れない。死んだ方がマシ」

元イタリア代表FWのフランチェスコ・トッティ氏が、インスタグラム上で元同僚のルカ・トーニ氏と対談し、自身のエピソードなどを明かした。

1989年にローマの下部組織に入団して以降、キャリアを通じてローマ一筋でプレーしてきたトッティ氏。2017年の引退後も幹部としてクラブに貢献してきたが、首脳陣らとの衝突もあり、昨夏に慣れ親しんだ環境を離れた。

現在はローマの下部組織に所属する15歳の長男クリスティアン君の送り迎えのために、練習場のトリゴリアに足を運ぶトッティ氏だが、元同僚であるトーニ氏に対し自身の胸の内を明かした。

「こんな感じである限り、トリゴリアにも入りたくない。クリスティアンを練習に連れて行く時は、中に入らないどころか、車の中から出ないこともある。30年間にわたって私の家であった場所を見ると、涙が出てきてしまう。中にいる友人たちには会いたくなる。たまに向こうから挨拶に出てきてくれることもあるが、私は絶対に中に入らない。クリスティアンから中に入るよう頼まれるが、私にはまだ早い。正直、死んだ方がマシなくらいだよ」

続いてトッティ氏は、自身の現役引退に至る経緯を振り返り、悔しさをにじませた。

「私が決めていいと言われていたのだが、一転して『君はもういらない』と言われた。私は別に毎試合、出場したかったわけでもない。ただチームの一員でありたかった。必要な時にたまに10分くらいプレーできれば良かった。ローマの力になりたかったからね。私は常に自分の持てる力のすべてを捧げてきたのだが、他の者に進退を決められてしまった」

またローマのレジェンドは、セリエAで最強の背番号10番のファンタジスタを問われると、ユヴェントスのFWパウロ・ディバラを挙げた。「出場機会は少ないが周りのメンバーを見たか?リスペクトを込めて言うが、宇宙人だらけだからね」と述べた。



4/20(月) 19:53配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200420-00010021-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索