Samurai Goal

ロナウジーニョ


スポンサード リンク





ロナウジーニョ、バルサへの復帰を発表 

20191113-00010009-sportes-000-2-view[1]

<英メディア>現役選手からレジェンドと呼ばれた選手を格付けして公表!「過小評価」「過大評価」は?  

images333




1: Egg ★ 2019/10/13(日) 01:57:53.36 ID:lickMa199
<GOAT 史上最高>

リオネル・メッシ(アルゼンチン代表)

<LEGEND 伝説 >

ジネディーヌ・ジダン(元フランス代表)
パオロ・マルディーニ(元イタリア代表)
ロナウジーニョ(元ブラジル代表)、ロナウド(元ブラジル代表)
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)
ヨハン・クライフ(元オランダ代表)
カルレス・プジョル(元スペイン代表)
ディエゴ・マラドーナ(元アルゼンチン代表)

<GREAT 偉大 >

ジャンルイジ・ブッフォン
(元イタリア代表)
リバウド
(元ブラジル代表)
ライアン・ギグス
(元ウェールズ代表)
ティエリ・アンリ
(元フランス代表)
スティーブン・ジェラード
(元イングランド代表)
アラン・シアラー
(元イングランド代表)
フランク・ランパード
(元イングランド代表)
ズラタン・イブラヒモビッチ
(元スウェーデン代表)
ロベルト・カルロス
(元ブラジル代表)

<GOOD 優秀 >

セルヒオ・アグエロ
(アルゼンチン代表)
ディディエ・ドログバ
(元コートジボワール代表)
エデン・アザール
(ベルギー代表)
フィルジル・ファン・ダイク
(オランダ代表)
ロビン・ファン・ペルシー
(元オランダ代表)
デイビッド・ベッカム
(元イングランド代表)
キリアン・ムバッペ
(フランス代表)

<UNDERRATED 過小評価 >

セルヒオ・ブスケッツ
(スペイン代表)
ウェイン・ルーニー
(元イングランド代表)
アリエン・ロッベン
(元オランダ代表)
ソン・フンミン
(韓国代表)

<OVERRATED 過大評価 >

アレクシス・サンチェス
(チリ代表)
アントワーヌ・グリーズマン
(フランス代表)
メスト・エジル
(元ドイツ代表)
ジェラール・ピケ
(元スペイン代表)
ペレ
(元ブラジル代表)
ネイマール
(ブラジル代表)
ガレス・ベイル
(ウェールズ代表)
カリム・ベンゼマ
(元フランス代表)


https://www.football-zone.net/archives/222890/3?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=222890_6

困窮ロナウジーニョの預金額640円。パスポート没収、女性トラブルも。  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/01(火) 08:06:51.40 ID:KSziHEBo9
足のアウトサイドでボールを外へ押し出し、即座に足の爪先に引っかけて切り返して相手を抜き去る妙技・エラスチコ。これをボールを浮かせてやってしまう、空中エラスチコ。

蹴る方向を見ないでパスを出すノールックパスを、あえてパスを出すのと反対を向いて出す、あっち向いてほいノールックパス。

後方からのパスを背中で止めると同時に、近くの味方に渡す、背中トラップ&パス。

独創的、華麗にしてどこかユーモラスでもあるプレーでマーカーをキリキリ舞いさせ、世界中のサッカーファンを魅了したロナウジーニョが、第2の人生で迷走している。

2015年9月末、リオの名門フルミネンセでプレーしたのを最後に、彼は現役を退いた。
以後は、世界各地で行なわれるサッカーやフットサルの記念試合や各種イベントに参加し、華麗な足技でファンを楽しませる「サッカー伝道師」を務める。

指導者にも解説者にもならず、「ロナウジーニョ」であり続けることを選んだ。

兄と購入した土地での違法建設。
 
一方、私生活では夜遊び好きのボヘミアン。正式に結婚したことはないが、2005年、ブラジル人ダンサーとの間に息子をもうけている。

選手として大きな名声と人気を手に入れ、莫大な金を稼ぎ、盛大に使ってきた。麻薬問題や反社会的勢力との関係が疑われたこともない。

しかし、近年、多くのトラブルを抱えている。

故郷ポルトアレグレ郊外の大きな湖のほとりに、兄で代理人を務めるアシスと共同で890ヘクタールの土地を購入した。
2009年、敷地内に全長142mの桟橋を建設し、橋の先端に船着き場と魚釣り用のスペースを設けた。周辺に水路やアスファルト道路も造った。

ところが、湖の一帯は環境保護地区に指定されており、市はこれらの建造物を違法とみなして撤去を求めた。

罰金の利子が4億7000万円に膨らむ。

ここで素直に従っていれば、何の問題もなかった。しかし、兄弟はこの要請に従わず、監察官の立ち入りも拒んだ。
市は2人を違法行為で訴え、2015年、地方裁判所が兄弟に桟橋の撤去と罰金80万レアル(約2080万円)の支払いを命じる判決を出した。

ところが、兄弟はこの判決も無視する。

昨年1月、この罰金が利子を含めて850万レアル(約2億2000万円)まで膨れ上がり、昨年9月、裁判所は兄弟のパスポートを没収した。

引退後のロナウジーニョは、収入の大半を国外での活動で稼ぐ。
外国へ出られなくなり、収入が激減した。

それだけではない。彼は57の不動産を保有するが、うち19の不動産の土地家屋税を長年滞納しており、昨年末、それが罰金と利子を含めて約1800万レアル(約4億7000万円)となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191001-00840920-number-socc
10/1(火) 8:01配信

https://livedoor.blogimg.jp/sa26ka12sa16ka12/imgs/3/a/3a6c514d.jpg
https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2018/01/GettyImages-72741951.jpg
no title

ロナウジーニョ、脱税で所有資産凍結 パスポートも没収される  

1: Egg ★ 2019/07/30(火) 20:12:32.73 ID:QKm5bTW39
 元ブラジル代表MFのロナウジーニョ氏が脱税により950万レアル(約2億8000万円)の借金があり、57の所有資産が取引不能の状態となり、うち4つは差し押さえ処分となっているという。

 サンパウロの地元一般紙によると、ロナウジーニョ氏はパスポートの没収処分も受けており、ブラジル国内から出ることができない状態だという。

7/30(火) 18:08配信 デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00000109-dal-socc

写真
no title

【徹底討論】サッカーで絶滅した「ファンタジスタ」とかいう呼び名 

無題




1: 風吹けば名無し 2019/07/17(水) 15:39:39.92 ID:hVljC1vw0
史上最高はロナウジーニョよな
※前スレ
サッカーで絶滅した「ボランチ」とかいうポジション
https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1563342040/

不世出の天才ロナウジーニョの息子、クルゼイロと契約…14歳、父の存在隠して実力で台頭  

1: 豆次郎 ★ 2019/04/06(土) 20:40:12.49 ID:rp6oaub49
4/6(土) 19:46配信
不世出の天才ロナウジーニョの息子、クルゼイロと契約…14歳、父の存在隠して実力で台頭

現役時代にバルセロナなどで活躍したブラジル代表のレジェンド、ロナウジーニョ氏の息子がクルゼイロとの契約を締結した。クラブ公式サイトが発表している。

ロナウジーニョの息子であるジョアン・メンデスは、5日にクルゼイロとのトレーニング契約に合意。これにより、20歳になるまではクルゼイロでプレーすることが決定している。

すでにクルゼイロの下部組織でプレーしていたジョアン・メンデスは印象的なプレーを継続。下部組織のディレクターであるアマリウド・リベイロ氏は「背丈があり、高い技術を持っている選手。ストライカーとしてやセカンドストライカーとしてもプレーできる。体格の割にはスピードがあり、フィニッシュも素晴らしい」と評価している。

さらにジョアン・メンデスは、最初にクラブのトライアルを受けた際、父親がロナウジーニョであることを秘密にしていたとのこと。完全に自身の力で契約を勝ち取ったジョアン・メンデスは、「クラブをとても愛している。トレーニングはうまくできているし、素晴らしい環境だ。ブラジルで最も大きなクラブで、ここでプレーすることは喜び」と口にし、契約を喜んだ。

ロナウジーニョは、パリ・サンジェルマンへの移籍で欧州挑戦した2001年の前、母国クラブのグレミオでプレー。そこから2005年にバロンドールを獲得するなど世界最高峰のサッカー選手に成長し、数々の創造的なプレーを見せて多くのサッカーファンを魅了した。息子のこれからの成長にも注目だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190406-00010026-goal-socc
no title

「史上最高のFKキッカーは誰?」と英メディアが読者投票実施 42%を獲得した1位は… 

20190404-00180785-soccermzw-000-2-view[1]

「病院送りにするぞ!」 マケレレがピッチ上でロナウジーニョを“脅迫”した秘話を告白 

20190329-00179577-soccermzw-000-9-view[2]

“借金地獄”ロナウジーニョ氏、さらなる窮地に。罰金支払えず車など差し押さえ 

1: 2018/11/23(金) 22:00:51.61 _USER9
 元ブラジル代表のロナウジーニョ氏が、金銭的にさらなる窮地に陥っている。同氏の運営する団体が罰金を支払えず、高級車などを差し押さえられたという。『AP通信』などが伝えた。

 現役時代にバルセロナやブラジル代表のエースとして活躍し、華麗なプレーでサッカー界のトップ選手に上り詰めたロナウジーニョ氏。だが現役引退後は経済的に困窮し、先日には銀行口座をブラジル検察庁に差し押さえられたが、その残金が24.63レアル(約750円)しかなかったという衝撃の事実が報じられていた。

 その困窮の発端となったのは、ロナウジーニョ氏の団体「インスティトゥート・ロナウジーニョ・ガウショ」が自然保護区において違法建築を行ったとして200万ユーロ(約2億6000万円)以上の罰金支払いを命じられたことだった。その支払いが行われなかったとして、21日にはロナウジーニョ氏の私財が差し押さえられたようだ。

 ロナウジーニョ氏と兄のロベルト・アシス氏が共同保有する邸宅に当局が立ち入り、罰金支払いに充てるため両者の私財が押収された。2台のBMWと1台のメルセデスのほか、絵画や家具などが対象になったと伝えられている。

11/23(金) 20:34 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181123-00298446-footballc-socc

写真
no title

後世に語り継ぐべき伝説の5チーム。ロナウジーニョにメッシに香川…00年代後半を彩ったクラブ 

20180225_1321


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索