Samurai Goal

ロナウド


スポンサード リンク





イブラがC・ロナウドを批判「本物はブラジル人の方」「彼に天賦の才はない。ハードワークによるものだ」  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/06(金) 17:53:15.18 ID:21sbE9p59
今冬の移籍マーケットでACミラン復帰が噂されているズラタン・イブラヒモビッチは、『GQ Italia』のインタビューでクリスティアーノ・ロナウドを批判し、イタリア・フットボール界を炎上させている。

「本物のロナウドは、ブラジル人の方だ。クリスティアーノ・ロナウドに天賦の際はなく、ハードワークによって出来上がったものだ」とイブラヒモビッチは語っている。

20年の自身のキャリアにおいてマルメ、アヤックス、ユヴェントス、インテル・ミラノ、FCバルセロナ、ミラン、パリ・サンジェルマン(PSG)、
マンチェスター・ユナイテッド、LAギャラクシーというクラブを渡り歩くイブラヒモビッチは、セリエAでライバルになるかもしれないロナウドを次のように批判している。

「もし自分がチャレンジがしたいのであれば、ユヴェントスがセリエBのときに加入し、セリエAに昇格させるべきだった」と2009年にユヴェントスが降格した際にチームを離れたズウェーデン人FWは語っている。

さらに、「セリエAを7連覇しているチームに加入することは、チャレンジでもなんでもない」と皮肉を込めて言い放った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00010013-sportes-socc
12/6(金) 17:05配信

no title

http://www.soccerdigestweb.com/files/topics/34197_ext_04_0_L.jpg
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/topics/34197_ext_04_1.jpg
http://everyday-e-news.com/wp-content/uploads/2014/07/img5a7668ffzik3zj-258x300.jpeg
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/topics/64850_ext_04_1.jpg
https://image.middle-edge.jp/medium/84041142-4a6a-4e87-b379-4f906449b91f.jpg
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2018/05/19/20180519dde001010010000p/9.jpg
http://ae01.alicdn.com/kf/HTB1M83vdBjTBKNjSZFDq6zVgVXah.jpg_q50.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=NkSNdI7g__A


【限界突破していた頃の怪物ロナウド】神業スーパープレイ集

https://www.youtube.com/watch?v=SofvifQuoBA


【ロナウド】怪物の全盛期!メッシより凄い? Ronaldo

メッシ&C・ロナウド超えの決定力! レアル“現エース”の「正確性」をスペイン紙絶賛 11試合9得点  

20191114-00228660-soccermzw-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/14(木) 08:08:52.69 ID:vEniiPCO9
昨夏以降のシュート決定率「2.3本」はメッシ、C・ロナウド、スアレスを上回る

レアル・マドリードの元フランス代表FWカリム・ベンゼマの決定力は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをも上回っている――。
スペイン大手紙「マルカ」が、レアル“現エース”の際立った正確性を報じている。

ロナウドとともにプレーしている際は、アシスト役に回ることも多かったベンゼマだが、ロナウド移籍後のレアルでは最大の得点源となっている。
それを象徴するスタッツが、得点数に対するシュートの割合だ。

ロナウドがユベントスへ移籍した2018年夏からのデータで、ベンゼマはここまで41得点をマーク。
これを上回っている選手は欧州内でもバイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(63得点)、メッシ(60得点)、
パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(47得点)の3人のみだ。

そして、ベンゼマはその41得点を97本のシュートで決めているという。1ゴールに要するシュート数はわずか2.3本。
メッシ(2.5本)、バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレス(2.8本)、ロナウド(3.2)と並み居るストライカーたちを上回っているという。
ベンゼマ以上の決定力を叩き出しているのは、レバンドフスキ(1.95本)のみ。その活躍が、欧州でも際立っていることがよく分かる。
「マルカ」紙は「ベンゼマはメッシ、ロナウド、スアレスよりも正確」と絶賛している。

記事では、過去に名将ジョゼ・モウリーニョ氏をもってして、「レアル・マドリードはベンゼマに大きく依存している」と言わしめたことを伝えている。
スター選手の補強ばかりが話題に上るレアルだが、すでに頼れるストライカーが存在していることを忘れてはならないだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191114-00228660-soccermzw-socc
11/14(木) 7:40配信

【急募】メッシクリロナの次に凄いサッカー選手  

20181211_MessiRonaldo




1: 風吹けば名無し 2019/11/08(金) 17:49:09.38 ID:4sxMzf9+0
エリクセン

<メッシ>「これまで見てきた中で史上最高のストライカーはロナウド」  

1: Egg ★ 2019/10/28(月) 16:44:06.57 ID:H3K8o7aD9
バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、これまでに見てきた中で最高のストライカーは元ブラジル代表FWロナウドであると語った。スペイン『アス』などが伝えた。

欧州挑戦1年目の1994-95シーズンにPSVで公式戦35試合33試合の記録を残したロナウド氏は、1996-97シーズンにはバルセロナで公式戦49試合47得点をマーク。圧倒的なスピードと決定力を誇った同氏は、世界最高FWの名を欲しいままにし、その後に度重なる負傷に苦しみながらもインテルやレアル・マドリーで活躍した。

『TyC Sports』で過去最高のストライカーについて問われたメッシは、「ロナウドはフェノメノン(驚異的)だった。僕がこれまでに見てきた中で最高のストライカーだよ。本当に信じがたい選手だった」と、2002年のワールドカップで得点王となって母国を優勝に導いた怪物を称賛。さらに、前線のパートナーについて、バルセロナの先輩だった元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏の話を交えて以下のように口にした。

「ロナウジーニョにはとてもお世話になった。16、17歳でバルサのトップチームに入り、ドレッシングルームでは凄い選手たちに囲まれている気分だった。でも彼は、そんな僕が落ち着けるように手助けしてくれたんだ。ピッチ上で僕は常に彼を探していた。多くのシーズンで一緒にプレーできたわけではない。もっと多く時間、ロナウジーニョとプレーしたかったね」

メッシは2004-05シーズンにバルセロナでトップチームデビュー。当時のエースだったロナウジーニョ氏とは、4シーズンにわたってプレーを共にした

10/28(月) 15:31配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-00010028-goal-socc

写真
no title

<ギグス>“世界最高の選手”論争に一石!「元同僚C・ロナウドが好きだが、メッシは…」  

1: Egg ★ 2019/10/25(金) 12:55:31.04 ID:R6HqGScD9
元マンチェスター・ユナイテッドで現ウェールズ代表指揮官のライアン・ギグス監督が、リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドについて言及した。

2008年から10年間にわたりバロンドールを独占するなどフットボール界の頂点に君臨するメッシとロナウド。今もなお世界最高の選手としてそれぞれバルセロナとユヴェントスで活躍を続ける両選手の比較に現役、OB問わずさまざまな意見が飛び交っている中、ギグス監督も『DAZN』でこの論争に一石を投じた。

「ロナウドと一緒にプレーし、彼の成長を見てきたから私は少しばかり彼に傾倒している」とマンチェスター・U時代のチームメイトであるポルトガル代表FWをより気に入っていると自身の考えを主張する。

一方、メッシについては「彼は天才で、一生に一度の選手だ」とコメント。マンチェスター・Uの“ワン・クラブ・マン”であるギグス監督と同様にデビュー後からバルセロナ一筋を貫き、クラブ通算600ゴール以上を記録するアルゼンチンのスーパースターを手放しで称賛した。

またギグス監督は、代表でエースとして活躍するもレアル・マドリーでは難しい時を過ごすギャレス・ベイルについても言及。「外野から見る限りでは奇妙な光景だ。彼にはクオリティがあり、4度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇を成し遂げた。私はウェールズで彼のコーチで、彼はチームの主将だ。それに、(CL決勝の)リヴァプール戦で見せたように短い時間でも試合を変えることができる選手だ」とクラブでの現状を嘆いている。

写真no title


10/25(金) 12:13配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191025-00010010-goal-socc

実は大赤字、ユべントスの財務のゆくえは?  

20191011-10101024-nksports-000-9-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/11(金) 10:18:54.99 ID:LZazKhIe9
この数回はスペインサッカー界を長年にわたって支えてきたと言っても過言ではないレアル・マドリード、バルセロナ、アトレティコ・マドリードといったクラブの財政状況を見てまいりました。その中でもレアルは欧州チャンピオンズリーグ(CL)3連覇の立役者でもあるポルトガルのスーパースター、クリスティアーノ・ロナウドの売却を機になかなか立て直すことができておらず、そしてバルセロナもメッシを欠いた試合は落とすなど、好不調の波が大きくなりつつあり、アトレティコは150億円とも言われている大きな投資を行い、いよいよ2強時代から3強時代への変遷を感じさせる今シーズンとなっております。

その中でC・ロナウドが活躍の場を移したイタリア・セリエA、ユベントス。その昔プラティニを擁してヨーロッパを制覇し、来日したことも記憶にある方々もいらっしゃるかもしれません。今回はそのユベントスの収支状況をのぞきつつ、C・ロナウドに始まり大きなお金を生みだすことができている裏側に迫りたいと思います。

ユベントス自体は4億3000万ユーロ(約516億円)ほどの売り上げを計上しており、レアルやバルセロナとピッチ上では互角の戦いをすることができる戦力を誇っていますが、ファイナンス面をみると約半分ほどの規模になります。支出(コスト面)を見てみると、5億9000万ユーロ(約7億円)で、マイナス計上されています。しかもこれは昨シーズンだけでなく、この2シーズンにわたってマイナス計上されておりますから、新スタジアムに変わり、C・ロナウドを獲得し、という華やかで一見成功への道をたどっているかに見える裏側では実はお金がないということになります。この要因がどこにあるかを見てみると、インタンジブル・アモチゼイション(無形の減価償却費)がこの2シーズンにわたって1億ユーロ(約120億円)を超えており、この数字が圧迫しているように感じます。フットボール界の財務諸表を見るにあたり、この“無形の減価償却費"が示すものを考えなければなりませんが、これは選手の契約金である場合がほとんどです。過去、レアルが苦しんだのもこの無形の減価償却費、つまり分割払いによる選手の獲得金になります。スペインでは下部組織から上がった選手の契約金はここに含まれないことが多く、このカラクリを見抜くことがポイントになります。

話をユベントスに戻しましょう。ここでポイントになるのが、どのようにしてこのマイナス計上を解消するのかということになりますが、基本的には選手売却によるキャピタル・ゲインをベースに考えます。つまり、5~10億円で取ってきた選手を30~50億円で売った場合の売却益を得るということ。おそらくですが、本来であれば本年度はその清算時期であったことは間違いありません。アレグリ体制でどうしても達成したかったCL制覇。なぜならば、過去数回にわかってリポートしてきましたが、それによって得られる収入は数十億円単位になり、これがあれば一気に解消され、選手を無理に売却する必要はなくなるからです。

しかしながらチームのとった路線は監督交代、という荒療治。現戦力をベースに補強が必要になるというチームの向かいたい方向性とは真逆のベクトルです。この状況を打破するのはまさに過剰戦力の売却、もしくはビッグタイトルの獲得のどちらか。むしろ両方をバランスよく行う必要があります。

とはいえピッチ上は絶対が存在しない世界。どんどん年を取っていく選手たち。そのような中でC・ロナウドの引退説(今夏母国メディアに「引退するのは来年かもしれないし、40歳、41歳まで続けるかもしれないし」と語った)。150億円近く費やし、さらにその選手が引退されてしまうという痛手をどのように解消していくのか、私はピッチ外のユベントスの経営手腕・かじきりがどのようなものになるのか、注目しています。年末から1月の選手移籍市場においてどのような動きを見せるのか、そしてFIFAファイナンシャルフェアプレーを回避するための策をどのように考えるのか、見てみましょう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-10101024-nksports-socc
10/11(金) 10:01配信

<英メディア>現役選手からレジェンドと呼ばれた選手を格付けして公表!「過小評価」「過大評価」は?  

images333




1: Egg ★ 2019/10/13(日) 01:57:53.36 ID:lickMa199
<GOAT 史上最高>

リオネル・メッシ(アルゼンチン代表)

<LEGEND 伝説 >

ジネディーヌ・ジダン(元フランス代表)
パオロ・マルディーニ(元イタリア代表)
ロナウジーニョ(元ブラジル代表)、ロナウド(元ブラジル代表)
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)
ヨハン・クライフ(元オランダ代表)
カルレス・プジョル(元スペイン代表)
ディエゴ・マラドーナ(元アルゼンチン代表)

<GREAT 偉大 >

ジャンルイジ・ブッフォン
(元イタリア代表)
リバウド
(元ブラジル代表)
ライアン・ギグス
(元ウェールズ代表)
ティエリ・アンリ
(元フランス代表)
スティーブン・ジェラード
(元イングランド代表)
アラン・シアラー
(元イングランド代表)
フランク・ランパード
(元イングランド代表)
ズラタン・イブラヒモビッチ
(元スウェーデン代表)
ロベルト・カルロス
(元ブラジル代表)

<GOOD 優秀 >

セルヒオ・アグエロ
(アルゼンチン代表)
ディディエ・ドログバ
(元コートジボワール代表)
エデン・アザール
(ベルギー代表)
フィルジル・ファン・ダイク
(オランダ代表)
ロビン・ファン・ペルシー
(元オランダ代表)
デイビッド・ベッカム
(元イングランド代表)
キリアン・ムバッペ
(フランス代表)

<UNDERRATED 過小評価 >

セルヒオ・ブスケッツ
(スペイン代表)
ウェイン・ルーニー
(元イングランド代表)
アリエン・ロッベン
(元オランダ代表)
ソン・フンミン
(韓国代表)

<OVERRATED 過大評価 >

アレクシス・サンチェス
(チリ代表)
アントワーヌ・グリーズマン
(フランス代表)
メスト・エジル
(元ドイツ代表)
ジェラール・ピケ
(元スペイン代表)
ペレ
(元ブラジル代表)
ネイマール
(ブラジル代表)
ガレス・ベイル
(ウェールズ代表)
カリム・ベンゼマ
(元フランス代表)


https://www.football-zone.net/archives/222890/3?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=222890_6

名将モウリーニョ氏が選ぶ“歴代最高選手”。メッシでもC・ロナウドでもなく…  

20191012-00342553-footballc-000-1-view[1]




1: 数の子 ★ 2019/10/13(日) 00:10:57.14 ID:2CV3RHtz9
 マンチェスター・ユナイテッドなどの元監督であるジョゼ・モウリーニョ氏は、これまで目にしてきた中で最高の選手として、元ブラジル代表FWのロナウド氏を挙げた。『LiveScore』のインタビューに語ったとしてスペイン紙『マルカ』などが伝えている。

 これまで複数のビッグクラブで監督を務め、レアル・マドリー在籍時のクリスティアーノ・ロナウドをはじめとする多くの名選手たちを指導してきたモウリーニョ氏。だが最高の選手に挙げたのはそのC・ロナウドでもなければ、ライバルのリオネル・メッシでもない。

「“怪物”ロナウドだ。クリスティアーノ・ロナウドやレオ・メッシはより長くキャリアを過ごし、15年間にわたって毎日トップを守り続けてきた。だが厳密に才能や能力について言えば、ロナウドを超える者は誰もいない」とモウリーニョ氏は語る。

 1996年、モウリーニョ氏がバルセロナでアシスタントを務め始めたのと同時期にロナウド氏はバルサに加入した。「ボビー・ロブソンとともにバルセロナにいた時、彼は今までピッチ上で見た中で最高の選手だと分かった。より驚異的なものになったはずのキャリアが負傷でダメにされたが、19歳の彼が秘めていた才能は信じがたいものだった」とモウリーニョ氏は振り返った。

 ロナウド氏はバルサで37試合34得点という活躍をみせリーガエスパニョーラ得点王に輝いたあと、翌年に移籍したインテルでもゴールを量産。1999年の靭帯断裂以降は負傷に苦しめられるキャリアを過ごしたが、その後も2002年日韓ワールドカップ得点王やレアル・マドリーでのリーガ得点王などの実績を残した。

フットボールチャンネル編集部


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191012-00342553-footballc-socc

<メッシ>史上最多6度目のFIFA年間最優秀選手受賞!C・ロナウド&ファン・ダイクを抑える 

1: Egg ★ 2019/09/24(火) 05:29:31.88 ID:3N/C9SAE9
現地時間23日、イタリア・ミラノで国際サッカー連盟(FIFA)による2019年の『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の授賞式が行われ、男子最優秀選手にバルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが選ばれた。

 メッシは昨季公式戦50試合で51得点を挙げる活躍を見せ、リーガエスパニョーラで自身10度目の優勝と15度目の得点王に輝いた。またチャンピオンズリーグ(CL)でも得点王となった。2009年に初めて同賞を獲得したメッシは2010年、2011年、2012年、2015年そして今回で6度目となりクリスティアーノ・ロナウドの5回を超え史上最多となった。

 なおユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、リバプールに所属するオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクも最終候補に選ばれていた。

9/24(火) 5:20フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190924-00339655-footballc-socc

写真
no title

「長い道のりだった…」ファン・ダイクがDF史上初のUEFA欧州最優秀選手賞を受賞! 

20190830-00010001-sdigestw-000-1-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索