Samurai Goal

ローマ


スポンサード リンク





J.クライファートがローマの“スタメン奪取”に意地を見せる!! 

1 2018/09/05(水) 11:46:34.83 _USER9
ローマに加入したオランダ代表FWジャスティン・クライファートは、ベンチに座るために来たのではないと主張している。『FOXスポーツ』が報じた。

バルセロナなどで活躍したパトリック・クライファートの息子としても知られるジャスティン。
今夏、アヤックスから移籍したものの、ここまではリーグ戦3試合でいずれもベンチスタートとなっている。

クライファートは「先発に入りたい。そのためにローマへ来たんだ」と話している。

「僕の時間はまだ来ていないが、数分間プレーできていることには満足している。正しい方向へ進んでいるね。
全てがプラン通りさ。ローマで先発を勝ち取ることが難しいのは、全員知っている。
アヤックスでは常に自由で、中心的な役割だった。でも、今のほうが快適に感じているよ」

19歳のクライファートはここまで、セリエAで65分間の出場にとどまっているが、トリノとの開幕戦ではエディン・ジェコの決勝弾をアシストしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00000000-goal-socc
9/5(水) 8:05配信

 
no title

“ローマ×アタランタ戦”で大暴れ!!骨折する程の激しさを見せたのは何とローマ指揮官だったw 

20180829-01731865-gekisaka-000-2-view
1 2018/08/29(水) 22:51:51.63 _USER9
 ローマを率いるエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督が、左手を骨折したようだ。その理由は…。

 27日、ローマはホームでアタランタと対戦。開始2分に新戦力MFハビエル・パストーレが先制点を挙げるも、前半のうちに3失点を喫してあっさり逆転を許す。それでも、後半15分にMFアレッサンドロ・フロレンツィが1点を返すと、後半37分にはFKからDFコスタス・マノラスがゴールネットを揺らし、3-3で引き分けた。

 問題のシーンは、マノラスの同点ゴールの後だった。テクニカルエリアからベンチに戻ったフランチェスコ監督は、追いついたにもかかわらず、ベンチのアクリルパネルを左手で殴った。それでも怒りがおさまらなかったのか、一度ベンチに座ったが、立ち上がって今度は右手でアクリルパネルを殴っていた。

 米『ESPN』によると、試合後にフランチェスコ監督は「できることなら、ハーフタイムで7、8人交代させたかった。バランスを失っていたので、3-3には怒りを覚えた」と話していた。

 今回の件で、指揮官は左手の中手骨を骨折。手術を受けて無事退院し、29日のトレーニング時には左手に包帯を巻いていたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-01731865-gekisaka-socc

違反覚悟で“無言の抗議”ローマ主将デ・ロッシが意地を貫く!! 

キャプチャ
セリエA開幕戦において、ローマの主将MFダニエレ・デ・ロッシが指定されているキャプテンマークを巻いていなかったとして問題になっている。
イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が20日、報じている。

デ・ロッシは19日、アウェーで行われたトリノ戦(1-0でローマが勝利)に先発フル出場した。
だが35歳MFは、主将として巻くはずのキャプテンマークが規定に違反していたと指摘されている。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00000017-goal-socc

ローマが[4-2]でバルサを敗る!!クライファートの息子が大活躍! 

20180801-00803679-soccerk-000-2-view
1 2018/08/01(水) 13:02:49.71 _USER9
 インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2018が8月1日に行われ、バルセロナとローマが対戦した。

 バルセロナが先に試合を動かした。6分、敵陣ペナルティエリア外のゴール正面でボールを受けたラフィーニャが、ムニル・エル・アダディとのワンツーで相手ディフェンスラインの裏に抜け出しゴールネットを揺らした。

 35分、今度はローマにチャンス。右サイドを崩した新戦力ユースティン・クライファートが中央にグラウンダーのクロスを送り、反応したステファン・エル・シャーラウィが冷静にゴールに流し込み、スコアをタイに戻した。

 49分、敵陣左寄り中央でボールを持ったラフィーニャからパスを受けたバル・ジャン・イヴ・タブラが中央へ折り返すと、フリーで待っていた新戦力のマルコムが押し込み、バルセロナが再びリードを奪った。

 しかし、その後1点を返したローマが反撃。83分、左サイドでボールを持ったルカ・ペッレグリーニが、前線にスルーパスを出すと、反応したブライアン・クリスタンテがワントラップで相手DFを交わし、逆転弾を流し込んだ。

 さらに1点を加えたローマが最終スコア4-2でバルセロナを下した。次戦、バルセロナはミランと、ローマはレアル・マドリードとそれぞれ対戦する。

【スコア】
バルセロナ 2-4 ローマ

【得点者】
1-0 6分 ラフィーニャ(バルセロナ)
1-1 35分 ステファン・エル・シャーラウィ(ローマ)
2-1 49分 マルコム(バルセロナ)
2-2 78分 アレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ)
2-3 83分 ブライアン・クリスタンテ(ローマ)
2-4 86分 ディエゴ・ペロッティ(PK)(ローマ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00803679-soccerk-socc

「ちょっと待った」バルサが横入りでブラジルの新星を強奪!?ローマは涙目に? 

skysports-malco
1 2018/07/24(火) 12:40:33.79 _USER9
ボルドーFWマウコン獲得で合意に至っていたローマだが、ここへ来て交渉成立に暗雲が立ち込めている。イタリア『スカイ』が伝えた。

21歳ながらリーグ・アンで38試合に出場して12ゴールを記録したマウコン。ブラジル人新星には、アーセナルやトッテナムらビッグクラブが興味を示していたが、23日にローマとボルドーがそれぞれ移籍に関し合意に至ったことを発表していた。

しかし、ここへ来て交渉成立に暗雲が立ち込めている。『スカイ』によると、バルセロナがローマの提示額3800万ユーロ(約50億円)を上回る4100万ユーロ(約53億円)を提示したという。バルセロナは、ファーストチョイスとしてブラジル代表FWウィリアン獲得に動いていたが、チェルシーに3度目のオファーの拒絶されたと見られており、その代案としてマウコンに狙いを定めたようだ。

マウコンはローマへ飛び、翌日にメディカルチェックを行う予定だった。しかしバルセロナの動きを受け、ボルドーは交渉を一時ストップしたようだ。

将来が期待される21歳のブラジル人FWの新天地は、どこになるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00000003-goal-socc

【朗報】ジェコさん東京にどハマりする!!「心を奪われた」 

1 2018/06/05(火) 15:56:24.62 _USER9
ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表FWエディン・ジェコが4日、インスタグラムを更新し、東京に滞在していることを明かした。

ロシア・ワールドカップに出場しないボスニア・ヘルツェゴヴィナは、5月28日にモンテネグロ、1日に韓国と試合を行った。2試合に先発したジェコは、韓国とのアウェーマッチを終えた直後、妻のアムラ・シラドジッチ・ジェコさんとともに日本を訪問。京都や奈良を観光する様子をSNSにアップしていた。

続いてジェコは、東京へと移動。再びインスタグラムを更新し、都内で観光を楽しむ様子を報告している。東京スカイツリーの展望台では、高層ビル群を背景にポーズをとる姿の写真をアップ。ハートマークを添えて「東京に心を奪われた」とつぶやいた。

さらに浅草を訪れたジェコは、浅草寺宝蔵門(仁王門)の前で両手を広げダイブ。「イチ、ニ、サン、ジャーンプ」と日本語でカウントしながら得意のジャンプを披露した。193センチの大型FWは、21.7メートルの仁王門の前でも、まるでゴール前のような迫力を見せている。

なお、昨年のオフには、ローマの同僚で親日家のMFダニエレ・デ・ロッシが来日。東京や大阪、京都、奈良、広島を観光した。また先月末にはユヴェントスのMFクラウディオ・マルキージオも東京を訪れている。

写真
no title


goal 6/5(火) 12:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00000008-goal-socc

ベッカムに続きローマのエースも来日!!目的は金閣寺!?www 

GettyImages-911488464-800x533
1: 2018/06/02(土) 21:09:47.44 ID:CAP_USER9.net
イニエスタにベッカム、マルキージオと、先月来、大物サッカー選手の来日が相次いでいるが、今度はローマのエースが日本を訪れたようだ。

金閣寺を背に映るのは、エディン・ジェコだ!

長谷部誠、大久保嘉人も在籍したヴォルフスブルク時代、元ブラジル代表FWグラフィッチとの“凶悪”コンビでブンデスリーガを席巻したジェコ。

その後マンチェスター・シティ、ローマへと活躍の場を移したが、コンスタントに得点を決めており、ドイツ時代から数えて8度も二桁ゴールを記録している。

そんな彼はヴァイッド・ハリルホジッチ前日本代表監督の出身地として知られるボスニア・ヘルツェゴビナ代表のエースでもある。

母国は残念ながら今回、予選敗退によってワールドカップ出場を逃してしまったが、昨日1日、韓国代表と親善試合を行い3-1で勝利。全州で行われたこの試合にはジェコも先発出場していた。

代表戦の予定も終わり休暇に入ったのだろうか。試合を終えてすぐ、日本を訪れたようだ。

https://qoly.jp/2018/06/02/edin-dzeko-in-japan-hys-1

【CL準決勝】「リバプール×ローマ」軍配はリバプールに!!レアルとの決勝に挑む!! 

B4E383BCE383AB
1   2018/05/03(木) 05:39:29.84 _USER9
レアルの3連覇阻むのはリバプールだ!粘るローマを2戦合計7-6で退けて11年ぶりファイナルへ


[5.2 欧州CL準決勝第2戦 ローマ4-2リバプール]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準決勝第2戦が2日に行われた。第1戦を5-2で先勝したリバプール(イングランド)は敵地でローマ(イタリア)と対戦し、2-4で敗れた。しかし、2戦合計7-6で2006-07シーズン以来、11年ぶりの決勝進出を決めた。なお、決勝戦は5月26日にキエフ(ウクライナ)のNSKオリンピスキで開催され、リバプールは3連覇狙うレアル・マドリー(スペイン)と戦う。

 4月24日にアンフィールドで開催された第1戦を2-5で落としたローマ。本拠地スタディオ・オリンピコでの決勝進出に向けて準々決勝のバルセロナ戦同様、3点差での勝利が条件となった。スタメンは第1戦から3人、28日のセリエA第35節キエーボ戦(4-1)から2人を変更し、FWステファン・エル・シャーラウィやFWパトリック・シックらが先発起用された。

 エースFWモハメド・サラー、FWロベルト・フィルミーノの活躍で第1戦を制したリバプールは、その試合からMFアレックス・オクスレード・チェンバレンに代わってMFジョルジニオ・ワイナルドゥムが先発。28日のプレミアリーグ第36節ストーク・シティ戦(0-0)からは4人を変更し、FWサディオ・マネやMFジェームス・ミルナーらがスターティングメンバーに名を連ねた。

 2度目の奇跡の突破を願うサポーターの声援を受け、立ち上がりから気持ちの入った攻撃を見せたローマだが、ミスから先制点を許してしまう。リバプールは前半9分、MFラジャ・ナインゴランの横パスをハーフェーライン付近で奪ったフィルミーノがそのままボールを運び、PA左へスルーパス。裏へ抜け出したマネが冷静に左足で流し込み、先制のゴールネットを揺らした。

 ローマは、2戦合計6-2と厳しい状況となったが、ラッキーな形で望みをつなぐ。前半15分、右サイドからDFアレッサンドロ・フロレンツィが上げたクロスをPA左のエル・シャーラウィが頭で中央へ折り返す。味方にはつながらなかったが、DFデヤン・ロブレンのクリアしたボールがミルナーの顔に当たってゴールに吸い込まれ、オウンゴールで1-1と同点に追いついた。

 リバプールは前半25分、左サイドでパスを受けたDFアンドリュー・ロバートソンが縦に仕掛け、PA左深くまで持ち込んで中央へ折り返す。これをマネが左足で合わせたが、相手のブロックに阻まれた。それでも、直後の左CKからミルナーがゴール前に蹴り込むと、PA中央で混戦となり、FWエディン・ジェコがクリアしきれなかったボールをワイナルドゥムが頭で沈め、2-1と勝ち越しに成功した。

 2戦合計で再び4点差となったローマは前半35分、DFアレクサンダル・コラロフの縦パスをPA左手前で受けたエル・シャーラウィが右にスライドし、シュートコースを作って右足一閃。しかし、ミルナーの足に当たったシュートは惜しくも右ポストを叩き、前半を1-2で終えた。

 残り45分に勝負をかけるローマ。気持ちを切らさず、攻撃を続けると、後半の立ち上がりに同点に追いつく。7分、左サイドからPA内に進入したエル・シャーラウィが右足を振り抜くと、GKロリス・カリウスが弾いたボールをジェコが右足でねじ込み、2-2。ジェコは欧州CL5試合連続ゴールとなった。直後にローマは、MFロレンツォ・ペッレグリーニに代えてFWジェンギズ・ユンデルをピッチに送り込んだ。

 ローマは後半15分、MFダニエレ・デ・ロッシが最終ラインの背後へ浮き球パスを送り、ゴール前に走り込んだユンデルが右足で合わせるが、GKカリウスの正面。18分には、PA内でDFトレント・アレクサンダー・アーノルドのクリアがユンデルに当たり、こぼれたボールをエル・シャーラウィが左足ボレーで狙うが、アレクサンダー・アーノルドの体を張ったブロックに阻まれた。

 猛攻を仕掛けるローマは後半24分、デ・ロッシを下げてMFマキシム・ゴナロン、30分にはエル・シャーラウィに代え、今季リーグ戦2試合に出場の19歳FWミルコ・アントヌッチを投入した。リバプールの守りをなかなか崩せない中で、41分にMFラジャ・ナインゴランが右足ミドルシュートを決め、この試合3-2と逆転。さらにDFラグナル・クラバンのハンドで獲得したPKをナインゴランが決めるが、反撃もここまで。リバプールは4-2で第2戦を落としたが、2戦合計7-6でファイナル進出を決めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-01653345-gekisaka-socc

【チャンピオンズリーグ】「リヴァプール×ローマ」サラー、まるで鬼神!!! 

GettyImages-950824992-800x547
1   2018/04/25(水) 05:38:50.45 _USER9
チャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグが24日に行われ、リヴァプールとローマが対戦した。

 ホームのリヴァプールは準々決勝でマンチェスター・Cに連勝を収めて10年ぶりのベスト4となった。先発には、古巣対決のモハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネの強力3トップをはじめ、主将のジョーダン・ヘンダーソンやアレックス・オックスレイド・チェンバレンらが名を連ねた。

 対するローマはバルセロナを相手に大逆転劇を演じて初のCL準決勝。CLの前身であるチャンピオンズカップ時代を含めると、1983-84シーズン以来となる34年ぶりの欧州4強となった。スタメンには、バルセロナ戦でゴールを決めた主将のダニエレ・デ・ロッシ、エディン・ジェコ、コスタス・マノラスらに加え、ラジャ・ナインゴランがトップ下に入った。

 試合は開始2分、ローマが先にケヴィン・ストロートマンのミドルシュートで相手ゴールに迫ると、リヴァプールも3分にサラーが右サイドから切り込んでシュートを放ったが、どちらもお互いのGKを脅かすことはできない。15分、リヴァプールにいきなりアクシデントが襲う。アレクサンダル・コラロフとの競り合いでチェンバレンが右ひざを痛めて担架で運び出され、代わりにジョルジニオ・ワイナルドゥムが投入された。

 ローマは18分、こぼれ球に反応したコラロフがエリア前から強烈な無回転ミドル。だが、相手GKロリス・カリウスに反応され、ボールはクロスバー直撃で得点にはつながらない。あわや失点のシーンを防いだリヴァプールは徐々に先制点の匂いを漂わす。マネが28分にエリア内へ抜け出して左足シュート、直後の30分にもフィルミーノの折り返しに右足で合わせたが、どちらも枠を捉えられない。

 すると36分、リヴァプールは高い位置でボールを奪い返すと、エリア右でパスを受けたサラーが一瞬の隙を突いて左足を振り抜く。シュートは相手GKアリソンもノーチャンスのゴール左上隅に決まり、先制点となった。これで勢い付くリヴァプールは38分にも右CKからデヤン・ロヴレンがヘディングシュートを放つが、これはクロスバーに弾き返された。

 前半アディショナルタイム1分、リヴァプールがカウンターから追加点を奪う。サラーの落としを受けたフィルミーノが持ち上がりエリア中央へスルーパス。そこに走り込んだサラーが飛び出したGKアリソンをかわすループシュートを沈め、リヴァプールの2点リードで前半は終了した。

 後半に入ってリヴァプールは56分、エリア右に抜け出したサラーが冷静に中を見て折り返すと、中央フリーのマネが合わせて追加点。さらに61分には再びエリア右へ侵入したサラーがグラウンダーのクロスを送り、ファーのフィルミーノが合わせてリードを4点に広げた。それでも勢いは止まらず、69分にはジェイムズ・ミルナーの右CKから中央のフィルミーノがヘディングシュートをゴール左隅に叩き込み5点として、決勝進出に大きく前進する。

 しかしローマも意地を見せる。反撃が実ったのは81分、敵陣中央のナインゴランが前線へピンポイントのロングパスを送ると、エリア内左で収めたジェコがフリーで右足シュートを沈めて1点を返す。さらに85分には相手のハンドで得たPKを、ディエゴ・ペロッティがゴール右上隅に決めてアウェイゴール2点を奪った。

 試合はこのまま終了。リヴァプールが5ゴールを挙げて先勝したが、ローマもアウェイゴール2点を奪い返して奇跡の逆転劇が視野に入る3点差とした。セカンドレグは5月2日にローマのホームで行われる。

【スコア】
リヴァプール 5-2 ローマ

【得点者】
1-0 36分 モハメド・サラー(リヴァプール)
2-0 45+1分 モハメド・サラー(リヴァプール)
3-0 56分 サディオ・マネ(リヴァプール)
4-0 61分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)
5-0 69分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)
5-1 81分 エディン・ジェコ(ローマ)
5-2 85分 ディエゴ・ペロッティ(PK)(ローマ)
4/25(水) 5:37配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00747859-soccerk-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索