Samurai Goal

ロナウド


スポンサード リンク





ロナウドに“警告”「リーガほどゴールは決められない」ザッケローニが苦言を呈す 

851df0ae
1 2018/08/16(木) 10:00:07.25 _USER9
元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏は、ユベントスに加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがイタリアではある程度の苦戦を強いられると予想している。伊紙『イル・マッティーノ』が15日に同氏のインタビューを伝えた。

 セリエAは今週末に開幕し、7連覇中の王者ユベントスは18日にアウェイでキエーヴォと対戦。スペインでゴールを量産し続けてきたC・ロナウドが、イタリアでもその活躍を続けられるかどうかに注目が集まる。

 ザッケローニ氏はC・ロナウドについて、「セリエAのピッチではもう少し問題に直面することになるだろう」と展望。「イタリアのDFたちはもはや世界最高というわけではないが、戦術面では我が国ほど難しいリーグはない」と語った。

「ミシェル・プラティニでさえイタリアに適応するのは簡単ではなかった。リーガで決めていたほどのゴールをイタリアで決められることはないだろう」と述べ、少なくとも最初は苦戦が予想されるという見通しを示している。

 C・ロナウドと並んで今季のセリエAで注目すべき存在として、ザッケローニ氏はナポリのカルロ・アンチェロッティ新監督を挙げている。「ロナウドが来ただけではない。“監督たちの中のロナウド”もやって来た」と2人を同列に並べた。

「(昨季)勝ち点91を獲得したチームがほぼそのまま残っている。当然ながらスクデット争いの最大のライバルだ」と、ナポリがユーベの最大の対抗馬になると予想している。

 
https://www.footballchannel.jp/2018/08/16/post285555/

“レアルのエース”ポスト・ロナウドはベイルに決まり!? 

1 2018/08/15(水) 17:23:39.58 _USER9
レアル・マドリードを率いるフレン・ロペテギが、同クラブに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルについて言及した。14日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 8月15日に行われる、アトレティコ・マドリードとのUEFAスーパーカップを前にロペテギ監督がインタビューに応じた。今夏にユヴェントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが担っていたエースとしての役割を求められているベイルについて聞かれると「ベイルは私たちが愛している選手だ。彼はここで長い間、厳しい練習に励んでいる。彼にはモチベーションがあり、チームを構成する重要な選手である」

「ベイルのような偉大な選手が必要だ。彼の働きと姿勢に満足している。彼は、あらゆる面でとてもプロフェッショナルな選手であり、若手選手のようなモチベーションで練習しており、チームを大いに助けている」と同選手を称賛した。

https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20180815/812999.html
no title

ロナウド去ったレアル、“BBC”から“BBA”へ変化を遂げる! 

bale-asensio-re
1 2018/08/13(月) 22:10:29.66 _USER9
今夏の移籍市場でクリスティアーノ・ロナウドをユヴェントスに売却し、名物トリデンテ“BBC”を解体せざるを得なくなったレアル・マドリーだが、今季新たに“BBA”が躍動するのかもしれない。スペイン『マルカ』が報じている。

“BBC”はMFガレス・ベイル、FWカリム・ベンゼマ、C・ロナウドの頭文字を取ったものだが、“BBA”はC・ロナウドの代わりにMFマルコ・アセンシオが入ったトリデンテとなる。『マルカ』はこのベイル、ベンゼマ、そして世界最高の選手候補の一人とされる22歳アセンシオのトリデンテが、今季のマドリーを引っ張る可能性を指摘している。

同紙は“BBA”が“BBC”と違い、C・ロナウドのように一人に依存することがないトリデンテであるとの見解も示す。「クリスティアーノ退団で攻撃の選手たちはゴールの責任を分け合うことになる」「クリスティアーノがいないことで、全員が輝き、より自由にプレーできる。自身のプレーを示すための制約はもうない」と、全員が平等に輝けるはずと予想した。

なお昨季の“BBA”のゴール数は44得点で、その内訳はアセンシオ11得点、ベイル21得点、ベンゼマ12得点。この44得点は、ちょうどC・ロナウドが昨季に記録したゴール数と同じだ。“BBA”は果たして、“C”の穴を埋めることができるのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000020-goal-socc

C・ロナウド、ユベントス“鮮烈デビュー”するも試合は強制終了に!! 

1 2018/08/13(月) 05:54:10.85 _USER9
試合は観客の乱入により72分で強制終了…
今夏、レアル・マドリーからユベントスへの移籍で世界を驚かせたクリスチアーノ・ロナウド。
先週から新天地での練習に参加し、調整を続けていたが、8月12日(現地時間)、ついに実戦デビューを果たした。
 
舞台となったのは、ピエモンテ州の田舎町、ヴィッラール・ペローザ。
オフシーズンの恒例となるプリマベーラ(ユースチーム)とのテストマッチで、
ユベントスのユニホームを身に纏ったC・ロナウドが、初めてピッチ上でそのプレーを披露した。
 
熾烈な競争を勝ち抜いてチケットを手に入れた5000人ほどの観客の前に姿を現わした選手たち。その最後に、C・ロナウドの姿はあった。
 
試合開始から1分後、全ての視線を集める背番号7が初めてボールを得るが、ここではDFに奪われる。
4分には左サイドでテクニックを見せるも、中央へのパスは相手選手に渡り、ここから攻撃を受け、FKからクロスバーを叩くシュートを浴びた。
 
しかしその1分後、右SBを務めたクアドラードのロングパスを受けて、フェイントでDFをかわし、左足でファーストシュート。
これは枠を捉えられなかったものの、大きな拍手を受けたC・ロナウドは、8分に待望の瞬間を迎える。
 
ミランから1年で復帰したボヌッチの縦パスで完全に抜け出すと、完全フリーの状態で前に運んでから冷静にゴール。
小さなスタンドは大歓声に包まれた。
 
完全に身体が温まった新たなエースは、11分にはD・コスタのクロスに、DFに競り勝っての打点の高いヘッドで合わせる。
さらにその2分後には、クアドラードのクロスに対してバイシクルシュートを披露! 
いずれもゴールとはならなかったが、そのダイナミックなプレーからはコンディションの良さが感じられた。
 
17分に縦パスから再び抜け出して決定的なシュート(GK正面)を放ってから1分後、
ベルナルデスキのパスでC・ロナウドは好機を迎えるが、必死に寄せたDFが触ったボールがゴールラインを割り、オウンゴールとなった。
 
ただゴールチャンスに絡むだけでなく、左右に動いてチェイシングも怠らない彼は、
スムーズな連係からチャンスメイクもこなし、29分にはDFを引きつけてD・コスタの縦への突破を引き出す横パスを見せた。
 
ユベントスA(C・ロナウドらのトップチームがA、プリマベーラはB)は31分にD・コスタのクロスをゴール前に走り込んだディバラが頭で決めて3点目を奪ったが、ディバラはその後、連続して決定機を外してしまう。
 
しかし、40分に背番号10はようやくチャンスを活かす。クアドラードのクロスからC・ロナウドが右足でダイレクトシュートを放ち、GKが弾いたところを詰めたのだ。
 
これで前半は終了。と同時に、C・ロナウドも交代でピッチを退いた。まだ完全とは言えないものの、ファンへのお披露目としては、十分に彼らを満足させられるプレーだったと言えよう。
 
なお、試合は多くのメンバーを入れ替えて後半に入り、53分にディバラの技巧的なドリブルから、ゴール前でボールを受けたケディラが後ろに戻すと、マルキージオがダイレクトで決めてAチームが5点目を奪った。
その後、72分に観客がピッチに乱入したことで試合は5-0のスコアで強制終了となってしまった。
 
試合後、ユベントスのアッレグリ監督は、実戦デビューを果たしたC・ロナウドについて、以下のように語っている。(『Gazzetta dello Sport』紙より)
 
「豊富な経験と十分なクオリティーを持っているので、得点には驚いていない。彼は、他の選手を成長させるだけの刺激をチームに与えている。
5シーズンで4度の欧州王者になった彼には、その特徴を十分に出してもらうとともに、チームのための犠牲も求めたい」
 
なお、この試合のスタメンは以下の通り。フォーメーションは4-2-3-1
 
GK:シュチェスニー
DF(右から):クアドラード、ボヌッチ、キエッリーニ、A・サンドロ
MF:ベンタンクール、ジャン
2列目:ベルナルデスキ、ディバラ、D・コスタ
CF:C・ロナウド

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180813-00045565-sdigestw-socc
8/13(月) 5:43配信

no title

【非常事態】ロナウドが緊急搬送!!休暇中のイビサ島で肺炎にかかる! 

GettyImages-891445-800x533
1 2018/08/12(日) 22:19:32.75 _USER9
https://www.independent.co.uk/sport/football/european/brazil-ronaldo-hospital-ibiza-pneumonia-news-latest-a8488376.html

Brazil legend Ronaldo admitted to intensive care with pneumonia while on holiday in Ibiza

The World Cup winner is in hospital on the Balearic island

Ed Malyon
@eaamalyon
15 minutes ago

Brazil legend Ronaldo is in hospital on the island of Ibiza after being admitted with pneumonia on Friday.

According to reports in local newspaper Diario de Ibiza, the World Cup winner was taken to Can Misses Hospital on Friday evening with chest pains where he was seen by doctors.

Later that night, the Brazilian requested a transfer to the Nuestra Señora del Rosario hospital, owned by private health company Policlinica.

Staff at both hospitals refused to give an update on the 41-year-old's health for privacy reasons when contacted by Diario de Ibiza.

The Independent has also contacted the Policlinica hospital for comment.

Ronaldo owns property on Ibiza and frequently spends time there while in Europe. The former Real Madrid striker has had health issues in the past, suffering from thyroid problems that have affected his weight and also being struck down by dengue fever in 2012.

〈Google翻訳〉
ブラジルの伝説のロナウドがイビサで休暇中に肺炎で集中治療を受け入れた

ワールドカップ優勝者はバレアレス島の病院にいる

エドマリオン
@eaamalyon
1時間前

ブラジルの伝説的なロナウドは金曜日に肺炎で入院し、イビサ島の病院に入院している。

地元の新聞Diario de Ibizaの報告によると、金曜日の夜、カンヌス病院にワールドカップ優勝者が胸の痛みを訴え、医師に見られた。

その後、その夜、ブラジル人は民間健康会社Policlinicaが所有するNuestraSeñoradel Rosario病院への移送を要請した。

両院のスタッフは、Diario de Ibizaに連絡した際にプライバシー保護の理由で41歳の健康に関する最新情報を提供することを拒否した。

インディペンデントはまた、コメントのためにポリクリカリ病院に連絡した。

ロナウドはイビサの財産を所有しており、ヨーロッパにいる間に頻繁に時間を費やしています。元レアル・マドリードのストライカーは、体重に影響を与えた甲状腺の問題に苦しんで、2012年にデング熱で打ち負かされ、過去に健康問題を抱えていた。


no title

no title

ロナウドがレアルに対して“皮肉”のコメント!?「ユヴェントは他と違う。全員が家族」 

キャプチャ

“ロナウドの神業が拝める”セリエAの放送権獲得をスカパー!が発表 

maxresd
1 2018/08/08(水) 11:38:43.46 _USER9
8日、スカパー!はイタリアのセリエA2018-19から2シーズンの放送権・配信権を獲得したと発表した。

 スカパー!は8月18日に開幕するセリエAを、毎節3試合を放送予定。今シーズンよりクリスティアーノ・ロナウドが所属するユヴェントス戦など、注目の試合2試合を生中継し、うち1試合は独占生中継、1試合を録画放送する予定となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00808020-soccerk-socc

ロナウド凄すぎる!!“10億円”の荒稼ぎをお手伝い!? 

GettyImages-1000219782-800x533

ロナウドの古巣「レアル×ユーベ」対決はレアルに軍配!!ベイル、アセンシオが炸裂! 

キャプチャ
[8.4 ICC R・マドリー 3-1 ユベントス]

 レアル・マドリー(スペイン)は4日、インターナショナル・チャンピオンズ杯(ICC)でユベントス(イタリア)と対戦し、3-1で勝利した。

 7月31日に行われたマンチェスター・ユナイテッドとの初戦を落としたレアルは、MFトニ・クロースやFWカリム・ベンゼマ、FWガレス・ベイル、MFイスコらが先発出場。対する今大会2連勝(1つはPK勝利)のユベントスは、MFミラレム・ピアニッチやDFメフディ・ベナティア、MFクラウディオ・マルキージオらを起用。注目のFWクリスティアーノ・ロナウドはベンチ外となっている。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-01656888-gekisaka-socc

【動画】ロナウド“たった”12回のリフティングでユーベサポが大歓喜w 

GettyImages-1008526526-800x533
 サッカーのイタリア1部セリエAのユベントスに加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが31日から練習に合流。新天地の始動に大きな注目が集まっているが、クラブは練習初日にロナウドが軽快にリフティングする様子を動画で公開すると、たった“12回のリフティング”にも関わらず「ザ・ベスト」「レジェンド」「フェノーメノ」と興奮の声が殺到している。

〈続く〉
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180802-00031915-theanswer-socc


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索