Samurai Goal

ロナウド


スポンサード リンク





「ロナウドの自宅には行くな!!」元同僚が語るヤバい理由とは?ww 

157-cristiano-ronaldo-3
1 2018/06/22(金) 18:46:38.45 _USER9
「彼はマシンなんだ」(エブラ)

数々の栄光を手に入れることができたのは、自分を厳しく律してきたからだ。バロンドールを5回受賞したクリスチアーノ・ロナウドが、徹底的に肉体を自己管理しているのはよく知られている。

 その凄さが分かるエピソードを披露したのが、マンチェスター・ユナイテッドでC・ロナウドと一緒にプレーした元フランス代表のパトリス・エブラだ。

 英紙『Daily Mail』によると、エブラは『ITV』のポッドキャストで、「クリスチアーノにランチを食べようと自宅に誘われたら、断ることを勧める」と、冗談めかして昔の思い出を明かした。
 
 ある日のこと、エブラはC・ロナウドからランチに招かれた。だが、練習後で疲れていたにもかかわらず、テーブルに置かれたのはサラダと薄味の鶏のむね肉のみ。飲み物もジュースはなく、水だけだったという。

「これから大きい肉でも出てくるのだろう」と考えていたエブラだが、食事はそれで終了。しかも、食べ終わったC・ロナウドは、立ち上がってサッカーボールで練習を始め、一緒にトレーニングしようとエブラに言ってきたのだ。

 結局、プールで泳ぐトレーニングにも付き合わされたというエブラ。その徹底ぶりに感嘆するとともに、「だから、彼に自宅へ招かれたら、断ることを勧めるよ。とにかくノーと言い続けるんだ」と、周囲の仲間に対して忠告するようになったという。

「彼はマシンなんだ。トレーニングを止めることを望まないんだよ」

 なおエブラは、C・ロナウドのエピソードをもうひとつ披露している。やはりユナイテッドに所属していた頃、リオ・ファーディナンドに卓球で負け、周囲からはやし立てられた時のことだ。

「すごく怒っていた」というC・ロナウドは、親戚に卓球台を買ってきてもらうと、2週間にわたって自宅でみっちり練習を重ねたという。そして見事、全員の前でファーディナンドにリベンジを果たしたそうだ。

 エブラは言う。「それがクリスチアーノ・ロナウドだ。だから、彼がいまもバロンドールの獲得にこだわり、ワールドカップの優勝を目指しても、僕は驚かない。彼は怒れる男だからね(笑)」

 向上のための努力を怠らず、激しい闘争心を持った負けず嫌い――そうしていまのクリスチアーノ・ロナウドがいるのだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180622-00042722-sdigestw-socc

【論争】メッシとロナウド、どっちが上なのか? 

146bed095914820e0dc05300415e25df_1519843782_1
1 2018/06/18(月) 20:59:10.68 _USER9
 クリスティアーノ・ロナウドとメッシの比較は、このワールドカップの舞台でも続いている。アルゼンチン代表の初戦が終わったあと、イタリア紙『La Gazzetta dello Sport』など各国の主要スポーツ紙は、「クリスティアーノ3点、メッシ0点」というように、この2人のゴール数を比べる見出しを付けた。

スペイン代表戦におけるクリスティアーノのゴールセレブレーションも話題を呼んだ。CR7はなぜヤギのジェスチャーを行ったのか?。多くのメディアが、英語で“goat“と表記するヤギを“Greatest of all time(史上最高)“の略だと分析した。

 だが、イタリアのメディアは「se non e, e ben trovato(真実ではなく楽しい発明)」とこれを否定している。彼らの解釈によると、あれはスペイン財務局へ向けたジェスチャーだったそうだ。“自分はスペインに1800万ユーロ(約24億円)を払うけどかゆい程度だ。その代わり君たちの国からゴールを奪ってやったぞ“という意味だという。

 このナンセンスな論争は、リオネル・メッシにとっては何の関係もないことだ。彼はそもそもクリスティアーノと比較されることを望んでいない。 レオにとって重要なのは、ワールドカップ前のインタビューでムンドデポルティーボに語ったように、世界チャンピオンになってトロフィーを獲得することだ。個人のタイトルではなく、チームとしてタイトルを獲得したい。そのために、今日はチームに休みが与えられたにもかかわらず、レオはひとりジムで汗を流している。

 アイスランド戦後にレオが受けた批判は計り知れない。信じられないことに、アルゼンチン代表に相応しくないとまで言う人間もいた。だからこそ、マルク・クロサスのツイートは注目に値する。テネリフェで引退したあとテレビコメンテーターとして活躍中のクロサスは、「チームがメッシを見殺しにした」とアルゼンチン代表を批判。ホルヘ・サンパオリ監督に「レオに頼るのなら、レオがプレーしやすい選手で囲まなければ意味がない」と苦言を呈している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00010002-mdjp-socc

ネイマール『世界一は俺!!』メッシ、ロナウドとの違いを言及! 

1 2018/06/17(日) 09:09:17.47 _USER9
ブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマン)が「世界最高の選手は俺だ」と発言。過去10年間、バロンドールを二分しているアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)とポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)の“ある理由”を、その根拠に挙げている。

 ブラジルのYouTubeチャンネル「Desimpedidos」に登場したネイマール。17日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のスイス戦を前に、絶対的な自信を見せつけた。

「控えめに言っても、今、世界最高の選手は俺だ」

 サッカー王国の背番号10はこう豪語した。2016年のリオデジャネイロ五輪でブラジルに金メダルをもたらした男は自信に満ち溢れていたが、実は“注釈”があった。

「全ての選手のうえに立つ2選手がクリスティアーノ・ロナウドとメッシだ」

 ロナウドとメッシを現代サッカーの二大巨頭と認めつつ、それでもなお自らを世界一と名乗る理由はネイマール曰く「彼らは他の惑星からやってきたから」。二人は“異星人”のため、自分が“地球上で一番”というわけだ。

 ロシアW杯で世界制覇を成し遂げ、異星人の域に近づくことはできるだろうか。

フットボールZONE 6/17(日) 7:10
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180617-00112093-soccermzw-socc

写真
no title

C.ロナウドは『何がどう凄いのか?』歴史的瞬間を目撃した城氏が語る 

1 2018/06/16(土) 11:49:41.81 _USER9
W杯の歴史に残るような名勝負だったと思う。試合会場のあるソチは、モスクワから飛行機で約2時間。気温も大きく違い、日中は30度を越える真夏日だった。フィシュット・スタジアムは、海沿いにあることから、湿度も70パーセントを超えるほど高く、汗ばむ気候だった。
決して選手にとって好ましい環境ではなかったが、グループリーグ屈指の好カードにふさわしい試合を見せてくれた。4万3000人を越えた客席は、どちらかと言えば、スペインのサポーターが多かった。
逆転しながらも1点のリードを守りきれなかったスペインにとって負けに等しい悔しい3-3のドローとなったが、スタジアムは興奮の坩堝。観客がひとつひとつのプレーに身を乗り出すようにのめり込んでいた姿が印象深かった。それほど濃厚でハイレベルな試合内容だった。


ポルトガルは、その立ち上がりの数分間、うまく守備ブロックをかため、セカンドボールをとりにいく意識を徹底して主導権を握る。サイドチェンジをうまく使い、スペイン守備のバランスを崩した。
開始わずか4分にロナウドが記録した先制のPKは、実は、意図的に誘って取ったファウルだ。 ボールを跨ぎながら直線的に突破。ナチョは足を出したが「シミュレーション」ギリギリの倒れた方だった。

 前半終了間際に2-1と勝ち越したゴールもロナウドの計算されたシュートだった。後方からのロングパスをゲデスが落とすと、オフサイドポジションにいたロナウドは、正規ポジションに戻ってきて、左足でグラウンダーのシュート。
キーパーのデ・ヘアが正確にキャッチできずに弾いてしまったボールが、コロコロとゴールラインを割った。会場のファンは「デ・ヘアのミスだ」と騒ぎたてていた。
 確かに名キーパーらしくないシンプルなミスではあるが、ロナウドは、あそこはコースを狙うのではなく、地を這うような無回転のボールを強く蹴りにいった。
試合前には、ピッチに水が撒かれ、フィールドの芝はかなり滑る状態にあった。それらを見越した上で、ああいうミスを誘う前提での計算ずくのシュートを打ったのである。それも目が覚めるようなパワフルなボールをだ。

 スペインサポーターに悲鳴を上げさせたのが、後半44分の同点FKである。スペインが作った壁の位置が近すぎるように思えたが、ロナウドは、ボールに縦回転をつけて、身長190センチ近くある高いブスケツの頭を越してみせたのである。ゴールの外側からボールを落としてネットを揺らす。もう神業である。

 実は、このゴール正面、20メートルの絶好の位置で得たファウルも計算ずくの仕組まれたプレーだった。ゴール前でゴールに背を向けてボールを受ける寸前に、ロナウドはピケに体を寄せておいたのである。この位置で、ボールをキープすれば、必ずピケが手を出すと誘ったプレー。
ピケはロナウドの思惑通りに両手で体を突いて笛を吹かれた。
 
 ロナウドも33歳。ゲームを見ていると、量より質に特化しているのがわかる。
 2つのペナルティを奪ったシーンや、カウンター攻撃の際に、連動してのスピード感溢れる動き出しなど、ここぞという決定機には、100パーセントの力を出すが、この試合でも途中ピッチから消えてしまっていた時間帯があったように、20、30パーセントの力で流す、スタミナ温存の時間も作りながら、今の年齢の体力に合うようにゲームをトータルでマネジメントしている。試合の最初と最後。ポルトガルは、そのわずか数分で、スペインのミスを誘って勝負をドローにもちこんだが、そこでロナウドは神がかり的な集中力を見せたわけである。

つづく

2018.06.16 11:30
https://thepage.jp/detail/20180616-00000001-wordleafs

写真
no title

【神試合】ポルトガル×スペイン“ロナウド無双”にファン発狂!!! 

キャプチャ
1 2018/06/16(土) 05:23:38.56 _USER9
6/16(土) 4:51配信
スポーツ報知
◆W杯ロシア大会▽1次リーグB組 ポルトガル3―3スペイン(15日、ソチ)

 1次リーグ屈指の好カードは、ポルトガルFWクリスティアーノ・ロナウドのハットトリックなどで引き分けとなった。スペインは06年のドイツ大会以来の初戦白星はならなかった。

 試合は史上4人目となる4大会連続ゴールで幕を開けた。ポルトガルがスペインにほとんどボールを触らせないまま迎えた前半3分。C・ロナウドがドリブルで仕掛けると、ペナルティーエリア内でRマドリードのチームメートDFナチョと接触してPKを獲得。同4分。C・ロナウドは助走を取って、強く蹴り込んでGKの逆をついて先制ゴールを奪った。このゴールは史上4人目となる4大会連続ゴールの快挙だった。

 1点を追うスペインが前半24分に追いついた。自陣中央付近のMFブスケスが敵陣左奥へのロングフィード。ポルトガルDFぺぺとの競り合いに勝ったFWディエゴコスタがボールを奪うと、ペナルティーエリア正面までボールを運んだ。ディエゴコスタは相手DF2人を右、左そして右と切り返して振り切って、右足でゴール左下隅に同点弾を決めた。

 ところが前半終了間際に、再び度肝を抜くゴールが生まれた。前半44分。自陣のDFペペがペナルティーエリア正面付近へ放り込んだ。FWゲデスが落として横パスでC・ロナウドにつなぐと、エースが軌道の低い無回転シュート。ボールはスペインGKデヘアが弾いて、そのままゴールに吸い込まれ、再びポルトガルがリードを奪った。

 後半は2度目の世界王者を目指す“無敵艦隊”が強さを見せつけた。後半9分、大会後からJ1神戸でプレーするMFイニエスタがドリブルで仕掛け、ゴール正面25メートル付近でFKを獲得した。シルバがペナルティーエリア内右奥に放り込むと、MFブスケツが折り返してFWディエゴコスタが同点ゴールを決めた。

 勢いに乗るスペインは同13分、ペナルティーエリア内左で仕掛け、相手DFに当たってエリア外にこぼれた。後ろからDFナチョが低い弾道のシュートを放つと、左ポストに当たって今度は右ポストに当たりゴールネットを揺らした。ナチョは前半開始早々に先制点となるPKを与えており、汚名返上の逆転ゴールとなった。

 しかし、試合はそのままでは終わらなかった。後半43分。C・ロナウドがゴール正面20メートルで得たFK。壁の右外を巻いて、ボールはゴール右上隅に吸い込まれて土壇場で同点となった。

 試合はそのまま終了し引き分けたが、随所に見どころあふれた好ゲームだった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00010001-spht-socc

歴代W杯『珍ヘアスタイル』ランキングが面白すぎるwww 

キャプチャ
1 2018/06/06(水) 15:24:42.58 _USER9
6/6(水) 13:31配信
ベッカム、バッジョ、バルデラマ…歴代W杯の記憶に残るヘアスタイル、英紙ランキング1位は?

 歴代W杯で世界を驚かせた選手のヘアスタイルを振り返り、英『フォー・フォー・トゥー』が記憶に残る髪型ランキングを発表した。

 1位に輝いたのは、カラフルで奇抜なヘアスタイルで知られるナイジェリア代表DFタリボ・ウェスト。2位は金髪アフロのコロンビア代表MFカルロス・バルデラマ、3位には「偉大なるポニーテール」ことイタリア代表FWロベルト・バッジョが名を連ねた。02年日韓W杯で話題になったブラジル代表FWロナウドの“大五郎カット”は4位にランクインしている。

以下、ランキング

1位 タリボ・ウェスト(ナイジェリア代表、1998年)
2位 カルロス・バルデラマ(コロンビア代表、1994年)
3位 ロベルト・バッジョ(イタリア代表、1994年)
4位 ロナウド(ブラジル代表、2002年)
5位 レネ・イギータ(コロンビア代表、1990年)
6位 クリス・ワドル(イングランド代表、1990年)
7位 パウル・ブライトナー(西ドイツ代表、1982年)
8位 カイル・ベッカーマン(米国、2014年)
9位 アルトゥーロ・ビダル(チリ代表、2014年)
10位 デイビッド・ベッカム(イングランド代表、2006年)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-01654704-gekisaka-socc

市場価値『メッシ×ロナウド』メッシに軍配が上がる!!! 

メッシロナウド比較-728x505
1: 2018/06/05(火) 12:48:37.89 ID:CAP_USER9.net
サッカー関連調査機関“CIES Football Observatory”は世界で最も市場価値の高い選手にハリー・ケインを位置付けた。

CIESの算出した彼の市場価格は2億120万ユーロ(約258億円)である。

トッテナムと2022年まで契約を残す24歳のストライカーは2億ユーロ(約256億円)を超える唯一の選手となっている。
彼に続くのは市場価格1億9,570万ユーロ(約251億5,000万円)のネイマール(PSG)で、そして3位は1億8,650万ユーロ(約240億円)のムバッぺ(PSG)となっている。

そして今回の調査の最も驚くべきデータの1つはレオ・メッシとクリスティアーノ・ロナウド間の差である。
メッシは世界で4番目に市場価値が高い選手に位置付けられており、市場価格は1億8,420万ユーロ(約234億円)となっている。

一方、レアル・マドリードのポルトガル人ストライカーは1億340万ユーロ(約133億円)で第24位に沈んでいる。
メッシは30歳でクリスティアーノは33歳という年齢差もあるとはいえ、両者の市場価値の差はじつに8,000万ユーロ(約103億円)以上にも及ぶ。

■トップ10にグリーズマン

またバルサ移籍が噂されるグリーズマンは1億6,450万ユーロ(約211億円)で第8位に入った。

コウチーニョは1億5,460万ユーロ(約199億円)で12位、ルイス・スアレスは1億2,000万ユーロ(約154億円)で第18位に登場している。

その他にテア・シュテーゲンがクリスティアーノ・ロナウドの次となる第25位に入り、市場価格は1億50万ユーロ(約130億円)に設定されている。

スペイン人選手で最も市場価値が高いと評価されているのはアトレティコ・マドリードのサウル(1億50万ユーロ:約130億円)で2位はモラタ(9,120万ユーロ:約117億円)、3位がマルコ・アセンシオ(8,870万:約114億円)となっている。

6/5(火) 12:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00010010-sportes-socc

“世界最強イレブン”ロナウドがロナウドを外して完成ww 

30733_ext_04_0
1 2018/06/04(月) 17:37:51.38 _USER9
 かつての“怪物”が選考したベストイレブン。いずれも歴戦の強者がずらり居並ぶが、現在のサッカー界における“モンスター”は意外にも選外となった。

6月3日、元ブラジル代表FWのロナウドは、近年恒例となっている自身セレクトの「歴代ベストイレブン」を発表した。言わば2018年版だ。

 その11人はいずれ劣らぬ伝説の名手たちが集う。システムはボックス型の4-4-2である。

 まず、守護神にはジャンルイジ・ブッフォンが入り、最終ラインは右から元ブラジル代表DFカフー、元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ、同DFパオロ・マルディーニ、そして元ブラジル代表DFロベルト・カルロスが並ぶ。

 さらに中盤から前線にかけては、文字通りの絢爛豪華。2ボランチに元フランス代表MFのジネディーヌ・ジダンと元イタリア代表のアンドレア・ピルロが並び、“天才マエストロ”コンビを形成。その一列前には、右にリオネル・メッシ、左にディエゴ・マラドーナという新旧アルゼンチン代表の10番が配置された。
 

 そして、注目の最前線にロナウドは、自分自身とサッカー界の“王様”であるペレのコンビをチョイスしている。

 申し分のないゴージャスな面子ながら、現在サッカー界のビッグスターでレアル・マドリーの後輩にあたるクリスチアーノ・ロナウドが落選している。これが大きな話題となっているのだ。

 スペイン紙『AS』は、かつて銀河系軍団でエースを担ったレジェンドの“クリロナ外し”について、「世界でもっとも偉大なイレブンでC・ロナウドの居場所はなかった」と報じ、さらには英紙『The SUN』も、「ロナウドによるロナウド外しだ。ブラジルの伝説的なスターは5度のバロンドール受賞者を選びはしなかった」と綴った。

 現役時代から話題に事欠かなかったロナウドだが、引退してもなお、その言動でサッカー界を盛り上げてくれている。
 

フォーメーション画像
no title


GK ブッフォン

DF カンナバーロ
  マルディーニ
  ロベルトカルロス
  カフー

MF ピルロ
  ジダン
  メッシ
  マラドーナ

FW ペレ
  ロナウド 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180604-00041404-sdigestw-socc

“ロナウドがいない!”レアル新ユニフォーム発表にロナウドの姿がなく騒然 

2018-05-29-real-madrid-hp_xzcn15pmhbio1uicggdlv4nlx
レアル・マドリーは29日、2018−19シーズンに使用する新ユニフォームを発表した。
しかし、チームが誇るスタープレーヤーであるポルトガル代表FWのクリスティアーノ・ロナウドは、モデルとなった選手の中に含まれなかった。

【続く】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000018-goal-socc

ロナウド“金銭トラブル!?”レアル退団は年俸に不満だった? 

cristiano-ron

26日のチャンピオンズリーグ決勝リヴァプール戦(3−1)後にレアル・マドリー退団を示唆したFWクリスティアーノ・ロナウドだが、先にはクラブから提示された新契約のオファーをはねつけていたという。スペイン『アス』が報じている。

【続き】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00000029-goal-socc


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索