Samurai Goal

ロングスロー論争


スポンサード リンク





【高校サッカー】反町技術委員長がロングスロー論争に見解「持てる武器を使うのはサッカーの掟」 

1: 2021/01/14(木) 18:48:04.93 _USER9 BE:787671693-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
1/14(木) 18:23
デイリースポーツ

反町技術委員長がロングスロー論争に見解「持てる武器を使うのはサッカーの掟」
オンライン取材に応じた反町技術委員長
 日本サッカー協会の反町康治技術委員長(56)が14日、今年最初の技術委員会後にオンライン取材に応じ、全国高校選手権で賛否両論が巻き起こったロングスローについて「CKと同じなのでロングスローだけ切り取って『あり』か『なし』かという論争はちょっとおかしい。持てる武器は使うというはサッカーの掟みたいなところはある」と見解を示した。

 山梨学院の優勝で幕を閉じた全国高校選手権では、青森山田を筆頭にロングスローからの得点が数多く生まれた。反町技術委員長は「投げられる選手が交代して『もうないだろう』と思っていたら他の選手も投げる。運動能力が上がったのか、これはトレンドになっている」と驚きを隠さなかった。

 反町技術委員長はロングスローに対する守備側の工夫が物足りなかったとし、「逆に言うと後ろ(DF)の選手が上がっているということは、GKがキャッチして逆サイドにボールを投げたらカウンターがすごく効く。ドリブルカウンターは絶対にハーフラインを越えていく」などと対抗策の具体例も挙げた。

 ロングスロー論争については「一部分だけを切り立った話」とした上で、「攻撃側で目立った大会になったかもしれないが、今度はロングスローに対する守備で目立つような、知恵を絞ってやっているなという形の大会になってくれれば、一つのサッカーのレベルが上がる」と語った。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/95f46a6ab9e67fc2eed40f73963e5e26ce5403db

“ロングスロー論争”にセルジオ越後が物申す!「高校サッカーでは一つの武器だが、プロの世界では通じない」 

スクリーンショット 2021-01-13 20.25.40




1: 2021/01/13(水) 19:27:17.21 _USER9
第99回全国高校サッカー選手権大会は山梨学院が11年ぶりの優勝で幕を閉じたが、その優勝の喜び以上にサッカー界を賑わせたのが「ロングスロー論争」。

ロングスローについて賛否両論出ており、ご意見番・セルジオ越後もそのロングスロー論争に辛口コメントで物申した!

セルジオ越後コメント

Q.全国高校サッカー選手権大会でロングスローからの得点が多かった。青森山田高校(青森県)は決勝まで15得点中7得点がロングスローからと話題になっているが、どう思っていますか?

ロングスローは一つの武器ですね。投げられる選手がいれば使えるし、結果を出していたらいいと思います。ただ、大人のプロの世界でロングスローが武器となって攻撃の起点になったようなニュースは世界中どこにもないんです。

古い話では国見高校(長崎県)もロングスローで結果を出していました。特に高校サッカーには多いですね。ただ、高校サッカーでロングスローをやって、Jリーガーになってロングスローが続かなければ意味がないと思います。最終的に結果の出るか出ないかは、ゴール前で受ける人の質やレベルが高いか低いかだと思いますけどね。

(準優勝の)青森山田は優勝候補NO.1と言われただけ、良い選手がゴール前にいます。だからそこは足で蹴っても手で投げても確率は高いんです。

Q.なぜ上のレベル(プロの世界)ではロングスローが使われないんですか?

高校サッカーでは、ゴール前で混戦になってこぼれ球をポンと押し込んで得点したとかね、全部が直接ヘディングだけで決まっている訳ではないんです。上のレベルになると、センターバックやゴールキーパーのレベルもそれなりに高くなるからそう簡単に成功しないんだと思います。もし成功していたら、Jリーグで話題になっているはずですね。

Q.賛否両論ある中で、セルジオさんは高校サッカーでは良いけれどその後の日本サッカーとしては否定的という考えですか?

長い目で見て、今ロングスローで話題になっている選手が、大学であれJリーグであれ次の世代、最終的にプロになってそれができるかどうかが大事だと思います。Jリーグのどこかに入って、ロングスローでアシストを稼げる選手が出てこればいいが、今までは僕の記憶では出てきていない。どのレベルでも通じるというものであればいいんですけどね。

昔、ブラジルのパルメイラスというチームにサントスという選手がいて、彼はロングスローを投げましたね。それが彼のトレードマークになってロングスローワーになりました。それでもそんなに得点に結び付いた本数はないんですね。

あとは、投げる時に足を上げていないかラインを踏んでいないかなど、審判がそこまで見ているかという心配がありますよね。サッカーには両足を地面に着いて投げるというルールがありますからね。足を地面に着かずに投げたら、それは距離はのびますよ。その内、スローインのVAR(ビデオ判定)が必要になってくるんじゃないかな。笑

ロングスローが話題になっていて、そこで成功しているのであればやるべきですけれど、将来的に続かなかったら、日本のサッカーレベルの向上、日本代表が世界で羽ばたくためにはどうなのかな?と思います。

https://news.yahoo.co.jp/articles/637b6fe9cdb7bce64d0291f49cd494ccf33272b8
1/13(水) 19:02配信

ロングスロー論争に終止符?!…青森山田が3大会連続決勝進出! 

スクリーンショット 2021-01-10 7.58.25


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索