Samurai Goal

ロナウド


スポンサード リンク





実は大赤字、ユべントスの財務のゆくえは?  

20191011-10101024-nksports-000-9-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/11(金) 10:18:54.99 ID:LZazKhIe9
この数回はスペインサッカー界を長年にわたって支えてきたと言っても過言ではないレアル・マドリード、バルセロナ、アトレティコ・マドリードといったクラブの財政状況を見てまいりました。その中でもレアルは欧州チャンピオンズリーグ(CL)3連覇の立役者でもあるポルトガルのスーパースター、クリスティアーノ・ロナウドの売却を機になかなか立て直すことができておらず、そしてバルセロナもメッシを欠いた試合は落とすなど、好不調の波が大きくなりつつあり、アトレティコは150億円とも言われている大きな投資を行い、いよいよ2強時代から3強時代への変遷を感じさせる今シーズンとなっております。

その中でC・ロナウドが活躍の場を移したイタリア・セリエA、ユベントス。その昔プラティニを擁してヨーロッパを制覇し、来日したことも記憶にある方々もいらっしゃるかもしれません。今回はそのユベントスの収支状況をのぞきつつ、C・ロナウドに始まり大きなお金を生みだすことができている裏側に迫りたいと思います。

ユベントス自体は4億3000万ユーロ(約516億円)ほどの売り上げを計上しており、レアルやバルセロナとピッチ上では互角の戦いをすることができる戦力を誇っていますが、ファイナンス面をみると約半分ほどの規模になります。支出(コスト面)を見てみると、5億9000万ユーロ(約7億円)で、マイナス計上されています。しかもこれは昨シーズンだけでなく、この2シーズンにわたってマイナス計上されておりますから、新スタジアムに変わり、C・ロナウドを獲得し、という華やかで一見成功への道をたどっているかに見える裏側では実はお金がないということになります。この要因がどこにあるかを見てみると、インタンジブル・アモチゼイション(無形の減価償却費)がこの2シーズンにわたって1億ユーロ(約120億円)を超えており、この数字が圧迫しているように感じます。フットボール界の財務諸表を見るにあたり、この“無形の減価償却費"が示すものを考えなければなりませんが、これは選手の契約金である場合がほとんどです。過去、レアルが苦しんだのもこの無形の減価償却費、つまり分割払いによる選手の獲得金になります。スペインでは下部組織から上がった選手の契約金はここに含まれないことが多く、このカラクリを見抜くことがポイントになります。

話をユベントスに戻しましょう。ここでポイントになるのが、どのようにしてこのマイナス計上を解消するのかということになりますが、基本的には選手売却によるキャピタル・ゲインをベースに考えます。つまり、5~10億円で取ってきた選手を30~50億円で売った場合の売却益を得るということ。おそらくですが、本来であれば本年度はその清算時期であったことは間違いありません。アレグリ体制でどうしても達成したかったCL制覇。なぜならば、過去数回にわかってリポートしてきましたが、それによって得られる収入は数十億円単位になり、これがあれば一気に解消され、選手を無理に売却する必要はなくなるからです。

しかしながらチームのとった路線は監督交代、という荒療治。現戦力をベースに補強が必要になるというチームの向かいたい方向性とは真逆のベクトルです。この状況を打破するのはまさに過剰戦力の売却、もしくはビッグタイトルの獲得のどちらか。むしろ両方をバランスよく行う必要があります。

とはいえピッチ上は絶対が存在しない世界。どんどん年を取っていく選手たち。そのような中でC・ロナウドの引退説(今夏母国メディアに「引退するのは来年かもしれないし、40歳、41歳まで続けるかもしれないし」と語った)。150億円近く費やし、さらにその選手が引退されてしまうという痛手をどのように解消していくのか、私はピッチ外のユベントスの経営手腕・かじきりがどのようなものになるのか、注目しています。年末から1月の選手移籍市場においてどのような動きを見せるのか、そしてFIFAファイナンシャルフェアプレーを回避するための策をどのように考えるのか、見てみましょう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-10101024-nksports-socc
10/11(金) 10:01配信

<英メディア>現役選手からレジェンドと呼ばれた選手を格付けして公表!「過小評価」「過大評価」は?  

images333




1: Egg ★ 2019/10/13(日) 01:57:53.36 ID:lickMa199
<GOAT 史上最高>

リオネル・メッシ(アルゼンチン代表)

<LEGEND 伝説 >

ジネディーヌ・ジダン(元フランス代表)
パオロ・マルディーニ(元イタリア代表)
ロナウジーニョ(元ブラジル代表)、ロナウド(元ブラジル代表)
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)
ヨハン・クライフ(元オランダ代表)
カルレス・プジョル(元スペイン代表)
ディエゴ・マラドーナ(元アルゼンチン代表)

<GREAT 偉大 >

ジャンルイジ・ブッフォン
(元イタリア代表)
リバウド
(元ブラジル代表)
ライアン・ギグス
(元ウェールズ代表)
ティエリ・アンリ
(元フランス代表)
スティーブン・ジェラード
(元イングランド代表)
アラン・シアラー
(元イングランド代表)
フランク・ランパード
(元イングランド代表)
ズラタン・イブラヒモビッチ
(元スウェーデン代表)
ロベルト・カルロス
(元ブラジル代表)

<GOOD 優秀 >

セルヒオ・アグエロ
(アルゼンチン代表)
ディディエ・ドログバ
(元コートジボワール代表)
エデン・アザール
(ベルギー代表)
フィルジル・ファン・ダイク
(オランダ代表)
ロビン・ファン・ペルシー
(元オランダ代表)
デイビッド・ベッカム
(元イングランド代表)
キリアン・ムバッペ
(フランス代表)

<UNDERRATED 過小評価 >

セルヒオ・ブスケッツ
(スペイン代表)
ウェイン・ルーニー
(元イングランド代表)
アリエン・ロッベン
(元オランダ代表)
ソン・フンミン
(韓国代表)

<OVERRATED 過大評価 >

アレクシス・サンチェス
(チリ代表)
アントワーヌ・グリーズマン
(フランス代表)
メスト・エジル
(元ドイツ代表)
ジェラール・ピケ
(元スペイン代表)
ペレ
(元ブラジル代表)
ネイマール
(ブラジル代表)
ガレス・ベイル
(ウェールズ代表)
カリム・ベンゼマ
(元フランス代表)


https://www.football-zone.net/archives/222890/3?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=222890_6

名将モウリーニョ氏が選ぶ“歴代最高選手”。メッシでもC・ロナウドでもなく…  

20191012-00342553-footballc-000-1-view[1]




1: 数の子 ★ 2019/10/13(日) 00:10:57.14 ID:2CV3RHtz9
 マンチェスター・ユナイテッドなどの元監督であるジョゼ・モウリーニョ氏は、これまで目にしてきた中で最高の選手として、元ブラジル代表FWのロナウド氏を挙げた。『LiveScore』のインタビューに語ったとしてスペイン紙『マルカ』などが伝えている。

 これまで複数のビッグクラブで監督を務め、レアル・マドリー在籍時のクリスティアーノ・ロナウドをはじめとする多くの名選手たちを指導してきたモウリーニョ氏。だが最高の選手に挙げたのはそのC・ロナウドでもなければ、ライバルのリオネル・メッシでもない。

「“怪物”ロナウドだ。クリスティアーノ・ロナウドやレオ・メッシはより長くキャリアを過ごし、15年間にわたって毎日トップを守り続けてきた。だが厳密に才能や能力について言えば、ロナウドを超える者は誰もいない」とモウリーニョ氏は語る。

 1996年、モウリーニョ氏がバルセロナでアシスタントを務め始めたのと同時期にロナウド氏はバルサに加入した。「ボビー・ロブソンとともにバルセロナにいた時、彼は今までピッチ上で見た中で最高の選手だと分かった。より驚異的なものになったはずのキャリアが負傷でダメにされたが、19歳の彼が秘めていた才能は信じがたいものだった」とモウリーニョ氏は振り返った。

 ロナウド氏はバルサで37試合34得点という活躍をみせリーガエスパニョーラ得点王に輝いたあと、翌年に移籍したインテルでもゴールを量産。1999年の靭帯断裂以降は負傷に苦しめられるキャリアを過ごしたが、その後も2002年日韓ワールドカップ得点王やレアル・マドリーでのリーガ得点王などの実績を残した。

フットボールチャンネル編集部


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191012-00342553-footballc-socc

<メッシ>史上最多6度目のFIFA年間最優秀選手受賞!C・ロナウド&ファン・ダイクを抑える 

1: Egg ★ 2019/09/24(火) 05:29:31.88 ID:3N/C9SAE9
現地時間23日、イタリア・ミラノで国際サッカー連盟(FIFA)による2019年の『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の授賞式が行われ、男子最優秀選手にバルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが選ばれた。

 メッシは昨季公式戦50試合で51得点を挙げる活躍を見せ、リーガエスパニョーラで自身10度目の優勝と15度目の得点王に輝いた。またチャンピオンズリーグ(CL)でも得点王となった。2009年に初めて同賞を獲得したメッシは2010年、2011年、2012年、2015年そして今回で6度目となりクリスティアーノ・ロナウドの5回を超え史上最多となった。

 なおユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、リバプールに所属するオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクも最終候補に選ばれていた。

9/24(火) 5:20フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190924-00339655-footballc-socc

写真
no title

「長い道のりだった…」ファン・ダイクがDF史上初のUEFA欧州最優秀選手賞を受賞! 

20190830-00010001-sdigestw-000-1-view[1]

C・ロナウド、“メッシネタ”で爆笑を誘う「まだ夕食をともにした事はないけどね(笑)。将来…」  

20190830-43471040-gekisaka-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/08/30(金) 12:55:26.16 ID:SNqYlFkl9
UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグ組み合わせ抽選会が29日にモナコで行われ、同日にUEFA年間最優秀選手賞も発表された。

 受賞を果たしたのはリバプールのDFフィルヒル・ファン・ダイク。昨季にリバプールの14年ぶりとなる欧州CL制覇に貢献し、オランダ代表では優勝こそ逃したが、キャプテンとしてUEFAネーションズリーグ決勝進出の立役者となった。

 一方で、最終候補者3名にノミネートされていたユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナのFWリオネル・メッシは昨年に続いて受賞を逃す形に。だが、この式典での2人のやり取りが会場を大きく盛り上げた。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

 受賞者の発表前、インタビュアーが候補者3人にさまざまな質問を行った。その中でメッシが「C・ロナウドが恋しいですか?」と聞かれると、「僕たちのスペインでライバル関係は本当に美しかった」と返答。隣のC・ロナウドも「僕たちは15年間、この最高のステージを共有してきた。レオとの試合が恋しいよ。僕たちは素晴らしいライバル関係を持っている」と同調した。

 そして冗談まじりに「まだ夕食をともにしたことはないけどね(笑)。それが将来実現することを願っているよ」と付け加えると、会場は笑いと拍手で大盛り上がり。軽妙なトークで沸かせたC・ロナウドは「2、3年後もここにいることを願っている。このライバル関係を可能な限り長く続けたいね」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-43471040-gekisaka-socc

動画instagram
https://www.instagram.com/p/B1weQWiDeuC/

元バルサのリバウド氏「世界1位はメッシ、2位はC・ロナウド、3位は…」  

1: Hikaru ★ 2019/08/29(木) 18:37:45.49 ID:N0cq5dbA9
元バルサのリバウド氏「世界1位はメッシ、2位はC・ロナウド、3位は…」
ゲキサカ 8/29(木) 17:51配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190829-43471016-gekisaka-socc

 元ブラジル代表のリバウド氏が世界トップ選手や同胞のFWネイマールについて語った。スペイン『アス』が伝えている。

 過去にバルセロナなどで活躍し、ブラジル代表では2002年の日韓W杯制覇を経験。
1999年にバロンドールも受賞したリバウド氏はスペインのラジオ局『カデナ・セール』の番組
『エル・ラルゲーロ』に出演し、世界最高の選手に関して次のように語った。

「今のところメッシだ。クリスティアーノ・ロナウドは2位だろう。3位は考えていなかった。ネイマールは3位にはならない。
もし彼がスペインサッカーに戻るなら、次のシーズンは3番目以内に入り、トップにもなるかもしれない」

 2017年8月にバルセロナからパリSGに移籍したネイマールは現在、古巣復帰に向けて交渉中と報じられている。

 リバウド氏は「彼が(バルセロナを)去ったのは間違いだったと思う」と指摘する一方、
「私は彼には戻ってきてほしい。ネイマールがいればUEFAチャンピオンズリーグのためにより強くなれる。
私たちは彼が間違いを犯したと知っているが、彼がゴールを決めたらすぐに忘れることができるだろう」と古巣復帰を歓迎した。

 ネイマールが加入すればメッシ、FWルイス・スアレス、FWアントワーヌ・グリエーズマンと各国のエース級が4枚揃うことになる。
リバウド氏は「誰もが最高のものを好む。バルセロナにとって素晴らしいことだ」と豪華攻撃陣の共演に心を躍らせた。

◇ 現役時代にバルセロナで活躍したリバウド氏(Getty Images)
no title

UEFA年間最優秀選手賞候補上位3選手が発表…メッシ、C・ロナウド、そしてファン・ダイク  

20190816-00010001-goal-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/08/16(金) 13:45:29.11 ID:Y6VMbzqg9
欧州サッカー連盟(UEFA)は、2018-19シーズン年間最優秀選手賞の最終候補3選手を発表した。

リヴァプールのチャンピオンズリーグ(CL)制覇で幕を閉じた2018-19シーズン。UEFAは29日にモナコで行われる表彰式を前に、男子の年間最優秀選手賞にノミネートされた3選手に加え、次点となった7選手を公表する。

最終候補に残った3選手は、バルセロナのリオネル・メッシ、ユヴェントスのクリスティアーノ・ロナウド、そしてリヴァプールのビルヒル・ファン・ダイク。アルゼンチン代表FWはCL得点王と欧州ゴールデンシューに輝き、ポルトガル代表FWはUEFAネーションズリーグ(UNL)の初代王者とともに、ファイナルシリーズでの得点王を手にしたことが評価された。

一方で、DFとして唯一選出されたファン・ダイクは、リヴァプールの14年ぶりとなる欧州制覇が決まった決勝の舞台でマン・オブ・ザ・マッチに輝き、さらにオランダ代表としてもUNLで決勝進出を果たすなど、クラブと代表で1年間を通して活躍を続けた。

年間最優秀選手賞の候補は、CLとヨーロッパリーグ(EL)の本戦出場を果たした80クラブの監督と55人のジャーナリストが、トップ3を選出し、1位からそれぞれ5ポイント、3ポイント、1ポイントが与えられ、その結果に基づき順位付けされる。なお、監督は自チームの選手には投票できない仕組みになっている。

また、29日の表彰式では、男子の年間最優秀選手の他に、CLにおけるポジション別の最優秀選手、女子年間最優秀選手、EL最優秀選手が発表される。

男子年間最優秀選手候補の4位以降は以下の通り。

4位 アリソン(リヴァプール)
5位 サディオ・マネ(リヴァプール)
6位 モハメド・サラー(リヴァプール)
7位 エデン・アザール(チェルシー/レアル・マドリー)
8位 マタイス・デ・リフト(アヤックス/ユヴェントス)
8位 フレンキー・デ・ヨング(アヤックス/バルセロナ)
10位 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00010001-goal-socc

「クボ? まったく知らないね」バジャドリー指揮官、久保建英のレンタル移籍に意味深コメント 

20190809-00062609-sdigestw-000-4-view[1]

“怪物”が久保建英のレンタル獲得熱望 元ブラジル代表ロナウド氏がレアル会長に直談判か 

20190802-00000088-dal-000-3-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索